この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

中国の武装船に海上保安庁の船が沈められる可能性も

『先ほど、大川総裁の話もあったようですが、もし漁船と思っていたものが、海賊船のごとき武装船であった場合、海上保安庁では、おそらく無理でしょうね。
そういうことはわりに多いのです。外側を変えた武装船であって、突如、大砲や機関銃、あるいは、魚雷等を撃ってくるわけです。北朝鮮などでは、よくそうなっています。
北朝鮮のときと同じような状態になった場合、海上保安庁の船は沈められることになりましょう。それで、中国は日本政府が何にも手が打てない状況を見てみたいのでしょうね。
向こうは、言い訳として、「中国領海内であったにもかかわらず、日本の艦船が近づいてきて、無理に撤去させようと、攻撃を仕掛けてきた」という内部報道をすると思われます。国民には、おそらく、そういう大本営発表型のことを言うでありましょう。
対日の悪感情を煽り、国民の目をさまざまな国内的な弊害から、そちらのほうに向けさせる戦略を取ろうとするであろうと思われますね。
さらには、日本企業が中国にそうとう進出しておりますので、それに対する非常に執拗な締め上げを行うと思われます。課税や差し押さえ、没収、預金の封鎖など、いろいろな方法がございますので、こちらが報復した場合は、強硬措置を必ず講じてきて、揺さぶりをかけますね。
まだ、このあたりでは、米軍との戦争にはなりません。少なくとも、日米安保条約の内容から見るかぎり、アメリカが中国との戦争にすぐ踏み切るようなことはなく、日本の自衛の範囲内の問題と解釈されると思うのです。
だから、「菅氏が選ばれた」ということは、まあ、どちらでも同じだったかもしれないけれども、中国にとっては、「このチャンスを逃してはならない」というように見えるでしょうね。』

   -2010年9月15日 秋山真之の霊示
    --「秋山真之の日本防衛論」同時収録 乃木希典・北一輝の霊言
        第1章 名参謀が語る「日本の国防戦略」 より

H7003.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いい天気だと喜んでいたら、ここのところ大阪は、
雨が降ったり止んだりで、変な天候が続いています。
女心と秋の空・・。
昔の人は、上手いこといいますね~。(えっ?男心も変わるって?)

さて、雨と言えば、先日、沖縄で、シンポジウムとデモが開催されましたね。
当日、沖縄は雨が降っていたんですね。
雨の降るなか、デモに参加されたみなさま、ほんとうにお疲れさまでした。
11/7 沖縄宜野湾にて尖閣諸島を守れ!国際平和シンポジウム「沖縄よ、目覚めよ!」、普天間基地周辺にてデモを開催-幸福実現党|ニュース

さて、そんな沖縄のデモの前日、東京でもシンポジウムが開催されましたね。
11/6 尖閣諸島を守れ!国際平和シンポジウムを開催「日本民族は生存の危機に立たされている」-幸福実現党|ニュース
ユーストリームで、シンポジウムの動画がアップされていたので、ぜひ、ご覧くださいませ。

尖閣諸島を守れ!国際平和シンポジウム第一部 基調講演HR-PARTY on USTREAM.
【基調講演】石平(せき・へい)氏


尖閣諸島を守れ!国際平和シンポジウム第二部 シンポジウムHR-PARTY on USTREAM.


さて、もうひとつお知らせです。
10月末に、沖縄で開催された大川総裁の講演会の模様が、
インターネットで配信されるというニュースがありました。
一回目の配信は、もう終わっていますが、後の配信は、
まだ間に合いますので、ぜひ、ご覧くださいませ。

FMいしがき・党名誉総裁講演会『国境を守る人々へ』の放送をインターネット配信します
-幸福実現党|ニュース

この度、10月30日に開催された幸福実現党創立者・大川隆法党名誉総裁の講演『国境を守る人々へ』(詳しくはこちら)がラジオ「FMいしがき」で放送されます。
 番組『FMいしがき・「特別番組 幸福の科学 大川隆法総裁の講演 『国境を守る人々へ』」の放送日程は以下になります。

11月8日 (月) 13:00~
11月9日 (火) 10:00~
11月10日 (水) 9:00~

※番組前半は、地元石垣のタウン情報が30分弱放送され、その後に「特別番組 幸福の科学 大川隆法総裁の講演 『国境を守る人々へ』」が放送されます。

(続きは、幸福実現党ニュースでご覧くださいませ。)

さて、お知らせはこのぐらいにして、今日もニュースを少し拾ってみました。
仙谷さん、また、訳の分からないことを言われていますね・・。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村 
【尖閣ビデオ流出】仙谷氏が国家公務員法の罰則強化に言及「厳正に対処する」- MSN産経

【尖閣ビデオ流出】海保「激励」電話に仙谷氏が不快感「犯罪を称揚するのか」- MSN産経
仙谷由人官房長官は8日の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖での漁船衝突事件を撮影したとみられる映像がインターネット上に流出して以降、海上保安庁に「激励」の電話が相次いでいることについて、「公開して『よくやった』というのか。犯罪行為を称揚することで、そういう気分は日本国中に少々あるかも分からないが同意はしない」と不快感を示した。

【尖閣ビデオ流出】秘密保全法制を検討 映像流出受け仙谷氏が表明 - MSN産経
仙谷由人官房長官は8日の衆院予算委員会で、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像がインターネット上に流出した問題に関し、「現在の罰則では抑止力が十分でない問題を抱えている。秘密保全に関する法制のあり方について早急に検討をしたい」と述べ、国家公務員法の守秘義務規定に関する罰則を強化する方針を表明した。(一部転載)

仙谷さん、訳の分からない発言三連発のニュースでした。
尖閣ビデオ流出問題で、仙谷さん、相当お怒りですね。
このビデオ流出問題に対して、仙谷さんは、
流出した人を厳正に対処するとか、海保を激励したことに対して、
犯罪を称揚するのかとか、秘密保全法制を検討するとか、
一方的に、この流出した人が悪いと言われていますが、
そもそも、何故、こんなことが起こったのか。
そこのところはまったく考えていないんですね。

民主党政権になって、つくづく思うのは、いつも、
自分たちには責任はないんですね。
そして、どんな失態を繰り返しても、反省もないんですね。
仙谷さん、そうとう怒っているようですが、
ほんとに怒っているのは国民ですよね。
あっ、黒川さんも、相当、お怒りのようですね。

尖閣ビデオ流出事件―問題をすり替えるな!-幸福実現党 政調会長 黒川 白雲
仙谷官房長官は尖閣ビデオ流出に関して「真偽を調査し、必要ならば司法当局の捜査とする判断もしなければならない」と総力を挙げての“犯人捜し”を宣言し、「流出だとすれば、相当大きなメスを入れる改革が、あらゆるところで必要だ」と述べています。

しかし、「相当大きなメスを入れる改革」が必要なのは“菅政権”そのものです。

(続きは、黒川さんのブログでどうぞ)

黒川さんは、仙谷さんが犯人捜し”を宣言し、「流出だとすれば、
相当大きなメスを入れる改革が、あらゆるところで必要だ」
と述べたことに対して、「相当大きなメスを入れる改革」が必要なのは
“菅政権”そのものだと言われています。
はい、おっしゃるとおりですね。

あの流出したビデオを見る限り、衝突してきたのは中国漁船です。
でも、その中国漁船、船員はさっさと帰し、その上、逮捕した船長は、
処分保留のまま、釈放して、これまた帰しているんですね。

本来、厳正に対処しなければならなかったのは、
この中国人船長だったんですよね。
それを、日本政府がうやむやにして、おまけに、
証拠のビデオを隠したから、こんな問題にまで発展したんですよね。
この問題を引き起こしたのは日本政府。
そして、その最大の責任は、仙谷さんにありますよね。

でも、仙谷さんは、中国に甘いですから、何を言っても、通じないでしょうがね。
あっ、中国様、そんなに怖いんでしょうかね・・。

仙谷氏、会見で中国に敬語を乱発 自覚なき「利敵表現」 - MSN産経
 「中国人民解放軍が日本を侵略なさいました」

 日本国民が絶対に使ってはならない「利敵表現」である。ところが、仙谷由人官房長官(64)は平然と、何ら抵抗感なく、ごく自然に、この種の表現を使いこなしている。沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、日本政府の予想に反して、中国側が強硬姿勢を強めてきたことに、あろうことかこう言い放った。9月29日の記者会見の席上であった。
(一部転載)

日本を侵略なさいました・・・。
人間って、出す言葉にその人の本質が表れるんですよね。
この方には、日本人の心はないみたいですね。
中国・・様・・様・・。
官房長官とあろう者がこれでは、ほんとに、
中国に侵略される日が、来てしまいますよね。
この人は、なんとしても、辞めていただきたいですよね・・。

さて、今日は、「秋山真之の日本防衛論」、秋山真之さんの霊示のなかから、
『中国の武装船に海上保安庁の船が沈められる可能性も』
というテーマを選んでみました。

このなかで、秋山真之さんは、もし漁船と思っていたものが、
海賊船のごとき武装船であった場合、海上保安庁では、おそらく無理。
そして、外側を変えた武装船が、突如、大砲や機関銃、あるいは、
魚雷等を撃ってくると言われていますね。

そして、それは、北朝鮮などでは、よくそうなっているとも言われています。
さらに、北朝鮮のときと同じような状態になった場合、
海上保安庁の船は沈められることになる。
それで、中国は日本政府が何にも手が打てない状況を、
見てみたいのだろうと言われています。

怖いですね。
中国・北朝鮮には、道理が通じませんね。
外側は漁船を装って、実は、武装した船で、武器を積んでいた。
そして、突如、襲ってくるなんてことが起こったら、ほんとに、
そのときは、海保の船が、沈められる可能性もあるんですね。

そう言えば、今、ネットで、怖い噂が広がっていますよね。
以前、石原都知事が、海保の職員が、銛で突かれたとTVで発言されましたが、
どうも、その銛で突かれた方は亡くなっているとの噂がありますね。
そして、もうお一人が、スクリューに巻き込まれて亡くなっていると・・。

今、あちらこちらで、『「谷岡殉職」でググってみてください。』
という書き込みがあるんですよね。
だから、ググッてみたんですよね。

谷岡敏行佐川穂波尖閣諸島での中国船事件時に殉職したと噂されている海上保安庁職員の名前です。 海におとされて、一人は中国船に轢かれてスクリューに巻き込まれ即死、もう一人は助けあげたものの11月4日に死亡とのことです。

たかじんの番組で拓殖大教授元自衛官軍事評論家の恵隆之介氏が断言「未発表の映像の中には 中国人が海に落ちた海保員を銛で突いてる部分がある。


お二人が、殉職されている可能性があるんですね。
そして、もし、これが真実であるならば、政府が、
ビデオを隠した理由が、分かるような気もしますね
でも、真実は、いつか白日の下に晒されますよね。

隠した挙句に、この真実を、日本国民が知ったら・・。
というか、今、ビデオを流出した人を探しているみたいですが、
もし、政府が、その人を見つけたら、真実が明らかになりますね。
そうなったとき、政府はどうするんでしょうかね。
どちらにしても、さっさと、ビデオの完全公開はしなければいけないですね。

また、もし、ほんとに、お二人の方が殉職されているのであれば、
ご本人、そして、ご家族の方も、やり切れませんよね。
厳正に対処されるべきは、日本政府ですよね。

さて、もし、この噂がほんとうだったら、秋山真之さんが言われている、
中国の武装船に、海上保安庁の船が沈められる可能性は大ですよね。
やはり、中国に対しては、ちゃんと対処しないと、今後、
もっともっと、殉職者が増えることにもなりかねませんよね。
だから、早く、弱腰の日本政府を変えないといけませんね。
そのためにも、まず、世論を変えていかなければなりませんよね・・。

情報発信によって「世論づくり」を先行させよ
『情報発信がとにかく大事です。「世論づくり」がまず先行しなければなりません。特に沖縄等でも、出版等が非常に大事なことですし、さまざまな宣伝活動もやらなければいけませんね。
沖縄には、チャイナ・ロビーがそうとう入っていますので、今は、もう、北朝鮮とほとんど同じです。
外国からの侵略を喜ぶ国なんて、世界中、どこにもありませんよ。そして、国を護らないような政治家を選ぶ国民というのは、これは、もう、"自殺する国民"ですので、どうしようもないでしょうね。』

   -2010年9月15日 秋山真之の霊示
    --「秋山真之の日本防衛論」同時収録 乃木希典・北一輝の霊言
        第1章 名参謀が語る「日本の国防戦略」 より

さて、次に、『情報発信によって「世論づくり」を先行させよ』
というテーマを選んでみました。
秋山真之さんは、情報発信が大事、「世論づくり」を先行せよと言われています。
そして、特に沖縄には、チャイナ・ロビーがそうとう入っている。
北朝鮮とほとんど同じになっていると言われています。

そして、外国からの侵略を喜ぶ国なんて、世界中どこにもない。
国を護らない政治家を選ぶ国民は、"自殺する国民"だからどうしようもないと・・。

日本国民は、平和ボケのなかで、長年、眠り続けてきました。
そして、その平和ボケ代表たちが、今、国政を担っています。
日本がこのまま、眠りを貪っていたら、中国は、いとも簡単に、
日本を侵略できるでしょう。

そして、仙谷さんが言う、「中国人民解放軍が日本を侵略なさいました」
というのが、現実のものとなる日が来るでしょう。
だから、目覚めた国民が、眠っている人を起こさなければなりません。
そして、目覚めた国民が声を上げ、大ボケしている政府を、
変えてゆかねばなりません。

今、情報を発信し、世論づくりをしなければ、日本は変えられません。
日本が変わらなかったら、予言されている未来が、私たち日本人に待ち受けています。
中国は、常識が通じる国ではありません。
まあ、ある意味、今の日本も、違った意味で常識のない国だと思いますが、
それでも、中国よりはまだまだマシです。

中国は、ほんとに、虎視眈々と日本の領土を狙っています。
今、日本が変わらなければ、私たちは、ほんとに、
"自殺する国民"になってしまいます。

今、沖縄の地で、大きな戦いが繰り広げられています。
日本の要である沖縄を護るために、多くの仲間が馳せ参じ、
沖縄の世論を変えようと、必死になって頑張られています。
沖縄の危機は日本の危機です。
まず、沖縄の世論を変え、そして、日本の世論を変えてまいりましょう。

そのために、できることをしてまいりましょう。
情報発信をしてまいりましょう。
声を上げる人が増えれは増えるほど、日本が救われる可能性が高くなります。
そして、日本が救われれば、アジアや世界を救うことができます。
日本の役割は大きいです。
そして、日本の使命も大きいです。
そして、それは、日本国民の役割であり、使命であるのです。

独立国家、主権国家日本を、子供や孫の時代に、引き継いでまいりましょう。
こつこつと、情報発信し、日本の世論づくりを成し遂げてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示