この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

憲法九条の思想は占領軍の植民地思想

『日本は今のままだと非常に危ないのです。
日本国憲法の第九条は、遅くとも2020年ぐらいまでには改正すべきだと思います。
今のままでは嘘が多すぎます。「憲法改正がなかなかできないので、法をつくってごまかす」というスタイルが、あまりにも多すぎるのです。憲法九条があるため軍隊は持てないが、自衛隊は軍隊ではないからよいのだ」と言い、自衛隊法をつくって自衛隊を設けていますが、今、自衛隊を軍隊だと思っていない人は世界中に誰もいません。
自衛隊は軍隊です。憲法上は、あってはいけないものがあるのです。
なぜなら、必要だからです。必要なら、本当は憲法を変えるべきです。
また、「そもそも、憲法九条自体が憲法違反なのではないか」という疑いさえあるのです。
憲法九条の思想は、条文を読むかぎりでは、基本的に植民地思想です。
それは、「軍事的侵略をして相手の国を占領したとき、その国の軍隊を完全になくしてしまえば占領統治には非常に有利なので、一切、軍隊を認めない」という思想に見えます。
それを、憲法の前文では、哲学的に、思想的に、いろいろと美化して説明しているわけですが、それも一種の占領思想、植民地思想であり、憲法九条そのものも、やはり植民地思想だと私は思います。
「自分の国を守る」ということを憲法で明文化できないのは、主権国家として哀しいことです。したがって、国家の主権を放棄する条文、存在そのものが違憲の疑いのある憲法九条は、やはり変えるべきです。
憲法は、前文で、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」ということを宣言していますが、前述したとおり、必ずしも平和を愛しているとは言えない国々に囲まれている現実から見て、やはり嘘は多いと思います。日本国憲法には第九条以外にも変えるべきところが多々あって、私も過去に幾つか提言はしていますが、そろそろ、きっちりすべきではないかと思うのです。』

     -----「国家の気概」 第3章 気概について-国家入門 より

ご訪問ありがとうございます。
さて、トキオさんのブログに、「外国人参政権に反対する国民大会が開催される」という掲載が
ありましたので、こちらでもご案内させていただきます。
「外国人参政権付与法案、絶対に反対 ! 」と思われている方、ぜひご参加くださいませ。

1万人集会参加します!-未来を我らに 幸福実現党応援宣言
外国人地方参政権にNOを!  武道館に1万人を結集しよう
外国人参政権に反対する国民大会
と き 4月17日(土)午後2時から午後3時半(開場12時半予定)
ところ 日本武道館 〒102-8321 東京都千代田区北の丸公園2-3

(続きはトキオさんのブログでどうぞ)

さて、そして、今日はまた新刊のご案内をさせていただきます。
今度は吉田松陰さんですね。厳しい方です。
25.6年前にも、龍馬さんや、勝海舟さんの霊示とともに、松蔭さんの霊示も収録されていましたが、ほんとに厳しい方です。でも、やはり愛多き方ですね。
龍馬さんと、勝海舟さんはおおらかな愛を持たれた方たちですが、松蔭さんは、厳しさの愛を
持たれた方だと思います。
心して読ませていただきたいと思います。

img2010032012004697149400.jpg

続々と発刊される霊言の書籍。
このあと、西郷隆盛さん、勝海舟さんの霊言書籍も発刊予定のようです。
みなさま、ぜひご購読くださいませ。

はい、お知らせはこれぐらいにして、今日もまた、ニュースに目を向けてみました。
ふふっ、わが大阪の橋下知事、あっぱれな男ですね~(ちょっと過激発言多いけど・・ )

人気ブログランキングへ
橋下知事「北朝鮮から批判されて光栄だ」 授業料無償化めぐり - MSN産経
高校授業料無償化の対象から朝鮮学校を除外するかどうかをめぐり、北朝鮮の国営通信社「朝鮮中央通信」に「思考方式と言動が正常でない」などと非難された大阪府の橋下徹知事は24日、「一介の自治体の長が、北朝鮮の批判の対象になり光栄だ。僕は不法国家とはつきあわない」と応酬した。橋下知事はこの日、報道陣に対し「拉致被害者を返してくれたら話に応じる。朝鮮学校の子供を泣かせたくないのなら、本国はしっかりしてくれ。泣かせないために何ができるか、考えてほしい」と述べた。
 朝鮮中央通信は、橋下知事が北朝鮮の国家体制をナチスになぞらえ「不法国家」と批判したことに反発、知事を「卑劣な人間」などと指摘する論評を掲載している。
 橋下知事は、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と朝鮮学校との金銭関係を絶つことを求め、朝鮮学校に対する授業料無償化の予算を執行留保。「教室に飾っている金正日総書記の肖像を外す」などの条件を提示している。


「北朝鮮から批判されて光栄だ」
あっぱれ橋下知事 ! 
ここまで言える人は、今の日本の政治家のなかにはいないでしょうね。
「不法国家」を「不法国家」と言って何が悪い !
っていう感じですかね。
でも、お子さんがたくさんいらっしゃるんだから、くれぐれも身辺には気をつけてくださいね。
ちょっと心配しちゃいます。

北朝鮮も独裁国家。
そして、その北朝鮮の朝鮮総連を支持団体に持つ民主党も独裁政党。
怖いですね。独裁政党。
言論封じもそろそろ始まっていますからね。
あっ、私も気をつけなければいけませんかね。
けっこう過激なテーマばかり選んでいますからね。
と、それは冗談ですが、その不法国家の独裁者が秘密資金を貯め込んでいるみたいですね。
これまた、桜 咲久也さんのブログからパクッ・・いえ、頂戴してまいりました。

世界のメディアが金正日秘密資金を報道!-理想国家日本の条件 自立国家日本
金総書記、欧州に逃亡資金 - MSN産経
15日付の英紙デーリー・テレグラフは、北朝鮮の金正日総書記が国外逃避を強いられた際の緊急資金として核・ミサイル技術の売却益などをためた計40億ドル(約3600億円)を欧州の銀行に保有していると報じた。
 同紙によると、体制崩壊などで国外に逃れた場合でも、これまでのぜいたくな生活を続けるための資金とみられる。韓国情報当局は同紙に対し、秘密資金の大半はスイスの複数の銀行に預金されていたが、スイス当局がマネーロンダリング(資金洗浄)の規制強化に乗り出した後に現金で引き出され、ルクセンブルクの複数の銀行に移されたと指摘した。
 ルクセンブルク政府当局者は、同紙に北朝鮮絡みの資金移動について捜査する意向を表明した。(共同)


核・ミサイル技術の売却益などをためた計40億ドル(約3600億円)
う~ん。
どこの独裁者も、おカネが好きですね。
国民が飢えていても、自分は贅沢三昧。
そして、逃亡後の贅沢のために、国外の銀行に貯めこんでいるんですね。
ほんとに、許せませんね。
この北朝鮮の指導者を見ていれば、社会主義、共産主義がいかに愚かであるかがわかりますね。力のないものは貧乏の平等を強いられ、力のあるものだけが、その権力により、国のお金を使いたい放題。国民はほんとに犠牲者ですね・・。

さて、よその国のことを言っていますが、この日本もうかうかしていられないんですよね。
今、この日本が、北朝鮮と同じ道を歩むかもしれないという危機を向かえているんですね。
そして、なぜか鳩山政権内で、大きな顔をされている福島さんが、ほんとに理解に苦しむ発言をされていましたね。

抑止力は米の「核の傘」ではなく「憲法9条」 福島氏が持論展開 - MSN産経
社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が23日の参院予算委員会で、日本の安全保障について、「最大の抑止力は憲法9条だ」と述べ、米国の核抑止力の有益性を認めない場面があった。
 福島氏は「戦争をしないと定めた憲法9条があって、先輩の政治家は戦争をしなかった。それこそが日本に対して(核を)撃ち込ませてこなかった」と独自の主張を展開した。佐藤正久氏(自民)が「米の核抑止力は日本に必要だ」と答えた鳩山由紀夫首相との違いを追及すると、福島氏は国会審議にもかかわらず、「閣僚としての発言は差し控える」と答弁を拒否。これには野党側が反発し、審議が一時中断した。
 福島氏は結局、「社民党の見解とは違うし、党の見解は変えないが、閣僚の一員としては従う」と説明。社民党党首と閣僚の2つの立場から、苦しい答弁に追い込まれていた。


「最大の核抑止力は憲法9条」予算委で福島氏 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
米国の核抑止力を巡り、23日の参院予算委員会集中審議で、鳩山首相が「日本に必要だ」とし、社民党党首の福島消費者相が「日本の最大の抑止力は憲法9条だ。(9条が核を)日本に撃ち込ませてこなかった」と主張して、見解の相違が表面化した。
 自民党の佐藤正久氏の質問に答えた。
 福島氏は「核の傘に守られていると言うより、核廃絶に向けて頑張るべきだ」とも強調、佐藤氏が「今の発言は党首としてか、閣僚としてか」と問うと、「閣僚としての発言は差し控える」と答弁し、委員会は一時中断。再開後、福島氏は「米国の核抑止力について、社民党の見解と(内閣の見解は)違うが、閣僚として従う」と語った。


戦争をしないと定めた憲法9条があって、先輩の政治家は戦争をしなかった。
それこそが日本に対して(核を)撃ち込ませてこなかった

・・・・。
本気でそう思われているのでしょうかね。
さんまの元奥さんだったら、きっとこう言われるでしょうね。
「ばっかじゃないの?」←私が言ったのではありません。

日本が戦争をしないと定めても、他国が戦争を仕掛けてくるということは、
想定されないのでしょうか?
今まで、何故他国が戦争を仕掛けてこなかったか。
そりゃ、アメリカの軍隊が、アメリカの核の抑止力があったからですね。
普通で考えてもわかることです。
日本の憲法を、他国が守ってくれると、本気で思われているのでしょうかね・・。
私は、鳩山内閣のなかで、この福島さんがいちばん、よくわかりません。
この人こそ、ほんとうの宇宙人じゃないんでしょうかね・・。

ちょっと話しが外れるかもしれませんが、私は先日Twitterで、
「日本国籍を持つ日本人の反日は許せない」
というつぶやきをしましたら、下記のような返信がありました。

反日とは反大日本帝国の意味であり、反大日本帝国は世界の常識、日本国民や皇室の常識です。反日とは大日本帝国を否定する前提で生まれ変わった日本に抗う意味ではありません。その反日(反大日本帝国)の何が悪いと言うのか?

反日とは反大日本帝国という意味だと言われたんですね。
ふ~ん。世界の常識なのか・・と思いましたね。
でも、誰がその意味を定義したのでしょうかね。
というより、大日本帝国?
いつまで過去にばかりこだわり続けるのでしょうか。
国外の方がそう言われるのであれば、それはまだ少し理解できます。
でも、日本人が、いつまでも過去にとらわれていたら、いつまでたっても前に進めません。

戦争は、確かにいけないことです。
だから、日本は戦後裁判にかけられ、そして、戦後賠償もしてきました。
戦後、もう65年近く経つのに、過去にとらわれたままでは、日本の未来は考えられません。
そう思われませんか?
まあ、私は議論が苦手なので、それに対しての返信はあえてしませんでしたが・・。
たぶん、平行線だと思いますから・・。

と・・話しがそれました・・と思いましたが、実はそれていないんですね。
私が言いたいことは、過去を見るのではなく、今現在を、そして、未来のことを考えねば
ならないのではないかということを言いたかったのです。
そして、今の日本は、米国との同盟関係に亀裂を入れた上に、中国に擦り寄っています。
幸福実現党のやない筆勝総務会長も、その中国関連記事を掲載されていましたので、
また拝借してきました。中国の軍拡の怖さも併せてご覧くださいませ。

3/23日本は空前の速さで中国に近付いている―米誌-やない筆勝 総務会長 幸福実現党
やない筆勝の Hot Information
レコードチャイナ3/22 より転載)
2010年3月17日、米誌
The Philadelphia Trumpet magazine」 (電子版)は
「日本は猛スピードで中国に近づいている」と題した記事を掲載した。以下はその概略。


国債の大量発行、経済の衰退およびトヨタのリコール問題により四面楚歌に陥った日本はかなり衰弱している。先週の英紙フィナンシャル・タイムズでコラムニストのギデオン・ラックマン氏が指摘した通り、自らの衰弱を感じ取っている日本が取る行動は全世界に影響を与えるが、日本は今、中国と「特殊な関係」を築こうとしているのは明らかで、鳩山由紀夫首相が就任当初に掲げた政策は「かなり練り上げられた」印象を持った。
トヨタのリコール問題でも米中に対する態度は違った。7万5000台をリコールした中国で記者会見を開いた豊田章男社長が2度もお辞儀をしたのに対し、600万台をリコールした米国でのそれは中国より少なかった。トヨタが今後、米国より中国市場を重視していくのは明らかだ。
ワシントンに対する日本の冷淡な態度は沖縄の基地問題をめぐる論争からも分かるように、更なる広がりを見せている。鳩山首相はなるべく東京とワシントンを「平等な」関係に持ち込もうとしており、同時に、中国や他のアジア諸国と手を組んで「東アジア共同体」を築き上げようとしている。
日本は米国との安全同盟から離れ、近隣の「東方の王」と堅固な関係を築こうとしている。日本の重心が移るのは珍しいことではないが、今回は未曾有の速さだ。第2次大戦以降、東京はずっと西側を手本として来た。だが、深く染みついた東方国家イデオロギーが日本を根源に引き戻した。日本の西側離れは今後も続き、日中関係を更に強化していくだろう。
 
(転載おわり)


3/24 幸福実現TV「中国軍拡の現実」-やない筆勝 総務会長 幸福実現党

中国の軍事費は、この20年間で約20倍に増加しており、もはや中国はアジア最大の軍事国家になっています。
今、私たち日本人が何よりも危惧すべきことは、シーレーン(海上交通路)を中国に押さえられてしまった場合、これは日本の経済活動にとって死活問題になるという点です。
日本にとって非常に大切な国の一つが、台湾です。日本の資源、エネルギー、食糧の90%は、台湾とフィリピンの間の「バシー海峡」というシーレーンを通して世界とつながっています。現在、台湾は独立した国として存在していますが、この台湾が万が一、中国共産党が言うような形で統一されたとすると、台湾は中国の領土となり、バシー海峡のシーレーンが中国に押さえられることになります。中国に海上封鎖をされてしまうと、それだけで日本は中国の言いなりになってしまう可能性があります。
台湾は、中国の経済援助なしには生きていけないという状況まで、上手に中国にからめとられてしまっています。
中国問題は、ある意味、日本の国内問題でもあります。日本という国が気概ある態度を示し、正義とは何か、あるべき国家とは何かということを、中国に対してしっかりと発信できるような「気概ある国家」に、まず日本自身が変わることが、もっとも大切なのです。
現時点でまず何よりも大切なのは、日米同盟の強化です。北朝鮮や中国が今、日本に対して具体的な軍事侵攻をしていない理由は、日本とアメリカが軍事同盟を結んでいて、特に沖縄に世界最強の米軍が駐留しているためです。この戦略的位置づけを、まずしっかりと日本人が理解し、日米同盟を強固なものにしていくことが必要です。
そしてさらに幸福実現党としては、中国や北朝鮮などの隣国の核ミサイルの脅威に対して、場合によっては日本も抑止力としての核兵器を所持してもよいのではないかという議論を、これから起こしていきたいと考えています。いよいよそのような時期に来たのではないかということです。


米紙で掲載された「 日本は猛スピードで中国に近づいている」という記事を、レコードチャイナが取り上げていたみたいですね。
日本は米国との安全同盟から離れ、近隣の「東方の王」と堅固な関係を築こうとしている。
第2次大戦以降、東京はずっと西側を手本として来た。だが、深く染みついた東方国家イデオロギーが日本を根源に引き戻した。

もう、アメリカの人たちも、鳩山政権が何をしたいのがわかっているみたいですね。
わかっていないのは、多くの日本国民だけですかね。

さて、今日は、「憲法九条の思想は占領軍の植民地思想」というテーマを選ばせていただきましたが、総裁先生が言われているように、この日本国憲法は、ポツダム宣言受諾後、アメリカ軍を主体とした連合国軍の占領下に置かれていたときに制定された憲法です。
当時、日本側から、憲法改正要綱をGHQに提出しましたが、「民主化には不十分」ということで却下され、後に、マッカーサー草案が提示され、日本政府はこれに従って作業を進め、再度、
草案を提出して発表されたものです。
そして、その憲法のなかにある九条もそのときに定められたものです。

日本は、主権国家です。
今は、どこの植民地でもありません。
憲法を改正するのは自由です。
占領軍の植民地思想の入った憲法を、いつまで後生大事に守ってゆこうというのでしょうか。
日本の置かれている立場が、「絶対的な平和」を確約できるものであれば、それでも
いいと思いますが、今、日本は、中国や北朝鮮からミサイルの照準を合わせられている国なのです。そして、こんな状態のなかで、今後日米同盟が駄目になったら、いったい誰が日本を守ってくれるのでしょうか。

鳩山政権の方たちは、中国に擦り寄っていますが、常識で考えた時、中国が日本を守ってくれるはずがありません。
守ってくれるのではなく、その時は、日本自治区になるのです。
日本の知識人は粛清、弾圧されて、今のチベット、ウイグルのようになってしまうんです。
そんな未来を誰が望んでいるのでしょうか。
最大の抑止力は憲法九条?
ほんとに、寝言は寝ている間に言って欲しいものです。

幸福実現党は、主要政策のなかに、安全保障戦略を掲げています。

幸福実現党の主要政策
主要政策(2010年1月)
2 新・強兵政策(幸福実現党の安全保障戦略)
~防衛権を明確にし、国民の生命・安全・財産を守ります!
・集団的自衛権の行使を禁じた政府解釈を見直し、日米同盟を強化します!
・中国の軍備拡張や日本に向けられている核ミサイルに対して、
 毅然たる防衛体制を築きます!
・北朝鮮の開発する核ミサイルに対して、抑止力を築きます!
・外国からの侵略によって「国民の生命・安全・財産が侵略されることは断固許さない」
 という気概を持ち、憲法9条を改正し、国の防衛権を定めます!


「自分の国を守る」ということを憲法で明文化できないのは、主権国家として哀しいことです。「自分の国を守る」という気概を持ち、憲法にも明記できる国になって欲しいと思っています。日本の将来のために、今、国防を考えなければ間に合いません。
幸福実現党は、鳩山政権の怖さを訴え、この国を守るために日々活動を続けています。

幸福実現党を支持し、共に戦ってくださる方が増えることを願っています。
「自分の国は自分で守る」
主権国家日本として、当たり前の憲法を制定できる国にしてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
よろしければ、クリックお願いいたします。   

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
いつもお世話様です
是非、また私のブログでも紹介させてください♪
がんばりましょう!
2010/03/25(木) 21:07 | URL | エンジェル #OuzrVbIE[ 編集]
Re:こちらこそ、ありがとうございます。
エンジェルさん、いらっしゃいませ~。

こちらこそいつもお世話になっております。
こつこつ頑張ってまいりましょう。v-218

ありがとうございました~。v-421
2010/03/25(木) 22:31 | URL | はっぴーらぶ #AOByr8/I[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示