この国を守り抜け !    

自主防衛なき日本に未来はあるのか !?                                 国防・安全保障政策を掲げる幸福実現党を応援しています。

原発反対の次はオスプレイ反対。日本の防衛力、抑止力を弱めてどうする?中国を喜ばせてどうする ! 『「自由を認めない中国」に覇権を許すつもりはない』

『今は、中国南部や、香港、台湾等は、経済的に繁栄していて儲かるので、CNNなども香港でアジアのニュースを中継していますが、香港が本当に中国の支配下に入ったら、テレビ局自体が成り立たなくなるでしょう。

例えば、1980年代のレーガン政権のときに、旧ソ連では、レーガンのベルリン演説を報道していたテレビ放送が途中でブラックアウトしました。ベルリンでの演説はケネディも行っていますが、ああいう国では、自分の国に都合の悪い内容は、映像がすぐにブラックアウトして流れなくなり、国民に知らせないようにするのです。

レーガンは、「ゴルバチョフよ、ベルリンに来なさい。そうしたら、自由というものがどれほど大事かが分かる」というようなことを演説で言っていましたが、中国に関しても同じようなことが言えますね。

ですから、国家に支配され、それに抗しないことに慣れている人たちには、実際に自由というものを味わってみないと、その価値が分からないところがあるのです。

日本では、幸福実現党が「野田政権退陣」を訴えるデモを行っても、誰も逮捕されたりしません。やはり、こういう違いはあるわけです。例えば、当会が、朝日新聞の左翼的な思想について批判をしても、朝日新聞に私の霊言集の広告がきちんと載ります。これが言論の自由なんですよね。

要するに、「言論の自由を保障して自由に意見を言わせないと、正しいものが出てこない」ということが、今の中国政府には分かっていません。彼らは、昔の宗教裁判と同じように、「異端と思うものは全部潰す」と考えているようです。これは、日本で言えば、幕末の安政の大獄によく似た感じであり、明治維新前の時代のように見えます。』

     -----「台湾と沖縄に未来はあるか?」
     -守護霊インタヴュー 馬英九台湾総統 Vs. 仲井眞弘多沖縄県知事-
          守護霊インタヴュー後の大川総裁の総括 より

H7024.jpg

ご訪問ありがとうございます。
みなさまは、もう、夏休みを楽しまれたでしょうか。
え~、私は、明日から、また姉が泊りにきてくれるので、
両親と老犬の世話を姉に託して、また、岐阜に行ってきま~す。

ところが・・涼しいと聞いていた岐阜の気温が38度 !
ああ、大阪より岐阜のほうが涼しいと思っていたのに・・。
岐阜で38度! 列島、猛暑続く 気象庁、熱中症への警戒呼び掛け - MSN産経

まあ、でも、久しぶりの夏休み、久しぶりのドライブなので、
暑さは我慢して、目一杯、娘や孫と遊んできます。
あっ、下呂温泉にも行ってきます。

立つ鳥跡を濁さず !
はい、また、しっかり、記事の更新していきたいと思います。
(んなたいそうな・・。笑)

さて、余談はこれぐらいにして、今日は、まず、びっくり記事から。
な、なんと、米軍基地エリア51の遠隔透視に続いて、
今度は、中国の秘密基地の遠隔透視をされたみたいですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ

たかが電気 ? されど電気 ! ニューヨーク在住の坂本龍一さん。反原発運動は、アメリカでしてね。 『「放射能汚染」よりも「節電」による死者が多い現実』

『この一年間、「福島原発で事故が起きた」と、マスコミが騒いできましたが、少なくとも、それによって直接的に死んだ人がいるわけではありませんのでね。

それどころか、政府が「節電」を呼びかけて節電運動をしたために、正直にそれを守って、暑いなか、クーラーを消して我慢していたお年寄りたちが大勢なくなっています。一日に何十人も亡くなった日もあったぐらいです。今年の夏も、おそらく、熱中症が原因で死ぬ人は、たくさん出てくると思います。現段階では、「放射線ですぐ死ぬ」ということはありえませんが、「熱中症で死ぬ」という人は確実に出てくるでしょうね。

たぶん、今年も、だいぶ"殺し"ますよ。


釈 熱中症では毎年、何百人も死亡していて、特に記録的な酷暑だった一昨年は千七百人以上亡くなりました。去年も、相当の数、亡くなられたと思います。

そうですね。でも、そのときに、マスコミは、少しは報道しますけれども、あとになってからは言いませんよね。黙っています。そのときだけ少し言って、あとはフォローしないんです。』
   -2012年5月8日 大川総裁と釈量子青年局長との対談(釈青年局長部分は一部削除)
   ---「猛女対談 腹をくくって国を守れ」第4章 国論をリードし続ける幸福の科学 より

06212206_4fe31c5ec29fb.jpg

ご訪問ありがとうございます。
いや~、あまりの暑さに、記事が全然進みませんでした~。(イキナリ言い訳。笑)
はい、いつのまにやら梅雨が明けたと思ったら、いきなり猛暑の日々。
ふぅ・・高齢者と老犬を抱える我が家は、ちと、まいっています。

まあ、これは、毎年痛感するのですが、夏場の高齢者の体調管理は難しい。
その上、高齢者は、年々、衰えていきますからね。(当たり前?)
はい、でも、そんな高齢者より、炎天下にチャリで激走し過ぎて、
私のほうが、暑さでバテ気味の今日この頃です・・。(はやっ!)

さて、余談はこれぐらいにして、今日も少しニュースを拾ってみました。
今年は、例年より、猛暑になりやすいと言われていますが、
既に、熱中症の方の数も、急増しているみたいですね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ 

中国の日本侵略計画着々と進行中。国会議員は国防に目を向けよ ! 『腹をくくって国を守れ-中国・北朝鮮の軍国主義や人権抑圧を批判しない日本の「左翼」』

『中国政府には、「人権などというのは、国家あってこそのものであり、人民は国家を支えるための"御輿担ぎ"にしかすぎないのだ」というような考えがあると思うんですよ。

日本の左翼思想家やジャーナリズムは、「平和」とか「人権」とか、けっこう言いますし、それで、日本の軍国主義や右翼などに対して批判をしています。
宗教のなかにも、いちおうそういう部分はあるので、私にも、それをすべて無下に否定する気はありません。しかし、彼らがシンパシーを感じている中国や北朝鮮といった国々の実態について堂々と批判しないのは、やはり許せません。特に北朝鮮は、昔は理想の国のように言われていましたからね。

平和や人権を言うのであれば、中国や北朝鮮にもきちんと言うべきです。
中国や北朝鮮は、日本から見れば左翼ですが、向こうから見れば左翼ではないんですよ。あちらは、もう、極右ですから。

ウルトラ右翼そのものであって、日本の右翼どころではありません。本当にすごい国家主義ですので、人権なんて、もう、蟻を踏み潰すぐらいのものですからね。

そういう体質に対して何の批判もすることなく、心情的に「あちらのほうが正しい」と考えていて、日本が少しでも右翼的な気配を見せたら、「日本は悪い」というような言い方をするのは、やはりフェアな態度ではないと思いますね。』

   -2012年5月8日 大川総裁と釈量子青年局長との対談(大川総裁発言のみ抜粋)
   -「猛女対談 腹をくくって国を守れ」第3章 侵略国家から日本を守り抜くために より

06212206_4fe31c5ec29fb.jpg

ご訪問ありがとうございます。
またまたご無沙汰してしまいました。
ちょっと部屋の模様替えをしたら、久々に体調を崩してしまい、
微熱が続いて、パソコンに向かえませんでした。

あっ、最近、娘が体調のいいときに、ちょくちょく帰阪するのですが、
仕事を終えて帰ってきたら、私の仕事部屋兼リビングで、
いつのまにか寝てしまい、いくら起こしても起きないんですよね。

で、そんなことを続けていたら、娘の体調管理もできないので、
いつ寝てしまってもいいように、リビングの模様替えをして、
お布団を敷けるようにしたのですが、娘の体調管理の前に、
自分の体調管理ができてませんでした・・。

で、結局、娘にも、「そんな足で模様替えするから、疲れたんや~」
と叱られ、おまけに、せっかく布団を敷いたのに、
朝になったら布団からはみ出て寝てる寝相の悪い娘。
はぁ・・模様替えした意味、あったのでしょうかね・・。

でもまあ、そんなこんなしてる間に、足の傷も3週間の通院でほぼ完治。
昨日、包帯も外して絆創膏だけになって、医師から入浴許可も出て、
これで、やっと、アクロバットシャワー浴からも解放~。

いや~、普通にお風呂に入れることが、これほどいいものとはと、
改めて、つくづく感じる今日この頃です・・。

さて、余談はこれぐらいにして、今日はまず幸福実現TVから。
今日のテーマは、新刊書の「猛女対談」からの抜粋ですが、
幸福実現TVのゲストも、大川総裁から猛女と呼ばれた釈量子さんでした。
釈量子公式サイト | 幸福実現党 青年局長

「"猛女"との対話」 幸福実現TV 第69回


はい、釈さんの理路整然としたお話を聞いていると、
改めて、中国の怖さが増しましたね・・。

中国は有言実行の国であり、言ったことを実行している。
中国の核については、全然議論がされていないという不思議な状況。
中国は1970年代から、既に、日本に核ミサイルを向け、落せる状態になっている。


中国は、既に、沖縄・尖閣諸島を、「核心的利益」と言っています。
中国が有言実行の国であるならば、沖縄・尖閣諸島を本気で盗りにきます。
日本の首相は「増税」に命を懸けて、今、政局争いを巻き起こしていますが、
こんな日本で、ほんとに、大丈夫なのでしょうかね・・。

さて、今日も少しニュースを拾ってみました。
有言実行の中国のタカ派少将が、尖閣奪取に向けて、
「6大戦略」を発表したとの報道がありましたね・・。

たまにポチお願いします。
    ↓          
人気ブログランキングへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング参加中
ぽちっとポチお願いします。
人気ブログランキングへ               
プロフィール

はっぴーらぶ

Author:はっぴーらぶ
バリバリなにわの育ちです。
「人生は一冊の問題集」
人生の問題集を、ひたすら、
解き続けています。
目指すは、「不動心」

日本の明るい未来のために、
日米同盟堅持、防衛力強化、
国防政策を掲げる、
幸福実現党を応援しています。
(旧ブログ名 幸福の革命)

最新記事
いらっしゃいませ。                      
        ORマーク
めげるな ―心の指針109―
仕事がはかどらない時には
幸福実現党 主要政策
韓国・中国の「日本悪玉論」は・・
天安門事件25週年~
中国による史上最悪の人権弾圧
「守護霊とは何か」
Twitter
最新コメント
カテゴリ
                   
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク              
RSSリンクの表示