この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

マスコミの報道には経営陣の判断が加わっている

『今年の五月二十七日に、幸福実現党は都内のホテルで立党大会を大々的に行いました。私は、その内容をDVDで見ましたが、壇上で発言した人たちは、中身のある話をしていました。ただ、その場には数多くの報道陣が来ていたのですが、その発言の内容については、ほとんど報道はされなくて、実際には活字や映像になった部分は、どちらかといえば芸能ネタに近いあたりから出ています。だいたい、そういうものでしょう。宗教が新しく政治のほうに進出しても、まともに取り上げてくれるのは、初めはスポーツ紙や週刊誌あたりであり、大手の新聞社やテレビ局などが大きく扱うようになるまでは、そう簡単にはいかないのです。必ずしも、現場に取材に来ている人たちが判断して、そうなっているわけではありません。今はマスコミ各社もかなり大きな企業体になっています。新聞社であれば、取材記者の上にデスクがおり、さらに編集委員などがいて、そのあと経営陣等の判断が加わります。そのため、現場で見たものや聞いたもの、感じたものを、そのまま報道できるかといえば、そうではないのです。』
     -----「政治に勇気を」 第1章 職業としての政治について より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」は、仲間との情報交換、交流の場です。
よし、私も登録するぞ~と思われた方、詳しい登録の内容はこちら。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、世間を騒がせております「外国人参政権付与法案」について、産経新聞社がアンケート及び意見を求めていらっしゃいます。私は、もちろんこの法案には反対しておりますので、すぐに反対意見を述べさせていただきました。ぜひみなさまも意見をお寄せくださいませ。

「外国人参政権」/「参政権付与は憲法違反?」 - MSN産経ニュース
民主党が今国会に提出を模索する永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案。納税をしている外国人には権利があるのではないかとの声がある一方、憲法では「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」と規定しており、憲法違反との見方もあります。
 そこで、
 (1)参政権付与は憲法違反と思いますか
 (2)納税は参政権の根拠になると思いますか
 (3)参政権は国籍取得が前提と思いますか
 意見は26日午前11時までにMSN産経ニュースへ。

アンケートはこちら

産経新聞社の経営陣の方たちは、日本の主権を譲り渡す、この「外国人参政権付与法案」については、完全に反対の意見のようですね。

H0237_convert_20100117151450.jpg

人気ブログランキングへ
【主張】外国人参政権 外交配慮より主権の問題 - MSN産経ニュース
永住外国人に地方参政権を付与する法案を今通常国会に提出する方針が政府・民主党首脳会議でも確認された。外国人参政権実現に向けた動きが加速している。席上、旗振り役の小沢一郎民主党幹事長は「日韓関係を考えると外国人参政権(法案提出)は政府でやるべきだ」と鳩山由紀夫首相や平野博文官房長官に強く求め、輿石東参院議員会長も「動いていないのは政府の方じゃないか」と迫ったという。確かに、日韓関係は大切だ。中国の軍拡や北朝鮮の核の脅威が増す中で、日韓両国は米国とともに安全保障面で関係を強めていかなければならない。拉致問題解決のためにも、日米韓3国の連携が欠かせない。だが、そのために、韓国側が要望する在日韓国人ら外国人参政権の実現を図ろうというのは、筋違いだ。国と国との関係には、譲れる問題と譲れない問題がある。竹島などの領土問題や外国人参政権の問題は国の主権にかかわり、譲ってはならない。小沢氏は昨年12月、訪韓し、ソウル市内の大学で外国人参政権付与法案について「通常国会で現実になるのではないか」と講演し、また李明博大統領とも非公式に会談した。小沢氏が今回、日韓関係を法案提出の理由に掲げているのは、先の訪韓と関係ないのか。二元外交の疑いも否定できない。地方参政権に限れば、国政に与える影響は少なく、認めてもよいとする考え方もある。しかし、地方によっては、米軍基地の移転や原子力発電所の建設など国政に影響を及ぼす重要な問題を抱えている。警察や教育行政の問題もある。その首長選挙で、外国人票がキャスチングボートを握り、国政を左右する事態もあり得る。外国人はたとえ永住者であっても、忠誠の対象は日本ではなく、国籍のもとになる母国である。政治的な運命共同体である国家の一員としての責任を担えないことは、自明である。鳩山首相は外国人参政権付与法案に政府・与党内で異論があることに関し、「理解は得られると思う。日韓併合100年のタイミングでもあり、いろいろと検討している」と改めて法案提出に意欲を示した。日韓の歴史問題に結びつけようとする姿勢も問題だ。外国人参政権をめぐり、党内や閣内で、もう少し冷静かつ慎重さを求める論議を期待したい。

産経新聞は、この「外国人参政権付与法案」に対して、明確に反対意見を載せられています。
他の大手新聞は、「どこかの知事が反対している」「自民党が反対している」などというものは載せられますが、新聞社としての見解はあまり載せられていません。
そして、朝日新聞に至っては、「捏造」ともとれる記事を掲載していると、産経新聞が苦言を呈されています。

「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同 - MSN産経ニュース
朝日新聞が永住外国人地方参政権(選挙権)に関する全国世論調査の記事をウェブサイト上に掲載した際、誤って沖縄県名護市の有権者を対象としたと記事中で説明していたことが21日、分かった。読者の指摘で誤りに気付き、約1時間20分後に訂正したという。記事は19日未明、「外国人参政権に賛成60%、反対29%」との見出しで掲載された。本文中では「全国世論調査」と説明していたのに、調査方法に関する記述は「名護市内の有権者を対象に調査した」と説明していた。このため、ネット上では「参政権推進の目的で、名護市での調査結果を全国調査と偽ったのではないか」との憶測も出ていた。朝日新聞社広報部は「誤って(24日投開票の)名護市長選情勢調査の調査方法の内容を掲載してしまった」と説明している。

これは、朝日新聞の全国世論調査が、実は、沖縄県名護市の有権者を対象とした調査を、
全国調査と偽ったものではないか・・というものですね。
そして、朝日新聞は「誤って(24日投開票の)名護市長選情勢調査の調査方法の内容を掲載してしまった」と説明しているそうですね。
その捏造疑惑記事はこちら↓
asahi.com(朝日新聞社):外国人参政権に賛成60%、反対29% 朝日世論調査 - 政治
永住外国人に地方選挙で投票する権利を与えることに賛成する人が60%にのぼることが、16、17日に朝日新聞が実施した全国世論調査(電話)の結果わかった。「反対」との意見は29%だった。

これは明らかに、確信犯だと思いますね。全国で賛成している人が60%と言えば、あまりよく知らない人は、「そんなものなのか」と思ってしまいますね。これは、世論誘導ですね。

『現場で見たものなどをそのまま報道できるのは、ほとんど主観性が入らないものの場合です。交通事故や殺人事件など、現に目に見えて、誰が見ても同じように見えるものについては、リアルに報道できます。しかし、「一定の価値判断を含んだものを、活字や電波を通じて全国の大勢の人に伝える」ということは、一記者ないし一レポーターの判断力や権限を越えています。そのため、経営陣の判断が必ずそこに加わるわけです。ラッセル・クロウ主演の映画「消されたヘッドライン」のように、経営陣と対立してでも、単独で頑張り、真実を求め、それを報道しようとする新聞記者は、映画のなかでは存在しても、現実は、やはり、マスコミもサラリーマン社会であり、下の人は上司の命令に忠実にやるしかありません。悪く言えば、マスコミもまた完璧に"官僚制"になっていて、現場の記者などの自由にはならないようになっているのです。そういうことを十分に認識しなくてはならないと思います。』
     -----「政治に勇気を」 第1章 職業としての政治について より

もともと、昨年夏の衆院選で、「政権交代」というムードだけで民主党は政権をとりました。
そして、その「政権交代」のムードを盛り上げたのは、マスコミです。ちょうどあの時期、ワイドショーなどは、ノリピーの事件を、連日報道されていました。そして、その報道のあとに、必ず民主党の「政権交代」という宣伝をされていたと聞きました。毎日それを聞いている方たちは、知らず知らずのうちに「政権交代の時だ」と刷り込まれたのではないでしょうか。

最近、マスコミ報道を見ていると、明らかに、その社の方針が見えるようになってきました。
この国を、日本の将来を本気で考えているマスコミはどれほどいるのでしょうか。
平和ボケした私たち日本人には、ほとんど危機感というものがないように思えます。
それは現政府も、マスコミの人たちにも言えることですね。
そして、そんな危機感のない日本政府に、民団のある幹部の方が、警告を発しておられます。

良識ある 民団(在日大韓民国民団)の幹部からの「警告」 あえば直道のBLOG -幸福実現党-
あえばハッピー!!のあえば直道です。
小沢幹事長の逮捕が現時点では遠のいているため、規定路線どおり、このままだと、今国会にて、外国人参政権法案を政府提出する方向です。
民主党側のコメントでは、「昨夏の衆院選で、民団にお世話になったから」「韓国政府の強い要望があるから」という、まるで国益を無視した理由を展開しています。
しかし、民団にも、非常識な方ばかりがいるわけではなく、私が取材したある幹部の方は、
「在日の多くは渡来人としての立場をわきまえている。」と述べた上で、とんでもない実態を教えてくれました。「最悪の問題は、朝鮮総連の偽装転向・偽装転籍者が紛れ込み、 虎視眈々と悪事をたくらんでいることだ。 日本人は無防備すぎる!」というのです。
民団にも良識ある方がおられることはありがたいことですが、日本政府の甘さ、愚かさは、尋常ではありません。

(続きはあえばさんのブログでどうぞ)

良識のある方は、どこにでもおられるということですね。
日本政府は、良識ある民団の方たちと、接触していただきたいものですね。

さて、良識あると言えば、マスコミのなかでも、“保守本流"の良識派マスコミである産経新聞社から、幸福実現党の方たちの連載執筆が決定しています。
あえば広報本部長代理の「夕刊フジ」でのコラムの連載は、今日1月22日発刊号からです。
ぜひ、読んでみてください。
そして、木村党首は、フジサンケイ ビジネスアイで、連載執筆が決定したそうです。
ほんとうに嬉しいニュースですね。

良識を持った経営陣が率いるマスコミは、どこなのでしょうか。
そして、この日本政府のなかに、良識ある政治家はどれほどいるのでしょうか。
良識のない方たちに、この国の未来は託せません。
民主党の愚かさ、怖さに気づき、そして、「日本の未来を本気で考えているのは幸福実現党だ」ということに、産経新聞社の経営陣は気づいてくださったのではないかと思います。
良識あるマスコミの報道を読まれ、幸福実現党の「本気」に、気づいてくださる方が増えることを願っています。

「よし、今日から良識あるマスコミを選ぶぞ ! 」と、本気で思われた方、
 ↓ ぜひ、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事
コメント
No title
はっぴーらぶさん、いつもお世話になります。

まったく、政治もマスコミも腐っててやんなりますね。
日本をもう一度洗濯じゃ。

勝手ながら記事を拝借いたしました。
ありがとうございましたv-436
2010/01/23(土) 03:04 | URL | ayumama #-[ 編集]
Re: おはようございます。
ayumamaさん、いらっしゃいませ。
こちらこそ、いつもありがとうございます。

日本をもう一度洗濯じゃ
    ↑
その通りですね。
新しい日本のため、頑張ってまいりましょう。

それと、拙い記事で良ければ、何でもお持ち帰りくださいませ。
(私も仲間のところから、盗みまくりですv-218)

ありがとうございました~。v-421
2010/01/23(土) 10:14 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示