この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

赤字経営を続ける日本政府は、一度潰せば?『急速な増税による「景気の失速」を恐れよ』 

『民主党政権が長く続くとどうなるか、少し疑問なところはありますが、基本的に、日本は対外的には債権国であり続けているので、「変なこと」をしなければ大丈夫です。
その「変なこと」の一つが、急速な増税です。急速な増税を行って、景気を失速させるとよくありませんが、民間のほうが、成長し、発展し、繁栄し続けているかぎり、政府などいくら潰れても構わないのです。

むしろ、潰れたほうがよいくらいです。一度、潰れなければ、新たにつくり直すことができません。政府が肥大化したまま、現状をそのまま維持しながら生き延びようとしているために、赤字が止まらないのです。

ただ、政府の赤字が、実は、「民主主義の防波堤」になっている面もあります。黒字だと、ばらまきをし始めますが、赤字をつくっておくと、ばらまきができなくなってくるところがあるのです。

人間は、借金を背負っていると、酒やパチンコをやめて、働き始めます。同じように、政府の場合も、「借金を背負っている」という意識があると、利益誘導の誘惑にかられて、ばらまきをすることができなくなってくるのです。この国の国民性を見るかぎり、借金を持っていたほうがよいのかもしれません。』

    -2010年6月22日 説法
    ---「未来への国家戦略」 第4章 国家社会主義への警告 より

H0286.jpg

ご訪問ありがとうございます。
ちょっとごぶさたしてしまいました。
毎日、記事を書き進めているのですが、いつもの如く、
なかなか、最後まで書ききれませんでした~。

あっ、記事を書き進めていたと言えば、昨夜、
過去記事のなかで、ちょっと確認したいことがあったので、
Googleでブログタイトルとサブタイトルを少し入れて検索したんですよね。
そしたら、なんと、まったく知らない人のブログ記事に、
自分のブログタイトルを見つけてびっくりしてしました。

人気ブログランキング 掟破りの恥ずかし技投入!
すみません、いくらなんでもこれはないんじゃないでしょうか(泣) 
我が心のライバル、幸福実〇党支持者の「この国を守り抜け!」に再逆転を許してしまいました(涙)。


いや~、あえて、ブログ名は記載しませんが、私同様、
人気ブログランキングに登録されている方のブログのようで、
密かに、私のブログをライバルだと思われていたみたいなんですね。

記事を読んでみると、大学教授他の肩書きを持つ方のようで、
幸福実現党支持者の私に負けるのが、よほどくやしいご様子。
そのくやしさのあまりに、掟破りの恥かし技投入ということで、
ひたすら、ランキングポチを読者にお願いされていました。
教え子の方たちには、脅し文句もつけて・・。

そして、その恥かし技を投入した甲斐あってか、
今や、人気ブログランキングでは上位に昇られているんですね。
おめでとうございます~。

あはっ、でも、知らないところで私は踏み台にされていたんですね。
まあ、我が心のライバルと言われた私のブログは、
ずっと、同じようなところでウロウロしていますがね・・。

そうそう、昨年の9月くらいに、読者の方から、
記事の長さを半分にして、ランキングを上げよとのご指摘を受けて、
とっても素直な私は、その意向に沿えるように、しばらく努力したのですが、
やはり、それでは、自分の個性を殺してしまうし、ランキングのために、
記事を書くのは、苦しみに繋がるので、その方向では進めなかったんですよね。
(素直なのか頑固なのか・・どっちやねん。笑)

ということで、人様と競うことが苦手な私は、マイペースで、
とにかく、継続することに重きをおいています。(言い訳か?)
そして、頻繁に記事の更新ができないので、ほんとは、
応援ポチを押していただくのも申し訳なく思っています。(これはほんと。)

はい、私は、掟破りの恥かし技は投入しませんが、
記事を読まれて、共感できる部分があれば、たまには、応援ポチしてくださいませ。
(やっぱり、応援ポチして欲しいのかよ~! とのお声が~。)
はい、たまにポチしていただければ励みになります。

さて、余談はこれぐらいにして、少しニュースを見てみます。
民主党の三代目の首相は、やっぱり、最凶首相のようですね・・。

たまには、応援ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
【G20】野田首相、消費税増税を国際公約 高まる財政再建圧力 - MSN産経
【G20】野田首相、消費税増税法案成立前の衆院解散否定 信問うのは成立後 - MSN産経
【カンヌ=加納宏幸】野田佳彦首相は3日夜(日本時間4日朝)、自民、公明両党が消費税増税の関連法案提出前の衆院解散を求めていることに対し、「法案が通った後、実施の前に信を問うやり方にしていきたい」と語り、法案成立前の解散を否定した。カンヌ市内のホテルで同行記者団に答えた。
 首相はこれに先立つ20カ国・地域(G20)首脳会議の全体会合で、消費税を「2010年代半ばまでに段階的に10%に引き上げる」と説明。来年の通常国会に関連法案を提出する考えも各国に伝えた。
(一部転載)

野田おかしい!“消費増税”法案を通す前に信を問え! - 政治・社会 - ZAKZAK
野田佳彦首相は3日夜(日本時間4日早朝)、フランスのカンヌで同行記者団と懇談し、20カ国・地域(G20)首脳会合で「2010年代半ばまでに段階的に10%に引き上げる」方針を説明した消費税に関して「国民に信を問うなら法案が通って(増税)実施前になる」と述べ、税率引き上げ時期を明示した法案を成立させた後に、衆院選挙などで国民の判断をあおぐとの認識を示した。(共同)

はい、ここのところ、増税反対の記事ばかり書いているので、
そろそろ、国防・中国問題を書きたくて、ウズウズしているのですが、
野田首相の発言のニュースを見たら、中国に侵略される前に、
日本政府によって、この国が潰されてしまうのではないか。
そんなふうに感じたので、今回も、増税反対の記事にしちゃいました。

増税だけは、なんとしても止めていただきたい。
国民も苦しむけど、日本の経済が沈んだら国力も衰退する。
そんなことになったら、この国を守り抜くことができなくなりますからね・・。

さて、野田首相は、以前から、消費税増税を、国際公約する方針でしたが、
その国際公約をしただけではなく、また、トンでも発言をされていましたね。

「法案が通った後、実施の前に信を問うやり方にしていきたい」と語り、
法案成立前の解散を否定した。


野田首相は、海外の記者団の前で、消費税の税率引き上げの関連法案を通した後、
消費増税実施前に、国民に信を問うやり方にしたいと語られ、
法案成立前の解散を否定されたんですね。

はっきり言って、野田首相は、大バカ?大アホ?
法案を成立させ、消費増税実施前に国民に信を問うって、
一体、何の信を問うのでしょうかね。
あ~ほ~ !

というより、実施前には、もう、野田首相は、いないかもしれませんよね。
その上、民主党政権もなくなっているかもしれませんね。
野田首相にとっては、国民より、財務官僚のほうが大事なんですね。

「国民の生活が第一」「4年間は消費税を上げない」
と言って政権を取っておきながら、いざ、政権を取ったら、
公約違反を繰り返し、国民の声を無視して、
訳の分からない法案を強行採決する民主党政権。
日本は、いつから、独裁国家になったのでしょうかね・・。

さて、野田首相の国際公約、記者団前の発言について、
藤村官房長官も、有り得ない発言をされていましたよね・・。

消費増税は既定方針 野田首相発言で官房長官「実施前に信を問う」 - MSN産経
藤村修官房長官は4日午前の記者会見で、野田佳彦首相が消費税率引き上げの是非について国民に衆院選で判断をあおぐのは関連法案成立後と明言したのは、民主党の既定方針に沿っているとの認識を示した。「もし上げるなら実施前に信を問うとの民主党方針を受けての発言だ」と述べた。
 玄葉光一郎外相は記者会見で「法案成立と増税実施の間には期間がある。成立直後に解散しないといけないとの認識ではない」と指摘した。
 藤村氏は20カ国・地域(G20)首脳会合での消費税率引き上げ方針の表明については「新しい発言ではない。政府与党で成案を得ている内容だ」と述べた。


消費税増税は、民主党の既定方針だそうです。
ほんとに、嘘つきは泥棒の始まり。
国民のお金を貪り続ける泥棒政権は、早く、消えていただきたいですよね。

さて、以前から告知されていた増税反対の国民集会とデモが、
5日の午後から行われたようですが、産経新聞が掲載されていましたね。

「増税NO」有識者らが反対集会 - MSN産経
政府が東日本大震災に関する復興増税や、消費増税を急ぐ流れを食い止めようと、元地方自治体首長や学識経験者が5日、東京・日比谷野外音楽堂で「増税が国を滅ぼす!国民集会」(内山優実行委員長)を開き、約1500人が「増税NO」のシュプレヒコールをあげながら都内をデモ行進した。
 集会では、野田佳彦首相に対し「行政改革を中途半端にしながら矢継ぎ早に増税案を出している」などと批判が集中した。

 首相と松下政経塾で同期だったという中川暢三元兵庫県加西市長は、「日本経済に体力のある今なら構造改革で財政健全化できる」と指摘した。幸福実現党のついき秀学党首は「増税を撤回させ、新しい日本を作ろう」と呼びかけた。
 集会には、竹原信一元鹿児島県阿久根市長らも参加した。


fnc11110519490010-n1.jpg
増税に反対するデモ行進=5日、東京都内(緑川真実撮影)

都内で増税反対集会・デモに2100人 「国民が苦しい時に増税するな」 | ザ・リバティweb - 幸福の科学出版 | 幸福の科学・幸福実現党

はい、左翼のデモは、人数が少なくてもよく報道されますが、
保守系のデモは、日本のマスコミは、ほぼ報道されませんよね。
そんななかで、産経新聞は、よく報道してくれましたよね。

おまけに今回は、「増税反対」のデモですからね。
「消費税を増税されても、新聞社は軽減される」と、
民主党と新聞社の間で密約が交わされているはずなんですが、
産経新聞は、そんなことお構いなしで、増税反対の記事を書かれていますよね。
日本の新聞社のなかでは、やっぱり、産経新聞が一番信頼できますよね。
まあ、たまに、変な記事もありますが・・。笑

あっ、産経新聞と言えば、幸福実現党が、また、
産経新聞に意見広告を、全面で出されたみたいですね。

11/5(土)産経新聞全面に「増税反対」の意見広告が掲載されました
野田首相が「復興増税法案」の早期実現を目指し、消費税10%を国際公約した今、幸福実現党は本日(11/5)の産経新聞(全国版)に、「『増税』で痛みを受けるのは、国会の中で審議をしている人々ではなく、この紙面を見ている『あなた』なのです。」と題した、増税反対の全面意見広告を掲載いたしました。

幸福実現党が「増税に反対する理由」として、「政治判断で、増税によらない財源捻出は可能である」「復興に必要なのは、増税ではなく景気回復である」ことを訴える内容となっております。

034b38fca1223b0e3ea41910df66e2ac.jpg

全面広告ダウンロード

11月5日産経新聞 意見広告PDFデータ

『増税』で痛みを受けるのは、国会の中で審議をしている人々ではなく、
この紙面を見ている『わたしたち国民』ですね・・。

さて、有識者らが集った国民集会とデモに、幸福実現党も参加されていたんですよね・・。

「増税が国を滅ぼす!国民集会」に協賛参加しました!

<ついき秀学党首による挨拶 要旨>
復興増税の額を上回る12兆円もの円高介入を行った財務省ですが、
その介入の原資もまた国民からの借金です。
野田首相以下、政府は
「借金を増やして将来にツケを回してはいけない。だから増税するのだ」と言いながら、
その一方で為替介入を名目にどんどん国民からの借金を増やしているという状況です。

そんなお金があるのだったら、復興増税をやめて、
それを震災復興の財源にすべきです。

日本には、世界経済を救う力があります。
今、日本がギリシャを支援すればヨーロッパの債務危機を防ぐこともできるのです。
にもかかわらず、野田首相はG20で存在感が薄い。
こんな状況ではいけません。

ですから私たちが声を上げて、この増税を撤回させ、
そして私たちが次の新しい日本の繁栄をつくり、世界にも貢献してゆく、
そのような記念すべき一日にしたいと思っております。
幸福実現党党首 ついき秀学

efcc732bb27487465d38596bc4ff6a8d.jpg
(一部転載)



どぜう = どうしても ぜいきんで うばいたい
40歳になったので、オヤジギャグをそろそろ言ってもいいだろう?
はい、立木党首もオヤジになられたみたいで、オヤジギャクを飛ばされていましたね。
男前のオヤジギャグは、許せます。はい。

さて、日本政府は、増税するすると言いながら、
中途半端な為替介入をして、相変わらず、無駄ガネを使っていますよね。
税金を、有効に使っていれば、増税なんて、する必要はないですよね。
ああ、まともな国家経営ができる日本政府になっていただきたいものです。
今のままのアホな日本政府では、ほんと、国民が苦しむばかりですよね・・。

さて、幸福実現党は、「増税が国を滅ぼす!国民集会」の協賛参加の前に、
財務省前で、役員の方たちが、連日、「増税反対」の街宣をされたんですね・・。

11/1(火) 財務省前にて役員が「増税反対」の街宣を行いました。
11/2 財務省前での街宣2日目
本日も財務省前で街宣を行いました

  

    

被災地の方が望んでいるのは復興増税ではない。
被災地の救済、復興である。
復興増税ではなく復興国債を発行し、それを日銀が買い取れば、
インフレも起きないし、日本国内に潤沢なお金が流れていく。
緊急時には、増税ではなく、復興国債を発行し、日銀が買い取ればいい。


はい、幸福実現党の役員の方々が、財務省前で、
連日、増税反対の街宣を行われていたんですね。
ほんと、既成政党と違って、幸福実現党の方々は、
正論を言い続ける気概をお持ちですよね。

あっ、そう言えば、政調会長の黒川さんは、この街宣の後、
Twitterで、財務省職員の態度に、ガッカリされていましたね。

Hakuun_Kurokawa
今日、財務省前で財務省職員に「増税反対」のチラシを差し出したら、思いっきり、チラシをはたき落とされました。国民を見下した態度に大変ガッカリしました。


はあ・・増税反対のチラシを、思いっきり、はたき落とされた財務省職員がいたんですね。
財務省の職員って、国民の税金から報酬を払っているんですよね。
なのに、国民の声には、耳を傾けられないんですね。

というか、財務省職員でなくても、はたき落すなんて、人間失格ですね。
財務省の職員って、どんだけ偉いね~ん ! という感じですよね。
まあ、すべての職員が悪い、偉いとは思いませんがね・・。

『目指すべき方向は、借金の伸び率を小さくするよりも、国民の総収入の伸び率が大きくなる方向です。そちらの方向を選んでおけば、今のところ、国が潰れる心配はないでしょう。ギリシャやハンガリー、スペインなどというような国は、比較の対象ではありません。

私は、財務官僚に騙されるほど愚かではないので、彼らの論理に、そう簡単には乗せられません。

「国が赤字国債を出すと信用がなくなる」というのであれば、国だけではなく、民間と抱き合わせで発行してもよいと思います。資金の有効投資が、まだ十分にできておらず、眠っている資金がたくさんあるので、それを、未来を発展させる方向で、有効に使っていくことが大切です。
ともかく、今、急速に増税をかけたら、本当に国が縮んでいきます。これは非常に危険です。』

    -2010年6月22日 説法
    ---「未来への国家戦略」 第4章 国家社会主義への警告 より

今日は、「未来への国家戦略」のなかから、
『急速な増税による「景気の失速」を恐れよ』というテーマを選んでみました。
大川総裁は、ずっと前から、増税には反対されていたんですよね。

さて、大川総裁は、このなかで、民主党政権が長く続くとどうなるかは、
少し疑問だが、基本的に、日本は対外的には債権国であり続けているので、
「変なこと」をしなければ大丈夫だと言われていますね。

そして、その「変なこと」の一つが、急速な増税であり、
急速な増税を行って、景気を失速させるとよくないが、
民間のほうが、成長し、発展し、繁栄し続けているかぎり、
政府などいくら潰れても構わないと言われています。
いや、むしろ、潰れたほうがよいくらいだと。

さらに、一度、潰れなければ、新たにつくり直すことができない。
政府が肥大化したまま、現状をそのまま維持しながら生き延びようとしているから、
赤字が止まらないと言われています。

ただ、政府の赤字が、実は、「民主主義の防波堤」になっている面もあり、
黒字だと、ばらまきをし始めるが、赤字をつくっておくと、
ばらまきができなくなってくるところがあるとも言われています。

さらに、人間は、借金を背負っていると、酒やパチンコをやめて、
働き始めるので、同じように、政府の場合も、「借金を背負っている」
という意識があると、利益誘導の誘惑にかられて、
ばらまきをすることができなくなってくる。
この国の国民性を見るかぎり、借金を持っていたほうがよいのかもしれないと。

だから、目指すべき方向は、借金の伸び率を小さくするよりも、
国民の総収入の伸び率が大きくなる方向であり、
そちらの方向を選んでおけば、今のところ、国が潰れる心配はない。
ギリシャやハンガリー、スペインなどというような国は、
比較の対象ではないとも言われています。

そして、大川総裁は、財務官僚に騙されるほど愚かではないので、
彼らの論理に、そう簡単には乗せられないとも言われています。

また、「国が赤字国債を出すと信用がなくなる」というのであれば、
国だけではなく、民間と抱き合わせで発行してもよい。
資金の有効投資が、まだ十分にできておらず、眠っている資金がたくさんあるので、
それを、未来を発展させる方向で、有効に使っていくことが大切であり、
ともかく、今、急速に増税をかけたら、本当に国が縮んでいく。
これは非常に危険だと結ばれていますね。

はい、
大川総裁の言われることは、ほんとによく分かります。
大川総裁は、民主党政権が長く続くと疑問だけれど、
「変なこと」しなければ、日本は大丈夫だと言われていましたが、
その民主党政権が、とうとう、その「変なこと」の一つ、
急速な増税をしようとしていますよね。

今、急速に増税をかけたら、本当に国が縮んでいきます。
これは非常に危険です。


大川総裁は、昨年の6月時点で、このように言われていたのに、
その後、日本は、大震災、原発の津波事故被害、風評被害、
大台風被害と続き、ほんとに、苦境に立たされていますよね。
なのに、今、増税をしたら・・。

大川総裁は、大震災後も、震災増税には大反対をされていたんですよね。

「震災増税」は、さらに景気を悪化させる』 2010.4/21記事。
政府がやるべきことは、財政出動です。
景気調整の方法としては、日銀を中心とする金融政策、つまり、市場に流通している資金量を調整するやり方と、もう一つは、財政出動といって、いろいろなところに政府予算を出動するやり方とがありますが、今は、この財政出動が必要なのです。

日本経済への影響について、今のところ、「今回の震災のダメージは、GDPベースで、マイナス1パーセント分ぐらいに相当する」と言われていますが、いずれそれ以上の規模に被害が拡大し、今、増税をすれば、さらにダメージが大きくなるかもしれません。不況期に増税をかけたら、もっと不況が進むのは分かっていることなのです。

「不況期に震災が来て、ここで増税をかけたらどうなるか」といえば、企業活動はさらに停滞し、消費活動も停滞して、もっと景気が悪くなっていきます。
これでは駄目なのです。もし、火事場泥棒風に、ここで増税をかけようと考えるようなら、その"悪代官"のクビをはねなければいけません。「東日本復興目的税」などと称して、たくさんの税金を取ろうとするなら、もう辞めてもらわなければいけないと思います。

  -「震災復興への道」 -日本復活の未来ビジョン- 第1章 震災復興への道 より

H7009_20110421114622.jpg

大川総裁は、いつも、日本の未来ビジョンを掲げておられます。
でも、今の民主党政権は、いえ、日本政府は、未来ビジョンもなく、
日本政府の無駄を省こうともせず、経済成長政策を考えようともせず、
大胆な公共投資もせず、雇用促進政策も講ぜず、ただただ、
国民から税金を搾り取り、財政再建、日本政府の存続のみに気を取られています。

そこには、日本国民の姿は映っていません。
一生懸命に働き、税金を納め続けている国民の苦しみは、見えていません。
そして、税金を有効に使えず、むしろ、日本政府が、
この国を、日本の国力を衰退させる方向に進んでいます。

大川総裁は、日本政府など、一度潰れたほうがいい。
そのほうが、むしろ、新しくつくり直せると言われていますが、
私も、こんな赤字経営を続ける日本政府は、肥大化した日本政府は、
一度潰して、新たに、小さい政府を、まともな政府をつくったほうが、
日本の発展、繁栄のためにいいのではないかと思います。

民間の成長を止め、民間を衰退させる日本政府。
日本政府は、むしろ、日本国民、日本の企業の足を引っ張っていますよね。

前回、「公務員の給料を税収に応じて変動させる」という記事を書いたのですが、
非公開のコメで、それは賛成だけど、そんなことが果たしてできるのか。
賢者がいないと無理だろうとの指摘をいただきました。

だから、私は、この国の政治を変えていきたければ、
まず、私たち国民が変わらなければいけない。
私たち国民の声を、政府に届けていかなければならない。
一人の国民の声は小さいかもしれないけれど、多くの国民の声が集まれば、
きっと、この国の政治は変えていけると、私は信じています。
と、その方に、非公開のコメでそう返信させていただきました。

そう、国民が、多くの国民が賢者になれば、きっと、
日本政府も、変えていけるのではないでしょうかね。

昨年から今年にかけて起こった革命、ジャスミン革命は、
チュニジアの民主化運動が幕開けでしたが、その革命が、
他の国に広がり、エジプトなどの他のアラブ諸国にも広がりました。

ネットの発信によって、多くの国の政治が、今、変わりつつあります。
そして、そこには、暴力も発生しましたが、この日本においては、
暴力ではなく、情報戦、言論戦を展開すれば、
きっと、国民の声は広がり続け、明治維新のように、
この日本の政治を、根本から変えることができるのではないか。
私は、そう信じてやみません。

政治に無関心の国民が多すぎたために、この国の政治は、
ここまで堕落し切ってしまったのではないでしょうか。
愚かな政治家を選び続けた国民が、まず、反省すべきですよね。
自分の国の政治を変えたければ、まず、私たち国民が変わりましょう。
そう、それは、私自身も含めてです。

日本政府を変えるためにも、そして、この国を守り抜くためにも、
私たち国民一人ひとりが、声を上げて、頑張ってまいりましょう。

そして、この国の政治を変えてくださる政治家を選び、
日本政府も大胆に、つくり変えていただきましょう。

そう、私たちの子どもや孫、そして、遅れてくる人々の時代に、
ほんとうの意味でのツケを残さないためにも、私たち国民が、
政治に関心を持って、行動してまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
気が向いたら、時々、応援ポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示