この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

共産主義勢力を復活させてはならない

人々の嫉妬心が非常に強くなってきている
『2008年の秋以降、世界の情勢と経済環境、マスコミを中心とした世論、日本の国内の動きをじっと見ていて、感じるものが私にはあります。
それは何かというと、「人々の嫉妬心というものが非常に強くなってきている」ということです。要するに、好調だった企業やIT産業、株などで大儲けをしていた"金融長者"たちの没落、世界的に有名な大企業の倒産や赤字、大リストラなどを見て、バラ色の未来という夢が壊れ、「大変だ」という声がある一方で、世の人々の、「胸のつかえが下りて、すっきりした」というような気持ちも、私には非常に強く伝わってくるのです。
そして、なぜか、時代が百年以上も前に戻っていこうとするような強い力を感じます。
ソ連邦崩壊によって、いったん一気に弱った左翼勢力、共産主義勢力、社会主義勢力が、今回の世界的な不況を受けて、実は拍手喝采をしているように見えるのです。
そういう勢力が、「二十年弱ぶりに復活のチャンスが来た。千載一遇のチャンスだ」と
見て、今、巻き返しに入ってきているのを私は感じています。
しかし、その巻き返しを、本当の力として復活させてはならないと思うのです。』

    ----- 「政治の理想について」 第4章 国家経済と人間の自由 より

ご訪問ありがとうございます。
全国的に大雪の地域がが多いようですが、そんな大荒れの天候のなか、高知でソメイヨシノが開花したとの報道がありました。
史上最速タイ、高知で桜開花  - MSN産経
高知と言えば龍馬さん。
龍馬さんの日本への熱い念いが、桜に息吹を与えてくださったのでしょうか・・。

さて、久々に、ちょっとぽわんとした話題をお届けしました。
でも、ぽわんムードでは、生きてゆけないのが今の日本の現状ですね。
一昨日の記事でも、「北朝鮮」の有りえない発言に、「ばかにされるのもほどがある !」と、
憤りを爆発させていた私ですが、また、その「北朝鮮」が、有りえない発言をしていますね。

「卑劣な行為」 北朝鮮が授業料無償化問題で日本政府を非難 - MSN産経
北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は9日、日本政府が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校の除外を検討していることに関し「北朝鮮に対する敵対意識と民族排他主義が骨髄に達した卑劣な行為」と非難した。同紙は、2月に開かれた国連人種差別撤廃条約の履行状況を監視する人種差別撤廃委員会の対日審査会合で、委員らが「憂慮を表明した」と紹介。日本政府が取ろうとしている「差別的、非人道的な措置は国際法に反する犯罪だ」と主張した。(共同)

日本国民を拉致し、日本に向けてミサイルを飛ばしたりしている国が、差別的、非人道的?
「お、お、おまえの国が言うな~ ! 」と、また怒りたくなりましたね。
よその国の国民を拉致するのは、卑劣な行為じゃないの?
よその国に向けてミサイルを飛ばすのは、卑劣な行為じゃないの?
言っても無駄だとは思いますが、言わずにおれないですね。
そして、この「朝鮮学校の無償化」問題について、疑問を呈している議員さんがいましたね。

「金日成崇拝教育の学校」 城内議員、朝鮮学校の無償化に疑問 - MSN産経
朝鮮学校の授業料無償化問題をめぐり、城内実衆院議員(無所属)は10日の衆院文部科学委員会で、「(朝鮮学校は)金日成を崇拝しない人は人ではないと教えている。限度を超えた民族教育に国税を投入するのはいかがなものかと思う」と疑問を呈した。 (一部転載)

金正日を崇拝しない人は人ではない・・
「朝鮮学校」では、そう教えているんですか。
じゃあ、崇拝してない私は、人ではなく、何なんでしょうかね。
鳩山政権は、そんな学校を無償化しようとしているんですか?
もしかして、鳩山政権の人たちも、「金正日」を崇拝しているんですかね。
有りえないですね・・。

さて、次は、そんな「北朝鮮」を「ナチスと同じ」と、大阪府の橋本知事が、言及されていますね。
橋本知事の発言は、いつも気概がありますね~。

H0236_convert_20100116215259.jpg

人気ブログランキングへ
橋下知事「北朝鮮はナチスと同じ」 朝鮮学校無償化問題で - MSN産経
授業料無償化に関する朝鮮学校への対応をめぐり、大阪府の橋下徹知事は10日、朝鮮学校に交付している私立外国人学校振興補助金についても「廃止を念頭に置いている」と述べた。また「民族差別だという指摘があるが、朝鮮民族が悪いわけではない。北朝鮮という不法国家が問題。それはドイツ民族とナチスの関係と同じだ」と言及した。橋下知事はこれまで、朝鮮学校への対応について「不法国家の北朝鮮と結びついている朝鮮総連と関係があるなら、税金は投入できない」と述べ、無償化の対象外とすることを検討。近く知事自身が朝鮮学校を視察し、授業内容や学校経営の実態などを考慮した上で判断するとしている。 (一部転載)

北朝鮮側が、「差別だ」と、主張したことに対して、橋本知事は、「民族差別」ではなく、「不法国家問題」だと断定されています。
おっしゃるとおりです。
まあでも、そもそも、この論争自体がばかげているように私は思うんですよね。
鳩山政権の、ばかげた政策が引き起こしている論争ですよね。
「高校無償化」自体が、有りえない政策なんですから・・。

私は、『真に「小さな政府」を主唱しているのは幸福実現党だけ』の記事の中で、
マルクスの『共産党宣言』のなかには、後ろのほうに、「公教育は無償とする』と、明らかに書いてある。ということを書かせていただきました。
この「高校無償化」は、共産主義の政策なんですよね。
そして、『隠れた社会主義である「所得の再配分」』の記事の中でも、
「幅広く税金を取って、国家の一元管理の下に、所得を再配分する」という機能を持つものが、共産主義、あるいは、社会主義です。ということを書かせていただきました。
この鳩山政権の政策は、ほんとに、「共産主義」の政策ばかりなんですよね。
そして、もう一つの有りえない政策の「子ども手当」について、びっくりする報道がありました。

驚愕!子ども手当、出稼ぎ外国人が母国に50人子供いても支給 - 政治・社会 - ZAKZAK
鳩山政権の看板政策「子ども手当」法案が波紋を広げている。日本国内に住所のある外国人が母国に残している子供にも支給されるが、日本人の子供でも両親が仕事関係等で海外に住む場合は支給されないというのだ。税金投入のバラマキ政策とはいえ、あまりの不公平感に不満が噴出。鳩山由紀夫首相の友愛は「世界は家族、血税も世界に」という壮大な精神なのか。
「子ども手当は問題山積だ。手当ほしさの出稼ぎ外国人労働者が増えかねないし、法律を悪用し、受給できるよう養子縁組したりするブローカーもでてくる可能性もある。歯止めをかけないと大変なことになる」自民党の平沢勝栄衆院議員はこう警告する。
その問題点は後述するが、現在、国会で審議されている子ども手当法案の概要はこうだ。
2010年度の初年度は、中学卒業までの子供に1人当たり月1万3000円を支給。「新たに受給対象となる家庭は9月末までに市町村に申請すれば、4月分にさかのぼって手当を受け取れる」(厚労省)。所得制限はないうえ、養子や婚外子にも支給される。小学生までが対象である既存の児童手当を受給している家庭は申請する必要がないが、それ以外の家庭は新たに申請が必要だ。支給対象の子供は、児童手当の約1240万人から急増。子ども手当は、所得制限撤廃などハードルをなくしたため、約500万人増の約1735万人と見込まれている。初支給は6月で4~5月分を指定の銀行口座などで受け取る。支給スタート2年目以降は額が倍増。1人当たり月2万6000円の満額支給になるが、15歳以下の子供がいる家庭の所得税の扶養控除が11年1月に廃止されるという「増税」もセットとなっている。満額支給には現状で5・4兆円の予算が必要なだが、税収不足を穴埋めする来年度の新規国債発行は過去最大の44兆円。火の車の台所事情を知る野田佳彦財務副大臣は、「満額支給は現実的に厳しいのでは」とこぼす。それでも、首相は政権公約実現にこだわり「最大限努力する」と強気だ。だが、ここにきて子ども手当の「落とし穴」を指摘する声が広がっている。在日外国人(1年以上の短期滞在者を含む)を親にもつ母国在住の子供への支給問題だ。その数は約1735万人の1%ともいわれる。子ども手当法案の支給要件は、「国内に住所を有する時」。要は日本に住民票があれば、海外に子供がいても支給されるというわけだ。逆に、日本人でも海外に在住していると受け取ることができない。5日の衆院厚生労働委員会で、田村憲久衆院議員(自民)がこの問題点を追及した。「もしシンジケートができて、いい加減な書類を市町村がみても、わからない。外国人労働者がたくさんいる地域もあり、現場は混乱する」と指摘。そのうえで、こんな例え話をした。「仮に、アラブの王様のお子さんが日本で稼いで、向こう(母国)に50人の子供がいれば、その50人が支給対象になるという問題を含んでいる」
 要は、(1)世界各地に残る一夫多妻制で子だくさんの父親が日本で住所を有しているケース(2)子ども手当目当てに養子縁組を偽装(3)子供の貸し借り-など、さまざまな事態が想定されるだけに、「制度が知れ渡れば、支給対象は無限大に広がる」(平沢氏)。また、親子関係を証明するため、海外の公的機関が発行した養育実態証明書が本物かどうかについて、市区町村が確認できるのか-。疑問は尽きない。実は、自公政権で支給されていた「児童手当」も同じ問題を抱えている。1972年の児童手当創設当初は日本国籍を持つ人に支給を限定していたが、81年の難民条約批准に伴い国籍要件を撤廃した経緯があるからだ。それだけに親が在日外国人で母国在住の子供に支給していたケースもあるようだが、平沢氏は「所得制限もあり、支給額も少ない児童手当に比べ、子ども手当は満額で年31万2000円。支給制度を知れば在日外国人は飛びつく、恐ろしい制度だ」と指摘する。こうした批判に対し、鳩山首相は10日午前の衆院厚労委員会で、「国民から『こういう人まで(支給するのか)』という思いも出てくるかもしれない。しっかり議論する必要がある」と述べ、見直しも含めて検討する考えを表明したが、検討するのは11年度分以降とした。自民党中堅は「民主党はなんとしても夏の参院選前に支給したいだけに、こうした問題はそっちのけだ。選挙目当てのバラマキ批判がさらに高まるだけだ」(自民党関係者)と冷ややかに語るが…。


日本国内に住所のある外国人が母国に残している子供にも支給されるが、日本人の子供でも両親が仕事関係等で海外に住む場合は支給されない
うっうっ。
有り得ない・・有り得ないですよね。
またもや外国人がらみですか。
そして、この「子ども手当」に関して、参院選候補の幸福実現党の武田しんいち氏が、またもや憤りを爆発させておられますのでご紹介させていただきます。

「子供手当て」という名の、国民への背信ーなぜ、外国人には、手厚い支給?しんいちが行く!
昨日の参議院予算委員会では、菅副総理・財務大臣が、23年度以降の子供手当ての財源のメドが断たないことについて、苦しい答弁を繰り返していました。
そりゃそうです。財源が無ければ、払えない。 当たり前のことです。
これに対して、与謝野元財務大臣が、「満額支給できなければ、首相辞任」をと、満額支給を迫っておりました。おそらく、支給できないことを見込んでの退陣要求なのでしょうが、何か、変だと思いませんか?
景気減退・民間の収入引き締め政策により、経済縮小の結果、税収が低下し、財源は減っているのに、一方で、これでもか、これでもかという、バラマキ公約のツケで、自分の首を絞めるのは勝手ですが、国民の首も絞めつけられています。与謝野氏には、ぜひ、民主党の選挙対策用の政策で、国民が苦しむことになることを指摘し、公約実現ではなく、公約不履行実現を迫ってほしいと思います。
さて、ところで、この子供手当て、民主党の衆議院選用の、PR政策かと思いきや、実は、ギョッとするような、あ・や・し・い内容の政策なのです。
この子供手当てが、支給される対象ですが、多くの国民は、日本人の子供、もしくは、日本に住んでいる子供に支給されると、思っていらっしゃるのではないでしょうか。
私も、つい、最近までそのように思っておりました。ところが、それが、違うのです。
なんと、日本に住まない外国人の子供にも支給されるのです。これは、一体どういうことかと言いますと、在日外国人(永住資格者だけではなく短期滞在者でも)が、母国に子供を残して、
働きにきている場合、申請さえすれば、その子供に対して支給されるというのです。
しかも、それは、養子や婚外子でも支給され、例えば、一夫多妻制の国の国民で、母国に何十人もの子供がいるとしても、養育していることを証明するだけで、その人数分、支給されるというのです。そして、本人の子供であるかどうかの判断は、本人が提出した申請書類と、子供と定期的にメール等のやり取りがあれば、それで、確認できたことになるそうです。
もちろん、日本人の私が、メールをやり取りしている人を、「私の子供だ。婚外子だ。」と、主張しても、支払われません。
でも、外国人であれば、支給されるのです。何人分でも、無制限で・・・。
ちなみに、海外に滞在している日本人家族や、子供を日本に残して、海外に駐在している家族には、支給されません。理由は、親が日本に住んでいないからです。
私は、これを知った時、思わず「何じゃ!こりゃ」と叫んでしまいました。
これ、異常じゃないでしょうか?
鳩山さん、一体、何考えてるんですか?
財源がない、だから、増税やむなし。国債発行。
と言っている一方で、国民が一生懸命働いた血税を、なぜ、ここまで、在日外国人に、無節操に提供しなくてはならないのでしょうか。
仮に、子ども手当てを目当てに、何十人もの養育証明書を作成して、(おそらく、子供手当ての何十分の1の賄賂で簡単に作成できるでしょう)
日本に出稼ぎに来る外国人がいたとしても、申請されたら、支払わなくてはならないのです。
恐ろしいことになぜか、このことは、マスコミも、ほとんど報道していません。
外国人参政権といい、この子供手当てといい、民主党は、私たちの知らない間に、どさくさにまぎれて、とんでもない法案を、通そうとしています。
鳩山民主党は、いったい、この国をどうしようとしているのでしょうか?


私は、これを知った時、思わず「何じゃ!こりゃ」と叫んでしまいました。
はい。
私も叫んでしまいました。
ほんとに有り得ません。
ここに来て、私は確信しましたね。(遅い?)
鳩山政権の掲げる「子ども手当」という政策は、「日本国民」のためではなく、「外国人」のためのものだったんですね。
すべての法案は、いつも「外国人」が絡んできますよね。
やっぱ、鳩山政権をこのままにしておいたら、この国は、「外国人」のものになってしまいます。
そして、さらに、もっと有り得ない情報を目にしてしまいました。(有り得ないずくめ・・)

「夫婦別姓推進」大臣の驚くべき発言と驚愕の事実-オーパの幸福実現党応援宣言!
【超拡散希望】千葉景子は赤軍だった…!!
昨日、ある友人からメールが送られて来たのだが、それによると法務大臣の千葉景子氏についての情報であり、彼女が同和地区出身者であり苦学して中央大学の法学部に入学し、学生運動に参加した。
それは赤軍派系の共産主義者同盟に属し成田闘争のおり火炎瓶攻撃で数名の警察官を死傷させていたと言う過去があると書かれていた。
また、その際彼女の投げた火炎瓶が機動隊警察官の楯と楯の交差する僅かの隙間を通り機動隊員を直撃し、その機動隊員が全身火傷で病院に運ばれ、後のニュースで死亡が確定されたとの報道が為された事で学生側の目撃者(現政治評論家)から判明していると言う。
この評論家も当時事情聴取されてその調書が現公安調査庁の資料部に「極秘」の印を押され残っていると言う。
当時、その主犯千葉景子はブント仲間から英雄と称えられていたと言う証言もあり、目撃者や当時の闘争参加者の証言もあり彼女の犯行は確実であると記されている。
また、公安調査庁の調査ファイルに「最重要危険人物」の項目があり、そこには「千葉景子」の氏名がハッキリ記されていると言うのだ。
鳩山政権が誕生して閣僚が発表された時点で驚天動地の混乱を来たしたのが公安調査庁だったそうだ。
その時点で調査庁のファイルに「重要人物」、「最重要危険人物」の二人の氏名が閣僚名簿にあったからだそうで、この混乱は数日続いたと言う。
それに加え更に準閣僚と言うべき副大臣に再度「重要人物」の指定を受けている氏名が上ってしまい、調査部内は再び大混乱状態になってしまったと言う。
この三人の氏名は「最重要危険人物:千葉景子」、「重要人物:福島瑞穂、辻元清美」
この本来洩れる筈のない情報が洩れてしまった理由と言うのも調査部の部員が10日間も帰宅を許されず、泊り込みで裏付け調査及び掘り起こし作業に追われ、やっと2日の休暇を得て自宅へ戻った部員の妻への愚痴が、妻からその妹へ、妹からその夫へと言う経路で表に洩れて出て来たらしい。
その情報を得たフリーの記者(妹の亭主の弟)が調査部へ取材したところ、初めは否定していた課員から、本来フリーの記者などの対応に出て来る筈もない部長までもがもみ消し対応に出て来たと言うから恐らくこの情報はガセではないのだと書いてあった。
で、驚くのはそんな元か現かは別にして過激派の殺人まで犯したとされる人物を閣僚、よりによって法務大臣に据えた民主党の人事とはどうなっているのかと思うのは私だけではないだろう。
また、この報道が全くなされていない現在のマスコミはどうなっているのだろう。
これは明らかに犯罪者を隠蔽する行為ではないのか?
これこそ犯罪に与している事にならないのか?

(千葉景子は赤軍だった…!!のみ抜粋。その他は、オーパさんの記事でどうぞ)

公安調査庁の調査ファイルに「最重要危険人物」の項目があり、そこには「千葉景子」の氏名がハッキリ記されている
そして、「重要人物:福島瑞穂、辻元清美」
千葉景子が危ない人だというのは、以前から知っていたのですが、「最重要危険人物」と指定されていたとは、初耳でした。
おまけに、重要人物が福島瑞穂と辻元清美。
そして、私が得た裏情報のなかには、鳩山政権のなかには、その他にも公安からマークされている人が、何人かいるとか・・。
ああ・・。

日本赤軍-マルクス・レーニン主義に基づく日本革命と世界の共産主義化の実現を目的
国際テロ組織「日本赤軍」
連合赤軍-1971年から1972年にかけて活動した日本の新左翼テロ組織。共産主義者同盟赤軍派と日本共産党革命左派神奈川県委員会が合流して結成されたもの。山岳ベース事件、あさま山荘事件などの事件を起こした。
 Wikiより

鳩山政権は、完全な共産主義だと断定してもいいのではないでしょうか。
昨年の衆院選で、総裁先生は、「共産主義勢力を復活させてはならない」と言われていましたが、日本国民は、その共産主義勢力を選んでしまいました。
そして、今、まさに、その共産主義の政策が、どんどん進められようとしています。

共産主義の大きな特徴は、「嫉妬心」だとも言われています。
他の人を祝福する気持ちがないのです。
だから、お金持ちが許せないのです。
所得税の最高税率の引き上げや、企業の内部留保への二重課税の発想。
所得税・相続税・贈与税などの累進課税。(これは従来からある・・)
( 累進課税方式とは、課税所得額が大きいほど、より税率も高くなる課税方式のこと)
すべて、富を憎む税制です。
その憎むという根底には、「嫉妬心」が隠れているのです。

増税の民主党VS減税の幸福実現党―どちらが責任政党か?-オーパの幸福実現党応援宣言!
共産主義、ナチスと同じ富を憎む税制
昨年末には、仙谷由人行政刷新担当相(現・国家戦略担当相)が、テレビ番組で「遺した財産に(税金が)かかることも考えないといけない」と述べ、高齢者の死亡後の資産に相続税とは別の課税を検討すべきだとの考えを示した。
これらの“増税メニュー”の多くは、マルクスが書いた『共産党宣言』や、ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)の党綱領の中の具体政策とほぼ同じ内容だ(下図参照)。
サッチャー首相が登場する1980年ごろまでのイギリスは、所得税の最高税率が83%、相続税の最高税率が75%で、富裕層から富を奪い取って低所得層に配分する社会主義的な税制が徹底されていた。このため、高い収入を得ていた若い科者や技術者の4分の1がアメリカに流出していったという。
民主党は当時のイギリスと同じように、富やお金持ちを「憎む」税制を導入しようとしている。

news6_2.png
(一部抜粋、詳しくはオーパさんのブログでどうぞ)

今日は、「共産主義勢力を復活させてはならない」というテーマで記事を進めてまいりました。
共産主義勢力の鳩山政権は、昨年の衆院選で勝利し、政権を取ってしまいました。
そして、その政権が次々に打ち出す政策は、まさしく、「共産党宣言」と同じです。
このままでは、この日本は、共産主義勢力の思いのままになってしまいます。
民主主義だと思っていた日本が、いつのまにか共産主義への道を歩み始めているんです。

今、日本にある政党のなかで、「真の保守政党」は、「幸福実現党」しかありません。
そして、幸福実現党は、昨年の立党時から、この共産主義勢力との戦いをしています。
私は、この国を、愛する日本を、共産主義の国にはしたくはありません。
「宗教政党」と偏見の目で見られている方々に告げたい。
今は、「保守」どうしでいがみ合いをしている場合ではありません。
「保守勢力」が、力を合わせて戦う時期が来ているのです。

共産主義勢力の完全復活を止めなければ、日本は悲惨な国になってしまいます。
共産主義政党打倒のために、 真の保守政党・幸福実現党を、応援してくださる方が増えることを願っています。
日本を、自由と繁栄の国にしてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
よろしければ、クリックお願いいたします。   

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示