この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

国民を守る意思がないのは「主権」の放棄

「国家であるならば、国内のことについては、あるいは、国として意思決定できることについては、やはりその国が決めなくてはなりません。それは主権の問題です。
例えば、自国の予算を外国に編成されるわけにはいきません。自国の予算は自国で決める。
それが主権です。
また、防衛も、もちろん国の主権の問題です。領土と国民を主体的に守る気があるのかどうかということも、大きなテーマだと思うのです。もし守る気がないのなら、それは主権を放棄しているのとほとんど同じです。
--中略 
例えば、北朝鮮による拉致問題についても同様です。あれは、「日本国民をさらった」ということを、北朝鮮自身が国家レベルで認めたわけです。日本国民をさらったのがUFОなら、これは手が出ないでしょうが、「北朝鮮が日本人をさらった」ということを、はっきりと金正日が述べたにもかかわらず、これに対して、日本は、ほとんど何も出来ない状態です。
これで国家といえるでしょうか。主権は明らかに害されています。自国の国民がさらわれても、何も出来ない状態なのです。これには問題があります。」

 -----「国家の気概」第3章 気概について-国家入門 より

北朝鮮賠償金肩代わりも 拉致被害者支援で政府 - MSN産経ニュース
この案は、どういう経緯で浮上してきたのでしょうか?
このニュースを見て、違和感を感じたのは、私だけなのでしょうか?

「拉致被害者支援で、本来北朝鮮が支払うべき「損害賠償金」を国がいったん肩代わりし、
一時金として支払う案が政府内で浮上している。
北朝鮮が支払いに応じる見通しがないとの判断も背景にある。」(一部抜粋)

拉致被害者の方々、そしてその家族の方々のご心痛は、私には推し量ることが出来ませんが、この案を、どういう気持ちで受け止められたのでしょうか。
新政府としての交渉は、もう済んでしまったのでしょうか・・。

人気ブログランキングへ
日本政府は1991年以来、北朝鮮に対し、拉致問題を提起して来ましたが、2002年に小泉元首相が訪朝し、日朝首脳会談を行った際に、金正日は、北朝鮮の一部の特殊機関の者たちが日本人を拉致した事実を認め、口頭で謝罪し、これにより、5人の拉致被害者が日本に一時帰国し、その後本人たちの意思で日本に残ることになりました。そして、2004年に小泉元首相の2度目の平壌訪問により、先に帰国していた拉致被害者の夫や子供たちが日本に帰国を果たしました。けれども、その後、、日本政府が認定した拉致被害者19人のうち残り12人について死亡や入境せずとし、「拉致問題は解決済み」とする北朝鮮の説明に対し、日本政府は、「拉致問題の解決なしに国交正常化はありえない」との方針により、解決を目指して交渉を続けている。」という状況のまま、現在に至っています。

北朝鮮による日本人拉致問題は、1970年代から1980年代にかけて、北朝鮮の工作員などにより、多数の日本人が極秘裏に北朝鮮に拉致された問題で、日本では「国民の生命と安全」に大きな脅威をもたらすことから"テロ"とされています。

拉致被害者及びその家族の方々に対する支援については、拉致被害者支援法により、政府及び地方公共団体の責務が定められていますが、来年3月で期限が切れるため、この案が浮上したのでしょうが、新政権が発足して、まだ、2ヶ月足らずです。北朝鮮との交渉もしないうちから、「北朝鮮の賠償金の肩代わり」の案を出すのは、どういう腹積もりなのでしょうか?「支援法は支援法で見直せば」と思うのですが・・。

「政府として、国として、今後何も出来ないから、先にお金を払いますから許して下さい。
もう、北朝鮮とは交渉しませんから。友愛外交だから。このお金の意味を分かってね。」

といった感じなのでしょうか?
これは私の考えすぎでしょうか?

でも、安倍元首相も民主党のすることを予感され、講演をされています。
安倍元首相が拉致問題テーマに講演 京都産業大 - MSN産経ニュース
「政権交代がなされたが、拉致は党派の問題ではない。与党が融和的な政策に走りすぎないように、圧力を強める政策を野党として訴えたい」と強調。

でも、昨日の「外国人参政権付与法案」、「民主党の支持団体」のことを考えれば、こういう憶測をしてしまうのは無理がないでしょう。
ああ、疑問や憤り、不安ばかりが目に付く今の政権。
やっぱりなんとかしなければ・・・ですね。

新政府は、どんどん主権の放棄をしているように思えます。
いつも同じ締めですみません。これしか言えません。
民主党を支持された、多くの国民のみなさまが、早く気付いて下さることを切に願います。
↓ 応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示