この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

がんばろう日本 ! 世界の支援に応えよう ! 『悲しみを通して、他の人への優しさが出てくる』

『悲しみを知った人でなければ、ある意味で、他の人への優しさや同情心の心、愛の心というものは出てきません。
私は、今、宗教家という仕事をしていますが、毎日、世界各地で、悲惨なことが数多く起きています。苦しんだり悲しんだりしている人々がいます。戦争も起きています。飢餓も起きています。いろいろな災害も起きています。苦しみや悲しみが尽きる日はありません。毎日、そういうものを見るにつけ、本当に悲しい気持ちになります。
また、最近では、大きな会社が潰れて、何万人もの人々が解雇され、失業することもあります。それぞれの家庭のことを考えると、非常につらい気持ちになります。
しかし、だからこそ、「自分の仕事が必要なのだ」と思うのです。世界がうまくいっているのならば、私がいる必要はありません。人々が苦しんでいるときだからこそ、こうした宗教の仕事が必要ですし、また、その仕事に尊いものがあるのです。私は、そう考えて精進しています。
どうか、世間を見て、ニヒルというか、虚無的にならないでください。また、投げやりな態度にもならないでください。
「どんなに客観情勢や環境が悪くても、そのなかで自ら灯火をともす。光を放つような人生を生きる」---そのような努力をすることが大事です。
それが「七転八起の人生」の精神であると思います。
どうか、最後まで頑張って生きてまいりましょう。』

       ---「ストロング・マインド」-人生の壁を打ち破る法-
     第1章 七転八起の人生 5.どのような環境でも、光を放つ努力を より

H0294.jpg

ご訪問ありがとうございます。
11日に起きた、東日本の大震災。
その、あまりの被害の大きさに、言葉が出ませんでした。
私の友人や知人も、多くの被害に遭われましたが、
幸いにも、命を落とされた方はいらっしゃいませんでした。
ただ、その安否が分かるまでの間は、ほんとうに不安でしたね・・。

この度の大震災で被害に遭われ、お亡くなりになった皆様方の、
ご冥福を心よりお祈りいたします。
そして、被害に遭われた多くの皆様方に、お見舞い申し上げるとともに、
今尚、救出を待たれている方がたの命が、一人でも多く救われることを、
心よりお祈り申し上げます。

さて、電力不足のために、「節電」の呼び掛けもあり、あまり、
パソコンも使わないほうがいいのかなと思っておりましたが、
橋下知事のつぶやきを見て、関西は大丈夫みたいなので、
記事の更新をさせていただこうかなと思いました。

t_ishin 関西から送れるのは100万キロワット。関西電力は、数100万キロワット単位で供給能力があります。皆さんの節電がなくても、限界量の100万キロワットはきちんと関東へ送ることができます。イベント系については、明日僕もメッセージを出そうと思っていますが、普通にやる方が良いと思います。

t_ishinもちろん関東・東北地方では節電は必要不可欠です。供給量が絶対的に不足しています。関東地方の皆さん節電協力よろしくお願いします。関西と関東で周波数が同一であれば、関西からどんどん電力を送れたのですが残念です。この件は、蓮舫大臣に電話でご報告致しました。


まあ、関西は、節電の必要はないと言われたのですが、やっぱり、
被災地の皆様のことを考えると、自然と節電してしまいますね。
それと、被害状況を見ていると、心苦しくて、何も書けなかったんですよね・・。

【東日本大震災】死者・行方不明者5532人 警察庁 15日午前8時現在 - MSN産経
警察庁によると、15日午前8時現在、東北など12都道県警が検視などで確認した死者数は2414人に上った。家族や知人から届け出のあった行方不明者は3118人で、重軽傷者は16都道県で計1885人になっている。
 一方、警察庁によると、全国から派遣された広域緊急援助隊は2500人以上が現地入りし、これまでに孤立化した被災者ら2500人以上を救出したという。
 各県の死者数は、北海道1人▽青森3人▽岩手675人▽宮城1254人▽福島431人▽山形1人▽東京7人▽茨城19人▽栃木4人▽群馬1人▽千葉15人▽神奈川3人。
(一部転載)

さて、日本のマスコミは、不安を煽るのがお得意で、あまり、嬉しい報道はしてくれませんが、
被害に遭われた方のなかで、救助されている方も増えています。
この報道では、自衛隊の救出活動などは発表されていませんが、
昨日の17:00現在において、15,900人の方が救出されているようですね。
もっと、もっと、多くの方が救出されることを祈ります。
防衛省・自衛隊:平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震自衛隊の活動状況
(17時00分現在)


257633165あかちゃん救出
自衛隊員ががれきの中から救出した4ヶ月の赤ちゃんだそうです。

さて、阪神大震災を上回る規模の東日本大震災ですが、
地震と津波の被害だけでも大変なのに、政府の後手の対応によって、
深刻な、人災まで引き起こしてしまいましたね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
菅政権の政治主導演出へのこだわり、混乱を増幅 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
未曽有の大惨事となった東日本巨大地震をめぐり、菅政権の無策ぶりが次々と明らかになっている。
 放射能漏れや計画停電など、国民の安全に直結する問題では対策が遅れ、情報発信も不十分なため、国民の間には混乱と不安が広がる一方だ。
 菅首相が今なすべきことは、一刻も早く被災地復興に向けた全体計画を打ち出し、官民一体でこの国難を乗り越えるための強い指導力を発揮することだ、との指摘が政財界の各所から出ている。

 ◆どなる首相◆
 首相官邸の危機対応のほころびは、地震から一夜明けた12日午後、福島第一原子力発電所1号機で起きた水素爆発であらわになった。放射能漏れの可能性があり国民への一刻も早い周知が求められたにもかかわらず、菅首相は東京電力の技術者を官邸に呼びつけると、どなりちらしたという。
 「これから記者会見なのに、これじゃあ説明出来ないじゃないか!」
 テレビは、骨組みだけになった1号機の建屋から煙が勢いよく噴き出す生々しい光景を映し出していた。爆発が起きたことは明らかだった。だが、東電の説明に納得がいかない首相は、爆発直後の午後4時に設定していた記者会見の延期を宣言。自らの言葉での説明にこだわる首相への遠慮からか、午後5時45分から記者会見した枝野官房長官は「何らかの爆発的事象があった」と述べるだけで詳しい説明は避け、「首相ご自身が専門家の話を聞きながら(対応を)やっている」と語った。
 結局、首相が記者団の前に姿を現したのは、爆発から約5時間がたった午後8時半。「20キロ・メートル圏の皆さんに退避をお願いする」と述べたが、こうした指示はすでに首相官邸ホームページなどで公表済みだった。「首相が東電の技術者をことあるごとに官邸に呼びつけてどなるので、現場対応の邪魔になっている」。政府関係者は嘆いた。首相は避難所視察も希望したが、「迷惑をかける。時期尚早だ」と枝野長官が止めた。

 ◆政治ショー◆
 首都圏の計画停電への対応でも、首相をはじめ、政権の「政治主導」演出へのこだわりが混乱を拡大させた側面は否めない。
 計画停電の実施は当初、13日午後6時半から東電の清水正孝社長が発表する予定だったが延期された。「まず首相が国民に直接呼びかけたい」との首相周辺の意向が伝えられたからだ。
 13日夜、首相官邸の記者会見室では、首相が「国民に不便をかける苦渋の決断」と計画停電の実施を発表したのに続き、枝野長官、海江田経済産業相、蓮舫節電啓発相が次々と登壇し、国民に節電を訴えた。しかし、記者団から停電開始の時間を問われると、蓮舫氏は、陪席していた東京電力幹部に向かって「答えられます?」と回答を促した。
 こうした「政治ショー」が終わるのを待って東電が行った発表は結局、午後8時20分開始となり、スーパーや鉄道各社など多くの関係者は、対応に十分な時間がとれなくなった。

 ◆一夜で決行◆
 今回の大地震対応では、第1次石油危機時の1974年1月半ばから2月末まで実施した大口利用者の電力カット15%をはるかに上回る25%カットをめざしている。電力会社だけでなく、鉄道や病院関係など、官民の枠を超えた複雑な調整が必要だったにもかかわらず、政府内では精緻な議論もなく、停電は、決定からわずか一夜で決行された。
 こうした中、政府が本格的な復興計画作りに着手した形跡はない。
 政府は14日の持ち回り閣議で、被災地向け食料などの支援に2010年度予備費から302億円を支出することを決めた。だが、1995年の阪神大震災で組んだ補正予算は総額約3・2兆円。与党内では「今回は、どう見ても阪神大震災の2倍はかかる。10兆円でも足りるかどうか」(民主党幹部)との指摘が出ている。抜本的な復興戦略と財源対策が早急に必要になる。
 復興財源をめぐっては、民主党の岡田幹事長が14日、11年度予算案を成立させた後、減額補正で捻出することもあり得るとの考えを示した。政府・与党内には、自民党の谷垣総裁が示した増税論にも理解を示す声が出ている。


【東日本大震災】首相、現地視察第2弾を断念 - MSN産経
枝野幸男官房長官は14日午後の記者会見で、菅直人首相が2度目の東日本大震災の被災地視察を希望したものの、受け入れ態勢が整わず断念したことを明らかにした。
 枝野氏は「首相には現地の状況を直接把握したいという強い要望があったが、現地と調整したところ、救援活動の状況から受け入れが困難な状況だった」と述べた。その上で「現地から官邸に上がる情報で当面努力する」と述べた。
 首相は地震発生翌日の12日午前、陸上自衛隊のヘリコプターで現地を上空から視察。東電福島第一原発も訪れたが、現場の作業を遅らせる一因になったとの批判が出ている。


【東日本大震災】原発「爆発」誰も説明できず 危機意識ない政府、東電 - MSN産経

【東日本大震災】政府、後手の対応 首相視察が混乱拡大との見方も - MSN産経
崩壊した原発神話…ウソつき民主の「影響なし」で不安増大 - 政治・社会 - ZAKZAK
【原発爆発】福島原発4号機の火災、枝野氏「水素爆発か。放射能が大気に」 - MSN産経
【放射能漏れ】最悪事態「我々にノウハウない」防衛省・自衛隊に緊張走る - MSN産経

さて、福島第一原発の爆発の被害が、どんどん拡大しているみたいですが、
この、最初の爆発の原因は、菅首相が、現場視察をするために、
現場の作業を待たせ、放出が遅れたために起こったものだとも言われていますね。

災害の被害を、最小限に止め、国民を安心させなければいけない政府が、
日本の首相が、自分勝手な指示、行動によって、新たな被害を生み出しているとは・・。

おまけに、必死で救済を続けている自衛隊をも混乱させている。
もう、ほんとに、許せませんね・・。
【東日本大震災】数字ありきの首相に自衛隊混乱 - MSN産経
でも、今は、怒っている場合ではないので、なんとか、
現場の方々は、被害を最小限に食い止めていただきたいですね・・。

さて、まともに指導も出来ず、一人どなり散し、被災地を、
更なる混乱に陥れている菅首相への怒りもありますが、
国民の怒りは、蓮舫さんにも向けられているみたいですね。

【地震】蓮舫に国民の怒り爆発 / ネットの声「あんたが削った分だけ死者が出てる」
[サーチナ]

元タレントであり、内閣府特命担当大臣でもある蓮舫さんが、インターネットコミュニケーションサービスTwitterで「皆様、余震に充分な備えをお願いします。落下物におきをつけください」と発言し、大炎上している。
  一見、東北地方太平洋沖地震で被災した人たちに対する温かい言葉に聞こえるが、「災害対策予備費」、「学校耐震化予算」、「地震再保険特別会計」を事業仕分けしたひとりが蓮舫さんであり、他のTwitterユーザーから「お前がくだらないパフォーマンスで削ったからだろ! 何をきれい事言ってる?」や「削らした4000億円でどれだけの人々が救われるか」などのバッシングを受けているのである。
(一部転載)

そう、この蓮舫さんは、今、節電担当もされているみたいですが、
事業仕分けにおいて、災害対策予備費、学校耐震化予算、地震再保険特別会計、
そして、自衛隊災害救出活動費を仕分けしてしまったんですね。

おまけに、その縮小した分を、民主党は、生活保護費、子ども手当、
高校無償化などの財源にしてしまったんですね。
「いつ来るか分からない天災の予算は無駄だ」という理由で・・。
って、いつ来るかわからない天災が、それも、日本最大の天災が、
民主党政権のときに、来たじゃないですかね・・。

政局混迷のときに来る大震災。
この意味を、国民は、もっと考えなければいけないんですよね。
こんな政権を、国民が選んだんですものね。
そして、昨日、石原都知事が、今回の災害を、天罰だと発言されたことで、
いろんな議論が沸騰していますが、ある意味、それは、的を得ているんですよね・・。

【東日本大震災】石原知事「津波で我欲洗い落とせ」「天罰だ」 - MSN産経
東京都の石原慎太郎知事は14日、東日本大震災への国民の対応について記者団に問われ、「我欲で縛られた政治もポピュリズムでやっている。それを一気に押し流す。津波をうまく利用して、我欲をやっぱり一回洗い落とす必要がある。積年にたまった日本人のあかをね。やっぱり天罰だと思う。被災者の方々はかわいそうですよ」と述べた。
 知事は一連の発言の前に、持論を展開して「日本人のアイデンティティーは我欲になっちゃった。アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等だ。日本はそんなもんない。我欲だよ。物欲、金銭欲」と語っていた。
 同日、この後に開いた記者会見で「天罰」の意味について「日本に対する天罰だ」と釈明。「大きな反省の一つのよすがになるんじゃないか。それしなかったら犠牲者たちは浮かばれない」と話した。


日本人としての共業を自覚せよ
『「一人ひとりが、この日本の国に対して、そして世界に対して、責任がある」ということを、強く自覚しなければならないのです。
災害に遭って苦しむ方や亡くなられた方のなかには、ごく普通の人として生活していた方がたもいるでしょう。それは私も認めています。そういう人たちに対して、酷なことを言っているのではありません。
しかしながら、生命あるすべての仏教徒、すべての日本人に対して言っておきたい。
「自分個人の業(カルマ)として、自分の思ったことや行ったこと、今世なしてきたこと、さらには前世でなしてきたことの集積が、あなたの運命を決めるが、その個人責任だけでは、どうにもならないものがある」ということを----。
個人の責任、個人の業のことを、「不共業(共ならざる業)」といいます。
ところが、人間は自分ひとりで生きているのではありません。多くの人びとと、生かし合い、生かされ合いながら生きています。そういう社会的存在であるという点において、「共業(共なる業)」なるものがあります。共業とは、共同の業ということです。』

     -1995年2月5日大講演会
     -「奇跡の時代を生きる」11.日本人としての共業を自覚せよ より

この「奇跡の時代を生きる」と題された講演会は、
阪神大震災の直後に行われたもので、この時に、今後、
日本各地で起こる地震や津波も予言されていたんですよね。
なかでも、仙台の津波に関しては、その後、仙台の会員の方の質問に対して、
仙台は水に浸かるので、あきらめてくださいと言われていた言葉を、
私は、ずっと覚えていて、それはいつなのかな・・と、思っていたんですよね。
だから、今回、地震と津波の速報を聞いた時に、とうとう来たかと思ったんですよね・・。

今、多くの日本人は、唯物論に染まり、神の存在も認めず、
ただただ、人間心で、自分たちだけで発展してきたように思っていますね。
そこには、神に対する感謝の心も、信仰心もありません。

そして、今の政治を見ても、徳のある方も皆無で、
利権やしがらみ、お金のために、政治屋が横行している時代です。
そして、そんな政治家を擁護してきたのはマスコミですが、
そんな政治家、マスコミを良しとしてきたのは、今の日本国民ですね。
日本国民、全員の責任なんですよね・・。
今こそ、反省して、謙虚にならなければいけませんよね。
天災の前に、人間は、ほんとうに無力なのですから・・。

そして、阪神大震災も、左翼、村山政権の時でしたが、
左翼政権のときに、大震災が来ているんですよね。
大川総裁は、その件についても、今回、メッセージを出されていましたね。
『諸行無常の風に吹かれて』~震災を受けての大川総裁メッセージ

さて、今日は、「ストロング・マインド」のなかから、
『悲しみを通して、他の人への優しさが出てくる』というテーマを選んでみました。

大川総裁は、このなかで、悲しみを知った人でなければ、
ある意味で、他の人への優しさや同情心の心、愛の心というものは、
出てこないと言われていますね。
そして、大川総裁も、今、宗教家という仕事をされていますが、
毎日、世界各地で、悲惨なことが数多く起きていて、
苦しみや悲しみが尽きる日はないと言われていますね。
そして、毎日、そういうものを見るにつけ、
本当に悲しい気持ちになると言われています

でも、だからこそ、「自分の仕事が必要なのだ」と言われています。
そして、世界がうまくいっているのならば、私がいる必要がなく、
人々が苦しんでいるときだからこそ、こうした宗教の仕事が必要だし、
また、その仕事に尊いものがあるので、そう考えて精進していると言われています

そして、世間を見て、ニヒルというか、虚無的にならないで欲しい。
また、投げやりな態度にもならないで欲しい。
「どんなに客観情勢や環境が悪くても、そのなかで自ら灯火をともす。
光を放つような人生を生きる」
そのような努力をすることが大事だと言われていますね。
それが「七転八起の人生」の精神であるとも・・。
そして、最後まで、頑張って生きてまいりましょうと結ばれています。

悲しみを知った人でなければ、ある意味で、
他の人への優しさや同情心の心、愛の心というものは、出てこない


私は、この言葉の意味を、ずっと考えていたんですよね。
悲しみを知った人、これは、悲しさを感じる心ですよね。
自分だけの悲しみではなく、他の人の苦難、困難を見て、
悲しみを感じた時、人は、他の人への優しさが出てくるんですね。

そう、今回の大震災で、震災直後から、私は、ずっと、
何か出来ることはないかなと思って報道を見たり、
Twitterのつぶやきを見たりして、自身も、
現地に必要な情報の拡散をしたりしていましたが、
そのなかで、ほんとに、多くの方が、「何か出来ることはないか」と、
必死になられている姿を数多く見ましたね。
同じ日本人として、その悲しみを共有し、そして、共に助け合う。
そういう姿に、私は、何度も涙いたしました。
悲しみを知る・・菅さんは、国民の悲しみを知っているのでしょうかね・・。

あっ、そうそう、救出作業が落ち着いたら、今後、
被災地に最も必要になるのは、やはり、お金ではないかと思います。
幸福実現党は、11日に、いち早く、義援金の口座を開設しています。
私も、ネットバンキングで、送金させていただきましたが、振込手数料は不要でした。
被害に遭われていない地域の方がたは、ぜひ、ご支援の程、お願いいたします。
「東北地方・太平洋沖地震、津波災害義援金」のお願い | 幸福実現党ニュース
【東北地方・太平洋沖地震、津波災害義援金受付口座】
三井住友銀行 しらゆり支店
普通口座 2127999
口座名義:幸福実現党(コウフクジツゲントウ)


さて、優しさと言えば、今回の東日本大地震の被害に対して、
世界各国の方がたからの、優しい思いを頂戴しましたね・・。

【東日本大震災】インドで追悼式典「日本は親友だ」 - MSN産経
【ニューデリー=田北真樹子】「日本は立ち上がる。これまでも立ち上がってきた」。インドの国会議員や有識者、高僧など約40人が13日、ニューデリー市内の日本大使館前で、東日本大震災の犠牲者を追悼し、日本との連帯をアピールする式典を開いた。

 呼びかけ人の野党インド人民党下院議員、タルン・ビジェイ氏(53)は15年来の親日家で、「日本はインドの親友だ。集会を開くことで、私たちの気持ちが日本とともにあることを示したかった」と語った。
 アスラニ元駐日大使は涙ぐみながら、「インド人は今回の事態を自国の出来事のように受け止めている。日本は今回の大災害にも立ち向かう不屈の精神、回復力を持っている」などとあいさつした。
 式典には斎木昭隆駐インド大使も出席。斎木氏は「着任して間もないが、早くもインドの日本に対する深い友情を確認している。みなさんの言葉を日本の人々に伝える」と述べた。
 震災が発生してからインド国内では追悼集会が各地で行われている


「手のひらの祈り」 震災後の日本に捧げる=台湾 - (大紀元)
【大紀元日本3月14日】フェイスブックの1枚の写真からすべてが始まった。あの悪夢から4時間後、台湾時間の11日17時半、被害の様子が少しずつ明らかになったとき、台湾のある若者が青いペンを取り、自分の手のひらにこう書いた。
 「日本の平安を祈ります」
 彼はそれを写真に収め、フェイスブックで呼びかけた。「日本のために祈りを捧げたい人へ。今日から、青いマニキュアを塗るか、青いブレスレットを付けるか、あるいは、青いペンで手のひらに『日本の平安を祈ります(祈祷日本平安)』と書くかして、私たちの気持ちを届けよう。日本語と中国語、どちらでもかまいません」
 「手のひらの祈り」が見る見るうちに集まった。「絆」は見知らぬ人の手で次から次へとつながって行く。そして、その絆はいま、ユーチューブを通じて日本へ。震災後の2日間ですでに8万5千人がその絆を受け取った。
台湾の若者から届いた「絆」をご覧ください。

【東日本大震災】英紙が1面で日の丸に「がんばれ、東北。」 - MSN産経
13日付の英紙インディペンデント・オン・サンデーは1面トップで日の丸の赤い円の中に「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」と日本語で大見出しを掲げ、東日本大震災の被災地に応援メッセージを送った。(一部転載)

震災支援で各国救助隊が続々到着 米空母、被災のNZも - 47NEWS
東日本大震災を受け、世界各国が派遣した救助隊が続々と日本に到着している。外務省によると、13日までに計69カ国・地域から支援の申し入れがあり、中国から初めてとなる緊急援助隊が同日、羽田空港に到着した。クライストチャーチ市の大規模地震で日本隊が捜索活動に当たったニュージーランドも先遣隊を派遣。米空母も東北沿岸海域に到着、国際的な支援が本格化している。
 在日米軍は物資や人員の輸送を支援。13日には原子力空母ロナルド・レーガンが東北沿岸海域に到着し、海上自衛隊と協力して津波被災者の捜索救難活動を実施。強襲揚陸艦2隻も17日ごろから順次現場海域に到着する予定だ。(共同)

【東日本大震災】社会秩序、助け合いを称賛 復興に期待も、海外報道 - MSN産経

インドや台湾の方々が、お祈りをしてくださっているんですね。
ほんとうに、ありがたいですね。
そして、世界各国から、多くの救援隊が到着しているんですね。
そして、支援金も、どんどん集まっているんですね。

もう、世界が、今、日本を応援してくれているんですね。
今まで、日本は、支援ばかりしてきた国ですが、こんなときは、
多くの国が、支援してくださるんですね。
この支援をありがたくいただいて、日本は、被災地の皆様は、
頑張って、必ず、復興を遂げなければいけませんね。

ただ、こんな、世界各国からの優しい思いや、支援を聞くたびに、
私たち日本人は、今まで、世界の国々の方たちに対して、
支援だけではなく、真に、思いやる心があったのかな・・と、
つくづく考えてしまいましたね・・。

さて、支援と言えば、やはり同盟国のアメリカの支援が、ありがたいですね。
多数の空母を出してくださったんですね。
これによって、助かる命も、きっと、多かったことだと思います。
ほんとうに、感謝です・・。

オバマさんは、この大地震が起きたときに、すぐに、
救援体制を整えてくださいましたが、ほんとに、早かったですね。
日本の決断出来ない指導者とは大違いですよね・・。

【東北・太平洋沿岸地震】オバマ大統領が哀悼の声明「友情と同盟は揺るがない」- MSN産経
【東日本大震災】米国防長官、救援で空母派遣も「軍事作戦に影響なし」 - MSN産経

日本は、地震列島です。
過去、幾多の地震、津波に遭い、そして、その度に、日本は、復興を遂げてきました。
そして、何より、日本は、戦後の焼け野原のなかから、
たくましく復活を遂げ、世界で第二位の経済大国にまでなりました。

日本は、日本人の底力は、世界の人びとも認めています。
そして、こんな凄い災害に遭っても、略奪も起きない日本の凄さ。
これが、本来の、日本人の精神の強さ、素晴らしさではないかと思います。

私は、昨年、日本の危機を訴え続けてまいりました。
特に、人類に迫る危機と未来への希望 のなかで、大川総裁が言われていた言葉。
まもなく、人類にとって大変な時代が始まると思います。信じられないようなことが相次いでおきてくるでしょう。おそらく、みなさんが生きているうちに、あっと驚くようなことがたくさん起きるだろうと思います。

書いていた私自身、(信じられないようなことってなんだろう・・)と、
思っていましたが、まさか、この日本で、こんなに早く、
このような、信じられないようなことが起こるとは・・。
ほんとに、言葉を失ってしまいましたね。

でも、日本は、以前から、危機の十年を迎えると言われていましたから、
ここで、もっと、気を引き締めなければなりませんよね。
危機の十年を迎え撃て-高級諸霊が霊言によって日本国民の啓蒙に入っている

そして、どんな災害に見舞われても、どんな危機を迎えても、
意気消沈してはいけませんよね。
私は、今年、最初の記事を書くに当たって、「未来は明るいと信ずる」
というテーマを選んだのですが、ほんとに、この未来は明るいと信ずる心は、
常に、持ち続けて、頑張っていかねばなりませんね・・。
新年を迎えて-「未来は明るいと信ずる」
未来を信ずる心、「最終的には未来は明るい」ということを信ずる心が非常に大事なのです。

そして、私たちの心が、未来の自分と、日本を、発展させるのですね。
あなたの心が、未来の「あなた」と「あなたの国」を発展させる

阪神大震災も、日本にとって、未曾有の災害、被害と言われましたが、
今、被害に遭った地域は、見事に、復興を遂げています。
そして、その時に、私の知人や友人、そして、その家族の方々も、
家を一瞬で失くされたり、命を落とされたりしましたが、
今、そのご家族の方々は、前を向いて、たくましく生きておられます。

東日本大地震で被害に遭われた方がたは、今尚、苦しみのなかにいらっしゃいますが、
希望を捨てず、前を向いて、一日一日を、懸命に生きていただきたい。

そして、今回、被害に遭われていない地域も、今後、
この大地震による影響は、いろんなところで出て来ると思います。
日本全体が、経済的に、困難になるのは予想されることです。
それと、地震は、今回だけのものとは限りませんから、
日本全域で、ちゃんと準備をしておかなければいけませんよね。

あっ、そして、心の準備も大切ですね。
私は、阪神大地震後、自らも、いつ来てもいいように、
覚悟を決めておりますし、一瞬で死んでも、あの世があることは、
ちゃんと理解していますから、混乱することはないと思います。

でも、死後の世界を信じていらっしゃらない方は、一瞬で死ぬと、
天国に還れず、迷われる方がいらっしゃいますので、
そうならないように、「あの世の世界は必ずある」「魂は永遠」
ということだけは、覚えておいてくださいませ。

日本は、今、危機の十年を迎えています。
でも、日本国民が、力を合わせて、この危機を乗り越えれば、
きっと、明るい未来が開けていくものと私は信じています。
そして、この日本の復興は、世界の人びとの願いでもあります。

今、世界各国から受けた恩を、たくましく復興した後に、
必ず、また、返してまいりましょう。
大きな悲しみを知った分、人は、もっともっと優しくなれるのです。
がんばろう日本 !
どんな状況になってもあきらめず、たくましく生きてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示