この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

国民を守る「毅然たる国家」へ

北朝鮮の脅威が高まっている今、外交政策のない民主党政権の誕生は危険
『鳩山民主党が政権を取り、アメリカも日本も民主党政権になったら、どうなるでしょうか。日本の国防は非常に危険な状態になります。日米安全保障条約そのものが危なくなるのです。日本の民主党は、国防関係には理解がなく、アメリカの民主党でさえ、「日本の民主党の人に会ってもしかたがない」と言っているほどです。アメリカとの間に亀裂が入るおそれが、そうとうあります。民主党は割にハト派のような言われ方をしますが、皮肉なことに、アメリカでは民主党政権の時代は戦争がよく起きます。
日本も、民主党政権にならなければ、核武装は必要ないのですが、民主党政権になって、日米関係が崩れた場合には、もしかしたら、「核武装が必要になる」という逆説の起きる可能性が出てきます。私は、近著「政治に勇気を」にも書きましたが、今、いちばん問題になっていることを、焦点を絞って述べるとすると、「北朝鮮はミサイルを発射して日本を威嚇しているが、金正日の本心は、まず韓国併合である」ということです。
このことは、知っておいたほうがよいでしょう。』
 -2009年8月17日初版
  --「夢のある国へ 幸福維新」 第一部第2章 国民を守る「毅然たる国家」へ より

ご訪問ありがとうございます。
さて、私の記事は、いつも大川隆法総裁の書籍の一部を紹介させていただいていますが、
今日、自分で書きながら、「やっぱり言われていることは当たってる~」と、いまさらながら、
驚いてしまいました。
民主党政権になったら、「日米安保条約が危なくなる」って、ほんとうにそのまんまですね。
でも、「当たってる~」と思えば思うほど、この先不安でしかたがありませんね。
そして、「金正日の本心は、まず韓国併合である」と言われていますが、また北朝鮮が、
砲弾を発射していますね。そしてそれに対して、韓国も警告射撃をしています・・・。

北朝鮮が黄海で二度、砲撃 韓国軍も警告射撃 - MSN産経
【ソウル=水沼啓子】韓国国防省は27日、北朝鮮が同日午前9時5分から10時16分にかけ、同国が黄海に一方的に設定した航行禁止区域に向け、海岸に設置した砲台から約30発の砲弾を発射したことを明らかにした。これに対し、韓国軍も警告射撃を行ったが、双方に被害はなかった。また国防省によると、北朝鮮はこの日午後3時25分から、再び数十発の砲弾を同じ海域に向け発射した。北朝鮮は今月25日から3月29日まで、黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)周辺にある白●(=領の頁を羽の旧字体に)島近くの海域2カ所について船舶の航行禁止令を出している。禁止区域は韓国側にもまたがっているが、国防省によると、北朝鮮の砲弾はいずれもNLLの北朝鮮側に着弾したという。 これを受け、韓国国防省は27日、「不要な緊張を醸成する脅迫的な行為に対し深刻な憂慮を表明し、即刻中断を求める」とする通知文を南北将官級軍事会談の北朝鮮側団長に発送した。一方、北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は27日、この日の砲撃について例年行っている砲実弾射撃訓練としたうえで、「わが方の水域で計画的に進める訓練については誰も論じる余地がない」と主張し、今後も続くことを明らかにした。朝鮮中央通信が伝えた。(一部転載)

北朝鮮、黄海上で再び砲撃 - MSN産経
【ソウル=水沼啓子】聯合ニュースによれば、北朝鮮は27日午後3時ごろ、黄海に一方的に設定した航行禁止区域に向けて、数十発の砲弾を発射した。北朝鮮はこの日午前にも、同じ海域で約30発の砲弾を発射している。

「金正日の本心が、まず韓国併合である」と言うのが当たっていれば、この先、北朝鮮は、
どんどん韓国に対して、脅迫的な行為を続けるでしょう・・・。

H0244_convert_20100114164024.jpg

人気ブログランキングへ
北朝鮮自体は、非常に貧乏であり、一般庶民のレベルでは、本当に飢え死にしている人が数多く出ていますが、軍事費だけは非常に多いのです。そして、なぜか、中国から北朝鮮への、食料と重油の供給は増えています。実は、中国は北朝鮮に軍関係の支援はしているのです。それゆえ、北朝鮮の非核化を推し進める六カ国協議の議長を中国にやらせても、中国は本気でやるつもりがないことは明らかです。
中国は、「北朝鮮に親アメリカ政権が立ったら自国が危なくなる」と考え、そういう態度をとっているわけです。西側寄りのように見せながら、それは半分でしかなく、実は、残りの半分では、「自国の防衛ができるように、北朝鮮に中国寄りの政権を残しておきたい」というのが中国の今の立場です。中国は、コウモリのように、動物でも鳥でもないような姿をとっているのです。』
 -2009年8月17日初版
  --「夢のある国へ 幸福維新」 第一部第2章 国民を守る「毅然たる国家」へ より

ほんとうに、北朝鮮の指導者は許せないですね。
国民が飢えているのに、軍事費だけはふんだんに使っている。
一体何を考えて国を治めているのか。そう、問いたいですが、問うだけ無駄ですね。
国民のことは一切考えていませんね。ただ、指導者の欲、自国の力の誇示の為に、
国民は犠牲になっています。(まあ、今の日本のお偉いさんも、似たようなものですが。)
そして、そんな北朝鮮に、中国は軍関係の支援をしていると言われていますね。
これも怖いですね・・。

中国への武器禁輸解除を EU議長国スペインが表明 - MSN産経
欧州連合(EU)議長国スペインのモラティノス外相は26日、ブリュッセルで記者会見し、EUが継続している中国に対する武器禁輸措置について、スペインは解除を「支持する」と表明、議長国としてEU加盟国に解除の検討を働き掛ける意向を示した。日米は、EUが中国への武器輸出を開始すれば、極東の軍事バランスが大きく崩れる恐れがあるとして反対している。EU内では武器輸出大国のフランスが禁輸解除を要求、スペインも支持を明確にしたが、解除への慎重論も根強い。モラティノス外相は「中国は世界で新たな役割を果たしており、対中関係を最善のものにする必要があるのは明らか」と指摘。EUが「禁輸を解除できるかどうか検討する時期に来ている」と述べた。EUは1989年の天安門事件以来、武器の禁輸措置を続けている。(共同)

EU議長国のスペインが、天安門事件以来、中国に対して武器禁輸措置を続けていたのに
対して、この度、解除を支持すると表明されました。
う~ん。これももっと怖いですね。
これ以上、中国が軍事拡大をしたら、ほんとうに日本もどうなるかわかりませんね。
そして、そんな中国の軍拡の怖さを、幸福実現党の矢内筆勝(ひっしょう)総務会長が、
日米安保50周年シンポジウムにおいて語られています。

『中国60周年軍事パレードから みる中国の軍拡の現実』part1


『中国60周年軍事パレードから みる中国の軍拡の現実』part2


『中国60周年軍事パレードから みる中国の軍拡の現実』part3


『日本は、基本的な考え方として、次のようなことを、はっきり固めておかなければいけません。北朝鮮が南進することによって、韓国を併合してしまう未来像を肯定するのか。それとも、韓国が北朝鮮を併合し、朝鮮半島が、自由と民主主義という西側の価値観を持った国になるほうがよいのか。このどちらかを必ず選ばなければなりません。それは近未来のことであり、それほど先のことではありません。しかし、民主党には外交政策がないので、今、非常に危険な政権選択がなされようとしています。さらに、もし韓国が北朝鮮から攻められたら、日本の自衛隊は迷わず韓国を助けなければいけません。北朝鮮が韓国を併合したら、次は日本も危なくなるので、韓国を迷わず助けなければならないのです。オバマ大統領が何と言おうと、まず日本が動く必要があり、その後、アメリカも引きずりこまなければいけません。自民党も民主党も、国防問題について言うと選挙に不利になるので、その問題から逃げていますが、防衛問題をタブーにせず、きちんと正しいことを言う政治家でなければ、存在する意味はないと思います。』
 -2009年8月17日初版
  --「夢のある国へ 幸福維新」 第一部第2章 国民を守る「毅然たる国家」へ より

近未来に、北朝鮮が南進すると言われています。
そして、その兆候はすでに出始めています。
日本政府は、「政治とカネ問題」や、「ろくでもない政策」に、無駄な時間を費やしている場合ではありません。
今、日本がすべきことは、防衛問題をしっかりと考えることだと思います。
そのためにも、沖縄の普天間問題は、市長レベルではなく、政府がしっかりと考え、決断し、
そして、中国、北朝鮮の脅威に備え、日米同盟の強化をまず図らねばなりません。

私たちの住むこの日本が、自由で平和な国として繁栄し続けるためにも、目を反らさず、
しっかりと防衛問題を考えるべき時が来ているのだと思います。
幸福実現党は、この国の未来を考え、そして、国民を守るために、防衛問題を訴えています。
幸福実現党の、真剣な訴えに、耳を傾けてくださる国民が、増えることを願っています。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事
コメント
No title
こんにちわ~~~。
ひさしぶりです、いつもありがとう~

いじまも、の時より矢内さんが力づよく感じますね。
2010/01/29(金) 13:29 | URL | sakuya #ncVW9ZjY[ 編集]
Re: こんにちは。
sakuyaさん、いらっしゃいませ~。

ほんとお久しぶりです。
そして、こちらこそ、いつもありがとう~。

矢内さんの力強さをいただいて、私たちも頑張ってまいりましょうね~。v-218

ありがとうございました~。
2010/01/29(金) 14:00 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
No title
軍事パレードの映像の先頭の3人は超エリートなんだろうなぁ。。。

あ、そういう話ではなかったですねv-373

里村さんは、「裏が取れていないのでリバティーには書かないけど、NHKと朝日に中国の資金が流れている」と言っていました。

日露戦争で、日本がロシアに対してやった方法と同じ手口だそうですが、何とかして欲しいですねv-388

2010/01/29(金) 18:13 | URL | アトリエ鈴の木 #-[ 編集]
Re: こんばんは~。
アトリエさん、いらっしゃ~い。

軍事パレードの映像の先頭の3人は超エリートなんだろうなぁ。。。
   ↑
目の付け所が違いますね~。v-411

中国営放送と、ちょうにち新聞ですか・・
なるほど・・
って、怖いですね。v-12

ほんとに、なんとかしなければいけませんね・・日本国民として・・
勇気を持って、自身の出来る事をしてまいりましょうね。v-218

ありがとうございました~。
2010/01/29(金) 20:02 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示