この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

今の日本には、強力なリーダーシップを持った「信念の人」が必要

『うーん。今の政治状況は、あんまりよくないね。はっきり言って、危険だ。
安保闘争のころのように、学生のデモ隊が、連日、押しかけてくるような状況にはないけれどもね。客観的には、そういう内乱、内戦の状態が起きているわけではない。
けれども、政治の状況としては、その安保世代の幹部たちが、まるで安保闘争に勝ったかのような気持ちになっているのかもしれないね。
こういう人たちが、ノスタルジーから、昔やりたかったようなことを、やりたくなってくるかもしれないから、これがいちばん恐れることかな。
中国のほうは、当然、日米安保を破棄させたいであろうね。アメリカの基地を沖縄から
撤去させ、それから、日本本土からも撤去させる。これが中国にとっていちばん望ましい結論ですよ。これが、したくてしかたがない。
それで、日本が、その方向にシナリオを組んで動いていくから、面白いんじゃないかなあ、向こうから見たら。
本来なら、こういう、アメリカ軍を撤退させようという状況においては、中国は、一生懸命に、日本を侵略したりしない平和国家であるようなふりをして見せなければいけないところだ。常識的には、そうだよな。
しかし、そういうときに、逆に、海軍が出てきてウロウロしてみたり、尖閣諸島のあたりを、いつでも取れそうなふりをしてみたり、ごそごそやっているんだろ?
まあ、これが中国なんだよ。
中国というのは、そういうプライドがあるところだからね。だから、威嚇してるんだよな。』

  -2010年4月21日 岸信介の霊示
  --- 「日米安保クライシス」 第2章 この国の未来のために信念を貫け より

ご訪問ありがとうございます。
さて、先日、鳩山首相が辞任しないのでがっかりしていたら、昨日、やっと辞任されましたね。
そして、小沢幹事長も道連れにされましたね。(おまえ~と道連れに~)
でも、反対の意味で、最後まで期待を裏切らない人でしたね。
(ちっ、使えないやつめ・・って感じ?)
解散を期待していた私にとっては、ほんとに、ガッカリですね・・。

さて、そんな両氏の辞任を受けて、幸福実現党から声明が発表されましたね。
声明文が、ハピレタからも届きましたので、まず、ご覧くださいませ。

Happiness Letter177〔選挙目当ての鳩山・小沢辞任 〕
皆さま、おはようございます!
昨日の鳩山・小沢2トップの電撃辞任は「選挙目当て」の「表紙替え戦略」に過ぎません。
昨年の総選挙直前の小沢代表電撃辞任のように、「政治とカネ」の当事者が辞任することで、民主党の支持率回復を図る「リセット戦略」です。
自民党の「首のすげ替え」「たらい回し」を猛烈に批判していた民主党が、同じ手口を駆使して支持率を回復しようとしており、これほど国民をバカにしたことはありません。
鳩山氏は「社民党の政権離脱、責任とらなければ」と最後の最後まで他人のせいにして、自らがいかに日本を危機に陥れたかの反省は聞かれずじまいでした。
首をすげ替えても、中身のバラマキ・重税路線、親中反米・国防弱体化路線、親日教組・教育弱体化路線は変わらないばかりか、
もし、菅氏が次期首相なった場合、更に「国家社会主義」への傾倒が強まり、「国難」の深刻化が強く懸念されます。
この事態を受け、昨日の午後、石川悦男党首より、以下の通り、幸福実現党の声明が発表されましたので御報告申し上げます。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【鳩山総理、小沢幹事長の辞任に関する声明 】

鳩山由紀夫内閣総理大臣、民主党小沢一郎幹事長の辞任は当然です。その判断は、はっきり言って、遅すぎたと考えています。

9ヶ月前、70%以上の支持率を受けていた鳩山総理ですが、普天間基地問題での迷走により、日米関係を不安定化させ、国難を招きました。

また、鳩山総理、小沢幹事長とも、政治と金の問題で国民の信頼を裏切り、しかも責任を取らず逃げようとする姿勢に、国民は幻滅していました。

この9ヶ月の迷走で、民主党政権そのものに対する国民の不信もピークに達しています。

もう一度、衆議院も解散し、7月に予定されている参議院選挙と同時に、国民に信を問う必要があると考えます。

尚、鳩山総理は、辞任会見で、「社民党離脱の責任を取って」などと辞任の理由に挙げていましたが、そんな政局に関することではなく、国難を招くような政権運営をしたことを、国民に謝るべきだと感じたことを付言いたします。

幸福実現党 党首 石川 悦男
http://ishikawaetsuo.blog46.fc2.com/blog-entry-51.html
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp
◎ハピレタWebサイトhttp://happinessletter.blog111.fc2.com/


ほんとに、石川党首の言われていることはもっともです。
鳩山、小沢両氏が辞めても、民主党政権であることは変わりないですね。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
鳩山首相は、やっぱり、宇宙人でしたね・・。

img2010042811522535714900.jpg

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
【首相辞任】「国民が聞く耳持たなくなった」 軽さ 最後まで“宇宙人” - MSN産経
「国民の皆さんが聞く耳を持たなくなってしまった」。退陣表明した2日午前の民主党両院議員総会で鳩山由紀夫首相は悔しそうに語り、同日夕も同じ言葉を繰り返した。しかし、退陣の原因と自ら認めた「普天間問題」と「政治とカネ」は自身の発言のぶれや軽さが引き起こした。“宇宙人”という評も「10年、20年先のことを言っているから分かってもらえない」と独自に解釈。「言葉の軽さ」は最後まで変わらなかった。

■反発招く
 「自分が身を引くことが国益だ。10日から1週間くらい前から自問自答していた」。2日夕の取材インタビューにそう答えた鳩山氏。理由は「政治とカネや普天間問題で、国民が聞く耳を持たなくなった。新政権は立ちゆかない」と、あたかも国民の無理解が退陣理由のように語った。
 両院議員総会でも、子ども手当や高校無償化など実績を強調する一方、「しっかりとした仕事が必ずしも国民の心に映っていない」と述べ、「私の不徳の致すところ」と残念がった。
 退陣表明時にも表れた鳩山氏の発言のぶれや軽さは任期中、指摘され続けた。最も顕著だったのが、退陣理由の一つに挙げた普天間問題をめぐる混乱だ。
 「トラスト・ミー」発言が、その混乱を象徴している。昨年11月、現行案通りに沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部への建設を求めたオバマ米大統領に「私を信じてほしい(トラスト・ミー)」と言った。ところが、翌日には「オバマ大統領とすれば日米合意を前提と思っていたいだろうが、それが前提なら作業グループを作る必要がない」と一転。その後も軽はずみな言動を繰り返し、沖縄県民や米国の不信感と反発を招いた。

■すり替え
 政治とカネの問題でも発言は軽かった。野党時代には「秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきだ」と自民党議員を批判したが、自身の元秘書が偽装献金事件で起訴されると、「私腹を肥やしたり、不正な利益を得たということは一切ない」とすり替えた。
 2日夕の取材インタビューでは、5月31日の段階で「身を引きたい」と小沢一郎幹事長らに伝えていたことを明らかにした。しかし、翌6月1日は口蹄(こうてい)疫問題で揺れる宮崎県を初めて訪問し、東国原(ひがしこくばる)英夫知事と会談。「最善を尽くしたい」「ともに頑張りたい」と発言していた。このとき、すでに退陣を心に決めていたことになる。
 宮崎からとんぼ返りした1日夕、小沢氏らとの2回目の会談後に報道陣から「続投ですか」と聞かれ、親指を出してグッドサインを作った鳩山氏。周囲は続投のサインと受け取ったが、翌日まさかの退陣劇に展開した。
 2日夕、報道陣からサインの真意を聞かれると、「(辞任を)心に決めていても、自分の心を外には一切出さないように努めた」。最後まで理解しにくい理由を述べるばかりだった。


退陣表明をした首相の最後の言葉を聞くために、普段テレビを見ない私も、
さすがに昨日は見てしまいましたね。
「国民の皆さんが聞く耳を持たなくなってしまった」
この言葉を聞いたときは、ほんとにびっくりしましたね。

国民が聞く耳を持たなくなったんじゃなくて、鳩山さん、
あなたが、国民の声を聞こうとしなかったのではないですか?
思わずテレビに向かって訴えてしまいましたが、最後まで、この方の耳には、
国民の声は届いていないようでしたね。

あっ、これからは、もう鳩山さんのことを突っ込むこともなくなるので、
鳩山さんのおじいさんである、「鳩山一郎」の霊言の一部を載せておきますね。
この方は、元祖、「友愛思想」の提唱者ですね。

「日本という国はなくなってもいい」と考えている

質問者B
-国際情勢においては、現在、中国の軍事拡大による脅威が迫ってきておりますし、アメリカは、「世界の警察」としての役割を縮小する方向に動いております。
鳩山一郎
-ああ。それは、いいんじゃないか?アメリカがいつまでも、世界を牛耳るっていうのは、よろしくないと思うな。うん。
質問者B
-しかし、「今の民主党政権では、中国による属国化、植民地化を防げず、国民の生命や安全、財産を護れないのではないか」という指摘もあります。これについて、どのようにお考えでしょうか。
鳩山一郎
-まあ、でも、あれなんじゃないか。中国が発展しているんだろ?仲良くすれば、生命・安全・財産は護れるんじゃないのか。
質問者B
-では、「アメリカの核の傘ではなく、中国の核の傘に入ったほうがよい」とお考えなのでしょうか。
鳩山一郎
-そんなこと考えてないよ。だから、友達になりゃいいんだろ?友達になりゃ、別に戦争しなくてもいいじゃないか。ねえ?
質問者B
-「行く行くは、中国に属国化、あるいは植民地化されるかもしれない」ということは危惧されないのでしょうか。
鳩山一郎
-まあ、日本は元々、漢字文化圏だから、アメリカに吸収されるよりは楽なんじゃないか。漢字で、そのまま、行けるんだろ?だから、日本人は、漢字を習ったら、中国語を簡単に覚えられるよ。いいじゃないか。
質問者B
-つまり、日本という国がなくなり、中国の省や自治区のような存在になったとしても、よろしいということでしょうか。
鳩山一郎
-友情ってのは、そんなもんだよ。

大川隆法
-鳩山一郎は、地獄ではないかもしれませんが、かなり下のほうです。
現代のことを知っていたので、地獄とは言えないと思います。
ただ、言っていることが、鳩山由紀夫と同じような内容だったので、
指導霊のつもりで孫に憑依しているのかもしれません。


H0269.jpg

ふっ・・・鳩山さん、辞任してくれてよかったですね。
私、中国語は覚えたくないし、しゃべりたくもないですわ。
鳩山さん、さようなら~。

さて、鳩山首相には別れを告げることができましたが、
民主党政権が終わったわけではありませんので、ほんとに、前途は多難ですね。

菅氏代表選出馬へ、鳩山後継政権4日発足 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
鳩山首相の退陣表明を受けた民主党の後継代表選びが2日午後、本格化した。菅直人副総理・財務相(63)は同日夕、首相官邸で鳩山首相と会談し、4日に行われる民主党代表選に立候補する意向を伝えた。
 代表選は菅氏を軸に進む公算が大きくなっている。新代表は4日に党役員人事を行い、衆参両院での首相指名を受けた後、同日中に新内閣を発足させる方針だ。今国会の会期は延長せず、参院選は「6月24日公示―7月11日投開票」とする。
首相は2日午前、国会内で開かれた緊急の民主党両院議員総会で「国民が徐々に聞く耳を持たなくなった。残念でならないし、私の不徳の致すところだ」と述べ、「職をひかせていただく」と辞任を表明した。
 首相は退陣の理由として、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題をめぐる迷走で社民党の連立政権離脱を招いたことと、自身や小沢幹事長の資金管理団体をめぐる「政治とカネ」の問題の2点を挙げた。
 菅氏は2日夕の鳩山首相との会談で、「国民が民主党政権に期待したことを鳩山首相の段階で十分実らせる時間的余裕がなかったが、しっかり引き継いで、政治とカネの問題にきちんとけじめをつけたい」と伝えた。菅氏は江田参院議長らにも立候補の意思を伝え、代表選準備を本格化させた。
 菅氏は前原国土交通相に会い、代表選での支持を求めた。関係者によると、前原氏は、幹事長人事について小沢氏の影響力を排除することや、普天間問題に関する日米合意を尊重することが不可欠だとの考えを伝えた。
 また、前原グループの枝野行政刷新相は2日夜、「政治とカネの問題にけじめをつけてリセットしてもらえるなら応援したい」と述べ、代表選で菅氏を支持する考えを表明した。政治とカネの問題への対応を代表選の争点とすることで、小沢氏の影響力を減じる狙いがあるとみられる。
 菅氏を推す動きは、鳩山グループにも広がっている。首相は2日夕、首相官邸で記者団に対し、菅氏の出馬について、「一番近くで行動してくれた方であり、頑張ってくださいと伝えた」と述べる一方、「私から誰かを指名する意図はない」と語った。小沢グループも2日夜、都内で会合を開き、代表選対応を協議した。
 民主党代表選の日程は、首相の退陣表明を受けて開かれた緊急の常任幹事会で決まった。4日午前11時から両院議員総会を開く。国会開会中で、参院選が近いことを理由に、党員・サポーター投票などは行わず、党所属国会議員423人(衆院307人、参院116人)による投票で選出する。
 ◆民主党代表選=党所属国会議員、党員・サポーター、党籍を有する地方議員による投票で行われる。党規約などで「代表が任期途中で欠けた場合、両院議員総会で代表を選出できる」と規定。代表の任期は2年間。鳩山代表(首相)の任期は9月末までで、新代表の任期は鳩山氏の残任期間となる。


【民主党代表選】岡田氏は菅氏支持表明 条件は小沢氏の影響力排除 - MSN産経
【民主党代表選】前原氏も出馬せず菅氏支持 - MSN産経

鳩山首相の退陣表明を受けて、民主党の代表選が行われることになりましたね。
そして、その代表選に、いち早く出馬表明をされたのが、副総理である菅直人さんですね。
そして、岡田さんや前原さんも、この菅さんを支持されていますね。
ここで、菅さんを支持される岡田さんの条件が面白いですね。
「小沢氏の影響力排除」ですか・・。
果たして、岡田さんの条件が通るんでしょうかね・・。

さて、菅さんと言えば、かつては社会民主連合(社民連)所属の議員ですね。
この社民連は、社会党を離党した国会議員を中心とした社会市民連合と社会クラブが
合流して結成された政党ですね。

そして、その後、日本新党、新党さきがけへの合流に伴って社民連は解散されたんですね。
菅さんは、新党さきがけを経て、今の民主党に来られた方ですね。
新党さきがけは、保守政党でありながら、憲法九条を尊重する「尊憲」を掲げていたんですね。

菅さんの政党遍歴を見れば、その思想がだいたいわかりますね。
この人は、鳩山さんよりやばいかも知れませんね。
でも、今回代表になったとしても、その代表の任期は9月までですね。
参院選の敗北の責任を取らされて、それで終わりの人なんですかね・・。
(イラ菅さんもまた、さようなら?9月まで居眠り続けてくれたら・・被害はましかも・・)

さて、首相が退陣して、新たに首相を決めなければいけないという事態に落ち込んだ
日本ですが、そんな日本を、外国はどう見ているのでしょうかね。

米、日米同盟に影響なし 普天間合意尊重を強調 - 47NEWS(よんななニュース)
【ワシントン共同】バートン米大統領副報道官は2日、鳩山由紀夫首相の退陣表明について「日本の指導者交代によって日米同盟が変わることはない」と述べ、政権交代が同盟に影響することはないとの立場を強調した。大統領専用機内で記者団に語った。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が鳩山首相辞任の引き金となったが、バートン氏は「われわれの同盟は揺るがない」と言明。普天間移設については、新政権下でも日米共同声明の「合意は尊重される」と述べた。
 バートン氏は米政府が日本の政局を注視し、次期首相の決定を待つと語った。
 また米国務省のクローリー次官補(広報担当)は2日の定例記者会見で、普天間飛行場について「北東アジアが緊張状態にある今、米軍の存在は非常に重要だ」と指摘。今後、日本の次期首相と、さらに移設の技術的な問題などについて、詳細を協議していきたいとの意向を示した。


【首相辞任】中国 対中重視路線の継続期待 - MSN産経
【北京=矢板明夫】鳩山由紀夫首相の辞任が決まり、中国には、次期政権が対中重視路線を継続することへの強い期待感がある。
 中国外務省の馬朝旭報道局長は2日、「鳩山首相は中日関係の発展に重要な努力をされた。日本の政局にどのような変化があっても、中日の戦略互恵関係を継続し推進していきたい」とのコメントを発表した。
 2日付の中国の各夕刊紙や、各大手ポタールサイトは「鳩山首相辞任」のニュースを特集などの形で大きく伝えた。インターネットでは「日本の首相はまた代わるのか」といった書き込みが寄せられた。
 中国の日本研究者の間では、今後の日中関係を懸念する声もあがっている。日本政治の専門家で北京大学の王新生教授は、産経新聞に「誰が次の首相になっても、鳩山政権で大きく後退した日米関係の修復に全力をあげると予想され、日本外交はアジア重視から米国重視へ転換する可能性がある。中日関係に影響が出ることは避けられない」との見方を示した。
 中国と良好な関係にある小沢一郎民主党幹事長の辞任についても「今後の中日関係にプラスではない」とし、「日本の与党幹事長が140人もの国会議員を連れて訪中するような、中日蜜月時代はしばらくこないかもしれない」と語った。
 清華大学の劉江永教授は北京晩報で「鳩山首相は温家宝首相に対し、上海万博のイベントに参加することを約束した。私たちが目にしたくないのは、次の首相がこの約束を守らないことだ」とコメントした。


【首相辞任】韓国紙、「電撃辞任」 と一面で報道 小沢氏にも注目 - MSN産経
3日付の韓国各紙は、鳩山由紀夫首相の辞意表明を「電撃辞任」(朝鮮日報)などと一面で報じた。いずれも民主党の小沢一郎氏が幹事長を辞任することも大きく伝えている。
 東亜日報は「54年ぶりに自民党政権を終息させた鳩山政権は、8カ月で幕を閉じた」とし、鳩山首相と小沢幹事長の顔写真を並べて報道。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設と「政治とカネ」問題をめぐり、世論の支持を失い、鳩山首相のリーダーシップも発揮されなかったと伝えた。
 各紙とも、次期首相候補として菅直人副総理兼財務相や前原誠司国土交通相、岡田克也外相の名前を挙げ、中でも菅氏が有力と指摘している。
 韓国メディアは、民主党が昨年8月の総選挙で圧勝した際には大々的に報じるなど、日本の政権交代に高い関心を示していた。(共同)


バートン米大統領副報道官は2日、鳩山由紀夫首相の退陣表明について「日本の指導者交代によって日米同盟が変わることはない」と述べ、政権交代が同盟に影響することはないとの立場を強調した
普天間移設については、新政権下でも日米共同声明の「合意は尊重される」と述べた。

中国には、次期政権が対中重視路線を継続することへの強い期待感がある


鳩山首相が退陣を決める前に、アメリカとの間では、普天間移設の共同声明が出されました。
そして、鳩山首相の退陣表明を受けて、次の政権になっても「合意は尊重されるべき」
と、いち早く表明されていますね。
そして、日米同盟に影響することはないという立場も強調されています。

まあ、日本は、信用がないですからね。
鳩山政権になって、ほんとに、信用がた落ちですからね。
アメリカの懸念は分かりますよね。

でも、鳩山首相は退陣前に、日中韓首脳会談もされていましたね。
ほんとに、ついこの前の話ですね。
中国、韓国から見れば、あの首脳会談は何だったのかと言いたいでしょうね。

『いずれにしても、今後、さらに威嚇してくるんだろうけれども、ああいう一党独裁型の全体主義国家から見たらね、二大政党でも何でもいいが、日本のような、投票でコロコロと政変が起きる国というのは、政治力がものすごく弱く見えるんだよ。与し易いって言うかね、「日本は、簡単に、どうにでも料理できる」と見ていると思うね。
だから、直接的には、もうちょっと威嚇をしてくるだろうと思うけれども、もっと老獪にやろうとすれば、北朝鮮をちょっと助けてやったら、日本なんか、すぐに、あたふたするんじゃないか?そうだろ?北朝鮮の窮状を救ってやれば、それで、とたんに、日本なんか、また完全に人質状態になっちゃうな。
まあ、舵取りはとても難しいと思う。これは、やはり、強力なリーダーシップが必要だね。強力なリーダーシップを持った「信念の人」が、やはり、出てこなければいけないし、そのためには、間違いのない思想をベースにして、指導者を養成しなければいけないね。
根本の思想が間違っている場合は、もう、どうしようもないからね。今さら、「中国や北朝鮮や旧ソ連のような国に向かっていく」などというようなことは、あってはならないことだ。そして、そういうことを煽るようなマスコミがまだ生存しているんだったら、これは、許しがたい行為だ。
だから、「反対さえしていれば、飯が食える」などというのは、やはり、いいことではないよ。うん。やはり、生産性がないよな。とてもよくないね。』

  -2010年4月21日 岸信介の霊示
  --- 「日米安保クライシス」 第2章 この国の未来のために信念を貫け より

今日は、『今の日本には、強力なリーダーシップを持った「信念の人」が必要』
というテーマを選んでみました。
日本の総理大臣の在任期間は、ここ何年か、ほんとに短いですね。
安倍さん366日、福田さん365日、麻生さん368日。
そして、鳩山さんが260日ですね。
昨日、Twitterで、宮崎の東国原知事が、おもしろいことをつぶやかれていました。

higashitiji この国の首相制度は、単年度制度なのか?

ほんと、ちょっと笑ってしまいましたね。
東国原知事の疑問はもっともですね。
おまけに、鳩山首相が退陣表明をする前日に、宮崎を訪問し、
宮崎知事と会談をされているんですね。
宮崎知事にとっても、鳩山首相との話は、いったい何だったのかという感じでしょうね。
ほんとに、この国は、どうなっているのでしょうかね。
まあ、鳩山首相の辞任は、私も首を長くして待っていましたが・・。

岸信介さんは霊示のなかで、今の日本には、強力なリーダーシップを持った
「信念の人」が必要だと言われていますが、ほんとうに、その通りですね。
日本の指導者が、日本のトップがこうもコロコロ変わっていては、
諸外国からもどんどん信用を失ってしまいます。
そして、信用を失うだけでなく、国まで失うという結果になるかもしれません。

日本のような、投票でコロコロと政変が起きる国というのは、政治力がものすごく弱く見えるんだよ。与し易いって言うかね、「日本は、簡単に、どうにでも料理できる」と見ていると思う

強力なリーダーシップを持った「信念の人」が、やはり、出てこなければいけないし、そのためには、間違いのない思想をベースにして、指導者を養成しなければいけない


鳩山首相が退陣して、次の首相になった方が、間違いのない思想のもとに、
強いリーダーシップを発揮してくれれば言うことはありませんが、
民主党政権では、それは期待できません。

今回共に辞任された、民主党のトップと言われるお二人が、それを証明されています。
民主党政権下では、もう、誰が首相になっても、おそらく、
国益がどんどん損なわれる結果になるのではないでしょうか。

日本は、今、危機に立っています。
けれども、この先の10年、20年の間に、間違いのない思想を持つ、
強力なリーダーシップを持った「信念の人」が現れたら、この国の未来も変わってきます。

幸福実現党は、国難を打破するために立党されました。
そして、この幸福実現党の候補者の方がたは、信念を持って、日々活動を続けています。
選挙のためではなく、真剣に、この日本の未来を考えて、政策を訴えています。

強力なリーダーシップを持った人は、ただ待っているだけでは出現しないでしょう。
やはり、私たち日本国民一人ひとりが、その「信念の人」を見極め、支持し、そして、
押し上げていかなくてはならないのではないでしょうか。

幸福実現党の候補者は、恐れることなく、タブーに挑戦し続けています。
幸福実現党を支持してくださる方が増えることを願っています。
この日本のために、強力なリーダーシップを発揮できる、
「信念の人」を選んでまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
よろしければ、応援クリックお願いします。
    ↓          
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示