この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

[今、"吉田ドクトリン"のツケがまわってきている] 防衛力強化 ! 半主権国家からの脱却 を !

『「日本外交の鉄則」(幸福実現党刊)のなかにも書きましたが、今まで政治学者もマスコミも点検してこなかったことが、一つだけあります。
それは、"吉田ドクトリン"というものです。
吉田茂は、戦後の名宰相と言われている人です。彼は、1951年、アメリカと安全保障条約を結び、「アメリカに守ってもらって、日本は経済活動に邁進する」という路線を敷きました。
日本は、戦後、アメリカから押しつけられた憲法、要するに「占領憲法」を受け入れましたが、実は、1950年に朝鮮戦争が起きたとき、アメリカは対日政策を転換し、「日本はきちんと憲法改正をして、独自の防衛力を持つように」と要請してきていました。
それをはねつけたのが、吉田茂だったのです。
彼は、「アメリカは日本の番犬さまだ」などと言い、「番犬さまが守ってくれているから、日本は経済活動だけに邁進していればよい」という路線をつくりましたが、戦後、それが成功したように見えたために礼賛されていました。「日本は金儲けに専念できたので、こんなに発展した」と、神話のように言われてきたのです。
しかし、この判断は、政治家としては間違いであったと考えます。日本は、この段階で、半主権国家、すなわち、主権を完全に行使することのできない国家になってしまったのです。その結果、商人国家、金儲け国家にはなりましたが、国のトップが「自分の国を自分で守る」という理念を捨てたことのツケが、今頃になって、回ってきているわけです。
どこの国であっても、占領状態が終われば、元の状態に戻します。それは当たり前のことです。例えば、今のイラクも同じです。アメリカはイラクを占領しましたが、撤退するに当たり、イラクに軍隊をもう一回つくらせています。普通は、「軍隊をつくったら、再び牙を向けるのではないか」と思うかもしれませんが、アメリカはイラクにきちんと軍隊をつくらせていますし、自分たちで自治ができるよう、警察もつくらせています。これは当たり前のことなのです。
したがって、日本も、戦後、どこかの時点で、この"吉田ドクトリン"を見直さなければいけなかったのです。ここに大きな間違いがあったと思います。』

         ---「平和への決断」 第5章 この国を守る責任 より

H7010.jpg

ご訪問ありがとうございます。
大型台風北上とともに、すごい雨が降っていましたが、今は、ちょっと小降りになりましたね。
大阪は、ずっと注意報のままですが、あっちこっちで警報が出ているみたいですね。
「統計史上7月最強級」の台風6号が北上、西日本上陸も  - MSN産経
大型の台風6号が北上 非常に激しい雨の恐れ - MSN産経

この大型台風6号は、統計史上7月最強級みたいですね。
民主党政権になってから、地震も津波も最大級だったし、
原発事故の拡大も最悪だったし、梅雨入りも梅雨明けも早かったりで、
ほんとに、いろんなことが重なりますよね。
やっぱり、天上界の神々は、左翼政権にはお怒りなのでしょうかね。
みなさま、どうか、最強級の台風に、細心の注意をお払いくださいませ・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
昨日から、ネットや紙面、テレビでは、なでしこジャパンの話題で持ち切りですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
【産経新聞号外】なでしこ世界制覇(pdf)
【サッカー女子W杯】なでしこジャパンが世界一 最優秀選手は沢 - MSN産経
サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会最終日は17日、フランクフルトで決勝を行い、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング4位の日本は同1位で3度目の優勝を目指していた米国と対戦、2-2からのPK戦を3-1で制し、初優勝を飾った。最優秀選手には日本の沢穂希(INAC)が選ばれた。
 女子はこれまで、五輪とW杯の主要国際大会を通じ2008年の北京五輪で4位になったのが最高成績だった。男子を含めても、サッカーで日本が五輪またはW杯で金メダルを獲得するのは初めてとなる。
(一部転載)

scr11071806360016-n1.jpg
米国を破って初優勝を果たし、トロフィーを掲げて大喜びの沢ら日本イレブン
=フランクフルト(共同)


【サッカー女子W杯】“折れない心”東北にささぐ - MSN産経
東北とともに。サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝した日本代表は、東日本大震災の被災地を勇気づけようと戦った。2度もリードされたが、あきらめなかった。ピッチには岩手県出身の選手、そして東京電力福島第1原発事故の影響で活動休止に追い込まれた東電サッカー部の元部員らの姿もあった。(高久清史(一部転載)

なでしこジャパンの快挙 !
もう、日本中が喜びに沸いていますよね。
そして、東北の被災地を勇気づけようと頑張ったメンバーの方々。

サッカーで、日本が五輪、W杯で金メダルを獲得したのは初めてなんですね。
なでしこジャパンのメンバーの皆様、お疲れ様でした。
そして、感動をありがとうございます・・。
被災地のみなさまも、なでしこの勇気をいただいて、
折れない心で、更に、前を向いて進んでくださいませ・・。

さて、なでしこジャパンの世界一の快挙に、
菅首相も、祝福の言葉を述べられているみたいですね・・。

【サッカー女子W杯優勝】「被災地に最高の贈り物」菅首相もなでしこを祝福 - MSN産経
全ての日本国民、中でも被災地の方々に、最高の贈り物をありがとう-。
 菅直人首相は18日、サッカー女子ワールドカップ(W杯)で初優勝した日本代表「なでしこジャパン」を祝福するコメントを発表した。
(一部転載)

【サッカー女子W杯優勝】菅首相「あきらめない気迫が優勝もたらした」 野党からは「あきらめろ!」と野次も - MSN産経
菅直人首相は19日午前の衆院予算委員会で、サッカー女子日本代表のワールドカップ(W杯)初優勝について、「体格の小さな日本選手が大きい外国人選手に自由なプレーをさせない。その迫力や先行されてもあきらめないで逆転する、ネバーギブアップというか、絶対にあきらめない気迫が優勝という素晴らしい結果をもたらした」と祝福。「被災地にも大きな勇気を与えていただいた。本当にうれしく、ありがたい」と述べた。一方、野党席からは「総理あきらめろ!」との野次も飛んでいた。
 民主党の近藤洋介氏への答弁。


全ての日本国民、中でも被災地の方々に、最高の贈り物をありがとう-。
・・・。
喜びに水を差すのはどうかと思いますが、
本来、日本国民と、被災地の方々に最高の贈り物をすべきは、
日本のリーダーである、菅首相、あなたなんですけどね・・。

まあ、首相の座に居座り、延命しか思い付かない上に、
被災地の方々の苦しみも分からず、こんな時期に、
政府専用機で、なでしこ観戦を目論んでいた人では、
最高の贈り物なんて、考えることもできないでしょうけどね・・。
呆れた菅の「なでしこ観戦」計画…政府専用機で弾丸ツアー - 政治・社会 - ZAKZAK

菅首相には、この1年余りの間に、悪夢ばかり見せられていますが、
そろそろ、最高の贈り物を頂きたいですよね。
総理あきらめろ !

はい、延命をあきらめ、とっとと退陣していただきたいですね・・。
あっ、少しは、なでしこジャパンの佐々木監督の爪の垢でも煎じて、
大量に飲んでいただきたいですね・・。
【サッカー女子W杯優勝】高い志と的確な選手起用で頂点に導いた佐々木則夫監督
- MSN産経


とかなんとか書いていたら、なでしこジャパンのメンバーが官邸を訪れて、
菅首相に、優勝報告をしたみたいですね。
【サッカー女子W杯優勝】菅首相へのアドバイスは?沢主将、きっぱり「ないです」 
なでしこ優勝報告 - MSN産経


沢主将は首相へのアドバイスを尋ねられると、きっぱり「ないです」と返答した。
ははっ、沢主将も、菅首相を見放しているみたいですね・・。

さて、なでしこの話題はこれぐらいにして、次のニュースを見てみます。
中国政府の断固たる反対もなんのその、オバマ大統領と、
ダライ・ラマ14世の、2回目の会談が行われたみたいですね・・。

米大統領、ダライ・ラマと会談 チベット人権擁護、中国政府との対話を支持 - MSN産経
【ワシントン=佐々木類】オバマ米大統領は16日、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世と会談した。オバマ大統領がダライ・ラマと会談するのは、昨年2月に続き2回目。
 ホワイトハウスによると、大統領はダライ・ラマとの会談で「チベット特有の宗教、文化、言語の独自性、中国国内におけるチベット人の人権擁護を強く支持する」考えを示し、「ダライ・ラマ側と中国政府が問題解決に向けた対話を行うことを支持する」と強調。昨年の会談でも、オバマ氏は同様の発言を行うとともに、非暴力で中国政府との対話を追求する姿勢をみせたダライ・ラマの「中庸の姿勢」を称賛した。
(一部転載)

オバマ大統領は、ダライ・ラマ14世との会談で、
中国国内におけるチベット人の人権擁擁護と、
中国政府との対話を支持されたんですね。

オバマ大統領は、アメリカにおいて、今、少し、
支持が下がっているようですが、それでも、日本の首相に比べたら、
ほんと、リーダーとして、頼もしいところがありますよね。

日本の首相は、中国政府にちょっと批判されたら、
弱腰になって、言いなりになってしまいますからね。
というか、もともと、今の政権は、中国大好き、属国気分ですからね。

日本にも、中国政府に対して、強気で臨めるリーダーが欲しいですよね。
まあ、現時点で、それは、夢物語ですがね・・。

さて、この2回目の会談を受けて、中国政府の憤りが爆発していますね・・。

「強い憤り」中国、米に抗議 オバマ-ダライ・ラマ会談、対抗措置は言及せず - MSN産経
中国外務省は17日未明、オバマ米大統領とチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の会談を受け、崔天凱次官が米大使館当局者を緊急に呼び出して抗議し、中国側の「強い憤りと断固たる反対」を表明したと発表した。
 馬朝旭外務省報道局長も同様の談話を出し、中国に対する内政干渉をやめるよう米側に求めた。中国側は具体的な対抗措置には言及していないが、今後の米国の対応を見極めながら、あらためて厳しい対応を取ることも予想される。(共同)


中国に対する内政干渉をやめるよう米側に求めた・・。
う~ん、どの口がそれを言うね~ん  と、言いたいですよね。
さんざん、日本や周辺国に対して、内政干渉を続け、その上、
領土侵犯まで続けている中国が、よく、こんなことが言えますよね。

というか、アメリカのオバマ大統領が、誰と会談しようが、
そんなこと、オバマ大統領の勝手ですよね。
そして、中国は、チベットを侵略してるのだから、
本来、こんなことが言える立場ではありませんね。

さらに、今尚、チベット人の弾圧を続けているのですからね。
一党独裁の国は、国内法も、国際法もないに等しいですよね。
はやく、中国の民主化が進みますように・・と祈る毎日です・・。

さて、アメリカのオバマ大統領は、強いリーダーシップを発揮されていますが、
日本のリーダーである菅首相は、リーダーシップどころか、
とんでもない行状の報道が続いていますよね・・。

市民の党“機関紙” 菅首相、30年前から寄稿 よど号犯やポル・ポト派幹部も- MSN産経
菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)から派生した政治団体に計6250万円の政治献金をした問題をめぐり、菅首相が約30年前から、市民の党の“機関紙”に寄稿したりインタビューに応じたりしていたことが17日、産経新聞の調べで分かった。同紙には長男の父親であるよど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーが、北朝鮮から寄せたメッセージも掲載。市民の党側が、菅首相や拉致容疑者側と長年近い関係だったことが伺える。

 問題の新聞は「新生」というタイトルで、昭和54年から月2~3回刊行されていた。平成14年以降は休刊状態となっている。題字横には「市民の党をつくる新聞」とあり、酒井代表が主筆を務めていた。市民の党が推す議員らの選挙を詳しく報じるなど、事実上の機関紙として機能していた。
 菅首相が2期目に挑戦した昭和58年の衆院選を前に同紙は、菅首相を「市民派の象徴というべき人物」と紹介し、インタビュー記事を掲載。菅首相は軍縮に絡んで、「レーガン米大統領とアンドロポフソ連書記長をスペースシャトルに乗せて青い地球を見せる」と自説を語っていた。
 さらに菅首相は、59年1月の紙面に「“市民政治”の芽を太い幹に」との見出しのメッセージを寄せ、「労働運動と市民運動が両輪となるような運動のあり方をぜひ追求したいと思う」などと抱負を述べている。

一方、同紙はよど号犯にも近いスタンスを示している。63年4月には、田宮元リーダーが北朝鮮から送った文章を掲載。「チョソン(北朝鮮)に来てから、これまでの18年間は自己を革命化する日々だった」などとつづられていた。同紙は田宮元リーダーの著書「わが思想の革命」の書評にも大きく紙面を割いている。
 市民の党は今年4月の東京都三鷹市議選で、田宮元リーダーの長男を擁立したが、落選している。長男の母親は、55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子(よりこ)容疑者(58)。森容疑者は北朝鮮にとどまっているとされる。
 同紙は世界の共産主義勢力と親密な関係を構築していたとみられ、58年にはカンボジアのポル・ポト派幹部のイエン・チリト元社会問題相からもメッセージを受け取っていた。イエン氏は、今年6月に始まったポル・ポト派の大量虐殺を裁くカンボジア特別法廷に被告として出廷している。
菅首相の資金管理団体「草志会」は、市民の党から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」に、平成19~21年に計6250万円を寄付。民主党からは同時期、草志会へ計1億4980万円が献金されていた。献金の意図について、菅首相は7日の参院予算委員会で「政治的にいろいろな意味で、連携をすることによってプラスになると考えて寄付した」などと答弁している。


この記事は、昨日の産経新聞の朝刊のトップ記事だったのですが、
菅首相は、30年も前から、この「市民の党」の機関紙に寄稿したり、
インタービューに応じたりしていたんですね。

この「市民の党」には、国際手配されている拉致容疑者、
森順子の長男が所属しており、そして、この機関紙には、
その長男の父親である、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーが、
北朝鮮から寄せたメッセージも掲載されているんですね。
所属している長男の母親が拉致容疑者、父親がよど号ハイジャック犯の元リーダー。
そして、この長男は、生まれたときから、北朝鮮で教育を受けてこられたんですね。

そして、この長男を支援する市民の党は、菅首相や、拉致容疑者側と、
長年近い関係だったことが伺えると言われていますが、
これは、よど号ハイジャック犯のリーダーや、拉致容疑者と、
菅首相も、長年、近い関係だったということなんでしょうかね。

それにしても、どうして、産経以外の大手新聞は、この菅首相の献金や、
市民の党との関係について、掲載しないのでしょうかね。

日本の首相が、拉致家族の支援ではなく、拉致容疑者を支援してるというのに、
それでも、日本の多くのマスコミは沈黙してるんですよね。
ほんとに、日本のマスコミ、終わってますよね・・。

あっ、アメリカの週刊誌が取り上げているので、日本も、
そのうち、黙っていられなくなるかもしれませんね・・。
「北朝鮮」と菅「献金」の深い闇 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

さて、北朝鮮との繫がりが、次々に発覚する菅首相ですが、
菅首相の打ち出した「脱原発」によって、放射能の死者ではなく、
熱中症の死者が出たとの報道もありましたね・・。
【名言か迷言か】ついに死者!!菅首相の思いつきで続出する3次被害 - MSN産経

大震災、津波、原発事故、菅人災と続いていましたが、
ここにきて、次は、熱中症による死者が出たんですね。
菅首相の思いつきで続出する3次被害ですか。
ほんとに、いつまで続くの民主党災害 ! ですよね。
みなさま、熱中症には、くれぐれも、気をつけてくださいませ・・。

さて、延命のために、国民に被害を与え続ける菅首相ですが、
幸福実現党が、そんな菅首相の退陣を求める街宣を始められましたね・・。

7/17 新宿アルタ前にて、首相退陣を求める街宣を行いました | 幸福実現党ニュース
菅首相が打ち出した「脱原発」が実現すると、来年春にはすべての原発が止まってしまい、日本に新たな「国難」がやってきます。

私たち幸福実現党は、この国難から国民の生活を守り、景気を回復させ、また国家の安全保障を盤石にするために、「脱原発は間違い。引き続き原発は必要である」ことを訴えてまいります。

また、国民の生活や経済を無視し、「辞める」と言いながら今なお首相の座に居座り続ける菅直人首相に「菅内閣の即刻退陣」を訴えてまいるため、幸福実現党では7月17日(日)より「菅内閣打倒!人災・電力危機を打破しよう」全国一斉活動を展開して参ります。


【幸福実現党一斉街宣】黒川白雲政調会長 07/17新宿アルタ前


7/15 「脱原発」5つの間違い-幸福実現党 政調会長 黒川 白雲

はい、マスコミが言わない真実を叫び続けている幸福実現党。
幸福実現党の方々の声が、一人でも多くの国民の胸に響くようにと祈ります・・。

さて、今日は、「平和への決断」のなかから、
[今、"吉田ドクトリン"のツケがまわってきている]というテーマを選んでみました。

大川総裁は、このなかで、「日本外交の鉄則」のなかにも書いたが、
今まで政治学者もマスコミも点検してこなかったことが、一つだけある。
それは、"吉田ドクトリン"というものだと言われていますね

そして、吉田茂は、戦後の名宰相と言われている人で、1951年、
アメリカと安全保障条約を結び、「アメリカに守ってもらって、
日本は経済活動に邁進する」という路線を敷いたと言われています。

さらに、日本は、戦後、アメリカから押しつけられた憲法、
要するに「占領憲法」を受け入れたが、実は、1950年に、
朝鮮戦争が起きたとき、アメリカは対日政策を転換し、
「日本はきちんと憲法改正をして、独自の防衛力を持つように」
と要請してきていたが、それをはねつけたのが、吉田茂だったと。

そして、彼は、「アメリカは日本の番犬さまだ」などと言い、
「番犬さまが守ってくれているから、日本は経済活動だけに邁進していればよい」
という路線をつくった、戦後、それが成功したように見えたために礼賛されていた。
「日本は金儲けに専念できたので、こんなに発展した」と、
神話のように言われてきたとも言われていますね。

でも、この判断は、政治家としては間違いであった。
日本は、この段階で、半主権国家、すなわち、
主権を完全に行使することのできない国家になってしまった。
その結果、商人国家、金儲け国家にはなりましたが、
国のトップが「自分の国を自分で守る」という理念を捨てたことのツケが、
今頃になって、回ってきていると言われています。

その上で、どこの国であっても、占領状態が終われば、元の状態に戻す。
それは当たり前のことであり、例えば、今のイラクも同じで、
アメリカはイラクを占領したが、撤退するに当たり、
イラクに軍隊をもう一回つくらせている。

普通は、「軍隊をつくったら、再び牙を向けるのではないか」
と思うかもしれないが、アメリカはイラクにきちんと軍隊をつくらせているし、
自分たちで自治ができるよう、警察もつくらせている。
これは当たり前のことだと言われています。

だから、日本も、戦後、どこかの時点で、この"吉田ドクトリン"を、
見直さなければいけなかった、ここに大きな間違いがあったと・・。

はい、大川総裁は、「日本外交の鉄則」(幸福実現党刊)のなかにも、
吉田ドクトリンは間違いであったと書かれていましたが、
この「日本外交の鉄則」なかで、小村寿太郎霊も、同じことを言われていましたよね・・。
日本外交のあるべき姿とは-戦後の"吉田ドクトリン"は間違っていた  2010.12/18記事。

H7005.jpg

私も、この記事のなかで書いたのですが、この「吉田ドクトリン」
という、吉田茂さんの国家戦略のために、今の日本人の、
お花畑の考え方が出来上がってしまったんですよね。

吉田茂さんは、1951年に、アメリカと安全保障条約を結び、
「アメリカに守ってもらって、日本は経済活動に邁進する」という路線を敷いて、
その後、「占領憲法」を受け入れたけれども、実は、1950年に、
朝鮮戦争が起きたとき、アメリカは対日政策を転換し、
「日本はきちんと憲法改正をして、独自の防衛力を持つように」
と要請してきていたのをはねつけた人なんですね。

そして、その後、日本は、ずっと、経済活動だけに邁進し、
世界第二位の経済大国にまでなったんですよね。
でも、その間に、吉田茂さんが打ち出したこの国家戦略によって、
日本の政治家の人たちも、アメリカが守ってくれるから大丈夫。
日本は、憲法で、戦争放棄しているから、ずっと平和なんだという、
ちょっと、夢のような思想が出来上がってしまったんですね。

でも、今や、日本は、その自慢の経済も、中国に追い抜かれ、
おまけに、中国や北朝鮮から、核ミサイルの照準を合わされているという現状。
そして、そんな状況のなかで、ずっと守ってくれていたアメリカに対して、
「米軍出ていけ」などと、訳の分からないことを言い出す始末。

そして、国防や、防衛力の強化などを言おうものなら、
すわっ ! 軍国主義の再来か ! などの考え方をして、
自分の国を自分で守るという当たり前のことも、考えられなくなってしまったんですね。
そして、その考え方は、政治家だけでなく、多くの国民にも浸透して、
日本全国、平和ボケの国民が、いっぱい、つくり出されてしまったんですよね。

幸福実現党は、そんな、平和ボケ日本を変えるために立党されました。
他の政党が言わない防衛政策を、堂々と打ち出しています。
幸福実現党|幸福実現党の主要政策(2011年7月)

自分の国は自分で守る
日米同盟を強化し、隣国の脅威から国民を守ります。


日本は今、アメリカと同盟を結んでいます。
でも、そのアメリカも、今、財政赤字で苦しんでいます。
そして、民主党政権になってから、普天間移設問題も迷走し、
日本政府は、アメリカからの信用も失っています。

今、アメリカから、同盟を破棄されたら、日本は守り切れません。
だから、同盟が堅持されている間に、日本は、
「自分の国は自分で守る」という体制を、つくり上げねばなりませんね・・。

延命のみに生きる首相は、日本には不要です。
政党、政権維持のみに汲々とする民主党は、もう、日本には不要です。

マスコミの報道しない正論を発信し続けている幸福実現党。
批判を恐れず、ただひたすら、この国の未来のために活動する幸福実現党。
吉田ドクトリンの間違いから脱却するためにも、
この国を守り抜くためにも、私は、幸福実現党の躍進に期待しています。

「自分の国は自分で守る」という理念を取り戻しましょう。
半主権国家から脱却して、日本独自の防衛力強化を進めましょう。

そして、そのためにも、民主党政権にはお引取り願いましょう。
菅首相退陣 ! 解散総選挙 !

日本の明るい未来のために、共に、訴えてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
政治って難しいですなぁ・・・
「日本は、この段階で、半主権国家、すなわち、主権を完全に行使することのできない国家になってしまったのです。」

その場の快楽を追及するだけの“コギャル”的発想で政治やられると、後の世代が困りますなあ。
菅氏なんか、モロそれですよ。思い付きだけで政治してる。怖いことです。
2011/07/20(水) 21:24 | URL | レレレのレプちゃん #djblponI[ 編集]
Re: 政治って難しいですなぁ・・・ほんとにね・・
レレレのレプちゃんさん、いらっしゃいませ~。
ほんと、政治って難しいですよね・・。

吉田ドクトリンで、日本は、経済大国になりましたが、
どこの国でも当たり前に考えている「国の防衛」が疎かになっていますね。
まさに、今、そのツケがまわってきているんですよね・・。

ただ、吉田繁さんは、経済発展を考えておられましたが、
菅首相は、その経済さえも、沈めようとしていますね。

まあ、沈んだ経済は、優秀なリーダーが出てくれば、また、盛り上げることは可能ですが、
領土を取られたら、取り返すのは至難の技ですよね・・。v-406

だから、菅首相には、とっとと辞めていただきたいですね・・。

まずは、菅首相退陣 !
声を大にして、訴えてまいりましょう。v-91
ありがとうございました~。v-436
2011/07/20(水) 22:44 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【はっぴーらぶが斬る!!】 "吉田ドクトリン"のツケがまわってきている

[今、"吉田ドクトリン"のツケがまわってきている] 防衛力強化 ! 半主権国家からの脱却 を !
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示