この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

幼児虐待、育児放棄、何故、我が子を・・「子供を持つときの心がまえ」

『まず、子供を持つ際にどうしても知ってほしいことがあります。それは、人間というものは決して物質の塊でもなければ、ぜんまい仕掛けの機械でもないということです。
最近は宗教ブームということで、霊的な存在について関心のおありの方が増えてきていますが、まだまだ社会全体では魂を認めておられない方が多いかと思います
しかし、私は宗教家としての立場から、また、霊的実体験から申し上げるのですが、人間の体のなかには魂というものが宿っており、人間は魂と肉体が合体したかたちで人生を歩んでおります。しかも、精子と卵子の結合によって自然発生的に魂ができてくるわけではないということなのです。
たしかにおなかのなかの子供は小さい存在でありますが、小さいながらもちゃんとした魂が宿っています。
つまり、子供は精子と卵子の結合によって細胞分裂が始まって、だんだんおなかのなかで大きくなってくるわけですが、実際は精子と卵子の結合の最低一か月前には、そのおなかに宿る魂が「あの世」といわれる実在世界において決定されています。それも、精子と卵子の結合以前に、男性霊か女性霊かということまで決まっています。女性霊が宿ればその赤ちゃんは女性となり、男性霊が宿れば男性となります。
もともとの魂自体は立派な大人です。その大人である魂が、おなかのなかに宿るためにあの世の生まれ変わりの場所で小さなカプセルのようなものに入り、仮眠状態になるのです。やがて満八週を過ぎて九週に入る三か月目に、母親のおなかのなかに宿ります。そう、霊的に言いますと、つわりが起きる頃、満九週目に入った段階で魂が宿ります。
それから後は、一人前の人間であるということなのです。』
 -平成4年5月20日初版
   ---「幸福のつかみ方」第5章 子供を育てるって、すばらしい ! より

H0126.jpg

ご訪問ありがとうございます。
唐突ですが、昨日は1月7日でしたね。
1月7日と言えば七草粥。
無病息災を祈って、春の七草を入れて炊いたお粥を食べるという風習が、
日本には昔からありますね。

七草粥は、お正月に疲れた胃袋を整えるために食べるとも言われていますが、
我が家は、お正月に、あまり胃袋が疲れていなかったので、
七草粥におもちも入れて炊いてみました。
でも、食べ始めたときに、今年は、お餅を喉に詰まらせて、
なくなったご老人が多いという報道を思い出し、
両親に、「お餅を食べるときは気をつけてね」と言っていたら、
自分の喉に詰まって、慌ててしまいました。

危ねえ、危ねえ・・両親より先に、逝ってしまうとこだった・・。
ということで、みなさまも、お餅を食べるときは、
くれぐれも、気をつけてくださいませ~。(って、もうお正月は終わってるか・・)

さて、余談はこれぐらいにして、今日は、最初に、
「子供を持つときの心がまえ」というテーマを選んでみました。
このテーマは、以前から、書いてみたいな・・と思っていたのですが、
なかなか書くことが出来なかったんですよね。
でも、ニュースを見たら、やっぱり書きたくなってしまいました。

絆強めて児童虐待防げ みこし復活・交流会…住民動く- MSN産経
虐待:子ども施策提言--江戸川区長に防止団体 /東京 - 毎日j

昨年、親の虐待や育児放棄によって、幼い命が奪われた事件が多かったですが、
今後、このような虐待を防ぐために、地域や社会でも、
いろんなことを考えられるようになったんですね。

そして、その考えるもとになったのが、昨年、相次いで報道された、
虐待、育児放棄の三件の事件だったんですよね・・。

クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村
5歳長男が餓死 虐待死で両親逮捕 奈良県桜井市  - MSN産経
大阪2幼児放置 「育児放棄したから死んだ」 - MSN産経
背中に複数の焼き印、江戸川の小1虐待死 親に反省の言葉なし - MSN産経

また、この3件以外にも、昨年は、大阪の寝屋川の報道もあったし、
最近では、東大阪で、嬰児の遺体も見つかっているんですよね・・。
【寝屋川女児虐待死】真冬に姉妹全員オムツ姿 逮捕の両親、育児放棄か - MSN産経
民家のくみ取り式トイレに嬰児の遺体 東大阪 - MSN産経

おそらく、調べてみたら、数え切れないぐらいに、
類似の事件があったのではないでしょうかね。
なんとも、悲しい世の中になってしまいましたよね。
記事を読んでいると、ほんとに、やり切れないですね。

そして、地域や社会で、いろんなことを考えておられるようですが、
やはりその前に、人間として、その考え方、心のあり方を変えないと、
この悲惨な事件は、なくならないのではないでしょうかね・・。

さて、今日は、最初に、「子供を持つときの心がまえ」
というテーマを選んでみましたが、大川総裁は、まず、
子供を持つ際にどうしても知ってほしいことは、それは、
人間というものは決して物質の塊でもなければ、
ぜんまい仕掛けの機械でもないことだ言われていますね。

そして、人間の体のなかには魂というものが宿っており、
人間は魂と肉体が合体したかたちで人生を歩んでいる。
しかも、精子と卵子の結合によって自然発生的に魂ができてくるわけではない。
そして、おなかのなかの子供は小さい存在であるけれども、
小さいながらもちゃんとした魂が宿っていると言われていますね。

さらに、実際は精子と卵子の結合の最低一か月前には、
そのおなかに宿る魂が「あの世」といわれる実在世界において決定されていて、
精子と卵子の結合以前に、男性霊か女性霊かということまで決まっている。
そして、もともとの魂自体は立派な大人だとも言われています。

また、その大人である魂が、おなかのなかに宿るために、仮死状態になり、
やがて満八週を過ぎて九週に入る三か月目に、母親のおなかのなかに宿る。
霊的に言うと、つわりが起きる頃、満九週目に入った段階で魂が宿るとも。

そう言えば、つわりの原因って、この世的にも解明されていませんが、
女性の体内に、違う魂が入ることによって起きる現象だと、
大川総裁が、以前、言われていたような記憶があります。
そして、母親の魂と、生まれてくる子の魂に、大きな違いがあったら、
さらに、そのつわりは激しくなるとも確か言われていましたね・・。
考えてみれば、子供を産む女性は、みな、他の魂を、
自分の身体のなかに入れているということなんですよね。

さて、日本においては、この「魂」という存在を、
まだまだ認めておられない方が多いようですが、
魂を認めず、人間を、物質の塊や、機械のように思っているから、
親が、育児放棄したり、親が、子供を虐待したり、
また、学校や職場での、行過ぎたいじめや虐待が、
後を絶たないのではないのかな・・と私は思うんですよね。

そして、突き詰めて行けば、中国や北朝鮮で、今も繰り返されている、粛清、虐待、虐殺。
これらは、人間の本質を知らない方たちが、ただ、人間を、物質の塊だと思っているから、
こんな所業が出来るのではないでしょうかね・・。

子供は人生の計画を持って生まれてきます
『このように、もともとちゃんとした魂が、たまたま縁があって自分のところに子供として生まれてくるのです。つまり、それぞれの子供は、人生の計画を持って生まれてくるのである、ということを知っておいてほしいと思います。
これはどういうことかと言いますと、子供はたとえ体は小さくとも、魂としては一人前の魂がそのなかに宿っているのです。親と子は、もちろん縁がある魂ではあるけれど、魂としては別の存在だということを知っておいてほしいのです。そして、彼らも幸福になるための計画を持って生まれてきているということなのです。』
 -平成4年5月20日初版
   ---「幸福のつかみ方」第5章 子供を育てるって、すばらしい ! より

さて、次に、『子供は人生の計画を持って生まれてきます』
というテーマを選んでみました。

あっ、今、私の記事を読んでいらっしゃる方のなかには、
子供が欲しくても、出来なかったという方もおられるかもしれません。
そんな方は、もしかしたら、もともと、子供をつくる計画を、
生まれる前にされていなかった方もいらっしゃるかもしれませんね。
そして、今尚独身で、子供さんがいらっしゃらない方も。
そんな方は、この子供というところを、ご自身に当てはめて、
読み進めてみてくださいね。

さて、大川総裁は、もともとちゃんとした魂が、
たまたま縁があって、自分のところに生まれてくる。
そして、それぞれの子供は、人生の計画を持って生まれてくると言われています。

だから、子供はたとえ体が小さくても、
魂としては一人前の魂が、そのなかに宿っている。
親と子は、縁がある魂ではあるけれども、魂としては、
別の存在だということを知らなければならない、と言われていますね。
子供も、幸福になるための計画を持って生まれてきていると・・。

そうなんですよね。
この世的には、体は親子であっても、その魂は、
親子は、別の存在なんですよね。
だから、自分のところに生まれてきた子供は、自分の所有物ではないんですよね。
でも、ここのところを理解しないと、親は、ついつい、
子供を自分の思い通りにしようとしてしまうんですよね。

そして、子供のほうも、ここのところを知らないと、
成人してからも、ついつい、親を頼って生きる人がいるんですよね。
だから、この、親子でも、魂は別だということを、
ちゃんと知らなければいけないですよね・・。

さて、最近の事件のなかで、私が一番やり切れなかったのは、
昨年七月に起きた、大阪の二幼児放棄の事件なんですよね。
この事件は、23歳の母親が、1歳と3歳の幼児を部屋に置き去りにして、
そのまま放置したまま、死なせてしまったという事件なんですね。
そして、この母親は、今、取調べを受け、精神鑑定も受けているみたいですね。
今年に入って、その報道があったんですよね。

【大阪2児遺棄】母親の鑑定目的は「多重人格」の有無 生い立ち慎重に捜査 - MSN産経
【大阪2児遺棄】母親「自分がやったと思えない」 後悔の思いも吐露 - MSN産経

この母親の、「多重人格」の有無、生い立ちなども捜査されているんですね。
そして、この母親は、後悔の思いも吐露していると。
でも、もう、後悔しても、幼い子供の命は戻らないんですよね。

また、この「多重人格」の有無を調べておられるみたいですが、
これは、おそらく、悪霊に憑依されていたのでしょうね。
でも、悪霊に憑依されていたとしても、その憑依されるもとをつくったのは、
この母親ですよね。
波長同通の法則で、同じ思いを持った霊が、憑依すると言われていますから、
心の持ち方は、ほんとに、大切なんですよね。

以前、違う記事でもちょっと書いたのですが、私も、
20代で、母子家庭になったんですよね。
そして、その時、子供が、1歳と3歳だったんですよね。
だから、この母親の、遊びたい気持ち、育児に対する不安などは、
よく分かるんですよね。
でも、だからと言って、こんな幼い子2人を、部屋に置き去りにして、
放置したまま死なせてしまうなんて、やはり、許せませんね。

そして、今、後悔されているみたいですが、この母親は、
恐らく、この先ずっと、後悔の念で生きられるのではないでしょうかね。
そのことを考えても、やはり、辛いですよね。
だから、子供を産んだら、どんなことがあっても、
成人するまでは、子供に責任を持たなければなりませんよね。

子供を育てるのは、親の義務ですからね。
そして、成人した子供は、独立した人格になる権利があるんですよね。
だから、独立するまでは、どんなことがあっても、
育児放棄をしたり、虐待して、命を奪ってしまったら駄目ですよね・・。

まあ、私も長年、母子家庭で子供を育ててきましたが、
うちの娘は、子供のときから、「父親がいないのは家庭じゃない」
と言って、よく反抗して、いろんなことをしでかしましたね。

でも、そんな娘が、十代で二人の子供を産み、おまけに、
ちょっと893な亭主にアバラを折られて追い出されて、
母子家庭になったときは、ほんとに驚きました。
私のことを、責めていた娘が母子家庭突入。
これは、子供が0歳と2歳のときでした。

親子二代で母子家庭・・。
そして、母子家庭も終わらないままに、孫育て突入・・。
なんとも、忙しい人生でした。
ただ、娘は、若い頃から、いろんなことをしでかしましたが、
病と闘う体になった今でも、子供を手放しません。
ここのところは、すごい娘だな・・と思うんですよね。

と、ついつい、自身の家庭の事情を書いてしまいましたが、
書きついでにもうひとつ。
親子二代の母子家庭に、今度は、父子家庭がプラスされました。
昨年11月、息子が唐突に、「おかん、離婚するわ」と言ったんですよね。
・・・・。

少々のことには驚かない私も、さすがに、「へっ?」と思いました。
そして、目の前が、くらくらしました。
息子だけは、大丈夫だと思っていたのに、「おまえもかいっ!」ですわ。

さらに、離婚の理由を聞くと、どうも、お嫁さんが、
お酒を飲んだり、遊んだりして、育児放棄をしていたみたいなんですね。
だから、いろいろあって、自分が育てる決心をしたらしいんですよね。
で、子供は今4歳。

父子家庭で、一人で育てるのは、並大抵のことではありません。
何分か考えて、腹を括りました。
「子供は一人で育てるのは難しいから、出来るだけの協力はするわ」と。
そんなこんなで、昨年から、息子が孫を連れてちょくちょく来るので、
パソコンに向かう時間もなかなか取れなかったんですよね。

まあでも、普段は、自分でご飯も食べさせているので、
SOSが出たときだけ、手助けしようと思っています。
私も、要介護の両親と、ちょっとボケた老犬を抱えているので、
全部、引き受けるわけにもいかないんですよね。
なんとも、賑やかな人生ですわ。

でも、いろいろ大変だけど、幸せなんですよね。
子供を手放したり、育児放棄したりすると、きっと、
後悔すると思うんですよね。
だから、息子の嫁も、きっと、後悔するだろうな・・と思うんですよね・・。

子供や孫とともに、泣き笑いしながら生きる人生。
これは、とっても、幸せなんですよね・・。

子供を育てる過程には、いろんなことがありますね。
私、思うんですよね。
子供を産んでも、最初から、親になり切れる優秀な人は、
なかなかいないのではないかと。
子供を育てながら、子供に教えられながら、
人はきっと、親になるのではないかと思うんですね。

そして、子供のほうも、そんな未熟な親に育てられながら、
大人になっていくのではないでしょうか。
また、育てられるなかで、虐待を受けたり、悲しい境遇で育った方が、
なかにはいらっしゃるかもしれませんが、自分が成人したときに、
自分が子供を持ったときに、同じことを繰り返すのではなく、
今度は、自分の分も、子供を幸せに育てようと思っていただきたいですね。

自分が悲しい目に遭ったから、同じ悲しい目に遭わせるなんて、
ほんと、それこそ、悲しいじゃないですか。
悲しみを知っているからこそ、強くなって、子供には幸せをあげて欲しい。
私は、そう思っています。

人間は、物質の塊でも機械でもありません。
みんな、等しく、魂というものを持って生まれています。
おなかのなかの赤ちゃんも、嬰児も、幼児も、そして、
障害を持って生まれた子供も、ちゃんと、一人前の魂を持っています。

そのうえ、一生懸命に育てる魂は、もしかしたら、
この日本を背負って立つぐらいの、大きな器を持っているかもしれません。
だから、自分のもとに生まれた魂は、責任をもって育てましょう。

子供を育てるって、すばらしい !

今、子育てで悩まれている方も、この言葉が言える日が来ることを願っています。
明日の日本を背負って立つ子供を、頑張って、育ててまいりましょう。
ありがとうございました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
注意(意見)する事は、出来ませんでした。
11年前に家を建て今の家に、引っ越しました。

近所には、どんな方がいるのか、友達になれるのか、不安と期待でいました。

新興住宅街ということもあり、小さい子供さんがいるお宅もあり、楽しくなりそうだと思っていましたが・・・

隣の奥さんが、子供が幼稚園に入る前から、言葉の暴力と育児放棄 ← 旦那さんが世話をしていたと思うが・・・

斜め前も、旦那さんが奥さんに対する暴力、子供に対する言葉の暴力・・・

そんな方はまともでないので、本当に何も出来ない状態でした。

隣は、離婚をして引っ越し 子供はお祖母さんと暮らしているそうです。
斜め前は、奥さんが亡くなりすぐに、引っ越し再婚をしたそうです。

身体は大人になっているが、中身が子供のままの大人が多いように思います。
魂が新しいのか? (転生の回数が少ない?)

子供たちも、承知の上なのだろうか?
約束をしているはずだから。
2011/01/08(土) 08:39 | URL | しぇりー #yGhr7gP2[ 編集]
Re: 難しい問題ですよね・・
しぇりーさん、いらっしゃいませ~。

不安と期待を胸に引越しをされされた先で、
暴力と育児放棄を目の当たりにされたんですね。
なんとも、大変な環境だったんですね・・。

身体は大人になっても、心が未熟な方が多いから、
今の世の中、虐待や育児放棄が絶えないんでしょうね。
ほんとに、悲しい限りです。v-409

人間は、生まれる前に、親子の約束をしてくると言われていますが、
生まれる前に、全部記憶を消されてしまうから、
今世はみな、ゼロからのスタートなんですよね。
そこが難しいところなんでしょうね・・。

そして、子供は、縁のある魂のところに生まれてくると言われていますが、
その前世の縁も、良い縁だけではないようですね。
だから、前世において、敵同士の間柄でも、
親子で生まれて来るときがあるようですね。
そのなかで、いかにして、調和のなかで暮らすことが出来るか。
それを試されているのでしょうね。

早く、霊的人生観に目覚め、子供を育てることに喜びを見出せる方が
増えて欲しいですね・・。v-421

ありがとうございました。
2011/01/08(土) 16:20 | URL | はっぴーらぶ #AOByr8/I[ 編集]
貧・病・争の地区
恵まれていることが仇になっている部分はあると思います。食糧が豊富だから体だけは元気になり、本能ばかりが発達してしまい、昨今は小学生まで妊娠してるとか。色んな意味で限界が来てるように感じます。
それに輪をかけるように性の氾濫。ググればいくらでも出てくるエロ画像。これでは、人間が獣に退化すべく転生してるみたいです。
しかし、昨年の児童虐待の連鎖には驚きました。予備軍はかなりの数でしょう。必ず背後に悪霊がいます。
今日、久々に布教誌まいてきました。私の地区も、障害児を持つ家庭が2件あります。手がかかるから大変です。目も離せないから。幸せ一杯の家庭はないですよ。だから皆で「貧・病・争の地区」と言って笑ってます。開き直って頑張ります!!

小学生の妊娠
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-680.html
2011/01/09(日) 20:13 | URL | 激誠神風 #djblponI[ 編集]
Re: 貧・病・争の地区とは・・とほほ・・
激誠神風さん、いらっしゃいませ~。

貧・病・争の地区・・。
これまた、大変な地区にいらっしゃるんですね。
うちは、高齢者の地区ですわ・・ははっ。

激誠神風さんが言われる「人間が獣に退化すべく転生してるみたい」
というのは、ちょっと、分かるような気がします。
人は、魂の向上のために転生しているにも関わらず、
その魂の存在も認めず、ただただ、肉体の、この世の快楽に耽る。

そして、自己中心的になって、他の人の痛みにも気付かない。
そんな人が、多い世の中になっているんですよね。
そして、本来、純真無垢であるはずの子供までが、
大人顔負けの所業を繰り返している。
ほんとに・・悲しい世の中です。v-409

物質の豊かさは、決して否定されるものではありませんが、
その物質の豊かさに伴う、心の豊かさが必要なんですよね・・。

激誠神風さん、開き直って頑張るんですね。v-91
はい、明るい未来を信じて、ひたすら、頑張ってまいりましょう。
ありがとうございました。v-436
2011/01/09(日) 23:52 | URL | はっぴーらぶ #AOByr8/I[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示