この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

中国にそそのかされ、北朝鮮が日本に核ミサイルを撃ち込む可能性

『「日本が憲法に縛られて動けない」ということであれば、「日本の息の根を止めるかどうか」というのは、もう、中国の判断で決められることになるわね。
だから、「『戦争もできなければ、自らの力で原爆もつくれないような国が、中国と対等に尖閣諸島の領土争いをする』など、百年早い」というのが向こうの考えですよ。
「取ろうと思ったら、尖閣諸島など一瞬で取れる。こんなものはお遊びであって、おたくさまの本土だって、簡単に取れるんだよ。それが分からないのか。今は、その最終段階であり、アメリカ軍を沖縄から追い出して、グアムにまで帰ってもらうことに成功しさえすれば、日本列島を取るぐらい簡単だ。三十分以内で壊滅させられるぞ」と言って脅せば済むことだからね。
中国が自分の手を汚したくなければ、北朝鮮に経済援助をすることと引き換えに、「日本に核ミサイルを何発か撃ち込んでおいてくれ」と言えばいい。アメリカが攻撃するとしても、北朝鮮を攻撃するわけであって、中国は、全然、痛まない。
そういう軍事同盟は、当然、水面下で結んでいるでしょうから、「石油と食料と武器弾薬を補給してあげるので、お前の所から撃ち込め。日本は何もできないから大丈夫だ」と言ってそそのかしたら、撃つかもしれないね。
金正日の三男が後継者になったので、成果を挙げたいものね。"将軍様"として実績を一つ挙げたいから、日本の主要都市のどこかに何発か撃ち込んで、日本人を震え上がらせる。そうしたら、国威発揚して、国民から「ワア、偉大な将軍様が出てきた」と言われることになる。
そのあたりは、外交官なら、当然、考える筋だよな。
その場合、アメリカは、北朝鮮を攻撃するかどうか。中国とは、直接対決を避けたいのかどうか。北朝鮮だけを攻撃するのかどうか。
そもそも、日本の国論によるけれども、「日本に核ミサイルが撃ち込まれた場合、そのあとで戦争する気になるかどうか」ということを想像してみたらいいよ。』

      -2010年10月19日 陸奥宗光の霊示
      -----「日本外交の鉄則」サムライ国家の気概を示せ
            第1章 日本外交に「大儀」を立てよ より

H7005.jpg

ご訪問ありがとうございます。
今日の大阪は、とってもいい天気で、日差しも暖かく、過ごしやすい一日でした。
でも、東日本のほうは、雨のところもあって、寒いようですね。
同じ日本でも、地域によって、天候はさまざまですね・・。

さて、天候の話はこれぐらいにして、今日も少しニュースを拾ってみました。
尖閣ビデオを流出した海保の職員ですが、捜査終了を待たずに、
その処分が決定されそうな感じですね。

【海保職員「流出」】捜査終了待たずに海上保安官を懲戒処分へ 内容は流動的、他の関係者は? - MSN産経
沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、海上保安庁は16日、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で事情聴取を受け、逮捕が見送られた神戸海上保安部(神戸市)の海上保安官(43)について、刑事処分の結果を待たずに懲戒処分とする方針を固めた。「規律を保つうえでも早期に厳正に対処すべきだ」とする声が内部に多いことが理由だが、免職とするか停職、減給にとどめるかなど処分の詳しい内容については意見が分かれている。
 国家公務員である海保職員の処分は国家公務員法に基づき分かれ、内部処分に当たる「厳重注意」「訓告」より重い懲戒処分は「戒告」「減給」「停職」「免職」の順で重くなる。
(一部転載)

この報道によれば、ビデオを流出した海保職員は、懲戒処分になるんですね。
国民の「知る権利」を叶えてくださった海保職員。
この方の処分が、軽い処分になりますようにと、お祈りいたします。
さて、そんな海保職員に対して、テキサス親父が、またメッセージを発しておられますね。

テキサス親父 sengoku38は英雄


心から国のためにと思ってビデオ流出したsengoku38さん。
だから、「英雄だ」と、テキサス親父は言いたいんですね。
テキサス親父のジョークを交えた風刺、ほんと、いつも冴えてますね。

さて、次のニュースを拾ってみます。
心から国のためにと動いた海保職員に比べ、いつも、
自分のため、中国のために動いている菅内閣の政治家たち。
そんな政治家たちによって、この日本も、
中国や北朝鮮と同じような「秘密国家」になりつつあるんですね・・。

応援クリックお願いします。
    ↓            ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ

どこが民主?隠蔽加速、言論封殺が横行 秘密国家へ着々と… - 政治・社会 - ZAKZAK
菅直人首相が、日露首脳会談の際、メドべージェフ大統領による訪露招請に「招待に感謝する」と前向きに答  えていたことが明らかになった。これまで政府は会談内容の細かい説明を拒否していた。一方、民主党政務三役の圧力で、防衛省が自衛隊関連施設で開催する行事に、政権批判をする者を招かないよう通達を出していたことも判明。野党側は民主党政権は隠蔽体質と言論封殺に染まり切っているとして、追及を強める構えだ。

 発端は13日の日露会談後の福山哲郎官房副長官の記者説明。福山氏は、メドべージェフ大統領が菅首相に来年中の訪露を要請、首相が「検討したい」と述べたことだけを明らかにし、慎重姿勢との印象を与えていた。
 しかし、菅首相は15日夜、北海道の高橋はるみ知事らと面会した際、「そう遠くない時期に私の方からモスクワなりロシアを訪れて(北方領土問題の)交渉協議をやりたいと大統領に申し上げた」と述べ、訪露に意欲を示した。仙谷由人官房長官も16日午前の記者会見で、菅首相が「招待に感謝する。検討したい」と答えていたことを明らかにした。
 福山氏は、13日の日中首脳会談の記者説明の際にも、詳細なやりとりについて「外交上のやり取りは全面的に公開するものではない」として公表を拒否している。
 民主党政権は「クリーンでオープン」(菅首相)、「基本コンセプトは公開と説明」(仙谷氏)と、情報公開を重視してきたはずだが…。

 また、防衛省は10日付で「隊員の政治的中立性の確保について」と題する中江公人事務次官名の通達を出した。(1)政治的行為と誤解されることを行わない(2)誤解を招く恐れがある人物は参加を控えさせる-などを求めたものだ。
 きっかけは3日に航空自衛隊入間基地で開かれた航空祭。自衛隊を後援する民間団体の会長が尖閣事件での政府の対応をあげ「民主党政権は早くつぶれてほしい。みなさんも心の中でそう思っているのではないでしょうか」とあいさつした。
 防衛省関係者は「政務三役がこれに激怒し、言論封殺に走った。さすがの“政治主導”ぶりだ」と皮肉る。
 憲法19条(思想信条の自由)の精神に反する疑いもあるだけに、自民党など野党は17日の参院予算委員会集中審議で北沢俊美防衛相らを徹底追及する。


う~ん。
隠蔽加速、言論封殺横行、秘密国家へ着々と・・ですか。
この言論封殺は、すでに、民間人にまで及んでいるんですね。
日本には、もう、発言の自由はなくなっているのでしょうかね。
この、独裁的とも言える菅政権では、それも考えられますよね。
なんとも怖い政権ですね。
一刻も早く、解散して、政権交代をしていただきたいですね・・。

さて、次のニュースを見てみます。
昨日、国連から、北朝鮮についての新たな報告書が発表されたみたいですね。

北朝鮮、500万人に食糧支援必要 国連が報告書 - MSN産経
国連は16日、北朝鮮で今年11月からの1年間で54万2千トンの食糧不足が生じ、国際社会は、わずかな配給に頼る子供や妊婦、山間部住民ら約500万人への食糧支援を続ける必要があるとの報告書を発表した。

 報告書は、世界食糧計画(WFP)と国連食糧農業機関(FAO)が今年9月21日~10月2日に行った現地調査を基にまとめた。
 報告書によると、今年11月からの1年間で食糧86万7千トンの輸入が必要だが、北朝鮮政府の輸入計画量は前年並みの32万5千トン。人口約2400万人の68%が配給に頼り、2009年10月からの1年間は1人1日当たりの平均配給量は375グラム。低所得世帯や北部山間地域の住民らに栄養不良がみられるという。
 平壌の市場では米1キロが配給価格の40倍以上で売られており、一般市民にとっては極めて高額だ。(共同)


北朝鮮の食糧不足は、今に始まったことではありませんね。
もう、以前から、ずっとこの問題が取り上げられています。
しかし、国際社会に対して、国連が、いくら呼びかけて、
そして、食糧支援をしたとしても、この北朝鮮という国の、
国家体制が変わらない限り、この問題は解決しませんね。

食糧支援しても、おそらく、北朝鮮で苦しむ国民には、
この支援が届かないのではないでしょうか。
食糧不足と言いながら、核実験を繰り返す、愚かな指導者がいる国ですから・・。

北朝鮮、3度目核実験準備か - MSN産経
【ロンドン=木村正人】英軍事情報会社ジェーンズは16日までに、北朝鮮が昨年5月に2度目の核実験を行った北東部の咸鏡北道吉州郡豊渓里周辺の施設でトンネルを掘るなどの活動を行っていることを確認する衛星写真を公表した。今後半年以内に3度目の核実験が行われる可能性もあるという。
 米デジタルグローブ社の衛星写真をジェーンズ社のアリソン・プッチオニ氏が分析したところ、10月16日に地下核実験場施設周辺で車の移動や設備の変化などが分かる映像が確認され、坑道を掘ったがれきが幅12メートルにわたって積み上げられていたことが分かった。

 同月27日には実験場の南150メートルの地点で新たに掘られた石や土が3千平方メートルに達しており、北180メートルの2カ所でも地面を掘り起こした跡が確認された。実験場に電力線を引く坑道を建設しているとみられる。
 昨年5月の核実験の前にも同じ状況がみられたといい、17年に及ぶ画像分析の経験を持つプッチオニ氏は産経新聞に「北朝鮮が地下核実験場で坑道を掘るなど新たな実験を準備する活動を行っているのは明らかだ。現場の状況だけから判断すると今後半年以内に何かが起きる可能性がある」と指摘した。


国民が飢えているというのに、また、核実験ですか?
この実験に使うお金は、いったい、どこから出ているのでしょうか。
そして、この核は、いったい、どこに使うのでしょうか。
そして、北朝鮮の射程距離にある日本は、ほんとに、
このことを、どれぐらい考えているのでしょうかね。
日本のなかで、愚かな発言を繰り返している場合ではないですよね・・。

『主要都市のどこかに落ちたミサイルが、もし核を積んでいるものであれば、命中精度など、どうでもいいわけですよ。百キロ、二百キロずれても別に構わないですよ。落ちたら、勝ちなんです。海に落ちたら、少しもったいないけれども、陸地に落ちたら、もうそれで十分な効果がある。「また、どこに落ちてくるか分からない」というのも怖いからね。
だから、どこでもいいんですけれども、核ミサイルさえ、一発、二発、撃ち込めば、今の菅政権なら、日本は、即、白旗を掲げるだろうと見ているでしょうね。今の沖縄の尖閣諸島問題から見れば、向こうが「核を使う」「日本を火の海にする」と発表した段階で、白旗になるのではないでしょうか。
その段階だったら、もうアメリカもどうしようもないと思う。「これから、グアムの戦略爆撃機で攻撃します」と言っても、その前に日本が白旗を掲げている状態であれば、「いや、そんなことをしたら、相手を刺激してしまいます。もっと撃ち込んでこられたら困ります」というような感じになるよね。
今の政権には「被害はこれで止めたい」というような発想の人たちがいるから、「日本人が何とか生き残れるほうがいい」などと言いそうな感じだね。
そのへんも、国際社会では、全部、読み取られています。北朝鮮や中国も読み取っているし、アメリカも、当然、読んでいるし、世界各国もそう見ている。』

      -2010年10月19日 陸奥宗光の霊示
      -----「日本外交の鉄則」サムライ国家の気概を示せ
            第1章 日本外交に「大儀」を立てよ より

今日はまた、「日本外交の鉄則」陸奥宗光さんの霊示のなかから、
『中国にそそのかされ、北朝鮮が日本に核ミサイルを撃ち込む可能性』
というテーマを選んでみました。

陸奥宗光さんの霊示は、以前にも、けっこうご紹介しておりますが、
ははっ、すみませんね。
私、この歯切れの良い物言いをする陸奥さんが、とっても好きなんですよね。

さて、そんな陸奥さんが、北朝鮮は中国にそそのかされて、
日本に核ミサイルを撃ち込む可能性があると言われていますね。
国の指導者は、最低最悪のことを考えて、外交、国際、
軍事関係を考えておく必要があると、大川総裁も、以前、
言われていましたが、陸奥さんも、恐らく、外交官として、
同じ考えを持たれている方なんですね。

そして、陸奥さんは、「日本が憲法に縛られて動けない」ということであれば、
「日本の息の根を止めるかどうか」というのは、もう、中国の判断で決められる。
『戦争もできなければ、自らの力で原爆もつくれないような国が、
中国と対等に尖閣諸島の領土争いをする』など、百年早い」
というのが向こうの考えだと言われていますね。

さらに、中国と北朝鮮の軍事同盟は、当然、水面下で結んでいるから、
「石油と食料と武器弾薬を補給してあげるので、お前の所から撃ち込め。
日本は何もできないから大丈夫だ」と言ってそそのかしたら、
日本に核ミサイルを撃つかもしれと言われていますね。

う~ん。
怖いですね。
もし、中国が、ほんとに、支援と引き換えに、北朝鮮をそそのかしたら・・。
陸奥さんが言われるこの可能性は、無きにしも非ずですよね・・。
そして、その撃つ核ミサイルは、どこでもいいと言われていますね。

核ミサイルさえ、一発、二発、撃ち込めば、今の菅政権なら、
日本は、即、白旗を掲げるだろうと見ている。
今の沖縄の尖閣諸島問題から見れば、向こうが「核を使う」
「日本を火の海にする」と発表した段階で、白旗になると言われてますね。

そして、それは、今の政権には「被害はこれで止めたい」
というような発想の人たちがいるからだと言われています。
「日本人が何とか生き残れるほうがいい」などと言いそうな感じだからと。

さらに、そのへんは、国際社会では、全部、読み取られている。
北朝鮮や中国も読み取っているし、アメリカも、当然、読んでいる。
世界各国もそう見ていると言われていますね・・。

なんとも、恥かしい国になってしまいましたね。
今の菅政権では、北朝鮮から、一発ぶち込まれる前に、
脅されただけで、白旗をあげてしまいそうですからね。
戦わずして降伏 !
菅政権は、臆病者の集まりだから、これはあるかも知れませんね・・。

さて、北朝鮮から核ミサイルを撃ち込まれる可能性について、
いろいろと書いてきましたが、その北朝鮮を、そそのかしそうな中国も、
ミサイルをいっぱい持っていますよね・・。

嘉手納、三沢、横田など破壊可能 中国軍ミサイル - MSN産経
【ワシントン=古森義久】中国軍がミサイル攻撃で嘉手納(沖縄)、三沢(青森)、横田(東京)各基地を含む米軍のアジアの主要空軍基地5カ所を破壊する能力を持つと警告する報告書が米国でまとめられた。
 米国議会の政策諮問機関「米中経済・安保調査委員会」は2010年の年次報告を17日に公表するが、産経新聞が入手した同報告は「米国の安全保障利害に直接影響する中国の活動」として「中国軍の膨張する空軍力と通常ミサイル能力」を詳述、米空軍基地に対する破壊能力を明記した。

 同報告によると、中国軍は近年の軍備近代化の一環として「通常弾頭の弾道ミサイルと巡航ミサイルの能力を大幅に強化、同種のミサイルが中国周辺の日本などの同盟国に到達し、この地域の駐留米軍を危機にさらすようになった」としている。
 具体的には東アジア地域の主要な米空軍基地6カ所(韓国の烏山と群山両基地、日本の嘉手納、三沢、横田各基地、グアム島のアンダーソン基地)のうち、アンダーソン基地を除く5基地すべてが中国軍の弾道ミサイルと地上発射型巡航ミサイルの攻撃で使用不能となる可能性があると記している。
同報告は、台湾をめぐる米中軍事衝突の際に東アジアの米空軍力は大きな要素となるが、中国軍の具体的戦術として(1)50基ほどの中距離弾道ミサイルで空軍基地を攻撃し、防空網、格納庫、滑走路を破壊し、米軍機の発進を不可能にする(2)ほぼ同基数の巡航ミサイルでさらに防空網、航空機、燃料庫などを破壊する-などとしている。 
 同報告によると、嘉手納、三沢、横田の各基地は中国からそれぞれ650キロ、850キロ、1100キロだが、中国軍は各基地の攻撃用に射程1700キロ以上のDF21Cなどの中距離弾道ミサイル計80基、射程1500キロのDH10などの地上発射型巡航ミサイル計350基をすでに保有する。
 この有事シナリオについて同報告は「危機に際して中国軍が米空軍基地をこれらミサイルで実際に攻撃するかどうかは不明だが、その意図があれば破壊できることは事実」と指摘、ミサイルの破壊力については「発射しなくてもその威力で相手を屈服させる効用も大きい」と付記している。
 

中国軍がミサイル攻撃で嘉手納(沖縄)、三沢(青森)、
横田(東京)各基地を含む、「米軍のアジアの主要空軍基地5カ所」
を破壊する能力を持つと警告する報告書が米国でまとめられたんですね。

中国の核ミサイルは、以前から、日本に向けられていると言われていましが、
この報告書によって、それが、証明されたということですね。
日中友好とか言いながら、日本にミサイルの照準を合わす中国。
ほんとに、菅政権の政治家の方たちは、この事実を、
どのように受け止めていらっしゃるのでしょうかね。
まあ、頭のなかがお花畑では、何も考えていないのでしょうね・・。

国際法が通じない国・中国
『「世界の潮流はこうなる」には、「激震 ! 中国の野望と民主党の最期」という恐ろしい副題が付いており、多少の"毒"が盛られています。
「世界の潮流はこうなる」という書名も、この副題も、私が付けたものですが、
「私の目にはそのように見える」ということです。
日本で民主党政権ができたのは、「中国はよい国であり、その中国との友好を促進するためには、民主党のほうがよい」という、経済界のニーズというか、後押しがあったからです。「民主党政権なら、中国と仲良くできて、商売がうまくいく」という考えだったのです。
ところが、今回の事件で、日本が、中国の漁船の船長を拘束し、「裁判にかける」と言った途端、向こうの国家主席が怒って、閣僚級以上の交流をはじめ、レアアースの輸出など、さまざまなものを停止し、さらにはSМAPの公演も中止する等、ずいぶん強硬な態度を取ってきました。さらに、十月中旬以降は、政治の裏主導と思われる大規模な「抗日デモ」が多発しています。党大会最中には起きるはずのないデモです。
こうした中国の対応は、はっきり言って、少し狂っているように見えます。これを見ると、中国は、国際法が通じない国なのだということが、よく分かります。
自分の国のなかでしか通用しない論理が、全世界に通じるものだと思っていて、世界についての情報や国際社会の判断というものが、まったく分からない国なのです。国のなかは完全に情報統制ができるので、そのやり方で、よそに対しても同じようにやれると思っているわけです。』

     ---「この国を守り抜け」中国の民主化と日本の使命
           第3章 宗教と政治について考える
        2.虚偽と偽善に満ちた民主党の外交政策 より

H7004.jpg

さて、次に、北朝鮮をそそのかすかもしれない中国という国は、
国際法が通じない国だと、大川総裁が言われています。

確かに、民主党政権になってからの中国の対応を見ていますと、
国際法が通じる国ではありませんね。
大川総裁が言われているように、自分の国のなかでしか通用しない論理が、
全世界に通じるものだと思っている国。
世界についての情報や、国際社会の判断というものが、分からない国なんですね。

だからこそ、他国の領土を、平気で、自国の領土だと言い切るんですよね。
そして、日本人を捕まえては、平気で死刑にする国ですね。
でも、日本が捕まえた中国人の犯罪者は、恫喝を持って釈放させ、
そして、帰国させれば英雄扱いの中国。
ほんとに、道理も何もない国ですよね。

今、日本は、中国や北朝鮮から、核ミサイルの照準を合わされています。
しかし、そんな国に対して、菅政権は、日本の主張もせず、
ただただ、顔色を伺い、追従するような外交を続けています。
おまけに、この期に及んでも、日本の防衛を考えようともしません。

陸奥さんが言われているように、このままでは、ただ、
「核ミサイルを撃つぞ」と言われただけで、白旗をあげてしまいそうな政権です。
日本人として、一国民として、この政権を見ていたら、ほんとに、情けない。
独立国家としての誇りはないのか。
主権国家日本の政治家として、気概はないのか。
そう問いたい毎日です。(気概があるわけないか・・)

日本の政治を変えてまいりましょう。
民主党政権では、日本を護れません。
無能、無策、無責任政権では、日本は今よりもっと、
窮地に立たされるのは明白です。
こんな腰抜け政権では、日本は、いずれ、
中国の植民地になってしまいます。

保守が、真なる保守勢力が、団結する時に来ています。
党派を超え、日本人として、この国を護る戦いに、参加してまいりましょう。
そして、民主党政権を倒し、日本に、真なる保守政権を誕生させましょう。

民主党政権を倒さずして、日本の明るい未来は望めません。
他国に侵略されない、気概ある国家を目指して、
これからも、共に、活動してまいりましょう。

自分の国は自分で護る。
他国の脅しに屈しない国家づくりのために、大声を張り上げてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
応援クリックお願いします。
    ↓          ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示