この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

リーダーは決断し、実行し、責任を取れ

日本は「世界に対する責任」を感じよ
『リーダーは責任を取らなければいけません。「どれだけ、多くの人のために責任を取ることができるか」「どれだけ、多くの人への責任を感じるか」ということが大事です。
日本は先の戦争のカルマを長く引きずりすぎています。今、世界のトップリーダーになろうとしているのに、自国の立場がわかっていません。日本は、世界各国への責任をもっと感じなければいけません。アジアやアフリカだけでなく、欧米にまで責任を感じなければいけない時期に来ているのです。昨年起きたアメリカ発の金融危機にしても、ヨーロッパの経済危機にしても、あるいは、今後、中国が経済的な危機を起こしたとしても、日本は、それを止めるだけの力を持っています。日本は、そういう国なので、リーダーさえしっかりしていれば、他国のそういう危機を救うことができるのです。さらに、日本のリーダーが智慧を持って判断すれば、未来の戦争についても避けることが可能です。』
  
 - 2009年6月7日初版

    -----「国家の気概」 第2章 リーダーに求められること より

ご訪問ありがとうございます。
一月もあと少しになりましたね。
そして二月になると、確定申告の時期がやってきますね。
私は、会計記帳代行業をしていますので、今からもう、領収書とにらめっこの毎日です。
しかし、この国のリーダーは、多額の子供手当てをもらっていながら、最近になって贈与税を納付されていましたね。脱税していても、お咎めなしなんですね。普通の企業だったら、修正申告だけでは済まされませんね。それを思うと、ほんと一市民としましては、ちまちま会計処理をしているのも、ちょっと疑問を感じますね。
多くの国民の方も、そう感じていらっしゃるのではないでしょうか。
まあでも、決められたことは守らなければいけませんね。
ほんとに、日本のお偉い方々は、国民の手本となって欲しいものですね。

さて、今日のニュースに目を移しますと、おおっ ! 小沢氏批判が出てきましたね。
いや~、先日、民主の若手議員の村越衆院議員が、一人で小沢氏に反旗を翻されていた報道を見て、ほんと、勇気があるな~と感心していましたが、ぼちぼち援護射撃をする人も出てきましたね。まあ、前原国交相においては、その他の話題で、あまり良い印象はありませんがね~。

小沢氏を批判!「政治資金での不動産購入は不適切」前原国交相 - MSN産経
前原誠司国土交通相は26日午後の参院予算委員会で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体による土地購入をめぐる政治資金収支報告書虚偽記入事件に関連し「政治資金で不動産を買うべきではない」と述べ、小沢氏の政治資金の取り扱い方は不適切との認識を示した。
改革クラブの荒井広幸氏が「陸山会がこれだけ多くの不動産を持っていることは異常ではないか」と尋ねたのに対し、答えた。

民主若手がたった1人小沢幹事長に反旗 - 政治ニュース : nikkansports.com
小沢一郎幹事長(67)に反旗を翻す民主党議員が現れた。同僚議員が沈黙を守る中、村越祐民衆院議員(35)はたった1人で小沢氏の幹事長辞任を要求。19日もトーンダウンすることなく、議員辞職を求める主張も展開した。小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題をめぐって揺れる国会は2日目を迎え、菅直人財務相の財政演説に対する各党代表質問が行われた。野党は鳩山由紀夫首相と小沢氏の疑惑についての質問に終始。鳩山首相は小沢氏と一蓮托生の立場を再強調した。(一部転載)

さて、小沢氏のことは検察にお願いするしかありませんので、このぐらいにしておきます。
首相や一政党の幹事長の「政治とカネ」の問題で明け暮れる日本ですが、米国は、そんな鳩山政権に愛想が尽きたみたいです。

H0234_convert_20100121162549.jpg

人気ブログランキングへ
安保50周年共同声明、米が格下げ要請 首脳→閣僚連名に- MSN産経
「普天間」の影響避ける
【ワシントン=佐々木類】日米安保条約改定署名50周年で両国が発表した共同声明をめぐり、米政府が事前に、首脳同士ではなく外務・防衛両閣僚の連名に「格下げ」するよう日本側に打診していたことが分かった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、県外への移設を模索する鳩山由紀夫首相が代替施設をキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に建設するという現行案を破棄した場合、オバマ大統領の政権運営に影響が出ると判断したためだ。鳩山政権に対する米政府の不信感が重要文書の作成に影響を与えた形だ。日米関係筋によると、米政府は昨年春以降、1月中の共同声明発表に備えて日米両首脳の連名を想定、文書の作成を進める方針だった。しかし、鳩山政権発足後、普天間飛行場移設問題で、鳩山首相が解決の先送りを繰り返したことから、ホワイトハウス関係者が昨年12月、国務省の対日関係者に「大統領を巻き込まないでほしい」、と共同声明を閣僚レベルで処理するよう要請。国務省を通じて日本側へ伝えられた。このため、日米首脳の連名による発表が想定されていた共同声明は急遽、外務・防衛閣僚による共同声明に差し替えられ、普天間問題の記載も見送られた。日米関係筋の一人は、米国が「格下げ」を要請したのは「普天間のゴタゴタをホワイトハウスに持ち込まないようにするためだろう」と話している。
 ただ、両国政府は北朝鮮が核・ミサイル開発を進め、中国が軍拡を加速させる中、アジア・太平洋地域の平和と安定のために両国が強固な同盟関係を内外にアピールする必要があると判断。両首脳がそれぞれ談話を発表し、普天間問題の解決を待たずに同盟深化の協議を進めることにした。共同声明発表前、クリントン国務長官と岡田克也外相がハワイでの会談で、同盟深化の協議を行うことを確認した背景にはこうした事情があった。声明の作成は普天間移設問題がこじれたことから、日米両当局の担当者が具体的な協議に入れず、14日に国務省内で行われた策定作業は徹夜という慌ただしさだった。鳩山首相は6月下旬にカナダで開かれる主要国首脳会議(サミット)でオバマ大統領との会談を希望しているが、鳩山首相が現行案を白紙に戻せば「首脳会談どころではない」(日米関係筋)との懸念も出ている。


日米安保条約改定署名50周年で両国が発表した共同声明を、首脳同士ではなく、外務・防衛閣僚の連名にするよう、事前に打診されていたということですね。共同声明文を見れば、
確かに、閣僚名になっていますね。これはもう、鳩山首相は見放されたということでしょうか。
日米安保50年。50年間、米国との信頼関係を築いてきた日本政府。
それが鳩山政権になってわずか4ケ月です。50年の信頼関係をわずか4ケ月でつぶしてしまう鳩山政権。なんと怖い政権なのでしょうか。
このままこの政権が続けば、日本はんとうの危機を迎えてしまいます。
そんな危機をどう乗り切るのか。幸福実現党の佐藤選対委員長も訴えられていますね。

安全保障上の危機をどう乗り切るか?!-幸福実現党 選挙対策委員長 佐藤なおふみ
24日、沖縄県名護市長選が行われ、米軍普天間飛行場の移設受け入れに反対する稲嶺進氏(=民主・共産・社民・国民新推薦)が現職の島袋吉和氏(=自民・公明推薦)を1600票の僅差で破り初当選しました。これによって、2006年の日米合意である「普天間飛行場の辺野古への移設案」は事実上消えたことになります。すべては鳩山首相の優柔不断さ、八方美人的な性格がもたらした悲劇です。鳩山首相は、アメリカのオバマ大統領に対し「トラスト・ミー」(私を信じて下さい)と言ったそうですが、アメリカのみならず沖縄県民にも社民党にもいい顔をして、その結果、沖縄県民と社民党の間には、普天間飛行場の県外移設論・国外移設論が高まり、自らの選択肢をドンドン狭めていきました。なぜ、このようなことになったのでしょうか。それは、鳩山首相をはじめとする民主党政権が、日本の安全保障上、日米同盟がどれだけ重要な役割を果たしてきたかを理解していないからにほかなりません。
日本は戦後、日米同盟に守られながら、国の復興ならびに経済成長を果たしてまいりました。日本が旧ソ連や北朝鮮や中国の属領にならず、平和を享受できたのは、ひとえに日米同盟のおかげであり、沖縄をはじめ全国各地に米軍基地があったからです。憲法9条に守られてきたわけではありません。日米同盟こそが抑止力を発揮してきたのです。この事実から、私たち国民は目を背けてはならないと思います。しかしながら、鳩山政権にはこのことがまったく分かっておりません。そもそも先の衆院選で、民主党のマニフェストには安全保障に関する基本方針が書かれていませんでした。日本に安全保障上の脅威があるのか、脅威があるならそれを自力で何とかするのか、それともアメリカの協力を必要とするのか。この点について、鳩山政権は明確な考えを持っておりません。また、民主党鳩山政権はアメリカに対して「対等な関係」を主張していますが、「対等な関係」とは一体どういう意味なのか、これについても理解が十分ではないように思います。日米安保条約における日本の義務は、アメリカへの基地提供です。一方、アメリカの義務は日本の防衛にあります。アメリカは権利として、極東の平和と安全を守るために日本の基地を使うことができるわけです。しかし、これだけでは「対等な関係」とは言えません。もし民主党鳩山政権がアメリカに対して「対等な関係」を主張するならば、アメリカに一方的に守ってもらうだけでなく、日本が集団的自衛権を行使して、アメリカが敵国から攻撃を受けた時に同盟国として共に戦う姿勢を示す必要があります。これが「対等な関係」と言うことです。すなわち、防衛力を強化し、これまで以上にアメリカと深い信頼関係を構築していく必要があるということです。しかし、鳩山政権はまったく逆のことをしています。普天間問題でアメリカに不信感を与えるのみならず、東アジア共同体構想や小沢幹事長らによる朝貢外交等、日中関係を強化し、日米関係をなおざりにしています。言ってることとやっていることがまるでチグハグです。このまま訳のわからないデタラメな「対等な関係」を主張し続けるならば、日米同盟に亀裂が生じてくるでしょう。
日米安保条約は一年ごとの自動延長方式ですが、アメリカ側が一方的に破棄することも可能です。そうなったら、鳩山政権はどうやってこの日本の国を守るのでしょうか。今、日本を取り巻く脅威は、北朝鮮のミサイルだけではありません。昨年の10月、中国が10年ぶりとなる大規模な軍事パレードを行いました。中国は着々と軍備を増強し、太平洋の西側半分を支配下に治めようとしています。このまま行けば、日本も中国の属領になりかねません。
民主党鳩山政権の煮え切らない態度によって、日本は、今大変な危機に直面しているのです。いや、日本の安全保障のみならず、アジア全体の平和の根幹を揺るがす危機に直面しているのです。普天間飛行場移設問題は沖縄県民だけの問題ではなく、日本全体の安全保障の問題です。日本の国民の生命・安全・財産を守るために、政府には勇気ある決断を迫りたいと思います。 佐藤なおふみ


今日のテーマは「リーダーは決断し、実行し、責任を取れ」なんですが、鳩山首相にそれを言っても無理だと思うんですね。もともと責任を取りたくないから、優柔不断になるんですね。
でも、そんなことを言ってる場合ではありませんね。
これ以上、米国との関係に亀裂が起きたら、日本はほんとうに危なくなりますね。
だから、佐藤選対委員長も、提言されているんですね。
「日本の国民の生命・安全・財産を守るために、政府には勇気ある決断を迫りたいと思います。」と。

『日米同盟強化~21 世紀の新世界秩序に向けて』(前半)


『日米同盟強化~21 世紀の新世界秩序に向けて』(後半)


私は、以前、「潜在意識で、中国の核の傘を選択している民主党」という記事を書きました。
民主党は、もしかしたら、あえて米国との亀裂を望んでいるのかもしれません。
けれども、「自由を守るための軍隊を持つ米国」と、「自由を抑圧するための軍隊を持つ中国」の、どちらを選択すればいいのかは、常識で考えればわかることだと思います。
私も、言っても無駄だと思っていますが、あえて言います。
鳩山首相、これが首相としての最後の仕事だと思って決断してください。
辞められる前に、ひとつぐらい、まともな決断をしていただきたいと願っています。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事
コメント
お元気ですか?
気概のある記事です。
はと君も最後位は気概を見せて貰いたいものです。

昨日からツィッター?でしたか、始めましたが、
よくわからず、苦戦しています。

お元気そうですね、良かった。
2010/01/27(水) 16:42 | URL | 日本を憂うもの #-[ 編集]
Re: 元気です~。
日本を憂うものさん、いらっしゃいませ~。
私は仕事でヘロヘロですが、元気ですよ~。v-91

ほんと、ハトさんには、最後の最後に決断できるところを見せていただきたいですね。

それと、ツイッターを始められて苦戦しているんですか?
私は今、仕事で苦戦しているため、ツイッターには参加できないので、
私の分もつぶやいてくださいね~。v-218

ありがとうございました~。v-436
2010/01/27(水) 18:38 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示