この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

信念こそが、未来を開く鍵である

悪い未来を心に描くなかれ
「悪い未来ばかりを心に描いて、深層心理でそれを求めていないでしょうか。
そういう集団心理ができていないでしょうか。
それを、一度、チェックしていただきたいのです。
民主主義は、良識が支配してこそ機能するものです。すべての人が恐怖を心に描いたならば、素晴らしいものが現れてくることはありません。人々の心が実践を生み、その実践が世界をつくり出していくのです。したがって、あなたがたは恐怖に打ち負かされてはいけません。」

    -----「国家の気概」 第5章 夢の未来へ より

日本国民の将来に影を落としていた「外国人参政権付与法案」の、今国会への提出が見送られることになりました。
参政権法案 今国会提出断念へ 政府・民主 党内外に反発強く - MSN産経ニュース
見送られたというだけで、これからも予断を許さない状況です。民主党は、次期国会に提出の構えだということですが、提出する前に、民主政権は、直ちに解散し、「闇法案」のすべてを「マニフェスト」に載せ、総選挙で再度民意を問い直して欲しいものです。

さて、ここのところ、不安なニュースばかりが続き、今週に入り、何かに追われるように記事を書いてしまいました。暗いことばかり考えていると、心身とも疲れるので、昨日は早々に寝て、頭と心をリフレッシュしました。
今一度、原点に戻り、「明るい未来」を描きながら、焦らずにブログを綴りたいと思います。
というわけで、今日は「ブログを始めて気付いたこと」を交えながら、綴らせていただきたいと思います。

ブログを始めて1ケ月が過ぎました。
試行錯誤の果てに、いろいろなことが少しわかるようになってきましたが、まだまだ、
知らないことが多く、新しいことの発見の毎日です。

人気ブログランキングへ
ブログ開設当初は、「とにかくブログを開設して、応援をしなければ・・」という気持ちが先行して、あまり記事については深く考えておりませんでした。(浅はかでした)
いざブログを始めてみれば、その日のニュースを必ずチェックし、記事を書くための資料を集めたり、そして、そのテーマに沿った内容をまとめなければなりません。
私はいつも朝起きて、必要な家事を済ませ、ほっと一息ついたとき、なんとなく心にふっとテーマが浮かんできます。。そして、それ以後の家事や仕事の合間に、そのテーマに沿った資料を探して行きます。けれども、最近、ありえないニュースが多く、あわててテーマを変えて、自分自身を追い詰めたりしていました。
その上、ブログ初心者にとって、いろいろな機能の理解が必要であり、何かひとつしようと思えば、そのたびに、多くの時間を費やしました。

記事を書き始めるのは、家事や仕事を片付け、両親が寝静まった頃からです。短くまとめようと、いつも思っているのですが、ついつい熱が入り、気がつけば日付が変わっていることも多く、おまけに長文になってしまいます。そして、立て続けに書くとエネルギーが切れて、
思考もまとまらなくなってきます。
私は、一週間のうち、1日、2日は、何も考えず、両親が寝たあとすぐに布団に入るようにしています。そうすれば、翌朝すっきりして、また考える力が戻ってきます。

まず心構えをもつ
「疲労を予防するためには、疲労しないように工夫することです。そのためには、大きな問題を一度に解こうとしないで、小さく分割して片付けていくことです。それから、疲れきる前に十分休むことも大事です。よく休むということは大事なことなのです。
精神的に貧乏性になってしまい、自分自身をいたわることができずに、休めないという人は数多くいます。そうした人はぎりぎりまで無理をするのです。しかし、ある程度のところまできたならば、早め早めに体を休めておくという工夫をしていくことが、
長生きの秘訣であり、長く働きつづけるための秘訣でもあります。
-中略
要するに、いかにして余裕を生み出すかです。余裕を生み出す方法は、考えればいくらでも出てきます。その基礎にあるものは何かというと、事前に用意しようとすることです。予習方人生を生きるということに尽きるわけです。
そのためにはどうすればよいかというと、まず心構えを持つことが出発点です。
予習型人生を生きようという心構えを持つことによって、方法は次から次へと生まれてくるのです。」
 
    -----「仕事と愛」 第9章 人生と余裕 より

私は、両親の世話をするようになるまでは、外でも仕事をし、家でも請けの仕事をするという、いわゆる掛け持ち仕事を続けてきました。残業、休日出勤も厭わず、仕事を与えられるとただひたすら働いてしまい、いつも身体も心も疲れきっていました。
そして、いつも家庭との両立ができず、悩んでいました。
新しいことを始めると、のめり込む性格で、それで結構失敗してきました。
ブログを始めた当初は、なんとか記事を書かなければ・・と焦ったり、書く時間がなくなったりで、いろいろと心が揺れました。
けれども、疲れた心で記事を書くと、暗い未来ばかりを描いてしまいます。
最近は、私は私のペースで、私なりの記事を書けばいいんだ・・と思うようになりました。
でも、考えられないニュースが飛び込むと、ついつい逆上して無理をしてしまいます。
仕事をしているときも、私はいつも長距離ランナーを目指していましたが、気がつくと、
短距離で終わっていることもしばしばでした。
同じ間違いを繰り返さないよう、自分を戒め、こつこつと、自分のペースで綴らせて頂こうと思っています。

ブログを始めた理由のひとつは、「日本の多くの人びとに、幸福の科学・幸福実現党を理解して欲しい。書籍を読まれない方に、総裁先生のお言葉を伝えたい。」ということが、一番大きなものでした。けれども、昨今の政治の行方を見ていると、「はあぁぁ~??」と、感じるものが多く、「なんでやねん!」という心の叫びとともに、「日本の危機」を、まだ気付かない人たちに知って貰わなければ・・という思いが加わりました。

私は、幸福実現党が立党されるまでは、政治のことに無関心で、自身や、家庭のことばかりを考えて生きて来ました。
自宅で少々仕事をもらい、高齢の両親の介護をしながら、家事に明け暮れ、病気の娘の世話を出来ない自分を悔やみ、「身体がもっとたくさんあればいいのに・・」と、何度も思いました。年老いて、ひとつひとつ出来ないことが増えて行く両親への不安、そのたびに、自分自身のすることが増えて行く自身の不安、離れて暮らす娘の身体の不安、日々の葛藤のなかで、泣いたり、怒ったり、失望したりしながらの忙しい毎日でした。

今も、忙しさの状況はなんら変わりはありません。
けれども、ブログを綴るようになってから、自身や家族の将来の不安を考えることが少なくなりました。(感情があるので、たまに考えますが、切り替えが早くなりました。)
日本の将来への不安を考えたとき、この国が、自由な国でなくなったら、この国がもし他国から攻められ奴属国になってしまったら、いくら家族が平和に暮らそうと思っても、それはかなわないようになります。視点を変えたことにより、自身の悩みも結構小さくなっていることに気付きました。

先日、娘の家に行き、娘と話をしていると、「ブログ初心者の割には、リンクも貼れるようになってけっこう出来てるやん」と、娘からお褒め(?)の言葉をもらいました。
「えっ?見ていたのね・・」と、私はちょっとあせりました。
私は、経験を基に綴るタイプなので、ブログのなかに、家族がしょっちゅう登場します。
娘のことも、何度も登場させていました。
「あちゃー」と思いましたが、まあ、読んでるなら仕方ない。
(そもそも、ブログ開設時、出来上がりが気になって、娘のパソコンで見たことがあったので、履歴が残り、読まれてしまっても当然でした。まあ、娘も自身のブログで、息子の家出の話なんかを綴っていたから、おあいこ、おあいこ)

しかし、その後、「直球過ぎへんか?」と、娘に言われました。
「言いたいことは分かるけど、もっと宗教色を減らして書いてもいいんと違うか。」と。
「うーん。それは一理あるけど、幸福実現党の母体が幸福の科学ということは、周知の事実やから、怖がっている人の誤解を解きたいという思いが強いねん・・」と、言いましたが、
娘に言われた言葉は、結構心に残っています。ブログを綴るのは、難しいですね。
でも、人それぞれ、個性も違うし、アプローチの仕方も違う。人真似をしようと思っても長くは続きません。
ただ、一人でも多くの方に読んでいただいて、「この国を良くしていこう」という思いをお伝えできれば、また、同じ様に考えて下さる方が増えて下されば・・と思っています。
余談ですが、娘のことを心配する母ですが、この日、娘と話をしていて、娘の言葉に驚きました。「私にとって「余命宣告」という文字は、「三食昼寝」と同等や」って。
(意味不明ですが、心の暴れるままに、不規則な生活を続けて病気になってしまった娘。
ちょっとのんびりして生きよ・・ってことなのでしょうか。明るい未来へ向かって生きていこうということなのでしょうか・・。)

不安なことや、暗い未来を考えていれば、その未来を引き寄せてしまいます。
私は、娘の生命力を信じて生きることにしました。そして娘もまた、よく十年後の夢を語ってくれます。そのたびに、「そう、病気に勝って、夢を叶えようね・・」と、思います。

今、この国の政権は、とんでもない方向へいこうとしているのかもしれません。
でも、多くの人の念いは仕事をします。
多くの人が、信念を持って、「明るい未来」を描いて行動して行けば、必ず、「未来の鍵」は開くと信じています。
幸福の科学の「人類幸福化運動」は、二十数年前から始まりました。
活動を続けてこられた方々の念いで、世界中のあちらこちらで、その仲間が増えています。
人類幸福化運動は、「正しき心の探求」から始まり、「家庭のユートピア」から「社会のユートピア」へ、そして、「世界のユートピア」へと広げて行く運動です。

私は、これからも、自身の念いの点検しながら、家庭、社会、そして世界にも心を向け、
常に「明るい未来」を描きながら、行動してまいりたいと思います。
そして、焦らず、こつこつと、ブログを綴ってまいりたいと思います。
みなさんも、明るい未来を描いて、日々過ごして行きましょう。

いつも長文ですみません。
最後まで読んで下さって、ありがとうございます。

 ↓ 応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示