この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

プラスの人生を生きるか、マイナスの人生を生きるか

『立志の段階において、世の中に害毒を流すような志は持つべきではありません。
まず、「今生、この世に命をうけた以上、自分に与えられた寿命のなかで、天賦の才能を最大限に発揮して、自分として満足のいくような生き方をしたい。同時に、社会や国家、そして世界にとってプラスとなるために、ユートピア建設のために、少しなりとも貢献したい」という志を持つべきです。全世界を変えるような仕事は、なかなかできないでしょうが、「ユートピアの大河のなかに、少なくともバケツ一杯の水を注ぐぐらいの仕事はしたい」という志を持つべきです。ただ、この志の部分が違っていても出世をする人はいるので、二種類の志がありえます。そして、いま述べたような志というものは、どちらかといえば、古典的というか、古い時代の考え方であると思われがちです。「それは、昔、道徳や修身で、あるいは歴史の物語で聞いたことがあるけれども、現代では、はやらない考え方だ。現代は享楽主義の世の中だから、いかにおもしろおかしく生きるかが大事なのだ」と考える人もいるでしょう。
しかし、人類普遍の原理というものはあり、それは、死んでからのち、はっきりとわかることなのです。人生は、大きく言えば、「プラスの人生を生きたか、マイナスの人生を生きたか」という二つしかないのであって、この方向性そのものを間違った場合には、取り返しがつきません。悪の人生を生きる場合、その人の権力や財力が増せば増すほど、あるいは地位等が高くなればなるほど、悪いことができます。そのため、よけいに大きな罪を犯すこともありうるのです。』

      -----「常勝の法」 第1章 成功の法則 1. 立志 より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の仲間は、ほんとうに楽しいですね。
よし、私も登録するぞ~と思われた方、詳しい登録の内容はこちら。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、ブログを始めて今日で3ケ月になりました。
試行錯誤しながら続けてまいりましたが、最近やっと、肩の力を抜いて書けるようになってまいりました。読んでくださっているみなさま、ほんとうにありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。

さて、さて、小沢氏の周辺からは、毎日、毎日、いろんなものが出てきますね。
どんだけ~ ! って、感じですかね。(古い?)
小沢氏団体の不記載4億 原資は水谷建設裏献金か「石川議員らに渡した」- MSN産経ニュース
民主党の小沢一郎幹事長側が水谷建設から計1億円の裏献金を受けたとされる疑惑で、水谷建設の幹部らが、平成16年の5千万円は小沢氏の私設秘書だった民主党の石川知裕衆院議員(36)に手渡し、17年の5千万円は公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=公判中=に渡したと東京地検特捜部に供述していることが9日、関係者への取材で分かった。特捜部は16年の5千万円について、小沢氏の資金管理団体「陸山会」が土地購入の際、政治資金収支報告書に記載しなかった4億円の原資になった疑いがあるとみている。当時、石川氏は陸山会の会計事務担当で、大久保被告は会計責任者だったが、いずれも特捜部の任意の事情聴取に対し、現金授受を全面否定したという。関係者によると、水谷建設の幹部らは特捜部に「16年10月の5千万円は東京都内のホテルで石川氏に手渡し、17年4月の5千万円は同じホテルで大久保氏に手渡した」と供述したという。資金提供は国発注の胆沢ダム(岩手県奥州市)工事を受注した成功報酬だったとしている。

水谷建設の幹部が、「5千万円を2回に分けて、石川、大久保両秘書に現金で手渡した」と、
供述されたんですね。そりゃ、渡した側が言ってるのだから、それが真実なんでしょうね。
先日から、収支報告書に記載のなかった4億円が問題になっていましたが、その原資になった疑いがあるということですか・・・。ほんと、こんな大金、ごまかせると思っているのでしょうか。
通常、収支報告書は、収入と支出が合わないとおかしいですね。
私も、会計処理の仕事をしていますが、入金と支出の相手がわからなければ、仕訳ができませんね。それは常識ですね。不明金は、いつか発覚するものですね。
その上、政党助成金等の公金を、小沢氏の関連政治団体が独占しているという報道もありましたね。もう、なんでもありですね・・・
H0199.jpg

人気ブログランキングへ
小沢氏側に公金9億円 解党2党(自由・新生)の残金を“独占” - MSN産経ニュース
資金管理団体「陸山会」の不明朗な資金操作疑惑が持たれている民主党の小沢一郎幹事長が、党首などを務めていた新生党と自由党を解散した際、両党の残金の大半計約22億8千万円を自分の関連政治団体に移していたことが8日、分かった。このうち政党助成金など公金は少なくとも9億円近くに上る。こうした公金は所属議員に分配されるなどして政治活動に使われることを目的としているが、小沢氏のケースは一政治家が解党時に“独占”した格好となっている。
【土・日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 政局左右する政治とカネ - MSN産経ニュース

いやもう、はっきり言って、小沢さん、あなたもうだめでしょう。
ケンシロウではありませんが、「おまえはもう、死んでいる・・」と、言ってやりたいですね。
出てくる報道を見ていると、もう、やりきれませんね。
まったく、なんのために政治家になったのでしょうかね。

検察は、「政治とカネ」の行方を徹底的に暴いて、小沢氏が政界には戻れないようにしていただきたいですね。
でも、それ以上に私は、小沢氏個人の人生について考えると、少し哀れな気がします・・・。
<人生は、大きく言えば、「プラスの人生を生きたか、マイナスの人生を生きたか」という二つしかない>と、総裁先生は言われています。
そうなんですね。オギャーとこの世に生まれた時は、みな同じスタートラインに立っているんですね。そして、その後の人生のなかで、プラスにするか、マイナスにするかは、自身の生き方にかかっていますね。
小沢氏の周りから次々に発覚するこの不透明なお金の流れは、この方の生き方を物語っているように思います。火のないところに煙は立ちません。きっと、正しい生き方はされていないのでしょう。そして、プラスかマイナスかを考えた時、相当、マイナスの人生を送られているように思います。

総裁先生は、<悪の人生を生きる場合、その人の権力や財力が増せば増すほど、あるいは地位等が高くなればなるほど、悪いことができます。そのため、よけいに大きな罪を犯す>とも言われています。小沢氏の影響力を考えた時、たぶん周りも引きずり込んでいるでしょう。
小沢氏の罪は大きいですね。
そして、今のままでは、死後、相当深い地獄に赴くことになるでしょう。
小沢氏は、過去、阿闍世として生きたときも、悪の人生を生き、最後には悔い改め、
釈迦弟子として、仏陀教団に帰依されています。
今世も、どうか早いうちに悔い改め、マイナスの人生を少しでもプラスに持っていかれるようにと、願ってやみません。
日本のためにも、そして、小沢氏の人生のためにも・・。

さて、毎日暗い話ばかりで申し訳ありません。少し明るい話で終わらせていただきます。
「坂本龍馬の新・霊言」上映の 詳しいお知らせ! あえば直道のBLOG -幸福実現党-
ご存知の方も多いと思いますが、先週の1月6日(水)、
大川隆法・幸福の科学グループ総裁により、
「坂本龍馬の新・霊言」が公開収録されました。
一部と二部に分かれて
合計約4時間にも渡って語りおろされた
現代日本と日本人へのダイナマイト・メッセージです。
「どんな内容なのですか?」というお問い合わせが
自分のブログ宛てに殺到しています。
さすがに、内容は、ぜひ、直接ご覧いただきたいのですが、
とりあえず、各パートの「質問項目」だけでもお伝えしておきます。
このメッセージを聴かずして、明日の日本は語れない、熱くて、スケールの大きな内容です。
1月16日(土)より、ぜひ、全国の支部と精舎におでかけください。
むろん、幸福の科学の信者でない方でも大歓迎です。
お気軽にお越しください。
最寄の支部や精舎を探すには     ↓
「宗教法人 幸福の科学 ホームページ」(←クリックでジャンプできます)
「幸福の科学の『精舎へ行こう』」(←クリックでジャンプできます)
第一部: 精舎 公開版 〔※精舎限定〕
○質問者 木村 智重 (きむら ともしげ)
  第1問 「新しい日本の国家のビジョンとは」
○質問者 黒川 白雲 (くろかわ はくうん)
  第2問 「安全保障の未来戦略について」
  第3問 「21世紀の日本の使命について」
○質問者 綾織 次朗 (あやおり じろう)
  第4問 「世界を支える経済政策について」
第二部: 支部&精舎 公開版
○質問者 里村 英一 (さとむら えいいち)
  第5問 「龍馬ブーム 仕掛けの真相は?」
  第6問 「もし今、世界の海援隊をやるならば?」
  第7問 「龍馬暗殺の真犯人は?」
○質問者 饗庭 直道 (あえば じきどう)
  第8問 「『幸福維新 』 成就へのシナリオ」
  第9問 「今後の政局と政変の予言」
  第10問 「いま必要な『薩長同盟』とは」
○質問者 滝口 笑 (たきぐち えみ) 
  第11問 「龍馬の仏縁(過去世)について」
  第12問 「眠れる志士(若者)へのメッセージ」
                       直道


龍馬さんは、私心を捨て、日本のために生きられた方ですね。
その人生は、短くとも、ほんとうに、プラスの人生を生きられました。
そして、今も天上界から、日本の将来のために、提言を続けておられます。
ほんとうに、ありがたいですね・・。

さて、今日のテーマは、「プラスの人生を生きるか、マイナスの人生を生きるか」でした。
私の人生をふり返ったとき、やはりマイナスが多い人生だったように思います。
けれども、私は、今世において反省をし、少しでもプラスにして還りたいと思っています。
「ユートピアの大河のなかに、少なくともバケツ一杯の水を注ぐぐらいの仕事はしたい」と、
志を立て、今自身が出きる事を続けています。(スプーン一さじもできていませんが・・)
同じように、ユートピアの大河のなかに、水を注ぐ方が増えることを願っています。

「よし、マイナスではなく、プラスの人生を生きるぞ ! 」と、心から思われた方、
 ↓ ぜひ、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示