この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

悪い人間関係に流されない勇気

「誰を師とし、誰を友とするか」は人生に決定的な影響を与える
『学生時代や青年期において大事なのは、「誰を先生とするか」「誰を友とするか」ということであり、この「師友関係」が非常に大きな影響をもたらします。みなさんの人生観や将来に決定的な影響を与える人として出てくるのが師と友なのです。
この師と友の選び方には、とても難しいものがあります。師というものは、数十年にわたって自分の進むべき道を示してくれる、北極星のような存在であるため、師の選び方は難しいのです。友の選び方もそうです。友の選び方を間違えると道が曲がっていくので、「誰を友とするか」ということは、とても大事な考え方です。 -中略
確かに、「朱に交われば赤くなる」という言葉もあるように、悪い友達と付き合っていると、自分もだんだん悪くなっていきます。悪い友達との付き合いから逃れられず、その仲間意識のために悪事に加担してしまうこともあります。』
 
     -----「勇気の法」 第1章 友情と勇気について
                人に流されない勇気を持つと、道は開けてくる より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の仲間は、どんどん増えています。
よし、私も登録するぞ~と思われた方、詳しい登録の内容はこちら。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、自身の秘書が3人も逮捕されたにもかかわらず、幹事長続投を表明している小沢氏ですが、さすがにこの続投については、国民の理解は得られませんね。
そして、「続投は受け入れられない」、「辞職せよ」という声が方々から上がっています。
【主張】小沢幹事長 続投は受け入れられない - MSN産経ニュース
資金管理団体「陸山会」の土地購入事件で側近3人が逮捕された民主党の小沢一郎幹事長が「自分は法令に違反していない」と、幹事長続投の意向を表明した。土地取引をめぐる複雑な資金操作に対する小沢氏本人の関与が疑惑の核心だ。会計責任者らの逮捕は、政治的かつ道義的責任が明白であり重大であることを示している。それをまったく認めようとせず、開き直る姿勢は受け入れられない。政治的生命を失うと判断したためなのだろうが、情けないとしかいいようがない。小沢氏は16日の党大会のあいさつで、「この日に合わせたかのような逮捕が行われた。到底このようなやり方を容認できない」と、検察当局と全面対決する考えを表明した。政権党の幹事長ともあろう人物が自らに嫌疑をかけられたことに対し、検察を真っ向から批判した例はないのではないか。鳩山由紀夫首相も小沢氏との会談で「(検察と)どうぞ戦ってください」と理解を示した。行政府のトップである首相が、検察と対決する小沢氏を激励するかのような姿勢はきわめて異常である。(一部転載)
ネット調査「小沢氏辞職を」7割 - MSN産経ニュース
民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件を受け、ヤフージャパンが16日に始めたネット調査の結果、17日午前0時現在、小沢氏の「議員辞職」を望む声が約7割に及んだ。また、小沢氏続投が政権や民主党にとって「マイナスになる」とする意見は約8割を占めた。辞職を望む声は民主党支持者からもあり、小沢氏を“擁護”する鳩山由紀夫首相らの意見と大きく食い違った。調査はヤフーが運営するサイト「みんなの政治」や「ヤフーニュース」内で実施。元私設秘書で衆院議員の石川知裕容疑者(36)の逮捕を受け、「小沢氏に望む対応」を聞いたところ、「議員辞職」が71%にあたる1万4316票を集めてトップになった。(一部転載)

独裁体制を築き、独走状態に入った小沢氏にとっては、ここで辞職してしまったら、もう、最後だと認識されているのではないでしょうか。
しかし、なんとも往生際が悪いですね。

H0226_convert_20100117185319.jpg

人気ブログランキングへ
民主党議員は腰抜けか 政治部長・乾正人 - MSN産経ニュース
いやはやびっくりした。
石川知裕衆院議員が東京地検特捜部に逮捕されたことでも、民主党の小沢一郎幹事長が続投を宣言したことでもない。現役の国会議員が逮捕されるのは(むろんあってはならないが)、議員も神ならぬ人間である以上、たまには不心得者も出る。小沢幹事長の「続投宣言」も小沢氏の年来の政治手法からいって驚くに値しない。ここで幹事長職を辞すれば、事実上、罪を認めたと世間が受け取るのは間違いない。師と仰いできた田中角栄元首相と庇護(ひご)者であった金丸信元自民党副総裁をお縄にした宿敵の東京地検特捜部に膝(ひざ)を屈するのは彼にとって屈辱以外なにものでもない。これまで営々として築いてきた「小沢神話」は一夜にしてかき消え、民主党の若手議員が称賛してやまない「小沢王国」が崩壊しかねないと判断したのだろう。鳩山由紀夫首相が傷ついた幹事長を励まし、続投を容認したのも当然といえば、当然である。昨年3月、西松事件で小沢氏の公設第1秘書が逮捕され、5月に小沢氏が代表を辞任。直後の代表選で、鳩山氏が世論調査の好感度でリードを許していた岡田克也氏に勝利した経緯を思い起こしてみれば、よくわかる。「選挙のプロ」ぞろいの小沢軍団の支持なしには、鳩山氏の勝利はなく、むろん鳩山政権誕生もあり得なかった。一般に鳩山政権は、政府(鳩山首相)と党(小沢幹事長)が対等に近い力をもっている「二重権力」構造といわれるが、そうではない。鳩山政権の実態は、党と国会を掌握している小沢氏が実権を握る「小沢政権」であり、鳩山氏は表紙にすぎない。マニフェスト(政権公約)通り、ガソリン税などの暫定税率を廃止しようとした藤井裕久前財務相の辞任劇が鳩山政権の現実を象徴している。辞任の理由は表向き「健康問題」だが、関係者によると、昨年末、小沢氏の主張通りに暫定税率維持が決まった直後に財務相は辞意を首相に伝えている。鳩山政権を懸命に支えていた藤井氏が閣外に去ったいま、首相はますます小沢氏に頼らざるを得ないのだ。もし鳩山政権が「二重権力」構造なら、小沢氏の威信が落ちた機に乗じて、権力を一元化するため幹事長を交代させる人事を断行するはずだが、まったく念頭になかったようだ。首相が幹事長に「どうぞ戦ってください」と三権の長としておよそ非常識な発言をしても恥じないのは、「表紙」としてそれ以上のことを言えないからである。では、何にびっくりしたのか。民主党の国会議員たちのあまりの腰抜けぶりに、である。党幹事長の秘書と元秘書2人が相次いで逮捕された事態は、誰がどう考えても異常である。オフレコで聞けば、「小沢さんは辞めるべきだ」「鳩山さんはもっとしっかりしてほしい」と語る民主党議員は結構いる。しかし、実名でのコメントを求めると、「それは勘弁してほしい」となる。16日の党大会でも批判ひとつ出なかった。「検察ファッショだ」と思うのであれば、新党大地の鈴木宗男代表が「検察の行動に二・二六事件の青年将校たちの横暴のようなものを感じる」と痛烈に批判したように、堂々と異議を唱えればよい。そうでもなく、「ノーコメント」と逃げまわる議員がほとんどなのである。日ごろは威勢のいいことをテレビで吠(ほ)えている若手・中堅議員ほど口をつぐんでいる。 そんなに小沢一郎という政治家が怖いのか。渡部恒三元衆院副議長は「戦前の大政翼賛会のようだ」と嘆くが、その通りだ。いざというときに物言えぬ政治家に、とても国政は任せられない。


乾氏も、「民主党議員は腰抜けか」と問われていますね。
いやいや、問わずとも、「腰抜け」だと思いますね。
政治家としての自分の信条がもともとないのでしょう。
この方たちから、一人の議員としての信条を窺うことはできませんね。

『二千六百年前に釈迦は、「愚かな人を友とするな」「悪い友と交わってはならない」ということを繰り返し説いています。そして、「愚かな人、悪い友と一緒にいるぐらいなら、犀の角の如く、ただ独り歩め」「自分より優れた人を友とせよ。真理の道を歩む者を友とせよ。そのような友を得ることができなければ、犀の角の如く、ただ独り歩め」ということを、よく語っています。そのように、釈迦の説法には、「犀の角」のたとえがよく出てきます。犀が一本の角を立てて歩いている姿を見ると、確かに「孤高の人」という雰囲気があるかもしれません。これは、「真理を求めて修行している人、優れたところのある人と交わっていきなさい。悪い人と交わるぐらいなら、むしろ人と交わらないほうがよい」という教えです。』 
     -----「勇気の法」 第1章 友情と勇気について
                人に流されない勇気を持つと、道は開けてくるより    

総裁先生の過去世である、お釈迦様も言われていますね。
「悪い人と交わるぐらいなら、むしろ人と交わらないほうがよい」と。
悪い人たちの仲間にいると、なかなか自分の意見が言えませんね。
何故言えないのでしょうか。何が怖いのでしょうか。
それはきっと、仲間はずれにされることが怖いんでしょうね。
そして、仲間と違う意見を言ったことで、自分自身に目を向けられることも怖いのでしょう。
ほんとに臆病者の集団ですね。
なんのために政治家になったのでしょうかね。
党の利益、自身の保身しか考えていないから、右に倣えになってしまうんですね。
ほんとうに腰抜けですね。

【剛腕の威光】(2)うちわで“師をあおぐ”秘書たち - MSN産経ニュース
「おはようございます」
午前8時、東京都世田谷区深沢にある自宅のリビングルームに姿を現した民主党幹事長、小沢一郎(67)に秘書と書生がうやうやしく近付いていく。朝風呂を浴びた小沢が湯上がりの血色肌をあらわにしたまま椅子(いす)に腰掛けると、3人ほどの書生や秘書が取り囲み、手に持ったうちわで一斉にあおぎだす。専用のうちわまで用意されており、秘書たちは毎朝、うちわで“師をあおぐ”のが日課なのだという。その中に、当時私設秘書で、逮捕された民主党衆院議員、石川知裕(36)の姿もあった。「先生はのどが弱いからクーラーが嫌い。だから汗が引くまでうちわであおいでいた。まるで王様だ」数年前まで小沢に仕えていた元秘書の一人はこう振り返り、「政治を学んだことは一度もなく、ただ召使いみたいなもんだった」と語った。秘書たちの朝は早い。下積みの書生との違いは「秘書の名刺を持っているかどうかだけ」(元秘書)。午前5時から素手で庭の草むしりを始め、それが終わると朝食の準備、配膳(はいぜん)までこなさなければならない。大手ゼネコンが建てた立派な鳥小屋の掃除と世話、小沢の家族全員分の洗濯にぞうきんがけ…。「草むしりもしないで人の上に立てるか」
 小沢はよくこう語っていたというが、元秘書は「そういいつつ、自分の息子たちには雑用や家事手伝いをさせたことはなかった」と指摘
■住み込み条件
小沢の書生になるためには、寮に住み込みで働くことが条件とされる。秘書寮は事件の舞台となった深沢の土地に建つ2棟とは別に、小沢の邸宅から200メートルほど離れた高台の住宅街にも3棟並んである。この3棟は平成7年に新築された木造2階建ての寮で、いずれも小沢の妻名義になっている。小沢の周辺関係者によると、深沢の土地は、秘書たちが結婚して家族が増え、従来あったこの3棟が「手狭」になったために、新たな秘書寮を建設する目的で取得したとされている。政治資金収支報告書によると、深沢の土地に建つ秘書寮の建築費は2棟で約5500万円。建築計画概要書などによると、いずれも木造合金メッキ鋼板ぶきという比較的簡素な構造だ。寮のすぐ前を川が流れているため付近では地盤沈下も発生している。しかし、この秘書寮の新築工事では、くい打ちや地盤改良などを施した形跡はない。そんな秘書寮が建設された理由に、小沢事務所関係者は異を唱える。「秘書の家族はほとんど地元の岩手で暮らしており、『手狭』は理由にならない」
さらに「秘書たちは誰も寮なんかに住みたくない。いつでも壊せる造りになっている秘書寮の建築は見せかけで、本当の目的は土地を息子たちに譲渡するためだ」と推察する
■法的効力なし
法人格がない陸山会は不動産を購入することができないため、深沢の土地も小沢の個人名義で購入している。小沢は個人として権利がないことを示す「確認書」を陸山会と交わしており、小沢の死後も不動産は陸山会に残ると主張している。しかし、「確認書」に法的効力はないため、相続の際には小沢の親族に名義が移る可能性もある。また、小沢の親族らが「後継者」として陸山会の代表になれば、こうした不動産を無税で引き継ぐこともできる。小沢の元秘書は「政治家個人の政治信条を支持した人からの献金で不動産を購入したのだから、それを後継者が引き継ぐのはおかしい」という。2棟の秘書寮には、土地代と建設費を合わせて約4億円が投じられている。このほか、都心のマンションなども購入し、事務所として使っている。小沢はなぜ、陸山会の巨費を投じて不動産を買うのか。小沢は19年2月の会見で「できるだけ献金を資産として有効に活用するほうが献金した人の意思を大事にする方法だ。賃貸では政治団体の資産からなくなってしまう」と説明した。だが“真意”を知る秘書は一人もいないという。土地代金の原資がゼネコンからの裏献金との見方を強めている捜査関係者はこう話す。「現金で持っていると危ないから、不動産に変えようと思ったんだろう」(敬称略)


今日のテーマは、『「誰を師とし、誰を友とするか」は人生に決定的な影響を与える』でした。
小沢氏を師と仰いだ方たちの人生は、悲惨なものになりました。
小沢氏の元で秘書をしたために、検察に逮捕されてしまいましたね。それも3人も。
そして、師である当の小沢氏は、秘書に罪を被せ、自分は知らぬ顔を決め込み、ずうずうしくもまだ幹事長の座にしがみついています。
なんとも厚顔無恥な御仁です。
やはり、師は選ばなければなりませんね。
悪い師を選ぶとこうなるという、典型的な例を見せていただきましたね。

私は良き師に出会うことができたことを感謝しています。
総裁先生は、この世で最高の師です。(あの世に還っても・・)
みなさまも、「誰を師とし、誰を友とするか」をよく考え、悔いなき人生を歩んでいただきたいと思います。

「悪い師、悪い友と交わっている民主党議員よ、早く目を覚ませ ! 」と、思われた方、
 ↓ ぜひ、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
コメント
こんばんわ、らぶさん。
私も素晴らしい師に出会えたことを感謝しています。

らぶさんという、良い友に出会えたことも感謝です。

後はオザ君が早く逮捕され、善良?なミンスの人達が一刻も早く目覚めることを希望します。
2010/01/17(日) 18:16 | URL | 日本を憂うもの #-[ 編集]
Re: ありがとうございます。
日本を憂うものさん、いらっしゃいませ。

お互い、素晴らしい師に出会えてほんとうに感謝ですね。

そして、私も、憂うものさんという良き友に出会えて感謝しています。

これからも、明るい未来の為に、共に頑張ってまいりましょう。v-218

ありがとうございました。v-421
2010/01/17(日) 19:12 | URL | はっぴーらぶ #gG/wyNe6[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示