この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

日本を不幸社会に導く菅首相には、早期退陣を望む !『未来の幸・不幸を決める心の種子』

『未来が肯定的か否定的か、楽観的か悲観的か、幸福であるか不幸であるかは、あなたの「心の種子」によります。
未来を幸福なものにしようと思うならば、肯定的な種子を心のなかにまき、育てなければいけません。その種子を育てるには、常に繰り返し考えることです。
悲観的な想念に負けそうになったときには、それに負けないだけの肯定的な想念を自家発電しなければいけません。それは、気力を出すことであり、努力をすることです。そして、今日できることをやり、明日の希望を考えることです。マイナスの考え方に支配されそうになったら、それと戦うプラスの考え方を出していくこと、発信していくことが大切です。
人間は、心のなかで、矛盾する二つのことを同時に思うことはできません。幸福な人が不幸になることも、不幸な人が幸福になることもできないのです。また、笑いながら悲しい話をすることも、悲しい顔をして涙を流しながら楽しい話をすることもできません。人間は一度に一つのことを思うことしかできないのです。したがって、心のなかを占めているものがいったい何であるかが非常に大事になります。
肯定的な自己像を持ち、「自分がもっと発展し、成功し、世の中の役に立ち、幸福になっていくことが、まわりの人も幸福にしていく」という映像を、常にしっかりと描き続けることです。たとえ否定的な想念に負けそうになっても、勇気を起こして、また肯定的な想念を発信しなければいけません。
それがこの世においてできたならば、あの世においてもできるのです。それは人生における勝利そのものだと言えます。
運命を逆転させるためには、心構えや考え方をどのようにつくっていくかが非常に大事なのです。「考え方は非常に強い力を生むのだ」ということを学んでいただければ幸いです。』

       -----「奇跡の法」- 人類再生の原理 -
     第1章 運命を逆転させる法-考え方には人生を変える力がある より

H0197.jpg

ご訪問ありがとうございます。
東日本大震災からすでに24日。
月日の経つのは早いものですね。
復興の目途が、まだまだたたないようですが、被災地のみなさま、
避難されてるみなさま、どうか、希望を持って、前向きに過ごしてくださいませ。

さて、東日本大震災は、多くの被害をもたらしましたが、
被害を直接受けていない地域にも、その影響が、ジワジワと出てきていますよね。
震災後、トイレットペーパーなどの買占めが報道されていましたが、
高齢の両親を抱える我が家においても、いつも買っていた、
安い紙おむつが品切れのため、あっちこっち探し歩く毎日。
一昨日に、やっと、陳列されたと思ったら、お一人様一袋・・。
まあでも、被災地の方々のご苦労に比べたら、まだ、物があるだけいいですよね
脚力を鍛えるために、何度でも走って買いに行こうと思う今日この頃です。(ウソ ・・ チャリンコで ・・)

さて、今日はまず最初に、明るいニュースを拾ってみました。
大阪のミナミの顔のひとつと言われている「グリコネオン」が、
今日、4日の夜から、再点灯されるとの報道がありましたね・・。

【東日本大震災】あのグリコネオン今夜再点灯 復興応援“笑顔”込め - MSN産経
江崎グリコは4日、東日本大震災の発生を受け3月12日夜から消灯していた大阪・道頓堀の「グリコネオン」を再点灯させることを明らかにした。「みんなに笑顔を届けたい」との垂れ幕を添え、4日夜から再点灯させる。
 同社は「関西という立地から、電力を使用しても被災地に直接的な負担はかからないと考えた。復興に向け、少しでも明るくなるようにというメッセージを込めたい」としている。

biz11040412330007-n1グリコ
東日本大震災で消灯されたグリコの看板。復興メッセージを込め、
4日夜に再点灯されることになった=3月12日夜、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)


ネオン再点灯→明るいニュースです。
はい、このグリコの看板は、大阪人にとっては、馴染み深いものなんですね。
そして、今では、大阪ミナミの顔として、観光名所にもなっているとか。

さて、このグリコの看板が、最初に設置されたのは、1935年(昭和10年)。
今の看板は、5代目だそうで、この看板は、戦前から、
ずっと、ミナミの街を照らし続けているんですね。
私が生まれる前、遙か前から、この場所で、手を上げ続けているんですね。
あっ、戦中に、鉄材供出のために一度撤去されたり、
いろいろな理由で、停止されたりもしましたが、W杯や阪神タイガース、
世界陸上のユニフォームなどに着替えながら、
ずっと、大阪の街を応援してきた看板なんですね。

東日本大震災を受けて、このグリコのネオンは、
震災翌日の12日の夜から、いち早く、消灯されたんですよね。
ほんと、対応が早かったですよね・・。(政府も見習え・・)
まあ、大阪は、節電地域になっていないために、今夜からまた点灯されるとのことですが、
大阪の街から、被災地に向けて、明るい思いを発信してほしいですね。

さて、次のニュースを見てみます。
東日本大震災において、多くの方々が、義援金をされているなか、
私の大好きなあの方が、すごい寄付を宣言されたみたいですね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
【東日本大震災】ジャッキー全財産を寄付 総額260億円 - MSN産経
アクション俳優、ジャッキー・チェンが全財産を寄付することを宣言したことが3日、明らかに。世界日報などが報じたもので、先月31日に北京市内でのイベントで公言した。資産総額は20億元(約260億円)を超えるともいわれ、長男で俳優のジェイシー・チャン(28)には遺産を残さないという。
 今月1日には自ら発起人となり、東日本大震災チャリティーイベントを香港で開催。約2500万香港ドル(約2億7000万円)が寄せられ、自らも300万香港ドル(約3200万円)を寄付した。(サンケイスポーツ)

ent11040409270005-n1ジャッキー

東日本大震災の復興支援にむけて香港で行われる「愛は国境を越える311
チャリティイベント」のエグゼクティブプロデューサーを務める
世界的アクションスター、ジャッキー・チェン


大震災後、世界中の大スターや著名人の方々の、
多額の寄付が報じられてきましたが、このジャッキーは、
全財産を寄付されると宣言されたんですね。
この報道を見て、ガセじゃないやろな・・などと、
不謹慎なことを思った私ですが、これがほんとうなら、
いや~、さすがジャッキーですね。

ははっ、私は、昔から、アクション、格闘技が大好きで、
このジャッキーの映画は、ほんとうによく見ていたんですよね。
ジャッキー、ありがとう !
(って、資産家のぽっぽさんの寄付はまだなんでしょうかね・・。)

さて、明るいニュースを二つお届けしましたが、
日本の政治を見ると、ほんとに、心が暗くなってしまいますよね・・。

【東日本大震災】菅首相、東電「指導力なし」 海外も酷評 - MSN産経

震災を伝える海外メディアの報道では、福島第1原発事故が長期化、深刻化するにつれ、東京電力や日本政府の対応を批判する記事が増えている。特に「指導力の欠如」が問題視されている。東南アジア各国が申し出たさまざまな人的、物的支援が、日本側の事情で遅れたり足止めされるケースも相次ぎ、戸惑いの声が出ている。

「驚くべき社長不在」
 「消えたミスター・テプコ」(イタリア紙)。共同通信によると、欧米メディアは、東電の清水正孝社長(66)が震災発生から2日後の13日夜に記者会見して以来、公の場に姿を見せていないことを「驚くべき不在」などと一様に酷評した。
 米紙ウォールストリート・ジャーナルは、第1原発の事故対応マニュアルに、緊急時に自衛隊など外部に支援を要請するための指針がほとんどないと指摘。ドイツのフランクフルター・アルゲマイネ紙も原子炉を冷却する海水の注入が遅れたことなどを厳しく非難。東電経営陣の危機管理能力に疑問を呈している。

原発とのなれ合い
 日本政府にも厳しい目が向けられている。フランスのルモンド紙は「首相の存在感が希薄だ。首相の演説はメディアの関心を引かず、新聞の4ページ目を探さなければ出てこない」と批判。ドイツ紙ウェルトも「情報公開に消極的」と日本政府の対応の不備を指摘した。
英誌エコノミストは日本政府と原子力関連産業の関係を「なれ合い」と指弾。原発の安全に関する議論を押さえ込み、原発がはらむリスクを極端に低く見積もってきたと非難した。

宙に浮いた外国支援
 3月13日に福島県相馬市に派遣されたシンガポールの救助隊は16日には帰国の途へ。原発事故で日本政府から退避を勧告されたためだが、シンガポール政府関係者は「被災地で実質的な活動はできなかった」と明かす。
 タイは日本人の口に合うようにとタイ米1万トンのほか、もち米5000トンを送る計画だったが「輸送先などの明確な返答がなく」(タイ外務省当局者)支援を断念した。
 インドネシアは毛布約1万枚を送ったが「(毛布の厚みなど)仕様が合わない」と日本側から説明され、準備し直した。インドネシア国家災害対策庁は「日本は自然災害で外国からの支援を受けた経験が乏しい。受け入れルールもなく対応が難しいようだ」と話した。
 外務省によると、これまでに134の国・地域と39の国際機関が支援の意思を表明したが、日本が受け入れた国・地域と機関は約30にとどまる。支援を断られた国からは「一括した受け入れ窓口がなく、情報が錯綜(さくそう)している」と日本の混乱ぶりに不満も出ている。


海外メディアの報道では、東京電力や日本政府の対応を、
批判する記事が増えているんですね。
まあ、東電の社長は、まったく姿を見せられませんからね。
なんか、病気で入院しているとの報道もありましたが、
これだけの事故で、これだけの被害を出しておきながら、
責任者である社長が入院して出てこないというのは、
やっぱり、おかしいですよね。

原発事故の対応で、現場では、命懸けの作業をされている方がいるのに、
責任者である社長が寝てたらだめですよね。
これでは、現場で作業をされた方も報われませんよね・・。

そして、海外のメディアは、菅首相に対しても、手厳しいですね。
あっ、当然と言えば当然ですね。
国民の私でも、この方には、全く、指導力がないと思っていますからね。
指導力のない菅さんでは、政府もまったく機能していませんよね。

支援を申し出てくれた各国に対して、ほんとに、失礼ですよね。
本来、その支援は、政府ではなく、被災地に届けるべきものですからね。
この支援を、スムーズに受けていれば、助かる方もいらっしゃったんですよね。
被災者の方々をの足を引っ張る日本政府。
ほんとに、どうしようもないですよね・・。

まあ、最高指揮官である菅さんが、この状態では、
隅々まで、指揮が行き届くはずもありませんね・・。

菅また暴走視察「オレが行く」周囲に怒鳴りまくり - 政治・社会 - ZAKZAK

時事ドットコム:菅首相が被災地視察=「最後の最後まで頑張る」
菅直人首相は2日午前、東日本大震災に伴う津波で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市を訪問した。首相は、陸上自衛隊の指揮所が置かれている市役所仮庁舎で戸羽太市長や達増拓也知事から被災状況の説明を受けた後、避難所がある市立米崎小学校の体育館や、被災現場を視察した。
 仮庁舎を出た際、首相はその場にいた約20人の消防団員に対し「少し長い戦いになるが、政府も最後の最後まで一緒になって頑張るので皆さんも頑張ってください」と声を掛けた。
 首相は避難所で両膝をついて被災者に話し掛け、「物資が届かない状況はどうなっていますか」と質問したり、「国もしっかり対応する」と励ましたりした。
 また、津波で松原が根こそぎなくなった海岸沿いの現場や、全壊した市庁舎を視察。市庁舎前では、戸羽市長らとともに犠牲者に黙とうをささげた。


メディアで「引きこもり」などと揶揄されている汚名返上のための視察。
そして、また怒鳴りまくって「オレが行く」
さらに、視察に行って、被災者の方に言った言葉が、
物資が届かない状況はどうなっていますか?
ほんとに、よくこんな質問が出来ますよね・・。

被災地に行く前に、物資の状況は把握しておくべきですよね。
こんな質問ではなく、もっと、被災者の方々に希望を与える言葉を出しなはれ !
これが日本の最高指揮官、なんとも情けない人ですよね。
怒鳴りちらすことしかできない菅首相。
指導者としての器ではないですよね・・。

「菅に指導力なし」7割認めた! 仮設住宅たったの36戸… - 政治・社会 - ZAKZAK
深刻な状況が続く福島第1原発事故への菅直人首相の対応を、6割以上の人が評価していない実態が世論調査で浮き彫りになった。実際に、震災から3週間以上が経過したのに被災地の仮設住宅は36戸しか完成していない。菅首相の指導力と実行力不足は、原発と同じくらい深刻だ。

 読売新聞が今月1-3日に行った世論調査によると、菅内閣の支持率は31%。3月4-6日の前回調査から7ポイント回復したものの、不支持率は56%(11ポイント減)と依然として高い。
 また、地震や原発事故に対し、菅首相が指導力を「発揮している」は24%にとどまり、「そうは思わない」が69%。7割近くが、菅首相のリーダーシップを否定した。
 被災地救援や復興支援をめぐる政府の対応については「評価する」43%に対し、「評価しない」が44%。原発事故をめぐる対応では、「評価する」が27%で、「評価しない」は61%に上った。
 「菅首相にいつまで首相を続けてほしいか」という質問には、「早く退陣してほしい」(19%)と「夏ごろまで」(31%)の早期退陣を求める声が半数に。「衆院任期満了の再来年夏まで」は16%しかおらず、長期政権を求める声はほとんどない。

 実際、菅首相の指導力不足は明らか。復興の足がかりとなる仮設住宅は、3日までに岩手県陸前高田市の36戸しか完成していない。1995年1月に起きた阪神・淡路大震災では、発生1カ月で約1250戸が完成していた。
 国土交通省が、津波被害を受けた土地への建設を認めない一方で、高台に平地が少ないという用地の問題と資材不足が原因だが、それにしても対応の遅れは際立っている。
 こうした首相の“頼りなさ”を受けてか、自民党内では、大連立を容認する声が出始めている。先の読売新聞の調査でも大連立には64%が賛成で、反対派27%だった。
 ただ、「菅首相は消費税増税を突然言い出して、参院選で負けると引っ込めるなど、信用できない。首相の退陣が大連立の条件」(自民党幹部)との意見は根強く、民主党内にも「どこかで原発事故の責任を取って辞めてもらうのがベストだ」(中堅)との声がある。「菅でやるのか、菅抜きか」が政局の焦点となっている。


さて、海外メディアにおいても「指導力なし」
世論調査においても「指導力なし」
こんな「指導力なし」の首相が、このまま首相を続けたら、
ほんとに、東日本の復興が、進みそうにないですよね。

現に、阪神・淡路大震災において、地震発生1カ月で、
仮設住宅が約1250戸が完成していたのに対して、
3日現在で、岩手県陸前高田市の36戸しか完成していないという状況。
仮設住宅は、1戸につき、建てるのに2週間ぐらいかかると言われていますから、
このままでは、相当遅れてしまいそうですよね。

あっ、大阪においても、建築関係では、仕入れもままならず、
建築関係の業者の方も、東北に応援に行かれるために、
なかなか、新築の工事が進まないという状況だと聞きました。
復興を第一に考え、急ピッチで復興を進めないと、
ほんとに、日本全体の経済が沈む可能性がありますよね。

今、この復興期に、日本経済を押し上げる政策を打たないと、
ほんとに、多くの国民が、更に苦しむことになってしまいます。
日本政府が、対応を誤らないようにと祈ります。

さて、岩手県と言えば、私の友人も被害に遭い、避難所生活をされているのですが、
昨夜、その友人の方が言われていたんですよね・・。
「三陸沿岸壊滅状態。戦後以来の国家的危機だと、被災者の方が言われていましたが、
人々は全く沈んでおりません。未来を絶望などしておりません。ただひとつ、
国家の舵取りさえ間違わなければ、十分以上に新建設は成ります。日本人は素晴らしい! 」
と・・・。

私は、この言葉で、反対に勇気をいただいたんですよね。
被害に遭ってもいないのに、どうも、今の日本を見ていると、ついつい、
沈みがちになってしまうのですが、でも、被災地の方々は、いろんなものを失くし、
いろんな苦しみが重なるなかにおいても、希望を失っていない。
未来を絶望されていないんですよね。
ほんとに、頭が下がりますよね・・。

でも、この方が言われているように、「国家の舵取りさえ間違わなければ」
ここだと思うんですよね。
国民が、希望を失っていないのに、その国民を、
助けるどころか、足を引っ張っている今の日本政府。

「指導力なし」の菅首相が指導力を発揮したのは、現地視察だけ・・。
ほんとに、こんな、最高指揮官では、日本が、
ほんとうに沈んでしまうのではないかと、不安にもなりますよね・・。
でも、こんな状況においても、まだ、衆院解散はされそうにありませんね・・。

自民・谷垣氏、衆院解散「当面先送り」 民主との大連立は「白紙」 - MSN産経
自民党の谷垣禎一総裁は4日午前、都内で中曽根康弘元首相と会談し、「(東日本大震災が起きた)3月11日まではできるだけ早く政権を追い込もうという方針だったが、あれだけのことが起きるとそのままの方針ではいけない」と述べ、復旧・復興のため衆院解散・総選挙は当面先送りすべきだとの考えを示した。(一部転載)

今の危機的状況において、選挙なんてしている場合ではない。
こんな声をよく聞きますよね。
でも、選挙によって、政治の空白が出来るとやばいという考えと、
こんな政権が続くことによって、危機が増すから怖いという考えと、
どちらもあると思うんですよね。

私は、「危機が増す」から、なんとしても、解散して欲しいんですよね。
だから、解散総選挙 !
これは、ずっと訴えてまいります。
大連立・・とんでもない話ですよね。
政権延命だけを考えている民主党。
もう、これ以上、国民を苦しめるのはやめていただきたいですよね・・。

さて、今日は、「奇跡の法」のなかから、
『未来の幸・不幸を決める心の種子』というテーマを選んでみました。

大川総裁は、このなかで、未来が肯定的か否定的か、
楽観的か悲観的か、幸福であるか不幸であるかは、
あなたの「心の種子」によると言われています。

そして、未来を幸福なものにしようと思うならば、
肯定的な種子を心のなかにまき、育てなければいけない。
その種子を育てるには、常に繰り返し考えることだと言われています。

また、悲観的な想念に負けそうになったときには、
それに負けないだけの肯定的な想念を自家発電しなければいけない。
そして、それは、気力を出すことであり、努力をすることである。
今日できることをやり、明日の希望を考えることであると・・。
さらに、マイナスの考え方に支配されそうになったら、
それと戦うプラスの考え方を出していくこと、発信していくことが大切だと。

そして、人間は、心のなかで、矛盾する二つのことを同時に思うことはできない。。
幸福な人が不幸になることも、不幸な人が幸福になることもできない。
また、笑いながら悲しい話をすることも、悲しい顔をして、
涙を流しながら楽しい話をすることもできないと言われています。
だから、人間は一度に一つのことを思うことしかできないので、
心のなかを占めているものがいったい何であるかが非常に大事になると・・。

ゆえに、肯定的な自己像を持ち、「自分がもっと発展し、成功し、
世の中の役に立ち、幸福になっていくことが、まわりの人も幸福にしていく」
という映像を、常にしっかりと描き続けること。
たとえ否定的な想念に負けそうになっても、勇気を起こして、
また肯定的な想念を発信しなければいけないと言われています。

そして、それがこの世においてできたならば、あの世においてもできる。
それは人生における勝利そのものだと言われていますね。
だから、運命を逆転させるためには、心構えや考え方を、
どのようにつくっていくかが非常に大事。
「考え方は非常に強い力を生むのだ」と結ばれています。

はい、未来の幸・不幸を決めるのは、心の種子なんですね。
そして、未来を幸福なものにしたければ、肯定的な種子を心のなかにまいて
常に繰り返し考えて、育てなければいけないんですよね。

でも、日本の指導者である菅さんは、その心のなかに、
最初から、「不幸の種」をまいているんですよね。
菅さんは、「最小不幸社会の実現」を目指されているので、
この不幸の種をまき続けていると言っても過言ではないですよね。
そして、深層心理のなかにおいても、この日本国民の不幸、
日本国家の解体を望まれているんですよね・・。

民主主義の弱点を突いてきたマルクス 2010.6/22記事にて、
菅直人守護霊の霊示をご紹介。
『「国家」や「主権」を否定したがる、菅直人氏の守護霊』
『「国家」や「アメリカ」を嫌う背景には、前世での戦死体験がある』

H0278.jpg

菅さんは、前世において、サイパンで自決されているんですよね。
だから、戦争を憎み、戦争をした国家を恨み、そして、
自分を殺したと思っているアメリカを憎んでいるんですね。

そして、生まれ変わった今世においても、今尚、国家を恨み続けているんですね。
そして、アメリカを恨んでいるから、日米同盟も、嫌っているんですよね。
アメリカを嫌い、国家を嫌う菅さんが、今、日本の首相なんですね。

この人は、本当に、「日本という国ががなくなってもいい」
と思われているのではないでしょうかね・・。
こんな人が首相のときに起きた東日本大震災。
これは、ほんとうに、日本国民にとっては悲劇ですよね。
そして、これが、菅さんが望んだ最小不幸社会なのかもしれませんね。
でも、このまま、菅さんが、首相の座に座り続けたら、
日本は、「最大不幸社会」になってしまいますよね・・。

菅内閣には「戦災直後内閣」のような雰囲気がある
『アメリカのような、ああいう、競争と市場主義の国が嫌いなんだろうな。
基本的に、彼の頭のなかにあるのは、戦後の復興期のようなものだね。まるで、炊き出しをし、配給制にして、平等な社会をつくるような感じに見える。彼がやろうとしているのは、「配給制の平等」というか、割り当てをして、平等に暮らすようなことだから、それは、いわば、"最低生存生活社会"だろう。
彼は、そういうことを頭のなかに描いているので、きっと、この国は、経済的には、もっと貧しくなるだろうね。
豊かな生活を望んでいなくて、「金持ちは、みな悪人だ」と思っているだろうね。「金持ちは悪人だ」と思っているから、おそらく、金持ちいじめを徹底的にやるよ。金持ちの票の数は少ないからね。
だから、これは、まあ、「戦災直後内閣」だろうね。私のイメージでは、そんな感じかな。
-中略
もしかしたら、今後、地震とか、いろいろと天変地異が起きて、まさしく彼が望むとおりの社会になるのかもしれないけどね。
彼は、かなり貧しい社会を前提にしているね。豊かな社会では、基本的には、共産主義や社会主義は成り立たないんだよ。貧しい社会でなければ、これは成立しないんだ。』

   -2010年6月12日 高杉晋作の霊示
   --「菅直人の原点を探る」 第2章 高杉晋作が見た「奇兵隊内閣」 より 

H0281.jpg

さて、菅さんが尊敬する高杉晋作さんは、昨年、菅内閣のイメージを、
「戦災直後内閣」だと言われていたんですよね。
そして、今後、地震とか、いろいろと天変地異が起きて、
まさしく彼が望むとおりの社会になるかもしれないと言われていたんですね。

ほんとに、ピンポーン ! ですよね。
こんな予言当たって欲しくなかったですね・・。
でも、まさしく、菅さんが望んだとおりの社会になってきているんですよね。
菅さんは、首相になったときに、真っ先に、
「最小不幸社会の実現」を掲げられましたものね・・。

日本の指導者が、不幸社会の実現を望むなんて、本来、おかしなことですが、
菅さんは、それを当たり前のように表明していますよね。
もう、これでは、日本国民は、幸福にはなれませんよね・・。

さて、大川総裁は、民主党政権が誕生したら、「国難が来る」と、
ずっと言われていましたが、ほんとに、今、日本は、国難を迎えていますよね。
そして、「危機の十年を迎える」とも言われてたので、この十年は、
心してかからねばならなのですが、昨日、大川総裁が、
次の国難の指摘をされたんですよね・・。

大川隆法総裁が、次の国難は「島嶼部への侵攻」 | ザ・リバティweb - The Liberty Web | ニュースの真実がわかる「ザ・リバティ ウェブ」
幸福の科学の大川隆法総裁は3日、幸福の科学春日井支部(愛知県)で説法し、東日本大震災に続く国難が「国防で来る」可能性があると、次のように指摘した。

「今の(復興で大変な)時期に日本の島に上陸したら、(日本を侵略したい国からすれば)面白いだろう。そうなれば菅総理は泡を吹いて倒れるかもしれない。『復旧作業で5年かかるから待ってくれ』とか『国連統治に任せる』と言って逃げるかもしれない。沖縄も島嶼部の250ぐらいある島が守れていない。あっさりやられるかもしれない」

また、震災の救援活動に活躍する自衛隊をメディアがほとんど報道しない点に触れながら、

「自衛隊は大事だと思う。国防は重要なことなので、国を守るために戦う人たちが英雄として扱われるのは当たり前のこと。海上保安庁も正当防衛以外できないことになっているので、非常に気の毒な状態。自分たちで自分たちの手を縛って苦しんでいるので、国難という形で勉強させられていると思う」と述べた。

(一部転載、続きはザ・リバティ・ウェブでどうぞ)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1692

top-logo.png

大川総裁は、東日本大震災に続く国難が、国防で来る可能性があると指摘されたんですね。
やっぱり国防ですか・・。
まあ、中国は、ちっよと前から、すでに、不穏な動きをしていますからね。
もしかして、火事場泥棒をしに来るのでしょうかね・・。

でも、日本の復興時期に、普通は、有り得ないことですよね。
まあ、国際法が通じない中国ですから、有り得るのでしょうかね。
震災救援も、原発事故処理も、後手後手の民主党政権。
この国を、ちゃんと、守ってくれるのでしょうかね・・。

今、日本は、戦後最大の国難を迎えています。
そして、その国難は、民主党政権誕生時から、徐々に拡大し、
これから、もっともっと拡大するかのような勢いです。
今後、地震や津波が、また、他の地域を襲うかもしれません。
そして、中国や北朝鮮が、ほんとうに暴発するかもしれません。

でも、日本国民として、いつ来るか分からないものに対して、
怯えながら暮らしても、何の解決にもなりません。
日本の首相である菅さんは、日本国民の幸福を望んでいません。
日本の存続を、良しとしていません。
そんな菅さんが率いる民主党政権は、売国政党と呼ばれています。
日本国民は、一昨年の選挙において、とんでもない間違いを犯してしまいました。
そして、その間違いが今、徐々に分かってきたのではないでしょうか。

一国の首相の思いは、国を滅亡に導きます。
この国の首相は、心のなかに、「幸福の種」をまくことが出来ません。
そんな首相のもとで、日本国民が、不幸に追いやられるなんて・・。
私は、これ以上、民主党政権によって、この国が貶められるのが我慢なりません。
苦しむ国民が増えるのは、もう、見たくありません。

菅首相や、民主党議員たちが、「不幸の種」をまき続けるのであれば、
私たち国民が、それに勝る、「幸福の種」をまき続けてまいりましょう。
「幸福の種」をまき続ける国民が増え続けたら、きっと、この国は守れます。

世界をよくするには
国についても同じことが言えます。
国民が自分の国を愛していれば、
その国はよくなっていきますが、
きらっていれば悪くなっていくのです。

「偉大なるローマ」はどうしてできたかといえば、
ローマ市民がローマを愛したからです。
ローマ市民がローマを愛していなければ、
偉大なるローマはできなかったでしょう。

また、日本の国民が「日本をよくしていこう」
と思えば、日本はよくなっていきます。
逆に、「日本は悪くなっていく」と思えば、
そうなっていくでしょう。

-「幸福の革命」 第1章 未来を信ずる心 より

H0193.jpg

肯定的な想念を自家発電してまいりましょう。
気力を出し、努力をし、今日できることをしてまいりましょう。
そして、明日の希望を考えてまいりましょう。

さらに、日本を愛し、「日本をよくしていこう」
という思いを発信してまいりましょう。
明るい未来を信じて、どんな苦難が来ても、
たくましく乗り越え、この国を、もっともっと発展させてまいりましょう。

そのためにも、民主党には、早く政権返上していただきましょう。
不幸社会を望む首相は、もう、この日本には不要です。
幸福への道を、ただひたすらに、進んでまいりましょう !
ありがとうございました。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示