この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

日本の島を取ることを狙っている中国の真意

『「中国とは、最終戦争はできない」と判断していると思うんですけれども、中国は脅す国なので、台湾に侵攻するとか、日本の島を取るとかいうことが、ないとは言えないね。
日本の島が一つ取られたら、日本人は震え上がるでしょうね。
そのときに、「この国がタカ派になるかならないか」ということが、一つの試験として、出てきますね。タカ派になってきて、突如、「核武装する」とか、「自衛隊を軍隊として解禁する」とかいう強硬な世論になってきたら、中国は無人島を取っても引くと思います。
ただ、今と同じような政治が続けば、中国は平気でしょうね。島を一つ取ってしまえば、
日本人は、精神的に、もう魂を奪われたのと、ほとんど同じ状態になるでしょうね。
中国は、これを狙っています。
どこか、日本の島を一つぐらい占領することを狙っています。
あるいは、台湾攻撃をするための陽動作戦としても、まず日本に打撃を与える必要があるのです。日本の無人島を一つぐらい取ってしまったら、日本人は、もう動揺してしまい、「中国に攻められて、日本が取られるかもしれない」などと思い、もう、台湾のことはどうでもよくなる可能性があります。それで、日本の協調が崩れ、そこを突いて、台湾の繁栄を手に入れる。そのようなことが中国の狙いでしょうね。』

   -2010年8月19日 キッシンジャー博士の守護霊の霊示
   ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
         第2章 キッシンジャー博士の守護霊予言 より

H7001.jpg

ヘンリー・キッシンジャー(1923~)
ドイツ生まれのアメリカの政治家・国際政治学者。ハーバード大学で博士号を取得し、
同大学の外交政策担当教授に就任。ニクソン、フォード両政権で、国家安全保障問題
担当補佐官を務め、米中和解や米ソのデタント(緊張緩和)政策を推進した。1973年、
ベトナム戦争終結への貢献によりノーベル平和賞を受賞。


ご訪問ありがとうございます。
さて、「小沢一郎の本心に迫る」の前に、「世界の潮流はこうなる」
が発刊されておりましたが、この書籍は、孔子様とキッシンジャー博士の
守護霊の霊言書籍でしたね。

『本書は、今後の世界の潮流がどうなるかを、中国側からの眼とアメリカ側からの眼を通して語りおろした作品である。
二千五百年の聖人・孔子と、現代アメリカの外交戦略家・キッシンジャー博士(守護霊)の慧眼に、中国-日本-アメリカの三国の今後の予測とあるべき姿はどのように見えているのか。
この結論を知ることが、今後の日本と世界の運命の鍵を握ることになるだろう。
本書をご一読頂かないと、「マスコミ人」としても廃業の危機が来るであろうし、「政治家」としてもプロであり続けることはできないであろう。単なる「政治屋」などもういらない時代なのだ。今こそ「正しい国家戦略」を樹ち立てるべき時である。』

     -----「世界の潮流はこうなる」 まえがき より

中国で活躍された孔子様と、アメリカでまだご存命中のキッシンジャー博士。
お二方の霊示は、とっても勉強になりました。
どちらのご紹介をしようかと迷いましたが、ちょっと、ユニークで、
楽しいキッシンジャー博士の守護霊霊示のほうを選んでしまいました。
とっても、楽しくて、優しいお方だとお見受けしましたね。

さて、キッシンジャー博士守護霊の霊示のご紹介は、後ほどにして、
今日も少しだけニュースを拾ってみました。
中国漁船の領海侵犯は、昨年はなかったんですね・・。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

中国漁船の領海侵犯が急増 昨年0から今年は14件 - MSN産経
沖縄・尖閣諸島付近の日本領海で、中国トロール船が海上保安庁の巡視船に接触し逃走した事件に関連して、今年に入り中国籍の漁船の領海侵犯が急増していることが10日、分かった。海上保安庁の鈴木久泰長官が同日、衆院国土交通委員会で明らかにした。日中両政府は今回の事件を「偶発事件」として処理しようとしているが、急増の原因究明が求められそうだ。
 鈴木氏は、尖閣諸島周辺の領海内で海保が外国籍の船舶に立ち入り検査した事例が平成20年は2件、21年は6件だったが、今年はすでに21件に上ると指摘。中国船に限ると20年に1件、昨年は0件だったが、今年は14件に上っているという。
 事件が発生した7日には尖閣諸島周辺に約160隻の漁船が集まり、うち約30隻が領海を侵犯をしていたことが確認されている。
 通常は、海保が立ち入り検査などで退去を命令すれば従うため、立件には至っていなかったが、船長が公務執行妨害で逮捕された中国漁船は、立ち入り検査を拒否して逃走。巡視船に2度、衝突したため、海保は初めての逮捕に踏み切った。


中国漁船の領海侵犯は、20年に1件、昨年の21年は0件。
けれども、今年22年は、もうすでに、14件になっているんですね。
というか、まだ、9月になったばかりで、今年はまだ終わっていませんね。
この調子では、まだ増える可能性がありますね。

そして、今回の中国漁船は、領海侵犯しているにも関わらず、
立ち入り検査を拒否して逃走、そして、巡視船に2度衝突したんですね。
これは、明らかに、中国漁船のほうが悪いですね。

だから、海保は逮捕に踏み切ったんですね。
でも、中国側は、丹羽中国大使を呼びつけて、2度の抗議がありましたが、
この度、3度目の抗議をしていたみたいですね。

中国外相、丹羽大使にまた抗議 漁船接触事件  - MSN産経
【北京=川越一】沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近の日本領海で、中国トロール船が海上保安庁の巡視船に接触し逃走した事件で、中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相は10日午前、丹羽宇一郎駐中国大使を外務省に呼び、日本の対応に抗議した。事件発生後、中国側が丹羽大使を呼び出したのは、少なくとも3度目となる。
 日本大使館によると、楊外相は改めて、中国の立場を丹羽大使に説明した。楊外相の詳しい発言内容は明らかになっていないが、尖閣諸島が中国古来の領土であるとの主張を繰り返し、公務執行妨害で逮捕された船長の早期釈放などを求めたとみられる。
 これに対し、丹羽大使は「今回の事件は日本の領海内で起きた中国漁船による違法操業事件であり、船長の取り扱いを含め、厳正に国内法に基づき、粛々(しゅくしゅく)と対応することになる」と回答。また、「中国側が冷静かつ慎重に対応することを期待する」と述べ、中国側が漁業巡視船を尖閣諸島海域に派遣したことを牽制(けんせい)した。


尖閣諸島が中国古来の領土であるとの主張を繰り返し、
公務執行妨害で逮捕された船長の早期釈放などを求めたとみられる。


中国側の船長の早期釈放における抗議の根拠は、
尖閣諸島が中国古来の領土であるという主張から来ているみたいですね。
なんとも勝手な言い分ですね。

これって、他人の土地に、不法侵入し、器物破損の罪を犯して、
挙句の果てに逮捕された人の家族が、
「その土地は、昔から、私たちの土地だったから、釈放せよ」
と言っているのと同じですよね。
日本の警察は、こんな言い分、聞かないですね。

そして、この中国漁船の船長を逮捕するまでに、何故か、
半日近くかかっているんですね。

【主張】中国船領海侵犯 すぐに逮捕すべき事案だ - MSN産経
尖閣諸島周辺で中国漁船が領海侵犯したうえ巡視船に衝突した事件で、石垣海上保安部は公務執行妨害容疑で中国船の船長を逮捕した。当然の対応としても、事件発生から逮捕まで半日近くかかったのは疑問である。
 海上保安庁の保安官が中国漁船に乗り込んだのは7日午後1時前だ。その後、関係省庁の幹部と首相官邸が協議を重ねたとされる。仙谷由人官房長官は中国と波風を立てたくない意向だったという。「国内法で処理すべきだ」との方針に傾き、立件の結論は同日深夜までずれ込んだ。
 だが、中国漁船は逃走時に巡視船に衝突を繰り返し、2隻を破損させている。明白な犯罪行為で、ただちに船長らを現行犯逮捕すべきケースだった。中国との外交問題化を避けようとした仙谷氏らの態度も問題である。
 中国人船長に対しては、逮捕容疑の公務執行妨害や漁業法違反(立ち入り検査忌避)だけでなく、領海侵犯の意図や背景などについても、厳しく追及する必要がある。単なる違法操業でなく、漁船を装った情報収集や工作活動の疑いもあるからだ。
 船長以外の中国人船員14人を立件しない方針もおかしい。安易に国外退去させず、船員からも時間をかけて事情を聴く。船体構造の実況見分も、当然必要だ。
(一部転載)

中国漁船の船長逮捕までに時間がかかったのは、
中国との外交問題化を避けようとしたからなんですね。
その首謀者は、仙谷官房長みたいですね。
ふっ、やっぱり・・という感じでしょうか。
なんとも、弱腰というか、中国寄りというか、もう、許せない対応ですね。

こんな人が官房長官を務めている菅政権。
ほんとに、早く潰れていただかないと、
日本の国益がどんどん損なわれてしまいますね。
一国民として、なんとも、歯がゆいですね・・。

さて、今日は、キッシンジャー博士の守護霊の霊示のなかから、
いくつかテーマを選んでみました。

日本の島を取ることを狙っている中国の真意
今と同じような政治が続けば、中国は平気でしょうね。
島を一つ取ってしまえば、日本人は、精神的に、もう魂を奪われたのと、
ほとんど同じ状態になるでしょうね。中国は、これを狙っています。
どこか、日本の島を一つぐらい占領することを狙っています。

台湾攻撃をするための陽動作戦としても、まず日本に打撃を与える必要があるのです。

日本の協調が崩れ、そこを突いて、台湾の繁栄を手に入れる。
そのようなことが中国の狙いでしょうね。


日本の島を取ることを狙っている中国の真意は、まず、
日本の島を一つぐらい占領し、そして、日本人の精神にダメージを与え、
そして、その間にまず、台湾の繁栄を手に入れる。
そういうことなんですね。
そして、台湾を我が物に出来たら、次は沖縄ですかね・・・。

でも、キッシンジャー博士の守護霊が言われているように、
今の民主党政権だったら、島の一つも取られそうですよね。
そして、取られたあとも、何の抗議もせず、見て見ぬふりさえしそうな感じです。

日本の領土も護れない政権。
それが、民主党政権ですよね。
そして、そこにいる政治家たちは、もう、政治家とも呼べない、「政治屋」の集まりですね。
ほんとに、嘆かわしいことですね・・。

今、日本に必要なのは、外国と"喧嘩"のできる政治家
『これからのディプロマシィ(外交)は、すごく賢くないと、私、駄目だと思いますね。
日本の政治家は、もの足りないですね。ものすごく、もの足りないです。アメリカ人から見たら、もう、ほんとIQ百以下よ。人類の平均以下。思考能力ほとんどゼロね。
チンパンジーより、ちょっとだけ上のレベルに見えているんですよ。
アメリカ人は、「ディシジョン(決定)ができない人は、頭が悪い」と考えるんですよ。日本の政治家は、ディシジョンができないでしょ?
みんなで、何て言うの?イド・・・イド?イドバタカイギ?(会場笑)井戸端会議をして、
何も決まらないのが、日本だと思っているのでね。
本当は、今、必要なのは、東京都知事の石原慎太郎タイプの人で、そういう人に、日本の首相をやってもらって、明確な方針を出してもらうことが大事です。リーダーシップが非常に必要なんですよ。
そういう人でなければ、韓国にも政治的に勝てない。韓国だって下手をすれば、あの、何だ?タケシマ?
独島?竹島?韓国は、北朝鮮と戦うかと思ったら、日本の島を取りにくるかもしれない。
中国だったら、そんなことを仕向けるでしょうね。韓国が、竹島問題で日本と紛糾することは、中国の望むところでしょうね。中国版CIAがあったら必ずやります。私が中国人だったら、竹島問題に火を点けますね。
韓国と日本の仲を絶対に悪くします。私が中国人だったら、韓国にエージェントを送って、政治家のルートをつくります。そして、中国の意見を聞く政治家をうまいこと使えたら、韓国が、日本の島を強行奪取するように仕向けますね。そうしたら、もう、日韓の
合同なんて、ありえなくなります。
さらに、アメリカとの関係もうまくいかなくなって、三カ国がバラバラになっていけば、
中国にとっては、それが、いちばん、いい感じですね。』

   -2010年8月19日 キッシンジャー博士の守護霊の霊示
   ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
         第2章 キッシンジャー博士の守護霊予言 より

はい、次のテーマは、「今、日本に必要なのは、外国と"喧嘩"のできる政治家」
を選んでみましたが、アメリカ人の目には、今の日本の政治家が、
どういうふうに映っているかを、キッシンシジャー博士の守護霊が言われていますね。

アメリカ人から見たら、もう、ほんとIQ百以下よ。人類の平均以下。思考能力ほとんどゼロね。チンパンジーより、ちょっとだけ上のレベルに見えているんですよ。

アメリカ人は、「ディシジョン(決定)ができない人は、頭が悪い」と考える

井戸端会議をして、何も決まらないのが、日本だと思っている


日本の政治家は、IQ百以下で人類の平均以下?
思考能力ほとんどゼロで、チンパンジーよりちょっとだけ上のレベル?
なんとも・・・よく見ていらっしゃる・・。

そして、決定ができない。
うん。これもその通り。
井戸端会議をしても何も決まらないなら、その会議自体が無駄。
無駄を省くといいながら、ほんとに、自分たちの存在自体が無駄ですね。(言い過ぎ?)

さて、キッシンジャー博士の守護霊は、今の日本の首相には、
石原慎太郎タイプがいいと言われています。
ははっ、石原慎太郎さんの言動は、ちっょと過激なところもありますが、
私もけっこう好きなほうですね。
日本の政治家にしては、珍しく、はっきり物を言われますね。

もし、石原慎太郎さんが、今の日本の首相だったら、
中国にも、韓国にも、北朝鮮にも、そして、アメリカにさえ、
喧嘩を吹っかけられるかもしれませんね。

でも、今の政権には、他国と喧嘩が出来そうな人はいないですね。
喧嘩どころか、抗議すら出来ないですからね・・・。

岡田外相が中国報道に不快感「事実に反する」 尖閣・漁船衝突 - MSN産経
岡田克也外相は10日の記者会見で、沖縄・尖閣諸島付近の日本領海で、中国トロール漁船が海上保安庁の巡視船に接触し逃走した事件に関し、「中国国内において、わが国の巡視船が中国漁船に衝突させたとの報道がなされているが、事実に反する。極めて遺憾だ」と不快感を示した。
 また、岡田氏は事態がエスカレートすることを望んでいないと表明した上で、「中国が冷静かつ慎重に対応されることを求めたい」と述べた。


岡田外相が、中国報道に対して、不快感を示されたとの報道がありましたね。
「中国国内において、わが国の巡視船が中国漁船に衝突させたとの報道がなされているが、事実に反する。極めて遺憾だ」

いや、不快感を示すのは、そこではないでしょう。
中国は、尖閣諸島は、古来から、中国の領土だと言っているんですよ。
おまけに、今回の中国漁船は、領海侵犯も犯しているんですよ。
何故、そこを言わないんですか。

というより、日本の外相であるならば、中国の報道に対して、
不快感を示している場合ではないでしょ。。
即刻、中国に抗議するのが筋だと、私は思いますがね・・。

はあ・・ここで怒っていても仕方がないと思うのですが、
今の政府の対応を見ていると、怒らずにはおれませんね。
そして、中国から何をされても、日本政府が黙っているから、
とうとう、中国は、次の手を打ってきましたね・・。

東シナ海ガス田交渉を延期 中国 、尖閣接触事件で決定 - MSN産経
【北京=川越一】中国外務省の姜瑜報道官は11日、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で中国漁船が海上保安庁の巡視船に接触、逃走した事件に対する日本の対応に反発し、今月中旬に予定していた東シナ海ガス田共同開発に関する日中両政府の条約締結交渉の延期を決めたことを明らかにした。
 中国側が特に問題視しているのが、日本側が公務執行妨害で逮捕した漁船の船長の拘置を決めたこと。姜報道官は「度重なる抗議にもかかわらず、日本側はあえて司法手続きをとった」などとして、強い不満と抗議の意を表明した。
 さらに、尖閣諸島を中国固有の領土とする従来の主張をくり返し、日本側の措置を「荒唐無(む)稽(けい)で、国際法、常識に違反しており無効だ」と批判。「日本側が暴挙を続ければ、自ら報いを受けることになる」と警告した。
 9日には漁業監視船の尖閣諸島海域への派遣を表明。10日には楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相が丹羽宇一郎駐中国大使を外務省に呼び出し、抗議したことを、いち早くウェブサイト上で発表するなど、中国外務省の“宣伝”が目立っている。船長の拘置で国内世論の反発がさらに高まっており、今回の対抗措置も、国内に向けて対日強硬姿勢を示す必要に迫られたことが背景にありそうだ。
 東シナ海ガス田をめぐっては、2008年6月に日中両国が共同開発に合意した後も、中国国内の反対論が止まず、今年7月にようやく初会合の開催にこぎつけたばかりだった。


中国は、日本側の措置に反発し、今月中旬に予定していた
東シナ海ガス田共同開発に関する日中両政府の条約締結交渉の
延期を決めたことを明らかにしたということですね。

おまけに、「日本側が暴挙を続ければ、自ら報いを受けることになる」
と警告してきたみたいですね。
これは、脅し?
とかなんとか書いているうちに、また、次の報道がありました。

海保測量船に中国が中止要求 EEZ内、調査は継続 - MSN産経
11日午前7時40分ごろ、沖縄本島西北西約280キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で、海洋調査を行っていた海上保安庁の測量船「昭洋」と「拓洋」が、中国公船から中止要求を受けた。
 測量船は「正当な調査だ」と回答し、海洋調査を継続した。
 同庁によると、中止要求に対しては外交ルートを通じて抗議したという。


海保測量船に中国が中止要求?
もう、なんでもありになってきましたね。

さてさて、日本政府は、これから中国に、どんな対応をされるのでしょうか。
あっ、代表選で必死だから、中国なんか、相手にしていられませんかね・・。

『中国の視野は、今、もう台湾だけじゃないことは明らかで、東南アジア全域が完全に視野に入っています。
彼らは、「中国のようになることが、東南アジアの幸福になる」と思っています。
そして、内部での放送は国営放送一色なので、情報の九十パーセントは国に握られていると見て、ほぼ間違いありません。その中国が、ものすごく発展し、ものすごい勢いでアメリカを追い払おうとしている今、「アメリカに"占領"されている日本を解放し、中国のような立派な国にしてあげよう」というような情報操作をやっているんですね。
日本の国民は、これを分かっているかどうか、非常に疑問ですけれども、やはり、日本は強くならないといけないですね。
石原慎太郎さんは、もう年を取ったから無理かもしれませんが、少なくとも、あの程度の、"喧嘩"のできる人が必要だと思いますね。
「文句を言うんだったら、核兵器をつくるぞ」と言えるぐらいの首相が欲しいですね。
「何ならつくろうか。日本の科学技術はレベルが高いから、核兵器をつくったら、中国のものとは質が全然違うよ。今、日本のプルトニウムの蓄積量はすごいので、核ミサイル五千発ぐらいつくれるよ。つくって、全部、中国に打ち込もうか」と言えば、中国はもう震え上がるよ。
「靖国参拝を反対するなら、五千発ぐらい核ミサイルをつくるよ」と言ったら、もう震え上がる。これは、ブラフ(はったり)だけで十分なんですが、そのぐらいのことを言ってみせる政治家がいないとね。
実際にやるかどうかは別として、やはり、その程度は言い返せないと、友人ではないよ。中国に悪いことをさせないためには、そのくらいのことを言ってやらないとね。』

   -2010年8月19日 キッシンジャー博士の守護霊の霊示
   ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
         第2章 キッシンジャー博士の守護霊予言 より

「中国のようになることが、東南アジアの幸福になる」
いや、不幸になります。

「アメリカに"占領"されている日本を解放し、中国のような立派な国にしてあげよう」
いや、アメリカに占領されてもいないし、
中国のような共産主義の国にして欲しくもありません。

「文句を言うんだったら、核兵器をつくるぞ」
はい、言ってやってください。
なんなら、ほんとうにつくっちゃってください。

「何ならつくろうか。日本の科学技術はレベルが高いから、核兵器をつくったら、中国のものとは質が全然違うよ。今、日本のプルトニウムの蓄積量はすごいので、核ミサイル五千発ぐらいつくれるよ。つくって、全部、中国に打ち込もうか」
はい。ぜひ、ぜひ、言って欲しいです。
なんなら、打ち込んじゃってくださ~い。←さすがにこれはダメ・・。

このぐらい言ってくれたら、中国は、きっと、おとなしくなるでしょうね。
でも、日本の首相がコレじゃね・・。

【民主党代表選】最後の週末、首相「1億2千万人のチームプレーで日本変える」- MSN産経
民主党代表選は11日、14日の投開票日を前に最後の週末を迎えた。
 菅直人首相は11日午後、東京・有楽町で街頭演説し、「これから本格的な日本の大改革の本丸に攻め込む。1億2千万人の国民のチームプレーでなければ日本を変えることはできない。その先頭に立たせていただきたい」と訴えた。
(一部転載)

一億二千万人のチームプレーで日本を変える?
えっ、私は、いつの間に、そのチームに入ったのでしょうか。
というか、菅さんて、日本の首相ですよね。
というか、その前に政治家ですね。
日本を変える仕事は、政治家の仕事ではないのでしょうか。

私たち国民は、国民の代理で、国政を担っていただくために、
税金を納めたなかから、国会議員に報酬を払っているんですよね。
それなのに、その仕事を日本国民全員にさせるおつもりですか?
あっ、もしかして、自分たちの失敗の責任を、今度は、
国民に擦り付けるつもりなのでしょうかね・・。

奇兵隊内閣・・。
やはり、高杉晋作さんが言われているように、詭弁隊内閣ですね・・。

全閣僚が靖国神社に参拝しなかったのは、"中国への降伏"に当たる
『いや、私は、お昼は関係ないのよ(会場笑)。食事しないからね。あなたがたは食事があるからさ。時間が迫っているのは知っているよ。でも、私、何も食べないのよ。霊だからさ。お昼は関係ないのよ。ごめんね。
でも、一言付け加えないと気が済まないから、言わせてね。いいかな?
この間の終戦記念日に、「与党の首相以下、閣僚がみんな靖国神社に参拝しなかった」らしいね。これは、"中国への降伏"に当たるよ。向こうは、そう捉えているよ。
はっきり言って、全面降伏だよ。そこまでご機嫌取る必要はないよ。
閣僚全員が中国に気兼ねして、靖国に行かなかったわけだけど、「それなら、島ぐらい取っても文句は言わないだろう」と、向こうは思うよ。これは誘惑にかられるね。だから、今、沖縄も取りたくなってきているね。「米軍基地さえ撤去させれば、沖縄も取れるかも」と思ってるね。 -中略
日本は、少し、何て言うかな、ボクシングをやると思ったほうがいい。打たれたら、打ち返すような"国際ゲーム"を知っていないといけないと思うね。
靖国に閣僚全員が行かなかったのは、やはり失敗だと私は思うね。菅さんは、なんで軽井沢で休んでたんでしょうかね。ああいうのは、よくないですね。少なくとも、防衛大臣一人でも行くべきだったね。
あれで、中国になめられたね。本当に、島を一つ取れる可能性があるぐらいの弱腰に見えたね。
世界の大勢においては、自分の国を護るために戦った人の英霊を弔うことを責める人なんか、いないんです。「からかっているだけなのに、ばかみたい」というのが、本当のところだね。
まあ、頑張って、政権を取りなさいよ。ええ。
う~ん。
(通訳に向かって)君、さみしかった?いい?なんか一言、二言でも言いたい?ない?
ナッシング?ああ、ごめん。私、日本語、こんなにうまくなるとは思わなかった(会場笑)。すごい超能力ね。ありがとう。』

   -2010年8月19日 キッシンジャー博士の守護霊の霊示
   ---「世界の潮流はこうなる」激震 ! 中国の野望と民主党の最期
         第2章 キッシンジャー博士の守護霊予言 より

キッシンジャー博士の守護霊は、ほんとに、楽しくて、優しい方ですね。
あっ、守護霊は、本人と同じなので、キッシンジャー博士自身が、
楽しくて、優しい方だということですね。

言いたいことが残っていたので、お昼の時間になっても、
まだ、話したいと言われていますね。
ははっ、霊人は、魂だけだから、食事しなくても、生きていけますものね。

さて、キッシンジャー博士の守護霊は、全閣僚が靖国神社に参拝しなかったのは、
"中国への降伏"に当たると言われていますね。
ほんとに、私も、そう思いますね。

この間の終戦記念日に、「与党の首相以下、閣僚がみんな靖国神社に参拝しなかった」らしいね。これは、"中国への降伏"に当たるよ。向こうは、そう捉えているよ。はっきり言って、全面降伏だよ。そこまでご機嫌取る必要はないよ。

閣僚全員が中国に気兼ねして、靖国に行かなかったわけだけど、「それなら、島ぐらい取っても文句は言わないだろう」と、向こうは思うよ。これは誘惑にかられるね。だから、今、沖縄も取りたくなってきているね。「米軍基地さえ撤去させれば、沖縄も取れるかも」と思ってるね。

日本は、少し、何て言うかな、ボクシングをやると思ったほうがいい。打たれたら、打ち返すような"国際ゲーム"を知っていないといけないと思うね。

あれで、中国になめられたね。本当に、島を一つ取れる可能性があるぐらいの弱腰に見えたね。
世界の大勢においては、自分の国を護るために戦った人の英霊を弔うことを責める人なんか、いないんです。「からかっているだけなのに、ばかみたい」というのが、本当のところだね。


アメリカのキッシンジャー博士から見たら、日本は、こう見えているんですね。
中国に舐められっぱなしで、何も言えない日本。
何も言わないだけでなく、中国に気兼ねして、日本のために命を落とされた、
英霊を弔うことすら放棄した日本の閣僚たち。

世界から見れば、きっと、日本の政治家は、バカに見えて仕方がないでしょうね。
あっ、鳩山・菅さんが首相ですからね。
バカにされても、仕方がないかもしれませんね・・。

今、日本は、民主党政権による国難パート2に見舞われています。
もともと、隣国の中国は、日本にとって、脅威ではありますが、
民主党政権になってから、その脅威は、益々、増しています。

これは、民主党政権の外交のお粗末さ、中国寄りの考えが、
日本を、より一層の危機に、陥れているのではないでしょうか。
外交とは、日本国民を護るために、そして、日本の国益のためにするものです。

しかし、今の民主党政権では、日本の国益が損なわれていくばかりです。
こんな政権は、どうしても、潰さねばなりません。
こんな政権に国政を任せていたら、日本の領土は、気がつけば、
いつの間にか、すべてなくなっているかもしれません。

今、民主党の代表選で、国政自体が止まったような状態になっています。
民主党が政権をとってから、はや一年が経ちました。
この一年の間に、日本が失くしたものがどれほどあったでしょうか。

世界の中で、一番大きくなくしたものは、恐らく、
「日本の信用」であると、私は思います。
アメリカ人から見て、「チンパンジーより、ちょっとだけ上のレベル」
である、日本の政治家たち。

「日本の島を取ることを狙っている中国の真意」すら考えず、
ただただ、権力闘争を続ける民主党。
中国の横暴に、抗議すら出来ず、気兼ねばかりをしている民主党。

もう、日本には、こんな愚かな政権、政治屋はいりませんね。
菅首相の言葉ではありませんが、「1億2千万人のチームプレー」で、
この人たちから、議員の資格を剥奪したいぐらいですね。

日本を救う第一歩は、この民主党政権の崩壊から始まります。
日本の政治をつくり変えなければ、気概ある政治家を輩出しなければ、
いつか日本は、中国や北朝鮮、、韓国の餌食にされてしまうでしょう。
これからの日本には、外国に対して、はっきりと物が言える政治家が必要です。

中国に、日本の領土である島を取られないためにも、
もっと、まともな政治家を選んでまいりましょう。
こんな、外国からバカにされる政治家はもう要りません。
民主党の代表選で、菅さん、小沢さん、どちらが勝っても、
私は、解散総選挙を望んでいます。

日本の政治を変えていくために、一人でも多くの方が、
声を上げてくださることを願っています。
自分たちの国は自分たちで護る。

そのためにも、まず、民主党政権には、お引取り願いましょう。
世界と対等に渡り合える日本を目指して、そして、いつの日か、
世界をリードしてゆける国になるその日まで、頑張ってまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
  ↓ 応援クリックお願いします。           
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
チャイナリスク
今回の騒動で中国は3つの問題点を暴露しました。第1にレアアース輸出禁止の問題です。
中国政府はレアアースを輸出禁止にしていないと説明していますが、事務手続きなど時間がかかりすぎ、事実上の輸出禁止と同じ状態であれば、日本や諸外国は代替製品などの研究に一層の力をいれます。
レアアースは中国唯一の資源輸出品目であり、いざと言う時の輸出禁止のカードでした。
これでカードは切れなくなりました。
第2は中国の膨張政策です。13億人を食べさす為に食料その他の資源輸入が必要で、シーレーンの確保の問題です。
かっての日本はトラック諸島に大きな軍港を保持して、太平洋のシーレーンを確保していました。
しかし中国には海外基地がありません。
地図を見れば判るように、中国の艦船が太平洋へ出るには、沖縄群島の横を通過しなければなりません。
ここに地対艦ミサイルを設置されると、中国艦船は太平洋に出るまでに全滅する可能性が大きくなります。
台湾海峡を南下しても、南シナ海の西沙諸島や比島・インドネシアにミサイル基地を設置すれば、中国海軍は動きがとれません。
第3に日本人の会社員を4名拘束したことです。デモはしなくても多くの日本人は怒っています。
この次はは対外資産凍結もしかねないと、諸外国は警戒心を持ちだしました。
中国のGDPの中身は、出鱈目な不動産バブルや外国企業の生産・販売など、また貿易が大きなウエイトをしめています。
一部の中国国民は豊かになり、世界第2の経済大国になったと思っていますが砂上の楼閣です。
近未来に起きるであろう世界的ハイパーインフレで、一番打撃を受けるのは経済基盤の弱い中国です。
それを見越して中国は、沖縄諸島や西沙諸島の強奪を狙っているのでしょう。
しかし平和裏にシーレーンを確保しないと、中国自身が戦争・内乱で分裂国家になる可能性も大きいです。
国際ルールを無視しがちな中国の没落を、アメリカやロシアも望んでいる事を中国は気づくべきです。
我々日本人は中国の蛮行を阻止する為に、防衛産業を育てて雇用の増大と国防に力を注ぎましょう。
2010/09/30(木) 11:07 | URL | 上野 繁 #-[ 編集]
Re: チャイナリスク
上野 繁さま、いらっしゃいませ~。

上野さまのコメントを読ませていただくと、ほんとうに勉強になります。
私の記事より、上野さまのコメントのほうが、説得力があるように感じます。v-410

さて、上野さまが言われているように、今回の騒動で、
確かに、中国は、問題点を暴露しましたね。
日本の稚拙な外交も目立ちましたが、世界各国では、
この中国に対するさらなる不信感を募らせたと思います。
今後、中国が、このまま恫喝外交を続ければ、
まず、経済のところで打撃を受けるのは間違いないですね。

一部の中国国民は豊かになり、世界第2の経済大国になったと思っていますが砂上の楼閣です。
ほんとに、この砂上の楼閣が、崩れる日が来るでしょうね。

まあ、中国の経済状況がどう変わっても、日本は、それに影響されないよう、
もっと、自力をつけていただきたいですね。
そして、大川総裁や、多くの霊人、そして、上野さまが言われているように、
防衛産業を育て、雇用の増大をし、そして、経済発展をし続け、
日本の防衛力を高めていただきたいですね。

あっ、国防を訴えるとおかしいと思われていた日本ですが、
今回の中国の恫喝外交を見て、お目覚めの日本人もいっぱいいたのではないでしょうか。
今こそ、声高に、国防を叫ぶ時ですね。
一人でも多くの方に、国防の大切さを訴えてまいりましょう。v-91

ありがとうございました~。v-436
2010/09/30(木) 14:02 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示