この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

マルクスの亡霊に惑わされるな

小沢一郎はヒトラー化する恐れがある
『民主党は、マルクスの思想を愛しているだけでなく、ヒトラー的な全体主義的傾向も併せ持っています。特に小沢一郎幹事長は、党への陳情を幹事長室(要するに自分)のところに一本化したり、議員立法を禁じたりと、およそ民主主義ではない政治手法を好んでいます。これは大変危険なことです。過半数の議席を持つ第一党の議員が自由に立法できないということは、民主党執行部が行政権と立法権を掌握するということです。
これは「全権委任法」をつくって立法権を握ったナチス政権が、好き勝手に法律をつくって独裁国家へと向かった話によく似ています。
こういう独裁体制は、ヒトラー、スターリンのように悪魔に魅入られる体制でもあります。
マルクス主義と全体主義とでは左翼と右翼で正反対のようですが、全体主義は国家社会主義のことであり、もともと同根です。
民主党は、宗教法人課税を進めようとして画策していますが、宗教に対して否定的である点もマルクス的であると同時に、宗教弾圧を進めたスターリンにも通じます。
宗教は聖なるものであり、課税という世俗の穢れが入り込むこと自体が宗教弾圧になる可能性があります。
私たち幸福実現党は、こうした民主党政権の持つ危険性について、いち早く声を上げています。ナチスのユダヤ人迫害に真っ先に反対したのもキリスト教会でしたが、宗教政党とは、このように人権を侵害する政治勢力に対して断固ノーと言う使命を持っているのです。宗教の否定は、人権の侵害につながり、結局、全体主義を生み出す原因となるからです。』
  - 幸福実現党 木村智重党首著書
     -「幸福維新を起こさん ! 」 第4章 幸福維新を起こさん ! より

ご訪問ありがとうございます。
さて、次々と書籍が発刊されていますが、私自身、読むのが追いつかない状況です。
今日、やっとリバティ5月号を読みました。
表紙をめくった途端、その目に飛び込んできたのは、
"Another Crossing"(アナザー・クロッシング)~生かされて~でした。

1959年から、朝鮮総連が推進した北朝鮮への帰国事業により、
祖国北朝鮮に戻った少女(高政美さん)の過酷な44年の現実を綴ったものでした。
読み終えて私は、改めて、北朝鮮に対する怒りが込み上げてきました。
帰国事業を進めておきながら、帰国した人たちに対する酷い扱い。
やっぱり、独裁国家は許せませんね。
高政美さんは、今、朝鮮総連を相手取り、損害賠償請求を起こされています。
勇気ある行動ですね。
高政美さんのこれからの人生に幸あれと祈ります。

newest.jpg

さて、今日もまたニュースを拾ってみました。
なんか自民党の与謝野氏が、離党届を出されたみたいですね。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」 - MSN産経
新党を結成する意向を固めている自民党の与謝野馨元財務相は3日昼、谷垣禎一総裁と党本部で会談し、離党届を提出した。谷垣氏は「残念だ」と述べたが、慰留しなかった。園田博之前幹事長代理も与謝野氏と行動をともにし、来週、離党する。自民党執行部にとって、夏の参院選を前に大きな痛手になりそうだ。
 会談は谷垣氏が要請し、約20分間行われた。谷垣氏は「(新党結成の動きなどが)報道でいろいろといわれているが、どうなのか」と真意を確認した。与謝野氏は「私と園田氏は離党します」と即答。4月7日付の離党届を提出した。谷垣氏は「私と与謝野氏は考え方が違わないのに残念だ」と述べるにとどめた。
 (一部転載)

与謝野氏だけでなく、園田氏もですか。
自民党は大丈夫なのでしょうか。
というより、こんなに離党して、そして新党をつくって分裂してしまったら、
「自民党憎し」の小沢氏の思う壺じゃないんでしょうか?

与謝野新党 政界の流動化が加速か 背後に小沢氏の影? - MSN産経
自民党の与謝野馨元財務相がついに新党の立ち上げを決意した。すでに鳩山邦夫元総務相ら6人が次々と党を離れ、舛添要一前厚生労働相ら不満分子を抱えたままの自民党。今回の新党構想には、与党・民主党の小沢一郎幹事長の影もちらつく。与謝野氏の今回の行動は、野党・自民党の致命傷となるのか。約3カ月後に迫った参院選をにらみ、政界の流動化も予感させる。(船津寛)
 自民党の谷垣禎一総裁は与謝野氏が求めた執行部一新を拒否した。これが“決起”の大義名分を与えたのは間違いない。
 党内には「参院選を今の体制で戦えるのか」という不安が渦巻いているが、「民主党の支持率が急落する中、党内のゴタゴタは敵を利するだけ」(ベテラン)との意識も作用し、党内のマグマはかろうじて抑えられている。
 与謝野氏がこの時期に行動を起こすのも、自らの離党・新党立ち上げが及ぼす参院選への影響を最小限に食い止め、民主党に党勢回復のスキを与えないため-との見方がある。
ただ、真の狙いは別にあるとの指摘もある。
 3月28日に投開票された神奈川県逗子市議選の結果が与野党の国会議員に衝撃を与えた。トップ当選したのはみんなの党公認候補。その得票が1人で2371票だったのに対し、自民党公認の2候補の得票総数は2586票。民主党公認候補も2人で2604票。みんなの党の躍進ぶりを如実に示していたからだ。
 昨夏の政権交代により民主、自民両党による本格的な二大政党時代が訪れたかにみえた。だが、新政権はことあるごとに迷走。下野した自民党も国民の信頼回復にはほど遠い状況だ。そうした状況下で無党派層を中心に「第三極」を求める声が高まりつつある。みんなの党はその唯一の受け皿となりつつある。
 与謝野新党が結成されれば、こうした「第三極」の一翼を担うことになるが、みんなの党の支持層は民主党支持層と重なるのに対し、与謝野新党は保守色の強い自民党支持層が基盤になる公算が大きい。そうであるならば、与謝野新党で支持を失うのは自民党であり、民主党の支持率にはさほど影響しない。さらにみんなの党も打撃を受ける。
 そこで、指摘されるのが与謝野氏の「囲碁仲間」である小沢氏の存在だ。
 参院選の改選2人区での2人擁立方針をとる小沢氏だが、最も警戒しているのが2人区でのみんなの党の動向だ。状況次第では、民主候補は共倒れの危険性が高まる。与謝野新党で得するのは実は民主党なのかもしれない。
 参院選を前に交錯する与野党の思惑。これにもし首相候補としてナンバーワンの人気を誇る舛添氏が動きに加われば、政界は一気に緊迫する。その舛添氏は2日、鹿児島市内で参院選の自民党公認候補の会合に出席し、こう宣言した。
 「参院選で民主党が過半数をとれば、自民党、日本の保守が終わる。ありとあらゆる手段を使って過半数を渡さないようにする」


う~ん。産経さんも疑われていますね。
政界の流動化加速の背後に小沢氏の影ですか?
与謝野氏と小沢氏は「囲碁仲間」だそうですね。
対立する政党にいても、裏では繋がっているんですかね・・。

今日はまた、木村党首の書籍のなかから、「マルクスの亡霊に惑わされるな・
小沢一郎はヒトラー化する恐れがある」というテーマを選んでみました。
タイトルを「小沢一郎はヒトラー化する恐れがある」にしようかどうか悩みましたが、
あまりに過激なので副題にしました。
まあ、あちこちで独裁者と言われているので、いまさらと言う気もするのですが、
ちょっと控えめにしてみました。

小沢氏の政治手法は、ここでくどくど書かなくても、もうみなさんご存知だと思います。
そして、もう、その怖さも十分認識されていると思います。
私は以前から、ずっと小沢氏のことを書き続けてきましたが、小沢氏の「年貢の納め時」は
まだなのかと、首を長くして待ち続けております。
小沢氏が日本の政界に君臨していたら、この日本は本当に独裁国家になってしまいますね。

あっ、ちょっと、その小沢氏の怖さを語られている動画を入手してまいりました。
ぶし父さんのブログから、パクッ、いえ拝借してまいりました。
(ぶし父さん、ありがとうございます )

4月2日アンカー - 幸福の科学と幸福実現党を愛する中年男性、時々昔話



恐ろしい小沢王国。お金がすべて。
5月末に鳩山首相退陣→菅首相で参議院選挙 負けて退陣
新しい首相 年末予算が組めずまた退陣。
でも小沢だけが生き残るシナリオ。


うっうっ・・。
怖いですね。最後まで生き残るつもりですか?
他を蹴落としてでも生き残る。
これは悪の王道ですね。(こんな王道はいらない~)
なんとしても、このマルクスの亡霊は、滅ぼさねばなりませんね。
と思っていたら、その小沢氏に、元秘書の高橋氏が宣戦布告をされていましたね。

元秘書が小沢に宣戦布告!「先生の役割は終わりました」 - 政治・社会 - ZAKZAK
民主党の小沢一郎幹事長の元筆頭秘書で、たもとを分かった高橋嘉信元衆院議員(56)が、夕刊フジのインタビューに応じた。沈黙を破ってマスコミの取材や東京地検特捜部の事情聴取に応じた理由ついて、「政権交代から半年、小沢先生の主導で、日本は間違った方向に進んでいます。今やその存在は改革のブレーキ。先生の歴史的役割は終わった。次の世代のためにも、私は真実を白日の下にさらして闘います」と決意を語った。
 小沢氏に20年間も秘書として仕え、「小沢の影に高橋あり」とまで言われた高橋氏。
迫力満点のやり手秘書として知られ、その敏腕ぶりは政治漫画「票田のトラクター」の主人公、筒井五輪のモデルにもなった。しかし、小沢氏と決別。昨年8月の総選挙では、小沢氏の選挙区である岩手4区から、敵対する自民党候補として立候補し、敗れた。
今回、激白した理由について、まず小沢氏主導の「民主党幹事長室への陳情一本化」と
「議員立法の原則禁止」を挙げた。
 「陳情の一本化は、選挙で民主党に有利になるように税金を分配するもので、まったく公平ではない。議員立法の禁止は、国会議員らの自由な議論を封じている。小沢先生は、旧ソ連共産党のような民主集中制を敷き、自分の足で立たず、逆らわない賛成要員の議員だけで党を構成しようとしている。これは日本のために良くありません」
 そのうえで、秘書ら3人だけが逮捕・起訴され、小沢氏は嫌疑不十分の不起訴処分となった、資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件についてこう語った。
 「私の秘書時代、先生は毎朝、東京・深沢の自宅で秘書たちの報告を受け、その場で細かく指示を出していました。秘書が勝手に物事を進めることはあり得ず、背信行為をしたり、ウソをつけば一発でクビ。先生はよく、『大将からの金は10円でも押し頂け(=うやうやしく受け取れ)』と語っていた。秘書だけで約20億円もの虚偽記載など考えられません」
 陸山会が、多数の不動産を所有していることについては、「趣味でしょう。ただ、あそこまでとは思いませんでした」といい、こう続けた。
 「資金管理団体には、公的資金(=税金)も党の金も入って、グジャグジャになっている。『税金で不動産を買った』といわれても仕方ないのではないでしょうか」
 小沢氏の掲げる政策にも異議があるという。
 「先生が党首だった自由党は外国人参政権に反対でした。それが、先生はいまや強力な推進派になっている。民主党と自由党の合併時、『政策はすべて(民主党に)任せる』と言ったのにも唖然としました。以前、小池百合子元防衛相が、先生から聞いた言葉として『公約(=膏薬)は張り替えるほど効く』と紹介していましたが、先生は選挙目当てでしか物事を考えていません」
 ただ、小沢氏にも歴史的役割があったとも。
 「国民に『自民党のままではダメだ』と気づかせてくれた。自民党はこれから脱皮して、若手中心で立ち上がらなくてはならない。一方、民主党は国家観や安全保障政策などを統一しないまま、自由な言論が封じられている。こうした現状は、国民にとって不幸でしかありません」
 高橋氏は3月25日付の毎日新聞で、小沢氏が岩手県発注の鷹生(たこう)ダム(大船渡市)工事で、「天の声」を出していたことを証言した。これまで拒否していた特捜部の事情聴取も受け、同様の供述をしたもよう。これらは、検察審査会が小沢氏の不起訴不当を審査していることにも影響しそうだ。
 最後に高橋氏は言う。
 「もはや、小沢先生の存在は改革のブレーキです。自分のやってきたことを胸に手を当てて考えてほしい。私は真実を白日の下にさらして闘うしかありません。材料は山ほどある。拒否していた特捜部の呼びかけに応じたのも『このままでは国家がダメになる』と確信したから。
自分の半生を否定することになりますが、私の生きざまを示したいのです」


小沢氏に20年間も秘書として仕え、「小沢の影に高橋あり」とまで言われた高橋氏
ほ~、高橋氏は20年も小沢氏の秘書をされていたんですか。
そりゃ裏の裏まで知り尽くされているでしょうね。
けれども、今まで沈黙を守っておられたんですね。
それがこの度、沈黙を破って、マスコミや地検特捜部の事情聴取に応じられたんですか。
「政権交代から半年、小沢先生の主導で、日本は間違った方向に進んでいます。今やその存在は改革のブレーキ。先生の歴史的役割は終わった。次の世代のためにも、私は真実を白日の下にさらして闘います」
すごい決断ですね。

小沢氏の秘書3人が逮捕、起訴されましたが、誰も真実を述べないから、
小沢氏は今も政界に居座っておられますね。
国民の多くは、小沢氏に責任があると思っているのに、秘書だけに罪を被せて、
自分は責任逃れをしていますね。
でも、この高橋氏が出てこられたら、きっと小沢氏は起訴されるでしょうね。
私はそう信じています。
そうでないと、この日本から「正義」がなくなってしまいます。
「先生の役目は終わりました」
ほんとに、早く引導を渡して欲しいものですね。

小沢氏のことを書いていると、ほんとにこの日本の未来は悲惨に思えてきます。
民主党はこりごり。
自民党も分裂を始めているので頼れない。
どうすりゃいいのよ・・。
と思われている国民の方が多いのではないでしょうか。
そこで、幸福実現党の出番ですね。
みんなの党が第三極ではないですよ~。

今、日本に必要なのは、真の保守政党です-自民もダメ、民主もダメの先は・・・
-しんいちが行く!

産経ニュースで、夏の参院選の投票先で「みんなの党」がついに10%の2ケタに乗せたと記事になっていました。最近、戸別訪問をさせていただく中でも、みんなの党に関する質問を受ける機会が増えています。「民主もだめ。自民もだめ。それなら、みんなの党に賭けてみようか」という心理なのでしょう。
渡辺善美代表も、19日の記者会見で、「民主党への期待はずれ感と自民党の『学級崩壊』が続いて、みんなの党への期待が高まっている。良い候補者をできるだけたくさん擁立したい」
と、夏の参院選に向け、公認候補を積極的に擁立する考えを明らかにし、ここ福島選挙区でも、候補を擁立することが決まったようです。
民主党のめちゃくちゃさが露呈し、やはり民主党ではだめだ!
と気付いたものの、自民党も、ガタガタで、とても、政権を託そうとは思えない。
そこで、今度は「みんなの党」に淡い期待(?)を寄せているかのような声に、憂国の想いを強く致します。と言いますのも、この『みんなの党』が、どのような政策を掲げているのか、
ほとんど誰も知らないからです。政策の中身を知らずに、投票すると、日本を社会主義国家・共産主義国家や、全体主義国家にしてしまうことだってあり得るというのが、前回の衆議院選での教訓ではなかったのでしょうか。耳障りのいい選挙対策用のPR政策のみではなく、どんな政策を推し進め、どんな国家にしたいと考えているのかを、よくよく検討しないと、とんでもないことになってしまいます。
あの、ナチスドイツも、民衆の圧倒的支持のもと、民主的な手続きによってできた政権が、ふたを開けたら、あれよあれよと言う間に、あのような、独裁国家になっていったのです。
さて、『みんなの党』の中身ですが、私の知るところ、かつて左翼団体や社民党と深い縁を持ち、左翼系の活動をしていた方がたくさん入っていて、目指す国家の方向性についての考え方も、党内でバラバラのようです。
今の民主党内にも、愛国心あふれる政治家の方もいらっしゃいますし、「こんな風に、党利党略の為に、国民を犠牲にしていいのか!」と、良心の呵責と闘っている政治家も、いらっしゃることでしょう。
日本解体を目指す社民党と組んでしまった為に、共産主義の亡霊に踊らされている様は、お気の毒ではありますが、もともと、内部に、共鳴する政治家が多数潜んでいますので、社民党のせいばかりにはできません。身から出たサビでしょう。
民主党同様、みんなの党にも、状況次第で、どっちの方向へ向かうのかわからない危うさがあります。
というよりは、マニフェストを読むと、むしろ、状況次第でどちらにも、転べるよう、意図的に、
玉虫色に盛り込んだかのような印象すら受けます。
(おそらくは、このような矛盾した考え方を持つ、内部議員に配慮した結果なのでしょうけど)
自民党を離党した清水清一朗氏(前衆院議員)が、「みんなの党」からの立候補の誘いに対して、「 目指す政策が違う 」と断り、政界引退を表明しましたが、なるほど、うなずけます。
今、日本に必要なのは、真の保守政党です。
安倍政権が倒れ、保守本流の政治家が、封じ込められ、自民党が迷走していく中で、幸福実現党は、もはや、自民党は、保守政党ではなくなってしまったと察して、真の保守政党を標榜し、当時、タブー視されていた、国防を、正々堂々と、正面に掲げ、立党いたしました。
本日のテレビ番組のひとこまで、小池百合子氏が、「小沢氏は『防衛戦略が違うものは、党とは言わない』と言って、新進党を自ら壊した」と、語っていました。
至言だと、思います。
今の小沢幹事長に、捧げたい名句です。


『みんなの党』の中身ですが、私の知るところ、かつて左翼団体や社民党と深い縁を持ち、
左翼系の活動をしていた方がたくさん入っていて、目指す国家の方向性についての考え方も、党内でバラバラのようです。

う~ん。
みんなの党も民主党と同じなんですか。
まあ、もともと民主党も、自民党や他党から離党して来られた方が集まった烏合の衆ですね。
民主党も、政権取る前からちょっとやばいなと思っていましたが、ここまでとは思わなかったですよね。いろいろな思想の人が集まると、やっぱ怖いですね。
政策がバラバラになって、なかなか統一しないですからね。
政党を選ぶ時は、その政党の持つ思想、考え方はしっかり見ないといけませんね。
そういう意味では、幸福実現党は分かりやすいですね。

幸福実現党の主要政策
主要政策(2010年1月)
1 新・富国政策(幸福実現党の経済成長戦略)
~力強い景気回復、新しい基幹産業、新しい雇用、
 新しい価値創造を支援します!
・「規制緩和」で企業のチャンスを増やし、「金融緩和」で資金繰りを支援します!
・相続税・贈与税・証券税制の廃止など大胆な減税政策により、
 自由に使えるお金の額を増やして個人消費を刺激し内需拡大を実現します。
・「未来につながる公共投資」と「未来(基幹)産業への投資」を増やして雇用を守り、
 新しい仕事を創ります!
・次の時代を担う、ロボット、新エネルギー、航空・宇宙産業に積極投資し、
 未来産業を育成します!
2 新・強兵政策(幸福実現党の安全保障戦略) ~防衛権を明確にし、国民の生命・安全・財産を守ります!
・集団的自衛権の行使を禁じた政府解釈を見直し、日米同盟を強化します!
・中国の軍備拡張や日本に向けられている核ミサイルに対して、
 毅然たる防衛体制を築きます!
・北朝鮮の開発する核ミサイルに対して、抑止力を築きます!
・外国からの侵略によって「国民の生命・安全・財産が侵略されることは断固許さない」
 という気概を持ち、憲法9条を改正し、国の防衛権を定めます!
3 新・学問のすすめ政策(幸福実現党の高度教育戦略)
~付加価値の高い公教育で子供たちの未来を守ります!
・教員の福利に税金をつかうのではなく、教員の指導力アップに税金をつかいます!
・「ゆとり教育」、「自虐史観」を撤廃し、誇りと自信をもって
 世界で活躍できる人材を育成します!
・いじめを隠したり、見て見ぬふりをする学校関係者を厳しく対処する
「いじめ防止法」を制定し、子供たちを守ります!
・公立学校の民営化も視野に入れ、子供の「学校を選ぶ自由」を広げ、
 様々な分野から優秀な人材(教員)を採用できる制度を整えます!


今、日本は、亡国の危機に直面しています。
マルクスの亡霊に操られた小沢一郎という独裁者に権力を握られ、
共産主義、全体主義にまっしぐらに進んでいます。
夏の参院選で、もし、また民主党が勝利したら・・・。
考えるだけでも恐ろしいです。
民主党が政権を取って、わずか半年で、この国の政治は無茶苦茶になってしまいました。
これ以上、日本を潰されてはたまりません。

今、日本の政党のなかで、真の保守と言えるのは、幸福実現党しかありません。
幸福実現党を支持し、共にマルクスの亡霊と戦ってくださる方が増えることを願っています。
民主主義・自由主義を断固として守ってまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
一人でも多くの方に日本の危機をお伝えしたいと思っています。
ぜひ、クリックお願いいたします。   
    ↓          
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
関連記事
コメント
No title
らぶ師匠、中身が濃い記事を有り難うございます。
政治の世界って、ほんと分らないですね~。
2010/04/04(日) 10:15 | URL | ミント #-[ 編集]
Re: こんにちは~。
ミントさん、いらっしゃいませ~。

ほんとに、今の日本の政治は、摩訶不思議な世界です。
日本の、日本国民のための政治をして欲しいものですね・・。

ありがとうございました~。v-435
2010/04/04(日) 13:07 | URL | はっぴーらぶ #n/0B42F.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示