この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

「地球市民」という言葉を使う人は「国家」を否定している

『「国益とは何か」というテーマについて、まず、一言で述べるならば、「国会議員と言うものは、国の代表として選ばれる方々なのだから、第一に考えるべきは国益である」ということです。ところが、この国においては、国益を論ずることさえ自由にできないような風潮があります。国益を論じたら、街宣車に乗って活動している右翼の人たちと同じに扱われるような現状になってしまいます。
しかし、世界を見れば、「国益を論じない政治家が、その国の中心的な指導者になる」
などということは、ありえないのです。どの国においても、国会議員に当たる人は、「この国の国益とは何か」ということを真剣に考え、議論しています。国益を論じることは、何ら、やましいことでも恥かしいことでもありません。しかし、それを間違ったことであるかのように扱われることを恐れて、国益について一言も口にできないというのは、まことにまことに情けないことです。さらに、それをごまかすための方法として、「自分は地球市民である」ということを言う政治家もいます。』

    -----「夢のある国へ 幸福維新」 第二部 国益とは何か より 

ご訪問ありがとうございます。
さて、昨日、鳩山首相の「施政方針演説」が行われました。
「施政方針」とは何ぞや・・と思い、調べてみました。
政治を行うときの方向。政治の目的・方法・理念など。(「大辞林 第二版」)と書いてありました。
う~ん。そうなんですか・・。
でも、鳩山首相のおよそ50分間の演説は、所信表明同様、具体策はなく、ほとんど理念ばかりの内容でしたね・・。

【施政方針演説】全文(1)はじめに「いのちを守りたい…」 - MSN産経
【施政方針演説】全文(2)目指すべき日本のあり方「労働なき富…」- MSN産経
【施政方針演説】全文(3)人のいのちを守るために「いのちを守る予算…」- MSN産経
【施政方針演説】全文(4)危機を好機に-フロンティアを切り拓く-「ピンチをチャンスに」- MSN産経
施政方針演説】全文(5)課題解決に向けた責任ある政治「戦後行政の大掃除」- MSN産経
【施政方針演説】全文(6)世界に新たな価値を発信する日本「文化融合の国」- MSN産経
【施政方針演説】全文(7完)むすび「かたときも忘れることなく…」- MSN産経
いのちを、守りたい。
いのちを守りたいと、願うのです。
生まれくるいのち、そして、育ちゆくいのちを守りたい。
働くいのちを守りたい。
いつ、いかなるときも、人間を孤立させてはなりません。
世界のいのちを守りたい。
地球のいのちを守りたい。
この宇宙が生成して137億年、地球が誕生して46億年
私は、このような思いから、平成22年度予算を「いのちを守る予算」と名付け、これを日本の新しいあり方への第一歩として、国会議員の皆さん、そして、すべての国民の皆さまに提示し、活発なご議論をいただきたいと願っています。
(一部抜粋)

まるで、詩の朗読を聞いているような錯覚に陥りましたね。
いのちを守りたい・・という言葉を24回も言ったらしいですね。
数えた人もすごいです。うん。
でも国民は、この施政方針を提示されて、活発な議論ができるのでしょうか・・。

H0244_convert_20100114164024.jpg

人気ブログランキングへ
首相の施政方針演説 過剰演出?「理念」だけで「現実」語らず - MSN産経
施政方針演説の冒頭、クライマックスはいきなりやってきた。
「いのちを、守りたいいのちを守りたいと、願うのです生まれてくるいのち、そして、育ちゆくいのちを守りたい」
あまりに詩的な首相の言葉に、野党席からのヤジと与党席からの大拍手が議場で交錯した。複数の閣僚は思わず、失笑した。続いて、これぞ“鳩山節”ともいえるフレーズが飛び出した。「この宇宙が生成して137億年、地球が誕生して46億年。その長い時間軸から見れば、いわゆる『人間圏』ができたこの1万年は、ごく短い時間にすぎない…」。議場は再び騒然となった。施政方針演説としては異例の構成だが、首相周辺によると、劇作家で内閣官房参与の平田オリザ氏の演出だという。首相自身、演説後に「理念型で具体性が乏しいという批判が来るのではないかと思いながら、演説をした」と語ったように、意識的に理念強調型を目指したようだ。理念を補強するエピソードにも気をつかった。「いのちを守る」という理念を語るため、阪神・淡路大震災の追悼式典の際に耳にした遺族の話を引用した。もう一つ、首相が引用したのは、昨年末のインド訪問で立ち寄ったガンジー廟に刻まれていた「7つの社会的大罪」。首相は「理念なき政治」「労働なき富」「良心なき快楽」などの7つの大罪を一つ一つ読み上げた。ただ、実母から月1500万円のお小遣いをもらっていた首相が「労働なき富」を「社会的大罪」と紹介することは、ブラックジョークでしかない。施政方針演説とは、時の首相が1年間の基本方針を示す演説だ。パフォーマンスよりも政策論に重点が置かれるケースが多い。鳩山首相の演説で政策はどう語られたのか。首相は演説で「いのち」という言葉を24回用いた。だが、年間3万人を超える自殺者対策に関しては「いのちを守る基盤として、自殺対策を強化するとともに…」とひとこと触れただけだった。政権交代を実現した際に国民の期待を集めた「マニフェスト(政権公約)」という言葉も消えた。もちろん、子ども手当や高速道路の無料化、高校実質無償化などマニフェストの柱だった政策に触れているが、さらりと説明をしただけだ。外交政策では、25日に開かれた基本政策閣僚委員会で、国民新党側が「日米同盟をもっと手厚くやった方がいい」と指摘したが、首相は聞き入れなかった。首相は就任以来、何度も「言葉の軽さ」を指摘されてきた。その“反省”が先に立ったのか、今回の演説では、政策の具体論には踏み込まず、安全運転に徹する姿勢が垣間見えた。首相は29日夜、記者団に「国民の心に響いてくれたら」と語ったが、みんなの党の渡辺喜美代表が「宣言あって対策なし、おわびすれども責任取らず」と指摘したように、「理念」だけで「現実」を語らない演説が、不況にあえぐ国民にどれだけ届いただろうか。(船津寛)


施政方針演説の冒頭、クライマックスはいきなりやってきた
いや、この記事の冒頭のほうがおもしろいですね。
「クライマックスはいきなりやってきた」もうおしまいってことですか。はやっ。
でも、「理念」だけで、「現実」語らず。
その通りですね。自分の政治理念だけ語られても、国民には伝わりませんね。
思想家じゃないんだから、政治家として、日本の首相として、やはり具体的に施政方針は
述べていただかないと、国民はわからないですね。
この国がどの方向に向かうのか。
どのような目的があり、そして、どのような方法で実施されるのか。
やはり具体的に言っていただかないと伝わりませんね。
まあ、具体策がないから言えないとも考えられますが・・。
この方の頭の中を一度覗いてみたいですね。
何を考えて、この演説の内容を考えられたのか・・。
自分に酔ってるとしか考えられませんね。
日本の政治家として、日本国の首相として、まず語るべきは「国益」でしょう。

【主張】施政方針演説 国益守る決意なきは残念 - MSN産経
鳩山由紀夫首相は初の施政方針演説に「いのちを守る」というキーワードをちりばめた。各省の政策を網羅する旧来の演説の枠を破り、自らの政治理念を強く打ち出したかったのだろうが空虚なスローガンを並べた印象は否めない。「国を守る」ことに言及しなかったのは残念である。首相が明示すべきなのは、政権が直面している最重要課題への見解だろう。それはほとんどうかがえない。ひとつは、日米同盟に危機をもたらしている米軍普天間飛行場移設問題への対応だ。早期決着に向け、日米合意に基づく現行案の決断が急がれるのに、5月末までに移設先を決めるとの既定方針だけだった。具体的な方向性は示されなかった。首相は持論の東アジア共同体構想を取り上げつつ、「揺るぎない日米同盟」が共同体形成の前提条件として欠かせないと強調した。この構想に米側が懸念を抱いていることも意識したのだろう。同時に、首相は安保改定50周年を機に同盟を深化・発展させる考えも示した。そのためにも、同盟を揺るがしている普天間問題の決着に最優先で取り組むべきだろう。鳩山内閣はマニフェスト(政権公約)の実現に見合う財源の不足に立ち往生した。子ども手当は平成22年度の初年度は月額1万3千円でスタートするが、23年度から倍額にする場合の財源にはメドが立っていない。農家への戸別所得補償も、対象作物の拡大に伴って新たな財源を確保する必要が出てくる。明確な説明がなければ政策全般への信頼を失う。首相は元秘書2人が起訴された偽装献金問題で改めて陳謝し、小沢氏の資金管理団体の土地購入事件には触れなかった。自らの問題は決着済みで、小沢氏は潔白を信じて幹事長を続投させる姿勢と受け取れる。政治への信頼を回復できると思っているのだろうか。一方で首相は、教育やまちづくりなどを行政だけでなく地域住民やNPO(民間非営利団体)と担う「新しい公共」の考え方を改めて唱えた。地域社会の再生と肥大化した「官」のスリム化を同時に実行するものなら注目したい。ただ、政府は年金記録問題には2年間の集中対応期間を設けて臨むが、年金制度改正の行方は不透明だ。国が責任をもって担当する分野について、将来の青写真とともに明確に示すことが先決だ。

「いのちを守る」って、どうやって守るのでしょうか。
「いのちを守る予算」って何の予算なのでしょうか。
バラマキ政策の予算でしょうか。
ただ、お金だけばらまいて、いのちが守れると思われているのでしょうか。
いのちを守ると言う前に、「国を守る」ための政策はどこにあるのでしょうか。

『「地球市民」という言い方をすると、聞こえはよいかもしれません。あるいは、「国民」という言葉を使うのを嫌がって、単に、「市民」という言葉を使う場合もあります。
しかし、このように、「市民」だとか、「地球市民」だとか、そういう耳障りのよい言葉を使う人たちの本質は、いったい、どこにあるかを、よく知ってください。「市民」という言葉を使う人は、本心においては「国家」を否定しています。国家というものを否定し、国益というものを否定しているのです。そういうものを悪いものだと思っているのです。そして、それから逃れるために、「市民」という言葉を使い、あるいは、「地球市民」というような言葉を使って、責任回避しているわけです。しかし、国会議員であるならば、国益を考えることは当然の義務です。国民に代わって考えねばならないことなのです。』

   -----「夢のある国へ 幸福維新」 第二部 国益とは何か より

鳩山首相が「地球市民」と思われているのかは定かではありません。
しかし、彼の演説のなかに、「世界のいのち、地球のいのちを守りたい」とありました。
世界の、地球のという前に、日本の首相として「国家を守る」「国民を守る」という言葉が
何故出ないのか。それが不思議だったんですよね。
彼もまた、自身を「地球市民」だと思われているのでしょうか。
だから、国家を否定し、国益を否定して、国防問題には触れないのでしょうか・・。

さて、鳩山首相、民主党とは違い、幸福実現党は、「国益」を考え、「国防問題」も
明確に打ち出しています。

幸福実現党 政調会長 黒川白雲
「世界に冠たる日本」へ
自由・正義・繁栄――幸福実現党

1.「小さな政府」をつくり、「自由からの繁栄」を実現します。
・無駄な規制や法律を廃止し、自由の拡大と行政スピード倍増を実現します。
・無駄な官庁や行政を廃止・縮小・民営化し、行財政改革を進めます。
・「小さな政府」による安い税金、財政赤字の縮小を目指します。
・企業家が最大限、創意工夫を発揮できるよう、様々な規制を緩和・撤廃します。
⇒民主党のバラマキ、所得補償、福祉漬け等による「大きな政府」に反対します。

2.国防強化を進め、「安心して暮らせる日本」を実現します。
・憲法9条を改正し、憲法に国家の防衛権を定めます。
・日米同盟を基軸とした「国益」に基づく外交を進めます。
・自衛隊を強化し、国民の命を一人たりとも失わせない「毅然たる国家」を築きます。
・拉致被害者を「一人残らず救い出す覚悟」で北朝鮮への圧力を強化します。
⇒北朝鮮による脅威の高まる中、民主党の友愛・弱腰外交、反米・親中路線に反対します。

3.大減税で経済成長を実現します。
・消費税撤廃で、実質所得増大、販売価格低下を実現し、消費景気を拡大します。
・相続税、贈与税を撤廃し、富裕層の消費を拡大します。
・金融政策として、3%程度のインフレ目標値を設定し、経済成長を促します。
・証券税制を撤廃し、外資を呼び込み、株価2万円台を実現します。
⇒マクロ的な経済成長政策が欠如した民主党のバラマキ型経済政策に反対します。

4.いじめを防止し、世界最高水準の教育を実現します。
・「いじめ防止法」を制定し、学校からいじめを追放します。
・人を思いやる宗教心の教育を取り入れ、「あたたかい心」を育みます。
・日教組が路線を敷いた「ゆとり教育」を完全転換します。
・教育の自由化を進め、塾や予備校の教師が公立学校で教えられるようにします。
⇒民主党の日教組と一体となった自虐史観教育、「ゆとり教育」の復活に断固反対します。

5.破綻した年金・医療制度の解決に取り組みます。
・人口増大政策と経済成長政策により、年金問題の根本解決を目指します。
・年金破綻をもたらした政治家、厚生労働省関係者の責任を徹底追及します。
・若い人に対しては、新しい年金制度をつくり直すことを検討します。
・公立病院の赤字・閉鎖問題に対して、民間の経営を取り入れ、立て直します。
⇒年金破綻を消費税で穴埋めする民主党の年金政策は、将来の大増税に繋がります。

幸福実現党には、日本を最強国家にするビジョンがあります!
幸福実現党には、国防力を強化する勇気ある決断があります!
幸福実現党には、日本のGDPを世界№1にする政策があります!
どうか、幸福実現党に、期待をお寄せください。
幸福実現党は、必ずそのご期待に応え、日本の政治を変え、
日本を幸福と繁栄と平和に満ちた最強国家にして参ります!
幸福実現党 政調会長 黒川白雲


幸福実現党は、「日本の国益とは何か」を真剣に考え、そして、国益に基づく外交政策を強く打ち出しています。
民主党政権がこのまま続いたら、日本の国益は、どんどん損なわれてしまいます。
「日本の国を守り、日本国民を守る」ために活動を続ける幸福実現党を、支持してくださる方が増えることを願っています。
共に、日本の国益を守るために、活動してまいりましょう。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示