この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

人生を切り拓く意志の力

「意志の力というものは、かならずしも生得のもの、生まれつきのものではないのです。もちろん、生まれつき頑固な子供もいるでしょうし、気の強い子供、そういうものもいるでしょうが、しかし、そうした多少の性格の違いはあるとしても、それでけでは語れないものがあります。なぜならば、この意志というものは、鍛えていけるものだからなのです。古くから、「精神力を鍛える」という言葉で言われることがありますが、精神力と呼ばれていることのなかで、意志というのは、何か志を持ってそれを果たさんとする強い情熱です。エネルギーです。そして、この情熱とエネルギーは、
次第しだいに訓練を経て強くなっていきます。」

 -----「常勝思考」 第8章 人間の可能性 より

ご訪問ありがとうございます。
「幸福実現党サポーターズ SNS」の登録者数が、101名になりました。
待機者数をあわせると、145名だそうです。
すごいですね。日に日に増えています。
まだ登録をされていない方は、ぜひ登録をお願い致します。
私は如何にして幸福実現党党員となったか

さて、またまたびっくりのニュースです。
耳を疑った「漢方除外」国際医療福祉大学大学院黒岩教授 寄稿-MSN産経ニュース
「事業仕分け作業で漢方薬が健康保険の適用から外された」ということを聞き、「漢方薬だけを取り出して除外するというのは、いったいなにを根拠にした発想なのだろうか?」ということで、黒岩教授が憤慨されています。
私は、健康なので、薬はあまり飲みませんが、たまにどうしても調子が悪いときは、「漢方薬」を処方してもらうことがあります。胃が少し弱いため、漢方薬の方がきつくなくていいんですよね。そして、以前、医療機関でも働いていたことがあるので知っていますが、(どんだけ職歴あるねん!)お年寄りには、「漢方薬」が多く処方されるています。
いきなり、漢方薬を保険適用外にしてしまったら、今、漢方薬を飲んでおられる方は、どうなるのでしょうか。今の日本は、本当に民主主義の国といえるのでしょうか・・。

HEAVEN SCENTのKIHIRUさんの怒りも頂点に達しています。
拡散もんだわ!【漢方薬までもが・・・犠牲に!】
日本のものではなく、輸入漢方薬なら安く手に入るそうだ
ん?ということは・・・?すぐ隣の大陸しか思い浮かばない・・・
いろいろと推測してしまうではないか・・・(みなさんも自由に想像して~)


自由に想像させていただいたら、↓私もこの方向ですね。
【from Editor】「小沢訪中団」は朝貢外交か-MSN産経ニュース
12月10日から中国を訪問する民主党訪中団に約140人もの国会議員が参加する
中国の「皇帝」に隣国の「家臣」たちが大挙して拝謁するかのようで、朝貢外交のにおいさえ漂ってくる。

うーん。大勢で何をしに行くのでしょうか?これはムダ使いにはならないのでしょうか?
事業仕分けをして、多くの人を困らせて、何のために事業停止をしているのでしょうか?
ほんとに理解に苦しむことばかりです。
東京地検特捜部の人たちは、意志を強くもって、正義を守るために、「献金疑惑三兄弟」の、疑惑の徹底解明をお願いしたいものです。

さて、今日は、「人生を切り拓く意志の力」というテーマを選ばせていただきました。
精神力を鍛えてきたつもりでいた私ですが、どうも私には、この「意志の力」というものが、一番弱かったように思います。

人気ブログランキングへ
私が、幸福の科学の会員になったいきさつは、以前、「正しい道をまっしぐらに歩むことこそ、宗教者の使命」の中で綴らせていただきました。
今日は、その後の歩みを少し、綴らせていただきたいと思います。

幸福の科学に入会してから、私は、次から次へと発行される書籍を読み続けました。そして、入会後まもなく始まった、資格試験を受験し、運よく短期間で上級合格までたどりつきました。そしてその後、講師の試験に進みましたが、講師の試験には、真理問題や、論文以外に、、面接というものがあったのです。
当時私は、離婚後就職して、会社でも安定した位置につき、趣味は「仕事」と答えるぐらいに必死で仕事に打ち込んでいる時期でした。そして、その仕事と家庭の両立に悩み、おまけに仕事先の人間関係にも悩んでいた時期でした。
そんな私が面接に臨んで、一番に感じたことは、「自分が恥かしい」ということでした。
自身の人生の問題で悩んでいる私が、人に言葉を伝えさせていただく講師になれるのか、
いえ、なっていいのか、というところでつまずきました。自分の心をガラス張りにしてお見せしたとき、恥かしくないのか・・と。
私は、その時を境に、講師への道を進むのをあきらめました。
そして、まず、人様にお見せしても恥かしくない心を作ろうと決心しました。

その後、活動はできる範囲で続けていましたが、いつも総裁先生のお言葉を実践できない自分が情けなく、いつも心の中で「すみません、すみません」と謝っている自分がいました。
ところがある日、総裁先生が講義のなかで、「すみませんと謝る会員たちの声が聞こえる」と言われたことがありました。おそらく、私だけではなく、他の多くの会員の方も、謝っておられたのだと思います。
私はこの言葉をお聞きして、違った意味で「すみません」と思いました。
自身の悩みも解決できず、自身の心の統御もできない自分。その上、総裁先生にまでご迷惑をおかけしている・・。私はその時から、「すみませんと言わない自分になろう」と思い、まず自己鍛錬の道を選びました。そして、静かに群れから離れる決心をしました。

私の家族は幸福の科学一家です。ですから、ある意味、群れから離れることの方が、勇気がいりました。母は、活動をしない私を非難し、また、講師の道を進まない私に、結構きつい言葉を浴びせました。私を思って言ってくれた言葉であったと思うのですが、苦しみのなかで続けることができなかった私は、母に「幸福の科学の活動は、強制されてするものではなく、あくまで自分の意志でするものだから、親子でも、私のすることには口を出さないで、自身が「幸福です」と思って生きていないのに、伝道はできないの」と、訴えました。
(違う意味で強い意志の力がありました)

そして、その後は、家族や、社会での人間関係、そして、自身の人生の諸問題を解くことに、日々明け暮れる生活が続きました。書籍を読めない時期もありました。ただ、私の救いは、群れから離れても、総裁先生の教え、信仰という一本の綱を、離さなかったということでした。ただ、自分が苦しくて群れから離れていたのです。

この身このまま実相世界に生きる
「意志を強くすることに加えて第二番目に必要なことは、それは視点の転回です。視野の転回です。新たな物の見方です。
-中略
今、私たちは天国に住むことが許される住民であるかどうか、それを日々試されているのだと思います。たとえ、どのような厳しい環境にあろうとも、そのなかでも陽気で明るく、快活に、可能性いっぱいに生きていくことはできるはずです。そうした人生こそが、望まれているのです。
今ある境涯のなかで、無限の可能性を見出してください。無限の天地を見出してください。無限の明るさを見出してください。そのときに、すべてが解決され、すべてが幸福への誘いとなっていくでしょう。
幸福は、あるいは理想郷は、あるいはユートピアは、自分の現在の立場からはるかに離れたところにあるのではない。現在ただ今のなかにある。現在そのままのなかにある。その目の前にユートピアはひらけるものだという事実を、くり返しくり返しみなさんに申し上げておきたいと思います。」

 -----「常勝思考」 第8章 人間の可能性 より

長い間生きてきましたが、私は生活をするという以外に、自身のしたいことが分からない人間でした。娘からよく「お母さんのしたいことをして生き」と言われていましたが、自分のしたいことが何であるかもわからなくて、ただ、探し続けていました。
「あなたの夢は何?」と、人に聞かれると、私はいつも、「将来は、平静心で暮らしたい」と答えていました。漠然とした夢でした。不動心から平静心へ。ただそれだけしか願っていませんでした。

私の今までの人生は、「精神力を鍛える」ということに集中していましたが、結局、うわべだけの精神力で、一番肝心な、「意志」というものがありませんでした。
好奇心も、情熱も、人並にあったであろう私は、長い眠りのなかで、そういうものをすべて忘れてしまっていたのです。

最近、ふと、「しあわせだな・・」と思うことがあります。病気の娘のことを思うと、しあわせと思っていいのかと思うこともありますが、そんな娘が、「お母さんが外に目を向けるようになって嬉しい。なんか楽しそうやし」と、言ってくれています。目の前にある状況は、まだまだ厳しいものがありますが、ただ、やっと自分のなかで、「したいこと」を見つけたように思います。そして、それは自身の殻から抜け出して、新たな物の見方ができるようになったということではないかと思います。
長い時間を無駄に生きてきた私ですが、その無駄は、単なる無駄ではなく、このことに気付くための無駄であったように思います。

密度の濃い時間を生きる
「大きな海原には波があります。その波は、ひっきりなしに岸に押し寄せては引いていきます。波が波である理由は、押しては引き、押しては引きしながら、一向にそれ以上のことをしようとはしないところにあるでしょう。しかしながら、押し寄せてくる時間の単位のなかで、人間は確実に何かをしています。
惜しむらくは、こうした時間を湯水のごとく使ってしまい、みずからの人生に資するもの、みずからの人生を推し進めるものに対して、なんらの注意を払わない人たちがいることです。読者の多くに、私はいま訴えかけておきたいのです。みなさんは、もう一度、この時間の認識から始めていただきたいと-。
時間は貴重なものです。そして、だれもあなたから奪うことができないものなのです。
-中略
同じ時間を生きるにあたっても、そうした密度の濃い時間を生きることができるのです。みなさんは、自分に与えられた時間を、どれだけ密度の濃いものとし、どれだけ中身のあるものとするかというところに、心を砕かなければならないのです。」

         -----「仕事と愛」 第7章 時間を活かす より

私の人生は、時間との戦いでもありました。
今、自宅で仕事をしながら、両親の介護をしておりますが、介護に突入した当初は、不安で仕方がない毎日を送っておりましたが、最近は、「時間を与えられたのだ」と、思えるようになりました。時間に追われ、したいことも見つからず、ただ日々の葛藤に明け暮れている私への、大きなプレゼントだったと思います。

「意志というのは、何か志を持ってそれを果たさんとする強い情熱です。」
私は、これより後、密度の濃い時間を生き、意志の力を強くする鍛錬をし、自身の人生を、もっともっと切り拓いていきたいと思っています。
そして、「幸福です」と言い切れる方が、もっともっと増えるように、これからも総裁先生の「お言葉」を、お伝えし続けたいと思います。
人生を切り拓く意志の力を、鍛えようと決意される方が、増えることを願っています。

最後まで読んで下さって、ありがとうございます。
↓ ぜひ、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
気づき・・・
私も、いつも総裁先生にむかって、「未熟ですみません、申し訳ございません。」とお詫びしていたのです。
私は、はっぴーらぶさんのように、真剣に自分に向き合ったかと言うと、けっしてそうではない。体たらくな時間を過ごしていたかもしれない・・・。
甘えもあり、楽天的にやってきた。
そのツケはしっかり自分にかえってきている。因果の理法が身にしみてわかります。
しかし、わたしの初心はなんだったのか・・・己の弱さに決して負けることなく、器を広げていくこと。何事にも揺れない心をつくっていくこと。
そして、人々の幸せを心から願える自分になること。・・・そんな風なことを入会願書に書き、覚悟を決めたはずではなかったか?
私は、その初心を貫くために、真剣に自分を見つめてこなかったことを、
最近になって、いまさらになって、気づいたのです。
なんとか信仰への手綱は放さずこれまでやってこれたのが不思議なくらいだけど、主のあたたかいまなざしにずっと救われてきたのでしょうね。
人生、何度でもやりなおせる。命がある限りは、手綱をしっかり握り締め、今度こそ、真剣に自分というものに向き合って、仏弟子としての使命を全うするよう、努力する所存でございます。
あらためて、はっぴーらぶさんのこの記事にて、気づきを得させていただきましたことを、心より感謝いたします。ありがとうございます。

2009/11/29(日) 20:16 | URL | KIHIRU #wh/cL7vc[ 編集]
Re: 気づき・・・
KIHIRUさん、いらっしゃいませ。
> 私も、いつも総裁先生にむかって、「未熟ですみません、申し訳ございません。」とお詫びしていたのです。  
     ↑
けっこう、同じような方がおられるのではないかと思っていましたが、KIHIRUさんもそうだったんですね。
やっぱり同志ですね。人間は弱いものだと思います。そして、間違いも犯します。だから、反省することを教えていただいています。完璧な人間だったら、何度も生まれ変わってこなくてもいいんですよね。
私は、KIHIRUさんの、とっても明るい性格に惹かれました。
凄いものを持たれていると思います。
そして、人間にとって一番大切なのは信仰心です。総裁先生も、あの世に持って還れるのは、最期は信仰心だと言われています。
お互い、信仰という綱は離さず、今までこれて良かったですね。

KIHIRUさん、私の拙い文章で、何か気づいていただけたのなら、これほど嬉しいことはありません。
私も未熟者です。だから、綴りながら、いつも総裁先生のお言葉で、再度気づかせていただいています。未熟者同志、これからも本当の不動心を目指してがんばりましょうね。
ありがとうございました。
2009/11/29(日) 23:33 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
変わる時。
私も不動心を目標みたいに心揺らさずで生きてます。仕事も燃えるものがなく言われてしてる感じです。赤裸々なところ書いていただき本当に参考になりました。私も自主的に燃える明治の志士、坂の上の雲を目指す時代の青年のように(もう中年ですが)行きたいと感じました。
2009/11/30(月) 14:05 | URL | 魚屋きんちゃん #-[ 編集]
ありがとうございました。
魚屋きんちゃんさん。
いらっしゃいませ。v-411
ご贔屓にしていただきましてありがとうございます。v-436

> 私も不動心を目標みたいに心揺らさずで生きてます。
    ↑ すごいですね。同志がいっぱい。嬉しいです。

赤裸々なところ書いていただき本当に参考になりました。
    ↑ 本音で綴ってしまうから、引かれるかたもいるとおもうけど、共感していただい    たら、 心をさらけ出した甲斐がありま~す。  
私も自主的に燃える明治の志士、坂の上の雲を目指す時代の青年のように(もう中年ですが)行きたいと感じました。
    ↑ 志を持って生きる者は、いくつになっても青年ですね~。
コメントありがとうございました。
励みになります。またバンバンアクセル踏んで頑張りま~す。v-91
2009/11/30(月) 15:25 | URL | はっぴーらぶ #fLHh1H1s[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

漢方 保険適用外 署名

『隠れ負担増』にご注意 住民税 控除廃止なら国保料など増? ‎2009年11月24日‎ ただ、負担増に対する世論の反発や、保険料の計算方法の違いで地域格差が生じるなど問題点も多い。〇七年に保険料負担の急増が問題になった際は、一定額以上負担
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示