この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

自殺しても苦しみは消えない・・。『試練のなかで魂は鍛えられ、磨かれ、強くなっていく』

『「私が知っている幸福の科学の信者で、死後、地獄に堕ちた人は一人もいない」という実体験を通して、私は、ある意味での自信を得ました。「人間は、たとえ、亡くなる時点において、他の人から尊敬される立場に立っていなかったとしても、その思いと行いが正しいものであれば、あの世に還ってから、きちんと、それなりの判定はなされる」ということに関して、私は自信を持っています。
これは、非常に大事なことです。この世で成功を収めたら、あの世でも認められるかというと、必ずしもそうではないのです。
例えば、菩薩の人の晩年が厳しい場合もあります。非常に活躍したのに、晩年、闘病生活を送り、何年か苦しんで亡くなることがあります。
しかし、霊的な真理を知っている人は、「肉体は自分自身ではない」ということを悟っているので、死後、あの世に還ると、たちまち、その病は癒え、健康な状態に戻ります。
ところが、霊的な真理を知らない人は、何年も闘病生活を送ったあとに亡くなると、死後も、その状態のままで、まだウンウンと言って苦しんでいることが多いのです。死因となった病気において、胃が悪かった人は胃、腸なら腸、肺なら肺、心臓なら心臓など、生前に悪かった部位が死後も痛むように感じられ、「苦しい、苦しい」と、よく言っています。
「悟っていない」というのは、そういうことなのです。
これは、要するに、肉体を「自分だ」と思っている人です。』
 
   -「救世の法」第2章 導きの光について 2.智慧と努力で、試練を乗り越えよ より

H0299.jpg

ご訪問ありがとうございます。
ちょっと前から、目がおかしくて、ついでに頭もおかしくて、
その上胸もムカムカして、(怒ってたわけじゃないよ)
パソコンの前に座っても、何も思いつかず、記事が書けませんでした。
こりゃいかんと思って、2~3日、暇をみつけてはウトウトしていました。
う~ん、もう、夏バテかな・・。(はやっ !)

でもね、目を休めてたくさん寝たら、目がスッキリしました。
しんどいときは、いっぱい寝なあかんで~と思う今日この頃です・・。

さて、今日は、伊良部さんの自殺のニュースがあったので、
書きかけのテーマをやめて、人生のテーマに変えてみました。
でも、本題に入る前に、少しだけ政治のニュースを見てみます。

延命のみで、自分のことしか考えていない菅首相が、
なんか、また、訳の分からないことを言ってますよね・・。

「被災地の皆さんは、今解散しろと思っていない」菅首相、衆院解散を重ねて否定- MSN産経
菅直人首相は29日午前の参院本会議で、早期の衆院解散・総選挙に踏み切る可能性について「大多数の国民、特に被災地の皆さんは『今、解散しろ』と思っていない」と重ねて否定した。そのうえで「まずは震災の復旧・復興、原発事故の収束に向けて全力を挙げるのが内閣の責務だ」と述べた。公明党の山本博司氏への答弁。

「大多数の国民、特に被災地の皆さんは『今、解散しろ』と思っていない」

え?
大多数の国民、特に被災地の皆さん?
ほんとに、「今、解散しろ」と思っていないんですか?
少なくとも、私は、今すぐにでも解散していただきたいですがね。
あっ、菅首相にとっての国民とは、日本国民ではないのでしょうかね。

菅内閣支持率は、もう、16%ぐらいしかないんですよね。
なのに、何故、こんな言葉が出てくるのでしょうか。
自分のことしか考えず、国民の声も聞こうとしないのに、
こういう時だけ、国民を引き合いに出すのはやめていただきたいですね。
とっとと、解散してくだされ・・。

さて、次のニュースを見てみます。
ほんとに、とっとと辞めていただきたい菅首相ですが、
また、陰に隠れてコソコソ何かやらかしてたみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
菅首相、中井氏の北朝鮮高官接触「承知していない」 訪朝も「予定ない」 - MSN産経
菅直人首相は26日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、中井洽元拉致問題担当相が北朝鮮の宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使と中国で極秘に接触していたことについて「全く承知していない」と否定した。拉致問題解決のための自らの訪朝については「そうした予定なり準備を進めていることは全くない」と語った。みんなの党の柿沢未途氏の質問に答えた。
中井氏「ふるさとを見て泣いて帰ってきただけ」 日朝極秘会談否定 - MSN産経

はい、なんか、中井元拉致問題担当相が、中国で、
北朝鮮の高官と、極秘で接触したことについて、
菅首相は、「全く承知していない」と否定されたんですよね。

そして、当の中井氏は、「ふるさとを見て泣いて帰ってきただけ」
と言われていたんですよね。
つうか、中井さんのふるさとは、日本ではないんですね・・。

さて、お二人は、そんなふうにしらばっくれていましたが、
実は、この北朝鮮の高官との接触は、政府首脳と事前調整がなされていたんですよね・・。

北高官接触 中井氏、政府首脳と事前調整 仲介者が昨年末から暗躍 - MSN産経
菅直人首相の北朝鮮訪問に向け、中井洽元拉致問題担当相が中国・長春で北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使と極秘接触した問題で、中井氏が訪中前に政府首脳と会い、交渉方針を事前調整していたことが27日、分かった。複数の日朝関係筋が明らかにした。政府は一切の関与を否定しているが、実際は首相官邸が「二元外交」を主導していたことになる。
 関係筋によると、政府首脳と中井氏の会談は7月中旬に都内で行われた。
 政府首脳は、北朝鮮が拉致問題で譲歩し、進展があれば首相の「延命」につながるとの考えを示し、中井氏に期待感を表明。「8月上旬までに日本政府として状況を見極めたい」との旨を伝えたという。
 また、中井氏の極秘接触には北朝鮮側の意向を伝える仲介者がいたことも判明した。北朝鮮は仲介者を通じ昨年末から中井氏ら複数の与党議員との接触を開始した。外務省がこの動きを把握したのは今春になってからで、すでに数回の接触が行われていた。国会議員ルートを通じた北朝鮮との交渉はリスクが大きく、過去に失敗例が多いことから、外務省は仲介者の動きを警戒していたという。
(一部転載)

sn2011072508_50.jpg

いや~、この報道を見たとき、思わず、尖閣事件のあとに、
民主党の細野さんが、極秘で、訪中したときのことを思い出しましたね。
極秘になってないっちゅうの !

なんか、民主党のすることって、いつもおかしいですよね。
極秘と言いながら、結局バレて、そしてしらばっくれてうやむや・・。
ほんとに、政権与党なら、堂々と、外交はしていただきたいですよね。

まあ、北朝鮮が、拉致問題で譲歩し、進展があれば、
首相の「延命」につながるとの考えで、この極秘接触したのであれば、
そりゃ、堂々と出来ないのかもしれませんがね。
なんとも、情けない指導者ですよね・・。

さて、菅首相は、自分の延命のために、拉致問題を利用しようとしていますが、
菅首相の腹黒い思いとは別の、最悪のシナリオが懸念されているみたいですね・・。

これが“ダメ菅”最悪シナリオ!北の“お土産”で政権崩壊 - 政治・社会 - ZAKZAK
菅直人首相が北朝鮮への電撃訪問を画策している問題で、外務省関係者が「最悪のシナリオ」を懸念している。国民の誰もが訪朝の目玉は拉致問題解決の進展にあると考えているが、実際には菅首相と関係の深い「よど号ハイジャック犯」を北朝鮮から押しつけられるだけではないか、と心配しているのだ。一方、北朝鮮側と秘密交渉を行った中井洽元拉致問題担当相が訪中前に政府首脳と会い、事前調整していたことが分かった。関与を否定している官邸が「二元外交」を主導していた証拠ともいえる。

 外務省関係者らが「最悪のシナリオ」として恐れているのは、菅首相が政権浮揚に焦り、拉致解決の手がかりもないまま訪朝して、狡猾な北朝鮮にだまされること。キーワードは「よど号ハイジャック犯」と「日本人妻」だ。関係者はいう。
 「北朝鮮は『拉致問題は解決済み』という姿勢を示している。菅首相が何の確証もなく訪朝した場合、金正日総書記から同様の通告を受ける可能性が高い。そのうえで、北朝鮮には利用価値の少なくなった、よど号犯人や日本人妻の帰国を打診されることが考えられる。菅首相は、よど号犯人が寄稿していた雑誌に寄稿している。拉致解決を目指してきた日本外交にとっては完全敗北だが、菅首相が政府専用機によど号犯人と日本人妻を連れて帰ってくる可能性は十分考えられる」
 拉致「被害者」ではなく、ハイジャックの「犯人」を政府専用機に乗せて連れ帰れば、政府に対する批判が高まるのは必至だ。

 そんななか、ベールに包まれていた中井氏の行動も次第に明らかになってきた。
 関係筋によると、政府首脳と中井氏の会談は7月中旬に都内で行われた。政府首脳は、北朝鮮が拉致問題で譲歩し、進展があれば菅首相の「延命」につながるとの考えを示し、中井氏に期待感を表明。「8月上旬までに日本政府として状況を見極めたい」との旨を伝えたという。
 この中井氏の極秘接触には、北朝鮮側の意向を伝える仲介者がいたことも判明した。北朝鮮は仲介者を通じ、昨年末から中井氏ら複数の与党議員との接触を開始した。外務省がこの動きを把握したのは今春になってからで、すでに数回の接触が行われていたという。
 国会議員ルートを通じた北朝鮮との交渉はリスクが大きく、過去に仲介者が億単位の現金を要求しながら交渉が進まないなど、失敗例が多いことから、外務省は仲介者の動きを警戒していたという。


外務省関係者らが「最悪のシナリオ」として恐れているのは、菅首相が政権浮揚に焦り、拉致解決の手がかりもないまま訪朝して、狡猾な北朝鮮にだまされること。

菅首相が政府専用機によど号犯人と日本人妻を連れて帰ってくる可能性は十分考えられる


むぅ・・有り得るかも・・。
菅首相だったら、それは有り得る・・。
拉致された人を連れて帰らず、よど号犯人と、日本人妻を連れて帰ってくる・・。

そう言えば、菅首相と民主党は、よど号事件の元リーダーと、
拉致容疑者の長男が所属する団体に献金していましたよね。
って、北朝鮮に騙されると言うより、菅首相だったら、
喜んで、よど号犯人を連れて帰るかもしれませんね。

まあ、常識で考えたら有り得ないことですが、
菅首相や民主党政権には、常識がありませんからね。
「最悪のシナリオ」あるかもしれませんね。
自分のために権力を利用するのは、もう、やめていただきたいですよね・・。

さて、次のニュースを見てみます。
伊良部さん、野球の球だけでなく、自分の命まで投げてしまいましたね・・。

首つり自殺か 伊良部秀輝元投手死去 米ロス近郊の自宅で - MSN産経

孤高の豪腕…伊良部氏自殺の真相 - スポーツ - ZAKZAK
プロ野球のロッテ、阪神や米大リーグのヤンキースで投手として活躍した伊良部秀輝さんが、米ロサンゼルス近郊の自宅で死去していたことが28日、分かった。42歳だった。首をつっていたことから、ロサンゼルス郡保安官事務所は自殺とみている。持ち前の剛球で日米通算106勝をあげる一方で、私生活では暴行、飲酒運転など破天荒な行動で話題を提供してきた伊良部さん。家族との別居、事業でのトラブル、燃え尽き症候群など、多くの悩みが浮かび上がってきた。(一部転載)

【伊良部秀輝さん自殺】波乱の人生に幕 「第二の人生」では大輪咲かせず - MSN産経
豪速球で日米を股にかけて活躍した伊良部秀輝さん(42)が、自ら投じた球筋のように早すぎる生涯を閉じた。
 1988年にドラフト1位でロッテに入団した伊良部さんはプロ1年目から1軍のマウンドを経験。150キロ台後半の速球を武器に、94年に15勝を挙げて最多勝を獲得するなど活躍。96年には米大リーグの名門ヤンキースに移籍した。
 地元紙では入団交渉がまとまったのを受けて、早くも「ヤンキース伊良部」特集を組むほど期待。辛口で知られたスタインブレナー・オーナーも「和製ノーラン・ライアン」と速球を武器とした往年の名投手を形容に称賛したほどだ。4年契約で報酬総額約15億円で、契約金はドラフト外の選手に対するものとしては当時の史上最高額だった。

 その一方で、パドレスが独占交渉権を得たのに対し、「ピンストライプのユニホームの重さというのは野球を経験した者にしか分からない」と主張。日米球界を巻き込んで約4カ月半にわたって移籍騒動を起こす“お騒がせ”ぶりを発揮。ヤンキース時代には、めった打ちされてベンチに戻る際、ヤジを飛ばしたファンにツバを吐きかける悪童ぶりものぞかせた。
 それでも大リーグ2年目の98年にはチームの世界一に貢献。その翌年には開幕8連勝を挙げるなど実力を見せつけた。

日本球界・阪神に復帰し優勝に貢献するなどした後、いったんは現役を引退。09年に米独立リーグで電撃現役復帰。四国・九州アイランドリーグの高知に入団したが、腱鞘炎のためわずか2試合で退団。野球人生に終止符を打っていた。
(一部転載)

mlb11072908430002-p14.jpg
先発が雨で流れ軽い調整をする阪神・伊良部秀輝投手
=平成15年4月25日(河田一成撮影)


野球を見ない方はご存知ないかもしれませんね。
伊良部さんと言えば、剛速球 !
ほんとに、凄い投手でしたよね。

まあ、私は、ファンではないのですが、一時期、
阪神にも所属されて、18年ぶりの優勝に貢献されたので、
この方に対する思い入れは大きいんですよね。
はい、阪神ファンなので・・。

そんな伊良部さんが、まさか、自殺されるとは・・。
ほんとに、びっくりしましたね。
でも、最近、芸能人の方とかの自殺も多いですよね。
何故、そんなに簡単に、自分の命を絶ってしまうのでしょうかね。
大震災や、突然の事故で亡くなられた方たちのなかには、
もっともっと、生きたいと思われていた方もいたでしょうに・・。

まあでも、死んでしまわれた方に、もう、何を言っても、その命は戻らないですね・・。
伊良部さんが、少しでも早く、その苦しみから解放され、
もといた天上界に還られることを心からお祈り致します・・。

『一方、この世に生きている間に、霊的人生観を持ち、「霊体そのものが自分であって、肉体は乗り物の部分にすぎない」ということを認識しつつ、日々を生きることができている人にとって、肉体の障害は問題ではないのです。
「人間にとって大切なことは心の美しさであり、あの世に持って還れるものは心しかないのだ。別の言葉で言えば、この世で得た悟りしかないのだ」と考えていれば間違いがありません。
あの世に持って還れるものは心しかないのであれば、たとえ、この世において、どのような状況が現れてこようとも、それには、すべて、自分を磨き、試し、導くための道具にしかすぎないのです。
事業で苦しむ人や、家族などとの人間関係で苦しむ人、病気で苦しむ人も数多くいますが、そういう苦しみのなかに、人生の本質というか、自分を磨かせようとしている、仏や神の「大きな慈悲の心」を感じ取った人は、迷うことはまずないのです。それは申し上げてよいのではないかと思います。
「自分は天使(あるいは菩薩)だから、この世において、一切、苦労はなく、何の困難も感じることもない。思ったことは、全部、叶うばかりであり、『百事如意』であって、成功だけしか起きない」というような言い方をする人もいるかもしれません。
しかし、誰であろうと、「いろんな試練を受けながら、そのなかで魂が鍛えられ、磨かれ、強くなっていく」というのが本当の姿です。
「人生において、何も、波風が立たず、向かい風が吹かず、困難が起きない」ということを望んではなりません。
難しい問題集が出てくることはありますが、いろいろな問題を解くことは、みな、「アコヤ貝が、なかに入った砂やガラス片などを粘液で包み込み、真珠をつくり上げていく」というような作業にしかすぎないのです。そのことを知らなければいけません。』

   -「救世の法」第2章 導きの光について 2.智慧と努力で、試練を乗り越えよ より

今日は、「救世の法」のなかから、『試練のなかで魂は鍛えられ、
磨かれ、強くなっていく』というテーマを選んでみました。

大川総裁は、このなかで、「人間は、たとえ、亡くなる時点において、
他の人から、尊敬される立場に立っていなかったとしても、
その思いと行いが、正しいものであれば、あの世に還ってから、きちんと、
それなりの判定はなされる」ということに関して、私は自信を持っていると。

そして、これは、非常に大事なことであり、この世で成功を収めたら、
あの世でも認められるかというと、必ずしもそうではない。
例えば、菩薩の人の晩年が厳しい場合もあるし、非常に活躍したのに、
晩年、闘病生活を送り、何年か苦しんで亡くなることもある。

でも、霊的な真理を知っている人は、「肉体は自分自身ではない」
ということを悟っているので、死後、あの世に還ると、たちまち、
その病は癒え、健康な状態に戻ると言われています。

しかし、霊的な真理を知らない人は、何年も闘病生活を送ったあとに亡くなると、
死後も、その状態のままで、まだウンウンと言って苦しんでいることが多い。
死因となった病気において、胃が悪かった人は胃、腸なら腸、肺なら肺、
心臓なら心臓など、生前に悪かった部位が死後も痛むように感じられ、
「苦しい、苦しい」と、よく言っている。

「悟っていない」というのは、そういうことであり、
要するに、肉体を「自分だ」と思っている人だと言われています。

でも、この世に生きている間に、霊的人生観を持ち、
「霊体そのものが自分であって、肉体は乗り物の部分にすぎない」
ということを認識しつつ、日々を生きることができている人にとって、
肉体の障害は問題ではないと言われていますね。

さらに、「人間にとって大切なことは心の美しさであり、
あの世に持って還れるものは心しかないのだ。別の言葉で言えば、
この世で得た悟りしかないのだ」と考えていれば間違いがないとも・・。

だから、あの世に持って還れるものは心しかないのであれば、
たとえ、この世において、どのような状況が現れてこようとも、
それには、すべて、自分を磨き、試し、導くための道具にしかすぎない。

事業で苦しむ人や、家族などとの人間関係で苦しむ人、
病気で苦しむ人も数多くいますが、そういう苦しみのなかに、
人生の本質というか、自分を磨かせようとしている、
仏や神の「大きな慈悲の心」を感じ取った人は、迷うことはまずないと。

そして、、誰であろうと、「いろんな試練を受けながら、
そのなかで魂が鍛えられ、磨かれ、強くなっていく」というのが本当の姿であり、
「人生において、何も、波風が立たず、向かい風が吹かず、困難が起きない」
ということを望んではならないと言われています。

その上で、難しい問題集が出てくることはあるが、いろいろな問題を解くことは、
みな、「アコヤ貝が、なかに入った砂やガラス片などを粘液で包み込み、
真珠をつくり上げていく」というような作業にしかすぎない。
そのことを知らなければいけないと結ばれていますね。

はい、大川総裁が知っている幸福の科学の信者で、
死後、地獄に堕ちた人は一人もいないそうです。
はっ・・第一号になったらどうしよう・・。

いやいや、私も、霊的人生観を持っているので、
きっと大丈夫 ! そう、大丈夫 ! たぶん・・。

以前から、このテーマを書きたいと思っていたんですよね。
先週の土曜日に、いつものように、私、リハビリに行ったんですよね。
そして、順番を待ってたら、いつもいるリハビリの先生がいなかったんですね。
だから、「あれ?またさぼってるの?」と、他の先生に聞いたら、
2日前に亡くなったと言われたんですよね。

えっ?と思って理由を聞いたら、心筋梗塞で突然だったみたいなんですね。
まだ、35歳で、奥様も、5歳の子供も残して、突然逝っちゃったんですね。

私ね、大震災のときも、ああ・・と思ったのですが、
今回は、ほんとに、そんなに早く逝かなくても・・と。
突然逝ってしまった彼は、その2日前に、健康診断を受けて、
何の異常も見つからなかったみたいなんですよね。

残された彼の奥様や子供の悲しみも、相当なものがあると思ったのですが、
私は、それより、突然逝ってしまった彼が、きっと、
分かっていないのではないのかなと思ったんですよね。

もし、あの世の存在があると知っていれば、もし、人間の本質が肉体ではなく、
魂であるということを知っていれば、突然逝っても、気付くと思うんですよね。
でも、あの世の存在を信じていなかったら、分からないと思うんですよね・・。

私、それからリハビリに行くたびに、心の中で叫んでいるんですよ。
ちゃんと還りなさいよ~ !
ここはもう、あなたがいるべきところではないよ~ ! と。
還るべきところは、ちゃんとあるから、導いてくれる人が来たら、
ちゃんと、還りなさいよ~ ! ってね・・。

死んで、肉体はなくなっても、魂は残るから、
きっと、私の心の声は、届いていると思うんですがね。
彼は、自殺じゃないから、自分が死んだことを悟れば、
すぐに還れるんですよね。
すごく、明るくて、優しい先生でしたから・・。

あっ、時々、私の手や腕にテーピングするときに、
「口にもしとこか?」なんて、憎まれ口はきいていましたがね。
それも、今となっては、懐かしい、思い出です・・。

さて、彼は自殺ではないので、すぐにあの世に還れると思いますが、
自殺した伊良部さんは、なかなか、あの世に旅立てないんですよね・・。

自殺したらどうなるの? - 幸福の科学-自殺防止サイト「WITH YOU」自殺を考えたことのあるあなたへ

真相1 肉体は死んでも、魂は死なない
日本では「死んだら終わり」という唯物論思想が浸透していますが、多くの世界宗教が示すように、肉体に宿っている魂こそ、人間の本質です。自分を消したくて自殺しても、魂は消えることはありません。

真相2 「死ねば皆、天国」は誤り。自殺者の魂はストレートに天国に還れない。
よく言われる「死ねば皆、ホトケになる」は、あの世の実態とは違います。仏教で説かれている「縁起の理法」の通り、苦しみの心で亡くなった人は、苦しみの世界(地獄)に赴きます。そうした人が心を浄化して天国に上がるには、長い時間が必要です。

真相3 自殺者は、生前の何倍もの苦しみや後悔を味わうことになる。
ほとんどの自殺者は、すぐにはあの世に旅立てません。本来の寿命がくるまで、亡くなった場所や家で地縛霊となり、遺された人の悲しみを見ながら、後悔や苦しみを味わうことになります。また、苦しさのあまり、生きている人に障りを起こしてしまう霊もいます。

真相4 自殺は尊い人生修行の放棄になる。
人は偶然に生まれてくるわけではありません。どの人も、地上での人生計画を立てて、様々な時代や環境を選んで生まれてきます。そして、人生の途上では、各人の魂にふさわしい試練が与えられます。その苦難・困難を「人生の問題集」として解きながら、一人ひとりが魂を磨いているのです。だから、自殺をすると、尊い人生修行を放棄することになり、来世以降に宿題を残してしまうことになるのです。

つまり、自殺は、あなた自身も、周りの人も、不幸にする選択なのです。


自殺してはいけない本当の理由 - After Suicide -


自殺した人は、本来の寿命がくるまで、亡くなった場所や家で、
地縛霊となって、遺された人の悲しみを見ながら、
後悔や苦しみを味わうことになるんですね・・。

それって、辛いですよね。
あの世にも還れず、本来の寿命がくるまで、地縛霊として彷徨うのであれば、
この世で苦しくても、もっともっと頑張って生きれば、
時間とともにその苦しみも解決するかもしれないし、
考え方を変えて頑張れば、人生も変わるかもしれませんよね。

自殺する方は、きっと、今、苦しいから死を選ばれるのでしょうが、
自殺しても苦しみからは逃れなれない。
自身も、まわりの人も不幸にする選択だということを知って欲しいですね。

生きている間には、ほんと、いろいろありますよね。
人生って、ほんとに、苦しみの連続かもしれません。
でも、その苦しみや試練は、魂を鍛えるためにあるんですよね。
家族や社会のなかで、自分を苦しめていると思う人は、
みんな、自分の魂を磨くための砥石なんですよね。

そんなふうに捉えたら、きっと、もっともっと、
前向きに生きていけるのではないでしょうかね。
と、偉そうに言ってる私も、今も、時々、
その砥石に踏み潰されそうになっていますがね・・。

私はいつも、政治や国防問題をバンバン書いていますが、たまに、
自身の人生の問題集が解けず、心が沈んでしまうと、言葉が出ないんですよね。
でも、私は、結構、切り替えが早いので、すぐに、言葉が出てくるんですね。
というか、けっこう忙しい日々を送っているので、
悩みにどっぷり浸かっている暇がないんですよね。

あと、悲観的になったときは、寡黙になるんですよね。
六口が無口になるんですよね。(←これは冗談。)
誰かに愚痴っても、結局、一緒だし、相手に申し訳ないですからね。
人生の選択や決断は、結局、自分でしなければいけないですからね・・。

あっ、私、たまに、家族のこと書いていますが、私の環境は、けっこう、
生きるってなんだろう・・と、考えさせられる環境なんですよね。

今、平均寿命を超えた両親の世話をしながら過ごしていますが、
だんだん身体も不自由になって、脳の萎縮も進んで、
普段、出来ていたことが、どんどん出来なくなっていく現状をみるにつけ、
年をとって、生きるというのも大変なことなんだな・・と、つくづく感じるんですよね。

でも、寿命は、誰にも分からないし、精一杯、最後まで、
自身の人生を生き切らなければいけないんですよね。
でも、年を取ると、甘えも出てきて、自分の人生なのに、
努力するということも、忘れてしまうようなんですね。

だから、私は、酷なようでも、両親には、常に、
「あなたの人生ですよ。私は、ただ、
出来なくなったことを変わりにしてるだけだから、
勘違いしないで、しっかり生きてね」と、ハッパをかけています。

あと、最近、娘が、「身体を放棄したい」と言うんですよね。
娘は、脳腫瘍のため、激しい頭痛に悩まされているのですが、
時々、痛みに負けて、弱気な言葉をつぶやくんですよね。

でも、それも、娘の人生の問題集なんですよね。
私は、励ますことや祈ることは出来ても、代わってやることは出来ないんですよね。
娘の、人生修行なんですよね・・。 

あっ、あと、(どんだけ出てくるねん・・)
昨年から5回ぐらい入退院を繰り返し、何度も転移した腫瘍の手術をしていた姉も、
この間、由布院に行って、心を入れ替えてきたみたいです。

もう、入院は嫌だから、「自分でつくった病気は自分で治す」
と心に誓い、前向きに生きていくみたいです。
だから、私はもう、心配はしません。
お姉ちゃん、そうだよね~。
(ははっ、時々、読んでるみたいだから確認しておこう・・)

私たち人間の魂、心は、試練によって鍛えられ、磨かれ、強くなっていきます。
だから、試練が来たら、逃げ出そうとせず、
正面から、その試練にぶち当たっていくぐらいの気概でいれば、
試練は、絶対に、乗り越えていけるのではないでしょうか。

逃げようとしても、結局逃げられないのだから、
さっさと覚悟を決めて、ちゃんと試練を受け止めていきましょう。
はい、偉そうに言ってる私も、いつもそう自分に言い聞かせています。

試練?なんぼのもんじゃ~い。
そんなもん、さっさと解決して、次、行ってみよう !

どんなことがあっても、自分の人生、しっかり生きてまいりましょう。
そして、自分のことだけでなく、他の人の痛みも分かる人間になってまいりましょう。

あの世には、美しく磨いた魂しか持って還れません。
棺桶に入るその日まで、何があっても、強く、逞しく、生きてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 
関連記事
コメント
少数派だったとは。
いやぁ、私は「大多数派」だと思ってました。
一被災者として、即刻解散しこの膠着状態の政治を一日でも早く動かして欲しいと考えております!
だいたい人の話を聞かない人間が、どうやったら「大多数」の人間の意図が分かるのでしょうか。

それにしても、リハビリ…?

ご本人様も大変ですね。。ご自愛下さいませ♪
2011/07/30(土) 22:13 | URL | 浮木盲亀 #-[ 編集]
Re: 少数派だったとは。
も、あっ、浮木盲亀さん、いらっしゃいませ~。

浮木盲亀さんは、一被災者として、
やっぱり、即刻解散を望まれているんですよね。
恐らく、その浮木盲亀さんの思いが、
大多数ではないのでしょうかね・・。

菅首相は、自分しか見えていないから、
国民の思いは分からないのでしょうね。
そして、被災地のみなさまの苦しみも・・。v-409

大多数の国民、特に、被災地のみなさまは、
ほんとに、歯がゆい思いをされているだろうと思います。

いろいろとご不自由もあり、大変でしょうが、
お気を落さず、日々お過ごしくださいませ・・。v-421

膠着状態の政治を一日でも早く動かしていただくためにも、
菅首相退陣、解散総選挙、共に、訴えてまいりましょう。

あっ、浮木盲亀さんも、お身体に気をつけてくださいませ。v-421
ありがとうございました~。v-436
2011/07/31(日) 02:56 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示