この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

経済音痴、ここに極まれり ! 火事場泥棒警報 ! 『「震災増税」は、さらに景気を悪化させる』

『政府がやるべきことは、財政出動です。
景気調整の方法としては、日銀を中心とする金融政策、つまり、市場に流通している資金量を調整するやり方と、もう一つは、財政出動といって、いろいろなところに政府予算を出動するやり方とがありますが、今は、この財政出動が必要なのです。
民主党政権は、ケチケチ運動から始まっていて、「財政出動が、いかに要らないか」ということを言い続けてきたため、このマインドを変えるのは実際には難しいだろうと思います。
国の借金を減らすことばかりを考えていたところ、"運よく"震災が起きたので、「これで、増税ができる。今なら、国民は臨時増税を呑むのではないか」などと考えている可能性が極めて高いのです。
自民党のほうにも、今、同じような動きが出ています。自民党にも増税論者がけっこういるので、「震災増税ならば国民も聞いてくれるのではないか」と考え、「震災対策に充てる」と称して、震災を受けていない人に増税をかけそうな雰囲気を感じます。
しかし、本当に、これ以上の経済音痴はありません。まさに、「経済音痴、ここに極まれり」で、もはや経済学など、なきに等しい考え方です。
日本経済への影響について、今のところ、「今回の震災のダメージは、GDPベースで、マイナス1パーセント分ぐらいに相当する」と言われていますが、いずれそれ以上の規模に被害が拡大し、今、増税をすれば、さらにダメージが大きくなるかもしれません。不況期に増税をかけたら、もっと不況が進むのは分かっていることなのです。
「不況期に震災が来て、ここで増税をかけたらどうなるか」といえば、企業活動はさらに停滞し、消費活動も停滞して、もっと景気が悪くなっていきます。
これでは駄目なのです。もし、火事場泥棒風に、ここで増税をかけようと考えるようなら、その"悪代官"のクビをはねなければいけません。「東日本復興目的税」などと称して、たくさんの税金を取ろうとするなら、もう辞めてもらわなければいけないと思います。』

       ---「震災復興への道」 -日本復活の未来ビジョン-
             第1章 震災復興への道 より

H7009_20110421114622.jpg

ご訪問ありがとうございます。
なんか最近、ほんとに寒いですね。
政治が不安定だと、天候まで不安定になるのでしょうかね。
早く、民主党政権が潰れてくれないと、ほんと、
夏になっても雪が降るようになるかもしれませんよね・・。(有り得るかも)

さて、ここのところ、また新刊続きで、どれをご紹介したのかも忘れそうですが、
先日、ちっょと、胸が空くような書籍が発刊されましたね。

H0312.jpg

『新潮社』に十分敬意を払って、『「週刊新潮」に巣食う悪魔の研究』というアカデミックな題をつけたのは、大川隆法本人である。ケンカを売る相手をよく選ぶように、経営陣にはお願い申し上げる。
        --- 「週刊新潮」に巣食う悪魔の研究 まえがき より

私は、テレビはほとんど見ないし、週刊誌も全く読まないのですが、
どうも、週刊新潮が、大川総裁にケンカを売ってたみたいですね。
いや~、昔、講談社のフライデーもケンカを売っていましたが、
その後、きっちり、廃刊になってしまいましたよね。

週刊新潮は、明日、廃刊です~。
てなことにならなければいいですけどね・・。

あっ、そう言えば、相変わらず、中日新聞の偏向報道も続いていますね。
衆院選愛知6区補選「中日新聞の偏向報道」 | 小島一郎 official web site 幸福実現党
つぶやき集Vol150(有害図書には不買運動の鉄槌を) 飛騨高山より幸福実現ブログ

『「中日新聞」に巣食う悪魔の研究』もして欲しいですよね。
民主党の岡田さんの縁故の霊が、いっぱい出てくるかもしれませんね。

さて、新刊のなかでも、最新刊は、今日のテーマでも取り上げた、
「震災復興への道」ですが、この書籍は、大川総裁の提言の他に、
地理物理学者であった、竹内均さんの霊言も収められていましたね。

『国難が迫っているとは思っていたが、現実は本当に厳しいものだった。
ただ、私の言いたいことは、「千年に一度の災害」のような言葉で責任回避するのではなく、あくまで「人災」あっての「天災」だと思って、人間の力で、人智を尽くしてやれるところまでは努力すべきだということだ。
一日も早く震災より立ち直り、以前にも増しての繁栄を実現すべきである。
国家としての自覚と自信を取り戻すべきである。
そうであってこそ、被害で亡くなられた数万の人々の霊も浮かばれよう。私の説き続けている言葉を信ずる限り、この国の繁栄は絶対に揺るがない。この言葉を言い続けよう。』

    ---「震災復興への道」 -日本復活の未来ビジョン- まえがき より

この国の繁栄は絶対に揺るがない。
はい。
日本の明るい未来を信じています。

さて、書籍のご紹介は後ほどにして、少しニュースを拾ってみました。
被災地を訪問して、被災者の方々を支援される芸能人は多いですが、
自衛隊を訪問される方もいらっしゃったんですね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
【東日本大震災】長渕熱唱!被災者&自衛隊員に生歌エール - MSN産経



このニュースは、もう、旬じゃないのかもしれませんが、
この報道をみつけたときに、(長渕さん、やるじゃん)と思ったんですよね。
それで、どっかで動画が出回ってないかな・・と探したんですよね。
う~ん、長渕さん、篤いですね~。
自衛隊員との大合唱には、思わず涙がこぼれました。
男気のある方たち、大好きです。

まあ、私はもともと長渕さんのファンじゃないんですよね。
順子 君の名を呼べば 僕は切ないよ
好きです 好きです 心から
とか歌っているときは(ふるっ)、なんやこの歌手と思っていましたが、
最近の長渕さんは、男気が溢れているので、ちょっと好きですね。





長渕さんが歌われていた、映画「男たちの大和」の主題歌、
「CLOSE YOUR EYES」は、ほんとにいいですね。
で、長渕剛さんの自衛隊訪問の動画を見たあとに、とっても聞きたくなったんですよね。
それで、ついでに映画の動画も見たのですが、とっても気になるセリフを見つけたました。

沖縄を守るということは、日本を守ることですね !

そう、このセリフ。
今も、忘れてはいけませんよね。
命を捨てて、この日本を守るために戦った方たち。
沖縄を守るために、戦って、その命を散らした方たち。

今、沖縄から米軍を追い出そうとしている人たちは、
この方たちの思いを、踏みにじっているんですよね。
今も昔も、沖縄は、日本の要所です。
沖縄の方たち、そして、沖縄の仲井真知事には、
この人たちの思いを汲んでいただきたいですね・・。

「鳩山化」する沖縄県の仲井真知事-幸福実現党 政調会長 黒川 白雲
沖縄各紙に「意見広告」を掲載し、国難突破のための「街宣活動」を決行いたしました |
幸福実現党ニュース


さて、次のニュースをみてみます。
菅政権の被災者対策は、ほんとうにお粗末のようですね・・。

【from Editor】3・11大地震 菅政権の被災者対策「本当にお粗末だよ」 - MSN産経
「ほ、ん、と、う、にお粗末だよ…」
 大震災から約1カ月が過ぎたある日、受話器の向こうから、深く静かな憤りの声が聞こえてきた。電話の相手は現在、落選中の東北地方選出の自民党前衆院議員である。怒りの矛先は民主党政権の被災地対策に向けられていた。

 遅々として進まぬ復旧、いまだに滞る物資補給、生活の困窮…。前議員はひとつひとつ事例を挙げ、政府の責任を指摘した。
 菅直人首相の迷采配によって、政府の震災対策が混乱の度合いを増したことについては、本紙連載「官邸機能せず」などで詳しく報じたので繰り返さない。ただ、連載終了後も続々と、首相官邸の迷走ぶりを示す情報が政治部記者の耳に入ってくる。こうした混乱が実際に被災地に深刻な影響を今も及ぼしているのだと、前議員との会話で改めて実感した。
 もちろん、前議員は民主党と対立関係にある人物だから、彼の政府批判は多少割り引いて聞く必要がある。だが、今、永田町では与野党を問わず多くの議員から、この国家的危機を克服する任務は、菅首相には荷が重すぎるのではないかという声が相次いでいる。

 一方、民主党議員と話すと、次のような意見もよく耳にする。
 「たしかに、菅首相に不手際があったかもしれないが、大震災対応の途中で、首相を代えることなんてできない」「こんな時期に首相を代えたら、日本は国際社会からどんな目で見られるか」
しかし、そもそも菅政権の大震災対応が国際社会からどのような目で見られているかをよく考えた方がいい。現に米国はあきれ果て、韓国からは怒りの声が上がっているではないか。

(一部転載)

遅々として進まぬ復旧、いまだに滞る物資補給、生活の困窮…。
「ほ、ん、と、う、にお粗末だよ…」


やっぱり、被災地対策は、遅々として進んでいないんですね。
政府は、被災地の状況をちゃんと把握していないのでしょうね。
震災発生後、雨後のたけのこのように本部や会議を乱立して、
それで尚、1600億円もの義援金の分配も決まらないという現状。
「菅」という人災が東北つぶす!責任転嫁の“乱立会議”機能せず - 政治・社会 - ZAKZAK

そして、今度は、乱立した本部や会議のスリム化を検討・・。

【東日本大震災】大震災組織のスリム化を検討 - MSN産経
菅直人首相は19日、官邸を訪ねた民主党の田中慶秋衆院議員らと会談し、乱立しているとの批判が強い東日本大震災や福島第1原発事故に関係する政府組織のスリム化を図る意向を示した。会談終了後、田中氏が記者団に明らかにした。
 田中氏が「組織ばかりを作ればいいものではない。組織のメンバーの半分は(他の組織のメンバーを)兼ねている。スリムで分かりやすくスピードのある取り組みをしてほしい」と要請、首相は「その通りだから一生懸命やらせていただく。全体的にいろいろな組織の見直しをしていきたい」と答えた。
 政府は大震災発生以降、緊急災害対策本部や原子力災害対策本部など19もの組織を設置。今後も首相が本部長となる「復興対策本部」や、与野党に参加を呼びかけている「復興実施本部」が設置される計画となっている。

【東日本大震災】菅・亀井両氏が会談 引き続き野党参加の復興実施本部を模索 - MSN産経

さらに、スリム化を検討しながら、「復興対策本部」「復興実施本部」の設置を計画。
う~ん、もう、ほんとに意味不明ですよね。

被害は、会議室で起きているんじゃない !
被災地で起きているんだ !
って、思わず言いたくもなりますよね。

震災発生から1カ月以上も経つというのに、まだ、
「復興基本法案」も策定できない民主党政権。
ほんとに、被災者の方々に、更なる苦しみを与えていますよね。
もう、この政権では、被害も増え続け、復興も遅れますね。
民主党災害 !
なんとかならないのでしょうかね・・。

さて、菅人災、民主党災害に吹き荒れる日本ですが、今度は、不況に喘ぎ、
災害や人災で苦しむ日本国民に、更なる重税を課そうという動きが出ていますね。

【東日本大震災】枝野氏、復興財源で「民主が消費税引き上げ含め検討」 - MSN産経
枝野幸男官房長官は19日の記者会見で、民主党が東日本大震災の復興財源のために「復興再生債」を発行し、償還財源として消費税引き上げを含めて検討を進めていることについて「民主党でこの考え方も含めて検討しているが、政府として今、具体的財源について特定の方法を検討をしている段階ではない」と述べ、民主党内での議論に期待を示した。

被災地対策もできていないのに、増税議論はいつも熱心な民主党。
民主党の議員さんたちは、国民を、何だと思っているのでしょうかね。

あっ、民主党の新しいポスターが出たとTwitterで騒いでいましたが、
この新しいポスターには、「資産は国民」って書いてあるんですよね。
新ポスター「資産は国民。」篇
http://www.dpj.or.jp/media/poster/2011_new-poster_3.pdf

資産は国民・・。
財務会計上の勘定科目の区分の一つである資産とは、
将来、企業に収益をもたらすと期待されているものですね。
現金や有価証券、建物や土地。
そして、機械装置や什器備品、そして、車輌運搬具も資産ですね。

民主党にとっては、国民は資産だそうです。
これはもう、国民を、モノやお金と同様に見ているということですね。
あっ、資産のなかでも、償却資産として分類されるものは、
減価償却されますが、途中で、除却、売却されるものもありますよね。

民主党政権が続いたら、利益を生まない国民は、
除却されてしまうのでしょうかね。
あと、中国に、売却されてしまうかもしれませんね。
資産は国民。
民主党にかかったら、私たち国民は、モノ扱いです。
民主党、やっぱり、怖い政党ですよね。
菅首相、早く退陣して、解散総選挙してくれないでしょうかね・・。

ああ、でも、菅首相は、まったくお辞めになる気はないみたいですよね・・。

【参院集中審議】首相、早期退陣を否定 - MSN産経
菅直人首相は18日午後の参院予算委員会で、今後の政権運営について「欲張りかもしれないが、復興・復旧、財政再建に道筋がつくところまでやれば政治家として本望だ」と述べ、早期退陣を求める声を強く否定した。

復興・復旧、財政再建に道筋がつくところまでやれば政治家として本望だ

ううっ、早期退陣を否定した上に、こんなトンデモ発言まで・・。
政治家の本望だけで首相を続けられたらたまりません。
こんな人が、首相に居座り続けたら、ほんとに、東日本の復興もままならず、
経済も更に沈み、この国は、二流国に転落してしまいます。
これが、菅首相が望む「最小不幸社会の実現」なのでしょうかね・・。

さて、今日は、「震災復興への道」のなかから、『「震災増税」は、
さらに景気を悪化させる』というテーマを選んでみました。

大川総裁は、このなかで、政府がやるべきことは、
財政出動だと言われています。
景気調整の方法は、日銀を中心とする金融政策、つまり、
市場に流通している資金量を調整するやり方と、もう一つは、
財政出動といって、いろいろなところに政府予算を出動するやり方とがあるが、
今は、この財政出動が必要だと言われていますね。

でも、民主党政権は、ケチケチ運動から始まっていて、
「財政出動が、いかに要らないか」ということを言い続けてきたので、
このマインドを変えるのは実際には難しい。
国の借金を減らすことばかりを考えていたところ、
"運よく"震災が起きたので、「これで、増税ができる。
今なら、国民は臨時増税を呑むのではないか」などと、
考えている可能性が極めて高いとも言われています。

また、自民党にも増税論者がけっこういるので、
「震災増税ならば国民も聞いてくれるのではないか」と考え、
「震災対策に充てる」と称して、震災を受けていない人に、
増税をかけそうな雰囲気を感じると言われていますね。

だから、これ以上の経済音痴はない。
まさに、「経済音痴、ここに極まれり」で、もはや経済学など、
なきに等しい考え方だと言われています。

さらに、日本経済への影響について、今のところ、
「今回の震災のダメージは、GDPベースで、
マイナス1パーセント分ぐらいに相当する」
と言われているが、いずれそれ以上の規模に被害が拡大し、
今、増税をすれば、さらにダメージが大きくなるかもしれない。
不況期に増税をかけたら、もっと不況が進むのは分かっていることだと。

また、「不況期に震災が来て、ここで増税をかけたらどうなるか」
といえば、企業活動はさらに停滞し、消費活動も停滞して、
もっと景気が悪くなっていくから駄目だ。
もし、火事場泥棒風に、ここで増税をかけようと考えるようなら、
その"悪代官"のクビをはねなければいけない。
「東日本復興目的税」などと称して、たくさんの税金を取ろうとするなら、
もう辞めてもらわなければいけないと結ばれていますね。

はい、経済学を学んでいなくとも、今、増税したら、
間違いなく、もっと景気が悪化することは予測がつきますね。
そして、一国民の立場においても、収入が上がる見込みがない時に、
これ以上増税されたら、生活レベルを下げるしかありませんね。

そして、生活レベルを下げようと思ったら、無駄の削減をしますよね。
(無駄の削減・・どっかで聞いたような・・)
そう、生活で必要なものだけ買うようになりますね。
細かい話ですが、日常使う野菜なんかも、昨年から徐々に高くなって、
今は、昨年の2倍以上の値段になっているものもあるんですよね。
この上に、消費税まで上げられたら、ほんとに、食費も嵩みますよね。
おまけに、ガソリンなんかもどんどん高くなっていくし、
ほんとに、生活するのが大変になりますよね・・。

と、こんな私のような人が増えたら、消費は完全に落ちますね。
そして、物が売れなくなったら、潰れる会社も増え、
その上、会社が潰れたら、失業者も増えますよね。

今、震災や津波、原発事故被害、風評被害を受けている被災地は、
それでなくとも、生活するのが困難になっていますよね。
でも、天災や人災の影響は、被災地だけでなく、
他の地域にも、ジワジワ出始めていますからね。
だから、こんな状況のなかで増税なんかしたら、
日本の経済が沈むということが、常識で分かりそうなものですよね。

だから、大川総裁が言われているように、今は、増税ではなく、
一刻も早く財政出動をかけ、復興に力を注がなければならない時ですよね。
それが政府がなすべきことですよね。
増税ではなく、財政出動。
これが、震災復興への早道なんですよね。

『日米外交危機のあと、日中のGDP逆転、さらに、東日本の大地震、大津波、原発被害と、疫病神がこの国に取り憑いている実態が、次々と明るみに出ている。
本質的には唯物論の左翼政権がこの国を支配し、無神論、唯物論を助長する商業ジャーナリズムがこの国の世論を操作し続ける限り、貧乏神退治も相当骨が折れる仕事だろう。
だが、目覚めへの道は、すぐそこまで来ていると信じて、今日も一日を努力していこう。努力の上に繁栄が築かれるのだと信じていこう。』

    ---「震災復興への道」 -日本復活の未来ビジョン- あとがき より

大川総裁は、民主党政権が誕生したら、日本に、二つの危機が来ると言われていました。
一つは、外交の危機、そして、もう一つは、経済の危機です。
外交音痴、経済音痴の民主党。
そして、その民主党の代表である菅さんは、その音痴の最たる人です。

外交の危機、経済の危機を目の当たりにしても、
この民主党政権には、危機管理能力がないために、
今だに、政権維持、権力延命のみに汲々として、
日本の未来、日本国民の未来は、まったく見ていません。

日本は今、二つの火事場泥棒に狙われています。
一つは、外交の危機に当たる、近隣諸国の日本の領土泥棒。
そして、もう一つは、経済危機に当たる、民主党政権の税金泥棒です。

日本は、日本国民は、この二つの火事場泥棒の侵入を許したら、
間違いなく、悲惨な未来が待っています。
今、早急になさねばならないことは、一刻も早く、東日本を復興させることです。
そして、そのためには、日本内部の脅威を、まず、除くことが先決です。

民主党政権には、なんとしても、お引取り願いましょう。
不幸社会の実現を望まれている菅首相には、一刻も早く退陣していただきましょう。
マスコミの多くが、未だ民主党を擁護し続けるのなら、
私たち国民が、菅首相の退陣、政権返上の大合唱をしてまいりましょう。

この国の繁栄は絶対に揺るがない。
この言葉を合言葉として、震災復興への早道を歩んでまいりましょう。
ありがとうございました。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示