この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

全原発停止で、自滅の道をひた走る日本を、中国は虎視眈々と狙っている ! ! ! 今こそ、国論を変え、国防を建て直すべき時 ! 『緊迫するアジア有事に備えよ』

『イランの核開発疑惑に対し、アメリカが強硬政策を選び、イランの原油輸入削減に踏み切った国十一カ国を仲間とし、更に圧力をかけていくつもりのようだ。原子力発電が止まりかかっている日本も、原油の輸入削減で、とんだ政策矛盾に直面している。

他方、40%の家庭に電力が届かないインドまでフクシマ原発騒動が及んで、ローソクのままでいいという反原発運動が起きて、インドのシン首相を困らせている。

外交や国防の方針は、基本的に私の言ってることを信じてくださればと思う。
日本のマスコミのレベルは混乱要因にしかすぎないと思われる。』

    ---「日本武尊の国防原論」-緊迫するアジア有事に備えよ- あとがき より

H7022.jpg

ご訪問ありがとうございます。
ゴールデンウィークもあと一日になりましたね。
みなさま、楽しい休日を過ごされましたでしょうか?

と、かくいう私は、日曜祝日なるものとは無縁なので、
特別、何処にも行きませんでしたが、娘や孫が帰省して、
おまけに元気な犬を二匹も連れてきて、その上、
その犬をおいて仕事に出かけたので、私は何故か犬守の日々。   一匹はうちのらぶ。

ということで、日頃より、さらに家をから出れなくなったので、
ここぞとばかりに、片付けと洗濯。
そして、我が家の犬も含めて、犬の散歩、そして、片付け、洗濯。
孫との久しぶりの外食、そして、片付け、洗濯。

その上、孫たちが帰ったあとも、何故か勢いが止まらず、
さらに、Twitterの合間に、片付けと洗濯。
そして、片付けと洗濯の後に、友人と外食・・。

ふぅ・・殆ど、片付けと洗濯に明け暮れた、
とっても有意義なゴールデンウィークでした。(ん?どこが?)
はい、そんなバタバタした合間に、ちょっとずつ記事を書き足していましたが、
ふぅ・・やっと、記事の更新ができました・・。

さて、余談はこれぐらいにして、今日はまず、幸福実現TVをご覧ください。

「日本人が知らない中国空軍戦略」 幸福実現TV 第59回


はい、中国の軍拡と言えば、まず、海軍と思ってしまいますが、
実は、空軍戦略のほうも、どんどん進んでいるみたいですね。

中国の航空基地は、毎年増え、そして、日本に対する配備、
日本を攻撃できる体制も、出来上がりつつあるんですね。

そして、中国政府は、「力が強くなれば、支配地を増やしていける」
と考え、今後、蓄えた力で、支配地を増やす計画なんですね。
中国にとっては、国境は関係ない。
はい、軍拡を続ける中国、ほんと、侮れませんね・・。

さて、軍拡を続け、日本に対する配備を整えつつある中国ですが、
その中国の監視船が、日本の接続水域を、我が物顔で航行していますね・・。 

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
尖閣接続水域に中国監視船 海保の警告に「中国の海域でパトロール中」と応答 - MSN産経
2日午前9時ごろ、沖縄県・尖閣諸島魚釣島の西北西約30キロの日本の接続水域を中国の漁業監視船「漁政204」が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認。領海内に侵入しないよう無線などで警告したところ、約2時間後に接続水域から出た。
 海保によると、漁政204は警告に対し、「われわれは中国の海域でパトロール中である」と応答したという。
 中国の漁業監視船が尖閣諸島周辺の接続水域に入るのは今年に入って4回目。


中国監視船、接続水域へ出入り繰り返す 尖閣周辺 - MSN産経
沖ノ鳥島は「島」 大陸棚拡大認定 国連委が勧告 - MSN産経
沖ノ鳥島「支持せず」 中国外務省が反論 - MSN産経

はい、中国の行動は、どんどんエスカレートし、
日本の接続水域が、もはや、中国の海域になっていますね。
やっぱり、中国には、国境はないようですね。
これ、このまま黙っていたら、ほんとに、尖閣諸島が、
中国に実効支配される日が来ますよね・・。

中国や北朝鮮の挑発で日本の国論も変わるだろう
『日本が核武装をするためには、周りの国を納得させるだけの必然性がなければならないと思います。
そのためのチャンスは、一つには、「アメリカの事情」によって起きる可能性があります。

今、言ったように、「経済的な問題により、アメリカが軍事予算の削減をした場合には、アジア方面まで守れなくなるため、日本の自主防衛をもっとプッシュしてくる」という考えもあります。

もちろん、「日本に核武装を許せば、朝鮮半島や中国との核戦争が起きるかもしれず、アメリカも再び戦争に巻き込まれる危険性が高まる」という、「日本人十二歳説」(日本の成熟度を十二歳の少年にたとえたマッカーサーの発言)のように考える向きも、まだ一部には残っていると思います。しかし、日本にとっては、次の政権(中国)が強圧的になって、指導者から失言等の出るときが、一つのチャンスだろうと思いますね。

去年の東日本大震災以降、日本国中が放射能汚染を怖がっているため、放っておいても、左寄りの人々を中心に、「日本中から原発を撤去・廃止させる運動」が起きている状況ですが、そのなかで向こうが挑発するようなことをしてくれば、日本だって逆ギレしますわね。向こうの次の指導者が、国民に強いところを見せたくて、「もはやアメリカなど敵ではない」とか、「日本など、ほんの一カ月もあれば占領できる」とか、強がりも含めて挑発的なことを言ったりし始めると、日本の国論も変わっていくことになるでしょう。』

     -2012年2月22日 日本武尊の霊示
     ---「日本武尊の国防原論」-緊迫するアジア有事に備えよ-
         3.「核ミサイル防衛」についての考え方 より

日本武尊[ヤマトタケルノミコト](三世紀~四世紀ごろ)
日本神話の英雄。『古事記』『日本書紀』によれば、大和朝廷時代、第十二代・景行天皇の皇子として生まれ、九州や中国地方、さらには東国に遠征し、これらを平定したとされる。日本の国づくりの高級霊の一柱であり、八次元存在。過去世は中国の漢王朝成立の立役者・韓信であり、また明治期の日本に山県有朋として生まれている。『黄金の法』第4章参照。

nihondaira.jpg
さて、今日は、「日本武尊の国防原論」のなかからテーマを選んでみましたが、
日本武尊と言えば、韓信、山県有朋として、転生されている方ですね。

あっ、山県有朋と言えば、以前、その霊言をご紹介しましたね・・。
『中国を変革するための方法-大きくなった経済は政治を牛耳るようになる』
2010.6/30記事。
『「日本の外交音痴」は、中国にとって非常にありがたい』 2010.7/15記事。

さて、大川総裁は、この書籍のあとがきのなかで、
原子力発電が止まりかかっている日本も、
原油の輸入削減で、とんだ政策矛盾に直面している。

と言われていますが、ほんと、今の日本は、矛盾だらけですよね。

資源の乏しい日本が、原発を止めてしまったら、
電力不足になって、私たち国民も困りますが、企業も困りますよね。
原発ゼロ:いら立ち募らす経済界 「1年たっても政府は無策」- 毎日jp
【全原発停止】こじらせたのは誰か? 場当たり、不作為、責任転嫁… 重い民主党政権の罪 - MSN産経

さて、日本武尊は、日本が核武装をするためには、
周りの国を納得させるだけの必然性がなければならないが、
そのためのチャンスは、一つには、「アメリカの事情」
によって起きる可能性があると言われていますね。

そして、日本にとっては、次の政権(中国)が強圧的になって、
指導者から失言等の出るときが、一つのチャンスだと。

でも、日本国中が放射能汚染を怖がっているため、
放っておいても、左寄りの人々を中心に、
「日本中から原発を撤去・廃止させる運動」が起きている状況なので、
そのなかで向こうが挑発するようなことをしてくれば、
日本だって逆ギレすると言われていますね。

向こうの次の指導者が、国民に強いところを見せたくて、
強がりも含めて挑発的なことを言ったりし始めると、
日本の国論も変わっていくことになるでしょうと・・。

はい、日本の国論、変わるでしょうかね。
核武装どころか、核の平和利用の原発にすら、アレルギーを起こしているのに、
ほんとに、中国や北朝鮮の挑発で、平和ボケから目覚め、
本気で、日本の防衛を考えるようになる日が来るのでしょうか。

はぁ・・5月5日に、原発が全停止するとは聞いていましたが、
いざ、その日を迎えてみると、なんとも、虚しいというか、
日本とは、これほど愚かな民族なのかと、私は少々、気落ちしてるんですよね。

山県有朋さんは、「中国は、日本の核武装がいちばん怖い」と、以前、言われていましたね。
( 『「日本の外交音痴」は、中国にとって非常にありがたい』 2010.7/15記事内。)
でも、今の日本は、核武装どころか、原発全停止をし、中国が喜ぶことばかりしていますよね。

あっ、原発停止と言えば、大飯原発の再稼動に対して、
「あんたヒステリーか?」と感じるほどの攻撃をしていた橋下市長ですが、
何故か、その論調が、コロリと変わりましたね・・。

節電に住民支持ない場合は再稼働容認…橋下市長 :YOMIURI ONLINE
橋下市長「大飯原発の再稼働なければ増税も」:YOMIURI ONLINE

はい、関電いじめをし、民主党政権に喧嘩まで売って、
橋下市長は、大飯原発再稼動にいちゃもんをつけていましたよね・・。
橋下市長、関電株主総会出席へ…原発全廃提案で : YOMIURI ONLINE
【原発再稼働】橋下市長が早期再稼働反対を明言 藤村官房長官に8提言提出 - MSN産経

なのに、いきなり、節電に住民支持がない場合は再稼動容認?
しかも、大飯原発の再稼動なければ、増税とまで言い出しましたね。
無節操な橋下市長、今度は「節電新税」 | ザ・リバティweb - 幸福の科学出版 | 幸福の科学・幸福実現党

さらに、こんなご意見まで・・。
橋下市長:「原発ゼロ無策は国家危機」- 毎日jp

その上、大阪府市は、関電批判まで展開・・。
はぅ・・関西電力 ガンバレー !
大阪府市「このままでは停電」 関電を批判 - 47NEWS

いや~、ほんと、橋下市長は、言うことがコロコロ変わりますが、
ここまで変わると、ほんと、不信感も出てきますよね。
あっ、これ、ちっとは、このデモが堪えたのでしょうかね。(希望的観測・・)
【開催報告】4/25(水)大阪市「原発の再稼動を求める市民集会・デモ」(「原発の再稼動を求める市民デモ実行委員会」主催

はぁ・・国政は無理でも、大阪市長として、大阪を変えて欲しいと、
大いに期待していた私は、みごと、その期待を裏切られました。
はい、筋が通っていない男は御免ですわ~。

まあ、もともと、橋下市長の主義主張には、ちと、矛盾を感じることが多かったのですが、
こんなにコロリン主張じゃ、この方のブームも、意外に、早く終わるかもしれませんね・・。

それにしても、5月5日に、全国の原発が、42年ぶりに全停止しちゃいますが、
日本の電力供給、そして、日本経済は、どうなってしまうのでしょうかね・・。
【原発ゼロ 窮地の日本(上)】計画停電はロシアン・ルーレット 一般生活、企業活動への影響は必至 - MSN産経west
【原発ゼロ 窮地の日本(下)」経済成長を放棄するのか エネルギー政策の迷走- MSN産経west

『それ以前に、北朝鮮の指導者である金正恩が、どんな情報発信をし始めるかですね。彼は若いので、不意打ちでミサイルを撃ったり、砲撃したり、韓国の哨戒艦をも撃沈したりすることで、「国内向けのPRをしている」ぐらいのつもりでいるため、意識レベルとしては非常に低いです。

したがって、そうした何らかの示威活動をやるだろうと思いますが、そのうち、日本人を激昂させるような、"何か"が出てくる可能性はあると思いますね。

その意味で、今年、日本の国論が変わるチャンスはあると思いますが、この国の受身的な国民性を見るかぎり、「自分たちから積極的に核武装論を打ち出し、それを国論が受け入れる」というだけの土壌は、今のところ、十分にはできていないと思います。』

     -2012年2月22日 日本武尊の霊示
     ---「日本武尊の国防原論」-緊迫するアジア有事に備えよ-
         3.「核ミサイル防衛」についての考え方 より

さて、さらに、日本武尊は、意識レベルの低い北朝鮮の指導者が、
何らかの示威活動をやるだろうと思うが、そのうち、
日本人を激昂させるような、"何か"が出てくる可能性はある。
その意味で、今年、日本の国論が変わるチャンスはあると言われていますね。

ただ、この国の受身的な国民性を見るかぎり、
「自分たちから積極的に核武装論を打ち出し、それを国論が受け入れる」
というだけの土壌は、今のところ、十分にはできていないとも・・。

はい、この霊言が収録されたのは2月ですが、
北朝鮮はその後、ミサイルを発射させ、見事に失敗。
でも、まだ、核実験を目論んでいると言われていますね。

日本人を激昂させる"何か"は、これなのでしょうか。
それとも、まだまだ、もっと怖いことをしでかすのでしょうかね・・。

さて、日本武尊は、核武装の話をされていましたが、
今の日本で、核武装なんて、夢のまた夢ですね。
でも、せめて、原発だけはなくして欲しくないですね。
日本の原発が全停止したら、大喜びするのは中国ですよね。

「核兵器はいつでもつくれる」という抑止力の原発だけは、なくして欲しくない。
そして、自主防衛強化をして欲しいと、私は、つくづく願っているんですよね・・。
原発の存在は第一段階の抑止力 『原発を全部停止したら、次は「日本占領」が待っている』 2011.6/28記事。

さて、全原発を停止させ、自滅の道をひた走る日本ですが、
そんな日本を、中国は、虎視眈々と狙っています。
このまま、何の備えもせず、平和ボケのままでいたら、
ほんとに、日本は、中国の植民地になってしまいます。
はい、今こそ、国論を変え、国防を建て直すべき時ですよね・・。

『日本の国防に関しての基本的考えは、日本武尊の考える通りでよいだろう。
このまえがきを書いている現在、韓国の李明博大統領は、日本への従軍慰安婦の賠償を持ち出しつつも、北朝鮮の四月の弾道ミサイル発射予告に反応して、韓国も長距離ミサイルを用意しなくてはならないと言い出して板挟み状態である。

日本政府は、北朝鮮のミサイル撃ち落し態勢をつくるべく、石垣島や沖縄本島にも迎撃ミサイルの配備に入りつつある。また、中国とは領土問題がキナ臭くなっており、尖閣諸島の領有権を巡って、日本の実行支配を排除すべく、中国海軍によるパトロールが始まるという。

今こそ、国論をしっかり変え、国防を建て直すべき時である。』

    ---「日本武尊の国防原論」-緊迫するアジア有事に備えよ- まえがき より

さて、アジアの情勢は緊迫していますが、日本とアジアの自由を守るために、
日本の国論を変えるために、5月3日の憲法記念日の日に、
「憲法を変えて日本とアジアの自由を守る!国民集会&デモ」が開催されました。

【開催報告】★*憲法記念日5月3日(木・祝)「憲法を変えて日本とアジアの自由を守る!国民集会&デモ」★*
東京・日比谷で改憲デモ「現行憲法は"刀狩憲法"」 | ザ・リバティweb - 幸福の科学出版 | 幸福の科学・幸福実現党
  

天意は我らにあり-矢内筆勝のブログ
  

はい、激しい雨のなか、2500人の人が集まったんですね。
そして、多くの方が、中国の非道、脅威を訴えておられましたね。
みなさま、ほんと、お疲れさまでした・・。

さて、中国の脅威に備えるためには、自主防衛強化は必須ですが、
自主防衛強化をしても、自衛隊の足枷になっている憲法を変えなければ、
完全な防衛強化には成り得ませんね。

戦後、70年近くの間、日本は、占領下で制定された、
憲法9条を後生大事に守り、「戦争放棄」で平和が守れると信じてきましたが、
いくら、日本が、戦争放棄を宣言していても、
そんなの、中国や北朝鮮には関わりのないことですよね。

むしろ、この憲法があるから、余計に、中国や北朝鮮から舐められるんですよね。
だって、日本からは、絶対に、攻撃されないと分かっていますからね。
日本は、相手に攻撃されてからでないと動けないんですね。
それが、専守防衛の意味ですよね。

あっ、日本と同じく、アメリカと同盟を結んでいる韓国も、
日本より、領土も狭く、経済規模も小さい韓国でさえも、
自分の国を自分で守るために、先制攻撃を計画していますよね。
北朝鮮核に備え、先制攻撃の計画策定 韓国紙 - MSN産経

日本の今の憲法では、先制攻撃はできません。
だから、自国に侵攻される前に、ミサイルなんかが飛んできて、
その最初の攻撃が、致命傷になったら、もう、お手上げ、白旗です。
日本において、自主防衛強化をするには、憲法改正が、セットでなければなりませんよね・・。

現在の日本にふさわしい憲法を 2011.5/3記事。
憲法九条は、他の国が平和を愛していることが前提 2010.11/22記事。
憲法九条の問題点-嘘の多い憲法九条 2010.5/3記事。
憲法九条の思想は占領軍の植民地思想 2010.3/24記事。

あっ、憲法改正と言えば、同盟国のアメリカからも、
日本の憲法を変えたほうがいいという声が上がり始めましたね・・。

「憲法9条、日本の対外関与を束縛」 米研究機関 - MSN産経
【ワシントン=古森義久】米国の大手安全保障研究機関「プロジェクト2049研究所」は2日、日本の対外政策についての研究報告を公表し、日本の対外関与は憲法第9条によって束縛されているという見解を明示した。米側が日本の憲法をここまで否定的に位置づけることは珍しく、新たな潮流の始まりとも受け取れる。

 同研究所は米国の安全保障や外交を専門に研究する有力シンクタンクで、同報告は「日本のグローバルな関与」と題された。作成の主体はブッシュ前政権の国務次官補代理として対日政策にもかかわったランディ・シュライバー氏ら数人の専門家。
 同報告は日本の自衛隊海外派遣や政府開発援助(ODA)など国際的な寄与や関与の具体例を示し、日本の対外活動はなお拡大しているとの結論を明確にした。しかし同報告は日本のその種の対外関与への障害となる課題としてまず第一に憲法第9条をあげた。

 同報告は憲法9条が戦争行動を禁じ、国際紛争を解決する手段としての武力の行使の放棄をうたっていることを指摘したうえで、「同憲法は日本が武装戦力を自衛隊という名称で保持することを認めているが、その一方、9条は日本の国家防衛や安全保障の範囲を制限し、日本が対外的に参加できる安全保障の関与を束縛している」と断言した。
 最近の米側では日本の憲法に由来する集団的自衛権の行使の禁止が日米同盟の強化への障害になるという意見が広まっているが、憲法自体を日本自身にとっての束縛として、暗にその改正を正面から求めるということはきわめて珍しい。


はい、皮肉なものですね。
日本の今の憲法は、占領下で制定されたものなので、
マッカーサー憲法とも呼ばれていますが、
この憲法に関わったアメリカの、大手安全保障研究機関が、
憲法9条が、日本の対外関与を束縛していると言い出しましたね。

はい、憲法9条は、日本の足枷にもなっていますが、財政赤字を抱え、
軍事費削減を進めるアメリカにとっても、今や、足枷になっているんですね。

あっ、そう言えば、マッカーサーさん自身も、日本国民が、
「憲法を変えたほうがいい」と判断すれば、憲法は変えられるし、
アメリカやドイツでも、憲法改正はしていると言われていましたね・・。
『「マッカーサー憲法」成立の真相・「硬性憲法」だから憲法改正ができなかったのか?』 2010.6/5記事内。

まあ、戦後まもなくならいざしらず、世界第2位、3位の経済大国になっていながら、
主権国家として、国防を、同盟国のアメリカに委ねたままということ自体が異様ですね。
アメリカは、そろそろ、日本の自立を願っているのではないでしょうかね・・。
HRPニュースファイル256]日米両政府、日米共同文書を発表――アメリカの真意は「日本の自立にあり」

そして、アメリカとともに、アジアを守れる国になって欲しいと、
そう、思われているのではないでしょうかね。
まあ、通常、自分の国は自分で守るというのは常識だし、いつまでも、
アメリカにおんぶにだっこでは、日本は、未来永劫、半主権国家のままですよね。

そろそろ、気概を取り戻して、しっかり、憲法を改正し、
そして、当たり前のように、国防を考える国になっていただきたいものですね。

日本は、もともと、アメリカにしか負けたことのない強い国でした。
アジアを守れるのは、アジアのリーダーにふさわしいのは日本だと思います。
中国にアジアが支配されたら、アジアから自由がなくなってしまいます。
そんな、哀しい未来は引き寄せたくないですね。

今こそ、国論をしっかり変え、国防を建て直すべき時である。

何もしなければ、行動しなければ、日本は変わりません。
変わらなければ、この国は、チベットのようになってしまいます。

一度、取られた領土を取り返すのは、至難の技です。
一度、中国に支配されたら、苦しい弾圧の未来が待っています。
チベット族数千人がデモ 弾圧に抗議、四川省 - MSN産経

全原発が停止になったら、日本の経済が沈み、国力が衰退してしまいます。
国力が衰退したら、国防も立て直せません。
経済と、外交・防衛はつながっています。
経済と、外交・防衛はつながっている 2010.9/21記事。

原発再稼動、そして、憲法改正、さらに、防衛力強化 !

日本の国論を変え、国防を立て直していただくためにも、
私たち国民がしっかり政治参加し、声を上げ続けてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
記事を読まれて、共感できる部分がありましたら、ポチッとお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
この国
☆日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 ☆

つまり、ナイフや刀も保持しちゃいけない、ってことですな。

おまわりさんだけが、国内の治安維持に対し武装するだけ。

完全丸腰憲法です。で、隣国は日本に向けて弾道ミサイルや水爆の照準を合わせている。
で、日本のサヨクも、ウイグルやチベットの虐殺には口を閉ざす始末。
この国は、一体、何なの??
2012/05/09(水) 01:19 | URL | 魚魚魚、魚を食べると。 #djblponI[ 編集]
Re: この国
魚魚魚、魚を食べると さん、いらっしゃいませ~。
からだからだからだ~ からだ~が~よく~なる~♪ 笑
あっ・・あたまあたまあたま~あたま~が~よく~なる~♪ やった・・笑

さて、この国は、一体、何なの??
と嘆かれる魚魚魚、魚を食べると さん(長い・・)
ほんと、何なのでしょうかね。

国内の治安だけ考えて、国外の脅威には備えない。
ほんと、丸腰国家です。
これぞ、島国根性、一国平和主義、平和ボケ国家です。
そして、島国根性でいるから、他国の非道には目を向けない。

まあ、国政を任されている政権、政治家自体が、
国家観なし、この国の未来への戦略なしですから、
他国のことを考える頭は、もともとないのでしょう。

この国は、今、アジアや世界の中で、漂流しています。
骨のないくらげです。
やっぱり、今、この国の政治には、一本、精神的支柱が必要ですね。
そして、多くの国民の方には、早く目覚めていただかねば・・。

くらげは、一夜にして、消えることもあるそうです。
この国が、くらげと同じような末路を辿らないことを、ただただ、願うばかりです。

あきらめずに、声を上げ続けてまいりましょう。v-91
ありがとうございました~。v-436
2012/05/09(水) 11:51 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示