この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

中国政府にとって、「自由」は悪である

『中国は、今、「政経分離」を国家の信条ににしてやっているからね。だから、賭けは賭けだけれども、「資本主義経済のほうが、完全に中国を席巻してしまって、政治のほうを倒してしまうところまで行くかどうか」というのが、一つにはある。
ただ、中国は軍部がすごいのでね。軍部のほうが強力で、独裁体制になっているので、軍部から弾圧をされたら、そう簡単にはいかない。それに、中国の歴史は反乱の歴史で、そのへんの対処法はよく知っているので、やはり、独裁的弾圧をするだろうね。
だから、また流血を起こすだろうが、さあ、それを抑え切れるかどうかだ。「金儲けをしたい欲望」と、「人民を統制したい欲望」との戦いを、今、やっているところだね。
ソ連の崩壊を見て、「ああは、ならないように」というのが、今の政権中枢部の合言葉だ。だから、彼らは、「情報公開と、自由とか、こんなものは与えてはいけない」ということだけは、よく分かっているんだ。それをやったら、国が崩壊するということが分かっているので、中国政府にとって、「自由」というのは悪なんだよ。
ただ、「お金儲けをする猫は、いい猫である」と言っているし、あるいは、鵜飼の鵜のように、「魚を獲る鵜は、いい鵜である」ということで、獲らせる側の論理だけは、はっきりしているんだけれどもね。
しかし、まあ、民主党政権は、「アメリカとの同盟関係は維持する」とはいいつつも、次第しだいに、やはり、"好きなほう"に巻き込まれてはいくだろう。
今、"極左政権"のアメリカともうまくやっていけないようなら、次に、共和党政権が出てきた場合、日米関係がもたなくなって、外交的には、かなり厳しいことになると思うね。
菅さんは、最初、中国を訪問しようとしていたんだろう?あとで取り止めたけどね。だから、アメリカのほうは、本当に、「会いたくもない」というレベルに近くなっている。
前の安倍政権や、その前の小泉政権のときは、中国のほうが「会いたくない」という感じの状況が続いていたけれども、この民主党政権だと、アメリカのほうがだんだん距離を取ってきて、「もう、ばかばかしくて相手にできない」という感じになってくるだろうと思う。
そのため、この政権は、次に、軍事的にも変なことを、きっと言い出すだろうな。
彼らは、自分たちを「左翼」とは認識していないんだよ。左翼と認識していない左翼であり、「民主主義をやっている」と思っているわけだ。
だから、このへんが、中国や北朝鮮と一緒なんだね。中国や北朝鮮は、自分たちの国を民主主義の国だと思っている。そこが、共通認識としてまったく一緒なんだね。』

    -2010年6月12日 高杉晋作の霊示
    --- 「菅直人の原点を探る」 第2章 高杉晋作が見た「奇兵隊内閣」 より

H0281.jpg

ご訪問ありがとうございます。
季節の変わり目で、天候も落ち着かない毎日ですが、
みなさま、如何お過ごしでしょうか。
私は、珍しく体調を崩し、ちょっと、はあはあ言いながら、
動き回っている毎日です。(はあはあ←変態ではない )
適度な休息、気分転換は大事ですね。←と、いつも言ってるが学習能力ゼロ。
みなさまも、どうか、お身体を大切になさってくださいませ。

さて、今日は、東京と沖縄で、「尖閣諸島を守れデモ」が開催されたみたいですね。
デモ参加のみなさま、ほんとうにご苦労さまです~。

尖閣諸島を守れ!東京緊急デモ
尖閣諸島を守れ!沖縄県緊急デモ集会



さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
先日、渋谷でも、尖閣問題に対してのデモ行進が行われたみたいですね。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  
「尖閣渋谷2600人デモ」海外メディアは大々的に報道するも日本のマスコミは華麗にスルー - ガジェット通信
現在問題となっている尖閣諸島問題に対して渋谷で2600人がデモ行進を行ったのはご存じだろうか。このことは日本よりも海外のメディアが大々的に報じておりなんと日本の地上波テレビニュースやそのほかメディアでは全く取り上げられていない。
CNNのサイトでは「China accused of invading disputed islands」という見出しで取り上げており、写真も掲載されている。日本では希にない大規模デモ。最近では外国人参政権反対デモなどが記憶に新しいだろうか。
実際にGoogleで検索してみても出てくるのはブログばかりでマスコミは一切出てこない。
デモ隊は「尖閣諸島は日本固有の領土です 中国の領海侵犯をゆるさない」や「中国の圧力恫喝に屈した弱腰の民主党政府を許さない!」などと書かれたプラカードを手に持ち行進している。中には英文に訳された物まである。
今回のデモ行進はマスコミだけでなく民主党側も華麗にスルーしそうだ。


Tokyo Protests Blast China's Response to Boat Collision - WSJ.com
China accused of invading disputed islands - CNN.com

2600人も集まってデモをしたのに、日本のメディアはやはりスルー。
でも、海外では、しっかり、報道してくれていますね。
これって、いったい、何なのでしょうかね。
中国においての情報統制は、当たり前ですが、
日本の情報統制も、やはり、しっかり進んでいるということなんですね。
中国の不利になるようなことを報道しない姿勢は、
今後も、貫いて行かれるのでしょうかね・・。

(何度でも、ご紹介します~)


さて、次のニュースを見てみます。
久しぶりに、ちょっと心強い報道がありましたね。

日米軍事演習で「尖閣奪還作戦」 中国の不法占拠想定 - MSN産経
 ■11月の大統領来日直後に
 【ワシントン=佐々木類】日米両防衛当局が、11月のオバマ米大統領の来日直後から、米海軍と海上自衛隊を中心に空母ジョージ・ワシントンも参加しての大規模な統合演習を実施することが明らかになった。作戦の柱は、沖縄・尖閣諸島近海での中国漁船衝突事件を受けた「尖閣奪還作戦」。大統領来日のタイミングに合わせ統合演習を実施することにより、強固な日米同盟を国際社会に印象付け、東シナ海での活動を活発化させる中国軍を牽制(けんせい)する狙いがある。
 日米統合演習は2004年11月に中国軍の潜水艦が沖縄県石垣島の領海を侵犯して以来、不定期に実施されている。複数の日米関係筋によると、今回は、中国軍が尖閣諸島を不法占拠する可能性をより明確化し同島の奪還に力点を置いた。
 演習の中核は、神奈川・横須賀を母港とする米第7艦隊所属の空母「ジョージ・ワシントン」を中心とする航空打撃部隊。イージス艦をはじめ、レーダーに捕捉されにくい最新鋭ステルス戦闘機F22、9月1日から米領グアムのアンダーセン基地に配備されたばかりの無人偵察機グローバルホークも参加する予定だ。
 第1段階では、あらゆる外交上の応酬を想定しながら、尖閣諸島が不法占拠された場合を想定。日米両軍で制空権、制海権を瞬時に確保後、尖閣諸島を包囲し中国軍の上陸部隊の補給路を断ち、兵糧攻めにする。
 第2段階は、圧倒的な航空戦力と海上戦力を背景に、日米両軍の援護射撃を受けながら、陸上自衛隊の空挺(くうてい)部隊が尖閣諸島に降下し、投降しない中国軍を殲滅(せんめつ)する。
 演習は大分・日出生台(ひじゅうだい)演習場を尖閣諸島に見立てて実施するが、豊後水道が手狭なため、対潜水艦、洋上作戦は東シナ海で行う。
 演習に備え、米海軍はすでにオハイオ級原子力潜水艦「ミシガン」(1万6764トン、乗組員170人)を横須賀基地に派遣。最新鋭のバージニア級攻撃型原潜とともに参加する。
 空母ジョージ・ワシントンは、作戦半径1千キロ以上の艦載機のFA18戦闘攻撃機や、数千の標的を捕捉できるE2C早期警戒機を使い、東シナ海洋上から中国沿岸部だけでなく内陸部の航空基地も偵察する。


日米軍事演習で「尖閣奪還作戦」
なんか、もう、尖閣諸島を取られたみたいな見出しですが、
中国の不法占拠想定して、日米が大規模な、統合演習を実施されるんですね。
これは、ほんとに、心強いですね。

一方的に、脅されっぱなしでは、いつか、やられてしまいますよね。
やはり、そうならないように、こちらの姿勢をきっちりと、見せておいて欲しいですね。
日米が協力すれば、中国なんて、目じゃないですよね~。(と、信じている)

さて、その日本の領土である尖閣諸島を、自国の領土だと言い張っている中国ですが、
その尖閣諸島の所有者の方の証言が、ちゃんと残っているんですね。
古賀善次の証言 in 1972
毛さん、佐藤さん、尖閣諸島は私の所有地です
「れっきとした証拠」持ち出し名乗りあげた"地主"の言い分


ほんと、地主の古賀さんにしてみれば、
「中国、何を言うてんね~ん」ですよね・・。
やくざのような国の言いがかりには、きっちりと、対抗して欲しいものですね。
さて、「何を言うてんね~ん」は、沖縄県知事もですね。

普天間県外移設、沖縄相に正式要望…仲井真知事 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
馬淵沖縄相は2日午前、就任後初めて沖縄県を訪問し、県庁で仲井真弘多知事と会談した。
 米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を同県名護市辺野古に移設する政府方針に理解を求める一方、同県の基地負担軽減を図る考えを伝えた。
 仲井真氏は「普天間飛行場の県外移設に取り組むよう要望する」と述べ、県外移設を政府側に初めて正式に要望した。
 これに対し、馬淵氏は「沖縄相として取り組める課題については、一つ一つ進めていきたい」と述べた。また、尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件について、仲井真氏が「諸外国に毅然(きぜん)とした態度を示し、適切な対応を講じてほしい」と要望した。
 仲井真氏は会談後、記者団に「来週にも仙谷官房長官や前原外相らに会って、(普天間飛行場の)県外移設を要望したい」と語った。


普天間県外移設、沖縄相に正式要望・・。
仲井知事は、ほんとのバカですか?
この方、以前から、バカだと思っていましたが、ほんとに、大バカだったんですね。

中国の脅威を目の当たりにしているのに、未だに、普天間の県外移設を主張されている。
この感覚は、いったい、何なのでしょうかね。
それほど、中国の属国になりたいのでしょうかね。
念いは菅さん、仙谷さんと同じ?

さて、今日は、再び、「菅直人の原点を探る」高杉晋作霊示のなかから、
いくつかテーマを選んでみました。
まず最初のテーマは、『中国政府にとって、「自由」は悪である』

はい、このなかで晋作さんは、中国は、「金儲けをしたい欲望」と、
「人民を統制したい欲望」との戦いを、今、やっているところだと言われていますね。
ほんと、これは、多くの霊人が言われていますが、中国内部で、
この経済と政治のどちらが勝つかによって、日本の未来にも大きく影響してきますよね。

そして、中国政府にとって、「自由」というのは悪であり、情報公開と、
自由とか、こんなものは与えると、国が崩壊することが分かっているので、
必死になって、独裁的弾圧を続けていると言われています。
そして、晋作さんは、このテーマのあとで、中国や北朝鮮は、
もうすぐ、本性をむき出しにしてくるとも言われていましたね。

中国を崩壊させる三つの要因 7/8記事中にてご紹介。
『もうすぐ、中国や北朝鮮は本性をむき出しにしてくる』

まさに、今、中国は、その本性を見せ始めていますよね。
今後、この中国政府に対する対応を誤れば、日本は、えらいことになりますよね。

日本は「最後の社会主義大国」になるかもしれない
『実は、この裏には、思想戦があって、日本が、最後の社会主義大国になるかもしれない寸前のところに、今、来ているということだね。
まあ、揺り返しといえば、揺り返しだ。ただ、これは、安保世代が、みな表舞台から消え去ったら、急速に弱ってくる可能性もあるんだけどね。
だから、自分たちで不況をつくって貧しくしておきながら、「やはり、社会主義の時代だ。社会主義が必要なのだ」と言って演出するような、「マッチポンプ型の政治」になりそうな感じだね。
自分たちの政策が悪いために、国民が貧しくなっているにもかかわらず、「社会は、このように貧しいのだから、やはり、金持ち優遇はいけない。みな、貧しい人と同じようにしなければいけない」というような"刷り込み"が、たぶんなそれるだろうね。
うーん。でも、これはきっと、揺り返しがくるかな。』

    -2010年6月12日 高杉晋作の霊示
    --- 「菅直人の原点を探る」 第2章 高杉晋作が見た「奇兵隊内閣」 より

さて、中国政府への対応も厄介ですが、今の民主党政権自体も、
ほんとに、厄介な政権ですよね。
この安保世代の考え方のなかには、発展というものがないですよね。
明治維新後、日本は、近代国家になったにも関わらず、
この安保世代の方たちは、江戸時代に逆戻りするような思想を持っていますね。

世界のなかでも、もう少数になった社会主義・共産主義国家。
世界の歴史のなかで、この国家主義が誤りであることはもう明白ですね。
最後の社会主義大国が中国かと思っていたら、日本が最後になるかもしれない。
それだけは、どうしても、阻止したいですね。
中国にとって、自由は悪・・。
日本にとっても、悪になってしまわないよう、
自由を護る戦いは、やはり、続けてゆかねばなりませんね・・。

菅直人は、市民運動家としては出世しすぎた
『今、いちばん心配なのは、国防を訴えても「票にならない」というところだろうね。
明治維新のころは、国防について、誰もが関心を持っていたし、実際に、中国が、アヘン戦争でヨーロッパの植民地にされているのを知っていたからね。だから、「下手をすると、日本も、ああなる」ということで、国防の大事さが、いちおうは分かっていたんだけれども、今は、「侵略される」というような実感が、あまりないんだと思う。
だから、核兵器に取り囲まれていても、「商売の取り引きだけで、なんとかやっていける」と思っているような、能天気な社会になっているんだね。
まあ、菅は、何か奇抜なことをやろうとするかもしれない。今、イランの核開発をやめさせようとして、アメリカが圧力をかけているけれども、イランのほうは、「日本だってプルトニウムをたくさん持っているぞ」というようなことを言っているそうだね。
それで、「まことに、そのとおりだ。日本の原発でプルトニウムが蓄積されるのはよくない。これでは、原爆ができてしまうから、そういうものはなくそう」というようなことを、平気で言い出しかねないところはあるかもしれないね。
だから、この人は、経済、軍事、外交は、基本的に駄目だろうと思うし、本質的に素質がないと思うね。
市民運動家としては、出世しすぎたんだよ。政治家を長くやったために、ここまで上がったんだが、本当は、こんなに出世してはいけなかったね。やはり、小党で、「一部の人たちの利害を代表して意見を言う」というぐらいでよかったと思う。これは、基本的に、共産党が天下を取ったのと変わらない状態になってきつつあるね。  -中略
それから、この菅政権だけでなく、宗教や宗教政党に対する国民の意識そのものも、先ほど出てきた、死後、成仏していない人たちと同じような意見が非常に強い状態になっているし、宗教のなかにも、あの世を信じていない宗教家がたくさんいる状態になっている。これは、教育からきている問題だろうけれどもね。
この日教組問題も、民主党の抱える問題だし、また、労働組合の問題もある。そういう社会主義の問題が、今後、全部、噴出してくると思うね。だけど、ある意味で、問題が噴出することによって瓦解するものもあると思うんだよ。
だから、一生懸命、社会主義色を出してくればくるほど、馬脚を露わすところもあるので、「幸福実現党の戦略は?」と訊かれても、まあ、今は、時を待つしか方法はないかもしれないなあ。
「幸福実現党の言っていることが、だんだん当たってきている」というのを、人々が実感してくれば、応援が増えてくるだろうと思う。』

    -2010年6月12日 高杉晋作の霊示
    --- 「菅直人の原点を探る」 第2章 高杉晋作が見た「奇兵隊内閣」 より

さて、菅さんが尊敬されている晋作さんは、
『菅直人は、市民運動家としては出世しすぎた』と言われています。
まさしく、今の日本の悲劇は、ここにあるのではないでしょうかね。
市民運動家として存在していたら、大した害にはならなかったのですが、
それが、日本の首相になってしまった。

経済、軍事、外交が分からない人が、日本の代表になっている。
これでは、日本が、発展するはずもありませんね。
そして、菅さんだけでなく、この民主党政権が抱える問題が、
今、徐々に露われてきていますね。

まあ、晋作さんが言われているように、全部噴出させて、
一気に、問題を片付けてしまうことができたら、この先、
新しい国づくりをしていくためには、いいことかもしれませんね。

今は、ほんとに、我慢の時だと思います。
日々、愚かな報道を見させられる国民は、たまったものではありません。
政界、財界、マスコミ界。
そして、今、紙面を賑わせている検察問題。
とことん、膿を出し切って、再生の道を進んでいただきたいですね。

さて、今日は、晋作さんの霊示をもとに、記事を綴ってまいりました。
中国政府にとって、「自由」は悪であると、晋作さんが言われていますが、
日本も、「最後の社会主義大国」になってしまったら、
中国と同じように、「自由」が悪となり、国民の言論の自由、
信教の自由、表現の自由もない国になってしまいます。

私は、束縛されて、抑圧されて暮らしたくないですね。
何よりも、「自由」を欲しています。
だからこそ、今、民主党政権が進める社会主義国家への行程は阻止したい。
そして、自由を悪と断じる中国からの脅威も阻止して欲しい。

核兵器に取り囲まれていても、「商売の取り引きだけで、なんとかやっていける」
と思っているような、能天気な社会を変えてゆくために、声を上げ続けてまいります。
そして、共に、声を上げてくださる方が増えることを願っています。

私たちの愛する日本の自由を、そして、私たち国民の自由を護るために、
これからも、共に、頑張ってまいりましょう。
自由は与えられるものではなく、自分たちの力で、
掴み取ってゆくものだと思いますから・・。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
ビラまき
東京では多くの方々がデモ行進に参加されましたね。
大阪では、各地域でビラまきでした。
このままでは日本が危ない。仙谷官房長官、早く退陣しろのビラですが、多くの通行人の方々が、素直に受け取って下さったので、予想以上に早く終わって終りました。
2010/10/03(日) 18:21 | URL | 上野 繁 #-[ 編集]
Re: ビラまきお疲れさまでした~。
上野 繁さま、いらっしゃいませ~。

東京のデモには、私の法友の方たちも、
たくさん参加されていました。
ありがたいことですね。

大阪ではビラまきだったんですね。
あっ、ビラを受け取ってくださる方が増えているとのこと。
嬉しいですね。
雨のなか、ほんとに、ご苦労さまでした。v-421

私は、高齢の両親の介護があるため、
なかなか、決まった時間に外に出れないので、
いつも、心の中で声援を続けております。

リアル活動をされている方々には、
ほんとに感謝の思いでいっぱいです。
これからも、頑張ってくださいませ。v-91

私も、自身が出来ることを、これからも、
こつこつ続けさせていただきます。

ありがとうございました~。v-436
2010/10/03(日) 20:02 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示