この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

中国が変化する可能性と、"中華思想"という名の野心

『今、中国とは、経済交流が盛んになった反面、向こうも、ある程度、日本の文化を反映しており、それを見ているところもあるので、影響はじわじわと出てきているとは思う。
それに、中国からは、観光客や旅行客も、そうとう来はじめているので、少しずつ、価値観が変わりつつあるのではないでしょうか。
いずれ、中国で日本の文物を学ぶ気運が高まれば、当然、日本の指導的原理を学び始めるでしょうから、やはり、幸福の科学の思想等が、彼らのベーシック(基本的)な教科書になっていく可能性は極めて高いと思います。
ただ、まだ上層部が、やはり、独裁的に軍を使って国民を押さえ込んでいる状態ですのでね。
今、中国では、もう反乱の連続です。十万人ぐらいまでの規模の反乱なら、簡単に押さえられるのですけれども、百万人ぐらいの規模になると、軍隊を用いての、大規模な押さえ込みになってくるので、諸外国から全部見られてしまうというのが、彼らの苦しいところですね。そのため、そうした大きな勢力になるようなものを排除しようとして、監視を続けております。
ですから、宗教的な伝道活動等も、一定の規模になれば、非常に警戒されるであろうということは間違いないね。
やはり、今の中国の軍部や政治指導部の野心のままに行けば、領土の拡張に入るのは、ほぼ確実です。
彼らは、台湾の繁栄も手に入れたいし、韓国の繁栄も手に入れたいし、実は、オーストラリアまで手に入れたいのです。彼らの考えは、ここまで入っています。
ですから、これは、ある意味で、日本の大東亜共栄圏と変わらない、別な意味での"中華思想"であると思います。』

     -2010年8月19日 孔子の霊示
     ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
             第1章 孔子の霊言-政治編 より

H7001.jpg

ご訪問ありがとうございます。
先日から、記事が長すぎるとのご指摘を受け、何とか短くしようと努力中ですが、
今度は、tokioさんに、もっと手を抜くようにとご指摘を受けました。

簡単分かりやすくがモットーのtokioさん。
う~ん。
tokioさんに近づける日はいつの日か~。
未来を我らに 幸福実現党応援宣言

ははっ、、余談はこれぐらいにして、民主党の代表選がやっと終わりましたね。
菅さんの勝利ということで、最小不幸社会を目指す菅政権が続投です。
負けた小沢さんの心境やいかに・・。

きょう夕方に菅-小沢会談 人事調整が本格化 焦点は小沢氏処遇と後任幹事長- MSN産経

今日、菅さんと小沢さんの会談があったんですね。
小沢さんは、今回の代表選に、「政治生命」をかけられていましたね。
このまま、あっさり、飼いならされるような方ではないと信じたいですね。
「壊し屋」としての本領発揮をされるのは今ですね。
民主党をぶっ壊す !
小沢さんには、この一点に期待をかけたいと思います。

さて、弱腰外交を続ける日本政府に対して、中国の攻撃が、
さらにヒートアップしてきたみたいですね・・。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「尖閣は中華民族の利益」 中国の台湾弁公室報道官 - MSN産経
中国政府で台湾政策を担当する台湾事務弁公室の范麗青報道官は15日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する台湾の団体が抗議船を出航させたことについて「釣魚島の主権を守ることは中台同胞の共通の利益で、中華民族の長期的、根本的な利益になる」と述べた。
 中国と台湾が共同で日本に対し、同諸島の領有権を主張する意義を訴えた形だ。
 一方で范報道官は尖閣諸島の領有権をめぐり、中国が日本に対し、今後どのような措置を取るのかについては回答を避けた。(共同)


「釣魚島の主権を守ることは中台同胞の共通の利益で、
中華民族の長期的、根本的な利益になる」

中国政府は、台湾までも巻き込んで、尖閣諸島の領有権を主張する構えですね。
菅政権は、これに対して、おそらく、有効な手は打てないのではないかと思います。
なんせ、謝罪・土下座外交の政権ですからね・・。

あっ、それに対して、「他国に対して毅然とした外交をせよ」
と訴えている幸福実現党が、尖閣危機に関する緊急提言を発表されています。

【プレスリリース】尖閣危機に関する緊急提言- 幸福実現党|ニュース・詳細
 今般、民主党代表選挙が行われ、菅直人氏が再選されたが、その間、「尖閣危機」が進んでおり、菅政権の対応の遅さ、危機感の希薄さを見るに民主党に政権を担う資格は無い。
 9月7日、海上保安庁巡視船への公務執行妨害で、領海侵犯の中国漁船を確保後、日本政府から逮捕許諾が出たのは13時間後であり、菅政権の危機管理能力には疑念を抱かざるを得ない。また日本政府は、中国の高圧的外交に屈する形で中国漁船の乗組員14人を解放しており、政府の弱腰が中国側の強硬姿勢を助長している。
 国家として「領土、国民、主権」を守れずして、政権を担う資格はない。民主党政権における政治的不作為を踏まえ、下記に緊急提言する。

1.毅然たる外交姿勢を示せ
 日本政府は中国政府に対し、毅然たる外交上の措置を取ると共に、南西諸島防備の為に海上保安庁船艇や海上自衛隊艦艇を派遣し、領海侵犯に対しては厳格に対処すべきである。
2.日米同盟を強化せよ
 普天間基地の辺野古移設を進め、日米同盟の信頼回復を図ると共に、米政府と軍事行動を含めた緊急事態に際しての対処を直ちに討議し、速やかに準備すべきである。
3.沖縄県・尖閣諸島・先島諸島への自衛隊の即時配備
 自衛隊配置を北方重視から西方・南西方面重視に転換し、侵略勢力の南西諸島への接近を阻止できるよう、海上自衛隊及び航空自衛隊を配備・増強すると共に、南西諸島の陸上自衛隊を増強し、島嶼防衛に適した水陸両用部隊を編成すべきである。
4.国家主権の責任を果せ
 民主党は「地域主権」を掲げているが、国家の命運を決する外交・安全保障に関する政治判断を沖縄県の選挙結果に委ねることは誤りである。普天間基地移設にあたっては、政府は国家としての責任をもって判断し、主体的、主導的に進めるべきである。
 幸福実現党は上記施策を即時実施することを求めるものであり、菅政権が領海・領土の防衛を果たせない場合には、即刻、退陣、解散を求める次第である。
幸福実現党 党首 立木 秀学


幸福実現党の、尖閣危機に対する提言は、ほんとうに、的を得ていると思います。
1.毅然たる外交姿勢を示せ
2.日米同盟を強化せよ
3.沖縄県・尖閣諸島・先島諸島への自衛隊の即時配備
4.国家主権の責任を果せ


この提言を、政府が実行してくれたら、きっと、
日本に対する中国の対応が変わると思いますね。
でも、今の政府では、やっぱり、無理でしょうかね・・。

さて、今日は先日に引き続き、孔子様の霊示を選んでみました。
まず、最初のテーマは、
『中国が変化する可能性と、"中華思想"という名の野心』
孔子様は、このなかで、中国の軍部や政治指導部の野心のままに行けば、
領土の拡張に入るのは、ほぼ確実と言われていますね。

そして、中国は、台湾の繁栄も、韓国の繁栄も手に入れたい。
さらに、オーストラリアまで手に入れたいと思っていると言われています。
これは、かつての日本の大東亜共栄圏と変わらない、
別な意味での"中華思想"であると・・。
この恐るべき、"中華思想"という名の野心は、なんとしても、
阻止していただかねば、日本も、その思想に取り込まれてしまいますね・・。

幸福の科学グループの活躍は、核兵器以上の抑止力になる
『やはり、このような、他国の不幸の下に自らが幸福になろうとする考え方に対しては、批判するのが平和勢力なのです。それを、被虐的というか、自虐的に受け入れるのが平和勢力ではないということを、知らなくてはなりません。
広島・長崎の、核に対する平和祈念の式典において、「軍の独走によって、二度とこういうことがありませんように」と、日本が懺悔するのは構わないのですが、「現に核武装し、日本もアメリカも射程に入れている中国に対して、まだ核武装もしていない日本が謝罪したり反省したりしたら、彼らは誤解をする」ということを知らなくてはならないと思います。
そういう意味で、私は、今、「幸福の科学が出、幸福実現党が出、大川隆法が出でて、救世の星になる」ということは、非常によいことであり、ある意味で、原爆や核ミサイル以上の、彼らに対する抑止力になると思いますよ。
徳は、必ず、高きから低きに流れます。
ですから、あなたがたは、宗教においても、政治においても、教育においても、やはり、目指すべき理想を掲げて、できるかぎり、数多くの世界の人たちが、平和で豊かで幸福な生き方ができるように、そして、信仰心に満ち溢れた生き方ができるように、努力するべきです。』

     -2010年8月19日 孔子の霊示
     ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
             第1章 孔子の霊言-政治編 より

さて、次に孔子様は、
『幸福の科学グループの活躍は、核兵器以上の抑止力になる』
と言われています。

他国の不幸の下に自らが幸福になろうとする考え方に対しては、
批判するのが平和勢力。
それを、被虐的というか、自虐的に受け入れるのが平和勢力ではないということを、
知らなくてはならないと言われていますね。

確かに、中国の言動に関して、堂々と、批判しているのは、
幸福の科学、幸福実現党だけですね。
それも、昨年から、一貫して、言い続けていますね。

民主党政権のように、自虐的になって、中国に弱腰外交をしていたら、
余計に中国を増長させてしまいますね。
先日の記事でもご紹介しましたが、孔子様は、「善悪の観念がないと、
悪を増長させることになってしまう、悪の増長に手を貸してしまう」
と言われていましたね。

中国の悪を、これ以上、増長させないためにも、
日本の対応自体を、変えなければいけない時に来ているのですね・・。

民主党政権によって日本が衰えれば、中国を導くことはできない
『「あの世があるかないか」とか、「神・仏、天帝に当たるような存在、あるいは、如来や菩薩や天使のような存在があるかないか」とかいうことについては、もう、「ある」という答え以外にはありません。ですから、それを否定する思想は、善悪で言うなら、要するに、「間違っている」ということです。
そのような間違った思想の下に政治運営をされたら、下の者は、基本的に、「言論、
表現、思想、信条などの自由が抑圧されることになる」ということですね。
その意味で、あなたがたからは、「日本を成長させよう」とか、「日本の繁栄を続かせよう」とかいう思想が出ておりますけれども、そうでなければならないと思います。日本が没落したら、彼らが言うことをきくはずがありません。やはり、日本は、発展し続けなければ、見習うべき先生にはなれないでしょうね。
今の民主党政権は、おそらく、緩やかに緩やかに国が自然死していく政権だと思います。彼らの下では、日本の国力が、緩やかに落ちてくるでしょう。
彼らは、一面では、"優しさ"というものを持っているのですが、その、"優しさ"が、自分たちの「責任感の希薄さ」、あるいは、「目標レベルの低さ」というものに向かっているように見えます。
ですから、「日本が衰退することは、世界的なレベルで見て悪である」ということを知らなくてはならないと思いますね。』

     -2010年8月19日 孔子の霊示
     ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
             第1章 孔子の霊言-政治編 より

さて、次に孔子様は、
『民主党政権によって日本が衰えれば、中国を導くことはできない』
と言われていますね。
まあ、民主党政権では、中国を導くどころではありませんね。

民主党政権の政策には、この日本を発展・繁栄させるというものが皆無ですね。
どころか、ばら撒きにより、日本を衰退させる方向へまっしぐらですね。
責任感の希薄さ、目標レベルの低さ。
ほんとに、孔子様のおっしゃる通りですね。

こんな、責任もなく、目標レベルも低い政権が、
いつまでも国政を担っていたら、日本の国力が衰退してしまいますね。
日本の国力が衰退したら、もう、中国を導くことは不可能ですね。

そして、その結果は、日本だけではなく、近隣諸国も共に不幸になりますね。
これは、孔子様が言われているように、
「日本が衰退することは、世界的なレベルで見て悪である」
ということなんですね・・。

日本の「豊かさ」と「思想の高み」がアジアを平和に導く
『私の予想としては、中国が軍事的攻勢をかけてくればくるほど、中国の意図に反して、アジアの諸国から、「日本には、中国と十分に対抗できるような国になってもらいたい。そして、自分たちを護ってほしい」という希望が出てくるでしょう。
その結果、鳩山氏が言っていた東アジア共同体ではないですけれども、実は、それが、別のかたちで実現する可能性があると思います。そういう意味での、"アジア安保"的な考え方が出てくるでしょう。
そして、その間に、やはり、中国の内政を、もっときっちりしたものに整備していかなければいけない。中国は、ある意味で、正しい法治国家に変えていく必要があるでしょうね。
さらには、北朝鮮、中国、イランという核兵器を備えている国の脅威に対して、「どのようなかたちで国際的に鎮圧をかけていくか」ということが、やはり大事です。
日本は、二十一世紀を戦争の時代にしないように、そうした国々を上手にリードしていかねばなりません。
その基礎にあるのは、実は、日本の経済的発展・繁栄であり、この国に新しく起きてくるところの思想的な高み、理想でありましょう。私は、こうしたものが、実は、世界を治めていくものだと思っています。
ですから、日本の経済的な発展・繁栄が、また、新しい思想的な高みや理想というものが、東南アジア、中国や朝鮮半島、そして、オーストラリアにまで広がってほしいと願っています。』

     -2010年8月19日 孔子の霊示
     ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
             第1章 孔子の霊言-政治編 より

はい、次に孔子様は、
『日本の「豊かさ」と「思想の高み」がアジアを平和に導く』
と言われています。
中国が軍事的攻勢をかけてくればくるほど、中国の意図に反して、アジアの諸国から、
「日本には、中国と十分に対抗できるような国になってもらいたい。
そして、自分たちを護ってほしい」という希望が出てくると予想されていますね。

そして、そんなアジア諸国の希望を叶えるためには、
日本の発展・繁栄、新しい思想の高みや理想というものが、
不可欠であり、それが、世界を治めていくものになると言われています。

日本の繁栄が、世界を救うんですね。
そして、二十一世紀を、戦争のない時代にするのが、
日本の使命でもあるんですね。

今、日本は、中国の脅威にさらされています。
日本の領土である尖閣諸島を、中国は、今、まさに、
実行支配しようと企てています。
今、日本政府が、この中国の対応を誤れば、日本の未来も、
アジア諸国の未来も、そして、世界の未来さえも変えてしまいます。

かつて、日本は、軍事国家と呼ばれ、何度も戦争をしてきましたが、
その戦争における功罪は、多々あると思います。
けれども、反日国家である中国は、功の部分は認めず、
罪の部分ばかりを取り上げて、いまだに日本を非難しています。
しかし、非難をしている中国自体が、アジアだけではなく、
オーストラリアまでをも植民地にしようとの野心を持っています。

先の大戦で、日本が戦ったことにより、アジアの多くの国々が、
植民地支配を解かれ、独立した国家になりました。
でも、今度は、日本の外交の誤りによって、その独立した国々をも、
中国の餌食にしてしまう可能性があります。
日本政府は、日本の政治家は、今、目覚めなければいけませんね。

幸福実現党は、民主党政権誕生前から、
「民主党政権では日本の危機が来る、中国の脅威が増す」
と訴え続けてきました。
そして、今、まさに、その中国の脅威が増し、
尖閣諸島に危機が迫っています。

ひとつ領土を取られたら、中国の横暴は、さらに増します。
民主党政権では、日本の領土を護れませんね。
解散総選挙 ! 国民の声を上げてまいりましょう。

昨日、twitterでも、この言葉をつぶやいてきました。
今、目の前に迫った日本の危機を、多くの方に、知っていただきたい。
もう、「平和ボケ」して、眠っている場合ではありません。

民主党政権は、極左政権です。
この政権は、「間違った思想」を信奉しています。
この思想では、日本国民は、奈落の底に突き落とされてしまいます。
そして、本来、その政権を糺すべきマスコミも、同じように、
間違った思想に侵され、この政権をいまだに擁護し続けています。

こんな間違った思想の下で、日本が、そして、アジアが、
不幸の道連れになることは、私には、我慢なりません。
この戦いは、言論戦、思想戦です。
この戦いに敗れたら、ほんとうの戦争を味わうことになってしまいます。
危機感を持った方から、順に、立ち上がりましょう。
日本国民の声を広げてまいりましょう。

まずは、解散総選挙 !
民主党政権にはお引取り願わねば、新しい日本造りは出来ません。
私たちの明るい未来は、私たちの手で、築き上げてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
コメント
No title
本文は少し短くなって読みやすくなりました。あとランキングを押す箇所の数を増やせば、10位以内に入りやすくなると思います。本文の内容は最高ですから、読者の手間を省くことを考えて下さい。
2010/09/16(木) 10:13 | URL | 上野 繁 #-[ 編集]
Re: ありがとうございました~。
上野 繁さま、いらっしゃいませ。

この度は、いろいろとご指導、ほんとうにありがとうございました。
ブログを始めてから、ただ、お伝えしなければ・・という思いが先に立ち、
読み手の皆様のお気持ちに、思いが至りませんでした。
深く、反省しております。v-421

上野さまのお言葉で、目が覚めました。
これからも、さらに、工夫を重ね、読み手の皆様に、
お手間をおかけしないよう、努力してまいりたいと思います。
そして、一人でも多くの方にお伝えできるように、
ランキングの順位を上げる努力もしてまいります。

あっ、それと、お褒めの言葉、ありがとうございます。
とっても嬉しかったです。v-398

至らぬところは反省し、そして、修正しながら、
良いところを増やしてまいりたいと思います。
どうぞ、今後とも、よろしくお願いいたします。v-436

ありがとうございました。v-421
2010/09/16(木) 11:12 | URL | はっぴーらぶ #AOByr8/I[ 編集]
No title
午前中は14位でしたがUPして午後には12位になりました。ベスト10に入れば最初の枠に記載されるので読者の数も飛躍的に増加すると思います。今週中にもベスト10入りを目指して頑張りましょう。
2010/09/16(木) 16:45 | URL | 上野 繁 #-[ 編集]
Re: ありがとうございます~。
上野 繁さま、いらっしゃいませ~。

ランキングがUPしているのを見て、私もびっくりです。v-405
上野さまのご指導と、皆様の応援のおかげです。
ありがとうございます。v-436

仕事や家庭の都合で、毎日、
記事の更新ができないのが残念です。
でも、記事を短くするようにしたら、
もう少し詰めて更新できるようになるかもしれません。

ランキングUPを目指して頑張ってまいります。v-91
今後とも、よろしくお願い致します。

ありがとうございました~。v-421
2010/09/16(木) 18:43 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示