この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

考え方を変えれば道は開ける ! ! ! 『地面の泥を眺めるのか、夜空の星を眺めるのか』

『この世的な意味で、わがままを言えばきりがない面はあるだろうと思います。
若い頃に読んだ本ですが、デール・カーネギーの「道は開ける」(香山晶訳、創元社刊)に、このような話が書いてありました。
ある女性の夫がカリフォルニア州の砂漠に近い陸軍教練所に配属され、彼女もそこに引越したのですが、夫が演習に参加したため、彼女は掘っ立て小屋に一人で取り残されてしまいました。猛暑の上に、英語の通じない先住民しか話し相手がおらず、つらくて、つらくて、彼女は、「家に帰りたい」というような手紙を両親に出したのです。
そうすると、お父さんから返事が来たのですが、それは簡単な内容で、「刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた」としか書かれていませんでした。
しかし、彼女は、それを見て、「これは、『考え方によって人は違ってくる』と教えてくれているのだ」と考えました。そして、「地面の泥を眺めないで、夜空の星を眺めよう」と努力し、その砂漠地帯で、よい人生、素晴らしい人生をつくろうとした結果、それなりに道が開けたのです。
鉄格子のなかから、地面の泥を見る人もいれば、夜空の星を見る人もいます。
同じ環境にいても、考え方が違えば、人は違ってくるのです。
「○○が満たされれば、自分は幸福になる」という考え方をすると、きりがないところはあるので、そういう人には次のように話してみてください。
「あなたは、自分の人生が上向いていく方向、要するに、幸福に向いていくほうを選びたいのですか。それとも、不幸になるほうを選びたいのですか。どちらを選ばれるのですか。
不幸になるほうを選びたいのでしたら、足らざるところ、不満なところばかりを、毎日、言っていれば、間違いなく、そうなります。
ただ、自分を幸福な方向に導いていきたいと思うなら、自分に与えられたことや許されたこと、恵まれていることを考え、いつも、未来が輝く方向を目指していてください。そうすれば、そのようになっていきます」
そういうことを教えていただきたいのです。』

       ---「逆境の中の希望」-魂の救済から日本復興へ-
         第4章 救いは、すでに存在している[質疑応答] より

H0322_20110713221847.jpg

ご訪問ありがとうございます。
ほんとに、暑いですね。
この暑さで、うちの父の痴呆が、更に加速して、
訳の分からないことを、毎日しでかしてくれるんですね。
だから、私は、少々、体力も気力も萎え気味なんですよね。

家庭用のエアコンを切れ?
節電なんてしてられるか~!
エアコンつけて、父の頭をスッキリハッキリ~ !
などと、ばかなことを叫んでいる今日この頃です。

あっ、暑いと言えば、西日本から東海にかけて梅雨明けしたとの発表が、
ちょっと前にありましたが、東北地方も既に梅雨明けしたみたいですね。

梅雨去って、東北地方に猛暑襲来 - MSN産経
梅雨明けした11日の東北地方は晴れ間が広がり、特に内陸部で気温が上昇した。福島・喜多方で7月の最高気温を更新する37・4度、会津若松36・5度、秋田・角館35・8度など、6地点で猛暑日となった。
 沿岸部の被災地は海風の影響で内陸部に比べて涼しかったものの、平年より5度前後高く、仙台や宮城・石巻では31・5度の真夏日を記録した。
 仙台管区気象台は「しばらく気温が高い状態が続くので、熱中症には注意し、十分水分を補給してほしい」としている。


東日本は梅雨明け早々猛暑襲来ですか・・。
被災地の皆様、どうか、暑さに負けず、前向きに、日々、お過ごしくださいませ。
それと、熱中症には、くれぐれも気をつけてくださいませ・・。

さて、震災から、既に4カ月が過ぎましたが、宮城県内では、
石巻魚市場の営業再開によって、被災した魚市場すべてが再開したみたいですね。

【東日本大震災】震災から124日、活気戻った石巻魚市場 - MSN産経
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市の石巻魚市場が12日、4カ月ぶりに営業を再開した。スルメイカやスズキなどが水揚げされ、震災前は国内有数の水揚げ量を誇った魚市場は久しぶりに活気づいた。
 これで同県内で被災した主要な魚市場はすべて再開した。


被災から4カ月、政府がモタモタしていても、
被災地の方たちは、力強く前向きに動かれているんですよね。
でも、避難所で過ごす方たちが、まだまだ多くいらっしゃるのが現状。
一日も早く、被災地が、完全復興を遂げる日が来ることを祈っています。

さて、今日も少しだけニュースを拾ってみました。
北朝鮮の工作員か?との疑いが持たれている菅首相ですが、
その菅首相の献金原資は、民主党から出されていたものだったんですね・・。

クリックお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
拉致容疑者親族周辺団体への献金、菅首相側に1億2300万円 民主の献金が“原資”か  - MSN産経
菅直人首相の資金管理団体「草志会」が、日本人拉致事件の容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」に計6250万円の政治献金をした問題で、5千万円を提供した平成19年、民主党から草志会に計1億2300万円の献金があったことが12日、産経新聞の調べで分かった。政党交付金という国民の税金を受領する公党の資金が、めざす会に対する巨額献金の“原資”になっていた格好で、菅首相は献金の意図について改めて説明を求められそうだ。

 政治資金収支報告書などによると、民主党は平成19年、6回に分けて草志会に計1億2394万円を支出。過去10年間の支出で最も多額となっており、次いで多い21年の2500万円、15年の1399万円と比較しても、19年が突出していることが分かる。
 草志会は同年、政治団体間の献金の上限額である5千万円をめざす会に寄付。この年は、めざす会の収入の6割近くが草志会からの寄付だった。政界関係者は「19年は統一地方選や参院選などが相次ぎ、選挙関連の資金として供給されたのではないか」と指摘している。
 草志会はめざす会に対し、19~21年に計6250万円を寄付。この期間の民主党から草志会への献金総額は、計1億4980万円だった。菅首相は当時、党代表代行の立場。献金の意図について、菅首相は7日の参院予算委員会で「政治的にいろいろな意味で、連携をすることによってプラスになると考えた」などと答弁した。
めざす会には鳩山由紀夫前首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」も1千万円を献金するなどし、民主党側からの資金提供総額は8740万円に達している。
 一方、市民の党にも民主党議員6人の関係団体が寄付。資金提供を通じた民主党、市民の党、めざす会の密接な結び付きが鮮明となっている。

 市民の党には、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男が所属。長男は今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選している。


plc11071306500006-p1.jpg
民主側と市民の党、めざす会をめぐる資金の動き

http://www.youtube.com/watch?v=jiNQKdByoTI&feature=share


拉致容疑者親族が所属する団体に、菅首相が、6250万円献金してるとの報道が、
産経新聞で、以前から掲載されていましたが、その菅首相が献金した原資は、
民主党から出ていたようですね。

国民の税金で支払われている政党助成金が、
菅首相の資金管理団体「草志会」に献金され、そこから、
拉致容疑者の長男が所属する政治団体「市民の党」に献金されていたんですか。

これって、民主党という政党自体が、
拉致容疑者の長男が所属する団体を、支援しているということですよね。
そして、その支援されている「市民の党」は、革命を目的としてるんですね。

菅首相側献金団体「選挙は革命のために」 セクトに所属しない元活動家集団「ケンカしながら…」 - MSN産経
菅直人首相の資金管理団体「草志会」が日本人拉致事件容疑者親族の周辺団体に献金していた問題で、献金の“原資”は民主党本部から供給された格好になっていたことが12日、明らかになった。草志会から献金を受けた政治団体「政権交代をめざす市民の会」や、拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」はどのような組織なのか。後者の代表者の発言からは、学生運動以来消えることのない「革命への情熱」が浮かび上がる。
 「僕は、革命のために選挙をやっている」「目的は革命なんだから、最終的には中央権力を変えなければならない。だけど革命派が強い拠点地域を作っていくことは重要です」
 平成16年の季刊誌「理戦」の対談記事で、市民の党の酒井剛代表はこう語っている。

 記事や関係者によると、酒井氏は上智大学在籍時代に学生運動に参加し、「日本学生戦線」を組織した。昭和57年、田英夫・元社民連代表(故人)や宇都宮徳馬・元衆院議員(同)らと政治団体「MPD・平和と民主運動」を立ち上げ、平成8年に市民の党を結成。「斎藤まさし」の名で各地の選挙運動を手掛け、「無党派選挙のプロ」などと呼ばれている。かつては田氏の娘婿だったという。
市民の党について公安関係者は「セクトに所属していないさまざまな左派、元活動家が集まった団体」との認識を示した。
 酒井氏は産経新聞の取材に菅首相との関係について、「彼が国会議員になる前から知っている。田英夫さんからの紹介。30年ぐらい前、彼が4度目でやっと初当選した選挙も応援していた。ずっとケンカしながら一緒にやってきている」と述べている。
 一方、めざす会は酒井代表の呼びかけで、民主党衆院議員候補を選挙支援するため平成18年に結成。代表の奈良握(にぎる)氏は市民の党出身で、同党に毎年約150万円を個人献金するなど関係は密接だ。奈良氏は今月10日投開票の神奈川県厚木市議選に立候補し、7選を果たしている。


「僕は、革命のために選挙をやっている」
「目的は革命なんだから、最終的には中央権力を変えなければならない。
だけど革命派が強い拠点地域を作っていくことは重要です」


菅首相が、いえ、民主党が支援するこの「市民の党」の酒井代表は、
革命のために選挙をして、最終的には、中央権力を変えるつもりのようですね。

中央権力を変える・・。
いったい、この国を、どのように変えたいのでしょうか。
北朝鮮のような独裁国家にしたいのでしょうかね。

う~ん、中央権力を変えるために、菅首相は今、
訳の分からない延命を続け、この国を壊し続けているのでしょうか。
ほんとに、民主党政権、何してくれてんね~ん  ですよね・・。

などと書いてるうちに、新しい報道がありましたね。
今日は、菅首相の無駄な会見があったみたいですが、
退陣時期は、やっぱり、表明されなかったんですね・・。
【首相会見】「退陣時期」またも表明せず - MSN産経

菅首相は、この国が、日本国民が、立ち上がれなくなるまで、
とことん首相の座にくらいつき、革命を成し遂げるつもりなのでしょうかね。
民主党政権がこのまま続いたら、この国は、
中国や北朝鮮のような、独裁国家になってしまうのでしょうか。
私たち日本国民には「自由」がなくなってしまうのでしょうか。
日本国民は、平和ボケして眠り続けている場合ではないですよね・・。

さて、遅ればせながら、10日に、大川総裁の大講演会が開催されましたが、
そのなかでも、「自由」について、少し語られていましたね・・。

【講演会レポート】大講演会「救世の時は今」が開催されました | 幸福実現党ニュース
※7月10日(日)、千葉幕張メッセにて、幸福実現党創立者 兼 党名誉総裁、大川隆法による大講演会が開催され、全世界3,500カ所で衛星中継されました。
※本講演のうち、政治に関連する内容の要約を以下に紹介いたします。

・この地球上の70億人もの人々が、それぞれに自らの幸福、自らの国家の幸福を求めて努力してゆく過程において、他の人々や他の国々との間にさまざまなあつれきや不調和を起こし、戦争の火種となっているのが、現代の世界情勢です。
・これだけ人口が増えた現代において、それぞれの人々に「自由」を与えようとすれば、意見がまとまらずに混乱をまねくこともあります。かといって、軍事的独裁や専制政治によって、人々の思想や信条を圧殺すれば、そこにもまた、大きな不幸が生まれます。
・人々は、自由でなければなりません。神の子としての自由と尊さを保障されなければなりません。それが、人権なるものの根拠です。思想・信条の異なる全世界の人々が、最大幸福を実現する道は、この地上を越えた「尊い価値」を信じることにあります。
・真実を追求し、探求し、実践する勇気を持ってください。真実を隠ぺいする者に対して、弱くあってはなりません。たとえ現代の人々には理解されなくとも、あとから来る人々のために、あの北極星のように正しい方向を指し示すことこそが、皆様の使命だと信じています。


はい、7月10日に、大川総裁の大講演会が開催されました。
全世界3,500カ所で、衛星中継されたんですね。
すごいですね。
そして、講演会場の幕張メッセは、炎天下にも関わらず、
多くの人が参加されて、大盛況だったみたいですね。
私は、外出がままならないので、参加できなかったのですが、
支部長のご慈悲で、当日の夜に、DVDで拝聴させていただきました。

軍事的独裁や専制政治によって、人々の思想や信条を圧殺すれば、
そこにもまた、大きな不幸が生まれます。

人々は、自由でなければなりません。
神の子としての自由と尊さを保障されなければなりません。
それが、人権なるものの根拠です。


あとから来る人々のためにも、もっともっと強くなって、
「自由」を守るための戦いを、続けなければなりませんね。
頑張ってまいりましょう。

さて、今日は、7/5に発刊された「逆境の中の希望」のなかから、
『地面の泥を眺めるのか、夜空の星を眺めるのか』というテーマを選んでみました。

大川総裁は、このなかで、この世的な意味で、わがままを言えばきりがない。
デール・カーネギー著書の「道は開ける」のなかに、ある女性が、
カリフォルニア州の砂漠に近い掘っ立て小屋に一人で取り残されてしまい、
猛暑の上に、英語の通じない先住民しか話し相手がおらず、
つらくて、つらくて、「家に帰りたい」というような手紙を、
両親に出したが、お父さんから来た返事には、
「刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。
一人は泥を眺め、一人は星を眺めた」としか書かれていなかった。

でも、彼女は、それを見て、「これは、『考え方によって人は違ってくる』
と教えてくれているのだ」と考え、「地面の泥を眺めないで、
夜空の星を眺めよう」と努力し、その砂漠地帯で、よい人生、
素晴らしい人生をつくろうとした結果、それなりに道が開けたと言われています。

さらに、鉄格子のなかから、地面の泥を見る人もいれば、
夜空の星を見る人もいるが、同じ環境にいても、
考え方が違えば、人は違ってくると言われています。

そして、「○○が満たされれば、自分は幸福になる」
という考え方をすると、きりがないところはあるので、
そういう人には次のように話してみてくださいと言われています。

「あなたは、自分の人生が上向いていく方向、要するに、幸福に向いていくほうを選びたいのですか。それとも、不幸になるほうを選びたいのですか。どちらを選ばれるのですか。
不幸になるほうを選びたいのでしたら、足らざるところ、不満なところばかりを、毎日、言っていれば、間違いなく、そうなります。
ただ、自分を幸福な方向に導いていきたいと思うなら、自分に与えられたことや許されたこと、恵まれていることを考え、いつも、未来が輝く方向を目指していてください。そうすれば、そのようになっていきます」
そういうことを教えていただきたいと・・。

はい、この第4章の質疑応答は、5月28日に、
宮城県仙台において行われた説法のあとになされたものなんですね。
そして、大震災の被災者への接し方という質問に対する答えなんですよね。

今回の大震災において、多くの方が亡くなられ、
そして、今尚、行方不明の方もおられますね。
そして、被災して、命からがら逃げられた方々は、
大切な家族、そして、家や車、その上、仕事などを失くされた方もいますね。

そんな方たちに対して、大川総裁は、「考え方によって人は違ってくる」
「同じ環境にいても、考え方が違えば、人は違ってくる」
と言われているんですよね。
「地面の泥を眺めながら生きるのか、夜空の星を眺めながら生きるのか」と。

これは、被災地の方々だけでなく、今、生きている人、
すべての人に対して、言えることではないでしょうかね。
まあ、こんなふうに、偉そうに書いている私も、実は、
もがき苦しみながら、自分の人生を生きているんですよね。

そして、地面の泥を眺めながら暮らす日々が、
何年も続いたこともありましたが、うつむきながら生きても、
結局、何も良くならないと実感したんですよね。

それでも、人生のなかで、多々、いろんな試練にぶつかるたびに、
夜空の星を忘れ、泥ばかりを眺めてしまうときがあるんですよね。
でも、自分で、考え方を変えようと努力しているうちに、
うつむいて生きる時間が、だんだん短くなってきたんですね。

あはっ、実は、先週から、矢継ぎ早に、人生の難問がやってきたので、
今、現在も、まだちょっと、うつむき加減なんですよね。
おまけに、夜空を見上げても、大阪では、ほとんど星が見えませんしね・・。
ほんとは見えるんだろうけど、目も悪いしね・・。
ん?冗談を言ってるからもう大丈夫だって?

そうなんですよね。
私は、ある程度悩むのですが、悩むうちに、次の問題がくるので、
結局、深く考えるのをやめて、冗談を言って、笑い飛ばしてしまうんですよね。
そしたら、そのうち、心が軽くなってくるんですよね。

苦しい苦しいと、それを考え続けても、結局、変わらないんですね。
だから、ある程度泣いて、ある程度の時間が過ぎたら、
くるっと、考え方を変えてしまうんですよね。
そしたら、結構、道は開けるんですよね。

あと、私は、家族や身近な友人には、ほぼ悩みを言わないんですね。
というか、言える環境にないので、結局、一人で這い上がるしかないんですよね。
でも、そんななかで、時に、人様に暖かい言葉などもらったら、
もう、勇気百倍で、スタッと立ち上がれてしまうんですよね。

まあ、泣いて生きても一日、笑って生きても一日。
泣いて生きるのは、出来るだけ、短いほうがいいですからね・・。

何故、人は生まれ、何故、苦しみ多き人生を生き、
そして、死んで何処に行くのか。

大川総裁は、多くの説法をされ、そして、多くの書籍を出されて、
そのすべての問いに答えてくださっています。
でも、教えていただいたからといって、すべてが好転するわけではありません。
やはり、一人ひとりの人生のなかで、それを信じ、実践したものが、
幸福への道に、たどりつくのではないでしょうか。

イギリスの作家、サミュエル・スマイルズは、その著書「自助論」
の序文に、「天は自ら助くる者を助く」と書かれています。
やはり、自分の人生をよきもの、素晴らしいものにしたいと思い、
そして、努力し続けなければ、天の助けもないんですよね。

あっ、この「自助論」は、竹内均さんも訳されているんですよね。
竹内均さんと言えば、「震災復興への道」のなかに、霊示が入っていましたね・・。
『エネルギーを巡っての戦争が起こる可能性』 5/10記事。
『原発を全部停止したら、次は「日本占領」が待っている』6/28記事。

何の問題も起きない"簡単な人生"を送ることはできない
『まったく何の問題も起きない"単純な人生"、レールの上をただまっしぐらに走るような"簡単な人生"を送ることはできないのです。
人間には、それぞれ、今世の修行が予定されているので、それを、全部、簡単なものにしてしまうわけにはいきません。各人には、それぞれ、試練が来ます。
しかし、それぞれの立場で、智慧を絞り、努力して、その試練を乗り越えていってください。』

           ---「救世の法」第2章 導きの光について
             2.智慧と努力で、試練を乗り越えよ より

H0299.jpg

私たち人間は、永遠の転生輪廻を繰り返しています。
そして、今世に肉体を持ち、魂修行をしています。
人間に生まれた以上、何の問題もない簡単な人生を送ることはできません。

私たち人間の魂は、試練のなかで鍛えられ、磨かれ、強くなっていきます。
試練や苦しみは、魂を鍛えてくれるものだと捉えて生きたら、
きっと、今とはまた違う考え方ができるようになるのではないでしょうか。
そんなふうに考えたら、目の前に現れる現象も、また、
違った角度から見ることが出来るようになるのではないでしょうか。

各人が、それぞれの人生を、より良く、素晴らしいものにするために、
未来が輝く方向を目指して、考え方を変えて、生きてまいりましょう。

今日は、ちょっと、政治とは別のテーマで綴ってまいりましたが、
個人個人が、考え方を変え、努力して、より良い人生を目指しても、
政治が、政府が、国民の足を引っ張れば、幸せが半減しますよね。
というか、民主党政権は、不幸社会を目指していますからね。
幸福な人も、不幸に引きずり込もうとしていますよね。
だから、今の政治を変えなければ、幸福社会は実現しませんね。

この国の政治を変えるために、大川総裁は、
幸福実現党を立党されて、この国の政界、財界、マスコミ界、
そして、日本国民に対して、さまざまな提言をされています。
あっ、幸福実現党の主要政策も、新たに発表されていましたね。
幸福実現党|幸福実現党の主要政策(2011年7月)

同じ環境にいても、考え方が違えば、人は違ってくるのです。

自身の人生の問題集を解きながら、この国の問題集とも向き合い、
最大多数の最大幸福社会を目指して、共に、頑張ってまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示