この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

光ある時を生きよ

光の使命を悟れ
『いま私は、みなさんに申し上げたいのです。人間は、真に知ることによって-すなわちこれは「悟り」という言葉でありますけれども、真に悟ることによって変わるということができるということなのです。悟りの前提は、「人間とは、思いによって創られている存在である」という考えなのです。思いからすべてが始まります。「思いから行動が生まれ、思いから環境が生まれ、世界が生まれてくる」という考えなのです。
ゆえに、悟りということが非常に大事になってくるのです。あなたがたがどのような人間であるかは、いま考えていること、そして考えつづけている心の傾向性そのものなのです。それがあなたなのです。名前ではありません。過去の履歴でもありません。心のなかで思ってきたこと、いま思っていること、これから思うであろうことが、あなた自身なのです。』

     -----「光ある時を生きよ」 第1章 光ある時を生きよ より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の仲間は、今日現在で182名になりました。
待機者数を合わせると、なんと295名だそうです。すごい~。
よし、私も仲間になるぞ~と思われた方、詳しい登録の内容はこちら。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、今日は久しぶりに2本立でお届けします。
政治の世界は相変わらず、闇のなかでうごめいているようです。
ただ、一筋の光が見えてきたようにも思えるのですが・・・。
【産経FNN合同世論調査】鳩山内閣「不支持4割超」- MSN産経ニュース
産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が19、20両日に実施した合同世論調査で、鳩山内閣の不支持率が40・4%と前回調査(11月21、22両日)より17・5ポイント上がったことが分かった。支持率は51・0%でかろうじて半数を超えたが、前回の62・5%から11・5ポイント急落した。首相の指導力を評価しないとの回答が7割を超えており、米軍普天間飛行場移設や来年度予算編成などをめぐる鳩山由紀夫首相に対する国民の厳しい評価が数字となって表れたようだ。">産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が19、20両日に実施した合同世論調査で、鳩山内閣の不支持率が40・4%と前回調査(11月21、22両日)より17・5ポイント上がったことが分かった。支持率は51・0%でかろうじて半数を超えたが、前回の62・5%から11・5ポイント急落した。首相の指導力を評価しないとの回答が7割を超えており、米軍普天間飛行場移設や来年度予算編成などをめぐる鳩山由紀夫首相に対する国民の厳しい評価が数字となって表れたようだ。
「国民からの叱咤激励」 世論調査急落で首相 - MSN産経ニュース
鳩山由紀夫首相は21日朝、報道各社の世論調査で内閣支持率が大幅に下落したことについて、「国民からの叱咤(しった)激励だと受け止め、むしろ感謝しながら、より一層力を入れて頑張らなければいけない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。
不支持率が上がったということですが、まだまだ支持をされている方も多いということですね。ちょっと理解に苦しみますね。この内閣のどこを評価されているんでしょうか。
そして、今回の世論調査の結果を受けて、ハト首相は「国民からの叱咤激励だと受け止め」などと、お気楽なことを言われていますね。叱咤激励するつもりは毛頭ありませんね。
ただただ、早くお辞めいただきたい・・・。

また、産経新聞は、先日の自社の報道の検証に続き、この度の天皇陛下との会見に係わる報道について、各社の報道姿勢の検証をされています。
【社説検証】天皇特例会見 政治利用は明白と産・読 朝・毎は理解を示し擁護 - MSN産経ニュース
まあ、見出しだけで十分わかりますね。
朝日と毎日は、相変わらず現政権を擁護する姿勢だということですね。
この際、各新聞社は、自社の報道方針を明らかにしていただきたいですね。

さて、今日は「光ある時を生きよ」というテーマを選ばせていただきました。
現政権の人たちも、早く闇から抜け出し、光ある時を生きていただきたいものですね。

人気ブログランキングへ
さてさて、今年ももう残り10日ほどになってしまいましたね。
私にとっては、あっという間の1年でした。
そして、私自身、大きく変わった1年でもありました。
昨年の今頃は、在宅療養に突入した父の介護に追われながらも、娘の行く末に不安を感じ、しくしく泣き暮らす日々を送っていたように思います。
しかし、今年、「幸福実現党」が立党したことにより、私は随分変わりました。
立党直後に、父だけではなく、今度は母も入院するというようなことがありましたが、自身の思いの方向を変えたことにより、目の前に現れるものも、けっこう違ったものに見えはじめたように思います。
「ブログを始めたきっかけは」のところでも綴らせていただきましたが、最初はただ、「幸福実現党のことを知りたい」という思いでネットの世界に入りましたが、いろいろな応援仲間のブログを読んだり、ニュースを見ているうちに、じっとしていられなくなりました。

幸福を増産せよ

「私の書籍は多くの方がたに読まれています。そのこと自体は、もちろん著者としてうれしいことですが、それ以上に、「一冊一冊の書物が一人ひとりの手にわたり、そのなかから何かその人の人生にプラスになることを、ひとつでもふたつでも見つけていただけたら、どれほど嬉しいか」と思って、私は書籍を書いているのです。いろいろなテーマで書いていますが、一冊でもその人の心に響くものがあればと思っています。一冊の本を、人は求めているのです。いや、一冊の本ではなく、「ひとこと」を求めているのです。自分を幸福にしてくれる「ひとこと」を---。」
     -----「光ある時を生きよ」 第1章 光ある時を生きよ より

私は数多くの書籍を読み、そして、「ひとこと」ではなく、多くの言葉を総裁先生からいただいてまいりました。その言葉がなかったら、この「心の教え」に出会っていなかったら、今の自分はなかったと感じています。そして、書籍を読むだけでは、心を震わせて感動しているだけでは、自身の進歩もなかったということを、気づかせていただきました。
この「心の教え」は、学び、認識力を高め、そして、実践を通して、さらに深めることができるのだということが、やっとわかりました。(遅い?)
「自分はこうしたい。自分はこうありたい。少しでも、世の中のお役に立ちたい。」という思いを持つことにより、目の前に現れる現象は、随分小さなものだと感じることができる自分になったような気がします。

苦難を人生の宝とせよ
『私たちがこの地上に生命を持つということはどういうことなのかを、考えてみましょう。その目的のひとつは、人生修行をするということです。私たちは、幾転生をくり返しながら、「己れの魂をさらに向上させるためには、どうしたらよいか」ということを考えつつ、いつも異なった環境を選んでは生まれ変わってきています。異なった職業、違った環境、そして違った人間関係を選びながら生まれているのです。過去に裕福であった人は貧乏に生まれてみたり、また、その逆であったり、健康であった人が病気を持ちながら生まれてきてみたりと、いろいろな経験をしながら、今世、魂を一歩進めることを至上命題として生まれてきているのです。そうであるならば、「いま類稀なる魂修行の機会を与えられたということは、まさしく自分の人生の目的と出会ったのだ」と考えなくてはならないのです。それを逃げてはなりません。それを愚痴るようであったら、「何を言ってるのか。あなたは、宝探しの地図を与えられ、そして、その道を歩いてきたのでしょう。探してきたのでしょう。今ここに宝の山があるのに、何を嘆いているのか」ということになるのです。 -中略
この地上を去るときに持って還れるものは、心以外にはありません。その心とは、今世、どの部分を修正し、どの部分を磨きあげ、どのような教訓をつかみとって心のなかに入れてきたのかという一点にかかわっているのです。あの世では、みなさんが着ているものも、眼鏡も、財布も、物質はすべてなくなるのです。家も土地も、そのような物質はすべてありません。預金通帳も持って還れません。持って還れるのは心だけ、ハートだけです。そうであることがわかったら、自分はいま何をせねばならないかがわかるはずです。どのような環境がこようとも、どのような仕事をしていようとも、そのなかにおいてやらなければならないこと、それはいったい何でしょうか。徹底的に己が心を磨くこと以外にないということです。そのためには、まずマイナスの発想を捨てましょう。悲観的な、他の人びとを傷つけ、困らすような発想はやめましょう。
そのような言葉を口にするのをやめましょう。
これが第一にしなければならないことです。』

     -----「光ある時を生きよ」 第1章 光ある時を生きよ より

私は、自身の人生を、情けないものだと思って生きてまいりました。
「どうして私は幸せを感じられないのか、どうして、人生はこんなに苦しいものなのか・・」と、
そんな思いで、もがき苦しみながら生きてまいりました。
けれども今は、いろいろな経験をし、いろいろな人生の問題集を解いてきたからこそ、
強い自分になった、こうしてブログを綴れる自分になったのではないか、と思っています。
私のブログ記事は、いつのまにか50件になりました。
そして、私のブログは、自身の経験をど~んと打ち出して綴らせていただいております。
そう考えた時、この先に来るであろう試練は、私の人生の宝物です。
人生の宝を得ることから逃げたら、私はブログを綴り続けることができなくなりますね。

『特に、人生最大の苦難・困難のなかにある人は、それこそが、今世あなたの魂の磨きとして用意されている最大のものなのです。人生の問題集のなかのいちばん大事な問題であり、「それを避けて通っては、今世の修行あいならん」と言われているのです。このように各人は、それぞれの魂にあった問題集を与えられています。それ以上でも、それ以下でもありません。どのような問題が降りかかってきたとしても、それはあなたが解くことができる問題であり、また、あなたにしか解けない問題なのです。それがまさしく目の前に現れてきたということは、自分の人生がいったいどのような人生であるかということを教えてくれているということです。自分の今世の魂修行の目的がどこにあるか、ということを教えてくれているのです。
その魂修行を終えた人には、そのような問題は出てきません。違った問題が必ず出てきます。その人がまだ解決していない問題が出てくるのです。そして、今世それを見事に解決して、生き抜いた場合には、あなたはその問題にパスしたということになるのです。そして、この次に生まれてくるとき、同じ問題に対しては、自分が解くのではなく、他の人の問題を解決してあげる人になっているわけです。それが向上というものです。魂の向上なのです。』

     -----「光ある時を生きよ」 第1章 光ある時を生きよ より」

これからも私は、数多くの人生の問題集を解き、そして、自身だけではなく、他の人の問題を解決してあげれるような自分になって、あの世に還りたいと強く思っています。
私のブログをお読みくださっている方のなかにも、今現在、悩み、悲しみ、そして苦しんでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。
私はそんな方にこう告げたい・・・。
「試練から逃げないでください。真っ向勝負してください。そして、その試練を乗り越えて、
他の人のために生きようと決意してください。光の使命を果たそうと決意してください。
そのとき、あなたの前に幸せの道が開けるでしょう・・・」と。

光の使命とは何であろうか。
光の使命とは、闇を追い払うことではないだろうか。
光は光であるという、その事実そのものが、
闇を追い払うのではないだろうか。
暗さをなくすのではないだろうか。
そうなのだ。光に満たすことが大事なのである。

我らの使命とは何であるか。
人類幸福化とは何であるか。
それは、この地上に生きているところの幾億、幾十億の人びとに、
あなた方は本来、光の存在であることを
知らせることではないのか。

ささやかなロウソクの炎であったとしても、
それを自己卑下してはならない。
小さいからこそ意味がないと思ってはならない。
そこがすべての出発点であるということなのだ。
人びとはその光を見て、
本来の世界を想い起こすことができるということを、
忘れてはならない。

私自身も、一本のロウソクの炎にしかすぎません。
しかし、この一本のロウソクの炎から、一億二千の人が火を採れば、
一億二千本のロウソクが灯るのです。
そして、この過程は無限に広げてゆけるものです。
みなさん、どうか光ある世界建設のために、道を同じくしてゆこうではありませんか。


自身のロウソクに火を灯そうと思ったその日から、私の人生は変わり始めました。
私のロウソクの炎は小さいかも知れません。
でも、一人でも多くの方に、この炎を移してゆくことができればと思っています。
「光の使命」を悟り、自身のロウソクに火を灯してくださる方が、増えることを願っています。

「よし、自身のロウソクに火を灯し、光の使命を果たすぞ」と、強く思われた方、
 ↓ ぜひ、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
コメント
民主党に望むこと
小沢氏が大変なことを独断専行していますね。心ある民主党議員が結束して小沢を早期に降ろして欲しい。中国のような非宗教国家が政治・経済・軍事的に優位を得たら、それこそキ印に刃物のようなもの。幸福の科学さん、中国に教えを広めに行って!
2009/12/21(月) 23:08 | URL | うたのすけ #J8bl0gKU[ 編集]
Re: ありがとうございます。
うたのすけさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

ほんとに、小沢氏はじめ、民主党の議員さんたちは、
なにしているのかな・・と腹立たしい思いですね。
確かに、中国は、言論の自由も、信教の自由もない国ですね。

けれども、幸福の科学の書籍は、今年の7月に、中国当局の許可がおり、
既に北京で中国版が出版されていますので、中国で読まれる方もいらっしゃると思います。
そして、中国には、既に会員になられた方もおられます。
(北朝鮮にもいらっしゃるみたいです←これは私も聞いてびっくりしました)
中国にも教えを広めないといけませんが、日本も無神論の方が多いので、
こちらもけっこう難関です・・・。
あっすみません。余計なことを言ってしまいました。

うたのすけさん。
いつもコメント、ありがとうございます。
感謝しております。v-421


2009/12/22(火) 00:27 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
No title
こんばんは~

そうですね、貴女の言葉は、自身の経験を活かした強みがありますね。
今後もご活躍されることを、期待しています。

また、お邪魔しまーす。
2009/12/22(火) 17:29 | URL | 日本を憂うもの #-[ 編集]
Re: ありがとうございま~す。
日本を憂うものさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

応援していただくと、すご~く励みになります。v-398
これからも、こつこつと綴ってまいります。

今後ともよろしくお願い致しま~す。v-435
2009/12/22(火) 19:02 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示