この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

誇り高き日本軍の実像 ! (その2)  先の大戦は日本による「侵略戦」か「植民地解放戦」か 『満州国を日本が護っていたことに侵略性はない』

綾織-中川大佐は、中国大陸に長くいらっしゃったわけですが、「中国に対しても、日本は侵略した」というように言われているわけです。
一方で、中国には、国民党と共産党などによる内戦という問題があり、そこに、アメリカやイギリス、ドイツなども干渉して、ある意味、代理戦争のようなものも起こっていました。
中川大佐からご覧になって、「日本が中国を侵略した」と言われている部分については、どのように思っていますでしょうか。

ええ、日本が戦った中国は清国であって、日清戦争というので戦って、勝った。そして、賠償金をもらい、土地を割譲された。
それを、あんたがたも日本史で勉強したと思うが、三国干渉を受けてねえ、独、仏、ロシアかな。三国干渉をうけて、土地の返還を迫られたわけだけど、あのときの国民の屈辱感っていうのは、すごかっただろうとは思うわな。独、仏、ロシア、まあ、なかなか許しがたいものはあったわなあ。

里村-
はい。

あのへんから、次には、南下してくるロシアが、朝鮮半島を狙っているのは分かっていましたから。
ロシアが南下してくるだろうと予想されていたし、その清朝自体は、日清戦争で敗れた結果、内部のいろいろな戦いもあって、満州にまで追いやられていて、これを、満州国として独立させたわけです。
これを「傀儡政権」と言って、日本史では悪く言ってるんだろうけども、実は、満州族が中国を支配してたわけで、漢民族が支配したわけじゃないんだ。

だから、これは内戦ではあったわけだけども、その清王朝(満州国)と、日本の皇室とは姻戚関係まで結んでいた状況であったので、ここの独立、および、援護をしてたということ自体は、歴史の流れから見たら、日本以外の国であっても、やっぱり、そうしただろうと思うので、これについては、「侵略性はない」と考えるね。
だから、満州国を日本軍が護っていたことに対しては、侵略性はないと思う。』

  -2015年2月24日霊言
  -パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言
   -隠された"日米最強決戦"の真実-
   4.先の大戦は日本による「侵略戦」か「植民地解放戦」か より

中川州男[なかがわくにお](1898~1944)
軍人。最終階級は大日本帝国陸軍中将(死後に二階級特進)。熊本県出身。陸軍士官学校卒業後、陸軍歩兵少尉に任官。歩兵連隊大隊長等を歴任後、陸軍大学校専科に学び、のち陸軍大佐へと昇進。歩兵第二連隊長となる。同所属の第十四師団がパラオ諸島に配置され、ペリリュー島守備隊帳に就任。全島を要塞化し、同島への上陸を企てた米軍の戦力を削ぐ徹底抗戦を二カ月半にわたって継続し、大打撃を与えた。


03031559_54f55be0ada52.jpg

ご訪問ありがとうございます。
4月25日にネパールで大地震が発生しましたが、
多くの死者が出ているみたいですね。
日本でも、過去に大地震があった時は、
多くの国や人々の支援を受けました。
日本も、この度、様々な支援を打ち出していますね。

ネパールの人々が、早く、安定した生活が送れるようにと祈ります。
そして、亡くなられた皆様のご冥福をお祈り致します・・・。

【ネパール大地震】死者数4000人超に 「72時間」迫る中、懸命の捜索続く - 産経
ネパール地震 日本政府が10億円規模の緊急無償資金協力実施へ - 産経
【ネパール大地震】積もる5メートルの煉瓦の壁 日本隊、生存者の捜索開始 人のにおいをかぎ分ける救助犬を投入 - 産経
【ネパール大地震】自衛官、ネパールへ出発 現地で医療活動の準備 - 産経

さて、今日も書籍のご案内から。(4月)

03181936_55095518db3fe.jpg  03241421_5510f45f799d6.jpg  03281310_551629c80e458.jpg  03311718_551a5842e34fd.jpg

04072320_5523e7a30f962.jpg  04082123_55251dca32936.jpg  04122143_552a688522541.jpg  04152106_552e54354ccb9.jpg

幸福の科学出版公式サイト

はい、沖縄県知事守護霊の、驚くべき霊言も発刊されています。
翁長雄志・沖縄県知事、驚きの本音 米軍を撤退させ、沖縄を「中国領」にする | ザ・リバティweb

ぜひ、ご一読くださいませ・・・。

さて、今日は前回に引き続き、
「パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言」
のなかから、いくつかテーマを選んでみました。

人気ブログランキングへ
さて、最初に、『満州国を日本が護っていたことに侵略性はない』
というテーマを選んでみましたが、中川大佐が護っていた、
ペリリュー島を含む南方戦線や、満州国を護るための戦いは、
戦後、「侵略戦」と言われ続けてきましたね。

そして、村山談話や河野談話において、「侵略」に対する謝罪がなされ、
日本軍が、ただ、侵略のためにだけ戦ったような言論が強くなってきました。
でも、中川大佐霊は、前回の記事で書いたように、
ペリリュー島での戦いは、防衛戦だと明言し、さらに、
満州国を護っていたことに対しても、「侵略性はない」と言われていますね。

はい、清王朝(満州国)と、日本の皇室とは姻戚関係まで結んでいた状況で、
ここの独立、および、援護をしてたということ自体は、歴史の流れから見たら、
日本以外の国であっても、やっぱり、そうしただろう、侵略性はないと。

はい、そして、中川大佐霊は、日本が戦わなければ、
「欧米による中国支配」が始まっていたとも言われていますね・・・。

日本が戦わなければ「欧米による中国支配」が始まっていた
『この満州国と、中国の残りの部分において、どういうかたちで戦争が始まったかについての説は、多少あります。
それは、「日本の関東軍が暴走した」という説もあるし、「中国共産党が仕掛けてきた」っていう説もあるし、「国民党軍の"あれ"だ」という説もあるし、いろいろ諸説はあって、真相は分からない。まあ、そういう気持ちは双方にあっただろうと思うけどもね。それから、日本のほうにも、そういう膨張戦略を是とするものと、否とするものとの両方が、考えとしてはあったようには思う。

ただ、地政学的に見れば、やっぱり、インドまでイギリスに取られてる状況・・・、まあ、ネパールもそうかな?取られてる状況であって、流れ的に見れば、欧米による中国支配が始まる流れかなと。満州国のほうに、清朝が逃げてきたあたりで、たぶん、欧米が、あとの中国を"切り分けて"いくだろうなと。

満州事変以降の、いったん起きかかって、なくなった部分ですね。日本が戦わなかったら、たぶん、「揚子江以南は、どこそこの国のもの」とか、それから、例えば、「以北はアメリカの領土」とかいうふうになっている。

里村-
うーん。そうですね。

だから、どっちみち一緒だよ。
里村-
はい。

植民地にはなっていたであろうと思われます。
里村-
はい。』
  -2015年2月24日霊言
-パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言
   -隠された"日米最強決戦"の真実-
4.先の大戦は日本による「侵略戦」か「植民地解放戦」か より

さて、次に、『日本が戦わなければ「欧米による中国支配」が始まっていた』
というテーマを選んでみました。
はい、前回の記事内で、
『欧米列強の侵略が進むなか、アメリカの侵略対象だった日本』
というテーマを取り上げましたが、結局、日本、中国、朝鮮半島は、
その当時、欧米列強のターゲットだったんですね。

明治時代から、ロシアの脅威もあり、日本は、日露戦争で、
ロシアと戦って勝っていますが、アジアの多くの国を、
植民地にしてきた欧米は、昭和に入っても、まだまだ、
残りのアジアの国々を侵略する意図を持っていたんですね。

まあ、この当時は、強い国が弱い国を支配するという流れで、
植民地は当たり前、アジア人は支配されて当たり前という、
そういう時代だったのだと思いますが、そこで、
同じアジア人である日本人が、欧米列強の横暴許すまじで戦ったことは、
私は、意義があったことだと思っています。

日本が、勇気を出して、欧米列強と戦ったからこそ、
植民地支配していた宗主国は追い出され、多くの国が独立しました。
だからこそ、中国、韓国、北朝鮮以外の国々は、
日本に感謝している国が多いんですね・・・。

日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本【独立アジアの光】


パラオの人々は「日本のおかげで繁栄できた」ことを感謝している
里村-
先ほど、「日本国内にも、いろいろな意見があった」とおっしゃいましたが、このペリリュー島の戦いから終戦までの、こうした経緯も含めて、その後の東京裁判では、一方的に、「日本だけが、国家意思としての侵略主義でアジアに広がろうとした。そういう戦略でもってやったのだ」と言われています。
そして、戦後七十年である今に至るも、その歴史観を、海外の、当の欧米が言うのみならず、日本人自身が信じてしまっている状況がございます。

うん。
里村-
ある意味で、その象徴が、1995年に出された、村山首相による談話です。「先の戦争は侵略であった」と認め、「アジアの国々にご迷惑をおかけした」と言ったわけです。
日本人は、こうした意識に、ずっと囚われております。これについて、いかがお考えになられるでしょうか。

村山さんに関しましては、あの当時、パラオの大統領は、クニオ・ナカムラ大統領だったと思うので、父親が日本人だね。それで、あのとき(パラオ独立一周年記念式典)だけ、日本の首相が来ず、また、日章旗がかからなかったということに対して、ものすごく悔しさをにじませていたと思う。
里村-
はああ。

世界各国から来ていたのに、来なかった。
日本だけ来なくて、そして、日本が、「悪いことをした」みたいな謝罪をしてたことに対して、「日本は、何を悪いことをしたんだ」ということを、クニオ・ナカムラ大統領のほうは言っていたと思う。

「日本は(パラオを)護ろうとしただけで、日本のおかげで繁栄があったということを、みんなが感謝しているのに、いったい何を謝罪しているんだ」っていうような、このピントのずれを報道されていないっていうことを、感じていたと思うんだけどね。

だから、中国や朝鮮半島の人たちが日本を責めるのは、彼らの"性"であろうから構わないとは思うけれども、日本でなければ、アメリカやロシアに攻め取られていたと思われる。まあ、「日本が侵略した」と言って攻撃した以上、自分らが取るわけにいかないから、(中国や朝鮮半島は)独立できたわけでしょ?たぶん、そういうことだと思うけども。』

  -2015年2月24日霊言
   -パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言
   -隠された"日米最強決戦"の真実-
   4.先の大戦は日本による「侵略戦」か「植民地解放戦」か より

さて、次に、
『パラオの人々は「日本のおかげで繁栄できた」ことを感謝している』
というテーマを選んでみました。
はい、パラオの人々は、日本に感謝されているんですね。
だから、この間、天皇・皇后両陛下がご訪問された時には、
ほんとに、大歓迎されて喜ばれたんですね。

そして、両陛下がご訪問された4月9日を、
パラオ共和国ペリリュー州では、「天皇皇后両陛下ご訪問の日」
として、法律で州の祝日に制定しているんですね。
これって、すごいことですよね。

【両陛下パラオご訪問】ペリリュー島の子供たち、両陛下を「両国友好の証」の手作り横断幕で歓迎へ 日本人教諭と島民協力 - 産経

日本とパラオ ~歴史を越えた友情~


でも、そんなパラオの人々の気持ちを
日本の元首相である村山さんは、知ろうともしなかったんですね。
はい、パラオ独立一周年記念に、世界各国がお祝いに駆けつけたのに、
当時の日本の首相だった村山さんは、行かれなかったんですね。

まあ、村山さんは、村山談話で、「日本は悪いことをした」
「侵略した」と認め、さらに、謝罪までしていたので、
侵略したと思っているそのパラオの独立一周年記念の式典に、
参加するのが恥ずかしかったでしょうかね。

でも、一国の首相とあろうものが、そんなに勉強不足では、
ほんと、恥ずかしいものですね。
当のパラオの大統領は、
「日本は(パラオを)護ろうとしただけで、日本のおかげで繁栄があったということを、みんなが感謝しているのに、いったい何を謝罪しているんだ」
というような気持ちで、むしろ、日本の首相が来なかったことを、
日章旗がかからなかったことを、悔しがっておられたんですものね。

まあ、外国の方が、日本を悪く言うのは仕方がありませんが、
当の日本を治める首相がこれでは、ほんとに、情けない限りです。
そして、この村山さんが出した村山談話が、
日本を悪者にしておきたい国々の切り札になっています。
そろそろ、日本政府も、日本の元凶のこの村山談話、
さらに、河野談話の白紙撤回をして欲しいものです・・・。

軍隊の遺伝子として、南京大虐殺は「ありえない」
綾織-
東京裁判では、南京事件(南京大虐殺)』も認定されたわけですけれども、原罪では、その南京大虐殺に象徴されるように、「日本軍は残虐な軍隊だ」と言われてしまっています。これについて、中国の現場にいらっしゃった立場から、どのようにご覧になりますか。

私は、関東軍にいたわけですから、第十四師団ですから、それは中国のことも知ってはいますけれども。
あのね、そういう、向こうの民を何十万人も虐殺するような軍隊であれば、パラオに行って、ペリリュー島で、島民を一人も死なせないように避難させたりするようなことを、するわけないじゃないですか。軍隊の遺伝子は一緒ですよ。そんなこと、ありえないですよ。

綾織-
はい。そうですね。

彼らを"盾代わり"に使ったでしょう、むしろね。そういう人たちであれば、あの島民のパラオの人たちを、みんな集めてきて、(両手を水平に広げながら)海岸線に"盾"にして並べたでしょう。
里村-
確かに。

そりゃあ、「アメリカは、パラオの人を虐殺した」と宣伝するために、そうしたんじゃないですか、たぶん。
綾織-
実際、パラオの人は、一人も犠牲が出なかったということですから。

そう。』
  -2015年2月24日霊言
  -パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言
   -隠された"日米最強決戦"の真実-
   5.中川大佐が反論する「南京大虐殺と従軍慰安婦」の嘘 より

「南京で亡くなった方の姓名を発表していただきたい」
『南京でも、犠牲は出ていないんですよ。まあ、事故的な、小さな衝突はあったとは思いますけれども。
そういうね、「軍隊と軍隊の戦い」というのを、日本は、いちばん基本的に考えていたんで。「軍隊じゃないものと戦う」っていう考えはなかったんですよ。
もちろん、それは、変装して狙撃してくる者に対しては許せない。スナイパーに当たる者は許せないですから、そういう者を撃ったことはあったかもしれません。ただ、基本的にはないと思う。
里村-
はい。

もし、それを、国家として言うのでしたら、「南京市」というような市があって、そこには戸籍があるはずですから、どれだけの方がなくなったのか。その姓名を明らかにして、発表していただきたい。
里村
-はい。

生きてる人だったら、戻ってきたでしょうからね。だから、誰が亡くなったのか。
綾織
-はい。

日本は東京空襲で亡くなった人、分かりますよ。広島の原爆で亡くなった人、分かりますよ。それだから、遺族に対して、年金を払ったりしてるわけですから。長崎でも知ってますよ。十万人単位で死んでも分かりますよ。誰が死んだかは、分かっています。名簿がありますからね。「三十万人、殺した」って言うんなら、その名簿を出していただきたい。どういう方が亡くなったのか。
綾織-
実際、その情報も隠していますし、そういう研究をすること自体も、事実上、禁止されている状態です。

うーん。それは別の目的があって・・・。結局、ヒットラーの「アーリア人種優越政策」と、「ユダヤ人の差別と虐殺計画」。これと同じことをやろうとしているんじゃないですか、今の中国政府が。
だから、「中国人が、文化的には先発であり、中国文化が全部、日本の発展をつくったのであって、日本人が生意気にも、中国を攻撃して、攻略したっていうことは許せないことである」とか、「残虐な人種だ」ということを言い立ててる。これは、やっぱり、私ら軍人が考えるかぎりは、「日本を占領する口実」、少なくとも、「攻撃する口実」だね。

里村-
はい。

まあ、軍人として見たかぎりね。中国が、国連の常任理事国になってるんでしょう?(中国の)本心から見れば、日本を委任統治させていただきたいぐらいじゃないですかね。
里村-
なるほど。
  -2015年2月24日霊言
  -パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言
   -隠された"日米最強決戦"の真実-
  5.中川大佐が反論する「南京大虐殺と従軍慰安婦」の嘘 より

さて、次に、『軍隊の遺伝子として、南京大虐殺は「ありえない」』
『南京で亡くなった方の姓名を発表していただきたい』
という二つのテーマを選んでみました。

はい、中川大佐霊は、このなかで、こう言われていますね。

向こうの民を何十万人も虐殺するような軍隊であれば、パラオに行って、ペリリュー島で、島民を一人も死なせないように避難させたりするようなことを、するわけないじゃないですか。軍隊の遺伝子は一緒ですよ。そんなこと、ありえないですよ。

それを、国家として言うのでしたら、「南京市」というような市があって、そこには戸籍があるはずですから、どれだけの方がなくなったのか。その姓名を明らかにして、発表していただきたい。


はい、確かに、ペリリュー島で、民間人を避難させて、
一人も死なせなかったような軍隊が、その、遺伝子を持つ同じ軍隊が、
南京で、民間人を何十万にも大虐殺するなんて、考えられないことですね。

【天皇の島から 戦後70年・序章(3)後半】「死ぬのは日本兵だけで十分」 - 産経

大東亜戦争【不屈の武士道精神】


しかも、三十万人て、そもそも南京市に、
そんな人数の民間人は、いなかったと言われていますよね。
ほんと、中川大佐霊が言われるように、
亡くなられた方々、三十万人の姓名を発表していただきたいものです・・・。

【歴史戦 第10部・終わらぬプロパガンダ(1)】南京攻略戦「日記」生々しく 兵の記述に「大虐殺」片鱗なし - 産経
【歴史戦 第10部・終わらぬプロパガンダ(2)】「大隊長注意 略奪、惨殺禁ズ」従軍手帳メモから浮かぶ「日本軍の規律」…遺族無念「なぜ検証せぬ」 - 産経
【歴史戦 第10部・終わらぬプロパガンダ(3)】日本兵証言掲載に「反動!」 取材拒む「南京記念館」 過去には日本人記者が参観者から殴る蹴るの暴行被害も - 産経

はい、南京大虐殺については、中川大佐の前の記事で、
南京攻略の司令官・松井石根大将の霊言をご紹介しておりますが、
松井石根大将も、「従軍慰安婦や南京事件には陰謀がある」
と言われていましたね・・・。

南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か。 南京攻略の司令官・松井石根大将は、今、何を思う !  前編  『開口一番、「無念 ! 」と語る松井石根大将』
南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か。 後編   「自己卑下を続ける戦後日本人よ、武士道精神を忘れるなかれ ! 」  『従軍慰安婦や南京事件には陰謀がある』

そして、中川大佐霊も、従軍慰安婦など、
「断固としてありえない」と言われていますね・・・。

従軍慰安婦など「断固としてありえない ! 」
里村-
その文脈からしますと、今年(2015年)、戦後七十周年ということで、中国が南京大虐殺の関連資料、あるいは、「主に朝鮮半島で、朝鮮の女性を拉致して、強制的に性奴隷にした」という従軍慰安婦の関連資料を、ユネスコの世界記憶遺産にしようとしています。

うん。
里村-
ある意味で、これは、歴史に固定化しようとしている試みにも見えますけれども、中川大佐は、どのようにご覧になりますか。

それは、日韓併合があって、韓国人と日本人は平等な扱いを受けていましたので、日本姓も持っていましたから、その女性が、「韓国人か、日本人か」という区別は、必ずしも全部ついているかどうかは分かりません。
もちろん、戦地に赴く軍隊の師団の近くに、その世話をする旅館から、まあ、そうした慰安関係の人たちがいたことは事実であるけれども、これを商売としてやっているんなら、彼らの自由であるので、それは文句言えないでしょう。

ただ、われわれが知っているかぎりは、少なくとも、関東軍で見たかぎりは・・・。まあ、男性が何年も単身で、あるいは、独身でいることは難しいこともあるし、民家に入って、いろいろと暴行・略奪を働くというようなことは、軍規を乱すことになるから厳に戒められていたので、彼らは、「お金を払って遊ぶ」というようなことはあったとは思う。うーん、「ちゃんと対価はもらって、そういうプロフェッショナルの女性が相手をしていた」っていうことは、あったかもしれない。

しかし、「民間人をさらってきて、鬼のように、略奪・暴行を働く」みたいなことは、厳に戒められていて、それは、本当に「営倉(懲罰房)入り」というか、重罪に当たることであったので。
やはり、責任ある立場にあった者として、「軍として、軍の意志でもって、そういうことがあったということは、絶対、断固としてありえない ! 」と言わざるをえないですね。

里村-
はい。

もちろん、業者が、そういう女性たちを募って、「いい仕事があるから」と言って、連れていったというようなことが、なかったとは言えないけれども、少なくとも、「軍が強制的に、銃剣を突きつけて、性奴隷にした」という事実は、ない ! 』
  -2015年2月24日霊言

  -パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言
   -隠された"日米最強決戦"の真実-
  5.中川大佐が反論する「南京大虐殺と従軍慰安婦」の嘘 より

さて、最後に、『従軍慰安婦など「断固としてありえない ! 」』
というテーマを選んでみましたが、中川大佐霊も、
「軍が強制的に、銃剣を突きつけて、性奴隷にした」という事実は、ない !
と、言い切られていますよね。
ほんとに、先の大戦で、日本を護って亡くなられた方たちは、
今、あの世で、ほんとうに口惜しい思いをされているのでしょう。

まあ、でも、「死人に口なし」と言われていますが、
大川総裁にかかれば、「死人に口あり」で、
死んでもこの世の人々に、メッセージを伝えられるんですね。

だから、言いたいことも少しは言えるので、
気持ちも安らがれるのではないかと思いますが、
この霊言を受け取ったこの世の私たちは、やっぱり、
この真実を、伝えていかなければ・・と思います。

あっ、この従軍慰安婦の件に関しては、
元台湾総統・李登輝さんの守護霊も、霊言のなかで、
断じてありえないと言われていましたね。

二十万人もの人を強制連行し、軍に付属させて連れて回った。日本人は、アヘンの注射までして、少女暴行し続けた」なんていう・・・。
こういうことを言うやつは、日本刀でぶった斬ったほうがいいよ。あのねえ、許せんわ。
私は、日本軍に所属した者として言うけど、ありえないことですよ。こんなことは、断じてありえない。

いや、本当に、靖国に祀られている、あの・・・・、(涙ぐみながら)あなたがたの先祖に対して、「申し訳ない」と思わなきゃ駄目ですよ !
本当に !


日本よ、国家たれ ! 日本人よ、早く武士道精神を取り戻せ ! 「従軍慰安婦の強制など「ありえない ! 」 『日本軍に所属した経験から出る「日本に対する真実の言葉」』

そして、太平洋戦争開戦の最高責任者である東條英機さんも、
その霊言のなんで、日本軍人のモラルの高さは、世界最高水準だった、
絶対に、断固認めないと言われていましたね。

(ここから涙ながらに訴え始める) 「従軍慰安婦」と「南京大虐殺」の話があるけど、私は断固認めないからね !

絶対にあんなことはなかった。日本軍人のモラルの高さはね、世界最高水準だったんだ。これについては、絶対、絶対に譲らない !
私は絞首刑になっても、地獄の悪魔扱いにされても構わないけど、「日本軍人が、規律を乱して略奪・暴行を繰り返すような軍隊だった」ということは、絶対に絶対に認めない !


誇り高き日本軍人 東条英機の魂の慟哭 !「従軍慰安婦」「南京大虐殺」は絶対になかった ! 日本政府は日本の誇りを取り戻せ ! 『日本軍人のモラルの高さは世界最高水準だった』

はい、守護霊も、そして、死んだ方の霊も、嘘はつかれません。
嘘をついているのは、中国と韓国、そして、日本の民間人を、
大虐殺してしまったアメリカですね。
アメリカは、日本を悪者にしておかないと、自分の国が、
日本の民間人を大虐殺した事実が浮き彫りになるので困るんですよね。

まあ、でも、先の記事で、アメリカにも反省期が来ると、
中川大佐霊も言われていたので、早く、そんな時が来て欲しいものですね。
あっ、でも、そのアメリカで、韓国軍ベトナム人慰安婦の存在が、
米公文書で判明したとの報道がありましたね。

韓国軍ベトナム人慰安婦の存在が米公文書で判明 韓国はベトナムに謝罪と賠償を | ザ・リバティweb

いや~、韓国政府は日本ばかり責めていると、
それがブーメランになって、戻って行きますよ~。
ほんと、韓国政府も、困ったものですね・・・。

はい、戦後、南京大虐殺や、従軍慰安婦問題で、日本政府は、
先人たちがやってもいないことを認め、そして、謝罪し続けてきました。
でも、そろそろ、その謝罪も終わりにしていただきたいものです。
これ以上、先人たちを辱めることは、貶めることはやめていただきたい。
ほんとに、心からそう願います。

日本人である私たちが、日本を護って亡くなった方たちを信じなくて、
いったい、誰が信じてくれると言うのでしょうか。
ああ~、でも、他国の方でも、分かってくださっている方がいましたね・・。

米紙報道に疑問、日本だけに謝罪要求は不公平 ヘンリー・S・ストークス氏 - 政治・社会-ZAKZAK
安倍晋三首相の26日からの訪米に合わせて、米メディアの一部が、安倍首相の歴史認識を批判し、反省を求める報道をしている。在米韓国大使館によるロビー活動も報じられるなか、米紙ニューヨーク・タイムズや、英紙フィナンシャル・タイムズの東京支局長を歴任した、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏が緊急寄稿した。

私がかつて所属したニューヨーク・タイムズは20日付社説で、安倍首相の訪米が成功するかどうかは、「戦時の歴史に安倍氏が誠実に向き合うかどうかにかかっている」と指摘した。米紙ワシントン・ポスト(電子版)も23日、米滞在中の元慰安婦のインタビュー記事を掲載し、「慰安婦、日本の謝罪を要求」との見出しを掲げた。

 不見識かつ、不勉強のそしりを免れないのではないか。

 日本の戦時賠償は、米国は1951年のサンフランシスコ平和条約で、韓国は65年の日韓請求権・経済協力協定で、中国は72年の日中共同声明で「解決済み」だ。日本は過去を反省して謝罪し、戦後70年、平和国家として歩んできた。いまさら何の謝罪が必要なのか。

 自著『連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)などに記したが、南京事件は中国国民党政府が作り上げたプロパガンダであり、慰安婦は朝日新聞の大誤報で明らかなように日本軍が強制連行をした事実はない。日本人はそんな野蛮な民族ではない。

米国は45年8月、広島と長崎に原爆を投下した。同年末までに計約21万4000人が死亡したとされる。同年3月の東京大空襲では、わずか数時間で約10万人が犠牲となった。「非戦闘員の殺傷」は国際法違反だが、日本人は米国に謝罪を要求していない。「恨みは恨みを招く」として、黙って耐えているのだ。

 ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストが、日本の歴史問題を持ち出すならば、自国の戦争犯罪についても、オバマ大統領に謝罪を要求するのか。ネーティブ・アメリカンや黒人に対しては、どうなのか。日本だけに謝罪を要求し続けるのは、公平ではない。

 安倍首相は、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)で、先の大戦への深い反省を表明したうえで「平和と繁栄を目指す諸国の先頭に立ちたい」と演説した。欧米列強の植民地支配からの独立を宣言したバンドン会議の60周年に、実にふさわしいものだった。

 29日の米連邦議会の上下両院合同会議では、日本の首相として初めて演説を行う。ぜひ、未来志向の発言に期待したい。 (取材・構成 藤田裕行)


はい、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏。
ほんとに、日本のことがよくお分かりです。
この方、米紙ニューヨーク・タイムズや、英紙フィナンシャル・タイムズの、
東京支局長を歴任された方なんですね。

なんか、この寄稿されたこの文章のなかに、
私も記事のなかで言い続けてきたことが、いっぱい詰まっています。
ほんと、日本だけが謝罪し続けるなんて、不公平です。

アメリカも、国際法違反の民間人の大虐殺、数多くしています。
日本だけでなく、ベトナムでも、そして、中東でも。
さらに、もともと、アフリカの黒人の方たちを奴隷にして、
酷いことしていますし、インデアンも、迫害しています。
過去にしたことを、言い続けたらキリがありません。

その上、日本は、大虐殺などしていませんし、
従軍慰安婦なんてものも、そもそも、ありませんから、
どうして、そんな日本が、謝罪し続けなければいけないのかが、
私には、ほんとに、ワカリマセーン。

まあでも、そんなアメリカも今は同盟国。
中国の覇権主義に対抗するには、最も大事な国、必要な国です。
昨日、アメリカで、日米首脳会談が開かれたようですが、
対中懸念を共有し、中国の軍事拡張の動きに「いかなる試みにも反対する」
ことに一致したとの報道がありました。

オバマ大統領、日本に「大きな役割」 対中懸念共有 - 産経
【日米首脳会談】中国の軍事拡張の動きに「いかなる試みにも反対する」 AIIB参加に厳しい見方も… - 産経

先の大戦は、日本の「侵略戦」ではなく、「防衛戦」でした。
そのことは、戦後、マッカーサーも気付き、アメリカで言及しています。
そして、欧米列強の植民地支配を終わらせた戦いでもありました。

誇り高き日本軍人が、その命を犠牲にして、
不屈の武士道精神で守り抜いてくださったこの国を、
今後も、守り抜いていただきたい。

さらに、アジアで独立した多くの国々が、再び、
中国の植民地支配に苦しむ時代にして欲しくない。

だから、私たち国民も、この国を守り抜くために、
また、アジアの平和を、さらには、世界の平和を守るためにも、
中国の台頭を許してはならないと思います。

中国や韓国のプロパガンダに負けないように、
しっかり、情報戦に参加してまいりましょう。
ありがとうございました。

この続きはまた、近々、お届け致します・・・。

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示