この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

菅首相の姑息な延命 ! 復興の目途はつくの? 『復興は、政治主導ではなく「官僚主導」で』

『今回の震災では、多くの家が津波によって流されているので、復興需要として、やはり、建物の需要が出てくるでしょう。私としては、万一のときに災難を避けられるような、できるだけ、しっかりしたものを建てるように勧めたいと考えます。
震災後、ドケチの日本銀行が、まるで気が狂ったかのように百兆円の資金供給を発表しましたが、本当にお金が回るかどうかは定かではありませんし、借りるほうは担保もない状態なので、「自宅を建てる」と言っても、そんな簡単に立派なものが建てられるとは思いません。
したがって、このようなときは、左翼政権であることの"強み"を十分に生かし、計画的な住宅復興計画をつくるとよいでしょう。そのような計画は、官僚との親和性が非常に高いので、「震災に強い町づくり」の青写真をつくり、それを実行していったらよいと思うのです。
官僚は、こういうことに非常に強い人たちです。先日、私は、東京正心館の説法で、「官僚は、マイナスを普通に戻すことについては非常に優れた能力を持っている。人々を幸福にし、発展・繁栄させる能力はほとんどないが、不幸な人々を普通の状態に戻す能力は持っている」ということを指摘しました。(2011年3月20日、法話「不滅の信仰」)。
官僚は、事業に成功してお金を儲けたことがなく、発展・繁栄している姿を経験したことがないため、そこから先になると、どうしたらよいのかが分かりません。しかし、「普通よりはるかに落ちるマイナスの生活水準を、普通に戻す」ということに関しては、高い能力を持っていて、非常に信頼性があるのです。』

         ---「震災復興への道」 第4章 貧乏神と戦う法 より

H7009_20110421114622.jpg

ご訪問ありがとうございます。
毎日、バタバタと過ごしているうちに、あっという間に6月ですね。
ほんとに、月日が経つのは早いものですね・・。

あっ、バタバタと言えば、先週、息子のほうの4歳になる孫が、
遠足先で腕を骨折して、病院をたらい回しにされながらも、
やっと、腕をギブスで固定してもらったんですよね。

で、ちょっと一息ついていたら、今度は、顔が腫れてきて、
高熱が出て、保育園から呼び出しがあったんですね。
私は、その時、顔まで強打していたのかと思ったのですが、
息子が病院に連れていくと、なんと、おたふく風邪との診断でした。

ぶはっ~、骨折の上に、おたふく風邪・・。
そして、そんな可愛そうな孫娘を、
仕事が出来ないからと言って、連日、私に預けて出かける息子。
(私も、仕事、出来んわ~)
と、ぶつぶつ言いながら、孫娘の相手をしている今日この頃です。

さて、孫の相手をしながらも、政治が気になって、
ちょこちょこニュースを見ていましたが、今の日本の政治、最悪の状態ですよね・・。

【内閣不信任案】「復興と再生の大きな障害」 菅内閣不信任決議案の提案理由全文
- MSN産経

【党首討論】(1)谷垣氏「申し上げたいことはただ1つ。お辞めになったら」- MSN産経

6月1日の夕方に、やっと、内閣不信任議決案が提出されて、
私は、(やっと出されたか・・)と喜んだんですよね。
そして、逐一、ニュースを追っていたら、どうも、
可決の可能性もあるようなので、菅首相への突っ込みは、
もうしなくていいようになるのかと、わくわくしていたんですよね。

「壊し屋」小沢氏、最後の賭け 不信任案、同調の動き 失敗すれば、離党覚悟- MSN産経
【内閣不信任案】小沢氏「賛成」の意向 - MSN産経
【内閣不信任案】82人以上の造反で可決 小沢氏会合には71人が出席 - MSN産経
【内閣不信任案】増える同調者、カギ握る鳩山氏 - MSN産経

でも、6月2日の本会議が始まる直前に、菅首相のいきなりの退陣表明。
私は、この報道を見たときに、(へっ?)と思いましたね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
【内閣不信任案】首相が自発的辞任を示唆 不信任案の大量造反を回避 - MSN産経

【内閣不信任案】「震災対応一定のめどがつけば」と菅首相が辞意表明 - MSN産経
菅直人首相は2日午後、野党提出の内閣不信任決議案をめぐり、衆院本会議での採決を前に開かれた党代議士会で、民主党からの大量造反で党分裂となることをを回避するため、震災対応に一定のめどがついた段階で、自発的に退陣する考えを表明した。
 首相は「私に不十分なところがあった。みなさまにも大変ご迷惑をかけ、改めてお詫びしたい」と述べた。

震災対応に一定のめどがついた段階で、自発的に退陣する考えを表明
あんたでは、目途がつかないから、不信任を出されたんやろが~ !
思わず叫んでしまいました。はい。

でも、ほんとに、この表明にはびっくりしましたよね。
内閣不信任決議案の採決の直前に、このタイミングで出した表明。
なんとも、姑息と言うか、そこまでして延命したいと言うか。

そう、この退陣表明は、結局、続投表明なんですよね。
そして、この表明の道筋をつくったのは、直前に、
不信任案に賛成すると言っていた鳩山さんだったんですよね・・。
(ぽっぽ、またあんたか・・)

時事ドットコム:「確認事項」を文書化=菅首相と鳩山氏
 菅直人首相と鳩山由紀夫前首相は2日午前の会談の「確認事項」を文書にまとめ、公表した。内容は次の通り。
 1、民主党を壊さない。
 1、自民党政権に逆戻りさせない。
 1、東日本大震災の復興ならびに被災者の救済に責任を持つ((1)復興基本法案の成立(2)2011年度第2次補正予算案の早期編成のめどを付ける)。


さすが、鳩山さんですよね。
最後の最後にやってくれましたね。
そして、菅さんと鳩山さんの会談の「確認事項」が、文書にまとめられているんですね。

312078874.jpg

この文書にも、ほんと、びっくりですよね。
復興や被災者の救済より先に、民主党を壊さない、
自民党政権に逆戻りさせないですからね。
国民の生活が第一と言いながら、国民は、後回しですよね。
なんとも、怖い政権ですよね。

そして、それまで、民主党内で不信任に賛成する人が多かったのに、
結局、この菅首相の退陣表明によって、民主党からの大量造反もなくなり、
不信任案が否決されてしまいましたよね・・。

【内閣不信任案】不信任案は反対多数で否決 菅首相の退陣表明受け造反少なく
- MSN産経

菅内閣に対する不信任決議案は2日午後、衆院本会議で採決され、賛成152、反対293(投票総数445、過半数223)で否決された。菅直人首相が民主党代議士会で自発的な退陣を表明したことを受けて、小沢一郎元代表が「首相から今までなかった発言を引き出したのだから自主的判断でいい」と支持派議員に不信任案に賛成しないよう呼びかけたため、民主党内からの大量造反はなかった。ただ松木謙公元農水政務官が賛成票を投じ、小沢氏は本会議を欠席した。(一部転載)

【内閣不信任案】賛成2人、欠席・棄権は小沢氏ら17人 民主・与党系無所属議員
- MSN産経

【内閣不信任案】民主・松木氏が賛成票 - MSN産経

横粂議員「少数しか賛成に投じない、不思議だな」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
内閣不信任決議案に賛成票を投じた横粂勝仁衆院議員は国会内で、「菅さんが替わるべきだという賛同者があれだけいながら、結果として、少数の方しか賛成に投じない。それは裏に何があったか、国民は不思議に思っているし、私も不思議だなと。分かりにくい政治を終わらせなければいけないなと思っている」と述べた。

前日の、小沢さんの会合には、71人も出席していたんですよね。
でも、菅首相の退陣表明を受けて、小沢さんは欠席・棄権、
他の人は、自由投票にということになったみたいですね。
その結果、賛成票を投じたのは、民主党から2人だけ。
そして、この2人は、当然、除籍処分になるようですね・・。

【内閣不信任案】賛成の松木、横粂両氏は除籍へ - MSN産経
民主党執行部は2日、内閣不信任決議案の採決で賛成した松木謙公前農水政務官、横粂勝仁衆院議員の2人の処分について、最も重い除籍(除名)とすることを常任幹事会に提案する方針を固めた。同党は同日夜、役員会、常任幹事会を党本部で開き、両氏のほか、小沢一郎元代表ら欠席・棄権した議員の処分問題を協議する。

民主党議員が300人以上もいるなかで、たった2人が賛成票を投じたんですね。
このお二人、けっこう勇気がありますよね。(民主党だけど・・)

でも、もともと、他にも賛成の方はいたんですよね。
でも、賛成票を投じたのは結局2人。
民主党にも、少しはまともな人もいるかなと、期待した私がバカでした。

あっ、そんな民主党のなかでも、一番醜い人は、原口さんではないでしょうかね。
この人ほど、コロコロ言動が変わる人はいませんよね。
倒閣を叫んでいたのに、結局、また寝返ってますよね。

まあ、原口さんは、己の野望を実現するためには、
二枚舌で世を渡っていくしかないのでしょうかね・・。
【首相辞意】原口前総務相が代表選に意欲 - MSN産経

さて、今回の、大どんでん返しの立役者とも言うべき鳩山さんが、
菅首相の辞任の時期について言及されていましたね・・。

【内閣不信任案】鳩山氏「そう遠くない時期に辞任」 - MSN産経
 民主党の鳩山由紀夫前首相は2日、自発的辞任を表明した菅直人首相の退陣の時期に関し、「首相とは復興基本法案、平成23年度第2次補正予算案の編成のめどがついたときに辞めるということで折り合いが付いた。そう遠くない時期だと思う。夏では長すぎる」と述べた。国会内で記者団に答えた。

鳩山さんは、菅首相との会談で、
「復興基本法案、2次補正予算案の編成のめどがついたときに辞める」
ということで折り合いが付いたと言われていますね。

でも、岡田幹事長は、「2次補正成立は首相退陣条件ではない」と・・。
【内閣不信任案】岡田幹事長 2次補正成立は首相退陣条件でない - MSN産経

そして、菅首相は、「鳩山氏とは合意文書以外に約束ない」と・・。
【菅首相会見】(4)「鳩山氏とは合意文書以外に約束ない」(2日午後10時2分) - MSN産経
「鳩山前首相との話では、あの合意事項という文書に書かれた以外の何らかの約束とか一切ありません」

菅首相は、やっぱり、辞める気はさらさらないようですね。
鳩山さんや小沢さんより、菅首相の悪知恵が、上回っていたんですね・・。
【民主漂流】究極の延命策 “死んだふり続投” - MSN産経

民主党が政権を取ったら国難が来る。
大川総裁も、幸福実現党も、一昨年の夏に、
声を枯らして訴えておられましたが、まさしく、民主党国難ですよね・・。

『今朝、(3月24日)、テレビのニュースを見ていたら、ある出演者が、私と同じようなことを話していました。その人は、「復興は官僚主導でやったほうがいい。いろいろなことに精通していて、『どこの町に何があり、何が足りないか』ということを非常によく知っている。だから、官僚に任せたほうが復興は早い」というように言っていたのです。
私の説法を聴いていたのか聴いていなのかは知りませんが、政治主導ではなく官僚主導のほうを一生懸命に推奨していました。「情報を持っているのは官僚である。政治家は情報を持っていないので、官僚に復興計画をやらせればよい」ということを主張していたのです。
私も、「復興は官僚主導でやったほうが早い」と思います。官僚は、きちんとした計画を立ててやりますし、仕事の連続性があります。一方、政治家のほうは、連続性がなく、よく変わります。青写真をつくったあと、それをつくり上げていくのは、官僚のほうが早いのです。
例えば、阪神・淡路大震災のとき、最初、救援活動の動きは、ものすごく遅かったのですが、1カ月を過ぎると、復興活動には目覚しいものがあり、私は少し見直したのです。
地震が起きたとき、「頭脳が動いているのは、ほとんど幸福の科学だけか」と思ったぐらいのあまりの遅さでショックを受けましたし、その後、しばらくの間も、幸福の科学と自衛隊だけが救援活動に動いているような状態でした。
しかし、1カ月が過ぎたら、さすがは役所です。役人は、計画が大好きな人たちなので、巨大な組織、巨大な人の山である役所全体が動いて復興計画を進め始めると、町全体が復興していくのは非常に早かったです。この辺は、そうとうなものだと思います。今、被災地はひどい状態でしょうが、官僚主導であれば、しばらくすると、復興はカチッとしたかたちで始まってくると思います。』

         ---「震災復興への道」 第4章 貧乏神と戦う法 より

今日は、「震災復興への道」のなかから、
『復興は、政治主導ではなく「官僚主導」で』というテーマを選んでみました。

大川総裁は、このなかで、今回の震災では、多くの家が、
津波によって流されているので、復興需要として、建物の需要が出てくる。
だから、万一のときに災難を避けられるような、できるだけ、
しっかりしたものを建てるように勧めたいと言われています。

そして、震災後、日本銀行が、百兆円の資金供給を発表したが、
本当にお金が回るかどうかは定かではないし、
借りるほうは担保もない状態なので、「自宅を建てる」と言っても、
そんな簡単に立派なものが建てられるとは思えない。

だから、このようなときは、左翼政権であることの"強み"を十分に生かし、
計画的な住宅復興計画をつくるとよいし、そのような計画は、
官僚との親和性が非常に高いので、「震災に強い町づくり」の青写真をつくり、
それを実行していったらよいと言われていますね。

さらに、官僚は、こういうことに非常に強い人たちであり、
「官僚は、マイナスを普通に戻すことについては非常に優れた能力を持っている。
人々を幸福にし、発展・繁栄させる能力はほとんどないが、
不幸な人々を普通の状態に戻す能力は持っている」ということを、
以前から、指摘していたと言われています。

また、官僚は、事業に成功してお金を儲けたことがなく、
発展・繁栄している姿を経験したことがないため、
そこから先になると、どうしたらよいのかが分からないが、
「普通よりはるかに落ちるマイナスの生活水準を、普通に戻す」
ということに関しては、高い能力を持っていて、非常に信頼性があると。

そして、官僚は、きちんとした計画を立ててやるし、仕事の連続性がある。
でも、政治家のほうは、連続性がなく、よく変わるので、
青写真をつくったあと、それをつくり上げていくのは、官僚のほうが早い。
官僚主導であれば、しばらくすると、復興はカチッとしたかたちで始まってくる。
だから、「復興は官僚主導でやったほうが早い」と言われています。

はい大川総裁の言われる通りだと思います。
「政治主導」という名の下に、このまま、復興計画を続けたら、
復興の目途は、なかなか立たないのではないでしょうか。
震災発生から、早や、三か月近くが経ちますが、
今尚、復興の道筋が見えてきませんからね。

ところで、「左翼政権の"強み"」って、何だと思われますか?
私は、ここのところをずっと考えていたのですが、
左翼政権に強みってあるのでしょうかね。

「政治主導」と言いながら、実は、何も考えられなくて、
すべて、官僚におんぶに抱っこしているところでしょうかね。
それとも、ばら撒き大好きだから、お金を出せるところでしょうかね。
あっ、統制主義だから、そういう計画だけは立てられるんですかね・・。
う~ん、何なんでしょうかね。
左翼政権には、"弱み"しかないように思うのですがね・・。

さて、大川総裁は、「復興は官僚主導でやったほうが早い」と言われていますが、
現実に、官僚の方たちは、震災対策をきちっとされているみたいですね・・。

【内閣不信任案】不信募る官僚「震災対応策やっと軌道。こんな騒ぎでは…」 - MSN産経
中央官庁の集まる東京・霞が関。「政治主導」を掲げながら、「政治迷走」が確実な民主党のありさまに、震災復興にあたる官僚たちの不信は募る一方だ。

 小沢グループの三井弁雄副大臣が辞表を出すなど、早くも政局に揉まれている国土交通省。幹部は「仮設住宅や港湾施設などのインフラ復旧は、これからが本番。歩みを止めるわけにはいかない」と、頼りない政治家に代わり、官僚の踏ん張り時との認識を示した。

 厚生労働省幹部は「震災対応策がやっと軌道に乗ってきたところだ。それが、こんな騒ぎでは…。政治空白が生まれ、政府の担当者も代わるということになれば、復興対策に遅れがでるのでは」と懸念した。省内では、「官僚と関係が悪かった長妻昭前大臣が変わり、仕事にやりがいが出ていたところだったのに」と、次の組閣を気にする声まで出ていた。

 警察庁中堅幹部は「近いうちにまた大臣が替わるのか…」とややあきれた様子。別の幹部は「これまでの常識が通用しない政権」とごたごたを批判する一方、「全国の警察から被災地への応援がまだ続いている。首相が誰になろうと、警察は粛々と任務を果たしていくだけ」と話した。

 文部科学省の幹部は「震災復興を優先しなければならないときに…。第2次補正予算案の編成もいまだ指示が出ていない。すでにこの1週間は、政治がごたつき仕事ができない状況だった。『政治主導』というより『政局優先』だ」と口にした。


官僚の方たちは、きっちりと、仕事をされているんですね。
そして、その足を引っ張っているのが、「政治主導」を掲げて、
「政治迷走」をしている民主党なんですね。
民主党がいなければ、この官僚の方たちは、震災復興対策に、集中出来るんですよね。

菅首相は、「政治主導」を掲げていながら、何の結果も出せていません。
そして、何の結果も出せていないのに、まだまだ、
首相の座にしがみついて、離れようとはされません。
まあ、不信任案も否決され、しばらくは、この悪夢が続く気配ですが、
せめて、復興対策だけは、早くしてあげて欲しいですよね。

本来、政治家と官僚は、対立し合うものではなく、互いに協力し合うものですよね。
それが、国家運営のあり方だし、政府のあり方ですよね。
官僚は、能力の高い方が集まっているのですから、
その官僚の方たちに、目一杯、仕事をしてもらえばいいんですよね。
今の民主党政権は、仕事が出来ない人ばかり集まっているんだから、
もっと、もっと、助けてもらえばいいんですよね・・。

復興基本法案と、2次補正予算案の編成が成立したら、
あとは、菅首相や民主党政権の人たちは口出ししないで、
官僚の人たちに任せていただきたいですよね。
そしたら、復興への道も、きっと早まると、私も思います。

間違っても、「菅主導」が続きませんように。
これ以上、「菅人災」が発生しませんように。
菅首相には、心から、そうお願いしたいです。
首相延命を果たしたんだから、少しは、
被災者の方たちのことも考えて欲しいですよね・・。

被災者の方たちの救済と、被災地の復興が、
官僚主導によって、早期実現しますように・・。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示