この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

戦後体制のレジームからの脱却にはロシアカードははなせない。 日本政府はロシアとの平和条約を結び提携強化を急げ ! 『「竹島」「尖閣」問題を急展開に導く「秘策」とは』

里村-それは、さておきまして、安倍首相に対して、すごく配慮されているのが、今年の1月に、中国の国営放送、中央電視台が、プーチン大統領にインタビューしたときに、わざさわざ、安倍総理が昨年末に行った靖国参拝について訊かれたのですけれども、一切、批判をされなかったと・・・。

しなかった。
里村
-一方で、アメリカからは、「失望した」というような声も出てきましたけれども・・・。

そうそうそうそう。
里村
-非常に、そのへんは、もう微妙に使い分けを・・・。

分かった、よく分かった。計算はできてる、できてる。よく分かってるから。もう、十二分に分かっています、(安倍首相が)言ってることは。
里村
-そういう意味では、今の、間違ってはならない日本の選択肢としては、今までの、どちらかというと、「アメリカ追従外交」的な戦後の枠組みから、外れなければいけない時代が・・・。

うん。日本の悩みを、俺、全部解決してやるから、任してくれればね。
だから、「竹島」と「尖閣」の辺りが、だいたい、次の戦争が起きる可能性がある発端なんでしょう?
あれは、日本の固有の領土なのに、韓国と中国に取られかかって、竹島は「実効支配」され、尖閣は自分のものだと「言いがかり」をつけられてね。

中国は、さらには、「琉球、沖縄も、もともとは中国のものだ」と言い始め、これをほっとくと、十年以内に本当に中国に占領されますよ、あれ。
それで、沖縄の人たちは、「アメリカ軍、出ていけ」ってやってるんでしょう?ほっとけば、これは十年以内に占領されますよ。

場合によっては、アメリカ軍がいても、占領される可能性がある。というのは、もし、アメリカが、中国の経済的な支援なくしてはやっていけないために、「もう何もできない」という状態、ギブアップ状態になった場合、「海兵隊の給料も出せない」っていう状態、破産国家になった場合、もはや、アメリカは機能しませんからね。

その場合は、アメリカ軍がいても、中国が取りにくることはありえますね。そういう場合、"無血開城"です、いわゆるね。それをやる可能性はある。
だけど、私は、それを解決できる !

里村
-ほう、どういうふうに?
      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」 
       6.「日本の悩みを全部、解決してやる」 より

04191519_53521587082b2.jpg

ご訪問ありがとうございます。
はい、6月に記事を更新したときに、次回予告をしておりましたが、
その時は、わりと早く更新できると思っていたのですが、
なんじゃかんじゃしてる間に、いつの間にか7月になっていました。
(なんじゃかんじゃてなんや・・・。笑)

ということで、前回予告通り、今日は、前回記事の続きで、
またまた、プーチン大統領の守護霊霊言をご紹介いたしますが、
書けるときに少しずつ書き、書き、してるうちに、
今回は、いつにも増して長くなってしまいました。
一ケ月ほどかけてお読みくださいませ・・・。 (冗談です・・。)

さて、では本題に入る前に、今日も書籍のご案内を・・・。

06041400_538ea808b7038.jpg  06051954_53904c6464a97.jpg  06021511_538c15944b73b.jpg  06061832_53918a9fcd9f9.jpg

06101411_53969391371df.jpg  06131746_539aba4d81938.jpg  06122141_53999fffab334.jpg  05302007_53886679cc9fb.jpg  

06061838_53918c1103b9b.jpg  06282011_53aea2ef5f66a.jpg  06282013_53aea3437cc7a.jpg 06201814_53a3fb8b25a9e.jpg

06261837_53abe9d81f5f1.jpg  06271516_53ad0c42d4623.jpg

はい、続々と新刊が発刊され、最近では、芸能界や、
スポーツ界の方々の、守護霊霊言も出ているんですが、
とうとう、ジャニーズからも2人出ましたね。

はい、キムタクこと木村拓哉さんは、
画面から受ける印象そのもので、ほんとオレ流。
そして、岡田准一さんは、大川総裁も言われていますが、
折り目正しく、努力家で、今どき珍しい好男子。
いや~、岡田准一さんは、大阪出身だし、あの眼がなんとも魅力的で、
以前から好きだったのですが、霊言を読んでさらに好きになりました。

それと、好きと言えば、麻生元総理の守護霊霊言。
明るくて、前向きで、これまた大川総裁も言われていましたが、
立派な見識を持った"いい人"だったんですよね。
はい、私、麻生さんの過去世である真田昌幸さんが好きだったので、
この霊言を読んで、いい人と分かって、ほんと嬉しかったです。
それに比べて、下村文科相・・・最悪でした・・。

はい、中身の濃い書籍ばかりです。
皆様も、ぜひ、ご一読くださいませ・・・。
幸福の科学出版公式サイト

さて、本題に入る前に、一つ、嬉しいニュースを拾ってみました。
日本も、少し、当たり前の国に近づいたようですね・・・。

人気ブログランキングへ 
安倍内閣、集団的自衛権の行使容認閣議決定 戦後の安全保障政策大転換 - MSN産経
政府は1日夕の臨時閣議で、従来の憲法解釈を変更して限定的に集団的自衛権の行使を容認することを決定した。これに先立ち、安倍晋三首相(自民党総裁)は公明党の山口那津男代表と与党党首会談を開き、限定容認を確認した。集団的自衛権の行使を否定してきた戦後日本の安全保障政策が大きく転換されることになった。

 閣議決定は、他国に対する武力攻撃が発生した場合に自衛権発動を認める要件として、わが国や「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃」が発生し、国の存立や国民の権利が「根底から覆される明白な危険」がある場合、必要最小限度の武力を行使することは「自衛のための措置として憲法上許容される」とした。日本を取り巻く安全保障環境が変容し、他国に対する武力攻撃でもわが国の存立を脅かし得るとも指摘した。

 そのほかにも、国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊が離れた場所の他国部隊や国連職員を助ける「駆け付け警護」を可能とするため武器使用基準を緩和する方向性を示した。


はい、7月に入って、安倍内閣は、「集団自衛権の行使を容認」
することを閣議決定したようですね。
まあ、限定的にという文言が入っていますが、
我が国ににとっては、これは、大きな第一歩ですね。

あっ、これについて、産経新聞が、街の人の声を掲載していますが、
「今までが異常」という声も上がっているようですね。
「国際社会で自立示せる」「今までが異常」 集団的自衛権行使容認で街の声 - MSN産経

はい、ただアメリカに守ってもらうだけで、
「日本は、何もしません」では、もう、通用しない時代ですね。
この集団自衛権行使容認を契機とし、これから、
もっともっと、自分の国は自分で守れる体制を築き、
そして、自分の国を守るだけでなく、アジアの平和も守れる国に、
さらには、世界の平和に貢献できる国になってほしいですね・・・。

さて、この閣議決定を受けて、幸福実現党からも、
声明が発表されましたので、ご一読くださいませ・・・。

集団的自衛権行使容認の閣議決定を受けて | 幸福実現党 公式サイト

BrdQ2EzCEAAztYb.jpg

はい、幸福実現党の声明文は、いつもながら、分かりやすいですね。
集団自衛権の行使を容認することで、「戦争がしやすくなる」
「戦争への道を進む」といった、短絡的な考え方をする方には、
とくに、よく読んでいただきたい声明文ですね・・・。

あっ、大川総裁も、以前から、
「アジア・オセアニア地域の平和の維持のために、力を行使できるような日本にならなければならない」
と、リーダー国家としての自覚を促されていましたね・・。

集団的自衛権容認に向けて検討開始 戦争はすべて悪なのか? | ザ・リバティweb

7844_l.jpg

さて、今日は、前回に引き続き、「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」
のなかから、いくつかテーマを選んでみました・・・。

『いや、クリミアは、侵略したみたいに言われてるんだろう?クリミアとか、ウクライナについては、「ロシアは侵略の意図あり」っていうように言ってるんでしょう?
いや、片方は、そう言われてるのはいいよ。だから、俺は、「そういう男だ」と思われてるのかもしらんけど、もう片方で、北方四島を、バーンッと日本に返しちゃうんだ
(会場どよめく)。
綾織-ほう ! なるほど。

そしたら、侵略者ではないじゃない。
・・・・でしょう?「あれ?そういう人じゃないのか。何か、考え方によって、態度が変わるんじゃないか」と・・・。

綾織
-まあ、領土的野心ではないと。

まあ、「先の戦争では、日本に対して、戦争末期の終末のどさくさに紛れて、ちょっと、かすめ取ったのは、たいへん恥ずかしいことであった。大国として、非常に正義にもとるところがあった。柔道精神に則って、四島を返します」って、パーンッと、もし返したら、「竹島問題」と「尖閣問題」は、急展開しますよ。
里村
-はあ !
綾織-おお !

そら、完全に、もう、彼ら(中国・韓国)は、今度、国際的に、非常に厳しい立場に立つことになるねえ。
里村
-はああ・・・。
      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」 
         6.「日本の悩みを全部、解決してやる」 より

さて、最初に、『「竹島」「尖閣」問題を急展開に導く「秘策」とは』
というテーマを選んでみましたが、プーチン守護霊は、
俺に任せてくれれば、「日本の悩みを全部、解決してやる」
と言われていますが、ほんと、頼もしい方ですね。

いや~、こんな人がもし身近にいたら、コロッと惚れてしまいそうですね。
(ロシア系の顔はちょっと怖いから苦手だけど・・・笑)

さて、冗談はさておき、プーチン守護霊が言われているように、
もし、ロシアが、バーンッと北方四島を日本に返してくれたら、
これは、日本にとって、ほんとうに大きなプレゼントになりますね。

さらに、ロシアと同じように、戦後のどさくさに、
日本から竹島を取って、未だに実効支配している韓国や、
日本の領土である尖閣を、これから取ろうとしている中国は、
もし、ロシアが、北方四島をバーンッと返したら、びっくりするでしょうね。

そして、プーチン守護霊が言われているように、国際的に、
厳しい立場に立たされることになるかもしれませんね。
韓国は、竹島を返さないの?
中国は、それでも尖閣を取りに行くの?
ってね・・・・。

北朝鮮に対して恫喝する能力を持つロシア
『さらに !
里村
-ええっ、まだ・・・。

おまけがある。まだ、おまけがある。
里村
-さらに、もう一点(会場笑)。

あのねえ、安倍さんも、ずっと苦労していらっしゃるけれども、北朝鮮による拉致被害者とその家族の問題ねえ。
拉致されたのは、百人とも三百人とも言われてるけど、これに対して、北朝鮮を恫喝する能力が、うちにはある ! (机を叩く)

里村
-はい。

「クリミアを見たか ! いつでもできるんだぞ」と。
里村・綾織
-おお !

「地上戦が好きでなあ」。
綾織
-(笑)(会場笑)

「特に、突如、電光石火のごとく侵攻するのが大好きなのよ。電撃戦というのは、"プーチンの得意技"だから、いきなり、戦車をタダーッと千台ぐらい送り込むっていうのが好きやなあ。後ろからやられたときの準備はあるか?(笑)」って。
まあ、例えばね。

里村
-うん、うん。

そういうようなことを、安倍さんと、酒を飲みながら話してもええかなあと思ったりするんだけどねえ。』
      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」 
         6.「日本の悩みを全部、解決してやる」 より

さて、次に、『北朝鮮に対して恫喝する能力を持つロシア』
というテーマを選んでみましたが、プーチン守護霊は、
ロシアは、北朝鮮に対しても、恫喝する能力を持っていると言われています。
クリミアと同じように、ロシアは、北朝鮮にも侵攻できるんだぞと。
地上戦が好きなんだと・・・。

はい、ロシアと北朝鮮は、陸続きですね。
だから、背後から、いつでも侵攻できるんですね。
まあ、もともと、ソ連が朝鮮半島を狙っていたので、
それを阻止するために、日露戦争が始まったんですよね。、

さて、その北朝鮮ですが、またまた、日本海に向けて、
弾道ミサイルを何発も発射していましたね・・・。
北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本海に向け複数 - MSN産経

はい、拉致被害者の再調査をすると約束した北朝鮮ですが、
そんな時にも、ミサイル発射をしてるんですね。
ほんとに、油断できない国ですよね・・・。

アメリカにヒトラーを責める資格がない理由
綾織
-オバマ大統領は別にして、アメリカにアドバイスするとしたら、いかがでしょうか。
「オバマ大統領は、今、戦後体制を守ろうとして、結局は、没落していっている」ということなのですが、どういうふうに変化していくことが、アメリカの力を維持することになるのですか。

いや、だいたい、アメリカの大学のレベルが低いんだって。だから、おたくも、ちょっと気をつけないといかんけど、「アメリカなんかで、国際政治の勉強をするんじゃねえよ」って、誰かに言っといてくれよ。(舌打ち)オバマみたいになるからさあ。間違いだ。

だからねえ、靖国神社の大切さが分からないっていうのでは、もう、全然、駄目だね。こんなのに、国際政治を語る資格はないわ。

綾織
-その「大切さ」というのは・・・。

大事ですよ ! 国家のために戦って死んだ方を弔うなんていうのは、こんなの、常識じゃないですか。世界のどこの国だって、当ったり前のことですよ !
綾織
-それについて議論になるのは、A級戦犯についてで、彼らを祀っている神社に参拝するというところを、国際的に責められています。

「A級戦犯」なんて、間違いですよ ! 
里村
-間違い。

うん。間違いですよ ! 戦犯は「アメリカ」なんですから。
綾織
-アメリカですか。

東京大空襲をしたし、広島、長崎に原爆を落とした。8月6日と8月9日の時点で、落とす必要があったのか。日本が、終戦を決めたのは、8月15日。8月6日と8月9日に、十万単位の市民をねえ、原爆実験の"モルモット"にして、ほんとに「世界の正義」に合ってたのかどうか。

東京大空襲も、民間の家と分かってて、さらに、「木の家だから、よく燃える」っていうんで、その周りに焼夷弾を落とし、火の海で囲んで、皆殺しにした。あれは、「オレンジ計画」で、計画的にやったんだから。もう何年も前から、皆殺しにするのを計画してて、「木の家だから燃える」っていうんで、囲み取りにして、焼くつもりでいたんだからね。
これがねえもヒトラー以下かどうか、検討していただきたい !

綾織
-まさに、「アメリカのほうが、歴史観を見直さないといけない」ということですね。

そうそう。アメリカも、まあ、少なくとも同罪だな。だから、ヒットラーを責める資格はねえよ。
綾織
-はい。

ヒットラーにはねえ、少なくとも、九十パーセント以上の支持率があったんだからね。
ブッシュが、湾岸戦争に勝ったときも九十パーセントもあったけど、あのくらいの支持率が、ヒットラーにはあったんだからさあ。民主主義的に、彼の登場自体を防げなかったんだからね。まあ、最後の結果が悪かったっいうことは、あるんだろうけどさ。
やっはり、アメリカに言う資格はないよ。やるなら、自分たちも謝罪してから言うべきだね。

里村
-はい。
      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」
          7.「アメリカは今、共産主義だ」 より

さて、次に、『アメリカにヒトラーを責める資格がない理由』
というテーマを選んでみましたが、このなかで、
プーチン守護霊は、日本の同盟国のアメリカに対して、
アメリカにヒトラーを責める資格はない。
戦犯はアメリカだと批判されていますね。

はい、アメリカは、東京大空襲で民間人を大量虐殺し、
さらには、終戦間際に、広島、長崎に原爆を落とし、
これまた、大量の民間人を虐殺したアメリカに、
ヒトラーを責める資格はない、ヒトラーと同罪だと言われていますね。

はい、そして、昨年、安倍首相が、靖国参拝したときに、
そのアメリカから、「失望した」との声が上がりましたね。
ふぅ・・、中国や韓国、北朝鮮は、今までも日本批判をしていましたので、
さほど驚きもしませんが、アメリカから、失望の声が上がったときは、
正直、私も、アメリカに失望しました・・・。
大国なのに、考えがちっせえな~と・・。

まあ、アメリカは、今でも、日本を悪者にしておきたいんですね。
それは、アメリカ自体が、日本が悪者でなければ困るからですね。
ほんとうは、アメリカのほうが、酷いことをしているんですよね。

だから、プーチン守護霊は、アメリカは、
謝罪してから言えと言われているんですね。
まあ、日本を取り巻く国は、自分の国のしてきたこと、
今、していることはさておき、他国を批判し続け、決して謝りませんよね。
はい、謝ってばかりいたのは、日本だけですよね・・・。

さて、最初のテーマの冒頭で、今年の1月に、
中国メディアが、安倍首相が靖国参拝したことについて、
プーチン大統領に訊かれたことが書かれていましたが、
プーチン大統領は、靖国参拝について、
一切、批判されなかったんですね。

やはり、プーチン守護霊と、プーチン大統領は、
同じお考えをお持ちなのでしょうね。
いや~、同盟国のアメリカの大統領より、
ロシアのプーチン大統領のほうが、
日本を理解してくれているんですね・・。

日本と「平和条約」を結び、提携を強化したい
里村-
でも、「日ロ関係が強いと、混乱はかなりの程度、緩和されていく」という部分があります。

そうだねえ。だから、私は、"圧力"をかけて、北朝鮮を潰そうと思っているんだけどねえ。
里村
-あっ !

戦争なくして潰せると思っているんですけど。やるつもりなんですけどねえ。
綾織
-具体的には、どういう手を打たれるんですか。

だから、「日本と平和条約を結んで、提携を強化していく。日本に敵対するようなものがあったら、背後からいつでも"セコム"します」という関係を言っとけばいいんでしょう?
綾織
-はい、はい。

それで、「日米同盟」を損なわない範囲で、そういう話をすればよろしいんでしょう?
綾織
-「日ロ同盟」に、若干近いようなところはありますね。

まあ、ちょっと近いの。そのへんが、アメリカにとって、ちょっと、いやらしいところだけど、アメリカも中国といやらしい関係になってるからねえ、今ね。
里村
-そうですね。

経済関係で、もう、日本よりも中国のほうが親密になってるんで。「あちらが切れない」っていうのは、クリントン政権の前のときからそうだ。あちらのほうを大きくしていって、日本を抜かさせたのは、アメリカだからねえ。これは責任あるよ、中国を大きくした以上。アメリカは、同盟国の日本よりも、中国を育てて大きくしたんだからね。
だから、「これ(中国)との関係が切れないために、日米同盟が守り切れません」って、いつ言うか分からない

里村
-そうですね。

この関係があるから、やっぱり、"保険"をかけとかないとけないと、私は思うねえ。』
      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」
          10.「日ロ平和条約」を結びたい より

さて、次に、『日本と「平和条約」を結び、提携を強化したい』
というテーマを選んでみましたが、プーチン守護霊の言われることは、
ほんとに、的確で、頼もしいですね。

プーチン守護霊は、日本と平和条約を結んで、
提携を強化し、日本に敵対するものがあったら、
背後から、いつでも"セコム"してくれる気があるんですね。
そして、北朝鮮に圧力をかけて、戦争なくして北朝鮮を潰したいと。

はい、北朝鮮だけではないですね。
中国にとっても、ロシアは、背後の脅威ですね。
しかも、プーチン守護霊は、同盟国であるアメリカにも、
ちゃんと心遣いがありますね。
日米同盟を損なわない範囲でと・・。

いや~、今の日本にとって、ロシアの保険、欲しいですね・・・。

平和条約で停戦状態を終わらせ、「発展的な話し合い」へ
里村
-その"保険"というものを見たときに、「北方四島の問題、北方領土問題の解決」は、イコール「日ロ平和条約締結」へと向かいますから、そうすると、今年の秋のプーチン大統領の訪日は極めて大事ですね。

そう、まずは、「平和条約」を結ばないと。今のままだと、戦争が終わってないんだから。今は停戦している状態だから、これはよくないよね?
里村
-はい。

まずは、これを終わらさなきゃいけないよねえ。
それで、ちゃんと「平和条約」を結んで、それから何か発展的な話し合いに入りたいところだね。
双方が経済的に発展していくような関係をつくっていって、次に、戦略的には、北朝鮮を崩壊させる方向と、南北朝鮮が統一されるとした場合のシュミレーションを一緒にやっていかなきゃいけない。

里村
-一緒に?

「どうやってやるべきかけということをやらなきゃいけないし、あと中国は、「アジア、アフリカ、それから太平洋地域を全部支配しよう」という野望を持っているのは明らかですので、「この野望をどういうふうにして抑え込むか」っていうところだね。
あとは、インドも巻き込まなきゃいけないと思う。インドのほうも、「先制攻撃はしない」とか言うてるけども、「インド」「ロシア」「日本」、このあたりは、やっぱり、力を合わせていって、包囲していく必要はあると思うな。』

      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」
          10.「日ロ平和条約」を結びたい より

さて、次に、『平和条約で停戦状態を終わらせ、「発展的な話し合い」へ』
というテーマを選んでみましたが、今、日本とロシアは、
戦争が終わっていない状態、停戦している状態なんですね。
だから、プーチン守護霊は、これを終わらせて、
ちゃんと「平和条約」を結んで、それから、
発展的な話し合いをしたいと言われていますね。

そして、さらに、今後、インドも巻き込んで、
インド、ロシア、日本で力を合わせていって、
中国を包囲していく必要があると言われていますね。

はい、中国包囲網は、大川総裁が、もう、
何年も前から言われていたことですね。

包囲網をつくって中国に覇権の道をあきらめさせよ 2010.10/16記事。
『日本が国家としてなすべきことは、インドとの軍事同盟の締結と、ロシア通商促進のための日露協商条約の締結です。この二つを実行しておく必要があります。
そうするとどうなるでしょうか。中国の背後のロシアとインドが日本の友好国になります。もちろん、アメリカも、日本の完全な敵ではなく、今のところ日本の味方ですし、日本自体にも、軍事的に、ある程度の強さがあるので、実は、中国は四つの国に囲まれるかたちになるのです。
今、中国は、かつての日本のように、「太平洋の覇者」になろうとして努力していますが、いちおう、この中国を四カ国で包囲するかたちにはなるわけです。』
(一部転載)

はい、この記事は、3年以上前のものですが、
この記事の元の大川総裁の説法は、
2008年11月12日、今から、5年以上前、
幸福実現党立党前の説法なんですね。

大川総裁は、ずーっと前から、インドとの軍事同盟、そして、
ロシアとの協商条約の締結を提言されていたんですね。
中国の背後のロシアとインドが日本の友好国になり、
中国包囲網を形成して、中国の覇権の道をあきらめさせよと。

でも、2008年頃は、まだまだ、中国の脅威も分からず、
大川総裁の言われることは、まだまだ理解されませんでしたね。
でも、今の中国を見れば、今だったら、腑に落ちるのではないでしょうか。

さて、プーチン守護霊は、「平和条約」を結びたいと言われていますが、
プーチン大統領や安倍首相も、そのことは考えていらっしゃるようですね。
そして、駐日ロシア大使も、平和条約締結に向け取り組んでいると・・。

平和条約ないのは異常 駐日ロシア大使 - MSN産経
ロシアのアファナシエフ駐日大使は1日、日ロ関係に関し「プーチン大統領や安倍晋三首相が言及したように、平和条約がないのは異常なことだ」と述べた。その上で締結に向け「取り組んでいる。どのくらい時間がかかるかはまだ分からない」と語った。タス通信の取材に答えた。 (一部転載)

はい、ぜひ、日ロの平和条約締結、実現してほしいですね・・・。

クリミアでは「いざというときはやる」ことを見せた
綾織
-先般のチャーチル元首相の霊言のなかで、「ロシアが、中国の少数民族問題に介入する可能性がある」と言われていました(前掲『「忍耐の時代」の外交戦略 チャーチルの霊言』参照)。

やる気あるな。それを考えてんだ、俺は。
綾織
-お ! そうですか。
里村-考えていらっしゃるんですか。

だから、クリミアはね、一つのあれはねえ、文明実験だけど。まあ、非難を受けるのは知ってたけども、「ロシアは、いざというときはやれますよ」というところを、ちょっと見せてるところもある。
里村
-中国は、確かにそれでジレンマに陥ってまして。

そうですよ。
里村
-「ロシアを支持する」ということと、「クリミアの独立」ということは、チベットと全部かぶるんですよね。

そうなんです。「チベット」、「ウイグル」、「モンゴル」、これらは全部入れるんですよ。日本との経済協力を推進して、もうちょっと経済的に繁栄することが担保できればね。
これが干ぼしにされた場合は、やっぱり、それはちっよと無理ですけども。干ぼしにされたら、たぶん、中国の覇権がもっと進んでいくようになると思うけど、あなたがたが考えてるのは、そういう自治区のところ?

里村
-はい。

「いざというときは、うちは、いつでもやれるんですよ」というところを、あれで見せてるわけで、EUやアメリカを敵に回してでも、やれんことはない。
でも、まあ、大義名分はいちおうあったのよ。「邦人保護」っていうのが、最初、あったからねえ。まあ、約六十パーセントはロシア人だったから。ロシア人が強制収容所とかにいっぱい入れられるようになったら、やっぱり困るんでねえ。
だから、「保護してほしい」っていう願いは、実際あったからね。
だから、私は、「やる男」なんですよ。「やるときには、やる男」なんですよ。』

      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」
       11.ロシアは「中国の自治区」に介入する? より

さて、次に、『クリミアでは「いざというときはやる」ことを見せた』
というテーマを選んでみましたが、プーチン守護霊は、クリミア侵攻は、
非難を受けるのは知ってたけど、「ロシアは、いざというときはやれますよ」
ということを見せたと言われていますね。

そして、クリミアに侵攻できるということは、
中国の自治区である、チベット、ウイグル、モンゴルにも入れるんだと。
いざというときは、うちは、いつでもやれるんですよと・・。

はい、チベット、ウイグル、モンゴルは、中国の自治区にされて、
今、恐怖政治が行われ、酷い人権侵害が行われていますね。
そして、中国政府に抵抗するものは、皆、テロ扱いですね。
でも、人権、人権と言ってるアメリカも、それは放置ですよね・・。
中国・新疆で55人に公開判決 7千人の前で死刑など言い渡す - MSN産経

はい、北方四島返還から始まって、竹島、尖閣問題。
そして、北朝鮮問題。
さらには、中国の自治区問題。
プーチン守護霊の考えは、ほんと、深いですね・・・。

中国の「戦後、侵略した体制」も維持しているアメリカ
里村
-改めてご確認しますけれども、プーチン大統領は今、そこまで含めて考えていらっしゃると?

考えてる。考えてる。
だから、北朝鮮や、それから中国の"自治州"と主張する、要するに、「(中国が)戦後、侵略した国家」だな?

里村
-はい。

アメリカは、なんか嘘を言ってるよ。「戦後体制を維持する」って言ってるけど、「戦後、侵略した体制」も維持してるんだよ。だろ?
里村-
そうです。

それは、おかしいじゃないですか。1945年で終わりだったんだったら、その体制だったら、できるはずはないことをやってるでしょう?
綾織
-うんうん。

「国連の常任理事国だった」っていうことだけど、まあ、中国がそれほど大国でもなかった時代だよ。それほど、大国でもなかった時代に、もっと豊かになりたくて攻め取ったところだからねえ。
だから、「あれ(中国)に正当性があるかどうか」っていうことを、どこも判断していないじゃないですか。』

      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」
       11.ロシアは「中国の自治区」に介入する? より

さて、最後に、『中国の「戦後、侵略した体制」も維持しているアメリカ』
というテーマを選んでみましたが、プーチン守護霊は、
アメリカは、「戦後体制を維持する」と言ってるけど、
「戦後、侵略した体制」も維持していると言われていますね。

はい、ごもっともですね。
中国は、1950年にチベットに侵攻、1951年に全土制圧。
また、東トルキスタンは、1955年に新疆ウイグル自治区とされ、
南モンゴルは、1947年に内モンゴル自治区として成立。
そして、その後、漢民族が大移動し、チベット、ウイグル、
モンゴルの人々は、弾圧され、虐殺され続けてきたんですね。

でも、そんな、戦後に侵略した中国に対して、
アメリカは、何も言わなかったんですね。
なのに、ロシアに対しては、そして、その他の国に対しても、
けっこう、口を挟み、時には、武力行使してきたんですね。
何故なんでしょうかね。

アメリカがもっと、中国に対して厳しくしていたら、
今の中国は、なかったのではないでしょうか。
まあでも、なってしまったことを嘆いても後の祭りですね。

と・・、中国だけでなく、よくよく考えたら(考えんでも)
竹島も、戦後、韓国に取られているんですよね。
韓国は、日本がまだ、自衛隊も持たない1952年に、
一方的に李承晩ラインを設定し、そして、その後、
その内側の竹島を不法占拠したんですよね。

というか、侵略されてしまったんですよね。
アメリカは、これについても、何にもしてくれませんでしたね。
プーチン守護霊が言われているように、「「戦後、侵略した体制」も、
維持してるんですよね・・・。

『戦後体制のレジームからの脱却をはかるためには、ロシアカードは、はなせないだろう。中国を「進撃の巨人」にしないためには、アジア諸国の盟主としての日本の立場を高めなくてはなるまい。アメリカに中国や韓国に理性的になるように諭してもらいつつ、戦後憲法体制を日本に押しつけた「非」があることを認めてもらうことも大切だろう。

私は戦後七十年を区切りに、日本やドイツは新しい地平に立つべきだと思う。今、地球的正義とは何かを巡って、自らのあり方を反省してみることだ。さすれば既成観念の刷り込みが、いかに日本人を精神的奴隷境遇に置いてきたかがわかるだろう。
本書『プーチン大統領の新・守護霊メッセージ』も、未来の日本への一転語にしたいものだ。』

      ---「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」 あとがき より

さて、大川総裁は、本文のなかで、
「世界的に、こういう認識を持った人は、たぶん、今、
ほかにはいないと思うので、驚きは驚きです」と言われていたんですよね。

はい、私も、世界に数多くいらっしゃる指導者のなかで、
これほど日本を理解し、また、日本の置かれている状況を把握し、
また、アジアや世界を見渡して、今後を考えられている指導者は、
他にはいらっしゃらないのではないかと思います。

だから、大川総裁が、あとがきのなかで言われているように、
日本にとって、ロシアカードははなしてはならないものだと思います。
戦後体制のレジームからの脱却をはかるためにも、
そして、中国を進撃の巨人にしないためにも・・。
(って、大川総裁、「進撃の巨人」知ってらっしゃるんですね・・。
と、かく言う私も、コミック読んでますが・・・。笑)

さて、「プーチン大統領の新・守護霊メッセージ」をもとに、
2回に亘って、長々と綴ってまいりましたが、
外交の基本は、敵を減らし、味方を増やすことです。
「敵を減らし、味方を増やす」ということが外交の基本 2010.10/21記事。

そして、今、安倍首相は、精力的に各国首脳と会って、
日本との関係強化、提携強化を進められています。
あっ、先日も、日本とオーストラリアは、
「準同盟国」扱いになるとの報道がありましたね。

日豪「新たな特別な関係に」 首相が豪議会で初演説へ 安保連携、中国を牽制 - MSN産経
「かつての敵が最高の友人に」 豪首相が安倍首相を歓迎「世界で最も強固な友好関係」 - MSN産経
豪首相「日本は法の下で行動してきた」 歴史問題で批判を繰り返す中国を強く意識 - MSN産経

はい、オーストラリアにとって、中国は、最大の貿易相手国だそうですが、
それでも、安保上の危機感を優先されたそうですね。
それにしても、オーストラリアの首相の言葉、いいですね。
「かつての敵が最高の友人になることもある」

はい、日本も、先の大戦で戦ったアメリカと同盟国になりましたね。
まあ、アメリカには、多々、問題はありますが、
それでも日本は、アメリカへの恨みもぐっと堪え、
アメリカと良好な同盟関係を築いてきましたね。
(言いなりになってた節もありますが・・・。)

やっぱり、好き嫌いで、外交をしてはいけませんよね。
かつての敵が最高の友人に・・・。
中国政府や韓国政府の人たちもよく聞いてほしいですね・・・。

と・・・。
今の中国政府は、日本と戦っていませんね・・。
日本と戦ったのは中華民国政府。中国共産党政府に靖国問題を言う資格なし。謝罪外交はもう止めよう。 『日清戦争によって「漢民族の中国」を解放した日本』 2012.5/18記事。


そして、韓国とも、日本は戦っていませんね・・・。
というか、戦時中は、韓国の人は、
日本人として、共に、戦っていたんですよね。
でも、いつのまにか、被害者にすり替わってるんですね。
おかしいですね・・・。

反原発は「無学文盲」の証?慰安婦・教科書問題は日本弱体化の鞭 ?韓国に遊ばれてるぞ日本 ! 『李大統領には、頑張って北朝鮮問題まで片付けてほしい』 2012.4/14記事。

李明博守護霊 
そうだね。
だってさ、先の大戦で、別に、日本と韓国が戦争したわけじゃないんだよ。だけど、今の若者たちには、戦争でもしたかのように思っている人が、いっぱいいるんじゃないか。そんな感じに見えるなあ。「何か侵略でもしたんかいな」という感じでね。もう、ほんとに、日本史を勉強してないんだよ。
だから、「日本軍が攻めていって、韓国を占領したんかなあ」と思ってる人は、いっぱいいるよ。うんうん。
違うんだよな。先の戦争のとき、韓国民は、「日本人」だったんだよ。だから、一緒になって戦ってたんだよな。
南方戦線なんかも、向こうから言やあ"侵略"だろうけど、それは、日韓合同で"侵略"してたんだよ。当時は、韓国人も「日本人」として戦ってたんだよ。同じ日本の軍人だったんでさ。だから、ほんと言やあ、侵略責任はこっちにもあるんだよ。ほんとはあるんだけどさ。そんなの分からないものなんだよな。

       -2012年3月22日 李明博守護霊の霊示
       ---「韓国 李明博大統領のスピリチュアル・メッセージ」 より  (一部転載)

はい、中国も、韓国も、正しい歴史を勉強して、
もう少し、未来思考になっていただきたいものですね・・・。

と、終わりにしようと思いつつ、またまた、書いてしまいましたが、
オーストラリアと準同盟国になったように、
ロシアとも、早く平和条約を結び、提携強化をして欲しいですね。

日本政府はロシアとの平和条約を結び提携強化を急げ !
さらには、インドとの軍事同盟締結も急げ !
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ 


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示