この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

反省と素直さ

『小学生の頃には「反省というのは大事ですよ」ということを聞いたことがあるかもしれません。家庭のなかで、ご両親から、「反省しなさい」と教わったことがあるかもしれません。しかし、それははるか昔の話であって、成人してから後はそんなことを言われたこともないでしょう。もし言われたとしても、おそらくはカチンと来て、すぐに言い返したのではないでしょうか。職場の同僚から、「おまえ反省しろ」と言われたら、「何を言うか」などという感じで怒ったりするでしょう。あるいは、大人になってからご両親に「反省しなさい」と言われたりすると、もっと反発するでしょう。おそらく「俺ももう一人前なのに、何を言うんだ」「私だってもう大人よ」という感じで言い返すのではないでしょうか。このように、反省という言葉は、小さいときにはわりあい素直に入るのですが、成人しますとなかなか素直にそれを聞くことができないのです。「それはなぜだろうか」とお考えになったことがあるでしょうか。』
    -----「悟りの発見」 第2章 八正道の再発見 反省とは何か より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の仲間は、日本の国のことを真剣に考えてますね~~。
よし、私も一緒に考えるぞ~と思われた方、詳しい登録の内容はこちら。(お約束)
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、今の政治は、かなり怖い方向へ進んでいますね~。
「政治主導」という名のもとでの「天皇陛下の政治利用」???
なにすんね~ん !!! 民主党~~~ !!!
(すみません、はしたない・・)
「悪しき前例」天皇陛下面会の一カ月ルールを逸脱した官邸のごり押-MSN産経ニュース
中国の胡錦濤国家主席の最有力後継者候補とされる習近平国家副主席の14日からの来日に合わせ、鳩山由紀夫首相は特例的に天皇陛下との会見ができるよう自ら動いた。中国政府のメンツに配慮した格好だが、「政治主導」という名のもとでの「天皇陛下の政治利用」だとの批判が出ている。
 中国政府が日本側に会見を要請したのは11月下旬。外務省は希望日の1カ月前までに申請する「1カ月ルール」を理由に断ったが、首相は今週初め、平野博文官房長官に「何とかならないか」と調整を指示した。
平野氏は今月7日と10日の2度にわたって宮内庁に電話をかけ、会見実現を要請したという。その背景には、小沢氏一郎幹事長から首相への働きかけがあったとされる。首相自身は11日夜、記者団に「小沢氏から指示があったわけではない」と否定したが、関係者によると、小沢氏は8日ごろ、首相に電話で「会見はやらないとだめだ」と申し入れたという。
 首相はまた、陛下が前立腺がんの手術を受けられた後は厳格に運用されてきた「1カ月ルール」については「杓子(しゃくし)定規でダメだということで国際親善の意味で正しいのか」と疑問を示した。
 一方、宮内庁の羽毛田信吾長官は11日、「心苦しい思いで陛下にお願いした。こういったことは二度とあってはほしくないというのが私の切なる願いだ」と表明。「国の間に懸案があったら陛下を打開役にということになったら、憲法上の陛下のありようから大きく狂ってしまう」と懸念を示した。

そうです。平成4年の宮沢内閣の時にも、日本は同じ過ちをおかしていますね。
これ以上、過ちを繰り返さないでいただきたいものですね。

このことについては、せとさんも憂いておられますね。

人気ブログランキングへ
このままでは日本がダメにされる-せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
小沢氏は支那・中国共産党のご要望とあらば、これを何としても実現しなければならない立場にある。そこで鳩山内閣にご命令となったわけです。
小沢氏は民主党の事実上の最高責任者であり、命じられた鳩山内閣の面々にしてみれば、これに逆らうことは許されない。例え天皇陛下に関することでも、現在の民主党政権にしてみれば、これは小沢氏の命令を優先するしかない。
何と分かり易い構図なのか。このように考えれば今回の慣例を無視した行為が平然とまかり通る背景が理解できるというものです。やっては行けないことも、小沢一郎の命令ならば、それは全て是認されてしまうという今の日本の状態は本当に憂いるべき所に来てしまっています。 今回の問題はこのような無茶な要求を何ら躊躇うことなく、小沢氏の言いなりになって進められたという事実です。ルールを無視すると言うことはこれは民主主義を踏みにじると同じ行為であることを認識しなくてはなりません。


はぁ~。日本を憂いておられる方がいると思えば、能天気な首相は上機嫌ですね。
【鳩山ぶら下がり】民主議員団の訪中「中国も大変喜んでいる」 - MSN産経ニュース
鳩山由紀夫首相は11日夜、民主党の小沢一郎幹事長ら同党議員140人超の訪中について、「日中関係をより進めていく意味は大きい。中国も大変喜んでいると思う。継続することで中国との関係をより良好にする礎になっている」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。
普天間問題で広がる混乱 乱れる与党足並み、長期化も - MSN産経ニュース
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、鳩山由紀夫首相は11日、政府方針を急いでまとめる方針を打ち出したが、閣僚をはじめ与党の足並みは乱れたままだ。首相の意向とは裏腹に問題決着は長期化の気配も漂い始めている。「米国としては何も変わらないのがベストだとの気持ちが伝わってくる。ただ住民の長年にわたる危険と騒音の問題を考えれば、そういう結論にしてはいけない」首相は11日、普天間移設問題の決着先送りが長期化した場合、普天間の「危険性の除去」が達成できなくなる可能性を指摘。そして「まだ答えが出ているわけではないが、われわれとしてはベストを尽くしている」と語った。

ベストを尽くしている?
米国との関係はもはや危機の領域に入っていると見られる今、
大っぴらに中国に擦り寄っていく民主党政権。
うっうっうっ、おまけにまた余計なこと言ってるよ~。
日本国民は、この参政権に反対している人が多いんだよ~!!!

小沢幹事長、在日外国人の参政権に言及 韓国の大学で特別講義 - MSN産経ニュース

国民の皆様、早く、民主党の怖さに気付いて下さいませ~~~

さて、今日は「反省と素直さ」というテーマを選ばせていただきました。
いや~、民主党のお偉い方々も、国民の意見を素直に聞いて、深~く反省をしていただきたいものです。
まあ、反省といってもいろいろあるんですね。これは奥が深いですね。
私もずっとこの反省とは何かということを学び、そして考え続けていますね。
ということで、今日は、その反省の入口あたりの考え方を綴ってみたいと思います。

『大人になってから「反省しなさい」と言われると、なぜ素直に聞けないのでしょうか。それを、今一度考えていただきたいと思うのです。そうしてみると、その言葉を素直に聞けない理由のひとつに、自分自身のなかに、「自分はもうかなりでき上がった一人前の人間である」という自負の裏返しの部分がおそらくあるはずです。「俺は一人前なのだ。ネクタイしめて、背広を着ているではないか。見たらわかるだろう」「ちゃんと月給をもらっているのだ。一人前なのだ」という気持ちがあります。-中略
「俺は一人前だ。そして、一人ひとりの人間は個性ある別々の人格なのだ。そうした個性を尊重するということは、大事なことなのだ」「各個性は、平等の原則に基づいて、同質の権限、権利というものを与えられているのだ。ゆえに、お互いに侵すべからざるものなのだ」という考え方があるわけです。こういう考え方の基礎に民主主義があるわけなのです。ここまではよしとしましょう。けれども、「だから、人の言うことは聞く必要はない」と思ったならば、そこに論理の飛躍があります。彼は彼、我は我、我関せず、ということで、自分のことは自分のこと、関係ない、という考え方になっています。この辺におかしなところがあるのです。なぜ、それはおかしいのでしょうか。そこにあるのは、世間や他の人の存在というものをよく見ないで、自分はもうでき上がっているのだという気持ちなのです。みんなが対等になって、お互いにしのぎを削っているのです。俺も侍、彼も侍ということで、チャンバラをしているような気持ちでいるのです。腕の違いというのが、十分にわからないのです。これが、実社会で経験を積むにつれて、刀が折れたり、矢が尽きたり、いろいろなことで敗北というものを経験して打ちのめされることがあります。挫折をして、「俺もやはり満点ではないのだな」ということを知らされることもあります。』

 -----「悟りの発見」 第2章 八正道の再発見 反省とは何か より

そうですね~。私も若い頃は、真剣をふりかざして生きていましたね~。
「自分は正しい」「自分の言ってることは正論だ」そういう気持ちがありましたね。その結果、職場の同僚や、上司とよく対立していました。苦しかったですね。「なぜわかってもらえないのか」「なぜ喧嘩になってしまうのか」「私の言ってることは間違っていないじゃない」と。
そして、人との対立を繰り返すうちに、自己嫌悪に陥り、人と接触するのが怖くなっていきましたね。でも、今ふり返ってみますと、やはり、相手というものがあるんですね。相手は相手の言い分、正しさの基準があるんですね。人との不調和は、ここから生まれるのではないかと思いましたね。

『そうした挫折を、本当に真剣に、プラスに受け止める考え方としては、そのなかから得られる教訓というものを、十分に身につけるということです。そして、今後の自分をさらによいものにしてゆくために、考え方を変えてゆくことです。挫折のなかから学ぶものとしては、これがいちばん大きいわけです。これ以外に学べるものとしては、やはり謙虚さ、他人に対する優しさというような面が大きいと言えます。失敗をした人は、だんだん暗い想念に包まれてゆくことも多いですが、失敗を重ねた人の美点として挙げられるものは、私はやはり、優しさ、謙虚さというものがあるということだと思います。そういうものを学ばねばならないのです。』
-----「悟りの発見」 第2章 八正道の再発見 反省とは何か より

最初は、すべてをマイナスに受け止めていましたね。なかなか本当の反省というものが出来ていなかったみたいですね。そのうちに、わかってきたんですね。素直さ、謙虚さ、優しさが欠けていたんですね。自分が、自分がという思いが強すぎると、人の意見が耳に入らないんですね。「聞く耳持たず」だったんですね。
でも、何度も挫折を繰り返すうちに、「この挫折が自身に教えようとしているものは何か」ということが、わかってきたんですね。
人間は、自身の魂を鍛え、そして、永遠の転生を繰り返しながら、向上をめざしているんですね。そういう観点から見たとき、多くの人の意見を聞き、多くの人の人生に学ぶということは、大切なことなんですね。いつまでたっても、完成ということはないのだと思います。
だから、「自身を謙虚にして、いつでも人の意見、助言はありがたくお受けして、自身の魂の糧にしていかなければならない」と、思えるようになってきましたね~。

反省の原理
『幸福な人生を送るためには、反省が必要です。私たち人間は、地上に生まれた以上、さまざまな間違いを犯すことを避けられません。しかし、怒りや怨み、嫉みなど、誤った思いを発しやすい心で生きると、同じ傾向性の悪霊に憑依され、不幸な人生を送ることになります。そして、そのままあの世に還れば、自分の傾向性と同通する暗い世界、すなわち地獄に堕ちてしまうのです。
 仏法真理を知り、この世で反省できる人は幸いです。仏法真理に照らして、日々、自分の心を点検し、「自分は間違っていた。今後は同じ間違いをするまい」と修正していけば、心が浄化されて人生が好転し、死後、天国に還ることができるのです(幸福の科学では、八正道をはじめとする具体的な反省法を教えています)。』

幸福の科学 公式ホームページ 幸福の科学の教え(基本教義)より

魂の傾向性というものはあると思いますね。ただ、その傾向性も、良いところは伸ばし、
悪いところはやはり反省してなくしてゆく。こういう努力は必要だと思いましたね。
「自分は間違っていた。今後は同じ間違いをするまい」と、生きているうちに反省できる人は、いいですね~。今、反省できなければ、間違った思いのままで生きてゆけば、いずれ、あの世に還って、自らの行い、心の在り方を、反省しなければならなくなりますね。そしてそれは、地獄という怖いところに行ってからになりますね。私は、やっぱり天国に還りたいですね~。だから、自身の思い、行動は、日々点検して、反省を繰り返すことにしています。

悟りへの第一歩
『本来一人ひとりの人間は、心のなかに良心というものがあります。この良い心、この善我なる自分、神性を含んだ部分、これが結局、その本来の姿に立ち返るために、その良心自身が要求するもの、神性自身が要求するものであるはずです。ほんとうに、真底から自分はこうありたいと思っているのかどうか、これを考えることです。人の評判や人のつくり出した価値、また、さまざまな人間の思いやレッテル、こんなもので自分の価値観がふり回されているのではないか、この部分をよくよく考えてみなければいけないのです。自己実現といっても、まちがったレッテルに基づく自己実現であってはいけないのです。真実の自己実現は、やはり霊性の実現です。霊性のめざめです。その到達です。これこそが、ほんとうに望まれるところなのです。 
それゆえに、まず私たちは、謙虚に自分というものを見つめていく必要があります。どうしても謙虚さということを忘れて、自分が巨大化すればいい、自分の活動場面さえ増えればいいというように考えがちでありますが、それは、ともすれば悟りの逆に近づいていくことになるということです。心のさび止めということにも関係すると思いますが、謙虚さということが、どうしてもここでもう一度、中心になっていかざるをえないのです。 
すなわちこの反省も、また別の基準から言うとするならば、「自分自身に対しては謙虚であれ、人に対しては優しくあれ」という言葉で、翻訳することが可能でしょう。どのように、何を反省したらよいかがわからないというならば、この二つの言葉を中心に考えていただきたいのです。自分自身をふり返ったときに、謙虚であったかどうか、神のまえに、神仏のまえに謙虚な自分であったかどうか、傲慢でなかったかどうか、これをふり返る必要があります。もうひとつは、他人に対して真実優しかったかどうか、愛を与えたかどうかということです。この、自分に対して謙虚で、他人に対して優しくあるということ、これを実践することが、ひとつの反省でもあります。』
    -----「幸福の科学とは何か」 第5章 反省はなぜ必要か より

「常に優しき人となれ」では「愛の原理」を、「知ることの大切さ」では「知の原理」を綴らせていただきました。
そして、この「反省の原理」とは、ふたつの原理を腑に落とし、そして反省したときに、さらに進むものだと思います。どうか、「私が、私が」という苦しい思いで生きられている人がおられましたら、一度実践して見て下さい。「我」を捨てた時、新しい自分に出会えます。
そして、目の前にいる人の姿が、今までと違ったものとして映ります。
「自分に対して謙虚で、他人に対して優しくある」という、ひとつの反省を実践して、
「他の人のために生きてみよう」と、思われる方が増えることを願っています。

「よし、今日から素直に反省するぞ、そして幸福実現党を支持するぞ」と、思われた方、
 ↓ ぜひ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
ごきげんいかが?
\(゜▽゜*)SNSでは大変お世話になりっぱなしでありがとうございます。
本日の日記で、はぴらぶ氏のげんきな遠吠えをここでも拝見でき、うれしく思い、
つい書き込ませていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。。。

ヾ(〃゚ー゚〃)ノヾ

~\(^O^)/~
2009/12/12(土) 23:01 | URL | sakuya #ncVW9ZjY[ 編集]
Re: ありがとうございました~。
> sakuyaさん、いらっしゃ~い。
>
> 来てくれて、嬉しいわ~。
>
> 私も毎日sakuyaさんのとこにはお邪魔してるけど、
> 記事が多すぎてコメントできないのよね~。
> いつも勉強させてもらっていま~す。
>
> これからも、共に吼えてゆきましょうね~。
>
> ありがとうございました~。
2009/12/12(土) 23:32 | URL | はっぴーらぶ #gG/wyNe6[ 編集]
おはようございます
プロフィールを見せていただき、初めておじゃましました。

いい所ですね。
また、おじゃまさせていただきます。
2009/12/13(日) 07:01 | URL | 日本を憂うもの #-[ 編集]
ありがとうございま~す。
日本を憂うものさん、ご訪問ありがとうございます。

来てくださって嬉しいです。

毎日寄ってくださいませ~。

ありがとうございました。
2009/12/13(日) 10:31 | URL | はっぴーらぶ #gG/wyNe6[ 編集]
No title
こんばんは

サポーターズ開きます?

私のは開かんのです HTTP500内部サーバーエラー
と出ます。

メンテナンス中かなぁ?
2009/12/14(月) 23:28 | URL | 日本を憂うもの #-[ 編集]
おはようございま~す。
日本を憂うものさん、おはようございま~す。

SNSは昨夜は開かなかったですね~。

疲れて休憩かな?

開かないんで私も寝ちゃいました。

すみませ~ん。
2009/12/15(火) 09:38 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
オーパも見てますよ~
はっぴーらぶさん、おはようございま~す。

オーパも毎日見てますよ~

はっぴーらぶさんの記事ためになります。

目指せ100位以内!

ありがとうございました~
2009/12/16(水) 09:24 | URL | オーパ #-[ 編集]
ありがとうございま~す。
オーパさん、おはようございます。

うっうっうっ嬉しい~。v-406←嬉し涙

オーパも毎日見てますよ~
はっぴーらぶさんの記事ためになります。
   ↑ ↑
先輩にこう言っていただいたら、勇気100倍です。
多くのみなさまにお伝えできるよう、これからも
頑張ってまいります。

ありがとうございました~。v-436

2009/12/16(水) 10:34 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示