この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

『捨ててこそ道は開ける』 菅首相は「首相の座」への執着を捨てて、即刻退陣せよ !

「何を捨てるか」という決断
『釈迦仏教では、「執着を捨てよ」という教えが説かれました。執着を捨てるというのは、思想的、宗教的、哲学的な課題ではありますが、実人生を生きるうえでも大事なことなのです。
人が悩むのは、たいていの場合、執着があるからです。「あれも欲しいが、これも欲しい」と思い、それが互いに矛盾していることが多いのです。
たとえば、「酒は飲みたいが、家庭も大事だ。酒がない人生は暗闇であり、酒はやめられない。毎晩、飲まずにはいられない。しかし、家庭も大事であり、家庭を失うのも困る。どちらを取ればよいのか」というような場合です。それ以外にもいろいろな場合がありますが、欲しいものが互いに矛盾しているのです。
悩みを解決する方法として、「細分化の原理」や「優先順位をつける」という話をしましたが、もっと単純にいえば、最後は結局、「何を捨てるか」という問題になります。
人間は、「何を手に入れるか」という積極的な方向で頑張る傾向がありますが、仏教的にアプローチするならば、「何を捨てるか」ということになります。これは執着の問題です。
捨てることによって、実は幸福になれるのです。』

   ---「奇跡の法」-人類再生の原理- 第1章 運命を逆転させる法 より

H0197.jpg

ご訪問ありがとうございます。
雨が降ったり、暑くなったり、寒くなったり、
ほんと、ややこしい天気が続いていますね。これはない?
被災地のみなさまも、さぞかし、ご苦労されていることだと思います。
これから、また、梅雨に入ったら、もっと、大変だと思いますが、
どうか、お身体には気をつけてお過ごしくださいませ・・。

さて、前々回の記事で、大川総裁は、世界の人々の幸福を願って、
長年活動を続けられているという話をしましたが、
世界各地で講演をされているその大川総裁が、ブラジル、インド・ネパールに続いて、
今度は、フィリピン・香港で講演を行われたみたいですね・・。

大川総裁、フィリピン・香港で法話 | ザ・リバティweb- 幸福の科学出版 | 幸福の科学グループ
大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁は21、22日にフィリピン、香港を訪れ、英語で講演を行った。

21日はフィリピンの首都マニラで、「Love and Spiritual Power(愛と霊界の秘術)」と題し、約6000人の聴衆を前に講演。

フィリピンの80%から90%の国民がカトリック教会に属していることについて触れ、「私は、日本人に信仰が第一であり、経済は二の次だと言いたいと思います。あなたがたフィリピン人は、その事実をすでに知っています。あなたがたは正しいのです」と語った。

翌22日は、イギリスから中国に返還されて14年が経った香港・九龍(クーロン)で、「The Fact and the Truth(事実と真実)」と題し、約1300人を前に出版記念スピーチ。

「香港の繁栄は、中国の未来の繁栄にとって、とても大事だということです。(中略)あなたがたは現在、とても貴重なものを持っています。その価値とは、『自由』です。(中略)人間とは、自由な考えを許されているからこそ、幸福なのだということを言っておきたいと思います」と述べた。

大川総裁のスピーチには、両国の地元メディアも注目。フィリピンでは、ラジオ3局が生放送、新聞・テレビ9社が講演の様子を報じた。また香港では、前日の夜(21日)に大川総裁が製作総指揮した映画「The Laws of Eternity(邦題・永遠の法、2006年9月に日本公開)がテレビ放映された。

だが、香港在住の女性の話によると、香港と隣接する中国の深圳(シンセン)でも同映画が放映されていたが、開始30分過ぎぐらいで突然CMが始まり、以後同じCMが繰り返し流れ続け、まったく映画が観られなくなったという。

この映画は、霊界構造の真実を伝える映画のため、中国当局が放送を止めさせ、「言論統制」した疑いが強い。今後、中国の「統制」が香港に広がるのではなく、香港の「自由」が中国全土に広がることを祈りたい。(格)

ザ・リバティweb - http://www.the-liberty.com/

2011/5/23 フィリピン・香港の総裁法話が、5/24に衛星配信されます!
-ニュース(総裁書籍・法話など)│宗教法人 幸福の科学


img20110523_02フィリピン

はい、ブラジルやインド・ネパールでもそうでしたが、
今度のフィリピン、香港でも、多くの方が大川総裁説法を拝聴されたみたいですね。
そして、両国の地元メディアも注目されているんですよね。
日本のメディアは、宗教と名がつけば、一切報道されませんが、
他国のメディアは、正しいものは、ちゃんと報道してくれるんですよね・・。

あっ、でも、香港で放映された「永遠の法」の映画が、
香港と隣接する中国の深圳(シンセン)でも放映されたみたいですが、
開始30分過ぎぐらいから突然、観れなくなったと言われていますね。
これ、中国の、お決まりの「言論統制」ですね。
中国の方たちは、ほんとに、抑圧されているんですよね。
香港の「自由」が、中国全土に広がることを祈りたいですね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
菅首相の突然の要請で、中電の浜岡原発が停止し、東日本に続いて、
中部地方の電力供給不足が懸念されるなかで、今度は、
関西電力にも、電力供給に対する不安が浮上しているみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
【放射能漏れ】関西もギリギリの夏 予備電力ゼロ状態…原発4基が検査中- MSN産経
本格的な夏の到来を間近に控え、関西電力の電力供給に対する不安が広がっている。同社は福井県内に11基の原発を抱えるが、定期検査中の4基の運転再開のめどが立たないからだ。さらに国からは東京電力や中部電力への電力融通の要請もあり、自社管内の電力供給に影響を与えるのは必至。関電はこの夏を乗り切ることができるのか。(香西広豊)

19万キロワット
 「原発が再開できなければ、(夏に)適正な予備電力を確保できなくなる恐れがある」。関電の八木誠社長は、先月末の会見で夏の電力供給に対する懸念を示した。
 同社は平成23年度の電力供給計画で、8月の管内電力需要を2956万キロワットと想定。その需要に対応する供給能力を3290万キロワットと見込んでいた。しかし、3月11日に発生した東日本大震災がこの計画を大きく狂わすことになった。
 震災で東京電力福島第1原発事故が発生。震災当時、定期検査中だった美浜原発1号機(福井県美浜町)、高浜原発1号機(同高浜町)、大飯原発3号機(同おおい町)の3基の原発の運転再開のめどが立たなくなってしまったからだ。
 福井県の西川一誠知事は「国の安全基準が示されなければ、(運転再開を)認められない」と現時点で運転再開に難色を示している。さらに、今月14日には美浜原発3号機も定検に入り、その運転再開も不透明な情勢だ。
3290万キロワットの供給能力見込みはこの4基の原発が稼働していることを前提にしている。4基の出力合計は約315万キロワットで、この4基が運転再開できなければ供給能力は2975万キロワットに落ち込み、2956万キロワットの想定電力需要に対して予備電力はほぼゼロに近い状態に陥ってしまう。

製造業の関西シフト…想定外
 しかし、関電がもっと懸念するのは、震災前の計画で弾き出した2956万キロワットという想定電力需要。震災の影響で、この数字が大きく膨らむ可能性があるからだ。
 製造業を中心に生産拠点を関西にシフトしたり、関西にある既存工場を増強する動きが広がっており、管内の電力需要が想定以上に増える懸念がある。さらに昨年夏のような猛暑になれば、電力需要をさらに押し上げる要因にもなる。
 関電によると、最高気温が33度以上の場合、「気温が1度上がると電力需要が約80万キロワット増える」(報道グループ)という。これはほぼ原発1基分に相当する電力量だ。

関電の対応は
 自社管内の電力供給確保と中部電、東電への電力融通という難題に挑む関電。まずは11基すべての原発がある福井県の理解を得て、定検中の原発の運転再開に全力を尽くすが、再開できない場合は「火力発電などの増強などで供給力を確保する」(関係者)方針だ。関電ではかねてホームページなどで省エネ・節電を呼びかけている。今年の夏は、こうした意識をより多くの利用者に浸透させることが夏を乗り切るカギになるかもしれない。


菅首相の突然の要請を受けて、中部電力の浜岡原発が停止しましたが、
その時に、関西電力は、中部電力に電力融通を検討すると言ってましたよね。
【浜岡原発停止】関電が中電に電力融通検討 政府の支援要請を受け - MSN産経

でも、その関西電力自体が、電力供給不足に陥る可能性があるんですね。
って、東日本から中部、そして関西・・。
この電力不足の波は、どこまで広がるんでしょうかね。

東日本大震災の被害を受けて、製造業の関西シフトが見られるなかで、
関西までもが電力不足に陥ったら、ほんとに、日本の経済は、
間違いなく、沈んでしまいますよね。

菅首相が浜岡原発の停止要請を出されたときに、
大阪の橋下知事も、その首相の決断を大英断と賛辞し、
更に、大阪においても、原発の新規建設や稼働時間を延長しないための、
府民運動を展開すると言われていましたが、この大阪自体が、
電力不足に陥った時に、どうするつもりなのでしょうかね。

おまけに、関西電力は、原発が再開出来ない場合の対応策として、
「火力発電などの増強などで供給力を確保する」という方針のようですが、
もし、全国的に、電力不足に陥って、火力発電増強の方向に進んだら、
中国とのエネルギー争奪戦が起こる可能性が増してきますよね・・。

7年ぶりの大規模な電力不足、中国に今何が起きているのか? [サーチナ]
反原発勢はエネルギー争奪戦をしたいの ?『エネルギーを巡っての戦争が起こる可能性』

東日本の復興を、今、第一に考え、被害を受けていない地域が、
経済を活性化させて、復興の手助けをしなければいけない時に、
浜岡原発を停止させ、その余波を、他の地域にばら撒いた菅首相の罪は、
ほんとに大きいですよね・・。

さて、日本を混乱に貶めているその菅首相は、日本の混乱をほっぽって、
とうとう、パリに行ってしまいましたね・・。
【G8サミット】首相がパリ到着 まず日仏首脳会談、OECD演説へ - MSN産経

そして、菅首相がパリに行ってしまった後に、また、とんでもない報道がありましたよね・・。

【放射能漏れ】東電は海水注入を事前報告 菅首相「報告はなかった」と矛盾 - MSN産経
東京電力福島第1原子力発電所1号機への海水注入が、菅直人首相の言動を受け55分間中断したとされる問題で、東京電力が、海水投入の3時間以上前の3月12日午後3時20分ごろ、経済産業省原子力安全・保安院に海水注入する旨を事前報告していたことが24日、分かった。首相らが海水注入の協議を始める2時間40分前にあたる。首相は国会で「東電から海水注入の報告はなかった」と答弁しており、政府説明にまたも矛盾が浮上した。(一部転載)

【放射能漏れ】海水注入の事前報告、枝野氏認める - MSN産経
枝野幸男官房長官は25日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発1号機への海水注入が菅直人首相の言動を受けて中断したとされる問題で、東電が海水注入の準備を政府側に事前に報告していたことを認めた。(一部転載)

菅“国家犯罪級”のウソ…海水注入知ってた?サミット袋叩き必至 - ZAKZAK
こんどは、どう弁明するのか-。東京電力福島第1原発1号機への海水注入が菅直人首相の言動によって55分間中断、事故の深刻化を招いたとされる問題で、東電は海水注入の3時間以上前に経済産業省原子力安全・保安院に事前報告していたことが25日、分かった。「東電から海水注入の報告はなかった」とする菅首相の答弁とは矛盾している。

 関係者によると、東電は3月12日正午ごろに海水注入の準備を決め、午後2時50分ごろに注入実施を決定。そして午後3時20分ごろ、保安院に「準備が整い次第、炉内に海水を注入する予定である」と記したファクスを送り、午後7時4分に注入を開始したという。
 海水注入は午後7時25分に中断されたが、東電は5月21日、「官邸が『海水を注入すると再臨界の危険がある』としたので政府の判断を待った」と説明している。

 菅首相は23日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、海水注入中断について「私が止めたことは全くない」と関与を否定。東電による海水注入についても「報告が上がっていないものを『やめろ』とか『やめるな』というはずがない」と述べた。
 しかし、首相官邸では通報後の3月12日午後6時から、保安院幹部も出席して海水注入に関する会議を行っており、知らなかったとする説明は極めて不自然だ。
 保安院が菅首相に伝えなかったことも考えられるが、首相官邸は原発事故直後から「対応策は政府の指示という形で出すように」と命じるなど指揮系統の一元化を徹底していた。仮に保安院から首相に情報の伝達がなかったとしたら、首相官邸の危機管理体制が全く機能していなかったということになる。
 
 菅首相は24日、英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューを受け、原発事故に関し「上がってきた情報は必ずお伝えしたい」と情報公開を確約したが、どこまで信じていいものか。


菅首相の「聞いていない」の一言で、福島原発1号機への海水注入が、
一時間近く中断されたとの報道を、前回の記事のなかで書きましたが、
この「聞いていない」というのが嘘だったみたいですね。

東電は、海水注入を始める3時間以上前に、保安院に報告していたんですね。
そして、枝野官房長官も、この事前報告を認めたんですね。

「東電から海水注入の報告はなかった」
「私が止めたことは全くない」
「報告が上がっていないものを『やめろ』とか『やめるな』というはずがない」


菅首相は、「自分は一切聞いていない、何もしていない」
というようなことばかり言われていますが、
やっぱり、この方が、悪の元凶だったんですよね・・。

菅首相は、国民を騙し続けているんですね。
でも、一国の首相の言葉は、世界を駆け巡りますからね。
結局、日本国民だけでなく、世界中を騙しているんですよね。

菅首相の「国家犯罪級」の嘘は、サミットで、袋叩きに合うのでしょうかね。
でも、日本の首相が袋叩きに合ったら、国民は恥かしいですよね。
大嘘つきの菅首相、ほんとに、退陣していただきたいですね・・。

捨てた分だけ苦しみが軽くなる
『捨てることは、できるものなのです。
たとえば、台風で洪水が起こり、舟に家財道具を積み込んで逃げ出したところ、積荷が重すぎて舟が沈みそうになったという場合には、やはり荷物を捨てざるをえないでしょう。そうしないと命を失うという場合には、命あっての物種なので、荷物を順番に捨てていくしかありません。
「家財道具はあれもこれも欲しい。タンスも欲しいし、洗濯機や冷蔵庫も欲しい。金庫も欲しい」と思っても、やはり捨てなければいけません。
その際に、「では、何から捨てるか」ということになりますが、「お金があれば、また買える」と思ったものは、どんどん捨てていきます。そして、「命があれば、お金だって、また稼げるだろう」と言って、お金さえも捨てていきます。 -中略
そのように、舟が沈みそうになれば、大事な家財道具もどんどん捨てていくはずです。
したがって、悩みのなかで苦しんでいるときには、「何を捨てるか」ということを考えることが大切です。
「どれを取るか。どれを持っていくか」という選択をすることが、どうしても苦しくて難しい場合には、逆に、「何を捨てるか。何を捨てれば、いちばん楽になるか」ということを考えて、大胆に捨てることです。捨てれば、その分だけ執着が減って楽になり、苦しみが軽くなるのです。
人は、地位や名誉、財産、健康、あるいは職業上のいろいろな便益など、実にさまざまなものを欲しがります。
しかし、危機になれば、やはり捨てていかなければいけないのです。
何を捨てるかは、わりあい簡単に自分で判断できます。「あなたは何を捨てていきますか」と言われれば、服を一枚一枚脱ぎ捨てていくような感じで、捨てるものを判断することができるのです。
「何を捨てるか。何を捨てられるか」ということを考えれば、悩みは減っていくはずです。』

   ---「奇跡の法」-人類再生の原理- 第1章 運命を逆転させる法 より

今日は、「奇跡の法」の、『捨ててこそ道は開ける』のなかから、
『「何を捨てるか」という決断』と、『捨てた分だけ苦しみが軽くなる』
という二つのテーマを選んでみました。

大川総裁は、『「何を捨てるか」という決断』のなかで、
釈迦仏教では、「執着を捨てよ」という教えが説かれたが、
執着を捨てるというのは、思想的、宗教的、哲学的な課題ではあるが、
実人生を生きるうえにおいても、大事なことだと言われています。

人が悩むのは、たいていの場合、執着があるからであり、
「あれも欲しいが、これも欲しい」と思い、
それが互いに矛盾していることが多いと言われています。。

そして、悩みを解決する方法として、「細分化の原理」や、
「優先順位をつける」という話をしたが、もっと単純にいえば、
最後は結局、「何を捨てるか」という問題になると。

さらに、人間は、「何を手に入れるか」という積極的な方向で頑張る傾向があるが、
仏教的にアプローチするならば、「何を捨てるか」ということになると。
そして、これは執着の問題であり、捨てることによって、
実は幸福になれると言われていますね。

また、『捨てた分だけ苦しみが軽くなる』のなかでは、
台風で洪水が起こって、舟に家財道具を積み込んで逃げようとしても、
積荷が重すぎて舟が沈みそうになったら、やはり荷物を捨てざるをえない。
あれも欲しい、これも欲しいと思っても、順番に捨てなければいけない。

さらに、その際に、「では、何から捨てるか」ということになるが、
「お金があれば、また買える」と思ったものは、どんどん捨てていく。
そして、「命があれば、お金だって、また稼げるだろう」と言って、
お金さえも捨てていくと言われています。

そして、舟が沈みそうになれば、大事な家財道具も、
どんどん捨てていくはずだから、悩みのなかで苦しんでいるときには、
「何を捨てるか」ということを考えることが大切だと言われています。

また、「どれを取るか。どれを持っていくか」という選択をすることが、
どうしても苦しくて難しい場合には、逆に、「何を捨てるか。何を捨てれば、
いちばん楽になるか」ということを考えて、大胆に捨てることであり、
捨てれば、その分だけ執着が減って楽になり、苦しみが軽くなると。

さらに、人は、地位や名誉、財産、健康、あるいは、
職業上のいろいろな便益など、実にさまざまなものを欲しがるが、
危機になれば、やはり捨てていかなければいけない。
また、何を捨てるかは、わりあい簡単に自分で判断できると言われています。

そして、「あなたは何を捨てていきますか」と言われれば、
服を一枚一枚脱ぎ捨てていくような感じで、捨てるものを判断することができると。
だから、「何を捨てるか。何を捨てられるか」ということを考えれば、
悩みは減っていくはずだと結ばれていますね。

はい、まあ、「執着を捨てよ」と言われても、
なかなか、捨てられないのが、人間というものですね。
人間には、もともと、「欲」がありますからね。

そして、人間の三大欲と言われているものは、
「食欲」「性欲」「睡眠欲」ですね。
これは、人間の本能として持っている欲ですね。
また、その他に、物質やお金、地位や名誉など、
人間は、いろんなものを欲しがりますよね。

でも、そのすべての欲がまったくなくなったら、
これまた、向上心なんかも、なくしてしまいますからね。
だから、この「欲」に関しては、「過剰な欲は、身を滅ぼす」
ということなんじゃないのでしょうかね・・。

「執着」とは、思いが一点に止まっている状態のことを言うんですよね。
だから、一つのこと、一つのものだけに捉われて、
そのことばかりを考えているなかに、苦しみが生まれるんですよね。

まあ、私も、この年まで生きてきて、いろんなものを捨ててきましたね。
若い頃は、それこそ、「あれも欲しい、これも欲しい」
「あれがしたい、これがしたい」と生きていましたが、
そのうちに、「欲しい、欲しい」と思って生きるなかに、
やすらぎはないのだということに気付きました。

まあ、完全に、欲をなくしてしまうことは無理ですが、
一つのものに捉われることなく、サラッとした心で生きているうちに、
執着がどんどんなくなっていくんですよね・・。
そして、「欲しい、欲しい」と、過剰に思う心は、地獄に繋がってしまうんですよね・・。

あっ、今日、このテーマを選んだのは、実は、
菅首相のことを、ずっと、考えていたからなんですよね。
ははっ、ある意味、今の私は、菅首相に執着しているのかもしれませんね。

ただ、一人の人間が、何かに執着して、悩みや苦しみをつくっても、
結局、その執着した人に、最後は苦しみが返ってきますが、
一国の首相にまでなった人が、この執着を持っていたら、国民が、
その苦しみを背負うことになるのではないのかな・・。
国民が、不幸になるのではないのかな・・と、思うんですよね。
まあ、でも、多くの人を不幸にした人は、結局、その人にも苦しみは与えられますね。
あっ、菅首相は、あの世に還っても、恐らく地獄に赴かれるでしょうね・・。

さて、菅首相が執着しているものとは、その「首相の座」ですよね。
これは、地位や名誉、権力を欲しがっているんですね。
そして、国や国民の生命より、まず、首相生命、自分の生命ですね。
この人は、常に、自分しかないんですよね。
国民が第一と言いながら、自分が第一なんですよね。
こんな人が、日本の首相なんですよね。
これが、今の日本の不幸ですよね・・。

政治家が、この国を良くしたい、国民を幸福にしたいという思いで、
首相になりたい、どうしても、指導者になりたいと思ってくれればいいですが、
自分のために、我欲を通すために、指導者になられたのでは、
ほんとに、国民は、たまったものではありませんよね。
政治家は、私心を捨てて欲しいものですね・・。

人間にとって、向上心は大切ですよね。
生きていく上で、物質やお金、そして、ある程度の地位も必要かもしれない。
でも、それを望むことで、他の人を不幸にしたり、
他の人を苦しめたりするのであれば、その思いは正しいものではありませんよね。

捨ててこそ道は開ける
政治家が、私心を捨ててこそ、日本の明るい未来への道は開けます。
日本の政治家の人たちが、私心を捨て去り、この日本のために、
仕事をしてくださることを願います。
そして、菅首相が、「首相の座」への執着を捨て去り、
早く退陣してくれるようにと祈ります。

菅首相と民主党政権に、これ以上、この国を潰されないためにも、
菅首相の退陣と、解散総選挙 ! これからも叫んでまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示