この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

終わりの始まり ? ! 『金正日の死を、「北朝鮮を崩壊させるチャンス」と見ているアメリカ』

『アメリカも戦略は練っているでしょう。練っているはずです。その戦略の成功は、日本において、それに同調できるような政権をつくれるかどうかに懸かっています。野田さんでは、まだ、そこまでは行けないでしょう。

あとは、今度のアメリカ大統領選挙で、共和党が政権を取り返せるかどうかにも懸かっています。
まあ、ヒラリー国務長官が、今、中国に対して強硬姿勢に出ているのは、「民主党でもやれる」というところを見せようとしているのでしょう。
ちなみに、アメリカでは、民主党政権のときのほうが、戦争はよく起きるのです。

だから、どうなるかは分かりませんよ。オバマ大統領も、意外に戦争を起こすかもしれません。
キューバ危機のときのケネディは、民主党です。第二次大戦のときのルーズベルトも、 民主党です。このように、アメリカでは、意外にも民主党政権のときに、戦争や紛争が起きるのです。

「戦争はしない」と言いつつ、結局、戦争をするわけです。我慢を重ね、とうとう耐えられなくなると、アメリカ的なところが出てきて、ジャイアンのようになるのです。我慢していた部分がでてくるわけですね。』

    -2011年12月20日 金正恩守護霊の霊言後の大川総裁の総括
    ---「北朝鮮-終わりの始まり-」第2章 北朝鮮の後継者・金正恩の野望 より

65bafb33709547c99bf6598d56a4d1cf_20120118231419.jpg

ご訪問ありがとうございます。
早いもので今日はもう3月23日。
いつのまにか、お彼岸も最終日、彼岸明けですね。

暑さ寒さも彼岸までと、昔から言われていますが、
お彼岸が過ぎると、暖かくなって来るんですよね。(大きく期待 !)
あっ、そう言えば、昨日、外に出たとき、なんとなく、
頬に当たる風がやわらかく感じたんですよね。
あはっ、やっと、春が来たのかな・・って感じですよね・・。

とかなんとか言いながら、まだまだ、こたつから離れられない今日この頃です。
そして、我が家の老犬らぶも、相変わらず、こたつのなかで眠りこけております。
はい。

さて、余談はこれぐらいにして、今日は書籍のご案内から。
はい、続々と公開霊言が収録されて、矢継ぎ早に書籍が発刊されていますが、
21日に、中国の革命の父、孫文さんの霊言書籍が発刊されましたね。

孫文のスピリチュアル・メッセージ | 幸福の科学出版

H0348.jpg

『今の中華人民共和国(北京政府)と中華民国(台湾)の関係や、その未来を読み解くためには、「国父」といわれた孫文の思想に戻って再出発すべきだ。これは日中関係を正しく理解し、平和な未来を構築するためにも重要である。
孫文は、日本の明治維新をモデルとしつつ、「三民主義」を基本に、民主主義的で神の下に平等な国家の建設を目指していた。
私は1911年の『辛亥革命』で、日本人が孫文を応援し、中国の近代化に貢献したことを誇りに思う。本当の意味で正しい真理を共有し、日中両国が友人となれることを願ってやまない。』

 -「孫文のスピリチュアル・メッセージ」-革命の父が語る中国民主化の理想-まえがき より



はい、孫文さんと言えば、日本との関わりが強い方なんですよね。
そんな孫文さんが語られる日本と中国と台湾。
あっ、孫文さんって、霊格が高い方だったんですよね。
ぜひ、ご購読くださいませ。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
何かとお騒がせの北朝鮮ですが、また、ミサイルを発射するみたいですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
北朝鮮、「地球観測衛星」の打ち上げ予告 長距離弾道ミサイルか - MSN産経

北ミサイル発射予告 金正恩氏「核を活用せよ」と側近に指示 - MSN産経
【ソウル=加藤達也】4月に事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験を行うと発表した北朝鮮の新指導者、金正恩氏が側近らに「核の積極活用」を指示していたことが分かった。権力層に近い複数の関係者が明らかにしたもので、米朝合意の一方で、ミサイル発射実験を強行しようとする北朝鮮新体制の内実をうかがわせる証言といえそうだ。

 韓国当局は、金日成主席の生誕100年(4月15日)に合わせてミサイル発射などを行う「可能性が高い」と予測していたが、今後もこの種の恫喝(どうかつ)が続くとみて監視を強めている。

 「金正恩大将は『(金正日)総書記の革命遺産である核をもっと活用しよう』とおっしゃっている。われわれは核の活用にもっと積極的でなくてはならない」。北朝鮮指導層に人脈を持つ消息筋によると、今年に入り複数の朝鮮労働党高級幹部がこう話したという。

 朝鮮人民軍の内実に詳しい別の関係者は、正恩氏が「われわれは核を持っている。食糧は南(韓国)に献上させろ」と側近に指示したと、高級幹部から聞いたという。関係者は現在の正恩政権について、外交部門に人材を集中させて対米、対日、対韓交渉を進めようとするグループと、「核・ミサイル」を背景にした強硬政策で対外的に優位に立とうとする勢力が拮抗(きっこう)していると指摘した。
(一部転載)

【追跡~ソウル発】「核を積極的に使え」 金正恩氏「お言葉」の波紋 - MSN産経
【北ミサイル予告】核弾頭配備実現が目的 米専門家分析 - MSN産経

はい、北朝鮮がまた、長距離弾道ミサイルの発射実験をするようですね。
まあ、表向きには、「地球観測衛星」の打ち上げ予告となっているようですが、
その裏で、金正恩氏は、「核の積極活用」を指示しているようなので、
これは、「核実験」の可能性100%と見ていいのではないでしょうか。

北朝鮮は、「地球観測衛星」と言ってますが、宇宙ロケットの技術が、
核弾頭を、敵国へと送り込む大陸間弾道ミサイルに、そのまま転用できるんですね。
これは、幸福実現党政調会長の黒川さんも、ブログに記載されていましたね。
北朝鮮、4/15前後に長距離離弾道ミサイル発射か-黒川白雲公式サイト

さて、北朝鮮は、少し前に、アメリカに、食糧支援をねだっていましたよね。
米朝協議終了 支援食糧の監視体制で大筋合意 開始時期は決まらず - MSN産経

そして、米朝協議も終了して、米朝合意にこぎつけていたのに、
その合意直後に、このミサイル発射予告。
北ミサイル発射予告 米朝合意直後、正恩体制初の“勝負” - MSN産経
ミサイル発射なら米朝合意「破棄につながる」 米国務省報道官が警告 - MSN産経

北朝鮮は、もともと、訳の分からない国でしたが、
ここにきて、更に酷くなったようですが、金正恩氏の頭のなかが、
無茶苦茶になっているのか、金正恩体制がきっちり固まっていないので、
いろんなところから、いろんな意見が飛び交って、おかしくなっているのか。
いったい、どっちなのでしょうかね。
ミサイル発射は北朝鮮内部崩壊の序章-黒川白雲公式サイト

それにしても、他国に食糧支援をしてもらわなければならないような状況で、
核開発や核実験をし、更に、祝賀に多額の浪費をする北朝鮮。
【北ミサイル予告】開発・実験700億円=コメ141万トン分 北の浪費、祝賀に1670億円 - MSN産経

北朝鮮という国は、ほんと、早くなんとかしなければ、
近隣諸国も迷惑ですが、国民の方も、ほんとに、可愛そうですよね。
国民は飢えているのに、核実験なんて、ほんと、許せませんよね・・。

『オバマ大統領も、ノヘー゛ル平和賞をすでにもらったので、「もう、いいだろう」ということで、戦争を起こすかもしれませんね。

彼は、意外に戦争にも強い感じがします。引くように見せながら、順番に片付けていますからね。それで今、「イラクが終わった」と言ってる以上、次の問題に取り掛かるつもりでいるのでしょう。一つひとつ片付けていっている気がするのです。

おそらく、ここ最近、「イラクと北朝鮮のどちらを先にするか」という優先順位を決めかねていたと思いますが、今回の金正日の死で、北朝鮮のほうに優先順位が移動する可能性が高まりましたね。アメリカは、これをチャンスと見ているでしょう。

チャンスですね。潰すなら北朝鮮です。ここは、お金をかなり惜しみつつ、潰せる可能性があります。金正恩を狙うか、あるいは、核施設を一気に叩くか、どちらかでしょうね。

したがって、今、CIA系は内部情報を集め、「金正恩を殺害した場合、北朝鮮は核ミサイルを撃てなくなるかどうか。あるいは、軍部だけでも撃てるか」というあたりのところを確認しているはずだと思います。
-中略
可能であれば、2012年、一気に実行すると思います。核兵器を取り除かないかぎり脅威は消えないので、ここを取り除きに入るでしょう。
オバマさんは、「イランと北朝鮮の両方を同時に片付けることは予算的にできないので、どちらを先に片付けるか」ということで迷っていたでしょうが、金正日の死で、予算的には北朝鮮の優先順位が上がったと見てよいと思います。』

    -2011年12月20日 金正恩守護霊の霊言後の大川総裁の総括
    ---「北朝鮮-終わりの始まり-」第2章 北朝鮮の後継者・金正恩の野望 より

さて、今日は、「北朝鮮-終わりの始まり-」のなかから、
『金正日の死を、「北朝鮮を崩壊させるチャンス」と見ているアメリカ』
というテーマを選んでみました。

はい、金正日氏が、昨年12月19日に死去したと、
北朝鮮が発表しましたが、その直後に、大川総裁は、
金正日の霊言と、金正恩守護霊の霊言を収録されましたが、
霊言収録当時は、ほんと、びっくりしましたよね。
そう、金正恩氏が、父の金正日氏を殺したと言われていたんですよね。

はい、今日のテーマは、そんな恐ろしいことを言ってた、
金正恩氏守護霊の霊言を収録したあとに、大川総裁が、
総括として語られた内容の一部ですが、金正日氏の死を、
アメリカは、「北朝鮮を崩壊させるチャンス」と見ていると、
大川総裁は言われていたんですよね。

さて、大川総裁は、アメリカは戦略を練っているはずだが、
その戦略の成功は、日本が同調できる政権をつくれるかどうか、
日本の体制にも懸かっていると言われていますね。

そして、更に、今度のアメリカ大統領選挙で、共和党が、
政権を取り戻せるかどうかにも懸かっているが、今、
ヒラリー国務長官が、中国に対して、強硬姿勢に出ているので、
「民主党でもやれる」ということを見せようとしている。
アメリカでは、民主党政権のときのほうが、戦争はよく起きると言われていますね。

だから、どうなるか分からない。
オバマ大統領も、意外に戦争を起こすかもしれないと。
そして、オバマ大統領は、意外に戦争に強い感じがすると言われています。
そう、引くように見せながら、順番に片付けているので、
「イラクが終わった」と言ってる以上、次の問題に取り掛かる、
一つひとつ片付けていっている気がすると言われています。

はい、アメリカは、民主党政権のときに、意外にも、戦争や紛争が起きているんですね。
「戦争はしない」と言いつつ、耐えられなくなると、ジャイアンに変身しちゃうんですね。
我慢を重ねるから、余計に、事が大きくなるのかもしれませんね。

あっ、大川総裁は、オバマ大統領は、「一つひとつ片付けていってる気がする」
と言われていますが、「国家社会主義への警鐘」のなかでも、
こんなことを言われていたんですよね・・。

『アメリカでは軍事削減の優先度が高く、そのため、オバマ大統領も、オサマ・ビン・ラディンだとか、カダフィだとか、相手側のトップをピンポイント的に殺していく、インディアン的な戦いをしていますね。あれは安上がりなんです。ヘッドだけを殺せば安いけど、国対国の戦いは高くつくから、ピンポイントで戦っているわけです。

イランだろうが、北朝鮮だろうが、暗殺部隊を送り込んで、ヘッドだけをピンポイント的に殺せば、安くあがるのです。そんなことをするかどうか、知りませんが、いずれにしても、軍事費削減の圧力はかかっています。』

     ---「国家社会主義への警鐘」 第3章 日本の安全保障のために より

0aecddb51ed8b089c7c43e3f134204e1.jpg

はい、大川総裁が言われているように、オバマ大統領は、
一つひとつ片付けていってるのかもしれませんね。
だから、今度は、やっぱり、北朝鮮のトップを片付けるかもしれませんね。
軍事費削減のために、安上がりのピンポイント攻撃を、またするかもしれませんね。
でも、今年は、オバマ大統領も、大統領選があるので、
もしかしたら、戦争を、ほんとに起こすかもしれませんね・・。 

不況に苦しむアメリカにとって、そろそろ戦争が欲しい時期
『今、アメリカは、国連を全然信用していないので、独自に判断して、有事を起こすと思います。
そうすると、沖縄その他の在日米軍基地の撤去運動は止まります。その意味では、アメリカにとっても有事は必要なんですよ。

司会 基地移転のための、無駄な予算も要らなくなるわけですね。

そうです。その上、武器・弾薬を消費すると製造業が活発化して、不況から脱出できるのです。アメリカは、朝鮮戦争のときにも不況から脱出しているし、世界恐慌のあとも、第二次世界大戦で不況から脱出していますから、アメリカにとっては、そろそろ戦争が欲しい時期です。

立木 そうですね。

戦争が起きれば、アメリカの景気は回復し、アメリカの倒産(財政破綻)を防げるので、今、戦争が必要なのです。
「どこであれば、最も被害が少なく、アメリカの経済が拡大して利益が多くなるか。また、世界的に賞賛を浴びることができるか」という計算に入っているはずです。

司会 北朝鮮を片付けることは、中国に対して警告を発することにもなりますね。

そうなんです。だから、習近平氏が世界戦略に乗り出す前に、中国をつまずかせる必要があります。
ということになると、2012年はチャンスでしょうね。

司会 チャンスですね。

それに、オバマ大統領や民主党の支持率も上がりますからね。

司会 そうですね。

だから、「どのようにして言い掛かりをつけるか」、それを狙っているところでしょう。
2012年は、大きく動く可能性があります。
日本の民主党政権は、またしても周章狼狽して判断ができないでしょう。そして、「パトリオットミサイルの全国配備を中止するなどして、防衛費をたくさん削ったけれども、やっぱり必要だった」とか、そんなドタバタを展開するでしょうね。

司会 日本の海上自衛隊あたりも、船を沈められる可能性があると思います。

そのくらいのことはあるかもしれませんね。
そうして、北朝鮮国内では、誰がやったかは分かっているけれども、外国には「証拠がない」と言うのでしょう。"無印の魚雷"や"無印のミサイル"を撃てばよいわけですが(笑)、「北朝鮮」と書かずに撃たないといけないですね。
「2012年は動く」と見ました。』

    -2011年12月20日 金正恩守護霊霊言収録後の総括
    ---「北朝鮮-終わりの始まり-」第2章 北朝鮮の後継者・金正恩の野望 より

はい、次に、『不況に苦しむアメリカにとって、そろそろ戦争が欲しい時期』
というテーマを選んでみました。

はい、アメリカは、今、財政赤字のために、軍事費削減をしていますが、
実は、不況に苦しむアメリカにとっては、そろそろ、戦争が欲しい時期だと言われていますね。

はい、戦争をしたら、武器・弾薬を消費するので、製造業が活発化して、不況から脱出できる。
朝鮮戦争のときにも不況から脱出しているし、世界恐慌のあとも、
第二次世界大戦で不況から脱出しているから、だから、
アメリカにとっては、そろそろ戦争が欲しい時期だと言われています。

でも、その戦争も、どこでもいいと言う訳ではないんですね。
「どこであれば、最も被害が少なく、アメリカの経済が拡大して利益が多くなるか。また、世界的に賞賛を浴びることができるか」
はい、そういう計算に入っているはずだと大川総裁は言われていますね。

いや~、アメリカの民主党は、「戦争はしない」と、我慢を重ね、
普段、耐えているので、我慢の限界に来ると、ジャイアンに変身すると、
大川総裁は言われていますが、加えて、不況から脱するために、
オバマ大統領の支持率を上げるためにも、そして、
中国をつまずかせるためにも、戦争を起こす可能性があると。
そして、2012年は、大きく動く可能性があると言われています。

はい、「2012年は動く」と見られたんですね。
でも、動くのは、アメリカだけでしょうかね・・。

2012年は、日本にとって「地獄の年」になる?
金正恩守護霊 まあ、2012年は、日本にとって地獄の年になるから、よく心掛けるようにね。日本から、難民がたくさん来るような気がしてしょうがない。「それを、どうやって沿岸で食い止めるか」ということで、今、私の頭はいっぱいなんだよ。 
立木 それは逆ではないですか。朝鮮半島が混乱し、日本にどんどん難民が来ると思います。
司会 少なくとも、北朝鮮には逃げないですよ。

金正恩守護霊 いやあ、地上の楽園ですからね。
里村 そんなことは誰も信じていません。それを信じる人がいたのは、もう四十年以上前のことです。
-中略
金正恩守護霊 しかし、2012年は、日本にとって、「最期の年」だからね。もう日本国の最期だ。
司会 それは、あなたが決める問題ではない。
立木 あなたが勝手に言っているだけです。

金正恩守護霊 野田が、最後の総理大臣だ。天皇も総理大臣も、来年で、もう最後になるかもしれない。
司会 あなたは予言者ではないんですから・・・。

金正恩守護霊 マヤと日本は一緒なんだよ。もう最期の年を迎えるからさ。
司会 ただ、あなたも、「そろそろ自分の最期の年が来ているな」と考えたほうがいいですよ。
立木 最期になるのは、北朝鮮のほうが早いのではないですか。国民の不満がたくさんたまっているので、もうすぐ、体制変更を迫られると思います。

金正恩守護霊 核兵器まで持ってたら、簡単には、やられないよ。

  -2011年12月20日 金正恩守護霊の霊言
  ---「北朝鮮-終わりの始まり-」第2章 北朝鮮の後継者・金正恩の野望 より

はい、2012年は大きく動く。
大川総裁は、そう言われていましたが、金正恩守護霊も、
2012年は、日本にとって地獄の年になる。
日本にとって、「最期の年」になると言ってますね。
そして、北朝鮮は、核兵器を持っていたら、簡単にやられないとも・・。

昨年、金正恩氏は、父殺しの大罪を犯し、その後継者になりましたが、
2012年は、日本にとって、「最期の年」になると言われていたんですね。

でも、大川総裁は、アメリカは、北朝鮮を片付けると、以前から言われていたんですよね。
金独裁政権除去が米国の本音?『アメリカは2013年までに北朝鮮問題を片付けるだろう』 2011.12/23記事。

さて、日本と北朝鮮。
どちらが「最期の年」になるのでしょうか・・。

日本の民主党政権は、またしても周章狼狽して判断ができない

はい、大川総裁は、アメリカは戦略を練ってるはずだと言われていましたが、
果たして、日本は、日本の民主党政権は、北朝鮮という国に対して、
今まで、しっかりと、戦略を練っていたのでしょうか。

そして、北朝鮮だけでなく、北朝鮮と同じように、日本に、
核ミサイルの照準を合わせている中国に対して、しっかりと、
戦略を練っていたのでしょうか。
ほんと、それを考えると心許無いですよね・・。

さて、北朝鮮のミサイル発射予告を受けて、田中防衛相は、
最初に、ミサイルの迎撃検討を明言されましたが、
その明言後、また、自分の言葉を修正して、日本の対応が、
まだ、固まってないことを自ら暴露していましたね。
これは、明言ではなく、またもや迷言ですよね・・。

【参院予算委】田中防衛相、迎撃検討を明言 北ミサイル発射 玄葉氏は「断言は不適切」と修正 - MSN産経
田中直紀防衛相は19日の参院予算委員会で、北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射実験とみられる「衛星」打ち上げを予告したことについて「防衛相としては自衛隊法に基づき、首相の承認を得た上で弾道ミサイル等破壊措置を命ずることを考えている」と述べ、迎撃しての破壊を検討していることを明言した。

 ただ、田中氏はその後「この事態が現実のものになるかを今調査している」と述べ、答弁を修正。玄葉光一郎外相も「(ミサイルが)沖縄などの南西諸島上空を通過する可能性は排除されないが、現時点で何かこうするとはっきり断言するのは適切ではない」と田中氏の答弁を修正した。

 玄葉氏はさらに「防衛相は考えているところがあるだろうが、内閣として判断していく」と述べ、迷走する田中氏の“素人判断”を牽制(けんせい)した。


おまけに、その田中防衛相の迷言に対して、「断言は不適切」と、
迷走する田中防衛相の"素人判断"を、玄葉外相が牽制したと言われてますが、
迷走しているのは、民主党政権そのものではないでしょうかね。

そして、更に、その後、破壊措置命令を発令し、PAC3の配備、
イージス艦の展開を検討しているとの報道もありましたね。
なんとか、日本の領土・領海の被害は食い止めていただきたいものですね・・。

【北ミサイル予告】田中防衛相、月内にも破壊措置命令 イージス艦展開も - MSN産経
【北ミサイル予告】イージス艦3隻展開 首都防衛で日本海にも 迎撃態勢全容 - MSN産経
[HRPニュースファイル218]北朝鮮ミサイル日本上空を通過か――PAC3、イージス艦で迎撃は可能か?

民主党政権は、中国の脅威や北朝鮮の脅威に鈍感で、
今まで、国防・安全保障に対しては、本腰を入れて取り組んでいません。
その証拠に、素人を、2人続けて、防衛相に任命しています。

アジアやオセアニア地域では、中国の軍事的脅威、
北朝鮮の核ミサイルの脅威に備えて、明らかに、軍拡を進めています。
でも、そんなアジアのなかで、日本は、防衛費を削り続けています。
アジア・オセアニア地域の軍拡鮮明に、中国の武器輸出急増 - MSN産経

その上、今、野田首相は、「不退転の決意」で、民意を問うこともなく、
消費税増税に熱中し、国内どころか、民主党内すら、混乱させてる有様です。
消費税議論混迷 「解散」と「小沢氏」めぐり、首相と輿石氏の間で路線対立 - MSN産経

本来、政治家の役割は、国民の生命・安全・財産を守ることです。
そのために、国民の代表で、政治を任されています。
でも、民主党政権に、ほんとに国民が守れるのでしょうか。
党内もまとめられない政権が、国を守れるのでしょうか。
はぁ・・。
守ってもらえる気がしませんよね・・。 

大川総裁は、「民主党政権が国難を呼ぶ」と、政権誕生前から警告されていました。
民主党政権が誕生したら、経済、外交、国防の危機が来ると警告されていました。
そして、その警告が、ことごとく的中しています。

大川総裁は、ずっと、日本の危機を回避するために警告を発しておられます。
いえ、日本だけでなく、アジア、世界の平和のために、人類の幸福のために、
命を顧みず、正論を発し続けておられます。

冒頭でご紹介した、「孫文のスピリチュアル・メッセージ」を読まれたら、
中国の次期国家主席になる習近平氏が、大川総裁を、幸福の科学を、
幸福実現党を、どのような目で見られているのかがよく分かります。

大川総裁は、以前から、中国で、書籍を発刊されていましたが、
中国を取り巻く諸国にも、真理を広め、自由の思想を広められています。
大川総裁は、中国に思想戦を挑まれ、中国包囲網を布かれています。
中国の覇権主義を止めるために、自由のない世界を広げないために、
将来を見据えて、あらゆる手段を講じて、活動されています。

でも、そんな大川総裁の活動は、大川総裁の警告は、
日本のマスコミは見て見ぬふりし、一切報じようとしません。
多くのマスコミが、この警告を真摯に受け止め、日本のために、
この国を守るために、一斉に報道すれば、この国の世論は変わります。
でも、今の日本のマスコミに、それを期待しても、まだまだ、無理でしょう。

だから、声を上げる人が増えて欲しいのです。
一人でも多くの方が、一人でも多くの方にお伝えしていただきたい。

アメリカは、北朝鮮を崩壊させるために、戦略を練っていると言われています。
でも、同盟国である日本は、まだまだ、平和ボケのなかにいます。

こんな残虐な独裁者が支配する国は、さっさと潰していただきたい。
独裁者に支配され、飢餓に苦しむ人々を早く救って欲しい。
アメリカが、北朝鮮を崩壊させてくれることを切に願っています。
残虐…迫撃砲で公開処刑 金正恩氏指示で粛清か「髪の毛1本も残すな」 - MSN産経

金正恩守護霊は、「2012年が日本の最期の年になる」と嘯いていましたが、
2012年は、北朝鮮の終わりの始まりの年になって欲しい。
日本の自衛隊、頑張っていただきたいですね・・。

さて、北朝鮮は、もしかしたら、アメリカが崩壊させてくれるかもしれません。
でも、中国に対して、アメリカが、積極的に対峙してくれるかどうか。
それは、甚だ疑問ですよね。

今、日本は、アメリカと同盟を結んでいるうちに、
自主防衛強化をしないと、ほんとうに悲惨な未来が待っています。
平和ボケのまま眠っていたら、ほんとに、最後の審判が下される日が来ます。

私は、そんな未来を見たくありません。
人間が人間を支配する国家社会主義国に、支配されたくありません。
核ミサイルで脅されて、奴隷根性で生きる国民になりたくありません。
自由を失いたくありません。
この日本を、中国の植民地にしたくありません。

そんな、惨めな未来より、日本が、侍精神を取り戻し、
中国の覇権主義を止めるくらいの国家になっていただきたい。
日本が、アジアの平和をも守れるような国になっていただきたい。
中国ではなく、日本がアジアのリーダーになれば、
きっと、アジアの平和は守っていけるのではないでしょうか。

幸福実現党を支持してくださる方が増えることを祈っています。
マスコミが伝えない真実を、広めてくださる方が増えることを願っています。
この国を守り抜くために、アジアの平和を守るために、
この日本が、サムライ国家に戻ることを心から願っています。

自分の国は自分で守る !
そんな、当たり前の国にするために、共に、声を上げてまいりましょう。
マスコミにつくられた世論ではなく、私たち国民の、
ほんとうの世論をつくってまいりましょう。

この戦いは、情報戦、思想戦です。
言葉が武器です。
どんな形でもいいから、とにかく、自分の出来ることをしてまいりましょう。
今、目の前にある危機を、お伝えしてまいりましょう。
平和ボケで眠り続けている人を、起こしてまいりましょう。

この国の堕落した政治を変え、気概ある国家に戻っていただくために、
あきらめず、共に、声を上げ続けてまいりましょう。 
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
記事を読まれて、共感できる部分がありましたら、ポチッとお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示