この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

中日新聞・民主党・トヨタ労組について

なぜ、中日新聞は、幸福実現党だけを偏向報道するのか
『新聞も自由じゃないんですよ。もう、すでに、全体主義というか、報道規制が入ってるんですよ。ある意味で、この国は、中国や北朝鮮のような国になっている。統制がたくさんかかっていて、言論は、必ずしも自由じゃないんです。たくさん統制がかかっている。
「あなただけを外したい」っていうんだったら、それは、あなたが、よほど怖い何かを持っているんだね。(会場笑)。向こうから見れば、よほど怖いものが、何かあるんだな。
あなたの考えのなかに、よほど怖いものがある。-中略
でもねえ、僕が聞いている話では、なんか、社内では、去年から議論はずいぶんしてるんだってさ。
そして、「幸福実現党だけ外してる」っていうのは、認識はしてるんだよ。
そして、その、何だあ?ちゅう・・。中日新聞と、東京の東京新聞というのは、経営は
一緒なんだよ。経営体は一緒なんだけれども、東京新聞のほうは、広告もたくさん載るし、幸福実現党の候補者も、ある程度、扱っているんだよ。で、中日新聞だけ扱っていない。同じ経営体なのに、東京のほうは載って、中部では載っていないんですよ。
それは、おかしいでしょ?
だから、何かある。
それで、社内で会議して、「こんなことをしていて、不買運動でも起こされたら、どうするんだ」と、心配する意見も内部からは出てするんですけど、どうも、上のほうに、幸福実現党が出てくると困る人がいらっしゃるようなんですよね。
うん、そうです。あなた(司会)が思っているとおりです。

司会-イオンの三男ですか?

そうなんですよ。民主党さんの大幹部のご親族の方が、新聞社のなかにいらっしゃることが原因で、差し止めが入っているんですね。しかし、「公器として、そういうことが、いつまでも許されるのかどうか」というのは、やっぱり、世間の人たちが、じーっと見ているわけですから。
でもねえ、ああいう安売り店はこれからたくさん潰れるよ。ハッハッハッハ。言っては何だが、メーカーは付加価値が高いんですよ。鉄から車をつくるのは、付加価値がすごく高くて利益が出るから、わりに景気に左右されにくいけれども、流通業は、マージンがすごく低いから、景気に左右されやすくて、何か起きたときには、ガサガサッと来るんだよね。
今、中国が、また人民元の切れ上げで揺さぶられている。ということは、安い労働力あるいは工賃でつくられた、いろいろなものが、中国から入ってくるような時代は終わろうとしているんだよ。
そうすると、日本で安売りをやっているようなところは、これから、だんだん厳しくなってくると思われるんだ。
あっちも、日本でつくるのと変わらないぐらい高くなってくるわけだよね。
安売りだけで食っているところは、厳しくなっていく。うち(トヨタ)のように、付加価値がわりに高いメーカーは、ある程度もちますけれども、流通で食ってるところは、かなりの淘汰が起きると思われます。
また、マスコミ界も、今後、淘汰がそうとう起きてくると思いますよ。もうすでに、インターネットと、携帯電話とか、そういう情報の時代に入ってきているので、今後、"活字"が生き延びるのは、そうとう大変な時代に入ります。
だから、まあ、いずれ因果応報が来ると思いますけどね。』

   -2010年6月27日 豊田佐吉の霊示
   ---「未来産業のつくり方」 第2章 豊田佐吉との対話 より

H0290.jpg

豊田佐吉(1867~1930)
発明家。トヨタグループの創始者。二十三歳で、「豊田式木製人力織機」を発明する。
その後、新しい織機を次々と開発し、当時、世界最高性能の「G型自動織機」を完成。
日本の紡績業の発展に大きく貢献した。なお、トヨタ自動車は、長男・喜一郎の代での
創業だが、日本に自動車の時代が来ることを見通した佐吉が、国産自動車開発への
挑戦を喜一郎に託したところから始まっている。


ご訪問ありがとうございます。
先日は、小沢さんが代表選出馬を表明されて、とっても驚いた私ですが、
昨日、大川総裁が、『小沢一郎の本心に迫る』ということで、
小沢さんの守護霊リーディングを早々にされたんですね。
ほんとに、また、びっくりです。
やっぱ、大川総裁の動きは霊速ですね。

小沢さんの過去世は、伊達政宗と阿闍世が有名ですが、
どうも、ちらっと聞いた話では、阿闍世が出てこられたみたいですね。
阿闍世と言えば、さんざん悪さをして、最後に、釈迦教団に帰依された方ですね。
(1/11の記事、『永遠の挑戦 - 国難襲来への警鐘-
小沢一郎の過去世-提婆達多と共謀した阿闍世』をご参照くださいませ。)

伊達政宗も、野望多き武将でしたが、最後は、確か、
わりと静かな余生を過ごされていましたよね。
あっ、それと、田中角栄さんや、金丸信さんの霊言書籍を、
小沢さんは読まれていたみたいですね。
今世も、最後に改心されて、少しでも、日本のためになることをして、
政治家として、最後の花道を飾ってくださるようにと祈ります。

さて、今日は、今週の初めに発刊された、「未来産業のつくり方」
のなかから、豊田佐吉さんの霊示を選んでみました。

『自分で言うのも変だが、とにかく面白い本だ。
しかも経済人、企業家にとっては夢のような本だ。
トヨタグループの祖・豊田佐吉や、ソニーの創業者・盛田昭夫から、いま、直接、
「未来産業のつくり方」について提言を聞けるとしたら、これは本来なら世界的な
大ニュースだろう。
その真実を街行く大多数の人たちは知らない。霊的世界を信じ、信仰心を持つもの
のみに許された「特権」、神々の世界からのアイデアの無限供給だ。
一笑に付すのは簡単だが、どのクラスの現役経営者なら、これだけの内容ある話を
座談できようか。
新しき「創造の法」の世界が、この日本から始まろうとしているのだ。いま、この年に。』

  ---「未来産業のつくり方」公開霊言 豊田佐吉・盛田昭夫 まえがき より

著者である大川総裁が、「自分で言うのも変だが、とにかく面白い本だ」
と、言われていますが、ほんとに、おもしろいし、楽しかったですね。
トヨタの豊田佐吉さんと、ソニーの盛田昭夫さん。
お二人とも、ほんとに、大らかで、明るい方でした・・。

さて、書籍のご紹介は後ほどにして、今日も少しだけニュースを拾ってみました。
相変わらず、偏向、捏造、お手の物のマスコミですが、
なんかまた、取材もせずに報道して、謝罪をされているところがありましたね。

人気ブログランキングへ
官房機密費報道で謝罪 TBS、野中氏取材せず - MSN産経
TBSは27日夜の報道番組「NEWS23クロス」で、7月に放送した官房機密費の特集の一部に「報道の公平中立性を欠き、視聴者に誤解を与えかねない点があった」として、謝罪した。
 同社によると、7月21日の同番組で、小渕内閣の官房副長官だった鈴木宗男衆院外務委員長の「平成10年の沖縄県知事選で3億円の官房機密費が使われた」との証言を放送したが、当時官房長官だった野中広務氏から「事実誤認」と指摘を受けた。放送前、野中氏に確認取材はしていなかったという。
 同知事選では、米軍普天間飛行場の県内移設に反対する現職の大田昌秀氏を、自民県連推薦の稲嶺恵一氏が破り初当選した。


TBSって、相変わらず、捏造番組をつくっているんですね。
まあ、TBSは東京なので、大阪では見ることはないのですが、
大阪には、MBS毎日放送があって、この毎日放送とTBSは、
同じ毎日新聞社系の企業で関係性が深いと言われていますね。

まあ、私は、テレビは見ないので、騙されることはもうありませんがね・・。
あっ、この毎日新聞ですが、この名前自体が詐欺だと言われていますね。
名前は「毎日」なのに、毎年、1月2日は朝刊も夕刊も発行されないらしいです。
ちょっと、笑える話でした。ははっ。

さて、TBSの謝罪のニュースをご紹介しましたが、100年も経って、
まだ謝罪をし続ける日本政府に対して、元韓国空軍大佐の方が、
嘆いていらっしゃいますね。(私も嘆いていますが・・)

【日韓併合談話】日本の謝罪などいらない 韓国保守派の嘆きと憤慨- MSN産経
日韓併合100年にあたっての菅直人首相の談話について、日本統治時代を知る元韓国空軍大佐の崔三然氏(81)がインタビューに応じ、「これは日本の首相としては失格だ。かえって互いの信頼を失う結果になる」と危惧の念を表明した。主なやりとりは次の通り。(聞き手 軍事ジャーナリスト・鍛冶俊樹氏)

 --8月10日に菅首相が日韓併合100年にあたっての談話を発表しました。これについての考えは>「これは日本の首相としては失格ですよ。日本人としての立場を弁えていない。併合から100年、戦後65年も過ぎたのに、今さらどういうポジションでああいうことをしゃべっているか、さっぱりわかりません。もうこれは日本の終末ですね」


 --内容的には1995年の村山富市首相談話の繰り返しだとも言われるが
「いやもっとひどいですよ。村山談話は単なる謝罪であって、そこから共生を目指すともいえる。菅談話は、その次に出て来るものは日韓基本条約の無効ですよ。そもそも植民地というのは15世紀から始まりました。近現代史というのは人類における植民地時代だともいえる。世界中至る所、植民地だらけでした」

 --確かに世界史の地図帳を見るとその通りですね
「アフリカなどは植民地時代が終わっても貧困からなかなか抜け出せない状態です。では植民地から近代的な経済発展を遂げたのはどこですか。韓国と台湾ですよ。ともに日本の植民地だった所です。他に香港とシンガポールがありますが、ここは英国のいわば天領でした。インドは英国の植民地として代表的ですが、インフラが整備されておらず、なかなか経済発展ができなかった。今、インドは経済発展しているといわれますがそれでも1人当たりのGDPは890ドル、識字率も64%に過ぎません」
 --韓国と台湾は日本統治時代にインフラが整備されていたと
「戦前、鉄道、水道、電気などの設備は日本国内と大差なかった。これは諸外国の植民地経営と非常に違うところです。諸外国は植民地からは一方的に搾取するだけでした。日本は国内の税金を植民地のインフラ整備に投入したのです。だから住民の生活水準にも本土とそれほどの差がありませんでした」

 --教育はどうでしたか
「私は日本統治時代の教育も受けました。当時、日本国内で行われていた学校教育と差がありませんでした。また日本の陸軍士官学校には朝鮮人の入学を認めていました。当時の諸外国では自国の陸軍士官学校に植民地の人間の入学を認めたりしませんでした。つまり日本は教育においても差別をしていなかった。当時の諸外国は本国と植民地を明確に差別していました。植民地とは搾取の対象として経営するものであって差別されて当然でした。日本は差別をしないように併合したわけで、いわゆる諸外国の植民地支配とはまったく違っていた」

 --諸外国こそ謝罪すべきなのに日本ばかりが謝罪しなければならないのはどういう訳でしょうか
「今ごろになって植民地だとか侵略だとか言っていますが、これには中国の戦略が背景にあるのです。中国の戦略は日本の再起を不能にし、日本が韓国や台湾と連携するのを阻止することです」

 --そういえば日米同盟や米韓同盟はあるのに日韓同盟や日台同盟はありません。日韓などは米軍基地の位置関係からみれば事実上同盟国といっていいほど近接しているのに同盟条約は結ばれていません
「日韓同盟こそ中国や北朝鮮が最も恐れている同盟です。だからこれを抑制し妨害するために中国は全力を挙げています。それに対して日本は対応を誤っていると言わざるをえません」

 --日本が謝罪をしないから両国の溝は埋まらないなどと言っていますが、村山談話以降も日韓関係も日中関係もかえって悪化しました。韓国は竹島の領有化を進めてきましたし、中国も前よりも一層、歴史認識問題を持ち出すようになりました
「日本人は謝れば、韓国や中国、北朝鮮が許してくれると思い込んでいるようですが、大きな間違いです。はじめから狙いは別の所にありますから、もともと許す気などない。中国の大戦略は日米韓の連携を極力抑え込むことです。だから歴史問題をことさら大きく見せかけて大ぼらを吹く。私が勉強した所ではそのどれも大した問題ではない。たとえば東京裁判のA級戦犯は日本の国内法で赦免されている。赦免された以上、もはや犯罪人ではありません。つまり日本にはA級だろうとB級、C級だろうともはや戦犯はいないのです。にもかかわらず、A級戦犯が合祀(ごうし)されているから靖国神社に行くなと言うのはこじつけです。
 講和というのは過去とけじめをつけることです。日中平和友好条約とか日韓基本条約を結ぶということはこれで過去の問題を清算し仲直りをするという約束であり、過去を蒸し返したりするのはおかしいのです」


 --日本政府は韓国への「補償」問題を見直そうとしているようです
「日韓についていえば、過去のあらゆる補償問題は解決済みです。だから見直す必要などない。ところが日本人は潔癖症だから相手が少しでも文句をいうと、また謝って金を出そうかという話になる」

 --潔癖症がかえってあだになっているわけですね
「日本人の道理とか正義感は大陸ではまったく通用しません」

 --具体的にはどういうことでしょう
「日本人の持っている倫理、正義、道徳、順法精神などは人類普遍の価値であり、とても秀でています。日本国内ではこれらの価値は尊重されよく守られています。ところが日本を一歩外に出ると泥棒や詐欺師がいっぱいですよ。そのことに日本人は気付いていない」(一部転載)

戦前、鉄道、水道、電気などの設備は日本国内と大差なかった。これは諸外国の植民地経営と非常に違うところです。諸外国は植民地からは一方的に搾取するだけでした。日本は国内の税金を植民地のインフラ整備に投入したのです。だから住民の生活水準にも本土とそれほどの差がありませんでした

私は日本統治時代の教育も受けました。当時、日本国内で行われていた学校教育と差がありませんでした。また日本の陸軍士官学校には朝鮮人の入学を認めていました。当時の諸外国では自国の陸軍士官学校に植民地の人間の入学を認めたりしませんでした。つまり日本は教育においても差別をしていなかった。当時の諸外国は本国と植民地を明確に差別していました。植民地とは搾取の対象として経営するものであって差別されて当然でした。日本は差別をしないように併合したわけで、いわゆる諸外国の植民地支配とはまったく違っていた


韓国と台湾は日本統治時代にインフラが整備されたというのは、
やっぱり本当だったみたいですね。
そして、日本人との差別なく、学校教育も行っていたんですね。
この方も、日本統治時代に、教育を受けたと言われていますね。
このインフラ整備と教育だけを取り上げても、日本が、韓国の方々に対して、
日本と差別なく接していた証になりますよね。

そんな日本が、どうして、いまだに謝り続けなくてはいけないのか。
ほんとに、摩訶不思議な「謝罪談話」です。
そして、この謝罪の裏には、やはり、中国の戦略が背景にあると言われています。

今ごろになって植民地だとか侵略だとか言っていますが、これには中国の戦略が背景にあるのです。中国の戦略は日本の再起を不能にし、日本が韓国や台湾と連携するのを阻止することです

日本は、まんまと中国の戦略にはまっているんですね。
というか、民主党政権が、日本を中国の属国にしたいと願っているから、
わざと、このように、日本の国を貶めているのかもしれませんね・・。

でも、このインタビューは、けっこう、勉強になりますね。
全文を載せたかったのですが、あまりに長いのでカットしてしまいました。
お読みでない方は、ぜひ、産経をご覧くださいませ。
産経さん、いい仕事してますね~。

『具代的には、その新聞社の経営陣のなかに、あなたを警戒する者がいるということだと思いますね。向こうにとって何か困るような外交政策を、あなたが言っているんだと思われます。それが、たぶん理由でしょう。
あとは、あるとしたら、その経営陣が「美人が嫌いだ」とか、そんなものかどうか(会場笑)、まあ、私は分かりませんがねえ。ええ。でも、しかたがない。去年からハンディ戦は始まっているのでね。
まあ、上のほうに一部、それを「正義だ」と思っている人がいるんですよ。つまり、左翼思想に染まって、「こういう、宗教が絡むものを世間の人に宣伝しないことが正義だ」と思っている人が、現実にいるわけですね。
でも、最近の霊言集に出ているように、左翼思想に染まった人は、死後、みな地獄で苦しんでいて、「自分は霊だ」ということが分からない状態がずっと続くわけなんです。宗教というのは、本当は公益性があるんだけれども、その宗教の公益性を理解できない人がいるわけですよ。「宗教は、税金を払わないで、得をしている」というように思っている人がいるわけです。
宗教には、本来、国がやらなきゃいけないような仕事を、代わりにやっているところがあるんですよ。そういう公益性があることを理解していないところがあるので、まあ、そういうところが引っ掛かっているんだろうと思います。しかし、これは、基本的に、戦後マスコミが背負っている罪ではあるんですね。
新聞でいえば、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞っていうのが、編集方針は一緒らしく、基本的に左翼なんですけど、今は、親玉の朝日新聞から順番に崩れてきている状態で、霊言集の広告がたくさん載っているらしいじゃないですか。もう認めざるをえなくなってきているんですよ。
中日新聞は、「地方紙だから、まだ許される」と思っているかもしれませんが、だんだん、大勢の目が許さなくなってくるんです。
メディアにとっては、大勢の目がいちばん怖い。要するに、「情報公開」、あるいは「編集方針の公開」「経営方針の公開」というのが、本当はいちばん厳しい。なぜなら、「どういう方針でやっているのか」ということの蓋を開けてみると、北朝鮮や中国のように、上からの統制で全部、決められているわけだね。こんなことが分かってしまったら、自由主義圏では信頼を失ってしまう。
だから、「裏で、横槍を入れてる者がいると見ていい」と思うんですけれども、時代は変わります。極端まで振れたものは、次は、正反対まで行きますから。
悔しかったら、まずは、そのトヨタ労組を折伏されて、「豊田佐吉が、幸福実現党を応援するように言うとった」ということを、しっかり言うことだね。まあ、静岡県にも衛星中継が流れているようだから言うけど、ホンダの人には、「本田宗一郎が、そう言うとった」と言ってもらわないかん。あの人も幸福実現党を応援しとるからな。向こうはホンダで、愛知はトヨタだからね。
豊田佐吉は、幸福の科学や幸福実現党の考え方と変わらない考え方を基本的に持っている。私の考えは、幸福の科学から発信されているように、やっぱり、「自助努力の精神」ですね。
私は発明家ですから、「自由」を大事にしたい。自由性を確保できないと、発明なんかできないんだ。だから、統制をかけられるのが、いちばん厳しいね。アイデアや創意工夫を生かせなくなったら、厳しい。
自由な国でなければ、やはり、奇人・変人を許す体制というのはできないし、そういう奇人・変人が、新しい価値を生むんですよ。』

   -2010年6月27日 豊田佐吉の霊示
   ---「未来産業のつくり方」公開霊言 豊田佐吉・盛田昭夫 
           第2章 豊田佐吉との対話 より

今日は、豊田佐吉さんの霊示の「中日新聞・民主党・トヨタ労組について」
のなかから、いくつかテーマを選んでみました。

なぜ、中日新聞は、幸福実現党だけを偏向報道するのか
どうも、上のほうに、幸福実現党が出てくると困る人がいらっしゃるようなんですよね。
うん、そうです。あなた(司会)が思っているとおりです。
司会-イオンの三男ですか?
そうなんですよ。民主党さんの大幹部のご親族の方が、新聞社のなかにいらっしゃることが原因で、差し止めが入っているんですね。


中日新聞の偏向報道は、私も何度か取り上げさせていただきましたが、
この公開霊言の質問者である方は、参院選において、愛知から立候補された、
中根ひろみさんですね。
幸福実現党 中根ひろみ(中根裕美)参議院愛知県選挙区

私は、7/2の「民主党政権の裏にあるマスコミの力」の記事のなかで、
この中日新聞が、愛知の候補者は7人のところ、6人の写真しか載せず、
中根ひろみさんだけを、外した記事を書いていると憤慨しましたが、
やっぱり、民主党が絡んでいたんですね。

 ↓ クリックしてくだされば大きくなります
chunichi1.jpg
chunichi2.jpg

う~ん。
ほんとに、高級霊はお見通しですね。
悪いことをしても、みんな、天上界から見られていますよね。
このイオンの三男というのは、岡田外務大臣の弟さんですね。
岡田三兄弟は、長男がイオン(ジャスコ)の社長。
次男が外務大臣。
そして、三男が東京新聞の記者・中日新聞の幹部をされているんですね。

幸福実現党は、中国の脅威を訴えていますので、恐らく、
中国と仲が悪くなったら、イオンの経営に差し障りがあると思われているのでしょうかね。
それと、民主党にとっても、幸福実現党は、民社党批判をしていますので、
長男、次男とも、幸福実現党は、目の上のたんこぶなんでしょうね。
だから、中日新聞は、幸福実現党だけ外すという、偏向報道をしたのでしょうね。

でも、豊田佐吉さんは、因果応報が来ると言われていますね。
善い原因を生むと善い結果が現れ、悪い原因を生むと悪い結果が現れる。
まあ、悪いことをすれば、自分に返って来るということですね。

安売りだけで食っているところは、厳しくなっていく。うち(トヨタ)のように、付加価値がわりに高いメーカーは、ある程度もちますけれども、流通で食ってるところは、かなりの淘汰が起きると思われます。
また、マスコミ界も、今後、淘汰がそうとう起きてくると思いますよ。もうすでに、インターネットと、携帯電話とか、そういう情報の時代に入ってきているので、今後、"活字"が生き延びるのは、そうとう大変な時代に入ります。だから、まあ、いずれ因果応報が来ると思いますけどね。


安売り店(イオン)もマスコミ界も、かなりの淘汰が起きると言われていますね。
中国を当てにして、安売りを展開しているところと、中国と、記者協定を結んで、
情報を隠蔽しているマスコミは、淘汰され、良いところだけ残るんですね。
   
中国と仲が悪くなったら、経済界は本当に困るのか?
『もしトヨタのほうで勘違いがあるとしたらね。今、中国市場にも車を走らせようとしているから、「中国と仲が悪くなったら困る」という経済界の意見を代弁している部分は多少あると思うけれども、結局、経済の原理においては、最後には、いいものが勝つんです。顧客の心を自由にはできないんですよ。
国家統制は、最後まで、かけ続けることはできない。やがて自由市場になってきた場合には、いいものが必ず勝つので、そんなに心配しなくてもいいんです。
政治的な報復などが一時的にあったとしても、今、世界の経済はリンクしてきており、
最後にはいいものが必ず勝つから、あまり政治的マターにかかわらないで、いいものをつくるように努力していけばいい。-中略
そういうことで、「中国で車を売らせてくれなくなったりしたら、困るな」とか、いろいろ心配している向きもあるかもしれないけれども、基本的に、向こうの政治体制のほうが間違ってるんだ。中国の指導部のほうが、今、負けつつある状態なんですよ。-中略
みんな、やっぱり、いいものを欲しがるし、今は、公害や地球環境関連で、高度な技術を車に求められつつあるので、技術格差があれば、優位を、ずっと保てます。研究して、よそではつくれない車をつくり続ければ、アメリカにも勝てるし、中国やインドにも勝てます。中国やインドが国産で車をつくっても、彼らが敵わないものをつくり続ければいい。人は必ずいいものを欲しがりますのでね。
だから、「それは心配する必要はない」と言っておきたいですね。』

   -2010年6月27日 豊田佐吉の霊示
   ---「未来産業のつくり方」公開霊言 豊田佐吉・盛田昭夫 
           第2章 豊田佐吉との対話 より

さて、豊田佐吉さんは、「中国と仲が悪くなったら、経済界は本当に困るのか?」
と、疑問を呈しておられますね。
トヨタだけではなく、今、日本の経済界は、中国市場ばかり見ているので、
そのために、中国寄りである民主党を支持されているところが多いようですね。

政治的な報復などが一時的にあったとしても、今、世界の経済はリンクしてきており、最後にはいいものが必ず勝つから、あまり政治的マターにかかわらないで、いいものをつくるように努力していけばいい。

豊田佐吉さんは、中国と仲が悪くなって、中国と取引できなくなっても、
最後にはいいものが必ず勝つから、いいものをつくるように努力していけと言われています。
そして、政治的マターにあまりかかわるなとも・・。

日本は、技術大国であり、そして、経済大国です。
日本の政治は、いつのまにか、中国に対して卑屈になっていますが、
経済界も、卑屈になりすぎているのではないでしょうか。
日本人は、戦後、勤勉に働き、そして、今の経済大国をつくりあげました。
であるにもかかわらず、どうして、こんなに卑屈になってしまったのでしょうか。
「自助努力の精神」を、忘れてしまったからでしょうかね・・。

人間にとっていちばん大切なのは「真理とは何か」を追求すること
『その中日新聞は、一回、叱っとかないかんねえ(会場笑)。どうやって叱ったらいい?「豊田佐吉が怒っとりますよ」という広告では、やっぱり許してくれんかなあ。
まあ、でも、親玉は朝日新聞だからさあ。朝日のほうは、もう完全に陥落してるんですよ。朝日が陥落している理由は、何年か前に、幸福の科学の外売り雑誌か何かで、
社長の守護霊?

司会-守護霊が出ておりました。

社長の守護霊の霊言が載せられて、あれで陥落しちゃったんだよね。
(月刊「ザ・リバティ」[幸福の科学出版刊]2003年10月号のこと)。
そっくりだったのでね。
あれ以降、ものすごく丁重になっちゃってねえ。

司会-ええ。かなり恥かしい内容の霊言を出しまして。

だったよねえ。
社員が見て、「うちの社長しかありえない」っていう内容の霊言だったらしいね。
その人は、もう社長を退いたけど、あれで、朝日のほうが信じたので、「他の霊言も?
出るでしょうよ」という感じになっちゃった。そうでしょう?
うん。だから広告が出るんだね。今、朝日には、霊言集の広告が載ってるけど、
それは、自分のところが身を以って、その真実性を感じているからですね。
今、あなたがたは、「真理とは何か」「正しさとは何か」ということを追求してるんでしょう?例えば、「あの世があるか、ないか」って、これは、二つに一つですよね。「あるか、ないか」なんですよ。あるんだったら、「ない」と言っている人たちが間違ってるんだから、そういう人たちは反省しなきゃいけないね。
「ない」にもかかわらず、「ある」ように言うのなら、それは詐欺なんでしょうけれども、あなたがたは、「ある」ということの証明を一生懸命しているわけだし、今まで、「あの世がない」ということを証明できた人なんかいないんですよ。
企業経営においても、そうですよ。ご先祖様というか、創業者というか、そういう人を祀って、しっかりと墓参りをしているような会社は、だいたい、みな発展・繁栄していくけれども、そういうことを蔑ろにしていると、だんだん傾いていくんですよ。
それは、人間にとって、いちばん大切なことであると私は思いますね。ええ。そういうところを忘れたらいけないね。』

   -2010年6月27日 豊田佐吉の霊示
   ---「未来産業のつくり方」公開霊言 豊田佐吉・盛田昭夫 
           第2章 豊田佐吉との対話 より

豊田佐吉さんは、発明家で、トヨタグーループの創始者ですが、
松下幸之助さんと、同じような世界に還られているみたいですね。
やはり、心が綺麗で、そして、世のため、人のために働かれた方は、
ちゃんと天国に還られているんですね。
それも、高級霊界に・・。

今、続々と、霊言書籍が発刊されていますが、政界、財界、
マスコミ界の方たちは、結構、読まれているみたいですね。

人間にとっていちばん大切なのは「真理とは何か」を追求すること

豊田佐吉さんが言われているように、政界、財界、マスコミ界の方々も、
自身の利益ばかり追求していないで、「真理とは何か」を、
ぜひ、追求していただきたいですね。
でないと、死んでから、苦しい世界に逝っちゃいますよ~。

神様を信じなければ発明はできない
『そう、トヨタ労組ね。まあ、「地獄に堕ちたくなかったら、幸福実現党を応援しなさい。
そうしたら、あなたがたの今までの宿業は消されて、天国に入れる。そして、豊田佐吉の講演会に来れるようになるぞ。地獄に行ったら、私の講演会は聞けんぞ」ということだわな。そういうことを、ちゃんと教えとかないといかんわ。
やっぱり、神様を信じなきゃ、発明なんてできませんよ ! 基本はそこなんですよ。
だって、インスピレーションちゅうのは、天上界から来るものですからね。
そして、未来に発明しなきゃいけないものを、天上界から、いち早く引いてきた企業が、メーカーとしても成功するんですよ。だから、神様のご加護が要るんですよ。
私だって、経済界・経営界では、神様の一人なんです。今、松下幸之助さんと、どちらが偉いか競争しているところで、企業成績によって、上がったり、下がったりするんです。(会場笑)
トヨタの業績がよくなったら、私のほうが上になり、悪くなったら、向こうが上になるようなところがあって、為替のように、この世と連動するところがあります。赤字が続いたりすると、霊格が下がってくることもちっょとはあるんですけどね。
まあ、私は、経営界というか経済界では、神様の一人になっているから、信仰心を持つことを勧めるな。私は、地獄に行っている唯物論の指導者とは違うから、トヨタもそうであってほしいな。』

   -2010年6月27日 豊田佐吉の霊示
   ---「未来産業のつくり方」公開霊言 豊田佐吉・盛田昭夫 
           第2章 豊田佐吉との対話 より

トヨタ労組は、民主党を支持されているんですよね。
でも確か、トヨタ自体は、もともと、自民党支持でしたね。
あっ、経済産業大臣の直嶋さんは、トヨタ労組出身でしたね。

トヨタ労組の方たちも、この書籍を読んでくれませんかね。
創始者の豊田佐吉さんのあの世からの言葉なんて、
なかなか聞けるものではありませんからね。
そして、豊田佐吉さんの霊示を、真摯に受け止めて欲しいですね。

やっぱり、神様を信じなきゃ、発明なんてできませんよ !
基本はそこなんですよ。
だって、インスピレーションちゅうのは、天上界から来るものですからね。


今日は、豊田佐吉さんの霊示をもとにして綴ってまいりました。
戦後、日本は、世界が驚くほどの経済発展を遂げました。
でも、その経済発展と引き換えに、日本人の心を、
失くしてしまったのではないでしょうか。

自助努力の精神を忘れ、まだ、先進国とも言い切れない中国に依存し、
その、中国の経済発展のおこぼれに預かるような姿勢を見せています。
そして、日本のマスコミ界も、報道精神を忘れ、ただただ、
日本を貶めるような報道ばかりを繰り返しています。

その上、日本の政治は、侍精神もない政治家たちに牛耳られ、
この日本の国益を損ない続けています。
それでも、こんな日本の現状を、憂うこともなく、
民主党を支持し続ける日本国民。
そろそろ、目を覚ましてくれませんかね・・。

最近、ちょっと気力が落ちるときがあるんですね。
いつまで、民主党のことを言い続けるのかな・・と。
でも、まだまだ、民主党だけではなく、マスコミに対しても、
言わなければいけないことはいっぱいありますね。

そして、日本の体制が、ちょっとまともになったとしても、
今度は、日本国外に対しての備えもしなければ・・。
ああ、日本のために、訴え続けることはいっぱいありますね。
落ち込んでる場合ではないですね。

あきらめたら、そこで日本は終わりになりますね。
私たち日本国民があきらめたら、ほんとに、
日本は沈没してしまいますね。

日本の発展・繁栄は、私たち日本国民の、
自助努力の精神の上に成り立つものですね。
この精神を忘れずに、日々、頑張ってまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
  ↓ よろしければ、応援クリックお願いします。           
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
コメント
No title
ご希望通り、中日新聞不買運動しようかな。
2010/08/29(日) 21:16 | URL | tokio #-[ 編集]
Re: こんばんは~。
tokioさん、いらっしゃいませ~。

「中日新聞不買運動」
いいですね~。v-424

偏向報道を続ける新聞社・テレビ局等は、
いずれ、淘汰されると思いますが、
不買運動 !
やっちゃってくださいませ~。v-437

私も、頑張って訴え続けます。v-91
ありがとうございました~。
2010/08/29(日) 22:45 | URL | はっぴーらぶ #AOByr8/I[ 編集]
No title
こんばんは。
小生も中日新聞をとっていますが、あの民主党大好き報道には辟易しています。まあ、田舎新聞だからしようがないとも思いますが、ときどき投書してやります。このところ中国につての報道はすこしまともになってきたように思います。
2010/08/31(火) 00:18 | URL | うたのすけ #J8bl0gKU[ 編集]
Re: こんばんは~。
うたのすけさん、いらっしゃいませ~。

そうですか・・中日新聞を読まれているんですか。
それは大変ですね・・(何が?)

あっ、でも、中国の報道は少しマシになってきているんですか。
日本の状況が少しはわかってきたのでしょうかね。

それにしても、中日新聞の偏向ぶりは、あっちこっちで聞きますね。
ぜひ、どんどん、投書してあげてくださいませ~。
真実の報道をしなければ、いずれ淘汰されて、潰れちゃいますものね。v-392

ありがとうございました~。v-436
2010/08/31(火) 01:15 | URL | はっぴーらぶ #AOByr8/I[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示