この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

大器の条件

政治家を選挙以外の方法でも選出せよ
『凡百の政治家に何言ったってしかたないんだけど、そうだな、はっきり言って、制度がよくないね。いまの選挙制度ではだめだよ。これはだめだ。やはりねえ、おれたちの時代で言っちゃあいかんが、人の口を介して、「お主できるな」というような人の名前が挙がって、そういう人たちが国政を牛耳るようにならにゃいかん。やはり、なりたい人よりは、
ならせたい人をっていうことかな。いまは、なりたい人ばかりが、わんさといるんじゃないかな。おれたちの時代は、ある意味では実力主義だったと思うんだな。年齢も関係ないし、社会的地位も関係なしに、実力ある人間が堂々と政治の表舞台に出てきたわけだ。必ずしも、それが制度として続くわけじゃないけども、そういった、「この人は」と思うような人がなれるようなかたちにしたいね。』

  ---「坂本龍馬・勝海舟の霊言」 第2章 大器の条件 勝海舟の霊言 より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の仲間は、まだまだ増え続けております。
よし、私も登録するぞ~と思われた方、詳しい登録の内容はこちら。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、「政治とカネ」の問題で、随分前から世間を騒がせ続けております小沢氏ですが、
その小沢氏に対し、東京地検特捜部も、お正月明けから追い込みを開始していますね。
ゼネコン各社を一斉聴取へ 小沢氏側の資金全容解明 - 47NEWS(よんななニュース)
小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、東京地検特捜部は5日、西松建設の巨額献金事件で政治資金規正法違反罪に問われ公判中の小沢氏の公設第1秘書大久保隆規被告(48)を任意で事情聴取した。この問題では、陸山会側が2004年に購入した土地代の原資など計8億円以上の収入や支出を政治資金収支報告書に記載しなかった疑いが持たれており、当時会計責任者だった大久保被告に詳しい説明を求めたとみられる。また、特捜部は同日以降、小沢氏の地元岩手県奥州市で建設中の胆沢ダムの工事に参入しているゼネコン各社の関係者らについても一斉に呼び出し、一部については任意で聴取を始めたもようだ。特捜部は、小沢氏側への献金が土地購入の資金に充てられた可能性があるとみて昨年来、断続的にゼネコン各社の関係者を任意聴取。しかし、今なお資金の流れに不明な点があり、全容解明に向けて再度の聴取が不可欠と判断したとみられる。陸山会は04年10月、東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入。小沢氏側は「定期預金を担保に金融機関から借りた4億円を購入資金に充てた」と説明していたが、融資を受ける直前に支払いが済んでいたことが判明している。
小沢氏第1秘書、大久保被告を聴取 東京地検 ゼネコンも聴取へ - MSN産経ニュース
民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年の土地取引をめぐり、政治資金収支報告書に4億円以上を記載していなかったとされる疑惑で、東京地検特捜部は5日、陸山会会計責任者だった小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反罪で公判中=から任意で事情聴取を始めたもようだ。土地取引や不記載の経緯などについて説明を求めたとみられる。また、特捜部が小沢氏の地元、岩手県奥州市で建設中の胆沢ダムの工事に参入しているゼネコン関係者らから事情聴取する方針であることも分かった。特捜部は昨年来、建設業界から小沢氏側への献金が土地代金に充てられた可能性があるとみて、ゼネコン関係者の任意聴取を断続的に続けてきたが、今なお資金の流れに不明な点があり、全容解明には再度の聴取が不可欠と判断したもようだ。

小沢氏VS検察の結末は、いったいどのようになるのでしょうかね。
この因縁の対決に於いては、私はもちろん、検察の大勝利を願っています。
龍馬さん

人気ブログランキングへ
【疑惑の濁流】「小沢一郎vs検察」因縁の対決再び?「裏献金」と不動産問題の謎 - MSN産経ニュース
民主党の小沢一郎幹事長を、「政治とカネ」の問題が再び直撃している。昨年3月に公設秘書が逮捕されて民主党の代表辞任を余儀なくされたものの、8月には悲願の政権交代を達成し、権力を手中に収めた小沢氏。ところが10月以降、資金管理団体の土地取引に絡む問題や1億円の裏献金疑惑が相次いで発覚したのだ。小沢氏が政治の師と仰いだ田中角栄、金丸信両氏と金庫番秘書を「政治とカネ」で摘発してきた東京地検特捜部。小沢氏と特捜部との“因縁の対決”が再び幕を開けるのか。

さて、今日は、「勝海舟の霊言」を取り上げさせていただきました。
霊言と言われても、霊という存在が信じられないという方が、まだまだ多くいらっしゃると思いますが、まあ私は、当たり前のように、霊というものを信じ、あの世の存在を信じていますから、
この言葉は嬉しいですね。現代に生きていながら、過去に生きていた方の言葉をいただけるんですよ。すごいことですね。
まあ、今現在、どうしても信じられないという方でも、いずれ焼き場で肉体を焼かれたときに、その真実を知ることになるのですから、早くから信じて、自身の心の調律をされていたほうが、幸せだと思いますね。

人間を測る二重の基準
『やはり、総理大臣なんかになると、ろくなことはないんだよ。世の中の役に立つことも多いけど、害も多いし、たいてい、もう十中八九、増上慢になっちゃうんだな。
うぬぼれちゃって、心の状態がよくないんだよね。みな、「自分は偉い」と思っているんだけど、ほんとうはそんなによくないんだよ。また、欲が強いしね。神さん、決して、人間のやった功績だけでもって、その人をはかりに掛けないんだよな。
たとえば、一国の総理大臣をやったような人が、まあ、だれとは言わないよ、地獄に堕ちちゃっている。一方、野良仕事なんかして、じいさん、ばあさん、機嫌よく死んだら、天国に来たりなんかしているわけなんだよ。どちらが世の中の役に立ったかというと、総理大臣のほうが役に立ったような気がするわけだな。ところが、なぜか、こちらへ来ると逆転しているわけだな。こういうことを考えてみると、やっぱり、心がきれいかどうかとか、美しいかどうかとか、そんなことが重視されるみたいだな。』

  ---「坂本龍馬・勝海舟の霊言」 第2章 大器の条件 勝海舟の霊言 より

まあ、勝海舟さんも「 政治家を選挙以外の方法でも選出せよ」、「この人は」と思える人がなれるようなかたちにしたいと言われていますが、ほんとうにその通りだと思います。
今の制度は、少しおかしいですね。まあ、二大政党に有利な選挙ですから、国民の意思はあまり反映されませんね。数が多い党が実権を握る。また、その数を増やすために、裏金をつくる。これは悪循環ですね。

『天国・地獄というものの分け方は、まず、心が清いかどうかということ、それで分けちゃうんだよな。そして、「心が清い。心が美しい」という基準で分かれたなかで、世の中の役に立ったなら、もっと上に行けるわけだ。そうなんだよな、実際。ところが世の中の役に立っていても、まず最初の段階で心が清くなけりゃあ地獄に堕ちちゃうと、こういうことだ。だから、ふるいが違うわけだ。二段になっているわけなんだな。 -中略
だから、神さんってのは、二重の基準みたいなもので人間を測っているんだよ。
心が清いかどうかってのが最初の基準さ。まずこれを乗り越えて初めて、役に立ったかどうかっていうような基準があるわけだ。だって、そうだろう。光明界とか菩薩界なんて言っているけれど、これは役に立った差だろう。如来だってそうだよな。やっぱり、役に立ったひとが上にいるわけだ。ただ、役に立っただけじゃあ、天国には入れないっていうわけさ。なぜか知らないけど、そんなふるいの順番があるっていうことだよな。』

  ---「坂本龍馬・勝海舟の霊言」 第2章 大器の条件 勝海舟の霊言 より 

勝海舟さんが言われているように、まず、自身の心を清く保ち、そして、他の人のために、世の中のために、自身の出きることを積み重ねてゆくのが、正しい人間の生きる道です。
しかし、それを忘れて、自身のためにだけ生き、他の人に対して、悪影響を与え続けた人は、悪霊となり、地獄に堕ちてゆきます。
小沢、鳩山氏も、この世的に見れば、ご本人たちは、権力を手中にし、上り詰めたと思われているのでしょうが、霊的に見れば、どんどん後退されていますね。
あの世に還ってからのことを考えると、ちょっと忠告させていただきたいですね。
「このままの状態で、そして、これからももっと、他の人に悪影響を与え続けたとき、死んでから地獄で、相当の苦しみが待っていますよ」と。

「大川隆法霊言選集」刊行に寄せて
このたび、幸福の科学が宗教法人として活動を開始する以前、並びに活動初期に収録された、大川隆法霊言のなかから、一般の人にも分かりやすい入門的な内容を選び、「大川隆法霊言選集」として刊行することとした。
もともとは、霊界の存在証明のために、いろんな霊人の個性を言葉の形でリアルに再現し、
霊言集、霊示集としていくつかの出版社から刊行されたものです。
霊人の個性の証明のために、互いに矛盾する教えや思想も包容する書籍群ではあるが、
すべての霊言が、私、大川隆法の肉声を通じて語られ、テープレコーダーに収録されたものの筆録であることで共通している。


人間は、天国から生まれ変わってくると言われています。
地獄に堕ちても、反省をし、天国に上がってから生まれ変わってきます。
そうであるならば、地獄で反省するより、今、生きているうちに反省したほうがいいですね。
地獄に堕ちると今よりもっと苦しいことがあるんですよ。
そんなにまた苦しむのなら、生きているうちに反省して、清く生きたほうがいいですね。
だから私は、日々、自身をふり返り、間違った思い、間違った行動は、すぐさま反省し、常に正しい方向に心を向ける努力をしています。
私はこれからも、心を磨き、少しでも世の中のお役に立てる人間になれるよう、日々、努力を重ねてまいりたいと思います。
日々心を磨き、世の中のお役に立てる大きな器の人が、数多く増えることを祈っています。

「よし、清く正しく生き、世の中のお役に立つぞ 」と、半信半疑ながらも思われた方、
 ↓ ぜひ、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログへ
 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示