この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

「政治に夢がない」ことが問題

『当会は、戦後の、宗教に対する偏見や間違った常識、「宗教は、いかがわしいもの、悪いものだ」という批判と戦い、宗教の評判を上げるために頑張ってきましたが、「世直しの一環として、さらに、現実的な活動も加えていきたい」と思っています。 -中略
大事なのは、政治の世界に、新しい理念、新しい風を吹き込んで、浄化し、そして、国民に素晴らしい夢を見せることだと思うのです。今、「政治に夢がない」ということが問題なのです。
やはり、夢を語れないようではいけません。新しい夢を語れるようなものをつくらなければいけないのです。未来は、予測のつきがたいものではありますが、「未来は、努力すれば、切り開いていくことができる」というのは確かなことです。したがって、座して何もせず、「未来がどうなるか」ということを占って待つよりも、「やるべきことはやっていく」ということが大事です。
やるべきことを着実にやっていく。それは当会の考えにも合っていることなのです。』
   -----「政治の理想について」 第2章 政治の理想について より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の登録者数が200名を超えました~。
待機者数を合わせると、300名を超えています。
よし、私も登録するぞ~と思われた方、詳しい登録の内容はこちら。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、政治の世界は相変わらず「夢」がありませんね。
小沢氏は、西松建設からの違法献金事件での公設秘書の裁判、鳩山氏は、資金管理団体をめぐる偽装献金事件における元秘書の起訴。
そして、決断できない普天間問題。マニフェストに掲げていない「外国人参政権法案」問題。
また、バラマキ政策、公共事業削減により、今後もっと進むであろう不況。
ほんとに、今の政権は、国民に「悪夢」を見せていることに、気づいていないようです。

【一筆多論】乾正人 「小沢帝国」誕生の足音 - MSN産経ニュース
あっという間に政権交代という大きなドラマが起きた今年も仕事納めを迎えた。主役は母親から毎月1500万円もらっていながら「知らなかった」と言い訳する鳩山由紀夫首相ではなく、天皇陛下の胸中まで手に取るようにわかるらしい民主党の小沢一郎幹事長であることは、賢明な読者のみなさんには自明のことだと思う。
誰も褒めてくれないので、少々自慢しておくと、5月に小沢氏が西松事件で代表の座を降りたとき、私は「まだ早い『さらば、小沢一郎』」と予言し、鳩山氏が民主党代表に選ばれた際には「傀儡とはいいたくないが」と書いた。民主党支持者とおぼしき読者からお叱りのはがきや手紙を多数頂戴したが、結果はご覧の通りである。首相があれほどこだわっていたガソリン税の暫定税率廃止は、小沢氏の一喝で実質的に維持されることになった。本人は否定しているが、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見も小沢氏が首相サイドに強く「要請」して実現したと多くの関係者が証言している。どちらがこの国を動かしているかは一目瞭然である。最近になって小沢氏は、「総理大臣になって、本当にみんなのためにやれると皆さんが思ってくださるときがあれば、拒む必要はないと思っている」(テレビ東京の番組)と首相就任にも意欲をみせるようになった。裏側から首相を操るよりは、よほどすっきりするが、「小沢首相」誕生は、この国の議会制民主主義を破壊しかねない大きなリスクを伴う。


一筆多論のなかで乾氏が、小沢氏の独裁に対して、疑問を投げかけておられます。
小沢氏が、「総理大臣になってもいい」というような発言をされていますが、ほんと、喉もと過ぎれば熱さを忘れるなんでしょうかね。
西松建設の事件で、民主党の代表をお辞めになった方が、総理大臣になりたいと思っていること自体が、大きな間違いです。国民を侮ってはいけません。
そして、悪夢のもとの鳩山政権については、外国でも、厳しい採点が下されています。

人気ブログランキングへ
【環球異見】鳩山政権100日 - MSN産経ニュース
鳩山由紀夫首相の「100日目」は、自らの資金管理団体をめぐる偽装献金事件で元公設第1秘書が訴追される就任後最悪の日となった。新しい政権を、発足から100日という区切りで最初に評価するというのが半ば慣例化している米英有力紙も、“生後100日”の鳩山政権に、かなり厳しい採点を下している。今回の中心テーマは、「ハトヤマズ・ファースト・ハンドレッド・デイズ」-。
▼ニューヨーク・タイムズ(米国) 一部転載
順調というにはほど遠い

23日付の米紙ニューヨーク・タイムズは東京発で、「鳩山由紀夫新首相の最初の100日は順調というにはほど遠い」と伝えた。同紙は、「鳩山氏が掲げた新しい日本への政治課題は、日本が直面する厳しい現実に加え、政治的な判断ミスのため危機にひんしている」と現状を批判的にとらえている。普天間飛行場移設をめぐる混乱、そして自身の資金管理団体に絡む偽装献金事件と、政権にとっての悪材料に事欠かない中で、「わけてもトラブルの核心は、低迷を続ける日本経済だ」と指摘する。
▼フィナンシャル・タイムズ(英国) 一部転載
「血流が停止した亡霊」

1989年12月に3万8915円を付けた日経平均株価は、バブル崩壊とともに暴落し、今年3月に7000円割れ寸前まで下げ、民主党の鳩山由紀夫政権になって1万円台に回復したものの、日本はまだバブル後遺症に苦しんでいる。-中略 対米関係をこじらせている米軍普天間飛行場の移設問題や、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相の独断専行などで、鳩山首相の閣内指導力には疑問符がつくとし、民主党の小沢一郎幹事長について71%の国民が「政権を実質、支配している」と答えた世論調査の結果も引用している。「首相の遠慮がちで学生の集まりを仕切るような指導力に党内の忍耐は限界に達するかもしれない」と、民主党政権は続いても鳩山政権は短命に終わるかもしれないと予測している。
▼ワシントン・ポスト(米国) 一部転載
問題あれど重要な同盟国

11日付の米紙ワシントン・ポストは、「日本はまだ重要か」と題するフレッド・ハイアット論説委員のコラムを掲載した。ハイアット氏はこの中で、鳩山由紀夫政権に対する米国内の見方が厳しさを増す状況下にあっても、重要な同盟国であるという大局を見失うことなく日本に対応すべきだと米側に提言している。東京特派員を務めた同氏は、12月に東京財団などが催したフォーラム「欧米のオピニオンリーダーが見た『政権交代後の日本』」に出席するため訪日した。ハイアット氏は、鳩山政権が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する決定を遅らせていることで、日米関係に混乱を招いていると指摘した。鳩山首相が11月の首脳会談でオバマ米大統領に対し、「トラスト・ミー(私を信じて)」と発言したことも取り上げて、「鳩山首相の素人っぽい対応の仕方には、(オバマ政権も)いらだっている」と論評した。ハイアット氏と会った岡田克也外相も「日米関係は危機的状況にある。同盟が試されている」という焦燥感を示したとしている。

いや~。けっこう確信をついていますね~。
政治的な判断ミスのため危機にひんしている。
鳩山首相の閣内指導力には疑問符。
民主党の小沢一郎幹事長について71%の国民が「政権を実質、支配」
首相の遠慮がちで学生の集まりを仕切るような指導力。
鳩山首相の素人っぽい対応の仕方には、(オバマ政権も)いらだっている」と論評 。


鳩山氏の、決断力、指導力が皆無だということは、世界の人も知っていますね。
そして、小沢氏が、政権を実質支配しているということにもお気づきです。
私たち日本人は、そろそろ、目を覚ますべきなのではないでしょうか。
海外から、このように採点されている政権を、国民はいつまで支持しつづけるのでしょうか。

2010年のキーワード その2-あえば直道のBLOG -幸福実現党
書店には、来年の大河ドラマの主人公である龍馬本が山積みです。
今晩も、NHKでは、坂の上の雲のドラマの続きがあります。明治維新という、世界史上の奇跡といえる革命が実現できたのも、数々の創造的な発明や発想あってのことだったと思います。時代を先取りしすぎて、当時の世論がついていけなかった、吉田松陰の思想と行動。実質上の無血革命を導いた龍馬の「大政奉還」策。幕府、特に徳川慶喜を委縮させた官軍による「錦の御旗」。明治以後の、日露戦争を奇跡的勝利に導いた、日本政府による智慧の限りを尽くした、外交、謀略、戦術の数々。いまの日本にとっても、必要なのは、行き詰まりを打破するための常識を超えた「創造的」な発想です。幸福実現党の政策は、立党当初、それまでの常識に比べて先鋭すぎて、世論がついていけない面もあったかもしれません。
しかし、新政権が誕生して、約100日。
振り返れば国情は、幸福実現党のいう通り国難が本当に現実化し、景気は凋落の一途をたどっています。仕事柄、頻繁にお会いする大手メディアのトップの方々も、「結局、おたくの言うとおりになったよねえ」と、唸るように私に訴えてきています。
2010年、日本の再生に向けて、「創る」を合言葉に、我々の手で希望の未来を創造すべく、
全力を尽くします。


座して何もせず、「未来がどうなるか」ということを占って待つよりも、
「やるべきことはやっていく」

幸福実現党の候補者は、日々、やるべきことをやるために活動しています。
そして、私も、「未来がどうなるか」と、不安のなかで過ごすのではなく、「明るい未来」を夢見ながら、日々、ブログを綴っております。
「政治に夢」を与え、「国民を幸福」に導いてくれる、「幸福実現党」を支持してくださる方が、
増えることを夢見ています。

「 鳩山政権の悪夢から目を覚まし、政治に夢を取り戻そう ! 」と、強く思われた方、
 ↓ ぜひ、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
コメント
NO TITLE
ハッピーラブさん、初めまして!
とても良いブログですね。

>そして、私も、「未来がどうなるか」と、不安のなかで過ごすのではなく、「明るい未来」を夢見ながら、日々、ブログを綴っております。

同感です。
ともすると、毎日、日本丸が沈んでいくような、目を覆いたくなるような、小鳩政権のニュースですが、「明るい未来」を夢見ながら、頑張りましょう。
2009/12/29(火) 13:42 | URL | ミント #-[ 編集]
いらっしゃいませ~。
ミントさん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

とても良いブログですね。
   ↑
そうですか・・・v-398
褒めていただいて嬉しいです。

ほんとうに、昨今のニュースは暗いものばかりですね~。
「明るい未来」を夢見ながら、共に頑張ってまいりましょう。v-218

ありがとうございました~。v-436
2009/12/29(火) 14:43 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示