この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

宗教政党は、正論が言え、政策中心で動ける

『当会のような、宗教団体をバックにして政党ができるということは、どのような意味を持つのでしょうか。そういう政党の人は、ある意味で利害に関係なく正論が言えます。たとえ落選しても、それで人生が終わりではなく、また、多額のお金を個人的に使わなければ当選できないというわけでもないのです。「一定の組織がバックに付いている」ということは、悪く言われがちではあるのですが、「政策中心の考え方で安定して動ける」という強みはあると思います。また、「いろいろなところに関するしがらみがない」という意味でも、強いところがあると思うのです。
幸福の科学は、以前から、教育改革の一環として、いじめの問題に取り組んでいるのですが、そのなかで、ある人から、「この問題を解決できるのは、宗教団体以外には、もう、ないでしょう」と言われました。「政治家といっても、誰しも、家族や親族に、必ずと言ってよいほど教職員がいる。教職員の組合は強力な力を持っていて、政治的な圧力団体になっている。教育の問題で政治家に何か言っても、この圧力団体があるので、そう簡単には動いてくれず、問題の解決はしてくれない。怖くないというか、命知らずでやれるのは、宗教ぐらいしかないだろう」という、妙な褒め方をされたことがあるのです。』

  ----- 「政治に勇気を」 第1章 職業としての政治について より

ご訪問ありがとうございます。
さて、私の記事は、「「おっ ! 」と思った報道を拾い、それからテーマを決める」というものと、
「テーマを決めてから、報道を探す」という2パターンがありますが、最近、どうも「おっ ! 」と、
思う報道になかなか当たらず、「何故かな・・」と思っておりましたが、今日やっとわかりました。
最近の報道は、「バンクーバー五輪 」が幅をきかせてたからだったんですね・・(遅い?)
そして、一頃世間を騒がせた小沢氏の報道もこんなものしか見つかりませんでした。

「うーん、わからん」豪腕小沢幹事長が顔赤らめ2分で退場 - MSN産経
民主党の小沢一郎幹事長が20日、史上最年少で囲碁タイトルを獲得した井山裕太名人の名人就位祝賀パーティーに出席するため、大阪市内のホテルに駆け付け、会場を沸かせた。
 2人は誕生日(5月24日)が同じで、今年1月に対局した。小沢氏が3目のハンディで引き分けたが、その際、井山名人がパーティーの招待状を渡したという。
 (一部転載)

「う~ん、わからん」と、私が言いたいです。
小沢氏は、囲碁タイトルを獲得した祝賀パーティーに出席されたということですが、
この方は、このまま罪を問われずに、政治家として生き延びられるのでしょうか・・。
んなことはありませんよね~。
検察・国税、ファイト !

さて、「日本の「二十世紀最大の偉業」を正当に評価せよ」の記事のなかで、
北、朝鮮学校に460億円送金 昨年も2億…高校無償化に影響 - MSN産経
の報道をお伝えしましたが、朝鮮学校への高校無償化は対象外にするようにと、中井拉致問題担当相が、文化省に要請されたとの報道がありました。

朝鮮学校「高校無償化除外も」中井拉致相が文科省に要請 - MSN産経
中井洽拉致問題担当相が、4月から実施予定の高校無償化に関し、在日朝鮮人の子女が学ぶ朝鮮学校を対象から外すよう川端達夫文部科学相に要請し、川端氏ら文科省の政務三役が検討に入ったことが20日、分かった。政府関係者が明らかにした。無償化では、朝鮮学校を含めた外国人学校を対象とするかが焦点の一つとなっている。中井氏は北朝鮮に経済制裁を続けても、日本人拉致問題でなんら進展が見られない現状を考慮して、北朝鮮に対し強い姿勢を示すため除外を求めたとみられる。中井氏は川端氏らへの要請を踏まえ、国会内で17日に開かれた拉致問題に関する政府、与党の会合で「朝鮮学校を無償化の対象としないよう努めている」と表明していた。

「朝鮮学校」に対しては、北朝鮮が、過去に総計約460億円の資金提供を実施しているという事実もあります。この「北朝鮮の拉致問題」と併せ、朝鮮学校の無償化を対象外にするという要請は、当然の要請だと思いますね。

さて、もう一つ、「駄目な教育に金をかけるのは、ただの無駄遣い」の記事のなかで、北教組・日教組の件を取り上げさせていただきましたが、「北教組の教育」の件で、幸福実現党の
武田しんいち氏が恐るべき実態を記事にされています。(こわ~)

H0237_convert_20100117151450.jpg

人気ブログランキングへ
「北教組の教育」 知られざるその実態 (その1) -北教組・日教組は、教育現場から、退場せよ!-しんいちが行く ! 
「民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)に、北教組から、計1600万円もの選挙費用の提供があり、昨年の衆院選では、北教組幹部が、選対委員長を務め、小林氏の陣営は、北教組が取り仕切っていた」
というニュースで、北教組・日教組と、民主党の強い結びつきが、クローズアップされています。しかし、教育界に多大な影響を与えるこの団体、実は、とんでもない組織なのです。
今回は、その恐るべき実態について、紹介したいと思います。
日教組が、ほとんど北朝鮮の手先とも言える左翼団体であることは、公然の事実ですが、今回は、今、注目を浴びている北教組について、書きたいと思います。
北海道の教育界は、この北教組の影響がとにかく強い。
私も長年、北海道に住んでおり、なぜか、先生をしている友人が多かったのですが、(学生時代、先生から逃げ回っていた因果でしょうか)彼らは、口を揃えて、「組合には入りたくないけど、辞められない」と言います。
不思議に思って聞くと、「組合役員を経験するのが、管理職や教育委員会への登用などの出世の定番コース」「入りたくないけど、辞めたら、職場でいじめにあう」「辞めると、仕事上必要な連絡も流してもらえなくなる」などと言っています。
「使途のわからない組合費を、かなりの金額徴収される」から、“「辞めたい」けど、、「なかなか、辞められない”のだそうです。
普通は、学校の運営の権限は校長にあります。しかし、北海道では必ずしもそうではなく、
組合の学校支部が牛耳り、教育委員会も手出しできないほど、という学校が多くあります。
卒業式など式典での国旗掲揚、国歌斉唱、また、学力テスト、いじめの調査などに対して、
組合はいずれも「非協力」学校の授業内容を定めた、学習指導要領に対しても「否定」、道徳教育も、「否定」の立場を貫いています。
各学校には「『国家のための教育』は許さない!」と題した資料が配付され、社会科では「『国を愛する心情を育てる』のは論外」などと批判し、北方領土は「日本固有の領土という観点ではなく、アイヌ民族や戦争との関係でとらえさせて考えさせる」と、組合流の指導の狙いを解説しています。 
勤務評定も長年実施されず、教育委員会が、人事評価で期末勤勉手当などに差を付ける「査定昇級制度」を導入しようとすると、大規模なストライキが起きました。
私も、いざ、自分の子供が学校に通うようになると、その教育の異常さに、驚きましたが、
子供の頃から北海道に住んでいる友人達は、さほど驚くふうでもなく、「昔から、卒業式、入学式では日の丸を見たことはなく、君が代を歌ったこともない。」
「うちの学校は、国歌斉唱になると、先生は全員着席し、生徒達も、立ってる人が、ポツポツといるけれど、大半は着席し、おしゃべりをしたり、他のことをしている。
そのことを先生に言うと、本人の自主性に任せているとの返事だった。」等々。
教育現場で、式典での国歌斉唱の時間に、何をして過ごそうが、生徒の自主性に任せて、
何の指導もしない。それどころか、中には、自らも私語をしている教師もいると言っていました。

(続きは しんいちが行く ! でどうぞ)

日教組が、ほとんど北朝鮮の手先とも言える左翼団体
北教組・日教組と、民主党の強い結びつき
「組合役員を経験するのが、管理職や教育委員会への登用などの出世の定番コース」「入りたくないけど、辞めたら、職場でいじめにあう」「辞めると、仕事上必要な連絡も流してもらえなくなる」

う~ん。
やっぱ、北朝鮮、北教組、日教組、民主党の結びつきは怖いですね。
そして、総裁先生は、書籍のなかで、ある人から言われた言葉を載せられていますね。
「教職員の組合は強力な力を持っていて、政治的な圧力団体になっている。
教育の問題で政治家に何か言っても、この圧力団体があるので、そう簡単には動いてくれず、問題の解決はしてくれない」
と。
北朝鮮と懇意の日教組と民主党。
これは、朝鮮学校の無償化の行方が注目されますね・・。

さて、次は、「宗教政党として、正論が言える」と言われている通り、正論を言い続ける、
木村党首のコラムをお届けします。

【木村智重のMirai Vision】まだまだ増やせるGDP 目指せ世界一- (サンケイビズ)
「日本の没落」は当然? 
鳩山由紀夫首相は経済が成長すること自体を否定的に見ているフシがあります。1月末に行った施政方針演説では、「鳩山内閣における『成長』は、従来型の規模の成長だけを意味しない」と述べ、「日本経済の質的脱皮」を目指すことを強調しました。昨年11月には、海外メディアのインタビューに対し、鳩山首相は「(日本が)中国に経済力で抜かれることは人口のサイズから言っても当然だ」と述べ、“日本の没落”を無条件に受け入れているように見えます。
 私たちはこれと正反対に、「日本はまだまだ繁栄していくことができる」という未来ビジョンを描き、「GDP(国内総生産)世界一を目指す」という目標を掲げています。一見、トンデモ政策に聞こえますが、企業であれば、経営者が「わが社は業界ナンバーワンになる」と宣言し、努力することは普通のことです。民主党は「わが社はこのまま衰退していくしかないのか」と何となく考え、幸福実現党は「わが社はナンバーワン企業に必ずなる」と決意しているということです。
人口もまだまだ増やせる
 現在、世界ナンバーワンの米国は人口3億人、GDPは日本の3倍の1500兆円です。これを超えるのは、簡単ではありません。ただ、人口をとってみれば、140年前には、実は日本と米国の人口は3000万人台でほぼ同じぐらいでした。その後の米国の人口増加策で約3倍に引き離され、それに伴って経済規模も水をあけられる形になりました。日本が積極的な人口増加策を採れば、「逆転」は不可能ではありません。 過去、世界一の経済規模を誇った国はみな、新たに基幹産業を生み出してきたという歴史があります。19世紀の大英帝国は蒸気機関をつくり出し、20世紀の米国は自動車産業やIT(情報技術)産業を創出しました。日本がGDP世界一になるためには、21世紀の世界経済を牽引する基幹産業を生み出せるかどうかにかかっていると言っていいでしょう。 私たちは、日本が誇る世界最高水準の技術力から見て、ロボット産業や新エネルギーが有力で、政府のテコ入れによって航空・宇宙分野も成長力が高いと考えています。
日本は「罪の国」ではない
 GDP世界一を実現するために、意外と思われるかもしれませんが、歴史教育の見直し、正常化が欠かせません。
 戦後は、「日本は罪を犯した悪い国だ」という教育がなされてきました。そのために日本人は心の奥底で、「日本は米国を超えるような経済的な発展をしてはいけない」と考え、何度も“バブルつぶし”という形で自ら不況を起こしているように見えます。「先の戦争で日本は全面的な『悪』を犯したわけではなかった」「例えば、日米の戦争は新興国同士の覇権戦争だった」といった真っ当な歴史観が教えられることが、日本の繁栄の土台となります。なぜなら、若者たちが「日本は罪を背負った国ではなく、世界のリーダーとしてもっともっと発展していいんだ」と考えられるようになるからです。 日本を世界一の経済大国にし、世界に繁栄を“輸出”する「未来ビジョン」をこれからも訴えていきたいと考えています。


民主党の党首の鳩山首相が、「日本の没落」を無条件に受け入れていることに対して、
幸福実現党の党首は、「世界に繁栄を輸出する「未来ビジョン」を訴えられていますね。
没落と繁栄。
このビジョンだけ捉えても、どちらがいいかは一目瞭然ですね。

『宗教団体には、そういう意味での強さはあるかもしれません。
「この世的な権益や利益などにとらわれず、正しいことを純粋に押していくだけの強さが発揮できる」という強みがあるのです。その意味では、「一定の組織が後ろ盾になっている」ということは、ありがたいことではあると思います。そして、「その宗教の評判がよいか悪いか」というようなことが、「選挙において、浮動票が入るかどうか」ということに影響してくるでしょう。したがって、宗教団体が政治に参加することのよし悪しは、一般の人たちにも、ある程度、判断ができるのではないかと思うのです。巨大宗教はたくさんあり、それぞれ、候補者を立てようとすれば、できないことはないと思いますが、
そのときに、「一般の人たちの賛同が得られるかどうか。また、政治家としての見識や政策立案能力等があるかどうか」というところが、おそらくは問われるでしょう』

  ----- 「政治に勇気を」 第1章 職業としての政治について より

宗教政党だからと、最初から拒否反応を示す方が、この日本にはまだまだおられます。
けれども、宗教政党だからこそ、正論が言え、政策中心で動けるのです。
権益や、利益などにとらわれず、正しいことを純粋に押していくだけの強さが発揮できる
まさしく、その通りだと思います。
そして、そんな宗教政党である幸福実現党ですが、「今、なぜ幸福実現党か?」という疑問に、ほそかわ幸宏氏が答えてくださっています。

2/19 Happiness Letter72〔今、なぜ幸福実現党か?〕Happiness Letter Web 〔幸福実現党〕
皆さま、おはようございます!
本日は、鳥取県本部参議院選挙区代表のほそかわ幸宏(ゆきひろ)氏からのメッセージです。
ほそかわ氏は、生まれも育ちも地元鳥取で、鳥取医科大学医学科卒業後、幸福の科学に入局、医師免許も取得しています。

☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【ほそかわ幸宏氏寄稿】
今、なぜ幸福実現党か?
それは、「真なる保守政党」が他に無いからです。
見渡す限り、この日本は左翼思想、社会主義に、どっぷりと浸かろうとしています。
これまで、長らく政権を担って来た自民党は「保守の精神」を忘れ、「政権維持こそ、最大の戦略」という誤った価値観で「利権誘導型政治」に堕していきました。
「保守」とは「自由」を守り、国民を守り、国を発展させ、国の責任を取る精神です。
それが「自らの政権を“保守”すること」に摩り替わり、国民が離れていったのです。
そこに小沢氏がつけ込んで、国民の目の前においしそうな毒入りニンジンをぶら下げ、善良そうなお公家さんの仮面をかぶった党首を前面に押し立て、国民の目を眩ませて政権を取りました。その結果、日本は国難の真っ只中に落ち込み、脱出不可能になろうとしています。
これこそが、幸福実現党が「維新」を起こそうとしている最大の理由です。
幸福実現党が戦っている敵は、真綿のような優しさで人間を縛り付ける「友愛」という名の「社会主義」です。これは戦後、占領軍によって、宗教や道徳、精神的なるものが全て骨抜きにされて来た成れの果てです。そして、日教組やマスコミは「自虐史観」を抱きしめ、たとえ自国の国益に反することでも、常に譲歩して他国の言いなりになることが「平和国家」だと国民に刷り込み、もはや「主権国家」「独立国家」とは言えない状況に至っています。
こうした戦後の呪縛から逃れ、自由を守り、国を守る「サムライ精神」「毅然たる態度」、精神性を尊ぶ素晴らしい日本を取り戻すには、利己心を排し、何も恐れず、命懸けで理想を実現する志士達が必要です。
私たちは、今こそ「国家の気概」を取り戻し、自由を守り、国を守る先駆けとなって参ります。
ほそかわ 幸宏


「日本には、真なる保守政党が無い。
ほんとうにそうですね。
あたりまえの国防・安全保障を政策に載せる政党も、もはやいませんね。
幸福実現党は、政策のなかに、安全保障戦略も打ち出しています。

主要政策(2010年1月)幸福実現党の主要政策
主要政策(2010年1月)
1 新・富国政策(幸福実現党の経済成長戦略)

~力強い景気回復、新しい基幹産業、新しい雇用、新しい価値創造を支援します!
・「規制緩和」で企業のチャンスを増やし、「金融緩和」で資金繰りを支援します!
・相続税・贈与税・証券税制の廃止など大胆な減税政策により、 自由に使えるお金の額を増 やして個人消費を刺激し内需拡大を実現します。
・「未来につながる公共投資」と「未来(基幹)産業への投資」を増やして雇用を守り、 新 しい仕事を創ります!
・次の時代を担う、ロボット、新エネルギー、航空・宇宙産業に積極投資し、未来産業を育 成します!
2 新・強兵政策(幸福実現党の安全保障戦略)
~防衛権を明確にし、国民の生命・安全・財産を守ります!
・集団的自衛権の行使を禁じた政府解釈を見直し、日米同盟を強化します!
・中国の軍備拡張や日本に向けられている核ミサイルに対して、毅然たる防衛体制を築きま す!
・北朝鮮の開発する核ミサイルに対して、抑止力を築きます!
・外国からの侵略によって「国民の生命・安全・財産が侵略されることは断固許さない」と いう気概を持ち、憲法9条を改正し、国の防衛権を定めます!
3 新・学問のすすめ政策(幸福実現党の高度教育戦略)
~付加価値の高い公教育で子供たちの未来を守ります!
・教員の福利に税金をつかうのではなく、教員の指導力アップに税金をつかいます!
・「ゆとり教育」、「自虐史観」を撤廃し、誇りと自信をもって世界で活躍できる人材を育成します!
・いじめを隠したり、見て見ぬふりをする学校関係者を厳しく対処する
「いじめ防止法」を制定し、子供たちを守ります!
・公立学校の民営化も視野に入れ、子供の「学校を選ぶ自由」を広げ、
様々な分野から優秀な人材(教員)を採用できる制度を整えます!


経済成長戦略、安全保障戦略、高度教育戦略。
幸福実現党は、主要政策のなかに、この三つの戦略を掲げています。
「宗教政党は、正論が言え、政策中心で動ける」ということは、候補者の気概ある訴えのなかにも見出せます。
利権、しがらみから離れられない民主党政権に、この日本を潰されないように、声を上げてまいりましょう。そして、幸福実現党を支持し、共に、明るい日本のために活動してくだささる方が増えることを願っています。
自分の国を愛し、自分の国を良くしてまいりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
よろしければ、クリックお願いいたします。   

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示