この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

菅首相日本滅亡計画? 『原発廃止による経済の萎縮は、大恐慌の引き金を引きかねない』

『少なくとも、今は、「原発をやめたい」という意見が出るぐらいなので、時系列であれば、水力発電は推進したでしょう。論理的には、そうでしょうね。「発電能力があるダムとして、もうすぐ完成するものを、建設中止にする」ということは、今であれば、ありえない話でしょう。鳩山さんと菅さんの順序が逆だった場合には、本当に、ありえないでしょうね。「一刻も早くダムを完成させて、電力を送るように」という話になるね。そういう矛盾はある。
また、朝日新聞は、どうせ、原発に反対する側を一生懸命に応援しておるんだろうが、実は、夏の甲子園を主催していて、それをテレビで見る人が多いために、最大発電量の確保が必要になるんだな。でも、それについて、彼らは知らん顔をしておるんだろうけどね。視聴のピーク時のために、実は電力を用意しなくてはいけないんだな。
ああ、そう。まあ、試合の放送をやめたらいいんだよね。
だから、ずるいところがあるような気はするな。
このへんについても、もう少し論理的に、いろいろと検証していく面は必要かな。
今、エコ(環境保全)とか、クリーンエネルギーとか、そんなもののほうに、うまくシフトしていき、また、ごまかそうとしてくるだろうが、コストの部分が十分には見えていないところがある。
それと、もう一つ、民主党政権には大きな責任があると思うんだな。
今回の原発問題で、実際に死者が出たわけではないのは間違いない。津波によって発電設備が故障したことによる被害であって、他の被災者たちと同様に、本当は東電も被害者ではあるんだけれども、これが諸外国に与えた影響には、そうとう大きなものがあったと思うね。』

    -2011年6月22日 空海の霊示
    -「もし空海が民主党政権を見たら何というか」-菅さんに四国巡礼を禁ずる法- より

H7012.jpg

ご訪問ありがとうございます。
毎日、少しずつ、記事を書き進めているのですが、
なかなか、最後まで書き切れず、日がまたがってしまう今日この頃。
記事の更新の遅さは、記事の長さに免じて、ご容赦くださいませ。
(こら~ ! 分割して更新せんかいっ ! というお声が・・。)

さて、先日、にほんブログ村から、愛国心を問う 記事トーナメント
へのお誘いがあったので、気軽に登録してみたのですが、
昨日、いつのまにか1回戦を通過したんですね。
あっ、レレレのレプちゃんさんも、同じく通過されましたね。

投票してくださったみなさま、ありがとうございます。
今日は、準々決勝だそうです。(はやっ !)
少しでも多くの方に、記事を読んでいただけたら幸いです。

さて、以前より、菅首相と民主党が、拉致容疑者関係団体へ、
献金してたとの報道をお伝えしていましたが、先日の衆院予算委員会で、
この献金問題を、古屋議員が追及し、拉致被害者家族に対して、
謝罪を求められたんですよね。
でも、菅首相は、頑として、謝罪されなかったんですよね。

あっ、その古谷議員の追及の模様を、お友達のトキオさんが、
動画UPされていましたので、ちょっとご覧くださいませ。

何も言わない 拉致犯と 仲が良い 首相-未来を我らに 幸福実現党応援宣言

古屋圭司議員 管首相に謝罪を 求める1.wmv
 

古屋圭司議員 管首相に謝罪を 求める2.wmv
 

古屋圭司議員 管首相に 謝罪を 求める3 でも とぼける首相.wmv
 

古屋圭司議員 管首相に 謝罪を 求める4 東京で オンエアしろ。.wmv


はい、私は、仕事の資料をほっぽり出して、ひたすら、
この動画をみてしまいました。(仕事せんかいっ ! って?)

菅首相や鳩山前首相、そして、その他の民主党の国会議員、
地方議員からの献金総額は、2億円を超えるみたいですね。
こんな巨額な献金をしていながら、献金先の団体の実態を、
「私は預かり知らぬこと」と言って、謝罪しない菅首相。
こんな言い逃れは、ほんとに、通用しませんよね。

それにしても、古屋議員の追求に対して、ふてぶてしい答弁を続けている菅首相。
でも、頑なに謝罪を拒んだ菅首相が、その後、態度を一転させ、
形だけの謝罪をされたみたいなんですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
【参院予算委】不適切献金問題 菅首相、一転「申し訳ない」拉致家族の抗議受け- MSN産経
菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体に計6250万円を政治献金していた問題で、菅首相は21日の参院予算委員会で、拉致被害者家族への謝罪に応じない姿勢を一転させ、「もしそういうこと(拉致実行犯と近い関係)があったとすれば、大変申し訳ない」と述べた。自民党の山谷えり子議員への答弁。(一部転載)

後で謝るのであれば、最初から、謝っときなはれ・・。
ほんとに、訳の分からない人ですよね。
まあ、でも、拉致被害者家族の増元さんから直接抗議を受けたら、
そりゃ、謝らないわけにはいきませんかね・・。

増元さんの 声を 全国民に 届けたい-未来を我らに 幸福実現党応援宣言

参議院にて 増元さん(拉致被害者家族)魂の叫び.wmv

このことを 何故 TVはやらないのだ??

はい、増元さんの、魂の叫びをお聞きして、私も、思わず、涙してしまいました。
拉致被害者家族の方から見れば、菅首相や、民主党議員のしていることは、
ほんとに、許せないことだし、耐えられませんよね。

拉致問題対策本部長の立場にある菅首相が、拉致容疑者関係団体に献金して、
支援していたなんて、ほんとに、有り得ないことですからね。
おまけに、政権政党、議員までが、関与してるんですものね。

この拉致容疑者関係団体は、公安がマークされてる団体なんですね。
民主党政権、ほんと、終わっていますよね・・。
それと、トキオさんは、このことを、何故、テレビはやらないのかとお怒りですが、
ほんと、日本のマスコミも、終わってますよね・・。

それにしても、衆院や参院の予算委員会が、菅首相の悪行を暴く場と化していますね。
これひとつとっても、菅首相の存在が、いかに無用のものであるかが分かりますよね・・。

【参院予算委】首相の「居直り」「はぐらかし」で7度中断 西岡氏「日本を滅ぼす気か!」 - MSN産経
21日の参院予算委員会でも菅直人首相は相変わらずの「はぐらかし」や「居直り」答弁を続けた。「脱原発」発言、外国人献金問題-。自らが招いた政治の混迷になお反省の色はなし。かみ合わない論戦に野党はいら立ち、審議は何度も中断した。民主党から漏れるのはもはやため息ばかり。(岡田浩明)(一部転載)

さて、その無用の菅首相の献金問題で、国会も収拾がつかず、
おまけに、復興・復旧も遅々として進まない状況のなか、
その菅首相に対するブーイングの嵐が、吹き荒れていますよね・・。

「日本がつぶれてしまう」菅政権へのブーイングの嵐 経団連の夏季フォーラム- MSN産経
長野県軽井沢町で21日始まった経団連の夏季フォーラムで菅直人政権に対するブーイングが相次いだ。遅々として進まない震災復旧や保身のためとしか考えられない首相発言に企業経営者はあきれ、「日本がつぶれてしまいかねない」と危機感を強めている。米倉弘昌会長は「被災地の苦しみが為政者の念頭にはない」と指摘。復興特区創設に向け「われわれが結束して動かなくては」と呼びかけた。(早坂礼子)(一部転載)

首相退陣は「粛々と」 連合・古賀会長 - MSN産経
連合の古賀伸明会長は21日、札幌市で記者会見し、菅直人首相の退陣時期について「本人がきちっと決めなければならない。粛々とやられると信じている」と述べた。東日本大震災をめぐる政府の対応に関しては「『対策が遅い』との声が出るのはよく分かる。被災者の一日も早い生活再建が政治の実行力であり、リーダーシップだ」と迅速さを求めた。

はい、経団連も日本労働組合総連合会の会長も、
菅首相に対して、ほんとに、お怒りのようですね。
「日本がつぶれてしまいかねない」
そう、菅首相は、日本の経済を潰し、日本を滅ぼすために、
その首相の座にしがみついているみたいですよね・・。

さて、菅首相の生み出す数々の矛盾が、日本を滅ぼす勢いですが、
先日、また、新たな矛盾を披露されましたね・・。

「脱原発」の矛盾、次々と ベトナムへのトップセールスに首相「議論したい…」- MSN産経
20日の衆院予算委員会では、菅直人首相の「脱原発依存」発言と民主党政権が進めてきた原子力政策との矛盾をあぶり出すような追及が野党から相次いだ。首相は脱原発表明について「私自身の考え方」とし、政府方針ではないとの認識を重ねて強調したが、もう手遅れ。「唐突な一言」が野党に格好の攻撃材料を与えてしまったようだ。 
 斎藤健氏(自民)「脱原発表明したにもかかわらず、ベトナムへの原発輸出を継続するのか」
 首相「外交手続きとしては進んでいる。そのあり方について議論したい」
 予算委では首相の歯切れの悪い答弁が続いた。民主党政権はこれまで原発をインフラ輸出の柱として海外に売り込んできた。昨年秋には首相自身のトップセールスでベトナムから受注に成功した実績がある。今回の「脱原発依存」発言との矛盾は明らかだった。
(一部転載)

はい、菅首相の、突然の決断によって、浜岡原発停止要請が出され、
その後、「脱原発依存」発言によって、日本の電力不足が加速していますが、
「脱原発」を掲げる菅首相は、昨年の秋に、原発を、インフラ輸出の柱として、
海外に売り込み、そして、ベトナムからの受注にこぎつけていたんですね。
しかも、菅首相自らのトップセールスでしたね。

にも関わらず、日本は、「脱原発」って、ほんとに、矛盾だらけですよね。
そして、今度は、その原発の海外輸出の見直しを示唆されたとか・・。

菅首相、原発輸出の見直し示唆 成長戦略に重大影響 - MSN産経
菅直人首相は21日の参院予算委員会で、原子力発電所の輸出について、「安全性を高めて進める考え方がベースだが、もう一度きちんとした議論をしなければならない段階にきている」と述べ、見直しの可能性を示唆した。自民党の塚田一郎氏への答弁。
 13日の記者会見で表明した「脱原発依存」との整合性をとるため、輸出継続の是非を検討する考えを示したとみられる。原発輸出は、成長戦略の柱として官民一体で推進し、すでにベトナムへの輸出も決まっており、日本の原子力政策や原発メーカーの戦略に重大な影響が及ぶのは必至だ


日本の信用失墜、民間努力も台無し…苦し紛れ原発輸出見直し発言 - MSN産経
「脱原発依存」発言に続く、菅直人首相の原発輸出の見直し示唆に対し、旗振り役の経済産業省幹部は、「国益を無視した発言だ」と、不満を隠さない。国内原発関連メーカーも「はしごを外された」と戸惑う。原発を推進する米国も、日本の脱原発に不信感を強めている。退陣を表明したはずの菅首相の発言で、日本の原子力政策への信用が日々失われている。

 原発輸出の見直しが、苦し紛れの発言なのは明白だ。20日の衆院予算委では、ベトナムへの輸出について、「外交手続きとしては進んでいる」と答弁し、継続を表明。自民党議員から「『原子力は律することができない技術』と言いながら外国に売り込むのか」と、13日の脱原発依存会見との矛盾点を追及された。自らの発言と整合性をとるには、輸出見直しに言及せざるを得なかったわけだ。
(一部転載)

ベトナムへの輸出について、「外交の手続きとしては進んでいる」
と言いながら、脱原発依存会見との矛盾点を追及されたら、原発輸出の見直しを示唆。

この菅首相の発言は、ほんとに、整合性がありませんよね。
その場その場の言い逃れのために、どんどん方針を変え続ける菅矛盾首相。
いまや、国内のみならず、海外の信用も地に堕ちているようです。

それにしても、脱原発で、日本に電力不足を巻き起こし、
日本の企業が、海外移転せざるを得ない状況をつくり出しているのに、
この上、原発輸出まで止めてしまったら、更に、日本の経済はダメージを受けますね。

脱原発の流れで、それでなくとも、失業者が増えるのに、
輸出まで止めてしまったら・・。
はぁ・・、お隣の中国は、原発技術の実験に成功して、
どんどん、原発推進しているというのにね・・。

中国、次世代原発技術の実験に成功 専門家「安全性高い」 - MSN産経
中国中央テレビによると、国有企業、中国核工業集団は21日、実験用原子炉で「第4世代原子力システム」と呼ばれる次世代原発技術による発電実験に成功した。
 急増するエネルギー需要に応えるため、中国政府は原発建設を加速する方針で、技術革新を進めている。同集団の専門家は次世代原発について、燃料の利用効率や安全性が高いと強調した。(共同)


経済大国日本が、中国に経済を抜かれ、今度は、
技術大国日本が、中国に技術を抜かれるのでしょうかね。
パクリ中国に、抜かれたくないですよね・・。
というか、日本から原発がなくなったら、日本が中国になってしまいますね・・。

『日本を攻めてこないようなところが原発をやめてくれても、別に、うれしくも何ともないですね。日本に攻撃をしかけてくる可能性のあるようなところが、原発をやめてくれるなら、効果は大きかったと思いますが、そちらは、まったく平気でいますからね。
それから、クリーンエネルギーの活用を訴えていたオバマ大統領であっても、「原発は続けたい」という気持ちを持っているようですが、それは、コストを計算すれば出てくる結論なんだろうと思う。
日本は、今回の原発問題を逆手に取って、「世界一安全な原発」という信用をつくつてしまったら、今度は原発が付加価値を生んで、それを海外に送り出すことができるようになってくるので、逆に、ここで、原発に関する技術力の高さを、しっかりPRすべく努力したほうがいいと思うね。
津波の被害は原発が起こしたわけではないんだから、何か論理が逆転してきているような感じですね。原発のせいで全部が流され、壊されたかのように思われてきている。海外でも、そのように見られてきているよね。
現在、いろいろな国が原発を廃止しようとしているんでしょう?
しかも、今、ヨーロッパを中心にまた経済危機が世界的に起きようとしているよね。
だから、気をつけないと、これには大きな恐慌の引き金を引きかねないところがある。やはり、経済を萎縮させていくのは非常に危険だね。』

    -2011年6月22日 空海の霊示
    -「もし空海が民主党政権を見たら何というか」-菅さんに四国巡礼を禁ずる法- より

空海(774~835)
讃岐の国(香川県)に生まれ、平安時代初期に活躍した真言宗の開祖。諡号は弘法大師。留学僧として唐に渡り、恵果和尚から密教の法灯を受け継ぐ。帰国後、高野山に金剛峯寺を建立して真言宗を開くとともに、庶民教育施設である綜芸種智院を開設したり、満濃池の改修を行ったりした。


さて、今日は、新刊書、「もし空海が民主党政権を見たら何というか」
のなかから、『原発廃止による経済の萎縮は、大恐慌の引き金を引きかねない』
というテーマを選んでみました。

この書籍は、6月22日に行われた、公開霊言の内容が納められていますが、
何故、空海さんだったかと言えば、それは、菅首相が、退陣表明をしたときに、
「私にはまだ、お遍路を続けるという、お大師さんに対する約束も残っている」
と言われていたからなんですね。(約束を守る人とも思えないが・・)

まあ、でも、そう言ったにも関わらず、今尚、延命を続けられていますが、
この霊言において、空海さんから、四国巡礼を禁じられたみたいですね。
菅首相 ! 次の「延命寺」には、もう、行ってはいけませんよ~。

さて、空海さんは、このなかで、「原発をやめたい」という意見が出てるが、
時系列であれば、水力発電は推進しただろうと言われていますね。
そして、論理的には、そうであり、「発電能力があるダムとして、
もうすぐ完成するものを、建設中止にする」ということは、
今であれば、ありえない話だと言われていますね。

さらに、鳩山さんと菅さんの順序が逆だった場合には、本当に、
ありえないし、「一刻も早くダムを完成させて、電力を送るように」
という話になる。
だから、そういう矛盾はあるとも言われています。

また、朝日新聞は、原発に反対する側を一生懸命に応援しているが、
夏の甲子園を主催していて、それをテレビで見る人が多いために、
最大発電量の確保が必要になるが、それについて、彼らは知らん顔をしている。
視聴のピーク時のために、実は電力を用意しなくてはいけないと。
だから、試合の放送をやめたらいいが、ずるいところがあると言われています。
そして、このへんについても、もう少し論理的に、
いろいろと検証していく面は必要だとも言われています。

さらに、今、エコ(環境保全)とか、クリーンエネルギーとか、
そんなもののほうに、うまくシフトしていき、また、
ごまかそうとしてくるだろうが、コストの部分が十分には見えていないとも・・。

それと、もう一つ、民主党政権には大きな責任がある。
今回の原発問題で、実際に死者が出たわけではないのは間違いない。
津波によって発電設備が故障したことによる被害であって、
他の被災者たちと同様に、本当は東電も被害者ではある。
これが諸外国に与えた影響には、そうとう大きなものがあったと言われています。

さらに、日本を攻めてこないようなところが原発をやめてくれても、
うれしくも何ともないが、日本に攻撃をしかけてくる可能性のあるところが、
原発をやめてくれるなら、効果は大きかったと思うが、そちらは、
まったく平気でいる。

そして、クリーンエネルギーの活用を訴えていたオバマ大統領であっても、
「原発は続けたい」という気持ちを持っているようだが、それは、
コストを計算すれば出てくる結論なんだろうと。

だから、日本は、今回の原発問題を逆手に取って、「世界一安全な原発」
という信用をつくつてしまったら、今度は原発が付加価値を生んで、
それを海外に送り出すことができるようになってくるので、逆に、
ここで、原発に関する技術力の高さを、しっかりPRすべく努力したほうがいい。

津波の被害は原発が起こしたわけではないから、何か論理が逆転してきている。
原発のせいで全部が流され、壊されたかのように思われてきている。
海外でも、そのように見られてきているとも言われています。

そして、現在、いろいろな国が原発を廃止しようとしているし、
今、ヨーロッパを中心にまた経済危機が世界的に起きようとしている。
だから、気をつけないと、大きな恐慌の引き金を引きかねないところがある。
やはり、経済を萎縮させていくのは非常に危険だと結ばれていますね。

はい。
空海さんのおっしゃることは、ごもっともだと思います。
津波による被害を受けた福島原発の事故を拡大させ、
原発の信用を失くし続け、世界的に、「脱原発」の流れを呼び込んだのは、
菅首相と、民主党政権だと思いますね。

そして、この世界的な「脱原発」の流れは、日本経済を潰すだけでなく、
大恐慌の引き金を引きかねないんですね。
菅首相と民主党政権の矛盾の数々は、日本だけではなく、
世界にも迷惑をかけているんですよね。

幸福実現党は、矛盾発言を繰り返し、日本経済を沈め続ける菅首相に対して、
17日から、菅首相退陣を求める街宣を、全国で続けています。
今日は、18日に行われた、松島幹事長の街宣の動画をいただいてまいりました。
菅首相と民主党政権の矛盾と、政府とマスコミが煽る「放射能パニック」の実態を、
明確に、訴えられていますので、ぜひ、ご覧くださいませ。

【幸福実現党】松島ひろのり 7/18桜木町駅街宣


13日、朝日新聞が1面で「提言 原発ゼロ社会──いまこそ政策の大転換を」という社説を掲載。これと連動して、菅首相が「脱原発宣言」を行いました。
これに対して、幸福実現党は「脱原発は間違い。原発はまだ必要」と正々堂々、どのマスコミも政党も言い切らない「正論」を訴えて­います。
菅首相は「再生可能エネルギー法案」を押し通そうとしていますが、経済的合理性に合わない自然エネルギーを、莫大な補助金と高い­電気料金によって、基幹電力にしようとする虚しい試みです。
歴史上、経済的自由や経済的的合理性を無視し、特定のイデオロギーに基づいて国を計画・運営しようとする「国家社会主義」的試み­は、ことごとく失敗して来ました。
幸福実現党は2011年7月17日より、「菅内閣打倒!人災・電力危機を打破しよう」全国一斉活動を展開して参ります!


はい、政府は、福島で、年間で浴びる放射線量が、
20ミリシーベルト以上となるところを、警戒区域設定していますが、
宇宙飛行士の方は、1日1ミリシーベルを半年浴び続けられているんですよね。
半年で、180ミリシーベル以上の放射線・・。
政府が設定した、警戒区域設定の線量は、ほんとうに正しいのでしょうかね。

あと、福島汚染牛も、毎日2キロを1年間食べ続けたら、
たった1回のレントゲンで浴びる放射線量と同じになるんですね。
あっ、私、昨日、レントゲン写真撮られたんですよね。
もう、730キロも汚染牛と言われるものを食べてしまったんですよね。(死ぬか?)

レントゲンは、たった1回で、それぐらいの放射能を浴びるんですね。
福島汚染牛なんて、汚染とは言えませんよね・・。

松島幹事長は、怖いのは放射能ではなく、「マスコミ、政府の放射能パニックだ」
と言われていますが、まさしく、自己保身、責任逃れのための基準値ですよね。

あっ、それと、40年前の「放射能の雨」の話もされていましたが、
中国の核実験が頻繁に行われると、放射能の雨が降ると言われ、
放射能の雨に当たると、癌や白血病になり、剥げるとも言われていたんですね。
また、それより前は、ソ連も核実験をしていましたよね。

そして、その当時の放射能は、今の福島の3倍あったんですね。
私は、子供の頃、放射能の雨に打たれて、よく学校から帰りましたが、
今尚元気で、髪もフサフサしております。

政府やマスコミの発表する数値に、恐怖心を煽られないように、
気をつけてくださいませ・・。

さて、日本の左翼勢力は、もともと、反原発を掲げていましたが、
極左民主党政権によって、その反原発の流れが加速しています。
そして、民主党を支持する左翼新聞、テレビの応援によって、
日本全国を放射能パニックに貶め、国民を洗脳し続けています。

民主党は、政権を取るなり、143の水力ダムの工事を中止し、
その後、CО2の25%の削減を掲げました。
その上、石油が輸送されるシーレーンを守るために、
9年間続けてきた「平和安全活動」からも撤退しています。

そんななかで、今回ぶち上げられた「脱原発」
民主党政権は、水力発電を否定し、火力発電を否定し、
そして、今、原子力発電の否定までしています。

日本の資源自給率は、わずか4%しかないなかで、発電におけるすべてを否定して、
今、見通しもまだ立っていない、自然エネルギーの推進をしています。
なんとも、計画性が無く、矛盾だらけの政策ですよね。

というか、こんなもの、政策と言えるものではありませんよね。
すべて、無能政権のなせる業。
延命のみを目的とした菅首相、そして、
民主党政権が生み出した、矛盾の連続からくる混乱です。

空海さんは、原発廃止による経済の萎縮は、
大恐慌の引き金を引きかねないと言われていますが、
菅首相は、もしかしたら、本気で、日本経済を潰すために、
大恐慌を引き起こし、日本沈没させるために、意図的に、
この矛盾をつくりだしているのではないかとさえ、思えるときがありますよね。

大恐慌の引き金を引かせないためにも、
この、「脱原発」の流れは、なんとしても止めなければなりませんね。
そのためにも、菅首相には、なんとしても早く退陣していただきましょう。
そして、無策無能の民主党政権は、なんとしても、お引取り願いましょう。
自分の国を滅亡に導く指導者と政党は、日本には不要です。

解散総選挙 !
声を大にして、訴えてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
菅ちゃん、辞めてくれ!!
秋以降も「菅外交」が続くという悪夢
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110724/plc11072418010007-n1.htm

この方、辞める気、全然ないですよ。夫人も辞職を勧めるべきなんですが、全然駄目ですね。
ところで・・・
なんか、トーナメント、【勝負】になってますね。びっくりした。
2011/07/24(日) 19:09 | URL | レレレのレプちゃん #djblponI[ 編集]
Re: 菅ちゃん、辞めてくれ!!
レレレのレプちゃんさん、いらっしゃいませ~。

うっうっ、準決勝でレプちゃんに負けちゃったよ。v-409
でも、レプちゃん、頑張って決勝に残ってるね。
今、投票してきました~。

優勝目指して頑張ってくださいませ~。v-91

と、菅ちゃん・・。
ほんとに、いつまで悪夢が続くのでしょうかね。
この人のこと考えると、波動が悪くなるのよね・・。
ああ、もう、書きたくねぇ。
でも、書かねば・・。
お互い、めげずにばんばん書き続けましょうねv-218

ありがとうございました~。v-436

追伸
また、ブログ名変えたのね・・。v-411
2011/07/24(日) 20:57 | URL | はっぴーらぶ #AOByr8/I[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/02/03(金) 22:18 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示