この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

誇り高き日本軍の実像 ! (その3)  中川大佐なら日本を中国からどう護るか  『日本は、中国を牽制する抑止力となれ』

綾織-中国共産党が、軍事的に太平洋を呑み込もうとしており、その危険が、日本の南西諸島や沖縄に迫っています。軍人としての観点からお伺いしたいのですけれども、これに対して、日本として、どう対抗すべきか。また、どのように国土を護っていくべきか。このあたりについて、中川大佐は、どのようにお考えになりますか。

もうすでに、南沙諸島で、彼らは陣地を築いていますね?そういう珊瑚礁のところを何十倍にも広げて、もう、要塞をつくり始めておりますので。海軍基地をつくってますよね(注。2015年2月、中国が南沙諸島の三つの岩礁で、大規模な埋め立て工事を進めていることが報じられた)。
里村-
つくっております。

だから、これは、「占領の意図はあり」っていうのは、もう明らかですね?周りを取りに行っていますわね。
里村-
はい。

それから、もう一つ、沖縄が日本をね・・・。
まあ、沖縄戦が、最後、悲惨であったから、「米軍は嫌い」っていうのは、私は、分かりますよ。その気持ちは、よくわかりますけれども、やっぱり、「中国の侵略の拠点が、海南島にある」ということは、知らなければいけない。

海南島は、台湾のすぐ近くにあるわけですから、ここから、潜水艦をはじめ、次に空母艦隊を、今、建設中であるので。今、沖縄が一つ、邪魔になってるわけで、"喉に刺さった骨"みたいになってます。

この、台湾、沖縄ですね。もし、台湾が取れたら、次は沖縄も取りたいでしょうけど、台湾、沖縄の、この二つを取ったら、もはや、中国海軍は何の邪魔もなく、自由にやれる。
この南シナ海から、あと、日本がやっていた"大東亜共栄圏"全部を、自分たちが、もう一回やりたいわけで。ハワイまで取りたいわけだから。大東亜共栄圏そのものですね?これを、今、中国がやろうとしているところですね。

「これに対して、いかなる対抗勢力が出てくるか」ということですけれども、アジア諸国は、あなたがた(日本人)が戦後培った世論や常識とは違って、やっぱり、どちらかといえば、「日本に、防波堤になっていただきたい」という気持ちを持っている。少なくとも、中国をけん制する抑止力くらいにはなってもらわないと困る。

また、オバマ大統領のような、「撤退、撤退」を繰り返して、各地で紛争を拡大していくような大統領では、アメリカは、もう、これは役に立たないということです。
もちろん、別に、アメリカ中心の歴史が終わっても構わないけれども、ただ、今度は、自分たちが侵略される。「中国が正しいから」ということで侵略されるっていうことは、やっぱり、中国内部の多民族が侵略されていった歴史を見るかぎり、同じようなことが繰り返されるのは分かっているので。これは、もう、「日本軍はしなかったようなことを、彼らは、必ずやる」と見ている。』

   -2015年2月24日霊言
   -パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言
     -隠された"日米最強決戦"の真実-
    6.中川大佐なら日本を中国からどう護るか より

中川州男[なかがわくにお](1898~1944)
軍人。最終階級は大日本帝国陸軍中将(死後に二階級特進)。熊本県出身。陸軍士官学校卒業後、陸軍歩兵少尉に任官。歩兵連隊大隊長等を歴任後、陸軍大学校専科に学び、のち陸軍大佐へと昇進。歩兵第二連隊長となる。同所属の第十四師団がパラオ諸島に配置され、ペリリュー島守備隊帳に就任。全島を要塞化し、同島への上陸を企てた米軍の戦力を削ぐ徹底抗戦を二カ月半にわたって継続し、大打撃を与えた。


03031559_54f55be0ada52.jpg

ご訪問ありがとうございます。
はい、ちょっと、更新が遅くなってしまいました。
今日、大阪は、大阪都構想の住民投票です。
毎日、賛成派、反対派の街宣が出回り、
ほんと、うるさくて落ち着けませんでした。
ここまで、宣伝費を使って、無駄遣いして、
大阪都にする必要があるのでしょうかね。

というか、今回の住民投票は、大阪市を特別区に分割するだけで、
大阪都になるわけでもなく、橋下氏は、これが否決なら、
政界引退すると言われていますが、これは泣き落としか、
はたまた、脅しか、どちらでしょうね。
はあ・・、大阪の一市民として、もう、引退するなら、
さっさとしなはれ~と言いたいですね・・・。

大阪市の橋下市長、住民投票で敗れた場合の政界引退を重ねて表明
BSフジの「PRIME NEWS」で


二重行政解消は、どちらも維新の松井府知事と橋下市長が調整すれば
それで解消できることではないかと一市民として思いますね。
体制を変えただけでは、結局また、無駄が生じると思います。

それに、今は、国を守る時期です。
地方が力を持てば、沖縄の二の舞になりますね。
私は都構想には反対です。
大阪市民の皆様の良識を信じたいものです。

さて、今日も書籍のご案内から。(5月)

04222313_5537ac7039672.jpg  05082031_554c9e8a8a48c.jpg

沖縄と福島で、大川総裁が講演された内容が、
すでに書籍化されております。
今、日本を動かしている二ケ点は、「沖縄」と「福島」で、
この二ケ点から、日本がグラグラ揺れているので、
大川総裁は、この二ケ点に、「どうしても、行かなければいけない」
という気持ちに駆られたそうです。

ぜひ、ご一読くださいませ・・・。

さて、今日は、前々回、前回に引き続いて、
「パラオ諸島ペリリュー島守備隊帳 中川州男大佐の霊言」
のなかから、いくつかテーマを選んでみました。

人気ブログランキングへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示