この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

消費税増税法案衆院可決。二大政党制は夢も希望もない、増税をかけるための二大政党制だったのか? 『日本はイギリス型の二大政党制に向かっている?』

『日本は、二大政党型を目指したんだけれども、その二大政党が、イギリスの「保守党」対「労働党」のようなものになっているのかもしれない。

アメリカの政権交代と違って、イギリスでは保守党と労働党が交替したことで、「英国病」というものが流行りました。「保守党のときには自由にやれるが、労働党になったら企業がどんどん国有化されて、ガタガタになっていく」という繰り返しをやった結果、イギリスが弱っていき、「サッチャー革命」が起きましたよね。

日本も、そういうイギリス型の二大政党制に向かっているのではないかという感じがします。JALのあとは、東電の国有化が起きようとしていて、どんどん国有化しつつある。経営が分からない人は、すぐに国有化しようとし、いくらでも税金をつぎ込める体制をつくろうとするので、怖いんですよ。

イギリスの社会保障費をぶち切ったのは、マーガレット・サッチャーですよね。彼女は、悪評をずいぶん受けながらも、「サッチャリズム」を十一年やり、「福祉国家は国を衰退させる」ということで社会保障を削った。
さらに、教育費も削ったもんだから、学校関係者からは、もちろんブーイングでしたけども、今の民主党の幹事長は、日教組の親分みたいな人で、教育関係はほとんど聖域でしょうから、基本的に削る気はないと見ていいでしょうね。
-中略
でも、その先がないんですよね。自民党にしたって、やはり、増税路線は一緒だし、民主党だと、今の人に辞めていただいても、どうせ、また次の人が出てくるでしょうが、どんな欠陥を持った人が出てくるのか、ちょっと怖いところがありますよね。

まあ、夢も希望もない二大政党制になってしまいましたね。昔は、憲法改正のために二大政党制をつくりたかった人もいたんだけど、今は、「増税をかけるための二大政党制だったのかな」という感じですね。』

     ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機-
            第1章 忍び寄る国家社会主義の影 より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1_20120118231214.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまた、お久しぶりでございます。

いや~、ちょっと、足の指が腫れ上がって、歩くのも困難になっていたので、
先週、思い切って、限界に達した足の親指の手術をしたのですが、
手術をしたら楽になるかと思いきや、10日経っても血が止まらず、
痛みも和らがずで、ひたすら通院の今日この頃。
そんなこんなで、なかなか、記事に集中できませんでした。

と、恒例の言い訳はこれぐらいにして、今日はまず幸福実現TVをご覧くださいませ・・。

「増税が招く日本の滅亡」 幸福実現TV 第67回


はい、あえばさん、今回はマジで怒られてましたね。
消費税増税は、消費停滞、景気低迷を招き、失業者、企業倒産は増加。
そして、税収は減少するんですね。

税収が減少したら、また、政府は、税率を上げるのでしょうかね。
そんなことしていたら、延々と、増税が繰り返されますね。
そして、国民は、どんどん貧乏になり、税金も納められなくなりますね。
そしたら、もっともっと国家は衰退していきますね。
はぁ・・今は、増税ではなく、まず、景気回復ですよね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
石原節、相変わらず健在ですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
「パンダの子供、名前は『センセン』『カクカク』で」 石原都知事が中国皮肉る - MSN産経
「子供に『センセン』『カクカク』って名前つけてやったらいい。そうしたら、中国はパンダに関しては実行支配できる」
 東京都の石原慎太郎知事は28日の定例会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)問題と、上野動物園(台東区)の雌のジャイアントパンダ「シンシン」に妊娠の可能性が出始めたことを引っかけて、中国を皮肉った。
 シンシンは雄のリーリーとともに中国から貸与されており、出産しても子供も含めていずれ返還することになる。尖閣の領有権を一方的に主張し都の購入計画に反発する姿勢に、“くせ球”で応酬した形だ。


石原さん、上手いこといいますね。
中国から貸与されてるパンダは、出産したら、
いずれ、子供も一緒に返還されてしまうんですね。
返還された子供が、「センセン」「カクカク」だったら、中国も大喜び ?

って、そんなわけないですね。
きっと、中国は、また、「ケンケン」「ゴウゴウ」と怒るでしょうね。
石原さんの皮肉、広い心で受け取ってくれたらいいですね・・。(アリエマセ~ン)

さて、中国への皮肉はこれぐらいにして、次のニュースを見てみます。
とうとう、消費税増税法案が、国民無視のまま、衆院で可決されてしまいましたね・・。

【民主分裂】小沢、鳩山氏ら民主57人が反対票 消費税法案が可決 - MSN産経
消費税増税法案の採決が26日午後の衆院本会議で行われ、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決された。投票総数459票のうち、賛成363票、反対96票だった。民主党で反対票を通じたのは小沢一郎元代表、鳩山由紀夫元首相ら57人だった。
【一覧】反対した民主党議員57人

ふぅ・・とうとう、消費税増税法案が、衆院で可決されてしまいました。
私も、この法案採決の様子を、動画で見ていたのですが、
賛成票を投じた363人の議員に対して、ほんと、憤りを感じました。
そして、いままで、さんざん、民主党議員の批判をしてきましたが、
この日ばかりは、反対票を投じた57人の民主党議員に拍手を贈りました。

あっ、反対票を投じた民主党議員は、「造反」と言われていますが、
民主党は、先の衆院選で、「4年間は消費税増税しない」と公約して、
政権を取ったのだから、公約を破って消費税増税を進めているほうがおかしいんですね。
それに反対している議員のほうが、正しいんですよね。

まあ、小沢さんに関しては、いろいろ悪いことも言われていますが、
私は、今回は、純粋に、小沢さんの行動に拍手を贈りました。
ただ、そのあとの動向については、さほど思い入れはありません。

私が小沢さんに期待するのはただ一つ、民主党をぶっ壊せ~ ! これだけですから・・。
小沢氏、離党方針伝える 参院で「採決強行」なら - MSN産経

さて、今回の消費税法案が衆院で可決したあとに、
野田さんと谷垣さんが、ガッチリ握手をされていたんですよね。
私はこれを見て、ほんとに違和感を感じました。
本来、与党を追い込むべき野党の総裁が、首相と馴れ合って握手してるなんて。

そして、その谷垣総裁は、法案成立後に、衆院解散に追い込むと言われているんですね。
さらに、私の好きな麻生さんまで、成立したら信を問うのは当然って・・。

【消費税増税】「直ちに衆院解散に追い込む」 谷垣自民総裁、法案成立後に - MSN産経
【消費税増税】麻生元首相「増税法案、成立したら信を問うのは当然」 - MSN産経

法案成立後に信を問うって、何の信を問うのでしょうかね。
消費税増税に関しては、国民は、承諾していないんですよね。
法案成立後に解散されても、国民は意思を伝えられないんですよね。
これって、やっぱ、おかしいですよね。
ほんと、私も、長年、自民党を支持してきましたが、
もう、今の自民党にはガッカリですね。

まあ、それにしても、国民は、まったく、忘れ去られたままですね。
税金を納めて、国家議員を雇っているのは国民なのに、
その国民の承諾も得ず、勝手に可決されてしまった消費税増税法案。

与野党三党合意で、談合政治で可決されてしまった消費税増税法案。
日本の議会制民主主義は崩壊してしまいましたね。
こんな法案、国民から見たら、無効ですよね・・。

[HRPニュースファイル316]国民不在の「悪徳代官談合政治」を断固許すまじ!~消費税増税関連法案可決の不当性を告発する~
HRPニュースファイル317]国民の信なく増税するのは合法的略奪。今こそ減税路線への転換を
きけ じえいぎょうしゃのこえ|一憂国者の紙つぶて 加納有輝彦

さて、今日は、「国家社会主義への警鐘」のなかから、
『日本はイギリス型の二大政党制に向かっている?』というテーマを選んでみましたが、
この「国家社会主義への警鐘」の副題は、「増税から始まる日本の危機」なんですよね。

大川総裁は、幸福実現党を立党する前から、増税に関しては、
ずっと警鐘を鳴らされていましたが、ほんとに、
今の日本は、重税国家への道を突き進んでいますよね。

日本も、そういうイギリス型の二大政党制に向かっているのではないかという感じがします。JALのあとは、東電の国有化が起きようとしていて、どんどん国有化しつつある。経営が分からない人は、すぐに国有化しようとし、いくらでも税金をつぎ込める体制をつくろうとするので、怖いんですよ。

はい、大川総裁は、東電の国有化が起きようとしていると言われていましたが、
この度、東電総会で、実質国有化の会社側提案が可決されたみたいですね・・。
東電総会、実質国有化の会社側提案を可決 5時間31分で終了 - MSN産経

これ、ほんとに国有化されたら、また、どんどん税金がつぎ込まれるんですね。
政府は、国家経営も赤字なのに、経営もお粗末なのに、国営化して、
ほんとに、まともな経営なんてできるのでしょうかね。
ほんと、怖いですよね・・。

イギリスの社会保障費をぶち切ったのは、マーガレット・サッチャーですよね。彼女は、悪評をずいぶん受けながらも、「サッチャリズム」を十一年やり、「福祉国家は国を衰退させる」ということで社会保障を削った。

さらに、今、社会保障と税の一体改革と称して、
消費税増税法案が可決されましたが、
社会保障のほうは、置き去りにされていますね。

一体とは、いったい何ぞや?
改革とは、いったい何ぞや?
要は、増税したかっただけでしょ?

まあ、そもそも、自民党政権時代に、年金で積み立てたお金は、
きっちり使い込まれているので、これから、社会保障を充実させようとしたら、
8%や10%では、もう、無理なんですよね。
ほんとに、社会保障と税の一体改革なんてものをしたら、
その分、国民は、もっともっと税金を搾り取られるんですよね。
そんな社会保障って、意味があるのでしょうかね。

イギリスのサッチャーさんは、「福祉国家は国を衰退させる」
ということで、十一年かけて、社会保障を削ったんですね。
もう、日本も、社会保障のためなんて嘘をつくのは、やめていただきたいですね。
これ以上、社会保障費を増やしたら、その分、国民の負担が増えるばかりですからね。

ああ、日本にも、サッチャーさんのような指導者が出てきて欲しいですね。
あっ、私は、そこのところを、幸福実現党に期待してるんですがね・・。

でも、その先がないんですよね。自民党にしたって、やはり、増税路線は一緒だし、民主党だと、今の人に辞めていただいても、どうせ、また次の人が出てくるでしょうが、どんな欠陥を持った人が出てくるのか、ちょっと怖いところがありますよね。

まあ、夢も希望もない二大政党制になってしまいましたね。昔は、憲法改正のために二大政党制をつくりたかった人もいたんだけど、今は、「増税をかけるための二大政党制だったのかな」という感じですね。


さて、大川総裁は、先がない、夢も希望もない二大政党制と言われていますね。
実は、今回、消費税増税法案の採決で、363人の賛成票を投じた議員を見ていて、
憤りも感じましたが、同時に、この国は、この先どうなってしまうのだろうかと、
正直、ほんとに不安になって、落ち込んでしまったんですよね。

民主党は、公約を破って消費税増税を進め、そして、
自民党は、先の衆院選で消費税増税を公約してたけど、
結局、民主党に負けているんですよね。

ということは、国民は、消費税増税には、反対なんですよね。
その反対している消費税増税を、3党合意の談合政治で進め、
結局、衆院で可決してしまったんですよね。

まあ、自民党は、民主党政権のときに、消費税増税法案を成立させたら、
今度の選挙で、公約に入れなくて済むから、だから、ずっと、
「消費税増税法案成立後の解散」を言い続けているんですよね。

でも、国民にしてみれば、税金を払うのは国民なのに、
何勝手に決めてんのよと怒るのは、これ、当たり前のことですよね。
あっ、自民党支持の人は、消費税増税に納得しているのでしょうかね。

その上、今、消費税増税に目がいって、すっかり忘れている人もいると思いますが、
既に、復興増税も決まっているんですよね。

120116a_s.jpg  120116b_s.jpg  
全商連[全国商工新聞]より

このまま、消費税増税が決まってしまったら、国民の負担が更に増えてしまいます。
そして、消費税は、大震災の被災者の方にも、更なる負担を強いる税金です。

【消費税増税】「時期とやり方考えて…政治に何言っても無駄」宮城の被災者 - MSN産経
【消費税増税】年収500万円世帯で年12万円の負担増 さらに保険増額など家計圧迫 - MSN産経

今まで、震災のあとに増税をかけた権力者いません。
今の日本の政治は、ほんと、最悪の政治です。
増税から始まる日本の危機 ! ! ! 『歴史上、大震災のときに増税をした権力者はいない』
1/19記事。

大川総裁が言われるように、ほんと、日本の二大政党制は、
「増税をかけるための二大政党制」だったみたいですね。
国民のことも考えず、増税しか考えられない政党は、
無能政党と言っても過言ではありません。
ほんとに、もう、勘弁してくれって感じですよね・・。

『いま、日本国政府は大増税への道を突っ走っている。東日本大震災という国民の不幸をテコとして。
私たちは国家の増収に反対しているのではない。へたな増税政策が経済の回復を遅らせ、結果的に税収減になり、この国を先進国から脱落させてしまうと言っているのである。

世界恐慌の危険からこの国を守るには、「景気回復」あるのみである。財務省も、日銀も、大先輩・高橋是清が、どうやっていち早く昭和恐慌を脱出させたかを勉強するがよい。彼なら、幸福実現党の政策をその通り実践するだろう。

マスコミも宗教政党を色メガネで見るのは、もうやめなさい。世界各国で宗教は尊敬されている。それが人類のあるべき、あたり前の姿なのだ。』

     ---「国家社会主義への警鐘」-増税から始まる日本の危機- まえがき より

大川総裁は、日本を、大増税国家にしたくないから、
この国を先進国から脱落させたくないから、そして、
先進国から脱落したら、この国を守れなくなるから、警鐘を鳴らし続けておられます。

さらに、増税しか考えず、国防も考えられないこの国の政治を変えるために、
幸福実現党を立党して、全国で活動を続けています。

幸福実現党は、立党時から、増税しても税収は増えない。
増税ではなく、経済成長を目指そうといい続けています。

topic_tax02.jpg
topic_tax01.jpg
幸福実現党: 「増税=税収増」とは限らない
幸福実現党の主要政策(2011年7月)

増税から始まる日本の危機 !

日本を、これ以上危機に貶めないためにも、
消費税増税反対の声を、しっかり上げてまいりましょう。

税金を払うのは、私たち国民です。
私たち国民の承諾のないまま可決された消費税増税法案は、
私たち国民の声で、廃案に追い込んでまいりましょう。

黙っていたら何も変わりません。
いえ、むしろ、この国の政治はどんどん悪くなるばかりです。

政治に何を言っても無駄とあきらめず、国民の声を上げ続けてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
記事を読まれて、共感できる部分がありましたら、ポチッとお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示