この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

マクロ認識のないマスコミが国を滅ぼす

『あなたがたは今年も戦うけれども、おそらく、マスコミの神経の鈍さから見て、反応はほんのちょっとだろう。あなたがたに、議席を何議席かやってもいいというぐらいだろう。
「一議席から五議席ぐらいやって、何かちょっと宗教界の代弁ぐらいさせてやればいいんじゃないか」という程度にしか、たぶん考えておらん。
こちらが、それほど大きな目で見て、この国の危機を感じているということを分かっておらん。自分らのほうが賢いと思っている。だけど、マスコミの知能っていうのは、残念ながら、未来を見通せる人の目から見りゃあ、もう本当にアリみたいな知能なんだよ。それが分かってなくて、自分たちを賢いと思っている。
それが国を滅ぼしていくということが、まだ見えとらんな。自分たちが国民をミスリードしているということが、まだ見えとらん。
去年の敗北は、あとになればなるほど効いてくる。でも、このパターンは、過去の宗教で、実は何度も何度も起きていることだ。大本教も、「東京に火の雨が降る」とか言ったために、弾圧されたけれどもね。結局、そのとおり火の雨が降った。だけど、大本教の再興にはならなかったわな。ま、こういうことで、正しいことを言っても迫害されることがある。 -中略
外交のところは、現実には危機的な状況にある。いちばんいいのは、幸福実現党が勝つことだ。二番目にいいのは、自民党が復権することだろうけれども、残念ながら、今の状況では復権は成らないだろう。
今の谷垣総裁では勝てないし、それに反旗を翻す奴らも出てきたけども、自民党のさらなる分裂以外の何ものでもないだろうから、自民党がもっと弱くなって、弱小化して、分裂する。そのことを喜ぶ人が、たぶんもっと増えてくるだろう。
マクロ認識のない奴らには、やはり責任が生じるということだな。いや、けっこう、
本当に危ないよ。うん。』 
   -2010年3月12日 勝海舟の霊示
     - 「勝海舟の一刀両断 ! 」 第1章 侍精神を持って断行せよ より

img2010041612073352203100.jpg

ご訪問ありがとうございます。
晴れ間も見えて、少し過ごしやすい一日になりましたね。(大阪だけ?)
でも、ニュースを見ると、また、気分が滅入りそうなんですよね・・。

【日中首脳会談】温首相「釣魚島(尖閣)は中国の領土」と主張 関係修復も反日世論収拾には時間 - MSN産経
【北京=伊藤正】中国国営新華社通信は5日朝、温家宝首相が菅直人首相とブリュッセルで会談、両国の民間および政府間の交流を強化し、ハイレベル協議も適当な時期に実現することで一致したと報じた。これにより、中国漁船衝突事件で悪化した日中関係は修復に向かう見通しになったが、中国国内の反日世論が収まるまでには時間がかかるとみられる。
 新華社電によると、温首相はまた、釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)は中国固有の領土であると主張する一方、「中日戦略的互恵関係を守り、発展させることは両国と両国人民の根本利益に合致する」と指摘した。
(一部転載)

ブリュッセルで、日中首脳会談が行われたみたいですね。
そして、この報道によると、中国の温首相は、相変わらず、
「釣魚島(尖閣諸島)は中国固有の領土」だと主張されたんですね。
まるで九官鳥のように、同じことを何度も繰り返し言われてますよね。
もう、何回目の嘘になるのでしょうかね・・。

でも、この中国の温首相の嘘の発言に対して、日本の菅首相が、
「尖閣諸島は日本の領土だ」と、面と向かって主張されたのでしょうか。
また、日本に対する中国の恫喝外交、フジタ社員の人質拘束。
こういったことに対して、首相は、ちゃんと抗議をされたのでしょうかね。
嘘を平気で言う中国と、自国の主張ができない日本。
戦略的互恵関係なんて、築けるはずもありませんよね・・。

さて、日本の首相は、まったく、日本の国益を考えていないようですが、
その首相を支える官房長官も、相変わらず、日本の国益を考えていませんね・・。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村 
【尖閣衝突事件】仙谷氏「日本が中国に迷惑」対中観で不一致 - MSN産経
仙谷由人官房長官は4日の記者会見で、民主党の枝野幸男幹事長代理が沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件をめぐり、中国を「悪(あ)しき隣人だ」などと批判したことに反論。戦前の日本が「侵略によって中国に迷惑をかけた」ことを理由に中国を擁護した。「対中観」で不一致が露呈した形だ。
 仙谷氏はこの中で「古くから中国から伝来した文化が基本となり日本の文化・文明を形成している」と歴史を説きおこし、「桃太郎などの寓話(ぐうわ)も中国から取ってきたようなものが多い」と中国の文化的優位性を強調した。
 さらに「歴史の俎上(そじょう)に載せれば、そんなに中国のことを(悪く)言うべきではない」と枝野発言を否定。「(中国は)清朝の末期から先進国というか英米の帝国主義に領土をむしりとられてというと言い過ぎかもしれないが、割譲されて民族としても国家としても大変、つらい思いをしてきた歴史がある」と中国の近代史に同情してみせた。
 そして「返す刀」で日本の戦争責任論に触れ、「日本も後発帝国主義として参加して、戦略および侵略的行為によって迷惑をかけていることも、被害をもたらしていることも間違いない」と日本の侵略を強調して中国を擁護した。
(一部転載)

仙谷さんは、戦前の日本が「侵略によって中国に迷惑をかけた」
ことを理由に中国を擁護されているんですね。
先日、敬語を交えて、自身の甘い中国認識に、反省の弁を述べられていたのに、
ここにきて、また、中国擁護の発言ですか・・。

戦前の日本が侵略によって中国に迷惑をかけた?
その中国は、今なお、侵略によって、近隣諸国を脅かしている国ですね。
ましてや、ついこの前、日本も、恫喝されたばかりですね。
ほんとに、過去ばかりにこだわって、日本の未来を考えられない政治家は、
この日本には不要ですよね・・。

さて、中国大好きの仙谷さんですが、小沢さんの「強制起訴」にも、
なんか、裏から手を回されていたんですかね・・。

【小沢氏「強制起訴」】「仙谷の差し金だ」と小沢側近 生き残りかけ党内闘争再び- MSN産経
東京第5検察審査会の議決公表によって、ついに民主党元幹事長の小沢一郎が「政治とカネ」の問題で、刑事事件の被告になることが確定した。だが、小沢は4日夜に発表したコメントで、裁判で無罪を勝ち取る考えを表明。小沢周辺も「離党も議員辞職もない」と強調した。小沢はこの苦境を乗り越えて政治的に生き残れるのかどうか-。政界の関心が集まっている。
 議決は代表選と同日
 4日夕、東京・赤坂の小沢の個人事務所に、議決の報を聞いた前官房長官の平野博文が駆けつけた。
 平野「えらい日になりましたね」
 小沢「そうなんだ。(建物の)下にマスコミがいっぱいいるらしいな」
 平野「なんでこうなるんでしょう」
 小沢「オレも分からない。まだ弁護士にも話してない。なんで今日なんだ」
 平静を装ったのか、小沢は笑みを交えて語った。4日夜に予定されていた党代表選の「小沢選対政策班」の慰労会は急(きゅう)遽(きょ)、中止された。
 政界では24日投開票の衆院北海道5区補選後の10月最終週に議決が明らかになるとの見方が強かっただけに、小沢周辺は「やけに早い。意図的なものを感じる」と漏らした。
議決日が波紋を呼んだ。民主党代表選で小沢が首相の菅直人に敗れた「9月14日」だったからだ。「検察審査会は代表選の結果を見て議決したのか」(小沢周辺)と疑心暗鬼は募る。
 小沢は東京地検が2回にわたり不起訴処分としたため「検察審の方々も理解してくれると思う」と語っていたが、「強制起訴」が全くの想定外というわけではなかった。
 「特捜部が(公判維持が難しいと)起訴できなかった。強制起訴になっても、裁判で無罪になる可能性は極めて高い」。小沢周辺は自信を示す。
 小沢の処遇をめぐる、小沢グループと反小沢グループの党内闘争は再び始まっている。

(一部転載)

小沢さんが強制起訴されたこと自体は、私も、あまり驚きませんでしたが、
ただ、尖閣事件で揺れる日本で、なんで、「この時期に?」という疑問は湧きましたね。
おまけに、議決日が、小沢さんが代表選に敗れた9月14日。
なんか、素人目に見ても、ちょっと、「ん?」という感じですよね。
でも、裏から手を回した仙谷さん(←決め付け)は、憤慨しているみたいですね。

【小沢氏「強制起訴」】仙谷氏が産経新聞の「差し金」報道に「憤慨」「怒り」と抗議- MSN産経

普通、やましいことがなければ、そんなに憤慨しないんじゃないですかね。
官房機密費を、その手に抑えているのは、仙谷官房長官ですよね。
お金を撒けば、何でも出来るんじゃないですかね・・。(私の憶測)

まあ、今の日本。
政治家も、検察も、マスコミも、権力を持たれている方すべて、
信用できる人は、もう、無きに等しいですから。
民主党内の党内闘争。
こんなことをしている間にも、中国は、着々と、軍拡を進めているんですよね・・。

さて、今日は、「勝海舟の一刀両断 ! 」勝海舟霊示のなかから、
『マクロ認識のないマスコミが国を滅ぼす』というテーマを選んでみました。
このテーマを選んでから、なんか、誰かも似たようなことを言われていたな・・
と思ったら、そうそう、強制起訴された小沢守護霊さんが言われていたんですよね。

マスコミに足りないものは「マクロ認識」
『まあ、君ねえ、マスコミのやつらは、ちっこいところばかり、ほじくってくるけど、やっぱり、「マクロ認識」っちゅうかな、全体観が足りないんだな。
今、君らは、「市民運動家上がりだから、菅は、国家経営ができない」って批判してるけど、マスコミにも同じようなところがあって、そういうトカゲの尻尾を捕まえて、ギャーギャー言ったり、トカゲの尻尾をウニャウニャ引っ張ったりするところがあるから、やっぱり、頭のほうを考えてもらいたいんだよなあ。
「大胆に発想して、大胆にぶち切る。病巣をぶち切って、人を生かす」というようなことができるのは、政治家では、周りを見渡しても、今のところ、わししかいないんだよ。あとは、いないんだよ。』


松島-おっしゃるとおり、「マスコミの悪」というものもあると思います。
ただ、そのマスコミに対して、ある意味で、犠牲になっておられますけれども、
いちばん、毅然として、しっかりと対応されているのは、小沢さんだと思います。


悪を増幅させた上で倒すのが、マスコミの「常套手段」
『うん、そう。まあ、特に、対応はしてないんだけどね。(笑)。
今、捕り物というか、一生懸命、狐のハンターみたいに犬をけしかけて、「何とか小沢一郎を追い込んで、捕まえてやろう」っていう勢力が、一部にあるのは確かだよ。
うん。面白いわな、大捕り物するのは。
でも、大捕り物するには、まだ、ちょっと足りないんだよ。小沢一郎を、もう少し大きくしておいてから料理したほうが、美味しいからね。マスコミの本性から行くと、今、潰してしまったら、面白くないんだよ。もう一手、大化けさせて、大魔神にしてから倒すのが、面白いんだよなあ。
だから、犬をけしかけつつも、狐を殺してしまわないように、今、加減はしてるんだよ。
もうちょっと泳がして、大魔神みたいに暴れさせ、マスコミが、「十分飯を食えた。
腹いっぱい食えた。もうそろそろ、いいかな」と思ったところで、最後に料理する。
これが、マスコミの常套手段なので、マスコミの潜在的期待としては、「小沢一郎が、
もう一暴れして、さんざん悪さをしてから倒したい」ということなんだな。だから、
彼らにも、潜在的な「待望論」はあるんだよ。』

   -2010年8月27日 小沢一郎守護霊の霊示
   -「小沢一郎の本心に迫る-守護霊リーディング」7.マスコミに潜む「悪」について より

マスコミに足りないものは「マクロ認識」って、小沢守護霊さん。
勝海舟さんの霊言も読まれたのでしょうかね。
まあ、大川総裁も、ずっと以前から、言われてますが・・。
ただ、勝海舟さんが言われている「マクロの認識」と、
小沢守護霊さんが言われているそれは、ちょっと違うような気もするんですが。

マスコミが、「十分飯を食えた。腹いっぱい食えた。
もうそろそろ、いいかな」と思ったところで、最後に料理する。

ここは、的を得ているのではないかと思いますがね。
今の日本のマスコミは、金儲けのことしか、頭にないですからね。
だから、真実の報道ができないんですよね・・。

あっ、小沢さんと言えば、守護霊さんが霊示のなかで言われていましたね。
従来の中国観を「一生の不覚」と思って深く反省している 9/9記事中にてご紹介。

代表選で勝とうが負けようが、菅政権は確実になくなる
私が負けたら、民主党分裂だよ。当然だよ。
私を負かして、それで、民主党が最大政党として与党を取れると思っているなら、大間違いだ。最大の"祟り神"として暴れますよ。当たり前でしょ?


この言葉、もう、実行してもらえないのでしょうかね・・。

さて、勝海舟さんが言われている『マクロ認識のないマスコミが国を滅ぼす』
というのは、最近、ほんとにそうだな・・と思いますね。
日本のマスコミは、ほんとに、腐っていますよね。

こちらが、それほど大きな目で見て、この国の危機を感じているということを分かっておらん。自分らのほうが賢いと思っている。だけど、マスコミの知能っていうのは、残念ながら、未来を見通せる人の目から見りゃあ、もう本当にアリみたいな知能なんだよ。それが分かってなくて、自分たちを賢いと思っている。
それが国を滅ぼしていくということが、まだ見えとらんな。自分たちが国民をミスリードしているということが、まだ見えとらん。


勝海舟さんが言われているように、大川総裁が、昨年から、
日本の危機を訴えているのに、そして、幸福実現党を立党して、
全国で、その危機を訴えているのに、マスコミは、まだ分からないんですね。
だから、幸福実現党は、マスコミに代わって、あっちこっちで、
声を上げ続けているんですよね。

幸福実現党チャンネル-YouTube

10月3日「尖閣諸島を守れ!東京緊急デモ」


c3b268c92dc751da21478bbce783854f.jpg

先日、東京と沖縄において、「尖閣諸島を守れ !デモ」が開催されましたね。
私の知り合いの方たちも、けっこう参加されて、すごい人数になっていたみたいですが、
やっぱり、10/2の渋谷のデモと一緒で、日本の大手マスコミは、
ほとんどが、報道をしなかったですよね。

中国&民主党糾弾デモ、海外メディアが報道するも国内マスコミほぼ沈黙 | FreeJapan
10/2&10/3東京他全国各地で行われたデモは、2600人以上(各媒体で報道上の数は偏差あり)が参加したが、国内マスコミの報道は現在ほとんど確認できていません。
ロイター、CNN、AFP、WSJ等の世界的メディアはじめ、中国、韓国、台湾、タイ、ベトナム、シンガポール等のアジア諸国、さらにオーストラリア、チェコ、ブラジル、イラン、クウェート、、世界各地で報道が拡がっています。( フランスのメディアは前日の10/1にデモ予定を報道までしていました。 )
デモスタート&ゴール地点がNHK本局の真ん前だったにも関わらず 日本ではNHK・在京キー局・5大紙等大手マスコミの取り扱いは皆無で10/4現在、読売テレビ、やまと新聞、ガジェット通信が確認されているだけです。2chニュース速報+やニコニコ動画・政治デイリーランキングでもデモ関連情報が非常に注目されており、ネットと既存メディアの乖離が目立っています。


日本のデモが、世界各地で報道されているにも関わらず、
日本のほとんどのマスコミは、ほぼ沈黙なんですね。
これって、恥かしいと思わないのでしょうか。
日本の大手マスコミは、経営者の判断によって、報道内容が規制され、
日本を貶めるような報道はなされても、中国に不利になるような報道は、
すべて止められています。

さらに、日本のマスコミは、世界に対して発信するということも出来ません。
国内の、しょうもない問題ばかりを発信し続ける日本の大多数のマスコミ。
こんな国、世界のなかで、他にあるのでしょうかね。
なんとも、情けない国ですよね。

さて、日本のマスコミが、何故、「マクロの認識」を持てないのか。
勝海舟さんは、その理由を、『日本人は世界に対して責任を感じていない』
のなかで語られていましたね。
軍事が分からない総理をアメリカは許さない 5/16記事中にてご紹介。

日本人は世界に対して責任を感じていない
『まあ、今の日本のマスコミが世界に発信できてない理由はね、世界に対して責任を感じていないからだよ。だけど、マスコミだけではないかもしらん。日本人全体の問題だな。世界に対して責任を感じてないもの。
やはり、国内問題ばかりに相変わらず関心があって、マスコミもそればかりを追いかけている。「日本が外国に責任を持つ」なんて、そんなことは考えられないでいる。
先の戦争で敗北したことを、ある意味で悪用しているわな。
日本が戦争をしたとき、GDPは限りなくゼロに近かったと思うから、世界最低に近いレベルだったと思うけども、その後、ここまでの大国になったら、そりゃ当然、"体"の規模相応の責任は出てくるよ。
世界第二の大国になっていながら、国連の常任理事国にもしてもらえないんだろ?
これは、戦後体制そのものが変わっていないということだ。
世界第二の大国が常任理事国に入れない理由は何であるか。それは、基本的には軍事力がないということだよね。軍事力の行使ができない。これが、世界の他の国から見て、「大国としての条件を満たしていない」ということだな。
だから、今、あんたがたが中国という国を見たら、「金儲けだけを一生懸命やっている。特に南部がお金儲けに奔走しているけれども、政治のほうは旧態依然とした全体主義だ」という感じに見えていると思うが、いや、日本もそうなんだよ。「一生懸命に金儲けだけには走っているけれども、肝心の頭の部分は働いとらん」と思われているわけだね。』

     -2010年3月12日 勝海舟の霊示
     - 「勝海舟の一刀両断 ! 」 第1章 侍精神を持って断行せよ より

勝海舟さんは、今の日本のマスコミが世界に発信できてない理由は、
「世界に対して、責任を感じていないからだ」と言われていましたね。
そして、それは、マスコミだけではない、日本人全体の問題だとも。
確かにそうかも知れませんね。

戦後、日本は、すごい勢いで、経済発展を遂げましたが、
中国と一緒で、お金儲けしか頭にないんですね。
だから、日本の政界も、財界も、マスコミ界も、常に、
自身の利益、自社の利益にしか考えが及ばす、日本の国益は無視、そして、
「世界に対して責任を果たせない国」に成り下がってしまったんですね。

大川総裁や、多くの霊人が、この、「世界に対する責任」
ということをよく言われていますが、今の日本の政治家やマスコミは、
およそ、自身の責任すら果たしていませんね。
そんな状況で、世界に対する責任を感じろと言っても、
それは、到底、無理な話ですよね・・。

今、日本は、ほんとうに、危機に立っています。
本来、真実を伝えるべくマスコミが、その真実に蓋をして、
自分たちの利益の追求ばかりに走り、多くの国民に目隠しをしています。
毎日、ネットで発信されるブログや、twitterでのつぶやきを見ていると、
大手マスコミでは報じられないことが、数多く流されています。
今や、日本の大多数のマスコミは、日本にとって不要。
いまや、害にすらなっているのではないでしょうか。

大手マスコミのなかにも、心ある方がいると信じたい。
日本を、今の危機から救うには、このマスコミの力が必要です。
でも、日本を愛する心がなかったら、世界に対して責任を感じなかったら、
いつまでたっても、その姿勢が変わる事はないでしょう。

多くのジャーナリスの方たちが、目覚められることを祈ります。
そして、目覚めていただくためにも、今、一人でも多くの方が、
マスコミに代わって、真実の発信をし続けることが大事ですね。

一人の力は弱いかもしれません。
でも、一人が二人、そして、多数になったとき、この国は、
変えてゆけるものだと信じています。
「マクロの認識」を持って、声を上げ続けてまいりましょう。
明るい日本の未来は、自分たちの力で、手繰り寄せてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示