この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

永遠の挑戦 - 国難襲来への警鐘

小沢一郎の過去世-提婆達多と共謀した阿闍世
『最近では、この創価学会がつくった旧公明党と組んで、「新進党」という新しい政党が出来ている。そして、「自民党と対比されるべき政党となる」「二大政党をつくる」と言って、小沢一郎という政治家なども、いきがっているが、とんでもない間違いである。
このような邪教の金と票を基にして、国を牛耳ろうとは、なにごとであるか。
それが最大の悪であることが、なぜわからぬか。
「小沢一郎よ、創価学会と組んで、日本の国政を壟断しようとするなら、あなたも地獄に堕ちるであろう」-それを私は予言しておく。
あなたはかつて、仏陀の時代に、インドにおいて、阿闍世という名で生まれたことがある。阿闍世はマガタ国の王子であった。国王の地位が欲しくて、仏陀や弟子であったビンビサーラ王を幽閉し、殺したのは、阿闍世である。それも仏敵である提婆達多と共謀している。提婆達多は釈迦の地位を乗っ取り、阿闍世は父王の地位を乗っ取ろうとして、共に組み、そして、国政を悪くした。』 
-1994年12月18日 エル・カンターレ聖夜祭
     -----「永遠の挑戦」 4 邪教の乗っ取りを阻止せよ より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の仲間は、日本の国のことを真剣に考えていますね。
よし、私も登録するぞ~と思われた方、詳しい登録の内容はこちら。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、最近、小沢氏の動向ばかりが気になって、ちょっと存在を忘れかけていたハト首相。
首相、丸善で本買い漁る 計28冊50287円也 いつ読む? - MSN産経ニュース
この程度のニュースしか、目にとまりませんでした。すみません。
28冊のなかに、総裁先生の本が入っていればいいのですが・・・。
さあ、そしてまた小沢氏ですね。
外国人参政権法案の件で、なにやらまた変な動きをされていますね。
田母神俊雄 vs 青山繁晴 日本が終わる外国人参政権


人気ブログランキングへ
外国人参政権法案で動き出した小沢氏 政権の新たな火ダネに? - MSN産経ニュース
永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案がいよいよ本格的に動き出した。後半国会ではこの法案が最大の争点となり、夏の参院選を前に世論を二分する事態にもなりかねない。この法案の旗振り役である民主党の小沢一郎幹事長は、なぜ政府提出による早期成立にこだわるのか。「政府は早く法案提出準備をやるべきだ。党は党でやるから政府は政府でやってほしい。動いていないのは政府の方じゃないか!」11日の政府・民主党首脳会議。小沢一郎幹事長の右隣に座った輿石東参院議員会長が、対面して座る平野博文官房長官をにらみつけながらこう言い放った。
 小沢氏が「日韓関係を考えると外国人参政権は政府でやるべきだ」と水を向けたところ、平野氏が「党の方は大丈夫なんですか」と消極的な姿勢を示したことが癪(しゃく)にさわったのだ。 輿石氏の剣幕に、鳩山由紀夫首相ら政府側出席者は押し黙り、政府提出法案としての今国会提出が決定づけられた。 永住外国人への地方参政権付与は小沢氏のかねての持論だ。昨年12月に訪韓した際も「来年の通常国会でそれが現実になるのではないか」と大見得を切った。 元々、民主党では議員立法を画策する動きがあったが、小沢氏が「政府の姿勢を鮮明にするためにも政府提案が望ましい」と一蹴してしまった。
 なぜ小沢氏は政府提出法案にこだわるのか。-中略
もう一つは、小沢氏が「最終決戦」と位置づける夏の参院選をにらんでの判断だとされる。昨夏の衆院選で「在日本大韓民国民団」(民団)は、推進派候補に選挙でポスター張りや法定ビラの証紙貼りなどで全面協力した。参政権付与に前向きな公明党を自民党から離反させる手だてにもなりえる。参院選の勝利を確実にするために小沢氏は「やれることは何でもやれ」と周囲にハッパをかけており、参政権付与法案もその一つのようだ。小沢氏の思惑通りに政府・与党内の調整が進めば、参政権付与法案の提出は平成22年度予算案の成立後の4月になる見通しだ。


小沢氏が、参政権法案にこだわるのは、すべて次の参院選のためですね。
小沢氏の頭のなかには、選挙のことしかありませんね。
そして、民主党のバックには「民団」や「朝鮮総連」が控えています。
おまけに、同じように参政権法案に賛成する公明党との連携を考えているようです。

公明、外国人参政権法案に賛成し、民主と連携、政権入りを目指す-村上よしあき(幸福実現党)オフィシャルブログ
たしかこのブログでははじめて公明党のことを出すような気がしますが。
許せないのでついに登場です(苦笑)。

公明党現職議員、在日韓国人の会合で外国人参政権付与を主張(公明新聞)
公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表(衆院議員)は9日、大阪市内で行われた在大阪韓国人新春年賀交歓会に出席し、あいさつした。これには白浜一良党副代表、山下栄一の両参院議員、福島豊前衆院議員らも参加した。この中で佐藤氏は、在日外国人の地方参政権付与について、「公明党は多民族多文化の共生社会をめざす立場から、一貫して参政権付与法案を提出してきた。民主党政権が今回、政府の閣法として提案するならば、公明党は賛成したい」と訴えた。また、日韓両政府が「安全保障共同宣言」の策定を検討していることに触れ、「東アジアの平和の観点から非常にいいことだ」と評価した。さらに同氏は、「厳しい景気・経済を改善し、生活が良くなるよう、国会で前向きな議論を重ねたい」と力説した。
参院選後、民主と連携も=人物本位で選挙協力-公明の山口代表 (時事通信)
公明党の山口那津男代表は10日のNHK番組で、夏の参院選での選挙協力に関して「政党対政党は今、考えにくい状況だ。人間関係を中心に選挙基盤を広めていく」と述べ、自民党だけでなく民主党とも人物本位で協力する考えを示した。その上で、参院選後の民主党との連携について「国民の本当のニーズを実現するために何が望ましいかという視点で選択していきたい」と語り、連携の可能性に含みを持たせた。(時事通信)
さあ、民主党はうるさい社民党と手を切って、公明党と組むのか。
まさに「政局争い」ですね(苦笑)。国民不在です。
そして、どちらにしても、国難であることに変化はないと思います。


ああ、小沢氏は、またもや同じ過ちを犯そうとしています。
歴史は繰り返すと申しましょうか。
過去インドの地で、仏敵である提婆達多と共謀し、国政を悪くした阿闍世。
今世は公明党と共謀し、また悪政を敷くつもりなのでしょうか。
ほんと、進歩がないですね。

仲間のオーパさんも、同じことを思われているみたいですね。
「一・一ライン」復活で、民主―公明連立への動き加速か?-オーパの幸福実現党応援宣言!
民主党の小沢一郎幹事長と公明党市川氏の「一・一ライン」ラインが復活しそうな感じです。これで公明党が、自民党から離れ、民主党との連立する動きが一気に加速しそうですね。公明党は、鳩山由紀夫氏の偽装献金事件では追及を行ってきたが、西松事件などでは小沢一郎氏への追及はしてこなかったという事実があります。今年の通常国会でも小沢氏への追及を行わない方針のようは報じられています。これらに事実からみても、連立を画策しているのではないかと思われます。 通常国家と夏の参議院選挙のまで、小沢一郎氏の政治生命が健在であれば、公明党の野望も実現するのかもしれない。
さて、歴史は繰り返すのだろうか。。。


総裁先生は、国難襲来への警鐘を、もう15年以上前にされていました。
この警鐘は、総裁先生の大きな愛だと私は思っています。
きっと早く小沢氏に、気付いてもらいたいと思われているのです。
そして、私も同じように思っています。
早く気付いて下さい・・と。

さて、当時小沢氏は、新進党で旧公明党と組んでいました。
そして今回また、公明党と組み、「外国人参政権法案」なるものを通し、日本の国を、
さらなる国難に追い込もうとしています。
小沢氏は、自民党、新生党、新進党、自由党そして民主党と渡り歩いています。(まだある?)
そして、「壊しや」との異名を持つ小沢氏ですが、昨日の記事にも書いたとおり、解党時の公金さえもが、小沢氏の関連政治団体に流れているということが発覚しています。
このことを考えると、もしかして、おカネのために、わざと壊してきたのかな・・などと邪推したくなる私です。(考えすぎ?)

『その時に、阿闍世と提婆達多がしたことは何であったか。仏陀教団の弟子たちは、
飢饉によって、お布施をもらえなくなっていた。「そうであるならば、阿闍世王が一日五百食用意するから、仏陀の弟子たちよ、こちらに帰依せよ」と、食べ物でもって仏弟子たちを奪い去り、新しい教団をつくろうとしたのが提婆達多であった。
それを、舎利仏と大目連が折伏し、間違いを指摘し、結果、提婆達多は試みに敗れ、
地獄に堕ちた。阿闍世は、「そのような非道なことをしてはならぬ」と、大臣であるジーヴァカに説得され、晩年は、釈迦弟子として仏陀教団に帰依した。
この阿闍世という人は「父殺しのカルマ」を持っている。今回もまた、政治上の父である金丸信という人を葬り去った。さらには、政治上の母である自民党を裏切って、自民党を滅亡させることを、今の目的としてやっている。まったく個人のカルマである。
個人のカルマによって起きていることを、国政レベルで展開しないでいただきたい。』
     -----「永遠の挑戦」 4 邪教の乗っ取りを阻止せよ より

外国人参政権法案が可決されてしまうと、この国は、内から崩されてしまいます。
そして、民主党と公明党が手を組めば、その後の日本は、恐ろしい国になってしまうでしょう。
いままさに、国難が襲来しています。
国難襲来への警鐘を鳴らし、ともに戦ってくださる方が集結されることを願っています。

「よし、私もこの国難に立ち向かい、共に戦うぞ ! 」と強く思われた方、
 ↓ ぜひ、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
コメント
同感です!
>もしかして、おカネのために、わざと壊してきたのかな・・などと邪推したくなる私です。(考えすぎ?)

私も同じことを考えました。決して考えすぎではないと思いますよ。小沢は裏では金、表では選挙という二つの道具を通して自らの野望を果たそうとしているのだと思います。

公明党や創価学会のことを批判すると、すぐさま嫌がらせや攻撃があるかもしれませんが、彼らはそんなことをしてそれが真に仏の道であると思っているのでしょうか。真の信仰心を満足させられるのでしょうか。疑問をもてば罰が当たるとか、週刊誌や聖教新聞か以外は読むなとがんじがらめにされていて、普通の人間として享受できるはずの自由すら得られない方も多いのではないでしょうか。
創価学会の方々も、正しい道に目覚め、小沢の間違いを指摘してあげて欲しいと思います。
2010/01/12(火) 12:03 | URL | のんのパパ #1MrIEqyw[ 編集]
Re: 同感です!←ありがとうございま~す。
のんのパパさん、いらっしゃいませ~。
いつもありがとうございます。

共感していただけて、とっても嬉しいです。
私は今まで、公明党のことにはあまりふれなかったのですが、やはり避けて通ることはできませんね。

それと、永遠の挑戦の書籍の内容は、ずっと前から取り上げたかったのですが、なかなか勇気が出ませんでした。
でも、やはりお伝えしないといけないと思い、勇気を出して書いてみました。

仲間の存在は、ほんとうに力強いものですね。
読んでくださって、そして共感していただくと、また勇気が湧いてきます。

ほんとうに、ありがとうございました~。v-436
2010/01/12(火) 13:26 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
No title
はっぴーらぶさん、こんにちは
参政権付与、普天間での日米同盟危機、ゆとり教育での教育崩壊、そして社会主義国家へと。
まさに国難到来ですね。
参議院選では、木村党首など候補者の活躍が期待されますね。
がんばって応援していきましょう!
2010/01/13(水) 11:38 | URL | オーパ #-[ 編集]
Re: いらっしゃいませ~。
オーパさん、こんにちは~。

「日本が国難のときを迎えている」ということを
わかっていらっしゃる方が、どれほどおられるのか・・・

幸福実現党は国難回避への唯一の綱だと思います。

がんばって応援していきましょう!
はい。v-222

頑張ってまいりましょう。!

ありがとうございました~。v-436
2010/01/13(水) 12:30 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示