この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

中国の侵略を阻止する国際的な体制づくりを-日本は立場をはっきりさせよ

『中国に関しては、排除はできないけれども、「一方的に、他国の権益を侵害するようなことはさせない」という、国際的なパワーは、やはり必要だと思いますね。
日本は、放置すれば、「一国平和孤立主義」で逃げようとする可能性が高いので、これだと、アメリカからも、中国からも、両側から責められ、非難され続けて、自分の居場所がなくなる可能性が、とても高いですね。
やはり、国民に考えを問うて、立場をはっきりさせるべきです。例えば、「日本は、アメリカや韓国と一緒に、自由と繁栄を護る体制のなかで未来を構築していく。万一、北朝鮮や中国が、国際法的に見て非合法な攻撃や、他国侵略をした場合、米韓が合同で防衛し、それを阻止すると言うなら、日本も、協力して、一緒に戦わざるを得ない。そのためには、与野党の枠を超えて、憲法改正するなり、法律をつくるなりして、きちんとジョイン(参加)できるようにする」というようなことを、意思決定する必要があります。
あるいは、あなたがたが、すでにウォーニング(警告)を出しているように、なすすべもなく放置すれば、中国の支配下に緩やかに入っていきます。そして、オバマさんたちが、
アメリカを、だんだん後退させていって、「もう、アメリカは、軍事的なことには、一切、
手を出さない」と、今の日本みたいな状態になる可能性もあるんですね。
ベトナム戦争やイラク戦争、アフガン戦争と、いろいろ戦争をして、戦死者がたくさん出て、批判も出てきているので、「もう、戦争はしません」というようなかたちで、引いていくこともないとは言えません。-中略
それでも、まあ、アメリカで民主党政権が続くのは、八年が限度かなとは思っています。おそらく、その次に来るアメリカの政権は、非常にタカ派の政権であり、おそらく、外交的には強攻策をとってくるとは思うので、この八年間を、日本はどのように乗り切っていくかということが、極めて大事なことですね。』

     -2010年8月19日 キッシンジャー博士の守護霊の霊示
     ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
           第2章 キッシンジャー博士の守護霊予言 より

H7001.jpg

ご訪問ありがとうございます。
朝晩涼しくなって、ちょっと過ごしやすくなってきましたね。
私は冬が苦手なので、こんな状態が続けばいいなと思っています。(ムリ?)

さて、菅政権になって、国政が停止してるような状態ですが、
今日、菅改造内閣の全貌が明らかになったみたいですね。

【菅改造内閣】仙谷官房長官が閣僚名簿を発表 全貌が判明 - MSN産経
仙谷由人官房長官が17日午後に発表した菅改造内閣の顔ぶれは次の通り。
 首相 菅直人▽総務(民) 片山善博▽法務・拉致問題担当 柳田稔▽外務 前原誠司▽財務(留) 野田佳彦▽文部科学 高木義明 ▽厚生労働 細川律夫▽農林水産 鹿野道彦▽経済産業 大畠章宏▽国土交通 馬淵澄夫▽環境 松本龍▽防衛(留) 北沢俊美▽官房(留)仙谷由人 ▽国家公安・消費者・少子化対策担当 岡崎トミ子▽郵政改革・金融担当(留) 自見庄三郎▽経済財政担当 海江田万里▽国家戦略 玄葉光一郎▽行政刷新・公務員改革(留)蓮舫 (敬称略、民は民間、留は留任)


改造内閣で、一つ喜ばしいことは、千葉さんの名前がなくなったことですね。
でも、その千葉さんと同じ匂いのする岡崎トミ子さんが入閣していますね。
この方、旧社会党出身で、従軍慰安婦問題で半島と連携して、
日本政府に謝罪させようとしている張本人らしいですね。
反日議員が入閣とは、さすが、極左政権ですね・・。
(まだまだ反日議員がいっぱい?)
さて、もっとも気になる外相ですが、新外相は、前原さんになったんですね。

【菅内閣改造】前原新外相に期待感 米政府 - MSN産経
米政府は菅改造内閣が前原誠司新外相を起用したことを歓迎している。前原氏は親米家で安全保障問題に精通し、日本外交に長期戦略を期待できるからだ。安定感があるとされる北沢俊美防衛相の留任にも安堵感が広がっている。(一部転載)

前原さんは、親米家で、安全保障問題にも精通しているみたいですね。
そして、米政府も、ちょっと期待されているみたいです。
前原さん、米政府の期待に応えて、日米同盟の堅持、お願いします。

さて、菅改造内閣の話題はこれぐらいにして、もう一つ、ニュースを拾ってみました。
先日来、尖閣諸島の危機がささやかれていますが、アメリカが、今後の見解を示されましたね。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 
中国漁船衝突 米、尖閣は日米安保の対象 組織的な事件と警戒 - MSN産経
【ワシントン=佐々木類】東シナ海の日本固有の領土、沖縄・尖閣諸島近海で起きた中国漁船衝突事件について、米政府は事件は偶発的なものではなく、中国政府黙認の下で起きた「組織的な事件」との見方を強め、中国の動向を警戒している。尖閣諸島は日本の施政下にあり、日米安全保障条約の適用対象との明確な見解をとり、「有事」の際は米軍が対処することを示唆して、強気の姿勢を崩さない中国を牽制(けんせい)している。
 米政府の認識と立場は、クローリー国務次官補(広報担当)によって端的に表明された。同氏は8月16日の記者会見で(1)尖閣諸島は日本の施政下にある(2)日米安保条約5条は、日本の施政下にある領域に適用される-との見解を表明。そのうえで「条約が尖閣諸島に適用されるかと問われれば、そうだ」と明言した。
 今月14日の記者会見でも、衝突事件に関し「対話による平和的解決を求める」と述べると同時に、「日米同盟はアジアの平和と安定にとって要石だ」と強調した。
(一部転載)

米政府は、尖閣諸島近海で起きた中国漁船衝突事件について、
中国政府黙認の下で起きた「組織的な事件」との見方を強めているんですね。
そして、尖閣諸島は日本の施政下にあり、「日米安全保障条約の適用対象」
との明確な見解をとり、「有事」の際は米軍が対処することを示唆して、
強気の姿勢を崩さない中国を牽制しているということですね。

尖閣諸島は、「日本の領土」ということで、
「日米安保保障条約の適用対象」との見解を示された。
はい、とっても心強いですね。

さて、今日はまた、キッシンジャー博士の守護霊の霊示のなかから、
テーマを選んでみました。

『中国の侵略を阻止する国際的な体制づくりを-日本は立場をはっきりさせよ』
キッシンジャー守護霊は、このなかで、中国に関しては、排除はできないけれども、
「一方的に、他国の権益を侵害するようなことはさせない」という、
国際的なパワーが必要だと言われています。

また、日本は、放置すれば、「一国平和孤立主義」で逃げようとする
可能性が高いので、いずれ、アメリカ、中国の両側から責められ、
非難され続けて、自分の居場所がなくなる可能性が高いとも言われていますね。

そして、日本は、アメリカや韓国と一緒に、
自由と繁栄を護る体制のなかで未来を構築していく。
そして、中国や北朝鮮が、他国侵略したときに、
米韓が合同で防衛、阻止する場合に、日本も一緒に戦うために、
与野党の枠を超えて、憲法改正又は、法律をつくるなりして、
参加できる体制をつくるようにと言われていますね。

日本は今、日米同盟を結んでいますが、その日米の関係も、
民主党政権になってから、ちょっと亀裂が入っていますね。
そして、中国に弱腰の政権ですが、日本の未来のためには、
やはり、今、日本の立場をはっきりとさせなければいけないんですね。
一国平和孤立主義で逃げようとせず、同盟を結んでいるアメリカとの関係を、
もっと、もっと大切にしなければ、日本の未来は、悲惨なものになりますね・・。

日本に左翼政権が続けば、日本が「戦場」になる
『だから、ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国、そしてオーストラリアなども含めて、こういうところが連合をきっちりと組んでいれば、中国も、国際社会に加えてもらうために、ある程度、考え方を変えざるをえないと思うのです。このあたりが、やはり、まとまりをつくらなくてはいけないと思いますね。
だから、これは、鳩山さんの最大の罪だと思うけれども、日本がアメリカから離れていったら、本当に中国の狙いどおりになります。
万一、その反対の「中日安保条約」みたいなものをつくったら、今度は、本当に、アメリカ側との戦争になり、間違いなく日本が戦場になりますので、極めて危険です。
だから、今、左翼政権が日本で続くことは、私は好ましいことではないと思います。
まあ、日本単独で軍事国家を目指すような行き方をすれば、政治的にはもたないかもしれないけれども、やはり、「ヨーロッパ、アメリカ、韓国などと、よく協調していく」という言い方で、ディフェンス(護り)を固めていくことが大事だと思いますね。
もちろん、沖縄を取らせてはいけませんし、今後、沖縄の離島が取られることを想定した訓練を自衛隊が始めるようですけども、まずは、その前に台湾ですよ。アメリカが引いていって、要するに、「第七艦隊を派遣して戦う意思がない」ということが明確になれば、台湾は完全に取られます。』

     -2010年8月19日 キッシンジャー博士の守護霊の霊示
     ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
           第2章 キッシンジャー博士の守護霊予言 より

さて、次に、キッシンジャー守護霊は、
『日本に左翼政権が続けば、日本が「戦場」になる』と、
とっても恐ろしいことを言われていますね。

日本がアメリカから離れていったら、それは、中国の狙いどおり。
おまけに、離れるだけならまだしも、もし、「日中安保条約」
みたいなものをつくったら、今度は、アメリカとの戦争になり、
間違いなく、日本が戦場になると言われています。

日本が戦場になる・・・。
う~ん、こんな怖いことは、絶対に避けたいですね。
でも、左翼政権が続けば、こんな未来が待っているんですね。
今は、中国の脅威が現実になっていますが、外交の仕方によっては、
脅威の相手が、アメリカになってしまうんですね。
ほんとに、左翼政権には早く潰れていただかねば怖いですね。

そして、防衛力のない日本は、キッシンジャー守護霊が言われているように、
ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オースラリアなどの国としっかり協調し、
護りを固めていかなければなりませんね。
あっ、私の望みは、ここにインドを加えて欲しいですね。
インドは、中国と隣接しているし、今後、牽制国になってくれそうですから・・。

日本は中国に対してイニシアチブをとるべき
『中国に関しては、もちろん、今後も、貿易など、いろいろな付き合いは続きますけれども、イニシアチブをとらなければいけないね。「そういう付き合いを続けるのであれば、あなたがたも、平和政策をとりなさい」と言って、日本はイニシアチブをとらなければいけないですね。
おそらく、次は、中国には水の危機と食糧危機が来ます。この二つの危機を解決できるのは、おそらく、日本の技術です。必ず、日本の技術が必要になるはずです。
向こうは、「日本を植民地にしてやろう」と思っているかもしれないけれども、技術格差があるので、逆に、日本の指導を受けなければ、今後、十三億から十五億にもなる民を養っていけなくなるはずですね。中国の産業を適正に導くために、日本の力が必要になってくると思うので、やはり、協調路線をとらざるをえなくなると思います。
ですから、今の時点では、アメリカ側と組んで、強気の姿勢をちょっと持っていたほうがいいけれども、最終的に、相手を地上から消してしまうようなことはお互いにできないので、結論としては、両者の発展になるような方向に持っていけるように努力しなければいけません。
そのためには、友人として、お互いに、言うべきことはきちんと言うことが大事ですね。
それと、中国の軍事拡張について、いちばん早急な問題は、おそらく、台湾問題だろうと思うのです。アメリカが引いて、日本が何もしなければ、台湾は取られます。この台湾のところを護らなければ、やはり、シーレーンは確保できなくなってきます。
こうした中国の脅威と、次は、イスラム圏のほうの問題があります。最近、ホルムズ海峡で日本のタンカーの爆発事件がありましたけれども、石油が入ってこなくなると、
これは、日本にとっては非常に大きな打撃ですのでね。』

     -2010年8月19日 キッシンジャー博士の守護霊の霊示
     ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
           第2章 キッシンジャー博士の守護霊予言 より

さて、次に、『日本は中国に対してイニシアチブをとるべき』
と、キッシンジャー守護霊が言われていますね。

今後、中国には水の危機と食糧危機が来る、そして、
この二つの危機を解決できるのは、日本の技術だと言われていますね。
また、中国は日本を、「日本を植民地にしてやろう」と思っているけれども、
技術格差があるので、逆に、日本の指導を受けなければ、
多くの民を養っていけなくなるので、協調路線をとらざるをえなくなる
とも言われています。

そうですね。
日本の技術は、世界でも、トップクラスですね。
ほんと、これは、自信を持って押し出していいものですよね。
何を卑屈になっているんだか分かりませんが、
日本は、日本の良いところを押し出して、中国に対して、
主導権を握って欲しいですよね。

日本が、自虐的になり、弱腰外交をするから、
中国も、余計に、高圧的になるんですよね。
防衛とは、国防とは、軍事力を拡張するだけでなく、
対する国と、毅然とした態度で外交することから始まるんですよね。
防衛の第一歩は、外交能力にかかっていますね。

前原さんが外相になったということで、ちっとは期待したいですが、
かといって、首相と官房長官はそのままですからね。
やっぱ、あんまり、期待できないですかね・・。

国難を救うために宗教が意見を言うのは当たり前
『だから、自衛隊は、そうは言っても、軍隊として一定の機能を果たさないといけなくなるので、鳩山さんが、「対米の給油を打ち切る」という政策からデビューしたことの歴史的誤りが、今後、大きくクローズアップされてくると、私は思いますね。
だから、コウフクジツゲントウ?アー、幸福実現党が勝てばよかったんですよ。去年、
勝てば、いちばんよかった。日本にとってベストだったんですが、国民がアホだったんですよ。(会場笑)。アー、「ばか」と「アホ」は違う。日本語で「アホ」は関西で、「ばか」は東京だね?東京の人に、「アホ」と言ったら怒るから、「ばか」と言わなきゃいけないんですね(会場笑)。
日本国民は、ばかだったのですが、それでも、何年かのうちには分かってくるので、やはり、知らしめる努力は必要です。広報、PR、出版、言論、それから、ラジオ、テレビ、その他のメディアの力もあるでしょうけれどね。あとは、「仲間を増やしていく」ということもあるけれども、基本的に、言っていること、やっていることは、とてもいいことです。
だから、「宗教が政治をやるのは悪い」みたいな言い方をされるかもしれないけれども、政治がよければ、宗教は、別に何もする必要がないのです。政治が漂流しているので、今、宗教が意見を言っているわけで、私は、これは正しいと思います。国難を救うために、宗教が意見を言うのは当たり前のことです。あなたがたは、政党までつくって、
圧力をかけているんでしょ?これは正しい行為です。
だから、怯む必要はないと思いますね。』

     -2010年8月19日 キッシンジャー博士の守護霊の霊示
     ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
           第2章 キッシンジャー博士の守護霊予言 より

さて、最後に、『国難を救うために宗教が意見を言うのは当たり前』
と、キッシンジャー守護霊が言われています。

はい、おっしゃるとおりです。
政治がよければ、宗教が口出しをする必要はありません。
でも、今の政治がひどいから、あまりにも、政治家がおばかだから、
宗教が意見を言っているんです。(おばかじゃない?んじゃ、大ばか?)
そして、何の得にもならないのに、政党までつくって、政治家に圧力をかけているんです。

昨年、北朝鮮からミサイルが発射され、日本の上空を通り過ぎていったにも関わらず、
日本政府は、日本の政治家は、日本のマスコミは、それに対して、
毅然とした態度で、物申す方がいませんでした。

そして、おまけに、日本の政権が、民主党になるのが、
決まっているような報道も続き、大川総裁は、日本の未来に対して、
危機を感じられ、急遽、政党を立ち上げられました。

しかし、日本のマスコミや多くの国民は、宗教に対して偏見を持ち、
国難を訴えて立ち上がった幸福実現党の政策を見ようともせず、
ただただ、批判し、また、無視を決め込まれていました。

けれども、キッシンジャー守護霊が言われているように、
私も、いずれ、言っていることが正しいことであると、
いつかは、分かっていただけるものと、信じています。
そのためにも、懸命に、綴り続けております。
先日、twitterで、うれしいつぶやきを発見しました。

何故幸福の本読むのか?との質問に答える。 俺は幸福信者じゃないし幸福から金ももらっていない。ただ偏見はないだけ。 あれだけ大量候補者たてて全員落選してるのにそれでもまだ政治やりたがる本心知りたいのと政策知りたいから。 笑 そしたら幸福の政策がまともでおどろいた。 爆

この方は、「俺は絶対に信者にならない」と、後でつぶやかれていましたが、
幸福実現党は、別に、信者を増やすために立党したのではありません。
ただただ、日本の国難を見過ごせず、そして、その日本の国難が、
国内だけではなく、世界の平和をも揺るがすものになるため、
急遽立党し、そして、警鐘を鳴らし続けているのです。

幸福実現党 主要政策3本柱紹介


今、日本は、戦後最大の危機に見舞われています。
日本に、左翼政権が続けば、明るい日本の未来は望めません。
今、日本の政治を変え、外交姿勢を変え、そして、
迫り来る中国の脅威に備えるためにも、防衛力の強化を図らねばなりません。

戦争は、悲惨なものだと思います。
悲惨だからこそ、戦争に巻き込まれないように、
あらゆる智慧を使わなければいけないと思います。
まず、日本の弱腰外交をやめ、中国とも、
対等に渡り合える国づくりをしなければなりません。

そのためにも、眠り続けている多くの日本国民に、
目覚めていただねばなりませんね。
目覚めたる国民が、増えることを願っています。
私たちの愛する日本を、戦場にしないためにも、
そして、世界の平和のためにも、声を上げてまいりましょう。

真の平和は、与えられるものではなく、自分たちの手で、
掴みとってゆくものだと思います。
明るい未来を目指して、こつこつと、訴え続けてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
No title
生意気な田中角栄を潰した、と言っているキッシンジャーは好きになれません。お金や出世のために田中角栄つぶしの尖兵となった日本の評論家・マスコミ・司法関係者には、本当に腹が立ちます。しかしキッシンジャーがここで言っていることは日本にとって重要であることは確かです。ただユダヤ系アメリカ人で、常にシオニストの利益を考えていることも忘れないようにしたいです。
2010/09/18(土) 12:20 | URL | 上野 繁 #-[ 編集]
Re: No title
上野 繁さま、いらっしゃいませ~。

キッシンジャー博士はあまりお好きじゃないんですね。
まあ、人間、生きているうちにすることは、
良いこともあれば悪いこともありますね。
完璧な人は、そうそういませんものね。

あと、人間、いろいろな個性がありますから、
自身の好き嫌いも出てきますね。

だから、「誰が正しいか」ではなく、「何が正しいか」を、
きっちりと見極めなければいけないんですよね・・。

あっ、私は、基本的に、明るい霊人が好きです。v-411
霊人によって、意見それぞれ。
お互い、いいところを掴んでまいりましょう。v-221

ありがとうございました~。v-436
2010/09/18(土) 14:51 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示