この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

増税の前に、公共事業を黒字にせよ ! 『医療・教育・役所等にも経営の発想を導入せよ』

公共事業こそ、黒字体質をつくる必要がある
『病院経営においても、税金がそうとう費やされていると思いますが、実際上、経営の体をなしていないところが、かなり多いように思われます。
公立系の病院では、県知事などの地方行政の長が人事権を持っていて、さらに経営責任まであることになっています。しかし、行政の長に、病院の経営など、できるわけがありません。これでは、事実上、無責任体制になってしまいます。
やはり、病院の長に、経営責任を取らせるようにしなければいけません。人事権も何もないというのでは、経営のしようがないのです。

さらに、「病院単体としても、黒字化していくことはよいことだ」という考え方を入れていく必要があります。特に、公益法人や公益性の高い事業体においては、「公益性が高いところは、赤字が出て当然である」という考え方が、刷り込みとして、そうとう入っています。しかし、そんなことはありません。
やはり、公益性が高い事業体であっても、「黒字体質をつくっていくことは善である」という考え方を持たなければいけません。公益性の高いところが「黒字体質をつくる」ということは、「そのサービスをさらに広げることができる」ということを意味するのです。

例えば、公益性の高い病院が黒字体質をつくることができたら、どうなるでしょうか。夜間に医師を置くこともできれば、休日の急患に対応するようなサービスもできるようになるでしょう。
したがって、黒字は「善」なのです。赤字であれば、こうしたことは削っていくしかありません。赤字が大きければ、いろいろなサービスを削っていき、最後に閉鎖するしかありません。その結果、人々は、不便になっていきます。

そのように、「公益性が高いから、赤字で構わない」のかといえば、そんなことはありません。公益性の高いところこそ、黒字体質をつくっていかなければ、人々に対して、かゆいところに手が届くようなサービスを提供することはできないのです。それを知らなければいけません。』

   -2010年6月5日 説法
    ---「未来への国家戦略」 第2章 富国創造に向けて より

H0286.jpg

ご訪問ありがとうございます。
前回記事のなかで、たまに応援ポチのお願いをしましたら、
なんか、たまにポチしてくださった方が多かったようで、
久しぶりに少しランキングが上がりました。
みなさま、お優しい・・ありがとうございます。

やっぱ、ポチしてくださると、励みになりますね。
あっ、でも、頻繁に記事の更新ができないので、
ランキングが上がるとプレッシャーも感じるんですよね。(どっちやねん・・。笑)

はい、みなさまのポチを励みに、マイペースで、
記事を綴り続けていきたいと思う今日この頃です。
(結局、マイペースかよ~! とのお声が・・。)

さて、今日この頃と言えば、我が町大阪では、
11月27日に、府知事と市長の選挙が同時に行われるので、
最近、連日、街宣車が走りまわっているんですよね。
そんななか、大阪府知事を辞めて、市長選挙に出られる橋下さんが、
昨日、近所で演説されてたので、見に行ったんですよね。

はい、聞きに言ったのではなく見に行ったんですよ。(ミーハー)
でも、凄い人だかりだったので、結局、お顔は見れず。
やっぱ、大阪では、結構、人気があるみたいですね。

まあ、私は、人気で投票するつもりはありません。(見に行ったけど)
やっぱ、大阪を改革してくれそうな人に、一票を投じたいですね。
全国でも生活保護受給者が最多の大阪市。
ほんと、なんとかして欲しいです・・。
【大阪ダブル選】生活保護最多の大阪市 市長選の争点にも - MSN産経

さて、大阪の話はこれぐらいにして、次のニュースを見てみます。
消費税増税を国際公約した野田首相が、なんか、言い訳されていましたよね・・。

たまには、応援ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

赤字経営を続ける日本政府は、一度潰せば?『急速な増税による「景気の失速」を恐れよ』 

『民主党政権が長く続くとどうなるか、少し疑問なところはありますが、基本的に、日本は対外的には債権国であり続けているので、「変なこと」をしなければ大丈夫です。
その「変なこと」の一つが、急速な増税です。急速な増税を行って、景気を失速させるとよくありませんが、民間のほうが、成長し、発展し、繁栄し続けているかぎり、政府などいくら潰れても構わないのです。

むしろ、潰れたほうがよいくらいです。一度、潰れなければ、新たにつくり直すことができません。政府が肥大化したまま、現状をそのまま維持しながら生き延びようとしているために、赤字が止まらないのです。

ただ、政府の赤字が、実は、「民主主義の防波堤」になっている面もあります。黒字だと、ばらまきをし始めますが、赤字をつくっておくと、ばらまきができなくなってくるところがあるのです。

人間は、借金を背負っていると、酒やパチンコをやめて、働き始めます。同じように、政府の場合も、「借金を背負っている」という意識があると、利益誘導の誘惑にかられて、ばらまきをすることができなくなってくるのです。この国の国民性を見るかぎり、借金を持っていたほうがよいのかもしれません。』

    -2010年6月22日 説法
    ---「未来への国家戦略」 第4章 国家社会主義への警告 より

H0286.jpg

ご訪問ありがとうございます。
ちょっとごぶさたしてしまいました。
毎日、記事を書き進めているのですが、いつもの如く、
なかなか、最後まで書ききれませんでした~。

あっ、記事を書き進めていたと言えば、昨夜、
過去記事のなかで、ちょっと確認したいことがあったので、
Googleでブログタイトルとサブタイトルを少し入れて検索したんですよね。
そしたら、なんと、まったく知らない人のブログ記事に、
自分のブログタイトルを見つけてびっくりしてしました。

人気ブログランキング 掟破りの恥ずかし技投入!
すみません、いくらなんでもこれはないんじゃないでしょうか(泣) 
我が心のライバル、幸福実〇党支持者の「この国を守り抜け!」に再逆転を許してしまいました(涙)。


いや~、あえて、ブログ名は記載しませんが、私同様、
人気ブログランキングに登録されている方のブログのようで、
密かに、私のブログをライバルだと思われていたみたいなんですね。

記事を読んでみると、大学教授他の肩書きを持つ方のようで、
幸福実現党支持者の私に負けるのが、よほどくやしいご様子。
そのくやしさのあまりに、掟破りの恥かし技投入ということで、
ひたすら、ランキングポチを読者にお願いされていました。
教え子の方たちには、脅し文句もつけて・・。

そして、その恥かし技を投入した甲斐あってか、
今や、人気ブログランキングでは上位に昇られているんですね。
おめでとうございます~。

あはっ、でも、知らないところで私は踏み台にされていたんですね。
まあ、我が心のライバルと言われた私のブログは、
ずっと、同じようなところでウロウロしていますがね・・。

そうそう、昨年の9月くらいに、読者の方から、
記事の長さを半分にして、ランキングを上げよとのご指摘を受けて、
とっても素直な私は、その意向に沿えるように、しばらく努力したのですが、
やはり、それでは、自分の個性を殺してしまうし、ランキングのために、
記事を書くのは、苦しみに繋がるので、その方向では進めなかったんですよね。
(素直なのか頑固なのか・・どっちやねん。笑)

ということで、人様と競うことが苦手な私は、マイペースで、
とにかく、継続することに重きをおいています。(言い訳か?)
そして、頻繁に記事の更新ができないので、ほんとは、
応援ポチを押していただくのも申し訳なく思っています。(これはほんと。)

はい、私は、掟破りの恥かし技は投入しませんが、
記事を読まれて、共感できる部分があれば、たまには、応援ポチしてくださいませ。
(やっぱり、応援ポチして欲しいのかよ~! とのお声が~。)
はい、たまにポチしていただければ励みになります。

さて、余談はこれぐらいにして、少しニュースを見てみます。
民主党の三代目の首相は、やっぱり、最凶首相のようですね・・。

たまには、応援ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

国民には増税 ! 国会議員歳費は満額支給?『公務員の給料を税収に応じて変動させる』

『税収を上げる一方では、やはり、無駄な公務員の部分は削り、きちんと税金を納める側に回ってもらうことが大事です。
無駄な人員を削ることは、一般の会社では、どこでもやっていることです。これだけの赤字があれば、普通の会社なら潰れている状態です。やはり法律によって守られすぎているのです。

また、公務員の給料の額はすべて法律等で決まっていますが、これについても考え直し、公務員の給料も税収に応じて変動するようにすべきだと思います。
税収が増えたら給料が上がってもよいけれども、税収が減ったら給料も下がるように、"変動相場制"にしたらよいのです。

そうすれば、どうなるでしょうか。税収を増やす方法は、基本的に景気をよくするしかないので、公務員も景気をよくする方法を考えざるをえなくなります。

ところが、自分たちの給料は法律等で決まっているため、公務員のなかには、民間人の給料が上がったり儲かったりすると、それを非常にうらやむ傾向があります。そして、不況が来ると、民間人が役人に一生懸命、頼みに来て、自分たちの権力が強くなるので、不況を好む体質を持っているのです。

したがって、公務員の給料を法律等で定めることを、やめたほうがよいのではないでしょうか。
「税金の実収入に基づいて、ある程度、"変動相場"にし、それで足りなければ転職していただき、税金を納める側に回っていただく。適当なときに転職していただく」という考え方でもよいと思います。』

   ---「幸福実現党宣言」 第3章 「幸福実現党」についての質疑応答 より

515udo4ioEL__SL500_AA300_.jpg

ご訪問ありがとうございます。
記事を書き始めて既に2年が過ぎましたが、記事を書くときに、
一番考えるのは、記事タイトルなんですよね。
このテンプレートのタイトル部分は、字数が決まっているので、
なかなか、その字数に合わせるのが難しいんですよね。

あっ、字数と言えば、Twiterも、140字の制限があるんですよね。
私は、この140字の制限が苦手なので、Twitterは、
よっぽど、気持ちが乗らないと、書けないんですよね。
まあ、Twitterに入れ込むと、ブログの更新が、更に遅くなるという難点もあるのですが。

私は何でもそうなのですが、制限というものが苦手なんですよね。
やっぱり、自由がいいですよね。
ということで、やっぱり、字数制限のないブログが、
私には合っていると、最近、思うんですよね・・。
(いくら制限がないと言っても、記事長すぎっ! とのお声が・・スンマソン・・ )

はい、ついつい調子に乗って書いてしまうので、
あれもこれもと欲張らないで、もう少し、簡潔にまとめようと思う今日この頃です・・。
(ほんまかいな~。)

ということで、今日は、早速ニュースを拾ってみました。
国政は、なんか寒いですが、大阪は熱いんですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

増税は更なる不況を呼び込む ! 『消費税率を上げるだけでは、財布のひもが固くなるだけ』

『欧米と日本とでは、消費税に対する考え方がずいぶん違うようです。
消費税は、欧米では「付加価値税」と言われていて、ある程度、定着しています。また、かなり税率が高く、十数パーセントから二十パーセントぐらいまであり、欧米人はそれに慣れているのですが、日本人は高い税率をなかなか受け入れようとはしていません。

日本人には、長年にわたって、「貯蓄は美徳である」という考え方が形成されていて、「消費は、浪費・散財につながり、破滅へと至る」という気持ちが残っているのです。これは、貧しかった時代の名残であり、江戸時代以前のものの考え方です。
そのように、日本人の底流には「勤倹・貯蓄・労働」型の思想が流れていて、「一生懸命に働いてお金を貯めるのはよいことだが、お金を使うことは一家を潰すもとである」という考え方があるわけです。

欧米型の社会は、かなり消費型経済であり、消費によって景気がよくなることを知っているのですが、日本人はまだ消費を恐れています。
その背景には、「国全体のマクロレベルでは、多くの人が消費すれば、消費景気が沸く。しかし、それは全体の話であって、自分個人の家計で言えば、貯金が減り、家計簿が赤字に転落するだけである。したがって、国の景気をよくするためにお金を使うのは愚かである。自分は賢く貯めるので、どうぞ、ほかの人が消費してください」というような考え方があるわけです。

結局、この思想が変わっていないために、消費税率を上げることができないでいます。
要するに、「税率を上げると、ますます財布のひもが固くなり、ものを買わなくなる。そのため、景気が悪くなって税収が下がっていく」という面があるのです。
この根本哲学のところを変えずに、消費税率だけを上げようとしても、おそらく、そう簡単にはいかないだろうと思います。

また、日本人が、所得税や会社の法人税のような「直接税」に慣れていることは、江戸時代までの、"お上からの税"というものに慣らされてきたことがかなり影響していると思います。』

    ---「幸福実現党宣言」 第3章 「幸福実現党」についての質疑応答 より

515udo4ioEL__SL500_AA300_.jpg

ご訪問ありがとうございます。
早いもので、今日で10月も終わりですよね。
あっ、今日ね、もうじき11月だな・・と思って、
ふとカレンダーを見たら、既に11月・12月になってたんですね。
えっ?めくった覚えもないのにもう11月。(オバケが来たのか?)
と、よく考えたら、昨年からカレンダーを替えていなかった・・。

はぁ、ほんと、月日が経つのは早いものですね。
今年こそ、新しいカレンダーを買わなくちゃね・・。
来年は、もう少し、余裕のある生活をしたいと思う今日この頃です。
(どんな生活してんね~ん ! とのお声が・・。)

さて、今日はまず、幸福実現ТVをご覧くださいませ。
現役大学生のレベルの高い質問に、にこやかに答える立木党首。
立木党首は「かかってこいや~」と余裕でした。←ウソ小島さん言です。
ついき秀学公式サイト

第34回 現役大学生との公開Q&A「What’s 幸福実現党?」


はい、現役大学生の質問は、国防、経済、移民政策、
そして、サイバー攻撃と、ほんと、レベルの高い質問でしたね。
あっ、お決まりの政教分離の質問ありましたね。笑

いや~、日本の未来を担う大学生の方々は、
真剣に、日本の未来を考えているんですね。
民主党政権の閣僚の方たちより、レベルが高いですよね。(断言!)
まあ、今の日本のトップは、高校生レベルですからね・・。
首相の所信表明演説を野党酷評 「まるで高校生の作文」「スピード感ない」 - MSN産経

さて、その高校生レベルの野田首相が、なんか、
とんでもない国際公約をするとの報道がありましたよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

賛否両論のTPP問題。どうする民主党政権?! 『外交には「ハードネゴシエーター」が必要』

『語学力が低すぎるんじゃないか。外務大臣で英語をしゃべれるのがいるか。ほとんどいないんじゃねえか。
まあ、通訳も駄目なんだけどさ。大臣本人もしゃべれないだろう?
やっぱり、向こうとガンガンにやり合えるぐらいの人を置いたほうがええわね。やりすぎた場合、総理大臣がたしなめたらええんだ。外務大臣っていうのは、ハードネゴシエーター(強い交渉人)でなきゃ駄目だよ。

小村寿太郎だって、陸奥宗光だって、英語はけっこうできたんだよ。自分でやれた方々だと思う。だから、外交官のなかで名前が残っているのは、この二人だろう?今の外務大臣なんかより、はるかに上よ。彼らは、実践の語学というか、刀で斬り合うような語学ができて、血の出るような"斬り合い"ができた人たちだと思うな。

だいたい、今は、そういう人がなっていないのでねえ。ぼそぼそと話して、ちょっと挨拶ができるぐらいが限度の人が、よく外交の席にお座りになっていて、通訳が、言葉の力を弱めて、責任が出ないような訳に変え、それで、問題が起きたら、誤訳ということに切り替えるんだろう?

まずは、これが問題だ。外交官試験がなくなって、一般公務員と一緒になってるんだろうけど、やっぱり、外国語で"侍"ができる人を採らないと駄目だよ。外交官のところに、実務でも商売でもいいが、相手と互角に渡り合って戦えるような人を置かないと駄目だと思うな。
「機関の一部として働くだけでなく、一国を背負うぐらいの気概を持つ」というか、"日本株式会社"の番頭としてぶつかっていくぐらいの人を置かないと駄目だ。』

    -2011年4月27日 大隈重信の霊示
    -大隈重信が語る「政治の心・学問の心」2.日本の外交・政治に物申す より

H0335.jpg

ご訪問ありがとうございます。
うう・・寒いですね。
近畿と東京地方で、「木枯らし1号」が吹いたようですね。
でも、急に寒くなったけど、そろそろ、紅葉の見頃ですよね。
大阪はまだ、色づき始めのようですが、東北のほうは見頃ですね。
あっ、私は、観光地には行けないので、写真で紅葉を楽しんでいます。

14_convert_20111027003640.jpg   1_convert_20111027003709.jpg
 京都、銀閣寺の紅葉の見頃       紅葉と竹林 京都嵯峨野
ああ、京都に行きたいなと思う今日この頃です・・。

さて、今日はまず、新刊書のご案内です。
「真のエリートを目指して」-努力に勝る天才なし-
10月27日、今日、発刊です。

H0336.jpg

努力は君たちを決して裏切らない!!
・勉強において自分をごまかさないことが重要
・「継続」「情熱」「忍耐」――努力の大切さとは
・他人に嫉妬する暇があるなら自分を磨け
朝読(あさどく)にピッタリです。

幸福の科学出版

はい、前回の記事で、『嫉妬で人は幸福になれない』
というテーマを取り上げましたが、
「他人に嫉妬する暇があるなら自分を磨け」ということですよね。
努力は君たちを決して裏切らない !
はい、この書籍を読んで、更に、自分を磨いてまいりましょう。

さて、次は、幸福実現TVのご案内です。
今日、10月27日の放送は、1時間早くなったみたいですね。
ゲストは、男前の立木党首です。
ぜひ、ご覧くださいませ。

《幸福実現TV》開始時間が1時間早まりました! 10月27日(木) 20:00~現役大学生との公開Q&A【What’s 幸福実現党!?】放送(ユーストリーム・ニコニコ生放送番組配信 第34回)
⇒ニコニコ動画生放送(ニコ生)
⇒Ustream生放送

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
阪神・淡路大震災級の地震が発生したトルコですが、
「日本人を見習いたい」という方が増えているようですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

猫に小判・豚に真珠・民主党に税金 ! 『「権力の暴走への恐れ」が政治の発展を生んだ』

『国家には肥大化する傾向があります。肥大化すれば権力が増すからです。権力の側についている者は、必ず、「権力を増大させたい」という気持ちを持っています。
権力のもとは何であるかというと、使えるお金が多いことです。
税金を始めとして、使えるお金を多くし、さらに、自分たちの統制によって世の中すべてを動かせるようになることが、やはり権力者の夢です。「思うようにやりたい。自分たちの一存で自由にやれるようになりたい」ということは、権力者の本能的な欲望なのです。

国王が支配する時代においては、善い王に当たると民衆は幸福ですが、歴史上、悪王も数多く出てきており、民衆が苦しむことが、たびたびありました。
そのため、「選挙によって為政者を選ぶ民主主義の政治体制をつくったほうが、少なくとも、最悪の政治、悪王による暴政のようなものは防げる」と考えられるようになりました。「最善の政治になるかどうかは分からないが、民衆は、少なくとも、自分たちを苦しめる人を選挙で選び続ける』というような、愚かなことはしないであろう」と思われたのです。

もちろん、選挙で為政者を選んでも失敗することはありますが、選ばれた人には任期があって、何年かのちに次の選挙が来るので、「もし、為政者が、自分たちを痛めつけたり、あまりにもきつい税金などで苦しめたりしたら、次の選挙では、その人に投票せず、クビにすることができる」という制度を、歴史的に編み出したわけです。

さらには、権力が一元化すると危険なので、「行政」「立法」「司法」という「三権分立」のかたちをとって、お互いに牽制し合うようにさせました。
「政治暴走や独走、独占を、どれほど恐れているか」ということが、近代政治の発展と軌を一にしていると考えなければなりません。』

      ---「政治の理想について」 第4章 国家経済と人間の自由
        2.近現代の政治に流れる「国家統制からの自由」 より

H0236_convert_20100116215259.jpg

ご訪問ありがとうございます。
先日、朝、目覚めたら、既に、階下で両親の声が聞こえてたので、
慌てて起きて降りたら、普段、あまり口を開かない父が、
「靴下もはかんで元気やな。寒くないんか?」って聞くんですよね。

私ね、ちょっと低血圧で、寝起きは機嫌が悪いんですね。
だから、慌てて起きて靴下も履かずに降りた私に、
いきなり父がそんなこと言ったので、思わず、
「おむつ脱いで、寝てる人のほうが寒いと思うわ」
って、言ってしまったんですよね。

そしたら、くっくくっくと笑う母の前で、
「そんなやつおるんか?」とのたまう父。
「あんたのことや~」と、思わず言い返しましたが、
本人は、なんでもかんでも忘れてしまうので、
「誰のこと言うてんねん」というようなとぼけた顔。

はあ、父は、靴下大好き人間なので、夏でも靴下をはいて寝るんですよね。
靴下のことだけは、何故か、絶対に忘れないんですよね。
だから、私が靴下をはいていないときは、気になるみたいなんですね。

でも、靴下は忘れてもいいから、靴下をはかなくても何も言わないから、
パンツだけは覚えておいて欲しい、はいて欲しいと願う今日この頃です。
みなさまも、どうか、靴下よりパンツ愛好家になってくださいませ。
どんだけ年を取っても、パンツだけは、忘れないでくださいませ・・。
(誰が忘れるか~! とのお声が・・)

さて、お笑い話はこれぐらいにして、今日は最初に新刊書のご案内です。
いつ発刊されるかと心待ちにしていましたが、やっと出ましたね。
大隈重信が語る「政治の心・学問の心」

H0335.jpg

「いまの日本人には、フロンティア・スピリットが足りない!」
 早稲田大学の創立者・大隈重信が公開霊言に登場。
立憲改進党をつくり、日本初の政党内閣を実現。
日本を近代国家に導いたその不屈の在野精神で、
現在の混迷する政治、低迷する教育に檄をとばす。


私はいつも、幸福の科学出版のネット販売で書籍を購入していますが、
今回は、近所の本屋さんに、発刊日の18日には平積みされていたので、
思わず購入して、帰ってすぐに読みました。

いや~、大川総裁も言われていましたが、すごい言論の立つ方でした。
さすが、政党を結成し、早稲田大学を創立された方ですね。
総理大臣も2回、そして、外務大臣もされたんですよね。
ほんと、すごい方ですよね。

あと、とっても大らかで、楽しい方でした。
私は、読んでる間に、何度も笑ってしまいました。
ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
タイの大洪水、凄いことになっていますよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

民主党政権がひた走る、破綻への道 ! 『「社会保障と税の一体改革」は完全な社会主義』

『野田、野田・・・野田の問題はさ、「社会保障と税制の改革が一体だ」っていう言い方をしとるだろう?
これは社会主義だぞ、はっきり言って。
増税をかけて、福祉制度を充実させるというのはな。
これは、もう、完全に社会主義ですよ。これをやったら社会主義です。だから、今アメリカで起きていることが分かっとらん証拠でしょう、これは。
ああ、アメリカで今、ティーパーティー運動が起きて、共和党が巻き返しに入っとるやないか。あれは、ここが問題だからでしょう?「オバマさんがやろうとしているのは社会主義や」と。

「日本のまねをしようとしてるけど、これは破綻する。自分の責任において堕落していく連中まで、一生養わなきゃいけない義務は、われわれにはない。われわれが働いて稼いだお金は、われわれの自由に使わせろ。それを強制的に召し上げられ、麻薬をやったりアル中になったりして生活が破綻し、働かずに貧民街にいる連中まで、一生面倒見るほど甘くないぞ。アメリカは、そんな国やない。アメリカの自由はそんな自由やない」というわけだな。

「チャンスの自由、成功者になる自由はつくらなきゃいけないけども、自ら、アル中になり、麻薬中毒になって、貧民窟に入り、それで強盗をし、犯罪者になってるやつらに給金を払うような、そんなお人好しの民主主義とはちゃうぞ」という反乱運動が、今、アメリカではおきていて、オバマ君がやられとるんでしょう?
ちょっと追い詰められてるんでしょう?

野田は、全然分かっとらんね。なんも分かってへん。阿呆や。菅と一緒や。
ほんまに、まったく分かっとらん。』

    -2011年8月30日 松下幸之助の霊示
    ---「沈みゆく日本をどう救うか」第2章 松下幸之助、苦言を呈す より

H7013.jpg

ご訪問ありがとうございます。
暖かいのか涼しいのか、よく分からない季節ですね。(それが秋?)
なんか、今年は、うちの老犬が、私の布団に入って来るのが早かったんですね。
例年は、11月ぐらいになって、のそのそと入ってくるのですが、
今年は、9月の下旬あたりから、私のまくらを半分占領してるんですよね。

今年は例年より寒いのか、はたまた、年を取って、
体温調節ができなくて寒いのか、どっちなのかな・・。
あはっ、毎日、どっちやろ?と考えている今日この頃です。
(どっちでもええやろ~! とのお声が・・。)

さて、寒いと言えば、東日本は、大阪より、もっと寒いんですよね。
早いもので、震災から既に7カ月が過ぎましたね。
でも、7カ月過ぎても、復旧・復興は、あまり進んでいないんですね・・。
【東日本大震災】津波で不通の三陸鉄道 線路歩いて枕木に復旧願う - MSN産経
【東日本大震災】岸壁乗り上げの大型船撤去延期 釜石 - MSN産経

また、亡くなられた方々の、合同慰霊祭が行われているところもあるんですね・・。
【東日本大震災】役場移転先で合同慰霊祭 原発避難の福島・浪江町 - MSN産経

震災、津波で亡くなられた方のご冥福を、心からお祈りいたします。
そして、復旧・復興が、少しでも早く進みますようにと祈ります。
これから、もっと寒くなりますので、被災地のみなさま、
どうか、お身体に気をつけて、前向きにお過ごしくださいませ・・。

さて、次は、ガラリと気分を変えて、幸福実現TVをご覧くださいませ。
ゲストは、先月末に、中国大連の空母視察に行かれた矢内出版局長です。

第32回「崖っぷち日本、どうする安全保障!?」


中国の軍拡の現状と、日本の安全保障の危機を、切々と訴えておられましたね。
日本政府も、早く、安全保障政策に力を入れて欲しいものですね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
中国と言えば、海の脅威だけでなく、空の脅威もあるんですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

『民主党には徹底的に"在庫一掃"してもらったほうがよい』 三代目の首相で在庫切れ? !

『私は、菅さんが、徹底的に落ちて、すべての能力を洗いざらい実証してもらうのも一つだと思うし、次の人が出てきて、さらにまた無能であることを実証して、もう"弾"がないところまで見せるのもいいと思う。
どうせ、あと二年粘ろうとして頑張っておるのは分かっているんだから、もう、"在庫一掃"してもらったほうが、かえっていいかもしれないという気もするんだ。
それだと、もう民主党に投票する気もなくなるからね。
下手に、潔く、あっさり辞められると、無能さが分からずに、復活してくるかもしれないから、危ないですよ。
-中略
この前、誰かが、「信なくば立たず」と言っていたけれども、そのとおりだと思うね。
やはり、政治においても、信義というものを大事にしなければいけない。
信義を大事にしないのであれば、マニフェストだとか、公約だとか、こんなものは、もう、まやかしにすぎなくなる。それを選挙のときだけ見せて、あとは、「みな忘れるだろう」ということを前提にやっているわけだ。それが新聞に載っても、わざわざ切り抜いて壁に貼り、毎日眺めている人はいないからね。
だから、そういう「騙しの政治」が民主主義政治であるのだったら、そのへんに対しては、やはり、きちっとただすことが必要だろうね。』

         -2011年6月22日 空海の霊示
         ---「もし空海が民主党政権を見たら何というか」
         Chapter 1-2.民主党とマスコミの「責任回避」の魔術 より

H7012.jpg

ご訪問ありがとうございます。
なんか、また台風が来てますね。
週末、列島直撃の恐れ 台風12号、各地で大雨 - MSN産経ニュース
私は今日、雨と風のなかを傘を差して出かけましたら、
華奢なので、思わず飛ばされそうになりました。(うそ、傘が・・。)
みなさま、被害に遭われないように、万全の備えをしてくださいませ・・。

さて、先月は特に忙しい日々を過ごしていたのですが、
いろいろと諸問題が噴出すなかで、私にとって、
一番難関と思われていたことが、一昨日、すっきり解決してしまいました。

いや~、この問題が目の前に現れた時は、娘の容態も悪化していて、
もう、娘には責任を取れそうもないし、かといって、
娘を援助し続けてきた私にも余力がなく、ほんとに、
にっちもさっちもいかない状態で少し悩んでいたんですよね。

でも、悩んでいても仕方がないので、自分が今出来ることをしようと決意し、
いろんな情報を集め、自分の解釈が正しいのかどうかを弁護士に聞きに行き、
そして、その道の専門家の人たちにも尋ねて、自分の言い分を、
ブログ並の長さの文書にしたためて、先方に、
「逃げも隠れもしませんし、最後まで私がお相手します」
と、29日に「宣戦布告」の文書を送りつけたんですよね。

そしたら、ちょうど、私が文書を送ったその日に、また、
先方から文書が届いて、「このままだと裁判に持ち込む」と書いてあったので、
「こちらも望むところや~」と思っていたら、なんと、
一昨日、また速達が届いて、「またかいっ ! 」と思いながら開けて見たら、
「今回の件は、もうこれで終わりにします」と書いてあったんですよね。

おや~?
たった一日で考えを変えたの?
なんか、信じられなくて、何度も読み返してみましたが、
ほんとに、終わりにすると書いてあったんですよね。
う~ん、最後まで戦うつもりでいた私は、拍子抜けしてしまって、
その後、どっと疲れが出て、熱まで出だしたので、
布団に潜り込んで、久しぶりに熟睡してしまいました。

いや~、やっぱ、人生っていろいろあるんですよね。
自分では、今度は乗り越えるのに時間がかかりそうだなと思ってたけど、
とにかく、やれることはやろうと決心し、前に進んだら、
なんか自分でも不思議なくらいに道が開けたんですね。
やっぱ私、頭がいいのかな・・説得力があるのかな・・、
文才があるのかな・・と、誰も言ってくれないので、
ちょっと自分で自分を褒めちゃいました~。(自画自賛~)

まあ、冗談はさておき、何事も、あきらめず、最善を尽くしたら、
道が開けるということを、改めて教えられた出来事でした。
そして、神様はやはり、超えられない試練は与えられないのだなと痛感。
また、天の助けもいただいたのかな・・と、ほんとに感謝の思いでいっぱいです。
あと、急変された相手の方にも、感謝、感謝です。

まあ、私の人生、一難去ってまた一難ですから、あまり気が抜けないのですが、
今は、一番の課題をクリアできたので、ちっょと一息ついています。
人生いろいろ。
みなさまも、どんなことがあっても、あきらめず、
前向きに、自分の試練に立ち向かってくださいませ・・。
はい、余談はこれぐらいにしておきますね。(ながっ!)

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
野田新内閣の閣僚が決まったみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

菅首相日本滅亡計画? 『原発廃止による経済の萎縮は、大恐慌の引き金を引きかねない』

『少なくとも、今は、「原発をやめたい」という意見が出るぐらいなので、時系列であれば、水力発電は推進したでしょう。論理的には、そうでしょうね。「発電能力があるダムとして、もうすぐ完成するものを、建設中止にする」ということは、今であれば、ありえない話でしょう。鳩山さんと菅さんの順序が逆だった場合には、本当に、ありえないでしょうね。「一刻も早くダムを完成させて、電力を送るように」という話になるね。そういう矛盾はある。
また、朝日新聞は、どうせ、原発に反対する側を一生懸命に応援しておるんだろうが、実は、夏の甲子園を主催していて、それをテレビで見る人が多いために、最大発電量の確保が必要になるんだな。でも、それについて、彼らは知らん顔をしておるんだろうけどね。視聴のピーク時のために、実は電力を用意しなくてはいけないんだな。
ああ、そう。まあ、試合の放送をやめたらいいんだよね。
だから、ずるいところがあるような気はするな。
このへんについても、もう少し論理的に、いろいろと検証していく面は必要かな。
今、エコ(環境保全)とか、クリーンエネルギーとか、そんなもののほうに、うまくシフトしていき、また、ごまかそうとしてくるだろうが、コストの部分が十分には見えていないところがある。
それと、もう一つ、民主党政権には大きな責任があると思うんだな。
今回の原発問題で、実際に死者が出たわけではないのは間違いない。津波によって発電設備が故障したことによる被害であって、他の被災者たちと同様に、本当は東電も被害者ではあるんだけれども、これが諸外国に与えた影響には、そうとう大きなものがあったと思うね。』

    -2011年6月22日 空海の霊示
    -「もし空海が民主党政権を見たら何というか」-菅さんに四国巡礼を禁ずる法- より

H7012.jpg

ご訪問ありがとうございます。
毎日、少しずつ、記事を書き進めているのですが、
なかなか、最後まで書き切れず、日がまたがってしまう今日この頃。
記事の更新の遅さは、記事の長さに免じて、ご容赦くださいませ。
(こら~ ! 分割して更新せんかいっ ! というお声が・・。)

さて、先日、にほんブログ村から、愛国心を問う 記事トーナメント
へのお誘いがあったので、気軽に登録してみたのですが、
昨日、いつのまにか1回戦を通過したんですね。
あっ、レレレのレプちゃんさんも、同じく通過されましたね。

投票してくださったみなさま、ありがとうございます。
今日は、準々決勝だそうです。(はやっ !)
少しでも多くの方に、記事を読んでいただけたら幸いです。

さて、以前より、菅首相と民主党が、拉致容疑者関係団体へ、
献金してたとの報道をお伝えしていましたが、先日の衆院予算委員会で、
この献金問題を、古屋議員が追及し、拉致被害者家族に対して、
謝罪を求められたんですよね。
でも、菅首相は、頑として、謝罪されなかったんですよね。

あっ、その古谷議員の追及の模様を、お友達のトキオさんが、
動画UPされていましたので、ちょっとご覧くださいませ。

何も言わない 拉致犯と 仲が良い 首相-未来を我らに 幸福実現党応援宣言

古屋圭司議員 管首相に謝罪を 求める1.wmv
 

古屋圭司議員 管首相に謝罪を 求める2.wmv
 

古屋圭司議員 管首相に 謝罪を 求める3 でも とぼける首相.wmv
 

古屋圭司議員 管首相に 謝罪を 求める4 東京で オンエアしろ。.wmv


はい、私は、仕事の資料をほっぽり出して、ひたすら、
この動画をみてしまいました。(仕事せんかいっ ! って?)

菅首相や鳩山前首相、そして、その他の民主党の国会議員、
地方議員からの献金総額は、2億円を超えるみたいですね。
こんな巨額な献金をしていながら、献金先の団体の実態を、
「私は預かり知らぬこと」と言って、謝罪しない菅首相。
こんな言い逃れは、ほんとに、通用しませんよね。

それにしても、古屋議員の追求に対して、ふてぶてしい答弁を続けている菅首相。
でも、頑なに謝罪を拒んだ菅首相が、その後、態度を一転させ、
形だけの謝罪をされたみたいなんですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

市民運動家菅首相の最終目的は国家解体?『「地球市民」という言葉を使う人たちの正体』

『次に予想される「左寄り政権」は、ほとんど中国の延長上にあるような考え方をするだろうと思われます。
菅直人氏や仙谷由人氏などは、安保世代の人ですが、基本的に、「地球市民」というような考え方をします。そういう思想が流行っていた時代の人たちなのです。
「地球市民」という言葉を使いたがる人たちは、結局、「国家」を否定し、「国民」という言葉や、「国益」という言葉を使いたくない人たちなのです。
「地球市民」というのは現代的な言い方ですが、少し時代を遡れば、共産主義のスローガンである「万国の労働者の団結」ということになるわけです。「万国の労働者の団結」を「地球市民」という言葉で言い換えているだけなので、これは左翼的なものの考え方であると思います。
したがって、彼らには、基本的に、「国家」という概念もなく、「国益」という概念も、「国民」という考え方も、極めて弱いと思われます。
こういう考え方をする人たちの目には、「北朝鮮も『朝鮮民主主義共和国』であり、中国も『中華人民共和国』であるから、みな民主主義の国である」というように見えているのです。これは知っておかなければいけません。
彼らは、「平等性」の側面のほうを強調した民主主義観を持っているので、北朝鮮や中国が民主主義国家のように見えているのです。ある程度、市場経済のほうを開いたならば、普通の民主主義国家とほとんど同じではないかと見ているわけです。』

     -2010年6月3日 説法
     ---「未来への国家戦略」第1章 「国難パート2」に備えよ より

H0286.jpg

ご訪問ありがとうございます。
昨日から記事を書き始め、夜中のうちに更新しようと頑張ったのですが、
ずっと、菅首相のことを考えていたら、ちょっと胸が悪くなってきたので、
書き上げるのを断念して、布団に潜り込んでしまいました。

夜が更けると、静かで集中できるのですが、なんか、
物事の考え方が、暗いほうに行ってしまうときがあるんですよね。
昼間の慌しいなかでも、「スパッと集中出来る精神」
を鍛えたいと思う今日この頃です・・。

さて、今日はまず最初に、幸福実現TVをご覧くださいませ。

第19回「放射能は怖くない~福島原発安全宣言~」


放射能は怖くない。福島原発安全宣言。- 小島一郎 official web site 幸福実現党

マスコミは、ほんとに、いい加減な報道しかしないんですね。
放射能、放射線は、あるから怖いのではなく、その量が問題みたいですね。
そして、ラドン温泉、ラジウム温泉の放射能、放射線は、
身体にいいからみんな行かれてるんですね。

鳥取県の三朝温泉は、30ミリシーベルト。
福島の警戒区域内は、ほとんどが20ミリシーベルト。
う~ん、恐怖を煽るような線量じゃないんですね。
ほんと、勉強になりましたね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
ちょっと前の菅首相の会見で、菅首相が表明した言葉が、
また、大きな波紋を呼んでいるみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
 

菅首相は何故、北朝鮮拉致容疑者の親族を支援するの ?『政治家の役割とは何か②』

「政治家は、神に近いところにある職業」という意識を忘れるな
『政治家は、こういう貴重な仕事をしているので、どうか、「政治家は、神に非常に近いところにある職業である」という意識を忘れないでください。
現在、日本には、唯物論や無神論に侵されている国民が数多くなっているのですが、 良質の政治家は、最後には、ほかに頼るべきものがなく、神や仏に祈るような気持ちで仕事をしています。立場が高くなればなるほど、そうなっています。
したがって、政治家は、「瞑想をし、沈黙のなかにあって、天上界の神や高級霊の声を聞き、彼らが見せてくれるビジョンを見る」という修行をしていただきたいのです。
宗教的な活動も、決して職業でのマイナスにならないと思います。
政治家として、最も上に立つ人は、神の側近くにある人でなければいけないのです。
それは、言葉を換えて言うとするならば、「徳のある人でなければいけない」ということです。「徳がある人」とは、「一人でも多くの人を愛せる人間。そういう器を持った人間」ということです。
ですから、宗教修行を、「政治家としての実践を支える修行の一つ」として捉えていただきたいと思います。
宗教を信じている政治家は日本にも数多くいますが、その大部分は、「宗教には信者が多いので、宗教を信ずれば票が集まる」という程度にしか宗教を考えていないのです。
しかしながら、一握りの政治家たちは、「神や仏に近い心を持たなければ、国を治めることはできない」と考えています。そういう良心的な政治家もいます。
あなたは、ぜひとも、そういう政治家になり、この国の未来を拓くための大いなる力になっていただきたいと思います。』

       ---「真実への目覚め」 第6章 ブラジル信者との対話  
             ブラジルの国会議員の質問への応答 より

H0302真実への目覚め

ご訪問ありがとうございます。
7月になりましたね・・などと言っていましたら、
もう既に、5日になってしまいましたね。
ほんとに、一日一日が、駆け足で過ぎていくような感じですね・・。

さて、慌しい日は、落ち着いて記事が書けないので、
ついつい、Twitterのほうに行ってしまうのですが、
昨日の朝から、Twitterで持ち切りだったのはこの話題。

【東日本大震災】「突き放す時は突き放す」復興相が被災地知事に注文 - MSN産経
松本龍震災復興担当相は3日、村井嘉浩宮城県知事と県庁で会談し「政府に甘えるところは甘えていい。こっちも突き放すところは突き放す」と明言。
 知事の漁港集約構想について「県で意見集約をちゃんとやれ。やらなかったらこっちも何もしない」と述べた。


松本龍復興相が宮城県知事にブチギレ! 「今のはオフレコ。書いたらその社は終わり」と言うも東北放送が報じる – ロケットニュース24(β)



いや~、ほんと、びっくらこんでしたね。
なんか、怒るというより、(あんたバカか?)と思ってしまいましたね。
復興相って、被災地復興のために増やされた閣僚ですよね。
そんな人が、被災地に喧嘩売ってどうすんねんって感じですね。
おまけに、「お客さんが来るときは」って・・、あんたは客ではないやろ~ !

そもそも、震災から4カ月近く経っても遅々として進まない復興なのに、
被災地訪問をして、まず、政府の対応の遅さを謝りもせず、上から目線で、
「県で意見集約をちゃんとやれ。やらなかったらこっちも何もしない」
ほんとに、許せない人ですよね・・。

その上、その後、陳謝されていましたが、
「被災者の皆様を傷つけたのであれば」と付けられてるんですよね。
【松本担当相発言】「被災者の皆さまを傷つけたのであれば」と陳謝 「問題ない」から一転、
辞任は否定 - MSN産経


この言葉のなかに、反省は見当たりませんよね。
ほんとに、大いなる勘違い男ですよね。
一体、何様のつもりなのでしょうかね。
えっ?俺様?
う~ん、民主党の議員には、権力を持たせたらやっぱ駄目ですよね。
何とかに刃物ですよね・・。

さて、この松本復興相は、部落解放同盟の副委員長をされているんですよね。
そして、部落解放同盟の父と呼ばれた、松本治一郎氏の養孫なんですね。
やっぱ、解同の方の怖さは筋金入りですよね。
ほんと、まるで893ですよね。

「今のはオフレコ。書いたらその社は終わり」と言われていましたが、
勇気を持って放送した、東北放送、そして、産経新聞などは、終わっちゃうのでしょうかね。
って、終わるのは、松本さんですよね・・。

でも、私、いつも思うんですよね。
同和出身の方でも、差別に負けずに、頑張って働いて、
そして、日々、一生懸命に生きておられる方が、多々、いらっしゃるんですよね。
でも、この解放同盟という、差別利権団体があるために、
こんな、差別を食いものにして、恫喝を続ける団体があるために、
余計に、差別されている人もいるんですよね。

そして、それは、在日の方にも、当てはまると思うんですよね。
民団や、朝鮮総連などの、差別利権団体が、真面目に働いている在日の方、
そして、日本が好きな在日の方の、肩身を狭くしているんですよね。
そのことに、何故、気付かないのでしょうかね。
まあ、どこの国にも、いい人もいれば、悪い人もいるということでしょうけどね。
って、そんな利権団体は、揃いも揃って、民主党の支持団体ですね・・。

さて、893のような松本復興相と会談した宮城県の村井知事ですが、
この方の発言も、きっちり報道されていましたね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

復興・国防より、再生エネルギー法案? 『国民を守るのは国家としての義務である』 

『日本では、国の防衛について何か発言すると、すぐ、軍国主義であるかのように悪く宣伝されることもありますが、やはり、それは、おかしいのです。
軍国主義だと言うならば、外国にも同じ基準を当てはめなければいけないでしょう。
「日本の場合は平和主義憲法であり、外国と戦わないことになっている」と言うのは結構ですが、そう言うのであれば、北朝鮮や中国にも日本の憲法九条を採用してもらえるように、ぜひ運動を起こしていただきたいものです。"平和勢力"の方々におかれては、北朝鮮や中国に対し、そういう圧力をかけていただきたいのです。それでこそ、本当の平和勢力であると私は思います。
中国には、日本を狙っている核ミサイルが、一説には二百基あると言われています。
北朝鮮も、正確な数は分かりませんが、今、核ミサイルを開発しています。
金正恩の守護霊は、霊言のなかで、「コメを十万トンくれたら、核ミサイルを一発撃つのをやめてもいい」と言っていました。質問者が、「では、何万トン欲しいのか」と訊くと、「二百万トンは欲しい」と答えていました。「そうすれば、核ミサイルを撃つのを全部やめてくれるのか」と訊き返すと、「いや、全部は駄目だ」と言っていましたが、この発言から、「北朝鮮は、だいたい二十発ぐらいの核ミサイルをつくろうとしているらしい」ということが推定されるのです。
こうした、「片方は軍事的に脅せるけれども、もう片方は何もできない」という一方的な関係であっては、そこに何らの正義もなければ、話し合いもありえないということです。それを知らなければいけません。
自国を防衛することは、国際法的には正義です。どの国も、他国から侵略されないようにする義務があり、権利もあるのです。国民を守るのは国家としての義務です。その義務を放棄したら、もはや国家ではありません。』
 
-「平和への決断」-国防なくして繁栄なし-第5章 この国を守る責任 より

H7010.jpg

ご訪問ありがとうございます。
なんか、昨日から、いきなり暑くなりましたよね。
我が家の老犬は、やっと回復したのですが、
この暑さにやられて、また、少し元気がなくなってきました。
う~ん、この夏、乗り切れるのでしょうかね・・。

さて、今日はまず最初に、先週木曜日の幸福実現TV、
「沖縄・尖閣を守れ!マスコミも言わないニッポン防衛事情」
の動画が配信されていましたので、まず、ご覧くださいませ。
元海上自衛官の恵竜之介さん、もう、テレビでもお馴染みですよね。



さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
先ほど、「この夏を乗り切れるのか」と言っていたのですが、
大阪の橋下知事は、家庭のエアコンも切れと言われてるんですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

菅首相の姑息な延命 ! 復興の目途はつくの? 『復興は、政治主導ではなく「官僚主導」で』

『今回の震災では、多くの家が津波によって流されているので、復興需要として、やはり、建物の需要が出てくるでしょう。私としては、万一のときに災難を避けられるような、できるだけ、しっかりしたものを建てるように勧めたいと考えます。
震災後、ドケチの日本銀行が、まるで気が狂ったかのように百兆円の資金供給を発表しましたが、本当にお金が回るかどうかは定かではありませんし、借りるほうは担保もない状態なので、「自宅を建てる」と言っても、そんな簡単に立派なものが建てられるとは思いません。
したがって、このようなときは、左翼政権であることの"強み"を十分に生かし、計画的な住宅復興計画をつくるとよいでしょう。そのような計画は、官僚との親和性が非常に高いので、「震災に強い町づくり」の青写真をつくり、それを実行していったらよいと思うのです。
官僚は、こういうことに非常に強い人たちです。先日、私は、東京正心館の説法で、「官僚は、マイナスを普通に戻すことについては非常に優れた能力を持っている。人々を幸福にし、発展・繁栄させる能力はほとんどないが、不幸な人々を普通の状態に戻す能力は持っている」ということを指摘しました。(2011年3月20日、法話「不滅の信仰」)。
官僚は、事業に成功してお金を儲けたことがなく、発展・繁栄している姿を経験したことがないため、そこから先になると、どうしたらよいのかが分かりません。しかし、「普通よりはるかに落ちるマイナスの生活水準を、普通に戻す」ということに関しては、高い能力を持っていて、非常に信頼性があるのです。』

         ---「震災復興への道」 第4章 貧乏神と戦う法 より

H7009_20110421114622.jpg

ご訪問ありがとうございます。
毎日、バタバタと過ごしているうちに、あっという間に6月ですね。
ほんとに、月日が経つのは早いものですね・・。

あっ、バタバタと言えば、先週、息子のほうの4歳になる孫が、
遠足先で腕を骨折して、病院をたらい回しにされながらも、
やっと、腕をギブスで固定してもらったんですよね。

で、ちょっと一息ついていたら、今度は、顔が腫れてきて、
高熱が出て、保育園から呼び出しがあったんですね。
私は、その時、顔まで強打していたのかと思ったのですが、
息子が病院に連れていくと、なんと、おたふく風邪との診断でした。

ぶはっ~、骨折の上に、おたふく風邪・・。
そして、そんな可愛そうな孫娘を、
仕事が出来ないからと言って、連日、私に預けて出かける息子。
(私も、仕事、出来んわ~)
と、ぶつぶつ言いながら、孫娘の相手をしている今日この頃です。

さて、孫の相手をしながらも、政治が気になって、
ちょこちょこニュースを見ていましたが、今の日本の政治、最悪の状態ですよね・・。

【内閣不信任案】「復興と再生の大きな障害」 菅内閣不信任決議案の提案理由全文
- MSN産経

【党首討論】(1)谷垣氏「申し上げたいことはただ1つ。お辞めになったら」- MSN産経

6月1日の夕方に、やっと、内閣不信任議決案が提出されて、
私は、(やっと出されたか・・)と喜んだんですよね。
そして、逐一、ニュースを追っていたら、どうも、
可決の可能性もあるようなので、菅首相への突っ込みは、
もうしなくていいようになるのかと、わくわくしていたんですよね。

「壊し屋」小沢氏、最後の賭け 不信任案、同調の動き 失敗すれば、離党覚悟- MSN産経
【内閣不信任案】小沢氏「賛成」の意向 - MSN産経
【内閣不信任案】82人以上の造反で可決 小沢氏会合には71人が出席 - MSN産経
【内閣不信任案】増える同調者、カギ握る鳩山氏 - MSN産経

でも、6月2日の本会議が始まる直前に、菅首相のいきなりの退陣表明。
私は、この報道を見たときに、(へっ?)と思いましたね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 

『リスクを恐れない決断力』 リスクを恐れ、指導者としての決断が出来ない菅首相 !

決断力の源泉にあるものとは何か
『真実の決断力とは、「難関、難局に対して、快刀乱麻を断つがごとき判断、大局的な判断をし、また、仕事の流れ、運命の流れにおける、小局的な判断については、時々刻々に変わる情勢を見ながら、そのつど自分の判断を修正していく」というものであろうと思います。
決断力に関しては、「偉大な人物ほど、自分の非を認めるのに迅速である」ということが言えるでしょう。
「決断力に富む」という言葉は、「いったん自分が決定したことを決して翻さない」ということを意味しているのではありません。そういう頑固な人格を意味しているのではなくて、「いったん自分が決めたことは、あくまで貫こうとするが、その貫くときにおいて、『私利私欲はないか。我欲はないか。これがほんとうに多くの人々を生かす道であるのか。これがほんとうに仏の心に合致した行いであるのか』と、常に点検する」ということを意味しているのです。
したがって、決断力の源泉にあるものは多くの人々への愛です。そのためには、みずからにとって不利な決断もしなければいけないことがあります。それは、「間違った行動をしたと思ったとき、間違った判断をしたと思ったときには、それをさらりと認めてしまう」ということです。
みなさんも、自分のプライドにこだわって、自分の非、間違いを、なかなか認めたくないことがあるでしょう。また、どのような人であっても、ときには、口を滑らせたり、間違ったことを言ったり、人を傷つけたりすることがあるでしょう。
そのときに、自分のプライドにとらわれ、そういう小さな自分を護ることに汲々としてはなりません。勇気を持って、より多くの人々のために自分の結論を変えていく姿勢が必要です。これがまた、次の決断力を生んでいく力となるのです。』

    -リーダーに贈る「必勝の戦略」 第3章 リスクを恐れない決断力 より

H0222必勝の戦略

ご訪問ありがとうございます。
今週末は、また、家族の出入りが激しいので、
昨夜のうちに、記事を更新しようと頑張ったのですが、
書き切ることが出来ず、夜も更けたので、挫折して布団に入ってしまいました。

が・・、布団に入ってウトウトしかけたら、岐阜に引っ越した娘家族が、
朝方到着して、結局、ほとんど眠れず状態でした。(びぇ~ん)
ということで、寝不足のため、今日の記事は、
ちょっとまとまりがつかないかもしれません。(いつもや~ん !というお声が・・。)

さて、先日、もうじき梅雨になりますねなどと言っていましたが、
なんと、もう、26日には中四国と近畿、そして、27日には、
関東甲信、東海地方が梅雨入りしたみたいですね。
中四国と近畿が梅雨入り 平年より10~12日早く - MSN産経
関東甲信、東海地方が梅雨入り 気象庁 - MSN産経

これって、平年より、すごく早いんですよね。
左翼政権の時には、天変地異が多発すると言われていますが、
やっぱり、お天気もおかしくなるんですね・・。(ほんまやで・・)
あっ、日本の神々が、怒りを通り越して、泣かれているのかもしれませんね。
早く、民主党政権には潰れていただかないと、ほんとに、
日本は、とんでもないことになってしまいそうですね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
前回の記事のなかで、福島原発1号機への「海水注入一時中断」
のニュースを取り上げましたが、なんか、その後に、また、
びっくりするような報道がありましたよね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 

ダム中止、原発停止の次は何 ? 『八ッ場ダムの建設中止は「先見の明」の正反対の事例』

『政権交代後、民主党政権が最初に行ったことは、前述のとおり、七割がた完成していた八ッ場ダムの建設を中止したことですが、今、その"祟り"を強く感じます。
その判断は「先見の明」のまったく正反対です。「後知恵」とでも言うのでしょうか。
ともかく、今こそ、水力発電が必要とされている時期なのです。あのとき、八ッ場ダムの建設を中止しなければよかったのです。すでに完成間際であり、地元の住民は別の地域に移転していましたし、現地を視察した他県の知事たちは、全員、「これは工事を続けるべきだ」と言ったのです。
あのようなものは一気につくってしまわないといけません。工事を中断し、放置しているうちに、メンテナンスができなくなって老朽化し、つくった部分がすべて駄目になってしまうのです。七割がた完成していて、もう少しだったのに、残念なことです。
中国やインドにある大きな河は、川幅が広く、ゆっくりと流れているため、水力発電に使おうとしても、力が足りません。しかし、日本の川は、非常に急峻な山を流れ落ちてくるので、傾斜が急で流れが早く、その発電力は非常に高いのです。』

        ---「震災復興への道」 第4章 貧乏神と戦う法 より

H7009_20110421114622.jpg

ご訪問ありがとうございます。
早いもので、5月も半分過ぎてしまいましたね。
菅さんが内閣総理大臣になったのは、昨年の6月8日。
このままいけば、1年を迎えてしまいますよね。
ここは、なんとしても、1年以内で終わっていただきたいですね・・。

さて、何をしでかしてもなかなか辞めない菅首相ですが、
一昨日の5月14日に、幸福実現党が、渋谷で、「菅首相の退陣を求めるデモ」
を行い、併せて、立木党首の演説も行われたみたいですね。

そして、我が大阪においては、昨日、緊急街宣が行われました。
この街宣とデモの動画が、配信されていましたので、ぜひ、ご覧くださいませ。

2011.5.14_ついき秀学党首の菅首相退陣要求演説@渋谷ハチ公前


菅首相の退陣を求めるデモ 2011/05/14@渋谷


緊急街宣! 幸福実現党大阪 森よしひろ


はい、デモに参加された皆様、ほんとうにお疲れさまでした。
それと、立木党首、やっぱり男前ですよね・・。(見るのはそこじゃないって?)
あと、大阪の森よしひろさんは、私の地元の候補者の方で、
日頃、いろいろとお世話になっているんですよね。
今後も、この国の政治を変えるために、皆様、頑張っていただきたいですね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
今回の震災において、自衛隊の方は救援等に大忙しですが、福島においても、
除染作業などの必死の活動を、今でも続けられているんですね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示