この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

『民主党には徹底的に"在庫一掃"してもらったほうがよい』 三代目の首相で在庫切れ? !

『私は、菅さんが、徹底的に落ちて、すべての能力を洗いざらい実証してもらうのも一つだと思うし、次の人が出てきて、さらにまた無能であることを実証して、もう"弾"がないところまで見せるのもいいと思う。
どうせ、あと二年粘ろうとして頑張っておるのは分かっているんだから、もう、"在庫一掃"してもらったほうが、かえっていいかもしれないという気もするんだ。
それだと、もう民主党に投票する気もなくなるからね。
下手に、潔く、あっさり辞められると、無能さが分からずに、復活してくるかもしれないから、危ないですよ。
-中略
この前、誰かが、「信なくば立たず」と言っていたけれども、そのとおりだと思うね。
やはり、政治においても、信義というものを大事にしなければいけない。
信義を大事にしないのであれば、マニフェストだとか、公約だとか、こんなものは、もう、まやかしにすぎなくなる。それを選挙のときだけ見せて、あとは、「みな忘れるだろう」ということを前提にやっているわけだ。それが新聞に載っても、わざわざ切り抜いて壁に貼り、毎日眺めている人はいないからね。
だから、そういう「騙しの政治」が民主主義政治であるのだったら、そのへんに対しては、やはり、きちっとただすことが必要だろうね。』

         -2011年6月22日 空海の霊示
         ---「もし空海が民主党政権を見たら何というか」
         Chapter 1-2.民主党とマスコミの「責任回避」の魔術 より

H7012.jpg

ご訪問ありがとうございます。
なんか、また台風が来てますね。
週末、列島直撃の恐れ 台風12号、各地で大雨 - MSN産経ニュース
私は今日、雨と風のなかを傘を差して出かけましたら、
華奢なので、思わず飛ばされそうになりました。(うそ、傘が・・。)
みなさま、被害に遭われないように、万全の備えをしてくださいませ・・。

さて、先月は特に忙しい日々を過ごしていたのですが、
いろいろと諸問題が噴出すなかで、私にとって、
一番難関と思われていたことが、一昨日、すっきり解決してしまいました。

いや~、この問題が目の前に現れた時は、娘の容態も悪化していて、
もう、娘には責任を取れそうもないし、かといって、
娘を援助し続けてきた私にも余力がなく、ほんとに、
にっちもさっちもいかない状態で少し悩んでいたんですよね。

でも、悩んでいても仕方がないので、自分が今出来ることをしようと決意し、
いろんな情報を集め、自分の解釈が正しいのかどうかを弁護士に聞きに行き、
そして、その道の専門家の人たちにも尋ねて、自分の言い分を、
ブログ並の長さの文書にしたためて、先方に、
「逃げも隠れもしませんし、最後まで私がお相手します」
と、29日に「宣戦布告」の文書を送りつけたんですよね。

そしたら、ちょうど、私が文書を送ったその日に、また、
先方から文書が届いて、「このままだと裁判に持ち込む」と書いてあったので、
「こちらも望むところや~」と思っていたら、なんと、
一昨日、また速達が届いて、「またかいっ ! 」と思いながら開けて見たら、
「今回の件は、もうこれで終わりにします」と書いてあったんですよね。

おや~?
たった一日で考えを変えたの?
なんか、信じられなくて、何度も読み返してみましたが、
ほんとに、終わりにすると書いてあったんですよね。
う~ん、最後まで戦うつもりでいた私は、拍子抜けしてしまって、
その後、どっと疲れが出て、熱まで出だしたので、
布団に潜り込んで、久しぶりに熟睡してしまいました。

いや~、やっぱ、人生っていろいろあるんですよね。
自分では、今度は乗り越えるのに時間がかかりそうだなと思ってたけど、
とにかく、やれることはやろうと決心し、前に進んだら、
なんか自分でも不思議なくらいに道が開けたんですね。
やっぱ私、頭がいいのかな・・説得力があるのかな・・、
文才があるのかな・・と、誰も言ってくれないので、
ちょっと自分で自分を褒めちゃいました~。(自画自賛~)

まあ、冗談はさておき、何事も、あきらめず、最善を尽くしたら、
道が開けるということを、改めて教えられた出来事でした。
そして、神様はやはり、超えられない試練は与えられないのだなと痛感。
また、天の助けもいただいたのかな・・と、ほんとに感謝の思いでいっぱいです。
あと、急変された相手の方にも、感謝、感謝です。

まあ、私の人生、一難去ってまた一難ですから、あまり気が抜けないのですが、
今は、一番の課題をクリアできたので、ちっょと一息ついています。
人生いろいろ。
みなさまも、どんなことがあっても、あきらめず、
前向きに、自分の試練に立ち向かってくださいませ・・。
はい、余談はこれぐらいにしておきますね。(ながっ!)

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
野田新内閣の閣僚が決まったみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
【野田新内閣】新しい閣僚一覧 - MSN産経ニュース

う~ん、新閣僚の一覧に、事業仕分けで、必要な予算までバッタバッタと削減した、
ちょっとキツネのような顔をした女性が入っていますね。
はぁ・・先が思いやられますよね。

なんか、顔写真付の一覧だったので、転載するのはやめにしましたが、
もう、この顔ぶれ見ただけで、短期間内閣であって欲しいと願いますよね。
でも、民主党の影のドンは、この新内閣の布陣を評価されているんですよね・・。

【野田新内閣】小沢氏が新内閣の布陣を評価「相当気使っている」 - MSN産経ニュース
民主党の小沢一郎元代表は2日、野田新内閣の布陣について、周辺に対し「いい構成ではないか。相当みんなに気を使っている」と評価した。

「相当気を使ってる」って、誰に気を使っているのでしょうかね。
日本国民ではないことは確かですよね。
それにしても小沢さん。
もう、壊し屋は廃業されたのでしょうかね。

ああ、民主党を壊してくれることだけを期待してたのに、小沢さんにはガッカリですね。
まあ、小沢さんは前世でも尻すぼみでしたからね。
え?小沢さんの前世?
そう、伊達政宗さんも、最後は、おとなしいお爺さんになってましたよね・・。

さて、次のニュースを見てみます。
保守だとばかり思っていた野田新首相ですが、なんか早々に、
「靖国神社の公式参拝はしない」と言い切られていますよね・・。
【野田新内閣】首相「靖国公式参拝しない」 - MSN産経ニュース
野田佳彦首相は2日夕の記者会見で、在任中の靖国神社参拝について「私や閣僚は公式参拝しない」と述べ、野田内閣として公式参拝はしない考えを表明した。

ふっ、首相になった途端にコレですものね。
笑っちゃいますよね。
確か、野田首相のお父様は自衛官でしたよね。
国を守るために働かれていた方の下で育ちながら、
国のために戦って亡くなった方たちを供養する心がないんですね。
ほんとに、やっぱ民主党は民主党、腰抜け首相ばかりですよね・・。

さて、そんな腰抜けの野田首相が、初の首相会見をされていましたね。
あっ、全部拾ってくると長くなるので、ちょっと気になったとこだけ拾いました。

【野田新内閣】首相会見詳報(1)「復旧・復興作業を加速化させるのが最大の使命」 - MSN産経

plc11090218000044-n1.jpg
任命式のため首相官邸を出る野田新首相(中央)=2日午後

野田首相の最大の使命は、復旧・復興作業を加速化させることのようですね。
まあ、延命首相によって、遅れに遅れた復旧・復興を、
加速化させていただけるのはありがたいですね。
でも、その財源を、増税で補おうとされたら困りますよね。
そう、野田首相は、以前から、増税論者ですからね。

というか、民主党は、「4年間は増税しない」と言って政権を取ったのに、
延命首相に続いて、また、新首相の野田さんも、増税を口にしてるんですね。
やっぱ、これまた民主党。
延命嘘つき首相の次は、またまた、嘘つき首相のようですね・・。

さて、その嘘つきの野田首相は、「中国と戦略的互恵関係を発展させる」
と、会見のなかで言われていましたね・・。

【野田新内閣】首相会見詳報(3)「中国と戦略的互恵関係を発展させる」-MSN産経
「中国とは、戦略的な互恵関係を、これも発展をさせていくということが基本的な姿勢です。日中のみならず、日韓、日露など近隣諸国とも良好な関係を築くべく全力を尽くしていきたいと思います」(一部転載)

外務省の説明によると、日中の戦略的互恵関係とは、以下のようなもですね。
「日中両国がアジア及び世界に対して厳粛な責任を負うとの認識の下、アジア及び世界に共に貢献する中で、お互い利益を得て共通利益を拡大し、日中関係を発展させること」

なんか、野田新首相のこの発言を聞いたら、やっぱり、日中関係において、
今までと変わらない外交をするのではないかと、怖くなってしまいますよね。
野田新首相の頭のなかには、中国の脅威に対して、
備えをするという考えはないのでしょうかね・・。

さて、そんな野田新首相の本心を、またまた、大川総裁が明らかにしてくださいました。
延命首相が就任される前にも、菅直人守護霊の公開霊言を収録されていましたが、
今回もまた、野田佳彦守護霊の公開霊言を収録されたみたいですね。

おまけに、野田さんは、松下政経塾出身なので、
松下幸之助さんの霊言も、その後収録されたみたいです。
首相になったら、その本心が、多くの人の前で明らかにされるって、これ、怖いですよね。
あっ、延命首相のときは、書籍化されたときに、多くの方が、
延命首相に献本されたので、延命首相は困られてたみたいですね・・。

【御法話レポート】大川隆法党名誉総裁 「沈みゆく日本をどう救うか」が開催されました |
幸福実現党ニュース

大川隆法党名誉総裁 御法話
「沈みゆく日本をどう救うか」

2011年8月30日、幸福実現党の大川隆法名誉総裁は、幸福の科学総合本部で「沈みゆく日本をどう救うか」と題する公開霊言を行い、野田佳彦新首相の守護霊と、松下幸之助翁の霊の霊言を収録いたしました。

野田佳彦首相の守護霊からは、税制・外交・エネルギー政策等への考えを聞き出すと共に、霊的な視点(過去世)からも氏の本心・真なる姿に迫り、その本性を明らかにいたしました。また、松下幸之助霊からは、国難を打破するために日本が取るべき方向性について、熱くかつ厳しい御指導をいただくとともに、野田氏への苦言が述べられました。

以下に、要約の一部をご紹介いたします。

第一部 野田佳彦総理のスピリチュアル総合分析
<日本をどうするかよりも、予算を無事に組んで仕事を終えることが大事>

 ※以下に掲載されている文章は、野田氏守護霊の霊言です。

私(野田氏守護霊)は東日本大震災の残務処理内閣。日本をどうするかということよりも、自分の政権はせいぜい1年ぐらいしかもたないだろうと思うので、財務省を押さえて、来年の予算ぐらいまでできれば、まあ一応仕事は終わりだと考えている。
実は金融のことはよくわからないが、官僚がいなければ政治家は何も仕事ができないので、財務官僚の支持をとりつけるために「増税路線」を打ち出した。消費税が上がる2015には、どうせ自分は総理ではないので、どうなろうと関係ない。
本当は増税しなくてもいいが、「増税する」と言って日本の国債の暴落を防いで、国債を買わせるのが目的。与謝野さんの意見をかなり採り入れている。本当は幸福実現党の主張は正しいと思っているが、それでは永田町では勝てない。
<ドジョウのように潜んで、無難に政権を維持したい>

自分は実は外交のことも、よく分からない。自分自身は保守的な思想を持っているが、それを前面に出すと生き残れないので、ドジョウのように潜んでいきたい。朝日系のマスコミや左翼系をできるだけ刺激しないように、大石内蔵助のように本心がわからないよう、無難に内閣を維持できれば、それでいい。
「尖閣諸島は日本の領土だ」と言いたいが、それをテーマにして総理を続ける自信はない。自分の任期の間に、日本が中国の属国になってしまうことはないだろう。
第二部 松下幸之助 苦言を呈す

  ※以下に掲載されている文章は、松下幸之助氏守護霊の霊言です。

野田氏は本当に松下政経塾で勉強したのか。自分の『無税国家論』がまったく頭に入っていないようだ。「利益は悪だ。蓄えたその悪なる利益はばらまけばよい」という発想が、財務省に入ってしまっている。国家の理念を語れず、票のことばかりを考えているようでは、国家経営者としての器ではない。「松下政経塾」の名を踏み台として利用しようとしているだけで、情けない。
日本は対外的には黒字国家。円高は国民が豊かになろうとしているわけなので、円高はよいことである。国債を発行して、国家がさらに発展する所に投資をすべき。「円高不況」だと官僚も政治家もマスコミも言うが、これは日本がかつて輸出立国だった頃の古い考え方。あれだけの大震災があって、まだ円が買われ続けているということに、もっと自信を持つべき。
国民には、もっと物事を見る目を持ってほしい。国防を語ると票が減るというのは、国民が間違っている。国民を守ろうとしているのに、なぜそれを危険視し、中国や北朝鮮に有利な判断をするのか。幸福実現党は正しいと思うことを言い続けてほしい。


野田首相は、2日の会見で、「復旧・復興作業を加速化させるのが最大の使命」
と言われていましたが、8月30日に行われた公開霊言のなかでも、
「私(野田氏守護霊)は東日本大震災の残務処理内閣」と言われていたんですね。
やっぱ、これが、野田首相が一番の使命だと思われていることなんですね。

でも、今、中国がまた尖閣沖に現れているのに、一国の首相として、
国防は考えていらっしゃらないのでしょうかね。
ほんとに、またまた、頼りない首相ですよね・・。

あっ、公開霊言の動画が、配信されていましたので貼っておきます。
ついでに、記事の横にも、しばらく貼っておこうかな・・。
ちっょと、笑えるところもありましたので、ぜひ、ご覧くださいませ。

公開霊言 「沈みゆく日本をどう救うか」 抜粋映像


さて、今日は、「もし空海が民主党政権を見たら何というか」空海の霊示のなかから、
『民主党には徹底的に"在庫一掃"してもらったほうがよい』というテーマを選んでみました。

空海さんは、このなかで、菅さんが、徹底的に落ちて、
すべての能力を洗いざらい実証してもらうのも一つだと思うし、
次の人が出てきて、さらにまた無能であることを実証して、
もう"弾"がないところまで見せるのもいいと思うと言われていますね。

そして、どうせ、あと二年粘ろうとして頑張っておるのは分かっているから、
もう、"在庫一掃"してもらったほうが、かえっていいかもしれないという気もする。
それだと、もう民主党に投票する気もなくなるからと言われていますね。
さらに、下手に、潔く、あっさり辞められると、
無能さが分からずに、復活してくるかもしれないから、危ないとも。

また、以前、誰かが、「信なくば立たず」と言っていたけれども、そのとおりだと思うし、
やはり、政治においても、信義というものを大事にしなければいけない。
信義を大事にしないのであれば、マニフェストだとか、
公約だとか、こんなものは、もう、まやかしにすぎなくなる。
それを選挙のときだけ見せて、あとは、「みな忘れるだろう」
ということを前提にやっているわけで、それが新聞に載っても、
わざわざ切り抜いて壁に貼り、毎日眺めている人はいないからと言われています。

だから、そういう「騙しの政治」が民主主義政治であるのだったら、
そのへんに対しては、やはり、きちっとただすことが必要だと結ばれていますね。

はい、空海さんが言われていることはもっともですよね。
まあ、菅さんが、徹底的に落ちて、というのも当たっていましたし、
無能を遺憾なく発揮して、洗いざらい実証してくれましたよね。

そして、新首相になった野田さんも、首相になった早々、今までの言動を修正したり、
左翼が進めていることを、継承しようという動きが見えますよね。

空海さんは、「次の人が出てきて、さらにまた無能であることを実証して、
もう"弾"がないところまで見せるのもいいと思う」と言われていましたが、
ほんとに、そうかもしれませんね。
まあ、いくら解散と叫んでも、首相が解散すると言わない限り、
なかなか、解散は実現しませんからね。(でも、言い続けるけど・・)

民主党が、在庫一掃して、無能の首相の挿げ替えを繰り返して、
多くの国民が、「騙しの政治」に、早く気付いてくだされば、
もう、民主党に、投票する人もいなくなるかもしれませんよね。
まあ、でも、在庫一掃セールを見せられる国民も、たまったものではありませんがね。

前回の記事において、諸葛亮孔明さんの霊言をご紹介しましたが、
ほんと、諸葛亮孔明さんが言われているように、
『「尊敬できるリーダー」が日本に出てこなければ話にならないですよね・・。

あっ、そう言えば、自民党が、解散総選挙をせずに、総理大臣を三回も替えて、
首の挿げ替えをしていたときに、民主党は、野党として、激しく攻撃していましたが、
今、民主党は、その攻撃していた自民党と、同じことをしているんですよね。
これは、民主党が、野党時代の「カルマの刈り取り」をしていると、
以前、大川総裁が言われていたんですよね・・。

『野党時代の「カルマの刈り取り」が起きてる民主党』
『民主党が野党であったときには、自民党が解散総選挙をせずに総理大臣を三回も替え、首の挿げ替えをするだけで政権与党として生き延びたことに対して激しく攻撃し、「自分たちなら、そんなことはしない」と言っていました。
ところが、民主党が政権を取っても、やはり首の挿げ替えをして生き延びようとするのでは、全然、話が違います。これも一種の公約違反のようなものでしょう。
しかし、現実には、もし衆議院を解散したら、今、三百以上ある議席が減ることは確実です。
このあたりは、何か、「カルマの刈り取り」のようなものが、この一年間で起きている感じがします。彼らが野党の側にいたときには、「責任がない」と思って、言いたい放題のことを言っていましたが、今度は、自分たちが与党の立場になり、同じ基準で批判され、攻撃された場合にどう対応するのかということを問われているわけです。』

   ---「未来への国家戦略」第1章-2.新政権は野党の攻撃を凌げるか より

H0286.jpg

民主党がカルマの刈り取りをしている間に、この国が衰退し、
日本国民が、更なる不幸に追いやられるだろうと思うと、
いい加減、とっととカルマの刈り取りを終わって欲しいと思いますよね。

あっ、カルマ(業)とは、本来、「魂の傾向性」のことですが、組織にも当てはまるんですね。
イエスさまは、このカルマの法則のことを、
「撒いた種は刈り取らねばならぬ」という言葉で表されていますが、
まあ、これは、原因・結果の法則でもあり、善い原因を生むと善い結果が生まれ、
悪い原因を生むと悪い結果が現れるということで、自分が悪いことをしたら、
必ず、後に、悪い結果が現れてくるということですね。
だから、自分で悪い種を撒いたら、自分で刈り取らなければいけないんですね。

民主党は、野党時代、好き放題言って、自民党を責めていましたが、
今、同じ立場に立たされて、そのカルマの刈り取りをしているんですよね。
ああ、善い種を撒いてくれていたら、国民も巻き添えにならなくて済んだのに。
って、まあ、民主党ですからね。
善い種は、これからも撒けそうにありませんよね。

あっ、一つだけ、民主党政権が誕生してよかったと思うことは、
「政治は、誰がやっても同じではない」ということを教えてくれたことですかね・・。

民主党政権が誕生してから、早や、2年が経ちました。
民主党政権は、この2年の間に、何か、素晴らしい結果を残したでしょうか。
民主党政権になってから、私たち国民は、安心して暮らせるようになったでしょうか。

政治の役割は、国民の生命・安全・財産を守ることにあります。
そして、それらを守るためには、もちろん、この日本という国を、
守ってもらわなければなりません。

けれども、民主党政権には、経済成長政策もないために、
今、日本の経済は沈みっぱなしです。
更に、そんな沈みゆく日本経済に、追い討ちをかけるような増税を言い出しています。

また、民主党政権になってから、中国の横暴は加速しています。
そんな中国に対して、国防を強化する構えもなく、
いえ、それどころか、まだ、友好的な、日中関係を夢見ています。

民主党政権が続けば、この国の経済は更に沈み、
失業者が溢れ、私たち国民が、安心して暮らせなくなってしまいます。
民主党政権が続けば、日本の国力は衰退してしまいます。
そして、国力が衰退すれば、この国を守れなくなってしまいます。

今、民主党は、首の挿げ替えだけをして、政権与党として生き延びようとしています。
でも、残念なことに、今、それを阻止することができません。

でも、民主党が、在庫一掃セールをしている間に、
まだまだ政治に無関心な人を目覚めさせることはできます。
この国の危機を察していない人に、お伝えすることはできます。
次の、総選挙が来たときに、もう、民主党には投票しないように説得することは可能です。

今、日本国民は、目覚めなければいけない時に来ています。
日本国民が、平和ボケしていても安全な時代はもう過ぎました。
平和ボケから目覚めていただくためにも、目覚めたものが、
まだ眠りを貪っている多くの国民を、起こし続けてまいりましょう。

政治家を選ぶのは、私たち国民です。
この日本の政治を変えるためには、まず、
私たち国民が変わらなければいけないのではないでしょうか。

この国を守るために、この国を、更なる発展に導くためにも、
私たち国民が、もっともっと声を上げ続けてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示