この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

虚偽と偽善に満ちた民主党の外交政策

外交情勢の変化により、国論はガラッと変わる
『今後、「中国の外交が、世界的に見て、いかに常識外れであるか」ということが、人々の目に明らかになってきますし、「民主党の言っていた政策が、いかに虚偽と偽善に満ちていたか」ということが、はっきりと分かってきます。
例えば、一年前、鳩山内閣が誕生したときに最初にやったことは、インド洋沖でのアメリカ軍への給油の停止でした。今から振り返ると、「よくも、そんなことを考えたものだな」という感じがします。
この七月には、中東のほうから石油を運んでいた日本のタンカーが、ホルムズ海峡で、魚雷か何かよく分かりませんが、謎の攻撃を受けて船体がへこんだ事件がありました。「タンカーが一隻でも沈められたら大変なことになる」という予言も出ていましたが
「アダム・スミス霊言による『新・国富論』」、これは、当然、予想されたことです。
今後も、石油の輸送路で攻撃を受けることは十分に考えられるので、いろいろな事件が起きてくるでしょうが、自衛隊は手足を縛られた状態になっているため、どうにもならないでしょう。
こうした外交情勢の変化によって、近い将来、国論がガラッと変わっていき、本来、防衛力を強化すべきではないと考えていた人たちが、そうしなればいけなくなるところを見るかもしれません。
今回の事件では、仙谷由人官房長官でさえ、「中国との間に領土問題は存在しない」
などと言い出したりしているので、「六十四歳にして、やっと勉強が進んできたのかな。
さすがに、そのくらいは分かるのか」と思いました。
中国は、口先ひとつで、島ぐらい簡単に取れると思っているので、恐ろしいことです。中国が、「われわれの領土だ」と言えばそのようになり、本当に取られるかもしれないという雰囲気があります。「沖縄は中国固有の領土である」と主張している論文も、私が知っているだけで十九編もあるのです。
中国は、もう言いたい放題です。日本が何か言うと中国はすぐに反応しますが、中国がやったことについて日本はほとんど反応しないため、彼らは、自分たちが世界の常識からずれていることが分からないのです。
今、中国は、「大中国主義」を張っていますが、おそらく、世界の常識とずれている部分について、検証され始めるでしょう。そして、「アジア・アフリカの覇者になる資格があるのか」ということを、世界から点検されるようになります。
要するに、アメリカの衰退に乗じて勢力を伸ばすことができるかどうか、今後、中国は、試されることになるでしょう。』
 -2010年9月23日 神奈川での説法
     ---「この国を守り抜け」 第3章 宗教と政治について考える より

H7004.jpg

ご訪問ありがとうございます。
12/4の土曜日に、横浜アリーナにおいて、大川総裁の、大講演会
(全世界3500箇所同時衛星中継)が開催されましたが、なんと、講演会終了時に、
横浜アリーナ上空に、謎の飛行物体が数多く出現したみたいですね。
党出版局長の佐藤さんが、ブログに写真を掲載されていますが、
ほんとに、謎の飛行物体ですね。(UFO ! )
12/4 横浜アリーナ上空に謎の飛行物体!?

奇しくも、大川総裁は、この講演のなかで、宇宙人やUFOを、
日本人はなかなか受け入れないが、その存在は確かにあると言われていました。
いよいよ、宇宙時代の幕開けですかね・・。鳩山さんではない。

あっ、日本人って、あの世の世界があることも受け入れないし、
宇宙人も受け入れないという人が多いんですよね。
でも、大川総裁は、「未知なるものの上に未来は開けていく」と言われていましたね。
心を開いて、素直な心で、未知なるものを受け入れたいものですね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
小泉元首相が、「政権交代してよかった」と、何故か言われているんですよね。(なんで?)

応援クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村
首相になり分かった日米同盟の重要さ 小泉氏が「政権交代してよかった」 - MSN産経
自民党の小泉純一郎元首相が4日、横浜市の慶応大で開かれた国際安全保障学会年次大会で講演し、「鳩山由紀夫氏も、菅直人氏も首相になり、日米同盟がいかに重要か分かった。マスコミも『対米一辺倒』と批判しない。これだけでも政権交代してよかった」などと語った。詳細は以下の通り。

 【講演の経緯】
 私は地元が横須賀で防衛大学校がある。その校長が(国際安保学会会長の)西原正先生で、首相の時も指導、助言を頂いた。私は当選から引退まで防衛大の卒業式は欠かさなかった。
 【政権交代】
 昨年の政権交代は良かった。約50年近く政府といえば自民党。国民も飽きる。評論家もメディアも自民党を批判すればよかった。国民も最近は、与党になった民主党に対し、政権の座にある難しさを感じているのではないか。
 私は首相の時、日米関係がよければよいほど中国、韓国など世界各国と良い関係を築けると言った。評論家やメディア、野党から「小泉は対米一辺倒だ」と批判された。
 今の民主党政権はどうか? 鳩山由紀夫氏も、菅直人氏も首相になり、日米同盟がいかに重要か分かった。マスコミも菅政権、鳩山政権を「対米一辺倒」と批判しない。これだけでも政権交代してよかった。
 【日米中正三角形論】
 尖閣諸島の問題も悪いことばかりではない。民主党が政権を取った当初「日米中正三角形論」が自民党の一部や民主党、有識者から出ていた。今回の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、いかにおかしいか分かってきただろう。ようやく目覚めた。とんでもないということが分かってきた。
 【日中関係】
 日中関係は大事だ。私は日中友好論者だ。経済を考えれば、これから日中関係は極めて重要だ。だが、一国の関係は経済だけではない。日本の平和と独立を守るために米国に代わる国はない。
 【日中首脳会談】
 2004(平成16)年の11月、チリでAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が開かれた際、中国の胡錦涛国家主席との会談が決まらなかった。外務省の担当者が「中国が『来年靖国神社を参拝しなければ会談する』と言っている」と言う。「じゃあ、小泉は来年、必ず靖国神社に参拝すると言ってます。会談をしたくなかったら、しなくて結構です」と…。
 すると中国は「会談前と会談後に『靖国神社参拝する』と言わなければ会談する」という。だから私は記者に聞かれて「適切に判断する」と言った。中国は拒否しないでOKしてきた。私の方がびっくりした。
 本当に首脳会談をしないと言ってきたのは、2005(17)年に首相退任を明言してからだ。
 【日米同盟】
 「米国は日本を守ってくれない」という人がいる。だが、重要なのは、日本は本当に米国の同盟国として信頼される行動を取っているか、だ。日本自身が真剣に考えなければいけない時期だ。
 【ピンチをチャンスに】
 日本はピンチをチャンスに変える能力に優れた民族だ。石油危機から学び、石油備蓄、省エネ技術、代替エネルギー開発に取り組んだ。最近、中国がレアアースの輸出制限を言っているが、日本は家電ゴミから抽出する技術を研究している。官民一体で続けていくべきだ。


「政権交代してよかった」という言葉を聞いて、んな訳ないやろ~と思ったのですが、
よく読んでみたら、なるほど、そういう考え方もあるのかと思いましたね。

「鳩山由紀夫氏も、菅直人氏も首相になり、日米同盟がいかに重要か分かった。
マスコミも『対米一辺倒』と批判しない。これだけでも政権交代してよかった」


う~ん、確かに、日米同盟は重要なんですが、果たして、鳩山さん、菅さん、
そして、マスコミが、ほんとに、重要だと思われているのでしょうかね・・。
ここは、甚だ疑問ですが、小泉さんは、そう思われているんですね。

でも、小泉さん、とってもいいことを言われていますよね。
この方の、日中、日米の考え方は、とってもはっきりされていますよね。
日本の平和と独立を守るためには、米国に代わる国はない。
日本は本当に米国の同盟国として信頼される行動を取っているか。
日本自身が真剣に考えなければいけない時期。

確かに、その通りですよね。
私は、小泉さんは、けっこう好きなんですよね。
この方、はっきり物を言われる方だから、今の日本には珍しいですよね。
まあ、小泉さんの過去世は、剣客の伊藤一刀斎さんだと、
大川総裁が以前言われていましたが、剣の代わりに、
今は、言葉を武器にして、戦われているんですよね。
あっ、また横道反れてしまいました。

さて、今日は、「この国を守り抜け」のなかから、
『虚偽と偽善に満ちた民主党の外交政策-外交情勢の変化により、
国論はガラッと変わる』というテーマを選んでみました。

大川総裁は、冒頭で、今後、「中国の外交が、世界的に見て、
いかに常識外れであるか」ということが、人々の眼目に明らかになってくるし、
「民主党の言ってた政策が、いかに虚偽と偽善に満ちていたか」
ということが、はっきりと分かってくると言われています。

そして、今後も、いろいろな事件が起きてくるが、
自衛隊は手足を縛られた状態になっているため、どうにもならない。
しかし、こうした外交情勢の変化によって、近い将来、
国論がガラッと変わっていき、本来、「防衛力を強化すべきではない」
と考えていた人たちが、そうしなればいけなくなるところを、
見るかもしれないと言われていますね。

確かに、大川総裁が言われているように、中国の常識外れと、
民主党の言ってた政策が、いかに偽善と虚偽に満ちていたかが、
今、少しずつ、分かってきた方が多いのではないでしょうか。

でも、今後、まだ、いろんなことが起きて、「どうにもならない」
と分かってからでないと、国論は、ガラッと変わらないんですね。
そんな状況になる前に、早く、国論がガラッと変わってくれないですかね。
今の状態で考えても、「防衛力の強化」は必要ですからね。

でも、中国も、「大中国主義」を張っているけれども、
世界の常識とずれている部分について、検証され始めるとも言われていますね。
そして、「アジア・アフリカの覇者になる資格があるのか」ということを、
世界から点検されるようになるとも言われています。
今後、中国は、試されることになるんですね。

あっ、世界でずれていると言えば、ノーベル平和賞を受賞した劉氏を、
犯罪人として、服役させたままの中国ですが、その劉氏の釈放を求めて、
香港でデモ行進が行われたとの報道がありましたね。

劉暁波氏の釈放求め香港で400人デモ行進 - MSN産経
中国の民主活動家、劉暁波氏=服役中=のノーベル平和賞授賞式がノルウェーの首都オスロで10日に行われるのを前に、香港の民主活動家ら約400人が5日、中国政府に劉氏の即時釈放などを求めてデモ行進を行った。
 市民団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」などが主催。横断幕を広げて「劉氏を釈放せよ」「中国に人権を取り戻せ」などとシュプレヒコールを上げ、繁華街を約2時間練り歩いた。参加者の男性(32)は「言論の自由など、当然のことが中国で認められていないことを世界に訴えたい」と話した。
 主催者によると、米ニューヨークやカナダにある関連団体も、日本時間6日未明にデモを計画している。(共同)


香港の民主活動家の人たちが、中国政府に、劉氏の即時釈放を求めて、
約400人の方たちが、デモを行われたんですね。
おまけに、ニューヨークやカナダにある関連団体も、同じデモを計画されているんですね。

日本でも、尖閣デモで、この劉氏釈放を訴えておられましたが、
この中国政府に対するデモが、世界各地で行われて、中国が、
いかに、世界の常識とずれているかが検証されれば、
少しは、中国政府も、心を入れ替えてくれませんかね。

でも、中国には、そんな世界の常識は、通じないかもしれませんね。
そして、今の指導者より、もっと怖い指導者へと、その権力が移っていくようですね・・。

【日々是世界 国際情勢分析】習路線へかじ切る外交- MSN産経
中国の外交方針はこのごろ、大きな方針転換が見られた。安全保障、経済、領土など多くの分野で欧米や日本などの主要国と対決姿勢を強めると同時に、北朝鮮やミャンマーなどの独裁国家を支援し擁護する立場を一層鮮明にしている。軍や保守派の支持を受けた習近平(しゅうきんぺい)国家副主席(57)の台頭により、共産党内部の権力闘争が激化し、国際社会との協調を重視してきた改革派の温家宝(おんかほう)首相(68)は外交の主導権を失いつつあることが背景にあるとみられる。保革抗争の影響はついに外交分野に現れた。

温首相「引退」に言及
 11月中旬、温家宝首相が訪問先のマカオで行った発言は中国国内外で大きな波紋を呼んだ。14日早朝、マカオ市内の公園で朝の体操をしている市民たちといっしょに太極拳に興じた温首相はマスメディアの前で「またいっしょに太極拳をやりたいですね。私の引退後、みんなで北京に遊びに来てください」と市民たちに声をかけたという。2008年3月に再選された温首相の任期は2013年3月までで、5年ある任期を約半分も残している時点で「引退」に言及したことは周囲を驚かせた。中国に限らず、どこの国でも指導者が「引退」を周りに意識させた瞬間から、求心力の低下が始まるといわれる。香港紙などでは「権力闘争に敗れた温首相が意気消沈した裏付けだ」とこの発言を分析している。
 温首相は今年8月末に訪れた深●(=土へんに川)(しんせん)市で「政治改革を断行しなければ、中国は経済改革を通じて達成した実績を失うとともに、近代化という目標を実現できない恐れがある」と演説したことが注目された。その後、米国のCNNテレビのインタビューでも、言論統制の緩和の必要性などを言及した。党幹部の腐敗が深刻化し、国民の不満が高まっている現状を解決する方法として、政治改革の断行という自らの信念を全面的に打ち出した。

党内でほとんど孤立
 しかし、温首相のこの一連の発言は保守派の怒りを買ったといわれる。共産党の機関紙、人民日報で10月末に「正しい方向で積極的かつ穏便的に政治改革を進めよう」と題する論文が掲載され、論文は「政治体制改革が大変遅れているという見方は、客観的な事実に符合しない」と指摘。温首相の発言を真っ向から否定した。文章の中の「穏便的に政治改革を推進すること」はこの場合「急ぐ必要はない」という意味と読み取れる。この記事は保守派の重鎮、共産党中央宣伝部長の劉雲山(りゅううんざん)氏(63)の指示で書かれ、事前に胡錦濤(こきんとう)国家主席(67)の同意を得ていたと政局に詳しい中国筋が指摘した。
 現政権の中で、「政治改革に対し消極的な空気が蔓延(まんえん)しており、温首相に同調する声はほとんど少なく、首相はほとんど孤立状態だ」(同筋)という。
 ほぼ同時に、共産党内で、温首相の外交政策への批判が強まった。今年初めから米国の台湾に対する武器輸出問題や、南シナ海の領有権問題をめぐる東南アジア諸国との関係悪化、日本との尖閣(せんかく)諸島を巡る対立、さらに中国の民主化活動家劉暁波(りゅうぎょうは)氏(54)のノーベル平和賞受賞問題を含めて最近、中国の外部環境が悪化した理由を「温家宝首相の“弱腰”外交の付け」と位置づける声が高まっている。11月23日に発生した北朝鮮による韓国・延坪(ヨンピョン)島砲撃事件を巡る中国の対応は、胡錦濤国家主席、習近平副主席、戴秉国(いたへいこく)国務委員(69)の3人で相談して決めたと言われており、温首相はラインからはずされているとの情報もある。

軍事委入りで精力的外遊
 温首相の影響力低下に伴い、10月中旬に中央軍事委員会副主席に就任した習近平国家副主席の外交分野での存在感がにわかに高まった。習副主席は軍事委入りした直後から中朝関係を重視する発言をしたほか、11月中旬から下旬にかけて、シンガポール、南アフリカ、アンゴラなどアジア、アフリカ諸国を歴訪し、2011年から始まる中国の第12次5カ年計画を説明し、貿易、エネルギー分野での協力文章を調印した。アンゴラではジョゼ・エドゥアルド・ドスサントス大統領(68)と両国の「戦略的パートナーシップ」締結についても合意した。
 習氏のこれまでの外遊は、表敬訪問的な意味合いが高く、今回のように具体的な事案について交渉することはほとんどなかった。そして習氏は一貫して、中国の人権問題や民主化問題に影響力を加えようとする欧米を批判し、アジア、アフリカの途上国、資源国との関係を重視している。
 ある中国筋は「中国の外交は今、温家宝路線から習近平路線へと切り替わろうとしている」と分析する。


温家宝首相が、「引退」という言葉を発してしまったんですね。
そして、ここ最近は、党で孤立されているんですね。
おまけに、次期国家主席と言われる習近平さんの存在感が高まっていると。
そして、「中国の外交は今、温家宝路線から習近平路線へと切り替わろうとしている」
と分析している人もいるとか・・。
これって、もしかして、温家宝さん、やばいんじゃないですかね・・。

日米関係が修復したら、温家宝首相が失脚する可能性も
司会-中国では、後継者として考えている人の名前を出したら、その人は必ず粛清されると伺いましたが。
温家宝守護霊-実績をつくらないとな。しかし、実績をつくった場合にも、強い敵にやられることはあるので、気をつけないといけない。だから、上と下と両方とも、今、警戒している。
司会-そうですか。
温家宝守護霊-上にやられる場合と、下にやられる場合と、両方あるんだ。中国は怖いんだよ。あるとき家にダダダダッと軍人がやってきて、拉致されたら、それで終わりだ。消されるときは一瞬で消されるからね。政治的に負けたら、そうなる。
司会-今も、そうなんですね?
温家宝守護霊-今もそうだ。日曜日に、家で休んでいるとき、いきなり、警官隊みたいなのが二十人ぐらいなだれ込んできて、拉致されたら、もう、それで終わり。
二度と日の目を見ることはない。そういう国なんだよ。』

   -2010年10月13日 温家宝守護霊の霊示
   -「温家宝守護霊が語る 大中華帝国の野望」 第1章 温家宝の本心に迫る より

胡錦濤や温家宝を"料理"し、李克強には"踏み絵"を踏ませる
司会-今、最も困っているのは、胡錦濤さんではないでしょうか。
習近平守護霊-うーん。胡錦濤さんは、まあ、言葉は選ばねばならないけれども、
「もうすでに次の主席が決まった」ということはだね・・・。君、英語は勉強しているか?

司会-はい。多少は。
習近平守護霊-これは、「レイムダック(lame duck)と言うんだ、英語では。分かるかい、レイムダックって?訳してごらん。ん?
訳せないのか、君、レイムダックも訳せない?やはり、日本より中国のほうが英語力は上だな。レイムダックが訳せない。
(松島に向かって)君はどうだ、元商社マン?ああ?元商社マンだろうが。訳せない?
訳せない ! 私に言わせるのか。
それはね、アメリカの大統領なんかで、任期が終わる最後の一年のことを、普通は言うんだけどね。だから、「もはや使用済み」というか、首を絞められ、あとは料理されるだけの七面鳥のようなものだよ。もう首を絞められた七面鳥を、「レイムダック」と呼ぶんだな。
もう胡錦濤は"首を絞められた七面鳥"で、次は、料理されて祝祭に出される。
言ってはいけないことではあるんだけれども(会場笑)

司会-その料理をしているのは、どなたなんですか。
習近平守護霊-私ですよ。
司会-やはり
習近平守護霊-当たり前じゃないですか。
司会-やはり。
習近平守護霊-ええ。私は、国家主席としての任期が始まるよりも早く、
二年前に、かなりの力をいただいているわけですから、この間に、当然ながら、
"これ"を処分しなければいけないわけです。

司会-"料理"をする相手は、胡錦濤さん、温家宝さんでしょうか。
習近平守護霊-当然、温家宝も"調理"します。
司会-李克強さんは、どうでしょうか。
習近平守護霊-これは、私に忠誠を誓うかどうか、それを少し見ているところだね。
ただ、胡錦濤がいるうちは、これを粛清できない。胡錦濤がいるうちは、ちょっと手が出せないんだけれども、胡錦濤がレイムダック、"死んだアヒル"になったことを確認できたら、要するに、「胡錦濤の命令では、もう軍部が動かない」ということが確定した段階で、これに、「私に忠誠を誓うかどうか」の踏み絵は踏ませる。』 

 -2010年10月21日 習近平守護霊の霊示
 -「世界皇帝をめざす男 習近平の本心に迫る」 5.霊査が明かす、権力闘争の内幕 より

H7006.jpg  H7007.jpg

温家宝さんの守護霊は、もしかしたら、温家宝さんの未来が、
もう、分かっていらっしゃるのでしょうかね。
上にやられる場合と、下にやられる場合と、両方ある。中国は怖い。
いきなり、警官隊みたいなのが二十人ぐらいなだれ込んできて、
拉致されたら、もう、それで終わり。二度と日の目を見ることはない。
そういう国なんだ。

うっうっ、怖い国ですね。
政治家も、これはほんとの命懸けですね。
権力を握っているときはいいけど、影が薄くなったら、
消されてしまうこともあるんですね。

そして、この温家宝さんを調理してしまうのが、やっぱり、
次期国家主席と言われている習近平さんですね。
自分で、はっきりと、胡錦濤さんも、温家宝さんも、
調理すると言われていますね。
ほんとに、中国は、怖い国なんですよね。
そして、次に権力を握ると言われている習近平さん。
この方の野望も、ハンパじゃないですね。

日本は、こんな中国に、今、睨まれているんですよね。
だからこそ、ヘビに睨まれたカエルにならないように、
きちっと、中国に対して、言論を張れる政治家が必要ですよね。

大川総裁は、『外交情勢の変化により、国論はガラッと変わる』
と言われていますが、一日も早く、この国論を変えないと、
中国に呑み込まれてしまう日が、ほんとに来てしまいそうですね。

『虚偽と偽善に満ちた民主党の外交政策』では、日本は沈没です。
もう、こんな政党には、日本を任せておけませんよね。
一日も早く、民主党には、政権の座から降りていただきたいですね。

日本は、中国と違って、まだまだ、言論の自由があります。
国民の声を上げれます。
国論を変えていくのは、国民の声です。
一人でも多くの方が、中国の脅威に気付き、一人でも多くの方が、
声を上げてくださることを願っています。

国民の声が大きくなり、大きなうねりになれば、国論は変えてゆけると私は信じています。
日本の政治を変え、日米同盟を強化し、そして、日本の防衛力の強化を、
今から始めなければ、日本の明るい未来は望めません。

これからも、共に、声を上げ、戦い続けてまいりましょう。
この国を守り抜き、そして、アジアの平和を守り抜いてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
応援クリックお願いします。
    ↓           ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
UFO
タイトル変わって驚きましたよ。以前のタイトル、古いなあとは思ってました。しかし、長かったでしょ?気分一新ッスか?
アリーナのUFOは良かった。西郷さんからケイシーと胸潰れる如き予言に、駄目押しのヨハネ&モーセ。で、昨今のゴタゴタ(トリプル・アフロディーテ)。御先真っ暗だったところに希望がキラリe-69と生まれました。
「愛は風の如く」、4巻までしか書けないよなあ。テーセウスも非業の死を遂げるし。どうしても、「英雄」とか「美女」の裏にはドロドロとした欲や嫉妬が渦巻くからね。
しかし、レプには困ったものです。
2010/12/06(月) 17:28 | URL | 憂国激誠 #djblponI[ 編集]
Re: UFO
憂国激誠さん、いらっしゃいませ~。

ははっ、タイトル変わって驚かれましたか。
で、以前のタイトルは古いなあと思われてたんですね・・。しゅん。
そうか・・古かったのか・・。
もっと古い方いらっしゃったので、私はナウいかな・・と思ってました。v-411

タイトルを変えたのは、まあ、気分一新もあるのですが、
一点集中というか、的を絞ろうかなという気分になりました。

憂国激誠さんが言われるように、ほんと、いろいろありますけど、
いろんな意味で、まずは、日本を死守。v-496 
この日本を守らなければいけないかなぁ・・と。
いろんなことあるけど、まずは、単純でいいかなと思ったんですよね。
だから、「この国を守り抜け ! 」
逃げ出したくないですしね。v-392

あっ、横浜のUFO、ほんとにすごかったみたいですね。
お守り隊ですかね・・。v-410

それと、レプには困ったものだというのは同感です。
欲と嫉妬・・ドロドロは嫌ですよね。
でも、なんやかんや言っても、頑張るしかないですね。

憂国激誠さん、お互い、これからも、頑張ってまいりましょう。v-91

ありがとうございました。v-436
2010/12/06(月) 21:56 | URL | はっぴーらぶ #AOByr8/I[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示