この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

エジプトのデモに中国政府が警戒?「反対者を数多く殺すような革命は肯定しがたい」

『革命と名の付くものは数多くありますが、例えばフランス革命は、"ギロチン"の山であり、あの血なまぐささには二百年たっても何とも言えないものがあります。前述のアーレント的なものの考えから言えば、「フランス革命が近代の幕開けであった」という見方には大いに疑問があります。
現象としては、非常に悪いもののなかから、似ても似つかぬものが生まれてきたところはあると思います。-中略
その他、ロシア革命を見ても、そうとうな死骸の山ですし、中国の共産主義革命を見ても、反対する者を数多く殺していて、死体の山です。
したがって、「最終目的さえ達せられたら、途中の過程はどうでもよい」というような思想は、基本的に間違っていると考えなければなりません。それは革命ではなく、クーデターであり、反乱にすぎないのです。
一方、日本の明治維新においては、徳川政権の重臣等、一部には処刑された人もいましたが、政権が替わったにもかかわらず、十五代将軍は生きながらえて、のちに名誉職にも就いていますし、江戸城を明け渡した勝海舟も七十七歳まで生き延びています。
これは、世界史的に見て非常に珍しい「無血革命」であったと思われます。「日本人によって、非常に珍しい革命が実践された」と言うことができます。
政変で政治体制が替わることによって、何百万、何千万人の人が死んでいくような革命は、基本的に、善として認めがたいと私は思います。いくら「銃口から革命が生まれる」などと言っても、百万、二百万人の人が骸骨になり、されこうべをさらされなければいけないような革命には、肯定しがたいものがあります。
それよりは、前述したように、既得権力で政治が固まってしまわないように、常に政治参加の自由と平等の権利を与えることが大事だと思うのです。』

      ---「政治の理想について」第1章 水平権力の時代 より

H0236_convert_20100116215259.jpg

ご訪問ありがとうございます。
1月も今日で最後ですね。
ほんと、月日の経つのは早いですよね・・(と、いつもそればっかり・・)

さて、今、日本では、政権与党の民主党が、国民そっちのけで、
政権維持のために、党内対立を繰り返しています。
党内対立に鳩山前首相「こんな党つくったつもりじゃなかった」 - MSN産経

でも、そんな平和(?)な日本と違い、今、エジプトでは、
反政府デモが発生して、死者まで出ているという報道がありましたね・・。

【エジプト衝突】死者100人超、騒乱状態に - MSN産経
エジプトの大規模な反政府デモ発生から5日目となった29日夜、首都カイロでは商店が襲撃され略奪が横行、発砲音も頻繁に聞こえるなど騒乱状態に陥った。中東の衛星テレビ、アルジャジーラはエジプト全土での28日の反政府デモで約100人が死亡したと報道、初日の25日からの死者は100人を大きく上回る見通しとなった。情勢は緊迫の度を強めている。(一部転載)

【エジプト衝突】当局、情報統制に躍起 ネット、携帯の遮断続く - MSN産経
【エジプト衝突】若者の怒りが爆発 言論封殺の代償 - MSN産経
【エジプト衝突】デモ死者2日間で100人 ムバラク大統領は退陣要求拒否、内閣は総辞職
デモ収束気配なし - MSN産経

【エジプト衝突】「革命だ、革命だ」略奪品奪い合い - MSN産経
【エジプト衝突】デモ隊、政府施設に放火 スエズで過激化 - MSN産経

エジプトで、大規模な反政府デモが発生してから、もう、6日も経ったんですね。
でも、まだ、終息する見込みがないんですね。
ムバラク大統領が、1981年に、大統領の座に就いてから、
もう、30年近く、独裁的な政治体制を維持してきたエジプト。
そんなムバラク大統領の退陣を求めてのデモですが、
ムバラク大統領は、退陣を拒否して、内閣総辞職だけをしたんですね。
でも、それでは納得しない国民は、今尚、デモを続けているんですね。

「革命だ、革命だ」と言いながら、略奪品を奪い合うデモ隊。
「革命」といいながら、政府施設に放火するデモ隊。
そして、そんな反政府デモを弾圧する政府。
どちらも、暴力でもって、お互いの意志を通そうとしているんですね。
これは、どちらに軍配が上がっても、犠牲者が出る革命ですね。
なんとも、哀しい革命ですよね・・。

さて、反政府デモと言えば、このエジプトのデモは、
昨年末に起きた、チュニジアのデモが波及したとも言われていますね。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ

チュニジア:政権崩壊 アラブ諸国、波及懸念 強権体制、貧富の差共通 - 毎日jp
【カイロ和田浩明】北アフリカ・チュニジアのベンアリ大統領(74)が14日、サウジアラビアに事実上亡命し、23年間にわたった独裁体制が崩壊した。高失業率や政治的抑圧に反発した国民による、昨年来の反政府デモの高まりに抗しきれなくなった。民衆の怒りが権力者を引きずり下ろすという、アラブ圏では極めて異例の事態だ。専制的な体制で貧富の差が大きいのはアラブ諸国に共通しているだけに、周辺国政府はチュニジア情勢の展開に警戒感を強めている。(一部転載)

チュニジア政権が崩壊したときに、アラブ諸国への波及が懸念されていましたが、
きっちり、エジプトに波及したみたいですね。
でも、チュニジアは、物価の高騰や汚職などに対する国民の不満が爆発し、
大統領の退陣要求の抗議デモを続けたことによって、それを、
無視できなくなった軍部が介入して、結局、大統領は、
23年間、独裁体制を続けてきたチュニジアから亡命して、
政権崩壊という結果になったんですね。
今、エジプトにおいて、反政府デモが継続していますが、
エジプトの政治体制は、どうなるのでしょうかね・・。

さて、今日は、「政治の理想について」より、
『反対者を数多く殺すような革命は肯定しがたい』というテーマを選んでみました。

大川総裁は、このなかで、フランス革命は、"ギロチン"の山であり、
あの血なまぐささには二百年たっても何とも言えないものがある。
そして、「フランス革命が近代の幕開けであった」という見方には、
大いに疑問があると言われていますね。

そして、ロシア革命を見ても、そうとうな死骸の山だし、
中国の共産主義革命を見ても、反対する者を数多く殺していて、
死体の山だと言われています。
だから、「最終目的さえ達せられたら、途中の過程はどうでもよい」
というような思想は、基本的に間違っていると考えなければならない。
それは革命ではなく、クーデターであり、反乱にすぎないと言われていますね。

一方、日本の明治維新においては、一部処刑された者もいたけれども、
世界史的に見て非常に珍しい「無血革命」であったと思われ、
「日本人によって、非常に珍しい革命が実践された」と言われています。

そして、政変で政治体制が替わることによって、何百万、
何千万人の人が死んでいくような革命は、基本的に、善として認めがたい。
いくら「銃口から革命が生まれる」などと言っても、百万、二百万人の人が、
骸骨になり、されこうべをさらされなければいけないような革命には、
肯定しがたいものがある。
それよりは、既得権力で政治が固まってしまわないように、
常に政治参加の自由と平等の権利を与えることが大事だと言われています。

はい、その通りだと思います。
フランス革命と聞けば、やはり、すぐに思い浮かぶのが"ギロチン"ですね。
多くの人を、ギロチンにかけて殺してしまいましたね。
近代の幕開けが"ギロチン"なんて、やはり、おかしいですよね。

このフランス革命が掲げた「自由・平等・友愛(博愛)」の精神は、
その後、民主主義の土台となったようですが、理性を絶対視して、
暴力も正当化してしまったんですね。
そして、その後、共産主義、社会主義、全体主義の基にもなったんですよね。
ああ、そういえば、鳩山さんの「友愛」は、ここからきてるんですよね・・。

あと、ロシア革命も、中国の共産主義革命も、死体の山。
最終目的を達するためには、手段を選ばない。
反対勢力を大量に殺してでも、政変で政治体制を変える。
これは、やっぱり、怖いことですよね。

でも、日本の明治維新は、世界史的に見ても、非常に珍しい、
「無血革命」だったんですね。
これって、すごいことなんですね。
鳥羽・伏見の戦いから始まって、江戸城の無血開城、そして、
最後に、箱館戦争で終結した戊辰戦争ですが、戦争終結後、
なかには処刑された人もいましたが、投獄されて、助命を許され、
最後には、新政府に仕えた人も、数多くいましたよね。

そして、明治維新は、諸外国からの評価も高く、特に、アジア諸国では、
明治維新を模範として、改革や独立運動を行う動きが盛んになったそうですね。
そして、1911年に、辛亥革命を起こし、「中国革命の父」
と呼ばれた孫文も、日本亡命時には『明治維新は中国革命の第一歩であり、
中国革命は明治維新の第二歩である』と、言われたみたいですね。

でも、同じ革命を行っても、今の日本と中国は、
どうしてこうも、政治体制が違っているのでしょうかね・・。

「銃弾を飛ばせ…」 2011年の中国、キーワードは革命 - (大紀元)
【大紀元日本1月28日】「土下座するのを辞めなさい。皇帝はすでに居なくなったのに、誰に対して土下座するのか」と言った後、パーンと弾丸が飛んだ。そうして革命が起きた…
 これは中国で上映中の映画『譲子弾飛』(銃弾を飛ばせ)の1シーン。中国映画界の名俳優・名監督の姜文がメガホンを取り、昨年12月16日から今年のお正月映画の目玉として打ち出され大ブレーク、初日の観客動員数は76万5000人に達した。上映1カ月間の興業収入は6.5億元(約80億円)を超え、国産映画の中では30年来の最高傑作との評判で、大きな反響を呼んでいる。

 革命の肯定で大ヒット
 その大ヒットの理由は、正義を貫き悪を懲らしめる暴力革命への肯定であると言われている。
 映画は1911年に起きた辛亥革命後の北洋軍閥時代を背景にしている。鵝城(「悪の城」と同音)という空想の町に民衆を酷使して富を牛耳ってきた権力者がいる。民主理念を持って辛亥革命に参加したが、革命の成果が北洋軍閥にすり替えられた後盗賊の頭になった勧善懲悪的なものがいる。その盗賊の頭が、貧しいものの味方になって、民衆を扇動して権力者を殺した。
 時代と場所を拝金主義と腐敗が横行する現代中国に置き換えれば、どこで起きてもおかしくないストーリーだ。
 「中国の革命史百年を濃縮した内容」と評されるこの映画には、数多くの暗喩のイメージが使われており、共産独裁政治や、六四天安門事件、腐敗官僚などを観客に連想させる。革命による権力者への復讐の痛快さがこの映画が絶大な人気を得た理由だとも指摘されている。
 その隠された革命のメッセージのためであろうか、映画上映後しばらくして、管理当局の中国広電総局は各地に緊急通達を出し、『譲子弾飛』の上映回数を減らし、宣伝も控えるよう注文を付けた。
 しかし、すでに飛ばされた銃弾は回収不可能だ。『譲子弾飛』はすでに大人気となり、映画タイトルを真似て、「譲地価飛(地価をどんどん上げよう)」「譲導弾飛(ミサイルを飛ばそう)」「譲工資飛(給料を上げろ)」などの風刺語がネット上で流行り、社会現象となっている。

 名俳優として中国で人気を博した姜文は、1963年に軍人の父と音楽教師の母のもとで生まれた。初監督作は『太陽の少年』。自らの少年時代の体験を基に、文化大革命下の北京で暮らす少年たちの姿を描いたこの作品は、ベネチア国際映画祭主演男優賞、金馬奨作品賞・監督賞など数々の賞を受賞した。その後、この作品の宣伝のため日本を訪れた姜文は、東京・靖国神社で旧日本軍の元兵士たちと遭遇したことから、次作『鬼が来た!』が生まれた。しかし、当局の検閲を受けない無断出品であったことと、その後出された修正要求にも応じなかったことから、この作品は中国国内で上映禁止になった上、姜文自身も映画製作・出演禁止処分を受けた。
 反逆的でかつ屈しない姜文は、映画『譲子弾飛』について、政治風刺の意図が入っているかどうかコメントしていないが、原作の小説にあった1930年代の時代背景を辛亥革命後の北洋軍閥時代に変えたことから、現実を連想させる意図がうかがえる。
 1911年に清朝政府の腐敗への反発として起きた辛亥革命は、漢民族復興や地権平等を目指し、清朝を打倒して民国政府を樹立することになった。しかし辛亥革命の理念と成果は、袁世凱を中心とする北洋軍閥により撤回され、地権平等も実現しなかった。
 今年は辛亥革命の百周年。中国の人口の大半を占める農民の支持によって共産党政権が革命の成果を手に入れたが、その統治下の現中国では、辛亥革命前の清政府の腐敗を表現する言葉がそのまますべて通用する。共産党政権の権力者らは、革命当初農民らに約束した土地の使用権を、再び奪おうとした。

 貧富の格差が拡大し、権力の腐敗により富を積んだ権力者への敵対感情は炎上し、官民対立がピークとなって、各地で群衆抗議事件、特に農民たちが土地を守る抗争事件は、年間十数万件にも上る。土地収用により家財や生活の手段を失った一般人が自殺で抗議する事件が各地で相次いでいる。

 村長の死 「銃弾を中共へ飛ばせ」
 民衆の不満は、昨年のクリスマスの日に起きたある村長の死でピークになった。
 浙江省内の温州楽清市は、中国でキリスト教信者の率が最も高い地区である。このような楽清市のある農村で昨年クリスマスの日、元村長の銭雲会さん(53歳)がトラックの下敷きになって死亡する事件が起きた。
 銭雲会さんは村の土地が官僚により不正に奪い取られたとして、数年間にわたって政府上級部門に訴えるなど、告発を続けていた。そのため3回逮捕されて懲役刑にも服した。
 政府が農民から土地を略奪しようとする不正は中国各地で起きている。この20年間の中国経済の発展は、主に土地開発と鉱山資源開発によるもので、二つとも大量の農民が土地を失うことを意味する。4年前の時点で、土地を失った農民は8千万人に達した。生活の手段を失ったその8千万人は絶えず抗議していくことであろう。
 このような持続的に続く抗議運動の中で、農民リーダーが誕生した。しかし、彼らが戦っている相手は、特定の利益集団または背後にある地方政権。そのため、彼らの反抗は最初から大きな政治的リスクを背負っている。銭雲会さんの事例は、正にリーダーシップを取る農民たちの運命を表しているといえる。
 村民の証言によると、事件当日、警察の制服を着た男が警棒で銭雲会さんを殴り倒し、停車中のトラックから約5メートル離れた場所の地面に押さえつけた。その後、トラックをゆっくりと動かし、銭雲会さんをひいた。ある目撃者が携帯電話で銭雲会さんがひかれた場面を取り、その映像をネット上に公開したため、国中の注目を集めた。警察は事故死と発表しているが、インターネットでは、「銭さんは殺された」との見方が多く表明された。
 同事件に多くの大衆紙も注目した。1月19日、中国経済日報の記者は調査経過をネット上で発表し、現地政府当局が銭さんを殺したとの数人の証言を公開した。
 
 政府は白昼堂々と公に、無実の人間を謀殺した。暴政下では、生きていくこと事態が危険な環境であることに、中国の民衆がようやく気づいた。全国の良識ある一般人のみではなく、大衆紙も相次いでこの事件を報道、腐敗官僚に対する恨みを洩らした。あるネットユーザーはブログでこのように綴った。
 「このような悲惨なことが起きたのは2010年なのか、それとも1910年の腐敗した清朝末期なのか?彼ら(当局)は革命の名で人を殺し、改革の名で不当の財を手に入れ、調和の名で民衆の口を封じている」
 この時期に上映された『譲子弾飛』で表現された権力者への復讐の痛快さが、民衆の革命願望を呼び起こした。ネット上、「譲子弾飛向暴政治(暴政へ銃弾を飛ばせ)」、「譲子弾飛向中共(中国共産党へ銃弾を飛ばせ)など、ブロガーや利用者の発言も少なくない。
 2011年の中国は、革命前夜の匂いが満ちている。


さて、日本の政治体制とは大きくかけ離れてしまった中国では、
今、『譲子弾飛』という映画が大ヒットしていると言われていますね。
そして、この映画のヒットの理由は、
「正義を貫き悪を懲らしめる暴力革命への肯定である」と言われていますね。
暴力革命の肯定。
中国という国は、やはり、この暴力革命を肯定しているのでしょうかね・・。

1911年に、孫文が、辛亥革命を起こして、清朝が打倒され、
古代より続いた君主制が廃止されましたが、孫文は、
1925年に亡くなるときに、「革命いまだ成功せず」
という遺言を残しているんですね。

そして、その後中国は、蒋介石のクーデター、満州事変、そして、
日中戦争を経て、1949年に、毛沢東が「中華人民共和国成立宣言」
をしましたが、建国当初は、「新民主主義社会の建設」が目標だったんですね。

でも、1952年に、毛沢東は、突如、社会主義への移行を表明。
それから、中国共産党を批判する者は、弾圧してきたんですね。
この時に弾圧した者は、少なくとも、全国で50万人以上とも言われていますね。
そして、1989年には、天安門広場での武力弾圧。
学生や、一般市民のデモ隊に対して、武力弾圧して、多くの死傷者を出しています。

中国の近代史を見れば、ほんとに、暴力の歴史ですよね。
そして、今、貧富の差が拡大し、権力の腐敗によって、
富を積んだ権力者たちへの敵対感情が炎上して、各地で、
年間数十万件にも上る抗議事件が起きているんですね。
だから、2011年の中国は、革命前夜の匂いが満ちているんですね・・。

さて、そんな革命前夜の匂いが満ちている中国ですが、
中国政府も、その匂いを感じ取り、チュニジアやエジプトの、
反体制デモの波及を警戒しているみたいですね。

チュニジア政変:中国政府が報道規制 不満触発警戒か - 毎日jp(毎日新聞)

中国政権、エジプトデモ「反体制」波及を警戒 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
【北京=佐伯聡士】中国の胡錦濤政権は、エジプトの反体制デモに神経をとがらせている。
 物価上昇などで民衆の不満が高まる中、国内の民主化要求など、共産党の一党独裁に対する批判に波及する恐れがあるためだ。北京各紙は29日、エジプト情勢を伝える国営新華社通信の記事を掲載したが、目立つ扱いにはなっていない。メディアを規制する党宣伝部の意向を踏まえているとみられる。
 インターネット上でも、エジプトのデモに関する書き込みは制限されている模様で、支持する声は見られない。大手ポータルサイトのマイクロ・ブログで、エジプトと中国語で入力すると、「関連法と政策に基づき、検索結果は表示できない」との文字が出てきて、遮断されてしまう。


中国政府も、分かっているんですよね。
物価上昇などで民衆の不満が高まる中、国民の民主化要求など、
共産党の一党独裁に対する批判に波及する恐れがあると。
チュニジアも、エジプトも、中国も、共通するところは、
「強権体制、貧富の差」ですからね。
中国政府も、革命を起こされる前に、早く、民主化すればいいと思うのですが、
それは、やっぱり、無理な話なのでしょうかね。

でも、他国のことばかり言ってきましたが、今の日本は、
失業率も、エジプトより悪いそうですね・・。

日本の若者の失業率はエジプトより悪い!-小島一郎 official web site 幸福実現党
最高学府を出ても10人のうち3人が職が決まらないという異常事態は、
長期化する不況が最大の原因です。

エジプトでは今、貧富の差と若者の失業率の悪さが原因で暴動が続いています。
日本においても、若者の失業率は過去最悪。
エジプトだったら既に暴動が起きているレベルです。

菅直人首相が「雇用、雇用、雇用」と三唱しても、
小手先の雇用対策を行っても、雇用は増えません。

幸福実現党が提唱する通り、
今は大胆な公共投資で「未来産業」を創り、
「景気回復」と「経済成長」で雇用市場を開拓するべきです。
小島一郎

(一部抜粋、詳しくは、小島さんのブログでどうぞ)

日本の若者の失業率は、エジプトより悪く、
日本においても、過去最悪だと、小島さんは言われていますね。
そして、エジプトだったら、既に、暴動が起きているレベルだと。

う~ん。
日本の若者は、おとなしいのでしょうかね。
それとも、政治に無関心な人が多いから、
日本の政治が悪いことに、気付かないのでしょうか。
ばら撒きばかりで、経済成長戦略のない民主党政権が続けば、
日本の若者の失業率は、もっともっと悪くなりますよね。

民主党政権は、23年度の予算案を、「元気な日本復活予算」と、
バカなネーミングをされていますが、私から見れば、
「愚かな日本衰退予算」ですね。
だって、予算案の5つのポイントの5番目に、
財政規律と書いてありますが、歳出大枠 約71兆円、
国債発行額 約44兆円、「しっかり堅持」と書いてあるんですよ。
平成23年度予算政府案 元気な日本復活予算 -首相官邸ホームページ-

22年度の一般会計税収の見込みは、37兆円ぐらいしかないんですよね。
見込みだから、もっと低いかもしれませんね。
あっ、31兆円とか言われていたかな・・。
このまま、景気が落ち込み続けたら、税収は、もっと減りますよね。
それなのに、国債発行額を44兆円堅持と言われているんですね。

これ、税収に見合った歳出を考えていないんですよね。
普通、家計でも、収入に見合った予定を立てますよね。
マジで、自民党政権より、ひどい状態になっているんですよね。

figure03_03_20110131012852.jpg

こんな、借金ばかりの予算を続けていたら、いずれ、国家経営は破綻しますね。
さりとて、増税しても、消費が冷え込み、さらに、不景気になりますね。
もう、税収を増やす政策を考えるしか、手はないはずなんですね。

でも、民主党政権は、そのことに気付かないんですよね。
そして、失政を繰り返しても、解散もしない。
支持率が1%になっても、菅さんは、首相を続けると言われています。
これはもう、独裁への道を進み始めていますよね。
日本の若者が、日本国民の不満が、爆発する日も、そう遠くないかもしれませんよね・・。

大川総裁は、「銃口から革命が生まれる」などと言っても、百万、二百万人の人が、
骸骨になり、されこうべをさらされなければいけないような革命には、
肯定しがたいものがある。
それよりは、既得権力で政治が固まってしまわないように、
常に政治参加の自由と平等の権利を与えることが大事だと言われていましたね。

そうなんですよね。
エジプトや中国は、既得権力で、政治が固まってしまった独裁政治体制なんですよね。
だから、一旦、固まってしまったものを壊すのは、ほんとうに大変なんですね。
でも、日本は、まだ間に合うんですね。
今なら、まだ、間に合うんですよね。

毛沢東は、いきなり、社会主義への移行を表明しました。
でも、今の民主党も、民主党と言いながら、政権を取ってみれば、
その目指しているところは、社会主義、共産主義国家です。

暴力革命は、多くの血が流れます。
同じ人間同士が殺し合うことは、ほんとうに情けないことですね。
そんな国にしないためにも、今から、言論革命を起こしてまいりましょう。
国民の意志を、しっかりと、訴えてまいりましょう。

国民が、政治に関心を持たないと、後で、痛い目に合うのは国民です。
自分で自分の首を絞めないように、しっかりと、政治参加をしてまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
関連記事
コメント
こんばんは。
「独裁体制の崩壊」

この火の手は、果たして何処まで波及するのでしょう?

願わくば、どこまでもこの流れが広がり

そして「平和裡の革命」であって欲しいものですね!
2011/02/01(火) 21:42 | URL | 浮木盲亀 #-[ 編集]
Re: こんばんは~。
浮木盲亀さん、いらっしゃいませ~。

独裁体制の崩壊 !
ほんとに、これが一番ですよね・・。
暴力革命が成功して、また、違う独裁体制が出来たら意味がありませんね。
それだったら、ただの反乱ですものね・・。

平和裡の革命によって、民主化が広がり、今まで、独裁体制によって、
支配されてきた人々が、自由で、幸せに暮らせる体制が出来ることを祈ります。v-421

あっ、日本も、独裁を進める民主党政権に崩壊していただかねばなりませんね。
私たちも、民主党政権の崩壊を目指して、頑張ってまいりましょう。v-91

ありがとうございました~。v-436
2011/02/02(水) 00:23 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
日本って、平和なんだな・・・
v-15v-15日本って平和なんだなって、つくづく思う。海外の出来事を、まるでドラマでも見るように適当に流している人が多過ぎるのも、平和ボケの象徴。今、高天原の怒りが爆発しようとしているのに・・・。v-39v-39
2011/02/02(水) 22:50 | URL | 激誠神風 #djblponI[ 編集]
Re: 日本って、平和なんだな・・・
激誠神風さん、いらっしゃいませ~。

日本って、平和なんだな・・・。
そうなんです。
日本は、まだまだ平和なんです。
だから、平和なうちに、国民の意識を変え、
国のあり方を変えていかなければ、
平和を享受できなくなってしまうんですよね。
平和は、永遠に続くものではなく、自分たちが守っていくものですから・・。

そして、神々の怒り・・。
これも、今、地上で生きている私たちには、
なかなか、分からないものなんですよね。
悲しいことに・・。v-390

激誠神風さん、頑張って、お伝えしてまいりましょう。
ありがとうございました。v-436
2011/02/03(木) 02:30 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示