この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

反日デモ拡大で相次ぐ日本企業の休業。恩を仇で返す国に更なる発展はない ! 『「経済発展は日本のおかげだ」と分かっていない中国と韓国』

『中国は、軍事大国だから、「日本ぐらい一潰しだ」と思うとるかもしらんけど、経済の好調は、どこのおかげだったのか、分かっとるのかなあ。

日本は、二十年間、経済的に不調を続けたけど、その間、快進撃を続けたのは、中国だ。「その経済的な快進撃の理由は、いったいどこにあったのか」と言えば、まあ、中国は、「世界の工場」と言われるけども、主要な工場の大部分は、日本の工場でもあったわけでね。
それで、儲けがいっぱい入って、人件費が、日本の百分の一しかなかったのから、今、十分の一まで来たわけだよ。

ただ、全体的にはまだまだ貧しい。本によっては、「中国は、国民一人当たり、まだ年間四十二万円ぐらいしか稼いでいない」と書いてあるようだ。何と、まあ、貧しい国だよな。一年間に四十二万円ぐらいしか稼げないような国なのに、「全体を合わせれば大きい」ということで、威張っとるわけだ。

だけど、紛争が起きたら、どっちが損をするか、ほんとは分からんよ。日本は、ほかの国にも工場があるし、賃金の安い国は世界中にいっぱいあるからね。賃金が日本の百分の一ぐらいのところだって、まだいっぱいあるんだ。中国は、賃金が高くなってきて、人件費が高騰してるんだよ。

韓国も、人件費は日本の二分の一か三分の一ぐらいだろうけども、「自分らが経済的に発展してるのは、日本のおかげである」ということに対して、まったくカウント(考慮)してないように見える。

それで貯めた外貨でもって、アメリカの国債とかを買っているにもかかわらず、いっぱい残高を持っているから、「これを売り飛ばしたら、アメリカのドルだって暴落するぞ」という脅しをかけられるような錯覚に陥っとるわけだ。それは、「彼らを稼がしてやった」という先進国の恩義を忘れとるんだよ。』

      -2012年8月17日 佐久間象山の霊示
      ---「佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす」2.日本外交の問題点 より

09041737_5045bdda6cead.jpg


ご訪問ありがとうございます。
またちょっとご無沙汰してしまいました。

さて、今日はもう余計なことは語らず、前回に引き続き書籍のご案内から。
いや~、続々と発刊されますね。
どこまでご紹介したか忘れそうですね。

〔最新刊、続々!!!〕9月の発刊予定 | 幸福の科学出版公式サイト

09082356_504b5ca335397.jpg  09051643_5047028c2a250.jpg  09090021_504b6297d909b.jpg  09051633_5047003a9e99f.jpg

09090034_504b65774fb6c.jpg  09152119_5054724883426.jpg  09152123_5054734c97046.jpg  09152116_5054718b84157.jpg

凄いですね。
8月31日に3冊、9月7日に7冊。
その後、13日から15日に4冊。
ここまでで、既に14冊。
え~私は、15日までの14冊のうち、まだ3冊読めていません。
でも、ということは、半月の間に、11冊読んだんですよね。
そりゃ、ブロクグ記事、書けませんわ~。 (ほんとにそれが理由か?笑)

その上、19日から21日にかけてさらに4冊・・・。
はぅ・・気合を入れて、早く追いつきたいと思う今日この頃です・・。
みなさまも、ぜひ、ご購読くださいませ・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
前回の記事更新後に、尖閣の国有化が決定しましたが、その後、
中国公船6隻が尖閣領海に出没したり、さらに、
中国の漁船千隻が尖閣海域に向かっていたりで、
ほんとに、えらいことになっていますよね・・。

たまにポチッとお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
尖閣国有化を決定 - MSN産経
【尖閣国有化】尖閣領海に中国公船 国有化後初、最多6隻 - MSN産経
【尖閣国有化】海保の警告に「中国固有の領土だ」 中国の漁業監視船 - MSN産経
【尖閣国有化】「海監」6隻が接続水域に 過去最大規模10隻確認 - MSN産経

【尖閣国有化】中国漁船団、尖閣海域到着は18~19日か 中国監視船隊合流も-MSN産経
中国メディアは17日、東シナ海での休漁期間終了に伴い、浙江省や福建省などの漁船計千隻が18日か19日、沖縄県・尖閣諸島付近の海域に到着する見込みだと報じた。日本政府による尖閣諸島国有化に対する対抗措置の可能性がある。
 海上保安庁は複数の巡視船を尖閣諸島周辺に配置し、警戒を強めている。大量の漁船が一度に尖閣周辺の日本領海に侵入すれば、海保の巡視船との衝突など不測の事態を招く恐れがあり、日中間の緊張がさらに高まりそうだ。

 中央人民放送によると、中国の漁業当局は海洋観測衛星を通じて尖閣周辺で操業する漁船の動きを監視するとしている。
 14日に尖閣周辺の日本領海に侵入した中国の海洋監視船隊も尖閣付近の海域にとどまっており、漁船団と合流する可能性もある。(共同)


chn12091801150003-n1.jpg
東シナ海の漁場へ向かう中国の漁船団=17日、中国浙江省舟山(共同)

はい、中国が、さらに、暴走していますね。
日本の固有の領土である尖閣諸島を、日本政府が国有化しましたが、
それに対して、あくまで、自国の領土と言い張る中国。
そして、言葉だけでなく、どんどん行動をエスカレートさせる中国。

千隻という大量の漁船が尖閣に来たら、ほんとに、
日本の海保では、もう、対処し切れないのではないでしょうか。
【尖閣国有化】「漁船が大量に来たら海保では止められない」 地元石垣で不安の声-MSN産経

大川総裁や、霊人の方々が、以前から、何度も警告されていましたが、
もし、この漁船のなかに、武装船が紛れ込んでいたら、
もう、海保では、太刀打ちできませんよね。

日本の領海、領土を守るための戦略を、日本政府は、ちゃんと固めているのでしょうかね。
一国民として、ほんとに、ハラハラドキドキの毎日です・・・。
日本政府、中国監視船・漁船団で情報連絡室 YOMIURI ONLINE

「尖閣紛争最前線」 幸福実現TV 第79回


さて、尖閣諸島も危ないですが、尖閣国有化を受けて、
中国国内では、反日デモが拡大しています。
そして、その被害は、日本人や、日本企業にも及んでいますね・・。

【尖閣国有化】中国、交流停止拡大か 反日感情あおる国営テレビ - MSN産経
【尖閣国有化】「小日本は出て行け」 中国、4日連続で反日デモ デモ拡大の可能性も - MSN産経
中国で“日本人狩り”始まる!18日に北京で未曾有の大暴動も - 政治・社会 - ZAKZAK
【反日デモ】「日本滅ぼし沖縄取り戻せ」 上海デモ、毛沢東肖像も - MSN産経

【反日デモ】加速する中国拠点の休業 自動車、電機、流通…業種も拡大 - MSN産経
中国各地で反日デモが続く影響で、トヨタ自動車や日産自動車、イオンなどの日本企業が、現地工場の操業や店舗の営業を取りやめる動きが18日拡大した。

 トヨタは現地工場の一部を18日に臨時休業。系列販売店が放火される被害があったことも踏まえ、現地の社員らの安全に配慮した。日産自動車も出荷が難しくなっているとして湖南省などの組立工場を休業。三菱自動車も湖南省の工場の操業を停止し、駐在員や出張者は自宅やホテルに待機させている。
 ユニクロを展開するファーストリテイリングは、北京市内を中心とする42店舗を一時、もしくは終日閉店する。山東省青島の店舗がデモ乱入で被害を受けたイオンは、中国にある35店舗中30店舗の営業を18日は見送ることを決めた。
 電機関係ではヤマハ発動機、三菱電機、日立製作所などが相次ぎ生産拠点を休業した。


はい、これもある意味、予想できたことですね。
大川総裁や、霊人の方々は、このチャイナリスクも、
以前から、何度も何度も指摘されていました。
まだ、今は、休業だけで済んでいますが、もし、
日中関係がさらに悪化したら、日本企業の差し押さえ、
そして、没収、さらに、預金の差し押さえにまで及ぶかもしれませんね。

中国は、国際ルールが通用しない国です。
それは、中国の政治体制を見ていれば分かることです。
でも、日本の経済界や政界、そして、マスコミ界は、
その危険性を見ようともせず、ただひたすら、
中国に擦り寄りよって、儲けようとばかりしていました。
そのツケが、いよいよまわってきたということですよね・・。

中国に依存する財界論理の危険性 2010.7/6記事内。
中国の武装船に海上保安庁の船が沈められる可能性も 2010.11/9記事内。

さらに、この反日デモは、韓国にまで飛び火するかもしれませんね。
【反日デモ】韓国で中国人留学生がデモ計画 - MSN産経

でも、反日デモを繰り返し、日本企業を休業に追いやったら、
日本企業も痛手ですが、そこで働く人たちの仕事もなってしまいますね。
さらに、こんな怖い国に、今後、進出する国はなくなってしまいますよね。
そうなると、困るのは、日本だけでなく、中国や韓国も困りますよね・・。

中国で過去最大規模の反日デモ 日系企業を襲撃 | ザ・リバティweb

『例えば、戦後、アメリカは、日本を発展させるために、日本製品を買ってくれたわけよ。粗悪品であっても買い続けてくれて、日本の工業を発展させてくれた。自分たちは、第二次産業がどんどん滅びていったけど、第三次産業に移行してな。

つまり、アメリカは、第二次産業を日本や台湾に譲り、製品を輸入してやることによって、経済を大きくしてくれたんだ。そして、日本や台湾は、金持ちになって、アメリカの物をもっと買えるようになったわけだね。

アメリカが、そういうかたちでやったのと同じことを、日本も、中国や韓国に対して、やっていたんだけども、彼らは、そのへんを、ちょっと勘違いしとるんでないかのう。』

      -2012年8月17日 佐久間象山の霊示
      ---「佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす」2.日本外交の問題点 より

佐久間象山(1811~1864)
幕末の思想家。信州松代藩に生まれる。佐藤一斎に朱子学を学び、江戸で塾を開くが、アヘン戦争に衝撃を受けて海防の必要性に目覚める。直ちに、西洋砲術を学び、その塾を開く。弟子に吉田松陰、勝海舟などがいる1856年、吉田松陰の密航失敗に連座し、蟄居を命じられる。1864年、一橋慶喜に招かれて上洛し、慶喜に公武合体論と開国論を説くが、尊皇攘夷派によって暗殺された。


さて、今日は、「佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす」のなかから、
まず最初に、『「経済発展は日本のおかげだ」と分かっていない中国と韓国』
というテーマを選んでみました。

いや~、今月に入って、11冊も読んだので、ほんと、
どれをテーマにしようかと、あれこれ書き写し、迷ったのですが、
前回の記事で、吉田松陰さんのことを取り上げたので、
今日は、松陰さんの師匠の佐久間象山さんの霊言を選んでみました。

『佐久間象山-明治維新の起爆剤となった思想巨人の一人である。この人物は、勝海舟の妹を妻としたことで、勝や龍馬にも大きな影響を与えた。さらに三十二歳頃までは、外国人を見るに、ただ利にのみ賢く、道徳・仁義を弁えぬ夷狄であると考える全くの鎖国攘夷論者であったが、蘭学を修め西洋の原書を読んでからは、世界の大勢を達観し、開港貿易の必要を説く開国論者に転じたことは特筆に値する。不撓不屈の精神で実に三十年近くもただ一筋に外冦防御の策に腐心したため、実に九年にもわたるお咎めを受けたが、この人に西洋砲術を学んだ吉田松陰への思想的影響もはかり知れない。
海防論を説いたその象山が、今、弱腰日本に檄を飛ばす。一読して「痛快無比」の感がある。』

        ---「佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす」 まえがき より

はい、大川総裁が、まえがきのなかで言われているように、
この書籍を読んで、ほんと、このぐらい言える政治家が、
日本に、もっともっといればいいな・・・と思いました。
まあ、口の悪さでは、石原慎太郎守護霊のほうが勝っていましたけどね。笑

さて、明治維新が成功した原動力は、吉田松陰の思想であり、
陽明学だと、伊藤博文さんが言われていましたが、その吉田松陰さんに、
思想的影響を与えたのが、この佐久間象山さんであり、佐久間象山さんは、
明治維新の起爆剤となった思想巨人の一人なんですね。

はい、私の大好きな龍馬さんや、勝海舟さんも、この方の影響を受けられたんですね。
私は、司馬遼さんの歴史小説で、佐久間象山さんのことは、
少し知っていたのですが、あまり、興味がなかったんですよね。
でも、今回の霊言を読んで、ほんと、大好きになりました。
明るく、楽しく、豪快で、そして、何より、気概のある方でしたね。

さて、その佐久間象山さんは、中国と韓国は、自国の経済が発展したのは、
日本のおかげだということが分かっていないと言われていますね。
日本は、二十年間、経済不調を続けたけれども、その間、
今は、世界の工場と言われる中国に、工場をつくり続けたのは日本であり、
中国の主要な工場の大部分は、日本の工場だと言われていますね。

だから、中国の経済的な快進撃は、日本のおかげだと。
そして、紛争が起きたら、どっちが損をするか、ほんとに分からないと・・。

はい、そうなんですよね。
先ほども言いましたが、今、中国国内で、日本企業が、
休業状態に追い込まれていますが、中国にとって、
日本企業が休業するということは、大きな損失になるはずなんですね。
中国は、それが分かっていないんですよね。

まあ、反日デモ自体が、中国政府がやらせているとも言われていますね。
国民の政府に対する不満を、他所に向けるために、反日を利用し、
国内の不満のガス抜きのために、デモを行ったりしてるんですね。
でも、そのために、国民の仕事がなくなってしまうんですよね。

そして、こんなことが続いたら、国民の不満は、もっと増しますよね。
仕事がなくなったら、政府に対する不満が爆発してしまいますよね。
中国政府も、ほんと、あったま悪いですよね。

不満の矛先を日本に向けても、いつか国民は気付くのではないでしょうか。
そのときに、政治と経済の戦いが始まるのではないでしょうかね・・。

大川総裁や霊人は、『中国では、まもなく、「政治と経済」の戦いが始まる』
と言われていましたが、今回の反日デモをきっかけに、
国民の方が、気付いてくれればいいですね・・。

『中国では、まもなく「政治対経済」の戦いが始まる』 2011.7/1記事。 
『今後、日本も中国も「危機の十年」を迎える』 2011.1/16記事。

さて、佐久間象山さんは、戦後、アメリカも、日本や台湾を発展させるために、
粗悪品であっても、日本製品や台湾製品を買い続けてくれて、
日本や台湾を発展させてくれたとも言われてしますね。
第二次産業がどんどん滅びても、第三次産業に移行して、
アメリカは、日本や台湾の経済を発展させてくれたと・・。

そして、日本は、中国や韓国に対して、アメリカと同じことをして、
中国や韓国の経済を発展させたと言われていますね。

はい、中国や韓国の経済発展は、日本のおかげなんですね。
でも、その恩も忘れて、日本を罵倒し、攻撃し続けてているんですね。
なんとも、恩知らずな国ですよね。

まあでも、因果応報。
悪いことをすれば、必ず、自分にその報いは返ってきます。
人の恩を忘れた人に、繁栄はありません。
そして、それは、国家にも当てはまるのではないでしょうかね。

ただ・・・。
経済発展したと言っても、それは一部なんですよね。
中国全体で見れば、まだまだ貧しい国なんですよね。
そして、その貧しさの原因を、すべて、日本のせいにしているんですよね・・。

中国や韓国は、日本に「原罪意識」を植えつけようとしている
『まあ、韓国はとっても調子がいいけどさあ。今、2012年だろう?日韓併合は1910年?

百二年も前の話だ。それで、(併合期間は)1945年まで、三十五年間あったけども、その後、韓国側は経済的に成長したが、北朝鮮はしなかった。これは、日本のせいではなく、その後の政治体制によるものであることが明らかだよな。

中国も、戦後ずっと貧しくて、「戦争中、日本に、内陸部まで破壊され尽くしたから、貧しいんだ」と言っておったけども、それは、毛沢東の大躍進政策の失敗であったことぐらいは、彼が亡くなってから明らかになった。方針を変えれば、経済的に発展するようになったんだからね。

要するに、自分たちの原因でそうなってることを、すべて、人のせいにして、戦争の「原罪」をつくろうとしてるわけよ。キリスト教で言う、アダムとエバの原罪のようなものをつくって、"エデン追放"をやりたがってる感じがする。

原罪意識と言ったら、四千年ぐらい続いてるよな。だから、日本人に原罪意識を植えつけさえすれば、これは、四千年でも六千年でも使えるから、とにかく、徹底的な悪人としての原罪論を日本人に教え込もうとしてるんだと思うんだよ。』

      -2012年8月17日 佐久間象山の霊示
      ---「佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす」2.日本外交の問題点 より

さて、次に、『中国や韓国は、日本に「原罪意識」を植えつけようとしている』
というテーマを選んでみましたが、まあ、中国、韓国だけでなく、
北朝鮮も、反日国家で、日本を悪人にしていますよね。

この三国の共通する敵は、みんな日本です。
戦後、何十年経っても、日本は悪者のままです。
そうすることによって、国内の不満をすべて、日本に押し付けています。

そして、日本は、原罪意識を植え付けられて、自虐史観になり、
自分の国を愛せない人たちがいっぱいになっています。
その結果、日本という国は、どんどん衰退の道を辿っています。

日本という国は、そんなに悪い国なのでしょうか?
日本人は、そんなに悪人だらけなのでしょうか?
この三国の言い分を聞いていたら、ほんとに、
日本は、徹底的な悪の国になってしまいます。

でも、日本が戦争をしたことによって、アジアの多くの国が、
欧米の植民地支配から解放されて独立しました。
そして、それらの国々は、日本に感謝している国も数多くあります。

日本はそろそろ、三国に植え付けられた原罪意識から解放されて、
本来の国家、主権国家に立ち戻る時に来ているのではないでしょうか。
このままでは、ほんとに、日本という国は滅んでしまいますね・・。

「国民に檄を飛ばす人」が、今、必要である
『「悪の勢力」というか、人のものを盗んでも、「いや、元から自分のもんだ」と言うやつがいたら、普通、腹が立つだろう?

道を歩いているとき、通りすがりに財布をパッと抜かれて、「それは俺の財布だ」と言ったら、「何を言ってる?元から自分のものだ」と言うようなやつと会ったら、腹が立たないか?

しかし、「ああ、あんたのものだったんですか。それは、すみませんでした」と言って帰るのが、今の日本の外交のあり方なんだよ。これは、やっぱり改めないといけない。

まあ、もとになるものとしては、戦後教育があると思うけど、たぶん、「反動」というものもあると思うね。「神国日本で、負けたことがない」というのが自慢だったのでね。
しかし、「一回負けたら、それで終わり」って言ってもさあ、甲子園の野球だうが、相撲だろうが、サッカーだろうが、「一度も負けない」ということはないのであって、負けたら、次、勝つように頑張るべきだよ。

なんで、日本は、こんなに柔になったかね?腹が立つ。

刀がポキポキ折れたんじゃ、もうチャンバラにならん。折れないようにつくるのが刀鍛冶の仕事だからね。適当なしなりを入れて、すぐポキッと折れないように、刀をつくらないといかん。まあ、そのへんのところが大事だな。
やっぱり、国民に檄を飛ばす人が、今、必要なんじゃないかね。』

      -2012年8月17日 佐久間象山の霊示
      ---「佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす」2.日本外交の問題点 より

さて、さらに、『「国民に檄を飛ばす人」が、今、必要である』
というテーマを選んでみましたが、吉田松陰さんも、天上界から、
檄を飛ばし続けておられますが、佐久間象山さんも、弱腰日本に、
檄を飛ばすために、霊示を降ろされたんですよね。

そして、大川総裁もまた、この日本の地において、
長年、国民に、檄を飛ばし続けておられます。
はい、この間のご法話は、いつもにも増して、激しいご法話でしたね・・。

大川隆法総裁、中国・韓国・日本の政治家を大いに叱る | ザ・リバティweb

4835_l.jpg

大川総裁は、あの世の証明のためにも、霊言書籍を出し続けておられます。
普通の人間では、短期間に、この数の書籍を出すのは不可能です。
認識力の高い方であれば、一冊の書籍に費やす時間が、
普通、どれぐらいかかるか、ご存知なのではないでしょうか。

霊言は、嘘だと言う人も、せめて、最低10冊ぐらいは読んでから言って欲しい。
これだけの個性の違いを、これだけの意見の違いを、一人の人間が出せるかどうか。
冷静に考えれば、それは、不可能なんですよね・・・。

今、私たちは、危機の時代を生きています。
でも、多くの霊人が、この日本を救うために、
この国を守り抜くために、多くの警告を、提言を発し続けておられます。

時代、時代に、いろんな予言者が出ています。
でも、危機の時代を乗り越えるための明確な対処の仕方まで、
こと細かに教えてくれる予言者はいませんでした。

大川総裁は、この国を守り抜き、世界を平和に導くために、
提言を続け、霊人の警告を伝え続けておられます。

今、私たちは、危機の時代を生きるとともに、奇跡の時代を生きています。

私のこのブログは、書籍のご紹介をメインにしています。
一人でも多くの方が、一冊でも多くの書籍を読んで、
危機を共有し、この国を守り抜くための活動に参加してくだされば幸いです。

柔になりすぎた日本が、弱腰外交を止め、侍国家に立ち戻るその日まで、
一国民として、共に、声を上げ続けてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
記事を読まれて共感できる部分がありましたら、ポチッとお願いします。
    ↓
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示